カテゴリ:じゃんけんぽん( 5 )

いい歳、りょうちゃん、鳥の足を食べるヽ(^o^)丿

b0190242_2354883.jpg
b0190242_2361486.jpg


今週の土曜日は珍しいものを食べました。冒頭の写真がそれです。鳥の足です。コラーゲンのかたまり。食べるべきところはそんなにありませんが、食べているうちにお腹がいっぱいになりました。多分、何回も咀嚼するため、満腹中枢に効いたのだと思います。いつも飲むように食べてしまうため、食べ過ぎてしまいますが、よく噛めばお腹一杯になるのですね。しかし、次回は胴体のほうの身も食べたいです。037.gif

b0190242_2364111.jpg
b0190242_237182.jpg



(Judy Kuhn/I dreamed a dream.)

地中海のポートサイドから、紅海のスエズにいたる二つの海と、ヨーロッパ、アジア、アフリカを結ぶ東西交通の大動脈「スエズ運河」が開通したのは、1869年1月16日です。
それまでは、ヨーロッパから東洋への航路は、アフリカの南端ケープタウンまで回らなければならなかっただけに、この運河の開通は大きな意義を持ち、東西諸国に政治、経済的にはかりしれない恩恵をもたらしました。この世紀の大事業を成し遂げたのが、フランスの外交官であったフェルジナン・レセップスです。
 彼は技術家でもあり、同時に探検家、夢想家でもありました。古代エジプト諸王朝が数回にわたって運河計画を立てても、その実現が出来なかったことを知り、彼はそれに挑戦しました。
 さいわい、エジプト王のサイド・パシャが父の親友でもあった関係で運河開さくの許可をもらい、1854年12月から工事を開始しました。
 しかし、植民地拡大を目指していたイギリスや、自国フランスからも猛烈な反対と妨害にあい、悩まされました。でも彼は「初志貫徹」で進みます。
 とうとう、15年の歳月をかけて、見事完成させることが出来ました。64歳の時です。
地中海の水が紅海に注いでいく、その水の流れを見た瞬間の彼の気持ちはどんなだったでしょう。
 彼にとって心残りは、支援してくれたサイド・パシャ王が開通の喜びを知らずに亡くなったことです。
 スエズ運河の地中海側の入り口、ポートサイドは、サイド王の名を記念して名付けられたものです。
 彼は1881年、今度はパナマ運河の開さくに乗り出しましたが、これは失敗して、翌年ロンドンで89歳の生涯を終わりました。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)



(Elaine Paige/I dreamed a dream.)

今週末の3連休は再び「一眼レフの旅」として能登に行って参ります。今は天気だけが気になっています。058.gif

”すべて投げ出し駈けつける 秋から冬への能登半島”
060.gif


(石川さゆり/能登半島)

b0190242_23103953.jpg
b0190242_23111686.jpg
b0190242_231150100.jpg
b0190242_23121121.jpg

by ryott-ryott | 2009-11-15 23:13 | じゃんけんぽん

山形・飛島・出発前夜ヽ(^o^)丿

b0190242_1001364.jpg
b0190242_1003541.jpg


土曜日はいつもながらに大井町湯屋に行き、裕太郎エアロ、中国整体、大暴れアクアビクスをやり、夜はじゃんけんぽんへ行きました。

そのじゃんけんぽんで珍しいお客さんを発見。トントンさんの妹さんと、横浜の花火でご一緒した岡田さんご夫妻にお会いできました。意外にも岡田さんの奥様はあったかいところが大好きだそうです。一見、暑さに弱そうに見えますが、違うのですね。041.gif

岡田さんのお嬢さん、それからいつも市川海老蔵のように女性にちょっかいを出している秀樹さんもやって来て、みんなでハムカツを夜遅くまで食べました。

b0190242_1014126.jpg


「雨にも負けず 風にも負けず」

詩人である宮沢賢治は、実は様々な顔を持っています。児童文学者、農村指導者、地学者、化学者、法華経信者、求道者(ぐどうしゃ;仏教で正しい道を求める者)・・・。
その宮沢賢治は昭和8年9月21日、急性肺炎で亡くなりました。37歳でした。
 賢治の故郷、岩手県花巻市郊外に高村光太郎とともに、宮沢賢治の立派な記念館が建っています。

