カテゴリ:旅のダイジェスト( 3 )

いい歳、りょうちゃん、墨廼江酒造、酒蔵見学ヽ(^o^)丿

b0190242_039122.jpg


「悩みのない人間はいません。語らいましょう。ひとりで悩んでいるより、
語らっているうちに何かが見つかるかもしれません。」


(パーソナリティ:市川森一、回答者:マドモアゼル・愛)
http://zoome.jp/game-tv/diary/446/


b0190242_0412592.jpg


b0190242_0415887.jpg


タクシーの運転手をしている35歳男性からの相談。今まで全く女性と付き合ったことがなく、性的な体験はすべて風俗で経験してきたという相談者。そして、今、自分が通っている風俗店で働く21歳の女性に恋をしてしまったが、どうしたらいいかという、どうしようもない相談で、回答者のマドモアゼル・愛先生も困りながらも、そのアドバイスは男女の法則についての名回答だったと言ってもいいのではないかと思います。

相手の風俗嬢に電話番号やメールアドレスを教えても何の返事もないという相談者に対して、これから何十回行っても状況は変わらないと言い放つ愛先生。相手に対して本気でそう思っているならば、正直に自分の気持ちを伝えるべきであり、相談者の本当の気持ち、真剣な姿が見えた時に、相手の心を動かすことがあるかもしれないという。真剣なコミュニケーションを自分から持っていかなければ、相談者もまた他の客と同じであり、そういう姿を見せてもダメだったときにスッパリと諦めるのがスッキリする。男女の仲は風俗であれ、何であれ、出会いであり、男女は出会うものがなければ出会えない。そして、何かに真剣に取り組んでいるものがなければ、出会いはないという。

たとえば、相談者は野球が好きで巨人軍が好きだとして、巨人軍のことならば何でも知っているという状況で、一方で阪神好きの女がいて、相談者と口喧嘩を始めたならば、それは出会うものがあったと愛先生は言う。そういう出会うことがあったところから、「あいつは嫌な女だ」「あいつはふざけた男だ」といいながらも、お互いが認識されて、物語が始まっていく。ただ日々何もないまま、つまらないと言って生きているだけの人では出会いはないという。だから真剣に生きていれば、男女はいつか嫌でも出会うものである。人生に対するまじめさがあれば、まじめに共に生きていこうとする相棒が現れるというのが男女の法則である。そして最後は嘘でない優しさが女性にとって嬉しいことだとも付け加えています。女性として見ることよりも、ひとりの人間として優しい気持ちで接すれば、恋人は出来るはずであり、いままでの見方がおかしかったのではないかと説いています。
004.gif


(西野カナ/Best Friends)

 マルクスは、近世最大の思想家、革命指導者として知られています。
 没後100年を過ぎましたが、この間、マルクスの書いた『共産党宣言』や『資本論』に影響され、世界の3分の1の国々は、その理想とする共産主義国家を目指して、次々と革命による新国家を樹立していきました。ソ連を中心とした東欧諸国、中国、北朝鮮、アジア、アフリカの発展途上国に多く見られます。

 マルクス理論の実験の結果はどうだったでしょう。マルクスはその名著『資本論』のなかで、資本主義経済は、弁証法的唯物史観に基づくと、貧富の差が激しく、あらゆる矛盾がふき出して恐慌が起こり、たくさんの失業者が町に溢れ、その歴史的必然から、百年後は自然崩壊すると述べました。

 しかし、不思議なことに、資本主義経済を基調とする自由主義国家は、その後ますます経済が発展し、社会福祉も次第に向上の一途をたどっています。
 それはマルクスに刺激され、資本主義経済の欠点を補正しながら、一方では社会主義のいい点を政策のなかに組み入れているのですから、そう簡単には崩壊しそうにありません。
 同じように、中国をみえとわかりの通り、社会主義を標榜する国も、最近は積極的に資本主義の長所を取り入れています。

 マルクスは1883年3月14日、亡命先のロンドンで65歳の生涯を閉じました。
 ロンドンのハイゲート墓地には、ブロンズの巨大なマルクスの顔をのせた大きな墓が建っています。
 西欧諸国のなかでは、英国は一番共産党の勢力が弱いお国柄のせいか、マルクスに対する関心は薄く、墓地を訪れる人もごくわずかと伝えられています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)



