カテゴリ:桜が満開( 1 )

三寒四温、弥生の桜

旅行・地域
b0190242_15161088.jpg


 3月25日は休暇を取って、3月23日(土)~25日(月)まで雪山の赤岳に山旅クラブで行く予定でしたが、25日の休暇が取れなくなり、今回の赤岳挑戦は取りやめることになりました。赤岳は昨年の夏に参加を断られてから、どうも縁がないようです。夏山での挑戦を考えます。

 大井町湯屋の中丸さんから最近またブログの更新がないとのお叱りを受けました。山登りを始めてからは、このブログのほとんどは山歩きの記事ばかりになっているので、山に行かないとブログも更新されない状態になっています。4月以降気温が上がってくれば、山歩きの回数も増えていくと思います。

 4月以降のおもな予定は次のとおりです。

 4月 6日(土) 囲碁大会
 4月13日(土) 原田さんの変わったご主人とおしきせの会
 4月14日(土) 焼酎試飲会
 4月20日(土) ワイン試飲会&山歩き(ジョイフル観光)
 4月24日(水) 歩みの会・高鈴山(休暇が取れれば)
 4月27日(土)~29日(月) 雪山・至仏山(山旅クラブ)
 5月 3日(金)~ 6日(月) 雪山・燕岳~大天井岳~常念岳(山旅クラブ)
b0190242_15174150.jpg

 前回、歩みの会で古賀志山に行ってからは、山歩きをしておりませんが、ここ2週間は幕張海浜公園の夕日や、近所の桜を見に行きました。056.gif
 まず3月16日(土)はまたも夕方に幕張海浜公園に夕日を見に行きました。気温が高くなるにつれて雲が出やすくなり、冬と比べると朝日・夕日を観ることができる機会は減ってきます。この日も春霞がかかっていました。
b0190242_15184955.jpg

 海の中に入って釣りをしている人がいました。写真には取れませんでしたが、海面にはたくさんの魚が跳ねていました。
b0190242_1519181.jpg

b0190242_15193646.jpg

 夕暮れの散策。
b0190242_1520198.jpg

 犬が海で泳いでいました。
b0190242_15201319.jpg

 夕日が空と海を赤く染めながら落ちてきます。058.gif
b0190242_15205145.jpg

b0190242_15214872.jpg

b0190242_15221561.jpg

 翌日17日(日)はあづみ野うたごえ喫茶に行く予定でしたが、花粉症の症状があまりにもひどいため、行くことを取りやめました。夕方は近所の品川中央公園に花を見に行きました。写真は寒緋桜です。
b0190242_1523028.jpg

 コブシの花。このコブシの花が咲き始めると、農家では畑に種まきを始めます。
b0190242_15233440.jpg

 ハクモクレンが咲いていました。
b0190242_1524311.jpg

 ハクモクレンの下から見上げると月が浮かんでいました。
b0190242_15241687.jpg

 帰りに日曜日も営業している勇才に行きました。勇才さんは木曜スペシャル的なお話をしてくださいますが、誰にでもお話してくれるわけではないそうです。例の日航ジャンボの事故の話や、原発マフィアの話をして店に来なくなった人もいるそうです。037.gif
b0190242_15243271.jpg

 茶碗蒸し。
b0190242_15244697.jpg

 鶏肉のさっぱり煮。
b0190242_1524557.jpg

b0190242_15251211.jpg

 ホタルイカ。
b0190242_15252574.jpg

 蒸し牡蠣。
b0190242_15254270.jpg

 シーフードグラタン。
b0190242_152552100.jpg

 マグロ。
b0190242_1526829.jpg

 鴨鍋。
b0190242_15262280.jpg

 スリランカカレー。
b0190242_15263788.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_15272689.jpg

b0190242_15274128.jpg

 
 スペインの生んだ画壇の巨匠として知られるゴヤの生誕は、1746年3月30日です。
 彼は画家を志望し、若くしてマドリードに出て、30歳のとき王宮付属つづれ織り工場の下絵制作に従事しました。
 
