カテゴリ:奈良修学旅行( 2 )

滝坂ハイキングコース、首切り地蔵を訪ねて&東大寺

旅行・地域
b0190242_213676.jpg


 1月27日(日)、奈良修学旅行2日目です。今日の予定は東大寺、唐招提寺、薬師寺をまわって、東京へ帰る予定でした。
b0190242_2137484.jpg

 朝は平城宮跡へ朝日を見に行きました。平城宮跡は私が宿泊した猿沢池のそばからタクシーで15分ほどでした。
b0190242_21372754.jpg

 第一次大極殿の前の平原上場所で朝日が昇ってくるのを待ちました。
b0190242_21375485.jpg

 春日山の上が赤く染まり始めました。058.gif
b0190242_21381567.jpg

 春日山のてっぺんから、太陽が顔を出しました。058.gif
b0190242_2139718.jpg

 この春日山の頂上へ行けばもっときれいな日の出を見れるのではと考えましたが、春日山は原生林で人が入ることは禁じられているそうです。
b0190242_2140819.jpg

 百人一首に「天の原ふりさけみれば春日なる 三笠の山にいでし月かも」(安倍仲麻呂)という歌があります。これは唐の国へ派遣された安倍仲麻呂が、帰国の途で月を見て、吉野の春日にある三笠山に出ていた月であろうと、望郷の思いを詠んだ歌です。この歌の中に出てくる三笠山ですが、春日山と昨晩山焼きをした若草山のどちらであるのか、現在も春日山側と若草山側で論争があるといいます。タクシーの運転手さんに教えてもらいました。
b0190242_21413621.jpg

 寒椿と大極殿。056.gif
b0190242_2142651.jpg

 タクシーの運転手さんから、奈良の観光パンフレットをもらい、朝ごはんを食べながら、ちらちらと見ていると、すぐ近くに滝坂というハイキングコースがあり、多くの石仏があると記載されていました。しかも、あの荒木又右衛門が試し切りしたという「首切り地蔵」があるというのです。荒木又右衛門といえば、仇討ちの助太刀で36人斬りをしたという伝説はあまりにも有名です。急遽、予定を変更し、この首切り地蔵を見に行くことにしました。
b0190242_21423874.jpg

 地図には最寄りのバス停「破石町」から一番遠い「地獄谷石窟仏」まで歩いて70分と書いてあります。その途中に「首切り地蔵」があり、地獄谷石窟仏まで行ったとしても、往復で140分、午前中に充分戻ってくることができる距離です。
b0190242_2143084.jpg

 午前9時過ぎに宿をチェックアウトし、ハイキングコースの滝坂を目指しました。まだ時間的猶予があったため、途中にある南都 十輪院に立ち寄りました。
b0190242_21433569.jpg

 南都十輪院には平安時代に作られた石仏のお地蔵様が安置されています。実は毎月27日と28日は護摩祈祷のため、拝観はお休みだそうですが、「朝はまだ時間があるから」と言って、石仏地蔵を見せていただきました。そして説明までしていただきました。例によって、写真撮影は禁止なので、絵葉書を買って、スキャンしました。
b0190242_21435348.jpg

b0190242_21455848.jpg

b0190242_21461023.jpg

 この石仏は平安時代につくられ、もともとは露仏(屋外に安置)でしたが、鎌倉時代に写真にあるような屋根囲いがされ、建物の中に安置されるようになりました。このような構造の石仏を石仏龕(せきぶつがん)というそうです。向かって左には釈迦如来、右には弥勒菩薩が彫られています。本尊のお地蔵様はこんなに柔和な顔をしています(平安時代)。038.gif
b0190242_2144420.jpg

 釈迦如来(鎌倉時代)。
b0190242_21441629.jpg

 弥勒菩薩(鎌倉時代)。
b0190242_21443212.jpg

 この石仏龕の前には平石があり、その上に死者の遺骨などを置いて、葬儀を行ったと言われています。「引導を渡す」という言葉がありますが、死者に引導を渡して、向こうの世界に引き導くそうです。
b0190242_21452055.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_21464682.jpg