(五木ひろし/契り)

b0190242_0425257.jpg


b0190242_043157.jpg


b0190242_0434880.jpg


3月14日ホワイトデーは仙台・石巻市にある墨廼江酒造さんへ酒蔵見学に行きました。日曜日は快晴で、冒頭の写真は大井町の東の空に昇る朝陽です。058.gif

b0190242_0444164.jpg


朝5時前に起床し、大井町で朝陽の写真を撮ってから、7:16東京発の東北新幹線で仙台へ。この酒蔵見学は川崎の西山酒造さんの企画であり、新幹線に乗っていく見学は始めてだったそうです。じゃんけんぽんチームは、トントンさん、春さん、トントンさんの妹さん、そのお友達と私の5名と、他の参加者が更に5名と、西山さんの11名の陣容でみちのく路へと向かいました。

b0190242_0455584.jpg


b0190242_047488.jpg


 目的地の石巻は仙台から仙石線に乗り換えて約60分ほどです。いい天気でしたが、風が強く、結構、寒かったです。
 墨廼江酒造は、石巻駅から徒歩10分もしないところにあります。見学の前に、石巻で一番立派なホテルで蔵元の澤口さんから説明のお話がありました。社長の澤口さんは、もともとは杜氏ではなく、学校卒業後に東京で働いていたそうですが、突然に親御さんの後を継ぐことになったとのこと。酒蔵出身の身でありながら、酒造りのことは何も知らなかったため、広島にある試験場で酒造りの基本を勉強に行き、今の酒蔵に戻ってからは杜氏さんからOJT(On Job Training)で酒造りを身につけて行ったそうです。
 墨廼江酒造では、もっともいい酒は綺麗な酒であり、見ると照りがあると言います。そして、みんなが呑んでくれる酒こそがいい酒だとおっしゃっていました。

b0190242_046428.jpg


b0190242_047566.jpg


 石巻のホテルで澤口さんのお話を聞いてから、いよいよ墨廼江酒造さんへ。ホテルから目と鼻の先にありました。明日、仕込むという洗浄した酒米が入口に置いてあり、酒蔵の中からは日本酒独特のよい香りがしていました。

b0190242_0483837.jpg


 発酵しているタンクから、柄杓でお酒を汲んでもらって飲みましたが、仕込んで間もない若い酒と、十分に製品に使い酒と、そしてタンクの上(あらばしり)、中、下の酒はそれぞれ違った味わいで、酒は生き物であることを実感できました。

b0190242_0491885.jpg


 酒蔵見学を一通り終えた後は、再び石巻のホテルへ戻って、墨廼江酒造さんのお酒を試飲しました。蔵の華、中汲み、八反錦、吟星四十。西山さんが素人の私に乾杯の音頭をとるように振られました。急な話に戸惑いながらも、乾杯をして、墨廼江さんのお酒を存分に戴きました。だから、帰りの仙石線、新幹線の中ではほとんど寝ていたと思います。041.gif

b0190242_0495835.jpg


b0190242_0501597.jpg


b0190242_0503910.jpg


 酒蔵見学を終え、石巻を後にし、仙台で牛タンを戴きました。目の前で牛タンを炭で焼いて行く光景は、何ともいいものでした。どうせならば代金を足して、極厚の牛タンを頼めばよかったかなぁとも思いました。焼き過ぎてしまった牛タンは炭の中に入れて、灰にしてしまうんですね。焦げていても構わないので、出してほしかったです。
037.gif

仙台駅で記念撮影
b0190242_051472.jpg


b0190242_0521220.jpg


b0190242_0541438.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村

by ryott-ryott | 2010-03-20 00:57 | 旅のダイジェスト | Comments(0)

【ダイジェスト】いい歳、りょうちゃん、別府初日の出と地獄探訪ヽ(^o^)丿

昨日に引き続き、別府の旅のダイジェスト版を掲載します。大井町湯屋仲間のエルビーさんから、ページが重すぎて見ることが出来ないとのご忠告を戴きました。歴史の話とYouTubeは省略して、写真を厳選して再掲載いたします。

