荏原町「ちゃんこ晴海」へ行きましたヽ(^o^)丿

b0190242_11552076.jpg

b0190242_12115359.jpg
b0190242_12121111.jpg


今日は酒田日記を離れて、いつもの土曜日の報告です。056.gif
土曜日はいつものように裕太郎エアロ、中国整体、大暴れアクアビクスをやりました。そして26日の土曜日は裕太郎さんのエアロが最後でした。多分、現在ある大井町湯屋のレッスンの中で一番強度が高い有酸素運動だったと思います。このレッスンに参加するといつもグッタリしてしまいます。でも、このレッスンに出ているおかげで他のレッスンがとても楽にできました。また裕太郎さんの追っかけの方も多く、ルール違反ですがトイレで着替えて、いち早く場所取りをされる女性の方がいたり、噂では裕太郎さんの住んでいる家の近くに引っ越してきた女の子もいると聞くくらいの人気ぶりでした。
 来週からはこの人気レッスンがなくなると少しは静かになるのでしょうか。071.gif


b0190242_11565759.jpg



(ゆうひが丘の総理大臣/中村雅俊/時代遅れの恋人たち)

小野小町は平安初期(9世紀ごろ)の女流歌人で、「六歌仙」の一人として「古今集」をはじめ、数多くの勅撰歌集に秀歌をのこしています。生没年ともに不詳、そして絶世の美女だったと言われています。

小野小町に関する伝説、お墓は全国に点在しており、福島県に生地といわれる小野町があります。これは同じ小野一族で、浄瑠璃節の祖と言われた小野お通が、小町を主人公にした歌物語、恋物語、人生落魄(らくはく)の物語に仕立てて諸国をまわった影響とみられています。能の世界でも「小町もの」の人気は高く、さまざまな小野小町の生きざまを描いています。

才色兼備の絶世の美女、小野小町に憧れる男性は多く、中でも深草の少将の「通小町(かよいこまち)」は有名です。深草の少将が小野小町に「私のもとに、なんとしても嫁に来ていただきたい」と言い寄るところ、小町は「ならば百夜(ももよ)通ってください、そうすればあなた様のもとに参りましょう」と返事をします。「百夜通え」とは百日間欠かさず来ることを要求しました、しかし部屋に入れてくれるわけではありません。小町の住むところまで通ってきて、その外で歌などを詠んで帰っていくという繰り返しです。深草の少将はやりました。99日通い、あと一日で百夜だというところで、病を得て、とうとう焦れ死にをしてしまいました。
小町に仕えていた女中衆が、小町にそのことを知らせると、表情も変えずに脇に置いてあった「ほれ帳」と書かれてあった手帳を開き、イロハの順の「フ」の部に書いてあった深草の少将の名前に棒を引いてあっさりと消してしまったという話です。
実は小野小町は女性としての機能がなく、男性を受け入れることが出来ない体であったと言われています。それなのに「百夜通え」というのはイカサマじゃないかと、後に川柳を詠む江戸っ子たちは小野小町のことを「穴なし小町」と言うようになりました。
 裁縫に使う、穴のない針のことを「待ち針」と言いますが、もともとは「小町針」と言われており、「小」がとれて「町針」になり、「待ち針」となりました。

 小野小町は「俳句歳時記」では観音様の化身と言われており、その縁日である3月18日を「小町忌」としています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)


b0190242_1213467.jpg
b0190242_1215371.jpg

大井町湯屋の小野小町、湯屋小町。な~んて、うそです。041.gif
b0190242_1274351.jpg


この日は兼ねてから皆さんから行きたいと要望があった荏原町の「ちゃんこ晴海」に行くことが出来ました。実はこのお店は大変な人気でなかなか予約が取れません。前回などは予約の電話を入れた時は2ヵ月先でも予約が取れませんでしたし、芸能人の常連客も多数いるようです。そして、今回は約1ヵ月前に予約の電話を入れて、幸運にも9月26日に予約を取れました。