宮沢賢治は農民に対して大変同情的な詩を残していますが、同情だけでは農村問題は解決できない、所詮は大金持ちの息子の域からは出ていないとか、生涯独身で通したことに、実は実家には当時もっとも恐れられていたハンセン病の血が混じっていたために、独身であったなど、そんな見方もされていました。

 最近は「銀河鉄道」のアニメ化で宇宙的広がりをもつ詩人として、「賢治再発見」が行われています。宮沢賢治自身が楽器を弾き、作詞、作曲、指揮までやって、当時の東北地方では代表的な音楽愛好家であったことはほとんど知られておりません。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)


(銀河鉄道999)

実は今日日曜日は湯屋がお休みということもあり、山形へ写真を撮りに行ってきます。詳細は後日、この土曜日歳時記で写真付きで報告します。

そのため、300 mmの望遠レンズを買いました。それから庄内港から約90分船に乗って、「飛島」へ行く予定です。当初、飛島は日帰りの予定でしたが、一日一往復しか便がなく、日帰りでいくと2時間くらいしか散策できないため、泊まることにしました。日帰りで飛島へ行く方はほとんどいないそうです。037.gif

とにかく、行って参ります。
058.gif

食欲旺盛な岡田さんご夫妻041.gif
b0190242_1043681.jpg

岡田さんのお嬢さんも店に来ました。お母様に似ないように育ってくださいね。041.gif
b0190242_106233.jpg

せせり011.gif
b0190242_1063970.jpg

つけ麺。私も卵をいただきました。011.gif
b0190242_1072511.jpg

ハムカツ。みんなで昭和初期へタイムスリップ。011.gif041.gif
b0190242_108505.jpg

by ryott-ryott | 2009-09-20 10:11 | じゃんけんぽん

寝待月の夜の酒宴

b0190242_11525312.jpg

茴香(ういきょう)の夕月青し百花園
                     川端芽舎


今週の火曜日は、大井町湯屋の人気インストラクターのレッスンに出るため、スタジオ前で並んで待っていたら、人気インストラクターが「毎日、10人くらい、同じ時間に同じ人に会う」と言っていました。私なんか、10人どころじゃありません。もうひとつ上の桁の数の人間に、同じ時間に同じ場所で会っていると思います。大体、毎日家を出る時間が同じなら、会社に到着する時間もほとんど変わりません。だから途中の場所もほとんど同時刻に通過します。毎日を同じ生活パターンで過ごしている人がたくさんいるんですね。

りりこ、こんなに赤くなりました056.gif
b0190242_11541539.jpg


7月11日から大井町線は溝の口まで延びました。私が子どもの頃は長津田まで行っていましたが、いつの間にか二子玉川までとなり、田園都市線と分断されてしまいました。
b0190242_11553658.jpg

大井町阪急百貨店跡地から見た風景。
b0190242_11561562.jpg

b0190242_11574020.gif


(天使にラブソングを/On Maria.)

鎌倉幕府を開いた源頼朝の妻「北条政子」、本来なら「源政子」と呼ばれるはずですが、このころはまだ「妻問い婚(つまどいこん)」の時代で、夫が妻の家を訪れる形式のため、妻はまだ実家の姓を名のる習慣だったといいます。現在は妻が夫の家に嫁入りする「嫁入り婚」は政子の死んだあと、鎌倉後期になってからと言われています。

政子は頼朝の死後、剃髪をして「尼将軍」と呼ばれ、前将軍夫人、新将軍の母として、幕府内の実力者として君臨しました。「北条政子」と聞いただけで、気性の強い女のイメージが浮かびます。父がすすめた結婚を嫌い、婚礼の夜、逃げ出して流人であった頼朝のもとへ駆け落ち同然で走ります。
 鎌倉幕府創立後、将軍夫人として誉高く、義経の愛妾静御前を助けた話も有名です。
夫の死後、頼家、実朝、二人の息子を将軍にたてながらも非業の死を遂げさせる原因をつくったのも政子自身でした。実朝が自分の甥によって殺された後、鎌倉幕府を倒すことを虎視眈々と狙っていた後鳥羽上皇から鎌倉幕府に与(くみ)するものは朝敵とされながらも、武者たちの前で大演説をして、承久の乱で上皇軍を打ち破ります。政子の話を聞いた武将たちは、感極まって、はらはらと落涙したと言います。そして、最後には北条家に将軍家を継がせています。波乱万丈の人生を歩んだ女性の一人でしょう。
 「吾妻鏡」には嘉永元年(1225年)7月11日、北条政子が69歳で死んだことが簡単に記されています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)


(天使にラブソングを/I will follow him.)