b0190242_10483746.jpg


b0190242_10512328.jpg

1月4日、今日東京に帰らなければなりません。4日の朝は昨日と違って、雲はほとんどなく、東側の空はくれないに染まっていました。別府は大晦日、元旦から天気が悪く、朝日を3日まで拝めることが出来ず、この4日に今年初めての日の出となりました。058.gif
 日の出を撮影するため、上人が浜へ行き、陽が昇って来るのを待ちました。東南東の方向から朝日が顔を出すと、浜を散歩している方々が今年初めての日の出に向かって手を合わせていました。
058.gif

b0190242_1053068.jpg


b0190242_10533952.jpg


b0190242_1055325.jpg


b0190242_10573858.jpg


b0190242_1128148.jpg


4日の大分空港からの飛行機は満席でとることができなかったので、ソニック号で福岡・博多まで移動して福岡空港から羽田に帰ることにしていました。夕方の便なので、まだ少し時間があるため、杉乃井ホテルに出入りしている個人タクシーの阿部さんに案内してもらい、別府の写真スポットを約4時間ほどで周っていただきました。ご本人もいつもデジタルカメラを持参しており、いい風景があると仕事の合間に写真を撮って、その写真をお客さんに見せているとのことです。上人が浜も阿部さんに連れて行ってもらいました。
扇形の山。毎年4月に山焼きをするそうです。

b0190242_1122451.jpg

その麓にある天然温泉。しかし、この時期はお湯が出ていませんでした。夜はロウソクを灯して、入浴するそうです。072.gif
b0190242_113586.jpg

明礬温泉。結構、芸能人が来ています。
昨年の夏、土曜サスペンス劇場「湯けむり殺人事件」のロケ現場で撮影があったそうです。061.gif
湯の花小屋
b0190242_1153931.jpg

貸切の温泉小屋
b0190242_1163381.jpg

十文字原展望台からの風景
b0190242_1183613.jpg

コンクリートで出来ている橋では東洋一長い陸橋

b0190242_11111026.jpg

そして、別府といえば地獄めぐり。坊主地獄、海地獄、龍巻地獄、血の池地獄と巡りました。坊主地獄は約500年前の鶴見岳の噴火で、その場所にあった延内寺が吹き飛ばされて、その跡地に出来ました。噴き出る気泡で泥状の粘土が坊主の頭のように丸くなるため、坊主地獄と名付けられました。別府には8つの地獄があり、すべて個人の持ちものだそうです。不労所得があるなんて羨ましい。037.gif
b0190242_1112180.jpg

まわりの粘土は500年間の歳月がかかって堆積したものです。
b0190242_11173194.jpg


b0190242_1126182.jpg


b0190242_11224090.jpg


次に海地獄に行きました。池の色は海のような碧い色をしていました。これは硫酸鉄(Ⅱ)(化学式で書くとFeSO4)が溶けているためです。たしかに実験室で見た二価の鉄イオンの色でした。
b0190242_1131308.jpg


b0190242_1132853.jpg

近くに水蒸気を利用した温室があり、バナナ、蓮の花、胡蝶蘭が咲いていました。056.gif
b0190242_1133120.jpg


b0190242_11332739.jpg

そのお隣に赤い池がありましたが、こちらは酸化鉄の赤い色をしていました。

b0190242_1135282.jpg


b0190242_1136196.jpg

貴船城。これは昔からあったお城ではなく、お城の旅館だったそうです。別府にはお城はなく、お隣の日出町(いずちょう)の日出城か、臼杵市(うすきし)にある大友宗麟の臼杵城まえ行かないとないそうです。有名な城下(しろした)カレイは日出城の下の海から獲れることで名付けられています。004.gif

b0190242_11372082.jpg


貴船城の入り口に大きな白い蛇がホルマリン漬けになって祀られています。お参りすると金運アップとのこと。また白の中には同じ種類の生きている白い蛇が飼われており、もう厄年はとっくに過ぎてしまいましたが厄払い、金運向上、健康をお祈りして、白蛇さんにお参り、触らさせていただきました。ただし、生きている蛇の写真はご遠慮願いますとのことでした。

b0190242_1138269.jpg



貴船城から見た別府の街。
b0190242_1141252.jpg

鉄輪(かんなわ)温泉の湯けむりが見えます。「鉄輪」と書いて、「かんなわ」と読みます。

b0190242_11432435.jpg

血の池地獄へ行く前に、もうすぐ間歇泉から水蒸気が噴出するというので、「龍巻地獄」へ行きました。この間歇泉は約40分間隔で、10分ほど水蒸気が噴出します。入口の前に信号があり、赤信号が点灯していると、あと10分以内に蒸気が噴出する合図だそうです。受付で聞くとあと5分ほどで噴出がはじまるときき、中へ。
5分ほどたったころから、手前のところから湯気が立ち昇り、勢いよく水蒸気が噴出してきました。
b0190242_1147558.jpg


