カテゴリ:変人シェフの店( 1 )

いい歳、りょうちゃん、変人シェフの店へ行くヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_19384439.jpg
b0190242_19393937.jpg

今週、富士登山を企画したアミューズトラベル株式会社から登頂証明書とその時の写真が届きました。来年は湯浅さんのご主人も挑戦されるようです。005.gif
b0190242_19435463.jpg

 今日土曜日、久しぶりに大井町湯屋に行きました。最近、平日に湯屋へ行けない日が続いていました。いつものように中国整体を終えてから、湯屋に行き、いつもの大暴れアクアビクス。アクアビクスでは水を蹴り上げる動きがありますが、右足親指の皮膚が剥がれて、ひらひらしている感覚があり、足を持ち上げて見ると、右足親指の爪が貝のように口を開けて剥がれており、取れかかっていました。特に痛みもないので、私は構わず大暴れアクアビクスを続けていたら、アクア終了後に、その取れかかっていた爪はなくなっていました。湯屋プールの中に流れて行ってしまったようです。041.gif
 富士山大砂走りの時に、何回か足の先を石にぶつけており、爪が変色しているのはわかっていましたが、剥がれてしまうとは思いませんでした。実は左足親指の爪も変色しており、同じ運命を辿るのでしょうか。


鍾馗(しょうき)図/葛飾北斎/寛政5年(1793年)
b0190242_19414240.jpg

 そして、日曜日の昼間のアクアを担当されている岩澤奈津美さんが今月いっぱいで大井町湯屋をお辞めになることになり、ご本人が最終日くらい来てくださいと社交辞令をおっしゃるので、日曜日の昼間のアクアへ行ってきました。私自身、日曜日のアクアビクスに参加するのは6年ぶりくらいで、前回がいつのことだったか忘れてしまっていました。日曜日のアクアは土曜日と違って人気が高く、土曜日の3倍以上の人が来ていました。しかしながら、6年前の古き良き時代のアクアビクスに参加していた方々の姿はなくて、土曜日もいる性質(たち)の悪いババァどもが来ていました。あのババァどもはいつまでこの世の中に居座るつもりなのでしょうか。031.gif
 私が大暴れすることがわかっていたようであり、岩澤さんはかなり性質の悪いババァどもに気を使っているようであり、手は常に水の中に、そして足を余り上げないようにとのお願いがありました。水を蹴り上げないアクアビクスなんて、何の運動にもなりません。あの性質の悪いババァどもがいる限り、大井町湯屋でのプールエクセサイズは水に浸かっているだけの水風呂と変わりありません。そういう連中は、アクアに参加せずに大人しく風呂の中に浸かっていればいいのです。もっと言えば、早く墓の中に入っていればいいのです。いつものことながら、アクアの性質の悪いババァどもに腹がたったレッスンでした。
050.gif031.gif

弘法大師修法図/葛飾北斎/西新井大師總持寺
b0190242_19425937.jpg

 9月11日というと、誰もが思いだすのは、2001年9月11日、アメリカ同時多発テロが起きたことでしょう。これを機に、アメリカはイラクが大量破壊兵器を保有しているとし、イラク戦へと進んでいくことになりました。
b0190242_19454034.jpg

 そして、遡ること16年、1985年9月11日、その当時、日本で5本の指に確実に入っていた女優・夏目雅子が急性骨髄性白血病で27歳の若さで亡くなりました。つい半年前の今年3月30日に「夏目雅子 27年分の笑顔」という写真集が出版されています(朝日新聞出版社、1400円+税、ISBN978-4-020250718-1)。小学校3年生の時に、大人しかった彼女が、家族に「私、女優になる!」と言って驚かせ、見事に成長を遂げ女優として駆け抜けていったのがよくわかります。032.gif
b0190242_19461075.jpg

b0190242_19482886.jpg

海外ロケへ行ったときには必ず母親と弟に手紙を書いていたことが紹介されており、その時の手紙の文面からは、いつも母への気遣いを忘れなかったことが伺えます。そして、「ママさえいれば、お友達なんて、いらない」と言っていたほど母との絆は深かったようです。


b0190242_19472568.jpg
b0190242_19474014.jpg
b0190242_19475441.jpg


(やしきたかじん/東京)