 
 北原白秋、西條八十とならんで、明治・大正・昭和の3代にわたり、詩・民謡・童謡の世界に、大きな足跡を残した詩人野口雨情は、太平洋の末期、昭和20年(1945年)1月27日、疎開先の栃木県河内郡姿川村(現・宇都宮市)で、64歳の生涯を終わりました。

 この終焉の地には、「詩人野口雨情ここに眠る」の碑が、「あの町この町」の詩碑とともに建てられています。また、生地の茨城県多賀郡磯原町(現・北茨城市)には、土地の名望家で大地主でもあった野口家の生家が保存され、雨情記念館もつくられ、顕彰碑、詩碑が市内6ヵ所に建立されています。

 私たち、昭和の歴史とともに幼少期を過ごしてきた者にとって、雨情の詩は、子守唄であったかもしれません。本居長世、中山晋平という傑出した作曲に恵まれ、雨情の童話は文部省唱歌にも取り入れられ、レコードの普及によって、またたく間に全国の子どもに愛唱されました。

 『赤い靴』『青い目の人形』『七つの子』『兎のダンス』『十五夜お月さん』『しゃぼん玉』『証城寺の狸囃』『あの町この町』・・・・・・・名作は時代を越えて、今の子どもたちにも歌いつがれていることは嬉しいことだと思います。

 また、雨情は芸術性豊かな新民謡を提唱し、全国をかけめぐりました。“おれは河原の枯れすすき”―――『船頭小唄』はその代表的作品の一つです。

    からす なぜなくの
    からすは山に
    かわいい 七つの
    子があるからよ

 この名作『七つの子』も“からすなぜなくの、からすの勝手でしょう”と歌われる時代だけに、第2の雨情の出現を待望することひとしおです。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_2147351.jpg


 南都 十輪院をあとにして、目的地の滝坂へと向かいます。
b0190242_21475980.jpg

b0190242_21481319.jpg

 ハイキングコースの登山口につきました午前10時30分。少し十輪院で時間を取りすぎました。
b0190242_2148307.jpg

 ハイキングコースは能登川という小さな川に沿って石畳のコースを登っていきます。登山の格好をした中高年の方々が歩いていました。私は急遽決めたので普通の街を歩く格好でハイキングコースを歩いて行きました。
b0190242_21484696.jpg

 寝仏。
b0190242_21485684.jpg

 夕日観音。
b0190242_21491551.jpg

 石畳の登り道が続きます。
b0190242_21492645.jpg

 朝日観音。
b0190242_21495871.jpg

 そして、ついに首切り地蔵尊の前に辿り着きました。午前11時00分。確かに首のところに割れ目があります。この首切り地蔵尊は結構大きなもので、自分の背丈より高かったので、2 mはあるのではないでしょうか。
b0190242_21501980.jpg

b0190242_21503212.jpg

 折角、ここまで来たので、一番遠い「地獄谷石窟仏」まで行くことにしました。道標では首切り地蔵から1.0 kmとありましたが、これが長く感じました。写真は地獄谷園地の新池。
b0190242_21504675.jpg

 午前11時24分。私は地獄谷石窟仏と春日石窟仏を間違えて、春日石窟仏の前に来てしまいました。春日石窟仏は金網の柵で囲まれていました。春日石窟仏は平安末期1155年8月20日に作られたと、かなり日にちを特定して書いてありました。春日石窟仏は金網の柵で囲まれていました。
b0190242_21511232.jpg

b0190242_21513288.jpg

b0190242_2152848.jpg

b0190242_21521823.jpg

 春日石窟仏から地獄谷石窟仏までは1.1 km。地獄谷石窟仏から少し離れてしまいましたが、地獄谷石窟仏までひたすらに歩いていきました。最後は車道に沿って歩き、残り100 mとあり、ようやく到着したかと思ったら、石窟仏へと続く登山道の入口に着き、ここから600 mとあり、がっかりしました。037.gif
b0190242_21523315.jpg