b0190242_11482933.jpg

血の池地獄は龍巻地獄のすぐお隣にあります。この「池」は地獄の中で最も大きく、深さが最深で180 mあります。粘土が深い穴へ溜まっていき、詰まってしまうと爆発を繰り返すそうです。以前は放っておいたそうですが、爆発すると周りの樹木がすべて枯れてしまったり、何しろ危険なため、人の手で粘土が溜まらないように定期的に取り除いているそうです。
b0190242_11494698.jpg

血の池地獄の泉質は塩化物系、つまり塩酸が含まれているため、汚れた十円玉を浸すとピカピカになりました。塩酸系洗剤に十円玉を浸してピカピカになる化学実験と同じです。

戦後直後の血の池地獄の様子(昭和26年)。
b0190242_11532114.jpg

最後は鉄輪温泉街をぶらぶらと散策しました。
b0190242_11541167.jpg


b0190242_11555077.jpg

上人が浜に1200年前に立ち、鶴見岳の噴火を鎮めたという一遍上人像。
b0190242_11561810.jpg

ヤング劇場。別府の芝居小屋。
b0190242_11571179.jpg

至るところから湯けむりが上がっていました。
b0190242_11581169.jpg


b0190242_1159784.jpg


b0190242_11593150.jpg

最後は稲尾記念館に立ち寄って、別府駅へ。
b0190242_1203632.jpg

今日一日、別府の街を案内してくれた阿部さんとお別れし、ソニック号に乗り、福岡空港へと向かいました。


b0190242_123678.jpg


b0190242_1241698.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村

by ryott-ryott | 2010-01-08 07:11 | 旅のダイジェスト | Comments(4)

【ダイジェスト版】いい歳、りょうちゃん、湯布院を行くヽ(^o^)丿

今日、大井町湯屋でエルビーさんから、この土曜日歳時記が「重たすぎて、見ることが出来ない」とのアドバイスを戴いたので、写真を厳選して、ダイジェスト版を掲載することにしました。確かに、私も自分の家のPCで立ち上がりに時間がかかることを感じていました。歴史とYouTubeを省略して、写真を少なくして再掲載します。このBLOGを見ていただける方にはすべての写真を見ていただきたいのが本心です。

1月2日から2泊3日で九州は別府・湯布院へ行ってきました。今回の最大の目標は別府湾に上がる朝日を撮影することです。058.gif

1月2日、東京は富士山がきれいに見える快晴の空。天気予報で九州の雲行きが怪しいことはわかっていましたが、羽田空港の電光掲示板には大分にしっかり晴れマークが付いていて、心配を吹き飛ばす幸先よい出発となりました。058.gif
驚いたことには搭乗前の出発ロビーにはほとんど人が居なくて、飛行機の中はガラガラでした。真ん中の3人掛けの座席など何列も空席でしたし、左右の窓側の座席も空席が目立ち、ほとんどが一人掛けでした。
大分空港に着いて空を見上げると、残念ながら見慣れた鈍色(にぶいろ)の曇り空が広がっていました。


湯布院トリックアート迷宮館037.gif
b0190242_11521839.jpg

魔女と美女
b0190242_11524630.jpg

すべて同じ大きさ004.gif
b0190242_11545081.jpg

見る角度から絵が変わります004.gif

b0190242_11553660.jpg


b0190242_1156373.jpg


b0190242_11563478.jpg

大分空港から別府へ向かい、別府の杉乃井ホテルに宿泊。このホテルには棚湯(棚田みたいな浴槽)があり、そこから別府の街が一望できました。棚湯からの風景を写真におさめることが出来ればよかったのですが、当然ながら撮影禁止。しかし、なかにはデジカメを持って入浴している人もいました。棚湯から見た空模様はだいぶ雲が少なくなった感じでした。浴場前のテレビで見た天気予報も大分県全域に晴れマーク。058.gif
ところが3日の朝の別府湾は曇っており、朝焼けも見ることができないくらいに厚い雲に覆われていました。すぐに朝日の撮影はあきらめて、この日はバスに乗って湯布院へ行きました。
湯布院は別府からバスで約40分。鶴見岳・由布岳の山道を通って行きますが、山の上では雪がちらついていました。湯布院駅前に到着した時も、止むどころか、さらに雪は強まる勢いでした。
057.gif

