カテゴリ:富士登山打ち上げ( 1 )

富士登山成功打ち上げ@アレグロ・ピアットヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_1452305.jpg
b0190242_14525464.jpg
b0190242_1453736.jpg

024.gif佐渡島のつづきの前に、今週の16日土曜日は8月の富士登山成功の打ち上げを遅ればせながら、大井町のお店「アレグロ・ピアット」(愉快な皿と言う意味があるようです)で行いました。大井町湯屋仲間のよしこさん、般若の阿部ちゃん、湯浅さんご夫妻、吉田さんご夫妻が集まってくれました。024.gif
b0190242_1454750.jpg

 富士登山のあとは、よしこさんは那須岳へ、私は出羽三山へ、吉田さんのご同僚のナースの方は屋久島へ行くなど、登山・トレッキングがちょっと流行っています。018.gif
b0190242_14543297.jpg

 よしこさんは次回の登山を決めているようであり、東京・奥多摩にある「雲取山」へ1泊で登山して、その山小屋でクリスマスパーティーを行う企画が倉持さんの会社で計画されているそうであり、皆さんをお誘いしていました。
 私の方は登山ではありませんが、11月の勤労感謝の日の飛び石連休に鹿児島へ行く予定です。鹿児島は9月に仕事で出張し、空の青さと桜島ともう一度見てみたいと思ったからです。また「出水(いずみ)」はロシアと中国から1万羽以上の鶴が飛来します。その光景を写真に収めたいと考えています。061.gif

b0190242_14551959.jpg


(やしきたかじん/東京)

東京(作詞:及川眠子、作曲:川上明彦、歌:やしきたかじん) 060.gif

あんたとなら
いつ死んでもかまわへん
わすれないで
そんな女いたことを

見上げた空さえも
冷たい色やけど
あたしが本気で惚れたひと
そう生まれた街やから

いとしさも 憎しみも
すべてすべて ぎゅっと抱きしめ
祈るように 今日も灯が
ともる東京

夢だけ見て
生きてるようなあんたやった
いつかあたし
待つことにも慣れてたよ
くすんだ風のなか
肩よせ暮らしたね
誰にも似てへんひとやけど
本物の愛をくれた

悲しくて 悔しくて
泣いて泣いてばかりいたけど
かけがえのないひとに
逢えた東京

痛いほど好きなのに
なんでなんで別れたんやろ
いまもまだ 胸の奥
揺れる東京

悲しくて 悔しくて
泣いて泣いてばかりいたけど
かけがえのないひとに
逢えた東京

b0190242_14564316.jpg

 秘蔵800年といわれる、藤原俊成、定家、為家など、当時の宮廷歌壇で活躍した人々の書や典籍、古文書類を、ゆかりの冷泉家が公開し、その貴重な文化財を保存するために、「冷泉家時雨亭文庫」が設立されたのは、昭和55年(1980年)4月1日です。
 冷泉家は「御子左家(みこさけ)」といわれる和歌宗家の流れをくみます。御子左家とは、醍醐天皇の皇子兼明親王が、皇子として左大臣になったとき、御子左と称しました。その親王の旧宅に、関白藤原道長の子長家が入り、和歌の指導をつとめたことから、和歌宗家を御子左家というようになりました。

 為家のとき、鎌倉幕府の将軍、歌人で知られる源実朝から、歌の指導のお礼に播磨国細川荘を与えられました。
 為家は最初この土地を長子為氏に相続することを決めました。ところが後妻に入った阿仏尼との間に、為相(ためすけ)、為守(ためもり)の二人が生まれました。為家55歳のときの子です。為家は約束を破って細川荘の土地を為相に譲ることを決めて亡くなりました。
 当然、相続争いが起こります。阿仏尼は、鎌倉幕府に決着をつけてもらうべく、弘安2年(1279年)10月16日、都を旅立ちました。このときの東下りを旅日記にしたのが、出発の日にちなんでつけた、有名な『十六夜(いざよい)日記』です。なかなかの名文です。

 彼女は鎌倉に4年滞在しましたが、折悪しく「元寇」の騒ぎにぶつかり、むなしく京都にもどり、間もなく亡くなりました。そのため為家のあとは、二条家(為氏)、京極家(為教)、冷泉家(為相)と3つに分かれ、対立を深めますが、正和2年(1313年)、幕府が為相に相続を認めます。
 かくて冷泉家が隆盛になり、「歌の家」として歴史が受け継がれて今日にいたったわけです。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_14571673.jpg


(五木ひろし/契り)

契り(作詞:阿久悠、作曲:五木ひろし、歌:五木ひろし)060.gif

あなたは誰と ちぎりますか
永遠の心を 結びますか

波のうねりが岸にとどく
過去の歌をのせて
激しい想いが 砕ける涙のように
緑は今も みずみずしいか
乙女はあでやかか
人の心は鴎のように
真白だろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

朝の光が海を染める
生きる夢に満ちて
まぶしい願いが きらめくいのちのように
流れは今も 清らかだろうか
子どもはほがらかか
人はいつでも桜のように
ほほえむだろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

b0190242_1458442.jpg
b0190242_14581459.jpg

アレグロ・ピアット
b0190242_14584040.jpg
b0190242_14585729.jpg
b0190242_14592739.jpg
b0190242_145947100.jpg

前菜
b0190242_151773.jpg
b0190242_1512682.jpg

グリーンサラダ
b0190242_1515548.jpg

ピッツァ
b0190242_1522313.jpg
b0190242_1524260.jpg

パスタ
b0190242_1531099.jpg
b0190242_1533571.jpg
b0190242_1535766.jpg

前沢牛のリゾット
b0190242_1542144.jpg

プディング

b0190242_155232.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_1553779.jpg
b0190242_156877.jpg
b0190242_1563231.jpg
b0190242_156585.jpg
b0190242_1573484.jpg
b0190242_1510142.jpg

b0190242_15115270.jpg

b0190242_15102432.jpg

by ryott-ryott | 2010-10-17 15:15 | 富士登山打ち上げ | Comments(0)