 ここまで来たら行くしかありません。山道を走るように、石窟仏を目指しました。
b0190242_21525239.jpg

b0190242_2153597.jpg

 午前11時46分。最終目的地の地獄谷石窟仏の前に到着しました。この石窟仏も柵に囲われていました。
b0190242_2153175.jpg

 春日石窟仏とはちがい、くり抜かれた凝灰岩の壁に線刻され、着色が観察されました。
b0190242_2153358.jpg

b0190242_21535218.jpg

 手を合わせ、写真を撮り、元来た道を急いで引き返しました。宿をチェックアウトした時刻から2時間30分以上もかかっており、東大寺に行くことを考えると、猿沢池に14時までに戻る必要があります。唐招提寺と薬師寺は今回はあきらめました。
b0190242_21544047.jpg

 首切り地蔵、朝日観音、夕日観音、寝仏と来た道を下っていき、12時40分に坂道のところまで戻ってくることができました。
b0190242_2155234.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(あづみ野うたごえ喫茶/あの素晴らしい愛をもう一度)

あの素晴らしい愛をもう一度(作詞:北山修、作曲:加藤和彦、歌:dicot)

夜が
命かけてと誓った日から
素敵な思い出残してきたのに
あの時同じ花を見て
美しいと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

赤トンボの唄をうたった空は
なんにも変わってないけれど
あの時ずっと夕焼けを
追いかけていった二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

広い荒野にぽつんといるよ
涙が知らずにあふれてくるのさ
あの時風が流れても
変わらないと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度


b0190242_2156256.jpg

 東大寺には14時前に着きました。
b0190242_21561598.jpg

 東大寺に来たのは小学校2年生の時以来なので、40年ぶりの東大寺訪問です。40年前は広く感じました。
b0190242_21563075.jpg

 東大寺の中は写真撮影が自由です。ただし三脚の使用は禁止されています。写真撮影を禁止している他の寺社仏閣に見習ってもらいたいものです。長野の善光寺などは、写真撮影しようものなら、もの凄い形相のおばさんが飛んできて、写真撮影を制止します。写真撮影することで、どんな不都合があるのでしょうか、きちんと説明すべきです。
b0190242_2156532.jpg

 大仏様はいい顔立ちをしています。写真を撮ってくれと言わんばかりのいい顔でした。038.gif
b0190242_21571630.jpg

 子どもたちが柱の穴をくぐっています。いい歳、りょうちゃんも小学校2年生の時は通り抜けることができました。しかし、今はもう真似できません。037.gif
b0190242_2157367.jpg

 おびんづるさま。具合の悪いところを撫でると、治ると言われています。いい歳、りょうちゃんは、腰と腹まわりを撫でて、余分な贅肉が取れるようにお願いしました。037.gif038.gif
b0190242_2158044.jpg

 奈良公園から見た若草山。昨日の山焼き神事で焼け焦げて真っ黒になっています。
b0190242_21583275.jpg

 帰り道、こんなお店があったので、一杯飲んでしまいました。068.gif
b0190242_21585256.jpg



新橋二丁目七番地
作詞:田久保真見、作曲:杉本眞人、歌:あさみちゆき


うすい座布団 一枚で
地べたに座って 四十年
時が流れて 人が流れる
濁流うねる この都会(まち)で
流されまいと 流されまいと
小石のように うずくまる
靴を磨けば こころも晴れる
今日も元気に がんばって
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

こんな私に 出来たのは
一生懸命 生きること
秋の夕暮れ ひとつため息
赤チン色の 赤ちょうちん
一杯飲めば 一杯飲めば
人間なんて 立ち直る
靴の汚れは 心の汚れ
夢も磨けば また光る
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

明日はきっと 明日はきっと
いいことあるさ 大丈夫
つらい気持は 靴みりゃわかる
今日もあなたは がんばった
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地