彼はこの仕事がきっかけでで、マドリードの上流階級の人々に近づくようになり、彼の絵の天分も認められ、特に社交界の花形である王妃、貴婦人に引き立てられました。そのお陰もあって50歳で、カルロス4世の首席宮廷画家の地位につきました。
 
彼の作品は、ベラスケスとともに、マドリードのプラド美術館の目玉になっています。 ゴヤの作品は、宮廷画家として仕えた『カルロス4世とその家族』、ナポレオンのスペイン侵入を記録した『1808年5月2日の変』など、たくさん展示されています。しかし、話題はなんといっても彼の描いた『裸体のマハ』と『着衣のマハ』の2点です。

 マハとは伊達女という意味ですが、それだけに、このモデルがだれで、なぜ同一人物の裸体と着衣の同じポーズの絵を描いたのか、興味があるでしょう。
 この作品のモデルは、その豊かな黒髪、豊満な肉体、奔放な気性の顔だちから、当時スペイン貴族の筆頭であったアルバ公爵夫人と噂されました。
 ゴヤとアルバ公爵夫人との関係は、わずか7年の付き合いでしたが、いろいろ憶測されました。
 
アルバ公爵家では、この噂を気にしたとみえて、夫人が亡くなったあと40年も過ぎた1845年、夫人の棺をあけ、その骨格や、胴と足のプロポーションの違いを示し、モデルは彼女ではないと否定したりしました。ですから、なおさらこの絵に興味が集まるのです。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1528337.jpg

b0190242_15281743.jpg


 今年は桜の開花が早く、3月22日には上野の桜は満開になるとの予報でした。赤岳に行くことを取りやめたので、23日(土)、私は近所の戸越公園で桜を見たあと、隅田川まで足を伸ばしました。写真は戸越公園です。
b0190242_15294276.jpg

 黄色いレンギョウの花も咲いていました。
b0190242_15295690.jpg

b0190242_15301357.jpg

 隅田川越しに見た東京スカイツリーと金色の雲のビル。
b0190242_1530335.jpg

 橋の上から見た風景。桜の下にはたくさんの人がいるのがわかります。
b0190242_1530476.jpg

 染井吉野。
b0190242_1530591.jpg

 ビルの写ったスカイツリー。
b0190242_15311891.jpg

 隅田公園、桜の間から見た東京スカイツリー。
b0190242_15313355.jpg

 隅田公園の奥に牛島神社があります。
b0190242_15314714.jpg

b0190242_15324079.jpg

b0190242_15325763.jpg

 牛島神社で結婚式が行われていました。038.gif
b0190242_15331385.jpg

b0190242_15334640.jpg

b0190242_1534116.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(あづみ野うたごえ喫茶/あの素晴らしい愛をもう一度)

あの素晴らしい愛をもう一度(作詞:北山修、作曲:加藤和彦、歌:dicot)

夜が
命かけてと誓った日から
素敵な思い出残してきたのに
あの時同じ花を見て
美しいと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

赤トンボの唄をうたった空は
なんにも変わってないけれど
あの時ずっと夕焼けを
追いかけていった二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

広い荒野にぽつんといるよ
涙が知らずにあふれてくるのさ
あの時風が流れても
変わらないと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度






新橋二丁目七番地
作詞:田久保真見、作曲:杉本眞人、歌:あさみちゆき


うすい座布団 一枚で
地べたに座って 四十年
時が流れて 人が流れる
濁流うねる この都会(まち)で
流されまいと 流されまいと
小石のように うずくまる
靴を磨けば こころも晴れる
今日も元気に がんばって
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

こんな私に 出来たのは
一生懸命 生きること
秋の夕暮れ ひとつため息
赤チン色の 赤ちょうちん
一杯飲めば 一杯飲めば
人間なんて 立ち直る
靴の汚れは 心の汚れ
夢も磨けば また光る
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