雪がちらつく湯布院駅前
b0190242_11573147.jpg


川に沿って金鱗湖へ

b0190242_11584590.jpg


b0190242_11594661.jpg


b0190242_12064.jpg


b0190242_1202354.jpg


泉酒販016.gif
b0190242_1212567.jpg


b0190242_1214230.jpg

おそばやさん
b0190242_1222537.jpg

幻のどぶろく011.gif
b0190242_1225224.jpg

漬物盛り合わせ011.gif
b0190242_1233777.jpg

鴨せいろ011.gif
b0190242_1235782.jpg


それでも折角来たのだから、湯布院の散策開始。川に沿って上流の金鱗湖を目指しました。とはいっても大した距離ではありません。金鱗湖の近くに何やら雰囲気の良いお店がありました。「幻のどぶろく」とのぼりに書いてあります。何も考えずに店に入って行き、その幻のどぶろくを試飲させてもらいました。甘口と辛口二種類あり、いずれも美味しくて、即お買い上げ、宅急便で自宅へ送ってもらいました。お店の人に、「このどぶろくを呑ませてくれるお店は近くにないですか?」と尋ねると、すぐ近くの金鱗湖手前のお蕎麦屋さんでに出しているとのこと。すぐに行きました。お店はお昼時もあり、混雑していましたが、すぐに通されて、どぶろくと漬物盛り合わせと鴨せいろを頼みました。漬けものでどぶろくを一杯飲み、鴨せいろのつゆをそば湯で割って、それを肴にどぶろくをもう一杯飲みました。正月休みで家族連れが多く訪れている中、昼間からどぶろくを注文している客は私だけだったと思います。店を出ると、すでに雪はやみ、陽が差してきていました。先ほどのどぶろく屋さんに「今、飲んできましたっ」と挨拶して、金鱗湖を見て、湯布院路をぶらぶらと。070.gif

ドクターキッスフィッシュ041.gif
b0190242_125068.jpg

きたない足でごめんなさい041.gif

b0190242_1254042.jpg


そして、もう一軒、面白い店を発見しました。店を覗くと、魚のいる水槽があり、その中に皆さん足湯をしています。ドクターキッスフィッシュ。皮膚の角質を食べてくれる魚が水層の中におり、足を入れると皮膚の表面の角質を食べに、魚が足に群がってきます。少し大きい魚はスズキの仲間、小さい魚は鯉の仲間だそうです。めずらしものづきの私は早速、ドクターキッスフィッシュを体験。水温は30 ℃、大井町湯屋のプールとほぼ同じです。足を水槽へ入れるとすぐにお魚さんたちが私の足の表面を覆って、けっこうくすぐったい感触でした。お店の人が言うには、このドクターキッスフィッシュでかなりお肌がスベスベになるのだそうです。
 ドクターキッスフィッシュの店を出るとすっかり青空が広がっていました。山頂が白く雪化粧された由布岳が青空に映えていました。
056.gif
b0190242_1263549.jpg

帰りはきれいに晴れました
b0190242_1273961.jpg

来る時とは違い、天気が回復した湯布院駅前

b0190242_1281136.jpg

 帰りは久大本線「ゆふDX(デラックス)」に乗り、別府まで戻ってきました。棚湯から見た別府湾上空には星が輝いており、明日こそ朝日が見れるという期待に胸を膨らませて眠りにつきました。058.gif
b0190242_12943100.jpg


b0190242_121186.jpg


b0190242_12112765.jpg

山下清原画展にも入りました
有名な「花火」(貼り絵)
b0190242_12122033.jpg

片倉館と花火(貼り絵)
b0190242_1213322.jpg

カルピス(貼り絵)
b0190242_12133647.jpg

ミゼット(貼り絵)
b0190242_1214381.jpg

またマジックで書いた絵も印象的でした
b0190242_121545100.jpg


b0190242_1216378.jpg

To be continued.

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

by ryott-ryott | 2010-01-08 00:12 | 旅のダイジェスト | Comments(0)