 
次回は赤城山・黒檜山の報告をします。060.gif060.gif

b0190242_21595378.jpg

b0190242_2204975.jpg

b0190242_2215251.jpg

b0190242_2201086.jpg

b0190242_222374.jpg

b0190242_2225834.jpg

b0190242_2235233.jpg

b0190242_2251170.jpg

b0190242_2254135.jpg

b0190242_226493.jpg

b0190242_2263559.jpg

b0190242_2265836.jpg

b0190242_2271425.jpg

b0190242_228714.jpg

b0190242_2283467.jpg

b0190242_2293077.jpg

by ryott-ryott | 2013-02-03 22:14 | 奈良修学旅行 | Comments(0)

いにしえの飛鳥文化を訪ね歩いて、高松塚古墳と若草山山焼き神事

旅行・地域
b0190242_21595916.jpg


 阪急の日本酒祭りに行ってきました。年に1回ほど阪急百貨店の2Fグリーンルームで開催されます。
b0190242_22154.jpg

b0190242_2221335.jpg

b0190242_2222971.jpg

b0190242_2225748.jpg

 先日、日経新聞のWEBサイトで「訪ねて楽しい日本酒の蔵元 全国ランキング」で末廣酒造が1位に選ばれていました。7位が木内酒造、10位が賀茂泉で、ベストテンのうち3つの酒蔵が来ていました。038.gif
b0190242_2212936.jpg

b0190242_2231255.jpg

 さて1月26日(土)~27日(日)は久しぶりに一人旅に出かけてきました。目的地は奈良の飛鳥です。「博物月報」というWEBサイトに高松塚古墳壁画の修理作業室一般公開の応募があり、応募してみたところ、抽選に当たってしまいました。そして、26日は奈良の若草山で年に1度の山焼き神事もあり、山焼きも見に行ってきました。今回の奈良修学旅行を2回にわたって報告します。038.gif
b0190242_2244750.jpg

 高松塚古墳に行くためには奈良県の飛鳥まで行かなければなりません。東海道新幹線で京都まで行き、近鉄特急に乗り換えて橿原神宮前まで行き、さらに近鉄吉野線に乗り、飛鳥駅にたどり着きます。だいたい4時間の行程です。写真は新富士駅付近で車窓から見た富士山です。
b0190242_2242054.jpg

 近鉄特急・橿原神宮前行き。
b0190242_225342.jpg

 飛鳥駅前。
b0190242_2252312.jpg

 駅前のコンビニで売っていました。じゃばら飴。飛鳥村にだけ自生している「じゃばら」という柑橘類のエキスを添加した飴で花粉症に効果があると書いてありました。
b0190242_2253672.jpg

 飛鳥駅から徒歩10分ほどで高松塚周辺地区に着きました。
b0190242_2255229.jpg

 受付を済ませます。見学は約30分ごとに行われており、1回の見学でおよそ20人が見学します。
b0190242_227059.jpg

b0190242_227367.jpg

 見学までしばらくあったので、飛鳥歴史公園館に入りました。何しろ屋外はとても寒かったです。
b0190242_2275760.jpg

 修理作業室見学前にセミナールームで文化庁の方から高松塚古墳の概要を聞きました。こういう見学では、写真撮影は禁止、見学場所での飲食も禁止であることはいつものことながらわかっていましたが、録音も禁止されていました。しかしながら、とても立派な資料が配布されました。038.gif
b0190242_2281683.jpg

b0190242_2283746.jpg

b0190242_229471.jpg

b0190242_2292069.jpg

 写真は修理作業室の外観です。
b0190242_2295221.jpg

 作業室へ移動し、いよいよ見学です。作業室はクリーンルームになっており、古墳を形成していた石室が17のパーツに解体され、壁画を上面にして配置されていました。それぞれの石材は600 kgから1600 kgまでの重量の凝灰岩からできており、当時としてはとても高い技術水準であったようです。
b0190242_22131676.jpg

 作業室では壁画の上に足場が組まれており、壁画に生えてしまったカビを除去し壁画を修繕する作業が行われています。壁画になぜカビが生えてしまったかということについて説明がされていました。石室の中に隙間などから入り込んだムカデが死に、その死骸にカビが生えて、そのカビを食べるダニが壁画の上を動き回ることによって、カビが広がってしまったと分析されていました。カビの除去は、壁画を顕微鏡で観察しながらの作業で、、1 cm四方のカビの除去に1時間もかかるそうです。
b0190242_22133088.jpg