7月11日土曜日はいつものように大井町湯屋で裕太郎エアロ、トレーニング、大暴れアクアをやりました。徐々にではありますが、左足が上がるようになりました。しかし、まだ往時の出来ではないので、腕で水をたくさん撒き散らしました。041.gif


(天使にラブソングを/The Teacher Song)

そして、夜はじゃんけんぽんへ。この日、お店では日本酒の試飲会がありました。
また7月11日は大井町湯屋仲間のプールの佐藤さんのお誕生日でもありました。佳子さんに品物を選んでいただいて、みんなで贈り物をしました。当年とって68歳。ご本人は「わかりづらいので古希(70歳)でいいよ」とおっしゃっていましたが、プールで何キロもすいすいと泳ぎ、趣味は旅行で世界中を飛び回る元気な、もうすぐ70歳です。来週も地中海へご旅行に行くそうです。
b0190242_1236101.jpg

白のタンクトップとレギンスを私たちからプレゼントしました。今は「ももひき」のことを「レギンス」と洒落た言い方をするそうですね。英語のようです。そして、柄もさまざまであり、佳子さんが可愛い柄のももひき、レギンスを履いていました。037.gif

b0190242_1215557.jpg

b0190242_12172080.jpg

試飲会は大井町湯屋グループに加え、試飲会仲間の第一三共の石井ちゃんグループ、大井競馬場の厩務員さんと多士済々。にぎやかに寝待月の夜が更けていきました。070.gif

大井町湯屋の北条政子。智ちゃん、プールの佐藤さん、佳子さん。032.gif
b0190242_124528.jpg

お料理の数々。011.gif
b0190242_125217.jpg

b0190242_1263685.jpg

b0190242_1295071.jpg

b0190242_121225.jpg

議論白熱。佐藤さんの手が早すぎて、写りません。003.gif
b0190242_12141180.jpg

b0190242_1215878.jpg

酔っ払っている人たち。041.gif
b0190242_1218888.jpg

b0190242_12192642.jpg
b0190242_12195071.jpg
b0190242_122159.jpg
b0190242_12214055.jpg

by ryott-ryott | 2009-07-12 12:25 | じゃんけんぽん

誘いの連鎖・迷人戦から食の名人戦へ

昭和30年代の大田区。
b0190242_16464698.jpg

蒲田の映画街。昔は結構、どの駅の近くにも映画館がありました。
大井町にも少なくとも5軒はあったと思います。いまでは全部なくなりました。
b0190242_16475967.jpg

大森駅西口。今でもあまり変わらないような気がします。
b0190242_16482523.jpg

蒲田駅舎。これは駅なのでしょうか。言われないとわかりません。032.gif
b0190242_16485342.jpg

蒲田駅前。なにもない。
b0190242_16491751.jpg

19日金曜日、会社で執務をしていたら、以前の上司の方から電話があり、囲碁をやっているので一局どうかというお誘いがありました。前上司は、私の勤め先からバスで約10分の場所にパートとして勤めており、月に1回くらいの割合で会社の会議室で囲碁と将棋をやっています。しかし、囲碁をやる人が減ってしまい、その会社では前上司一人だけで、お手合わせする相手がいないということで、私のところに電話がありました。私は二つ返事でOKし、前上司の勤め先へ行きました。全部で4局打ちました。私の3勝1敗。勝った3勝はすべて前上司の大石(たいせき)を仕留めての中押し勝ち。囲碁って、性格が出ると言います。相手の石を取ってしまって、ひどい人呼ばわりされるのは甚だ心外なのですが、相手が無理をしてくるとどうも咎めてしまいたくなります。これについては囲碁も普段の生活もあまり変わりないことを考えると、やっぱり性格が出るのでしょうか。037.gifそれにしても滅茶苦茶な囲碁でした003.gif

本因坊秀策像
b0190242_16502587.jpg


(ヒカルの碁)

「斜陽」「人間失格」などの名作で知られる作家の太宰治が、愛人山崎富枝と武蔵野玉川上水で心中し、その死体が発見されたのは昭和23年(1948年)6月19日の朝でした。
太宰治39歳、山崎富枝29歳。二人は赤い腰紐で固く結ばれていました。