東京(作詞:及川眠子、作曲:川上明彦、歌:やしきたかじん) 060.gif

あんたとなら
いつ死んでもかまわへん
わすれないで
そんな女いたことを

見上げた空さえも
冷たい色やけど
あたしが本気で惚れたひと
そう生まれた街やから

いとしさも 憎しみも
すべてすべて ぎゅっと抱きしめ
祈るように 今日も灯が
ともる東京

夢だけ見て
生きてるようなあんたやった
いつかあたし
待つことにも慣れてたよ
くすんだ風のなか
肩よせ暮らしたね
誰にも似てへんひとやけど
本物の愛をくれた

悲しくて 悔しくて
泣いて泣いてばかりいたけど
かけがえのないひとに
逢えた東京

痛いほど好きなのに
なんでなんで別れたんやろ
いまもまだ 胸の奥
揺れる東京

悲しくて 悔しくて
泣いて泣いてばかりいたけど
かけがえのないひとに
逢えた東京

b0190242_19501363.jpg

 安永4年(1775年)9月8日、俳人として有名な加賀の千代が亡くなりました。72歳です。加賀藩の史料によると、千代は元禄16年(1703年)、加賀国松任(まつとう)(現・石川県松任市)の表具師福増屋六兵衛の娘として生まれ、小さい頃から俳句に興味を持って、句作に励んでいたといいます。
 18歳のとき、加賀藩足軽福田満八に嫁ぎ、一子をもうけますが、結婚7年目で夫が病死し、翌年子どもも失って、松任の実家にもどってきました。
 以後、俳諧一筋に生き、宝暦4年、52歳のとき出家して俳号を素園と改めました。

  朝顔につるべとられて貰い水 千代女

 加賀の千代というと、まっ先に思いだされるおなじみの句です。
 私たち日本人にとっては、朝顔という花が、つかの間の生命(いのち)であることを知っているだけに、その可憐な花をいとおしむ、千代の心に共感を覚えるせいでしょうか。
 江戸の川柳子は早速これを材料にしています。

  来年はつるべをよけてたねを植え

 千代の句で、同じように有名なのがあります。

  しぶかろか知らねど柿の初契ちぎり
  起きて見つ寝て見つ蚊帳の広さかな

 最初のは、千代が結婚初夜に詠んだもの、あとの句は夫と死別したときに詠んだものとされます。
 しかし、この二つの句は、いずれも千代の句ではないと主張する説が最近でてきました。やはり江戸の川柳子たちの作なんでしょうか。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_19505053.jpg


(五木ひろし/契り)

契り(作詞:阿久悠、作曲:五木ひろし、歌:五木ひろし)060.gif

あなたは誰と ちぎりますか
永遠の心を 結びますか

波のうねりが岸にとどく
過去の歌をのせて
激しい想いが 砕ける涙のように
緑は今も みずみずしいか
乙女はあでやかか
人の心は鴎のように
真白だろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

朝の光が海を染める
生きる夢に満ちて
まぶしい願いが きらめくいのちのように
流れは今も 清らかだろうか
子どもはほがらかか
人はいつでも桜のように
ほほえむだろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

b0190242_1952767.jpg

 前回、大井町湯屋仲間の晴れ男さんが8月8日に理枝ちゃんと入籍したことを報告しました。そのお祝いを急遽、9月11日土曜日にやることになりました。晴れ男さんは、現在、タクシーの運転手さんをされていますが、個人タクシーの資格を取るために毎日猛勉強されているそうです。027.gif
b0190242_19532766.jpg
b0190242_1953457.jpg
b0190242_1954733.jpg

