カテゴリ:フィットネス( 2 )

はじめまして

夏休みが始まりました

POPさん トラックバックしてみます(^u^)

NEWSPOが閉鎖されたようなので、POPさんと同じeciteブログを始めました。
You Tubeの貼り方が今一つ理解できていません。
これから勉強して、中身を充実させていきたいと思います。

とは言っても、私は結構面倒がり屋なので、POPさんのように毎日は更新できないと思います。とりあえず、使い方を覚えることから始めてみます(^v^)

b0190242_22271034.jpg

by ryott-ryott | 2009-05-31 22:28 | フィットネス

はじめまして・日本ダービーを考えてみました(^v^)


りりこが大きくなりました
b0190242_1328461.jpg

実もつきました
b0190242_13294129.jpg


今年も日本ダービーの日がやってきました。

去年のNHKマイルカップ:1着5枠(⑨⑩)- 2着3枠(⑤⑥)- 3着7枠(⑭⑮⑬)
去年の秋華賞:      1着2枠(④③)- 2着1枠(①②)- 3着7枠(⑮⑬⑭)
今年の桜花賞:      1着5枠(⑨⑩)- 2着8枠(⑱⑰⑯)-3着7枠(⑮⑭⑬)
今年の皐月賞:      1着8枠(⑯⑰⑱)-2着2枠(④③)- 3着7枠(⑮⑭⑬)
今年のオークス:     1着4枠(⑦⑧)- 2着2枠(③④)- 3着7枠(⑭⑬⑮)

上にあげた競走はすべて次の年から国際GIレースになる競走で、最後のJpnⅠ競走です。すべて3着に7枠の馬が来ています。そして今日行われる日本ダービーも最後のJpnⅠ競走、来年から国際GⅠレースになります。7枠の馬の複勝。私の1着は①ロジユニヴァース。①番から適当に買って、7枠の馬への3連単(①-②③⑧⑨⑪⑫⑯⑱-⑬⑭⑮)。

http://www.youtube.com/watch?v=ADj7nU0CHC0
(第74回日本ダービー/牝馬ウオッカ優勝)

典型的な古典主義の作曲家、「交響曲の父」といわれるヨゼフ・ハイドンは18世紀後半、貴族政治の黄金時代に生きた作曲家です。

ハイドンは1732年3月31日、オーストリアとハンガリーの国境近いローラウで生まれました。父は車大工で家で貧乏でしたが、どういうわけか、幼い頃から類まれな音楽的才能を発揮して、6歳でハインブルグの教会合唱隊隊員に選ばれ、8歳のときにはウィーンで聖ステファン教会の合唱隊に入り、児童スターの一人になりました。

しかし、17歳になると、声変わりのため解雇されてしまいます。しばらくは食うや食わずの生活を送り、社交界での演奏、教師、編曲のアルバイトをしながら作曲に専念しました。

1758年、ようやくモルツィン伯爵の音楽監督に任命され、ハンガリーの名門エステルハージ伯爵家の副楽長に迎えられ、やがて楽長に就任します。
ここの伯爵家の宮殿は。エステルハージ宮と呼ばれ、ベルサイユ宮殿につぐ、ヨーロッパ最大の歌劇場を持っていました。ハイドンはここでオーケストラを指揮し、数多くの作曲をしました。モーツァルトとの交遊も彼にいい影響を与えたといわれています。

晩年、彼はロンドンに旅し、そこで音楽博士の学位を受けたり、帰国後はオーストリアの国家を作曲し、1809年5月31日、77歳の生涯を終わりました。その生涯に交響曲104、協奏曲室内楽曲多数、ソナタ52曲、オラトリオ3曲、声楽曲多数を生み出しました。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)
http://www.youtube.com/watch?v=_l8W9-Y02is&feature=channel_page
(松任谷由美/Destiny)

昨日は金曜日に悪い酒を飲んだせいか、土曜日朝の湯屋を休み、シュウクリーム作りをしていました。湯屋には午後のアクアへ、その帰りに中国整体へ行き、坐骨神経痛の治療。

中国整体の先生から、貧血に良い食べ物を教えてもらいました。赤い食べ物には鉄分が多く含まれているんだそうです。レバーが貧血にいいことは知られていますが、やはり肉なので食べ過ぎると脂肪も多く摂取してしまうので、植物性の赤い食べ物がいいそうです。トウガラシは体温も上げ、新陳代謝も活発になるため、毎日摂取したほうがいいそうです。トウガラシをそのまま食べることは結構大変なので、キムチがいいそうです。それから小豆。小豆も鉄分を含んでいるので、貧血には効果があるそうです。先生は日本人はなぜお祝いの席でしか赤飯を炊かないのか、不思議がっていました。小豆をたっぷり入れた赤飯は体にもいいので、毎日でも食べるべきだとおっしゃっていました。

b0190242_13323452.jpg


そして夜はじゃんけんぽんに行きました。トントンさんが「お店が終わったら、しげに行きましょう」とのお誘い。「しげ」とは大井町線ガード下にある串焼き屋さん。私もはじめて行きました。お店のご主人は、「今日は土曜日で屠殺場が休みだから、あまり種類がありません」と言っていましたが、「おっぱい」もあって、結構たくさん食べてしまいました。

昼間、整体の先生から植物性の赤い食べ物を教えてもらったのに、動物性の赤い食べ物をたくさん食べてしまい、しばらく赤飯を食べなくても済みそうです。

b0190242_13331613.jpg
b0190242_13333763.jpg
b0190242_1334767.jpg

by ryott-ryott | 2009-05-31 13:35 | フィットネス