大井町湯屋仲間の晴れ男さん、エルビーさん、湯浅さんご夫妻、理枝ちゃん、阿部ちゃんといい歳、わたくしの7名で「ちゃんこ晴海」を訪れました。いつもながら、晴れ男さんは約束の時刻から遅れて待ち合わせ場所に到着、最年長の方が「遅い!」と言って鬼みたいな顔で怒ってましたよ。
041.gif

ピーマンに挽肉を入れて揚げたもの011.gif
b0190242_1242599.jpg

つくねの天ぷら011.gif
b0190242_1255379.jpg


なんだかんだと言いながらも、7時前にはお店に着くことができました。地元のエルビーさんは既に到着していました。
大井町湯屋もお姉さん方から「ちゃんこ晴海」に行ったら、ピーマンにつくねを入れた揚げものを頼むべきだとアドバイスを受けていたので、もちろんオーダーしたのですが、頼んだお料理はどれも美味しかったです。お店は瞬く間に満席に。しかも若い店員さんが元気で、お店に活気がありました。この味でこの人気なら、なかなか予約を取れないのも納得できました。
004.gif

b0190242_1224683.jpg
b0190242_123852.jpg
b0190242_1233465.jpg


そしてエルビーさんお勧めの海老フライも頼みました。もの凄いボリュームで、衣の量が少なく、中はほとんどが海老でした。これには皆さん大喜びでした。060.gif

b0190242_1282165.jpg
b0190242_1283872.jpg

ちゃんこ鍋の写メを撮る、奥様062.gif
b0190242_1294812.jpg

b0190242_12111538.jpg


もちろん、ちゃんこ鍋も戴きました。味は塩、醤油、味噌、キムチの4種類。塩と醤油をそれぞれ1つずつ頼みました。これもまた美味しい一品でした。お店のご主人は昔、相撲部屋にいたそうであり、その時の味がベースになっているとのこと。こんなに美味しい「ちゃんこ鍋」を毎日鱈腹食べていれば、体重がgainすることは間違いないと思います。041.gif

「ちゃんこ晴海」での夜は賑やかに更けていきました。032.gif

晴れ男さん、途中シャバーサナ037.gif
b0190242_12143069.jpg

店内で記念撮影061.gif
b0190242_12162434.jpg
b0190242_12164723.jpg

店頭で記念撮影061.gif
b0190242_1218634.jpg
b0190242_12182034.jpg

by ryott-ryott | 2009-09-27 12:26 | おいしい | Comments(6)

Commented by 自由が丘ランナー at 2009-09-28 11:55 x
お久し振りです。
携帯では容量オーバーでなかなか見れませんでした。

美味しそうなチャンコ屋さんですね。

私は緑ヶ丘の「芝松」に良く行きます。

かなり大井町はご無沙汰になってます(反省)

「じゃんけんぽん」にも一緒に行きましょう。
Commented by ryott-ryott at 2009-09-29 00:36
ランナーさん

お元気ですか?お久しぶりですね(^v^)
やはり、このBLOGは携帯では見にくいのですね<m(__)m>

ちゃんこ晴海は私は今回は2回目です。前回、予約がなかなか取れなかったので、今回も駄目ならば緑が丘の「芝松」にしようと思っていたのですよ。

最近は火曜日の人気インストラクターのレッスンにも余りいらっしゃれないようですね。御持ちしています(^u^)
Commented by エルビー at 2009-10-02 00:22 x
楽しかった~!!
ようやくわたしのブログにアップしました。写真拝借致しましたよ!(笑)またやりましょう~。
Commented by ryott-ryott at 2009-10-02 00:51
エルビーさん

本当に美味しかったですね(^u^)
また行きましょう。

10月18日の試飲会は行かないのですか?
春さん、トントンさんが是非来てくださいと言っていました(^u^)
Commented at 2015-06-19 03:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ryott-ryott at 2015-07-27 22:12
山口さん ご無沙汰しております。長いあいだ、放置してごめんなさい。最近はブログは1ヵ月に1度くらいしか更新していないので、今日気がつきました。後でメールします。