太宰のファンたちは、この日を彼の命日として、墓のある東京三鷹下連雀の禅林寺において、毎年「桜桃忌」を開いています。
「桜桃忌」と名付けたのは、彼の晩年の作の「桜桃」という名作があり、死亡した季節が桜桃の熟するころであったという理由です。
太宰の死は、当然、情死もしくは心中だと思われていました。太宰の生家は、常陸宮妃とつながりがある津軽の名家であり、旧華族の津島家の一族でした。そのため、情死や心中などは不名誉の極みであり、愛人山崎富枝に殺されたと主張しています。
 また文壇仲間でも、太宰の遺書に、彼の師事した文壇の先輩井伏鱒二を罵倒する記述があったところから、太宰治は麻薬常習者、精神錯乱者で、死ぬ意志がなかったのを、彼女に謀殺されたのだと、主張する一派がありました。
 気の毒なのは、両方から悪女にされた山崎富枝とその家族でした。
彼女の日記、太宰の遺書、二人の行動、死体検証の結果などからみても、明らかに情死・心中であった反論しています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

(初田悦子/きみのママより)

囲碁迷人戦を終え、前上司とまたお手合わせすることを約束し、大井町湯屋へ向かいました。湯屋で1時間ほどトレーニングをしました。066.gifすると携帯にじゃんけんぽんのトントンさんから、モツ焼き屋しげに行きましょうとのお誘い。急いでじゃんけんぽんへ向かいました。すでに店じまいをしているところで、暗がりから春さんのお友達のよしえちゃんが現れた時には、肝をつぶしました。一瞬、お化けかと思ってしまいました。普段、お会いしても怖い顔なので、なおさらです。041.gif

4人でしげに向かい、刺身の盛り合わせ、串焼きをいただきました。お腹が減っていたため、たくさん食べて、お酒も戴きました。本日はお誘いの連鎖の一日でした。041.gif


(犬神家の一族ラストシーン)

店の前で撮影。040.gif
b0190242_16574340.jpg

刺身5点盛り。011.gif
b0190242_16581375.jpg

串焼き。011.gif
b0190242_16583797.jpg

豚足。011.gif
b0190242_1659669.jpg

持つ煮込み。011.gif
b0190242_16594331.jpg

by ryott-ryott | 2009-06-20 17:13 | じゃんけんぽん

アビアーサからバイラーギャまでの土曜日歌いの会

 3週間ほど前にたまたま本屋さんで発見した写真集、「東京消えた街角」。この本の90ページに昭和43年6月10日の国鉄大井町駅舎が載っており、思わず、この写真集を買ってしまいました。坂の上には東急大井町線の大井町駅も写っており、面影を感じます。この駅舎の裏側に平屋の品川公会堂、今のきゅりあん、駅舎の、道を挟んだ前に阪急百貨店がありました。私たちが今、足しげく通っている大井町湯屋ができるかなり前の写真です。
b0190242_231138100.jpg
b0190242_23115745.jpg

ゼームス坂、空が広く感じます。
b0190242_23122735.jpg

中延アケード街。中延駅前の喫茶店「東亜」は今もありますね。
b0190242_2312491.jpg

戸越銀座駅前の踏み切り。面影あります。この手前にラーメン屋の「縁(えにし)」ができました。亀屋万年堂はガラス張りのきれいなお店になって今もあります。
b0190242_23131639.jpg

第二次世界大戦中、ヨーロッパ戦線で連合軍が大反撃に転じ、勝利をおさめるきっかけになったのは1944年6月6日に決行されたノルマンディー上陸作戦です。
 戦史に残る大作戦であっただけに、早速映画化され、ジョン・ウェイン主演「史上最大の作戦」の題名で、世界的にヒットしました。
このころ、ドイツ軍は連合国側の反撃を、ほぼ予測していました。ドイツ軍総司令官は、ナポレオン以来の名将といわれたロンメル将軍です。
 彼は連合軍が、いつ、どこに上陸するか、必死にその情報を集めました。6月になると、フランスの西海岸ノルマンディー地方は、暴風雨のひどい悪天候に悩まされていました。
 この悪天候では、さすがの連合軍も上陸はないだろうと判断し、ロンメル将軍は司令部を離れ、ドイツへ戻りました。妻の誕生日のお祝いと、ヒトラーに援軍を要請するのが名目でした。