 この高松塚古墳は昭和47年(1972年)4月に発見されました。天井中央部には天極五星、四輔四星(しふしせい)、二十八宿の星辰、東壁に日像と青龍、男女各4人の人物群像、西壁に月像と白虎、男女各4人の人物群像、北壁に玄武が描かれています。南壁には盗掘口があり、朱雀が描かれていたと推測されていますが残っていません。西壁女子群像は見た目で約40 cm四方に描かれており、意外と小さいものでした。そのほかの壁画は見学室のガラス越しからでは全くわかりませんでした。
b0190242_2214646.jpg

 高松塚古墳は発見当初、持統天皇の孫の文武天皇(在位697年~707年)の陵墓と考えられていましたが、ほかに文武天皇陵が見つかり、現在では誰の墓であったのか不明です。
b0190242_22143254.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_22152239.jpg

 
 わが国犯罪史上空前といわれる毒殺事件「帝銀事件」が起きたのは、昭和23年(1948年)1月26日です。この日午後3時半ごろ、東京池袋・帝国銀行(現・三井銀行)椎名町支店に、厚生省技官、兼東京都防疫課員を名乗る中年の男が現れました。

 近所に集団赤痢が発生したので、GHQ(占領軍総司令部)の命令で行員全員に予防薬を飲んでもらうと偽り、行員16名に青酸カリを飲ませ、12人を毒殺(4人は生存)、現金・小切手18万円を強奪して逃走しました。

 捜査は難航しましたが、8月21日、東京在住の画家平沢貞通を小樽で逮捕しました。平沢ははじめ否認していましたがついに自白、昭和25年(1950年)7月、東京地裁で死刑判決が下りました。彼は無実を訴え上告しましたが、昭和30年(1955年)4月、最高裁は上告を棄却、死刑が確定しました。

 しかし、この裁判については毒薬の入手経路、筆蹟鑑定に疑問、真犯人は戦時中“細菌部隊”でおそれられた731部隊の関係者ではないか、平沢の獄中からの無実を叫ぶ手紙などとともに、新聞の社会面を長い間賑わわせてきました。

 平沢を逮捕し自供させた当時の特捜班長居木井為五郎警部補(警視正で退官)も健在で、昭和60年(1985年)4月、死刑判決確定後30年を経過して「時効釈放」の訴えが出されたときも、「絶対クロ」を主張して、その理由を「週刊新潮」(昭和60・5・23刊)にのせています。

 真実はいずれにあるのせよ、平沢貞通も90歳を超えています。死刑判決確定後30年という歳月は、死刑執行以上に過酷な刑罰だと思います。人情論としては「時効釈放」も肯定できますが、わが司法当局はそれを許しませんでした。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_2218913.jpg


 高松塚古墳の見学を終えて、近鉄奈良駅までやってきました。奈良県にやってきた目的はもう一つあります。年に1度、1月26日に若草山の山焼きがあり、それを見るために奈良までやってきました。写真は猿沢池です。
b0190242_22185195.jpg

b0190242_22192841.jpg

 山焼きの由来を教えてもらいましたが、その説明を聞いても、何故山焼きをするようになったのか、私には理解できませんでした。もともと若草山は興福寺の持ち物でありましたが、その所有をめぐって東大寺としばしば争いがあったそうです。もともとは山焼きする習慣はあったようで、度々、山焼きの火が東大寺まで延焼する危険に見舞われたといいます。東大寺は奉行所に山焼きをやめるように訴えを起こしますが、興福寺がこれに猛反発し、山焼きが続けられたと言われています。写真はその興福寺の五重塔で、日本で2番目の高さを誇っています。1番は京都の東寺の五重塔です。
b0190242_22195274.jpg

