カテゴリ:歩みの会・八間山( 1 )

歩みの会、ニッコウキスゲ咲く八間山を行くヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_1214531.jpg


 先週の8月4日(土)~6日(月)は北海道の幌尻岳に行ってきました。その模様は後日報告します。いい歳、りょうちゃんの山歩きの予定は以下の通りです。飯豊山、塩見岳、歩みの会は休暇が取れれば、行く予定です。

 8月11日(土)~13日(月)  空木岳(あの小沢さんと一緒です)。
 8月17日(金)~19日(日)  鏡平から行く笠ヶ岳
 8月24日(金)~25日(土)  夜行・雨飾山
 8月30日(木)~9月2日(日)剱岳~立山縦走(山旅クラブ個人ガイド)
 9月 8日(土)~11日(火)  飯豊本山 (休暇が取れれば)
 9月15日(土)~17日(月・祝)氷河公園から行く槍ケ岳(山旅くらぶ)
 9月21日(金)~23日(日)  塩見岳 (休暇が取れれば)
 9月28日(金)~30日(日)  甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳(山旅クラブ)
 10月6日(土)~8日(月・祝) 東北3座(岩手山、早池峰山、八幡平)(上野・浦安特配)
 10月13日(土)~14日(日) 巻機山か赤岳のどちらか
 10月15日(月)      歩みの会・甲子山 (休暇が取れれば)
 10月19日(金)~21日(日) 初心者のための山歩き教室・鳳凰三山
 10月27日(土)~28日(日) 伊吹山・恵那山
 11月 3日(土)      同窓会
 11月10日(土)      赤城山・黒檜山
 11月17日(土)      同窓会

 先日の8月9日、大井町湯屋の帰りに「じゃんけんぽん」に立ち寄ったところ、モノマネタレントのツートン青木さんが来店していました。じゃんけんぽんにたまに来店することは聞いていましたが、この日、会うことができました。038.gif
b0190242_12144074.jpg

 今日のお勧め038.gif
b0190242_12151933.jpg

 南極の氷でつくられた日本酒です。069.gif
b0190242_12153861.jpg

b0190242_12162158.jpg

b0190242_12163428.jpg

b0190242_12164767.jpg

b0190242_12170100.jpg

 さて越後駒ケ岳登山の翌日7月23日(月)は歩みの会で群馬県吾妻郡にある八間山に行ってきました。越後駒ケ岳からの連登になるため、行くべきか迷いましたが、折角休暇を取ることができ、歩みの会には4月以来しばらく参加できていなかったため、行くことにしました。024.gif
 歩みの会も新宿駅西口に集合します。この日のガイドさんは白砂さんと石原さんでした。途中立ち寄った日本酒の販売所。
b0190242_12173046.jpg

 11時30分に野反湖に到着しました。ここでお弁当を食べました。
b0190242_12175785.jpg

b0190242_12181566.jpg

 準備体操をしていよいよ出発です。
b0190242_12182935.jpg

 野反湖畔にはたくさんのニッコウキスゲが咲いていました。しばらくは湖畔のニッコウキスゲなど花の観賞をしました。
b0190242_12185659.jpg

 クルマユリ。
b0190242_12191136.jpg

 ニッコウキスゲ。黄色が鮮やかです。
b0190242_12192568.jpg

 イブキトラノオ。
b0190242_12193872.jpg
 
 ハクサンフウロ。
b0190242_12195763.jpg

 トウゲブキ。
b0190242_1220851.jpg

 アザミ。
b0190242_12202386.jpg

 カラマツソウ。
b0190242_1220351.jpg

 花を十分に鑑賞した後、登山口へ。
b0190242_12204812.jpg

 しかし数分も登らないうちに、地元の小学生が植えたというコマクサの群落がありました。再度、コマクサの観賞会になりました。
b0190242_12212141.jpg

 コマクサ。
b0190242_12213318.jpg

 ウスユキソウも咲いていました。
b0190242_12214833.jpg

 この花はなんでしたっけ。037.gif
b0190242_1222690.jpg

 コマクサを十分に鑑賞した後、再び登山開始。夏休みともあって、家族連れがたくさん来ていました。
b0190242_12223135.jpg

b0190242_12224321.jpg

 イカイワの肩で小休憩。ここでみんなでお饅頭を食べました。
b0190242_12225886.jpg

b0190242_12231740.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_12234725.jpg

 
 “吹けばとぶよな将棋の駒に・・・・・・・・”

 映画、演劇、演歌『王将』のモデルとして広く知られる坂田三吉は、明治3年(1870年)、堺市の貧乏長屋に生まれ、親ゆずりの雪駄職人から専門の棋士になり、その実力と奇行で、すっかり有名になりました。