明日はきっと 明日はきっと
いいことあるさ 大丈夫
つらい気持は 靴みりゃわかる
今日もあなたは がんばった
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地


b0190242_15344394.jpg


 今年は桜の開花が早くて、今月末には桜がすべて散ってしまうと思っていましたが、桜が咲いてから気温の低い日が続き、3月30日でも桜を十分に楽しむことができました。気温が低いと桜がほころぶスピードが遅くなるそうです。先週隅田川に行ったので、今週の30日(土)は新宿御苑に桜を見に行きました。新宿御苑はアルコールの持ち込みが禁止されており、入口のところでカバンの中をチェックされます。
b0190242_1535750.jpg

 もの凄い数の人が桜を見に新宿御苑に詰めかけていました。これで空が青空であったら言うことはありません。
b0190242_15352385.jpg

 これは山ぶどうの実でしょうか。
b0190242_15354442.jpg

 八重桜も咲いていました。イチョウという名前の八重桜です。
b0190242_1537428.jpg

 この桃色の八重桜は「カンザン」という名前で桜漬けの桜に使われているそうです。
b0190242_15391080.jpg

 枝垂れ桜も八重桜でヤエベニシダレという名前です。
b0190242_15412691.jpg

b0190242_15415889.jpg

 ヤエベニシダレとイチョウの共演。
b0190242_15421397.jpg

 池のそばも桜が満開でした。
b0190242_15423375.jpg

 橋の上から見た桜。
b0190242_15425738.jpg

 桜の中にいるようです。
b0190242_15432265.jpg

 山歩きする人にはお馴染みの、ミツバツツジも咲いていました。
b0190242_15434486.jpg

b0190242_154438.jpg

 この白い花は利休梅といいます。
b0190242_15442191.jpg

 桜のピンクの絨毯。
b0190242_15444884.jpg

 新宿御苑には温室もあり、ランが花を咲かしていました。
b0190242_15451024.jpg
 
b0190242_15454021.jpg

b0190242_1546896.jpg

b0190242_15463362.jpg

b0190242_15465138.jpg

 バナナもありました。
b0190242_15472214.jpg

 カカオの実。
b0190242_15474947.jpg

 ミッキーマウスの木になっていた実。アフリカ原産で黄色い花を咲かせます。
b0190242_15481517.jpg

 ベンケイソウの仲間。
b0190242_1548374.jpg

 新宿御苑で十分に桜を楽しんだあと、夕方は新装開店になった、じゃんけんぽんに行きました。場所はアレグロピアットの2軒ほど隣で、コンビニの目の前です。038.gif
b0190242_15485539.jpg

 今日は来福酒造さんを招いての試飲会を兼ねたじゃんけんぽんのお披露目会です。
b0190242_1549983.jpg

 お酒は愛山、桜の酵母をつかった「さくら」、8%の精米でつくった贅沢なお酒が振舞われました。
b0190242_15492046.jpg

 お料理もたくさん出されました。
b0190242_15493177.jpg

b0190242_15494289.jpg

b0190242_1550162.jpg

b0190242_15501473.jpg

b0190242_15502549.jpg

 居酒の説明をする来福酒造の藤村さん。20 kgのダイエットに成功したそうです。038.gif
b0190242_15504484.jpg

 貴醸酒も出されました。水のかわりに純米酒を使って発酵させたお酒です。
b0190242_15505880.jpg

 スマイルで記念写真、左から西山さん、トントンさん、藤村社長。
b0190242_1551890.jpg


 
次回の山は歩みの会になります。060.gif

b0190242_15522910.jpg

b0190242_1553326.jpg

b0190242_1554025.jpg

b0190242_15543474.jpg

b0190242_1555434.jpg

b0190242_1555248.jpg

b0190242_1556470.jpg

b0190242_1556596.jpg

by ryott-ryott | 2013-03-31 16:05 | 桜が満開