 興福寺南円堂。
b0190242_2220102.jpg

 興福寺の御朱印です。
b0190242_22202223.jpg

b0190242_22204187.jpg

 奈良公園では鹿にエサをやっている人がいました。紙袋を持った人は、鹿に襲われて、紙袋をビリビリに破られて、袋の中の食べ物を強奪されていました。041.gif
b0190242_22205645.jpg

 奈良公園から見た若草山。
b0190242_2221358.jpg

 私は若草山の山焼きを見るため、若草山の入山ゲートまで行きました。
b0190242_22223218.jpg

 夕日に染まる若草山には山焼きを見物する人で溢れていました。
b0190242_22225595.jpg

 若草山から見た夕日。058.gif
b0190242_22231788.jpg

 日が沈み、奈良の街に灯が灯り始めました。072.gif
b0190242_22233841.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(あづみ野うたごえ喫茶/あの素晴らしい愛をもう一度)

あの素晴らしい愛をもう一度(作詞:北山修、作曲:加藤和彦、歌:dicot)

夜が
命かけてと誓った日から
素敵な思い出残してきたのに
あの時同じ花を見て
美しいと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

赤トンボの唄をうたった空は
なんにも変わってないけれど
あの時ずっと夕焼けを
追いかけていった二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

広い荒野にぽつんといるよ
涙が知らずにあふれてくるのさ
あの時風が流れても
変わらないと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度


b0190242_2225512.jpg

 若草山が夕闇に包まれたとき、山焼き神事が始まりました。若草山の麓の野上神社から点火する火が運ばれてきました。
b0190242_22273174.jpg

 東大寺、春日大社、興福寺、金峰山寺の聖火隊が松明に火をつけて、山の中央部まで運んでいきます。
b0190242_2228371.jpg

 中央部の大松明に火を点火しました。
b0190242_22292986.jpg

 若草山のあちらこちらから冬の夜空を彩るように鮮やかな花火が打ち上がりました。
b0190242_22311486.jpg

b0190242_2232324.jpg

 花火大会が終わると、ついに若草山に火を放ちます。火は瞬く間に燃え広がり、若草山と夜空を焦がしていきました。
b0190242_22335572.jpg

b0190242_2235231.jpg

 火の側に立っている人たちは消防団お方たちです。燃え広がった火は人為的に消すのではなく、自然に鎮火するのを待ちます。そのため、飛び火しないように消防団員がつきっきりで火を見守っています。
b0190242_2236289.jpg

 一年に一度の若草山の山焼き神事を見終わり、宿へ戻ってきました。写真はライトアップされた興福寺五重塔です。
b0190242_22365462.jpg

 宿に戻ってから、一杯やりました。翌日は東大寺から薬師寺、唐招提寺に行く予定です。024.gif
b0190242_22372688.jpg

b0190242_22374741.jpg



新橋二丁目七番地
作詞:田久保真見、作曲:杉本眞人、歌:あさみちゆき


うすい座布団 一枚で
地べたに座って 四十年
時が流れて 人が流れる
濁流うねる この都会(まち)で
流されまいと 流されまいと
小石のように うずくまる
靴を磨けば こころも晴れる
今日も元気に がんばって
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

こんな私に 出来たのは
一生懸命 生きること
秋の夕暮れ ひとつため息
赤チン色の 赤ちょうちん
一杯飲めば 一杯飲めば
人間なんて 立ち直る
靴の汚れは 心の汚れ
夢も磨けば また光る
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

明日はきっと 明日はきっと
いいことあるさ 大丈夫
つらい気持は 靴みりゃわかる
今日もあなたは がんばった
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地


 
次回、奈良修学旅行・後編を報告します。060.gif060.gif

b0190242_22385332.jpg

b0190242_22393113.jpg

b0190242_22395882.jpg

b0190242_22403919.jpg

b0190242_22412349.jpg

b0190242_2242824.jpg

b0190242_22433725.jpg

b0190242_22442817.jpg

b0190242_2244562.jpg

by ryott-ryott | 2013-01-31 22:50 | 奈良修学旅行 | Comments(0)