 三吉は、独学で将棋を勉強しただけに棋譜も読めません。あるとき記録係が棋譜を見せたら「なんや、英語で書いたるやないか」と、不思議そうな顔をしたといいます。

 大正10年(1921年)1月、十二世名人小野五兵が亡くなったあと、次期名人に関根金次郎の名があがりました。関西の実力者であった三吉は、猛然と反対しました。
 それは2年前の大正8年(1919年)、上京して関東棋界の代表者といわれる関根と対戦して勝っているからです。“わいは天下一の将棋さしや、わいが名人や”といってききません。

 しかし、人格、技量から関根金次郎に軍配が上がり、関根が名人に就任しました。
 大正14年(1925年)3月12日のことでした。三吉はただちに「関西名人」を宣言しましたが、将棋連盟から除名処分を受け、新聞にも出されず、収入は減り、生活は窮乏するばかりでした。

 昭和12年2月、見かねた某新聞社がオープン戦と称して木村義雄名人と対戦させましたが、三吉は無惨にも負けてしまいました。三吉68歳、木村35歳の若さでした。

 やがて棋界から引退を表明し、不遇な生涯をおくった坂田三吉は、昭和21年(1946年)7月23日、大阪でひっそりと亡くなりました。享年77歳でした。

 先年、将棋の駒を形どった王将碑が、後援者の手によって豊中市服部公園墓地に建てられました。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1224997.jpg


八間山は標高1934 m。頂上まではほぼ直登になります。登山口から頂上までは約90分の短い山登りですが、前日の越後駒ケ岳の疲れが残っているためか、この直登が結構大変に感じました。
b0190242_12243833.jpg

b0190242_12245749.jpg

 アミューズから送られてきた頂上での集合写真。
b0190242_12251048.jpg

 集合写真を取った後は、休憩を取り、いつものように記念撮影をしました。
b0190242_12253186.jpg

 歩みの会の皆さんと記念撮影。
b0190242_12254481.jpg

 石原さんと記念撮影。
b0190242_12255726.jpg

 野中ちゃんも石原さんと記念撮影。
b0190242_1226107.jpg

 白砂さん、石原さんと記念撮影。白砂さんはあまり足があがりません。037.gif
b0190242_12262476.jpg

 皆さん、ほがらかに記念撮影。038.gif
b0190242_12264639.jpg

b0190242_1227135.jpg

b0190242_12272082.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(中島みゆき/荒野より)

荒野より(作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

夜が
望みは何かと訊かれたら君がこの星に居てくれることだ
力は何かと訊かれたら君を想えば立ち直れることだ

僕は走っているだろう君と走っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は笑っているだろう君と笑っているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

朝陽の昇らぬ日は来ても君の声を疑う日はないだろう
誓いは嵐にちぎれても君の声を忘れる日はないだろう

僕は歌っているだろう君と歌っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は生きているだろう君と生きているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

僕は走っているだろう君と走っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は笑っているだろう君と笑っているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない
荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない


b0190242_1228315.jpg

天気は今一つで、頂上からの展望は望めませんでしたが、頂上で山の空気を存分に楽しみ、下山を開始しました。
b0190242_12281927.jpg

 銀龍草。
b0190242_12283836.jpg

 マイヅル草の実、秋になると赤くなります。
b0190242_12285248.jpg

 約90分で下山しました。
b0190242_12293092.jpg

 夏空が広がっていました。
b0190242_12295295.jpg

 長英の湯には歩みの会以外のお客さんは誰もいませんでした。貸し切り状態で入浴し、いつものようにバスの中で日本酒を皆さんと飲みながら新宿まで戻ってきました。
b0190242_12301136.jpg



新橋二丁目七番地
作詞:田久保真見、作曲:杉本眞人、歌:あさみちゆき


うすい座布団 一枚で
地べたに座って 四十年
時が流れて 人が流れる
濁流うねる この都会(まち)で
流されまいと 流されまいと
小石のように うずくまる
靴を磨けば こころも晴れる
今日も元気に がんばって
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

こんな私に 出来たのは
一生懸命 生きること
秋の夕暮れ ひとつため息
赤チン色の 赤ちょうちん
一杯飲めば 一杯飲めば
人間なんて 立ち直る
靴の汚れは 心の汚れ
夢も磨けば また光る
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

明日はきっと 明日はきっと
いいことあるさ 大丈夫
つらい気持は 靴みりゃわかる
今日もあなたは がんばった
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地


 
次回は幌尻岳の報告をします。060.gif

b0190242_12304325.jpg

b0190242_1231686.jpg

b0190242_12312997.jpg

b0190242_12314544.jpg

b0190242_1232324.jpg

b0190242_12321886.jpg

b0190242_12332622.jpg

b0190242_1234287.jpg

by ryott-ryott | 2012-08-11 12:41 | 歩みの会・八間山 | Comments(2)