 その晴れ男さんから、「荏原町のちゃんこ晴海はもう飽きた、ピザが食べたい。」との何ともわがままなリクエスト。エルビーさんと相談して、イタリアンの店でお祝いをやることにしました。そして、半分幹事の私がお店の予約を取ることになりました。イタリアンの店として、まず思い浮かんだのは、あの男の店です。一応、皆さんには、「これから予約を頼もうとしている店のシェフは変人だが、腕はいいようなので、その店でもいいですか?」とお伺いをたてたところ、同意が得られましたので、恐る恐る予約の電話をかけました。

b0190242_19545116.jpg
b0190242_19553498.jpg
b0190242_1956928.jpg

いい歳、わたし「もしもし、今週の11日土曜日、営業していますか?」
まともな店の方「はい、営業しております。」(ホールの方はシェフと違って、常識人です)。
いい歳、わたし「19:00から9名で予約をお願いしたいのですが、大丈夫でしょうか?」
まともな店の方「はい、大丈夫です。お名前と連絡先をお願いします。」
いい歳、わたし「○○と申します。連絡先は○○○-○○○○です。」
まともな店の方「どこかで、聞いたお名前ですね。」
いい歳、わたし「荒川さんによろしくお伝えください。」
b0190242_19565819.jpg
b0190242_19571777.jpg

大井町湯屋のマフィア037.gif
b0190242_1957427.jpg

そうです、あの男の店とは、いつも「じゃんけんぽん」で会うたびに私を口汚く罵倒していく変人イタリアンシェフの荒川さんがいるお店、ビストランテOTTOを予約したのでした。私は、変人シェフの罵倒に慣れていますが、免疫のない他の大井町湯屋の方たちがそれに耐えられるかとても心配していましたが、大事はなく終了しました。

記念品・花束贈呈>
b0190242_2002068.jpg

お隣の席ではおばあちゃんのお誕生会をやっていました024.gif
b0190242_2004577.jpg
b0190242_201104.jpg

 OTTOのホールの方は、じゃんけんぽんデビューを果たしたいと思い、おひとりで土曜日に「じゃんけんぽん」へ行き、店が閉まっていたと嘆いておられました。「じゃんけんぽんは土曜日の夜はお休み」であることを教えてあげました。ホールの方も変人シェフと一緒に「じゃんけんぽん」へ行くのは気が進まないようです。
 私がホールの方に、名前を聞いても、「単なるアルバイトです」と言って、教えてくれませんでした。

b0190242_2043299.jpg

 晴れ男さんの入籍祝いのほうは粛々と進み、変人シェフが腕をふるった料理をいただきながら、記念品贈呈、最後には記念撮影をしていただきました。
b0190242_205132.jpg

晴れ男さんのお相手の理枝ちゃんは、今は他のフィットネスクラブに入っているそうですが、今後、大井町湯屋に転籍するのかと尋ねたところ、大井町湯屋はスタジオレッスンが益々つまらなくなっているため、しばらく湯屋転籍は考えていらっしゃらないとのことでした。というよりは、晴れ男さんがご自身の女性遍歴を隠すため、そうさせないのだと思っています。理枝ちゃんが大井町湯屋に転籍したら、晴れ男さんはきれいな女性と一緒にトレーニングできなくなってしまうでしょう。晴れ男さんにとっては、大井町湯屋のスタジオレッスンがつまらないことが幸いしたようです。いつも晴れ男さんの夫婦喧嘩をみるのも、それはそれで面白いかもしれません。041.gif

いつもながらの店内での全員記念撮影061.gif
b0190242_2081940.jpg

理枝ちゃんが変人シェフと写真を撮りたいというので、ツーショット写真を撮りました。061.gif
変人シェフはとても嫌そうでした。
037.gif037.gif037.gif
b0190242_2084769.jpg


OTTOでのお祝いも終わり、謡いの会へ会場移動。エルビーさんは怖い奥様からの呼び出しがあり、そうそうに御帰宅されました。晴れ男さんも次回から、こうなってしまうのでしょうか。私は1曲歌ったら、終わりまで寝てしまいました。014.gif

謡いの会の会場には、コスプレの衣装がありました。
堀ちえみになったつもり。037.gif
b0190242_20112634.jpg

こんな人、昔いましたね。037.gif

b0190242_20115015.jpg
b0190242_2012486.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_2016147.jpg
b0190242_20163215.jpg
b0190242_20165066.jpg
b0190242_20173338.jpg

by ryott-ryott | 2010-09-12 20:26 | 変人シェフの店