 ところが、相手側の連合軍最高司令官アイゼンハワーは、この気象状況をよく分析し、作戦開始の日を天候回復初日の6月6日と決めていました。
 この二人の指揮官の気象に対する取り組みの姿勢が、世界の運命を大きく変えました。
天気予報が見事に当たったのです。6月6日の朝6時、アメリカ、イギリスの落下舞台は暁とともにノルマンディー海岸ドイツ軍陣地の背後に降下し、700余隻の軍艦は艦砲射撃を加えながら、いっせいに史上最大の作戦を開始しました。

 ロンメル将軍はこのあと、ヒトラー暗殺計画の疑惑に巻き込まれ、ヒトラーに謀殺されたとされています。表面は事故死、しかも国葬の栄誉札を彼に与えたと伝えられています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_23314268.jpg

土曜日歳時記の看板を立ちあげてから、ようやく土曜日に辿り着きました。026.gif
朝からいつものように裕太郎エアロ、トレーニング、大暴れアクアビクスをやりました。アクアビクスでは水をたくさん跳ね上げて天井まで達して、一時プールに雨が降りました。となりのおばさんが笑っていました。071.gif
アクアで暴れた後、中国整体へ行き、坐骨神経痛の治療。何回やってもらっても、あの施術の痛みには慣れません。この日もお尻のほっぺたのツボは相当な痛みでした。

そして、夜はじゃんけんぽんへ行きました。この日、晴れ男さんをようやくじゃんけんぽんへ案内することができました。Main Dishは豚肉のしゃぶしゃぶ。068.gif

お連れしたのは皆さん大井町湯屋仲間。晴れ男さん、歯医者さんの湯浅さんご夫妻、阿部ちゃん、理枝ちゃんと大井町駅前で待ち合わせして、じゃんけんぽんへ向かいました。エルビーさんと大崎さんも8時には合流。

b0190242_2318442.jpg


晴れ男さん、湯浅さんご夫妻、大崎さんは週12時間以上の筋肉トレーニングをこなすアスリート派。同じ湯屋に通っている私とは体つきが違います。066.gif

話題はなぜNEWSPOが消滅してしまったかから始まって、筋トレ、ステロイド、痛み止めの話、体つきが冷蔵庫そっくりのビルダーの話、ステロイドの話、最近見た映画の話まで多岐にわたりました。
体つきが冷蔵庫に似ている方はステロイドを使用しているらしいとの話でしたが、特にオリンピアに出るような方は、ステロイドを結構使っているようです。私が学生のときにはステロイドは副腎皮質でつくられており、人工的に投与して、中断する死に至ることを薬学部の先生から聞いたことがあり、絶対に使用してはならないと教わったものですが、今は死に至ることはないそうですね。しかも、サラブレッドなどに投与するものを使用している方もいるようであり、体つきが人間離しているそうです。037.gif

豚しゃぶ、おいしかったですね。たくさんお代わりしてしまいました。豚しゃぶは筋トレの後には最高の食べ物だと湯浅さんがおっしゃっていました。

b0190242_23193041.jpg
b0190242_23195637.jpg

b0190242_23234811.jpg


じゃんけんぽんでの宴も終了し、近所のカラオケスナックへ行き、歌いの会。私は歌いの会で1曲か2曲歌って、かなり酔いが回ってしまい、シャバーサナ。皆さんが何を歌ったのか、全く覚えていませんし、帰るときにお代を支払ったかどうかも記憶にありませんでした。ただ、エルビーさんがわざわざ私を家まで送ってくれたのは覚えています。エルビーさん、ありがとうございます。飲みすぎには気をつけます。しかし、あの写真は誰が写したのでしょう。私のデジカメに酩酊状態の自分が写されており、とてもこのブログでは紹介できません。

土曜日はアビアーサから始まって、バイラーギャに終わった一日でした。

みんなでじゃんけんぽんの前で記念撮影。
b0190242_23204529.jpg



(石川さゆり/ホテル港や)

英語の歌を熱唱するエルビーさん。
b0190242_23212646.jpg

湯浅さんご夫妻と理枝ちゃん、皆さんとても歌がうまい。お歌がうまいことだけは覚えていますが、楽曲を覚えていません。
b0190242_2322173.jpg


(吉田拓郎/流星)

(織井茂子/黒百合の歌)

by ryott-ryott | 2009-06-07 23:33 | じゃんけんぽん