カテゴリ:上野動物園( 1 )

いい歳、りょうちゃん、上野を歩く(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_1056860.jpg

 最近は山へ行くことが多く、山女子ブログのようになっています。大井町湯屋仲間で、山岳部出身のてらりんさんから「そんな体でよく山に登れるね!」と厳しい指摘をされました。てらりんさんの学生時代のお仲間は、今や体が重くなり、もう山登りをされている方はひとりもいないそうです。私のように46歳になってから山登りを始めたなんて、とても珍しいケースだとおっしゃっていました。46歳でも山登りを始めた大井町湯屋の中では最年少の末っ子なんですが。037.gif
b0190242_1432252.jpg

 確かに瑞牆山の急な岩場の斜面を登っていて、息が切れて、「体重を落とさなければいけないなぁ。」と感じました。年齢を重ねるに従い、髪の毛の量と記憶力はどんどんと落ちて行きますが、体重は落ちません。浦安湯屋の方たちのように1日5本のエアロビクスをやらないとなかなか追いつかないような気がします。037.gif
ただ私の場合は山登りは二の次で、写真を撮りに行くことが第一目標であり、写真を撮りに行く場所の一つが「山」であることもあるということです。だから体重も自然のままにまかせましょう。なかなか減量できていない言い訳でもありますが。
041.gif
b0190242_1434611.jpg

 今後の予定ですが、6月4日はじゃんけんぽんチームと山でなく海に行きます。地曳網漁に参加し、地曳網の中で大暴れをする巨大魚と格闘する人々の姿を写してきます。038.gif
その翌週は福島県の浪江町で知り合った方が現在、郡山・猪苗代へ避難しており、会いに行くそのついでに百名山・安達太良山へ行ってきます。038.gif
 そして6月18日(土)はアミューズトラベルの浦安湯屋手配ツアーで百名山「日光白根山」へ行きます。その翌日は焼酎試飲会、その翌週は大学の同窓会・ゲンダマ会と毎週どこかへ出かけます。7月の利尻岳と8月の北岳・間ノ岳、10月のアミューズの九州3座を含めると、無事に登れたとして、百名山を8座くらい登ることになります。たくさんのいい景色を写真に撮って来たいと思っています。

038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_1435780.jpg
b0190242_144988.jpg

b0190242_1442626.jpg


(中島美嘉/Dear)


(映画「八日目の蝉」予告編)

Dear (作詞・作曲・編曲:杉山勝彦、歌:中島美嘉)060.gif

どうして私がこんな思いをするの
あなたにぶつけた すごく寂しかったから

それでも私が風邪を引いた夜には
朝日が昇るまでそばにいてくれたね

愛することを教えてくれたのは
あの日のあなたでした

あなたに名前を呼んでほしくて
はじめて声を上げ泣いたよ
あなたにもらった全てのものが
愛だと気づいたから

手と手繋いであなたと歩いた道
二人の笑顔がふいに浮かんで消える

夕日に染まる空 凪いだ海の水面も
あなたの隣ならもっと綺麗なのにね

全てのものを照らしてくれたのは
いつもあなたでした

ごめんね ありがとう 言えないままに
言葉はかすれ涙になる
あなたに会いたい 会って言いたい
誰より愛していると

知りたくも無い真実でさえ
時に知ってしまうけど
心の中にあなたがいれば
歩き続けていける

あなたに名前を呼んでほしくて
はじめて声を上げ泣いたよ
あなたにもらった全てのものが
愛だと気づいたから

ごめんね ありがとう 言えないままに
言葉は涙へ変わって
命がめぐってまた会う日まで
あなたがくれた愛を
永遠に抱き続ける

b0190242_1444675.jpg
b0190242_1445534.jpg

 
 会津磐梯山をのぞむ猪苗代湖畔に、世界的医学者(細菌学)として知られる野口英世博士の生家が保存されています。野口英世は、ご存知の通り、昭和3年(1928年)5月21日、黄熱病の研究のため訪れたアフリカのガーナで、その黄熱病に感染して客死しました。52歳でした。現在の日本の国力を背景にしていたら、当然ノーベル賞の栄誉に輝いたことでしょう。

 ガーナでは、戦後になっても野口への名声は消えることなく、昭和49年(1974年)には、首都アクラにガーナ大学医学部付属の「野口記念医学研究所」が設立されました。日本政府の海外協力事業団の援助によるものです。
 ガーナは発展途上国だけに、今でも生活文化のレベルは低く、それだけに、野口英世の行った時代は、さぞ大変だったろうと想像されます。
 
 戦前の野口英世は「修身」の教科書ののっていた立志伝中の偉人で、母を大切にした孝子として、理想の人間像として描かれていました。もちろんそのことは間違いありませんが、実像の野口英世は“天才と狂人は紙一重”といわれるように、借金魔、遊蕩児、結婚詐欺、出世欲の権化の一面を持っていたようです。人に迷惑をかけるのを気にしない人物でした。詳しくは、渡辺淳一著の『遠き落日』(角川書店)と題する、吉川英治文学賞を受賞された作品をお読みいただけたらわかると思います。

 北大医学部を卒業した経験を生かし、8年の歳月をかけて、医学界の大先輩の虚像と実像に鋭いメスをあてて書いた英世の伝記です。「修身」の野口英世よりは、素顔の野口英世のほうが人間的で好感が持てます。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1451260.jpg
b0190242_1453359.jpg


(コブクロ/あの太陽が、この世界を照らし続けるように。)

(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_1461186.jpg

 瑞牆山へ行った翌日、上野の国立博物館で開催されている手塚治虫のブッダ展へ出掛けました。二日連続の上野行きです。上野の駅中もいろいろなお店が入り随分ときれいになりました。
b0190242_1463716.jpg
b0190242_1465930.jpg
b0190242_1465025.jpg

 博物館の方へ歩いていると、なんと新潟の物産展をやっているではありませんか。新潟と言えば、何と言っても日本酒。普段、東京の方へは出周ることのない銘柄が置かれており、試飲もさせてもらいました。試飲をしているうちに、すっかり「ブッダ展」のことは忘れてしまい、折角、上野に来たのだから「パンダ」を見に行こうと思い、すぐ目の前の上野動物園へ入りました。037.gif
b0190242_1471536.jpg
b0190242_147298.jpg

b0190242_1474399.jpg

 上野動物園に果たして何年ぶりに来たことでしょうか。私が小学生のときに、当時の田中角栄首相が中国との国交正常化を行って、それを記念し中国から2頭のパンダ、ランランとカンカンが贈られました。小学生当時、小学校の遠足としても上野動物園にも行きましたし、休日に上野に行きパンダを見た覚えがあります。あれから40年近くの歳月が経ち、パンダ舎がガラス張りでとても立派な建物になっており、またゾウのいるところもきれいになっていました。
b0190242_1475425.jpg
b0190242_1481715.jpg

b0190242_148267.jpg
b0190242_14124975.jpg

b0190242_1413525.jpg
b0190242_14131639.jpg

 パンダはちょうどお食事中でした。オス「力力(リーリー)」とメス「真真(シンシン)」の2頭いるのですが、このパンダはどちらでしょうか。041.gif
b0190242_1483637.jpg
b0190242_1484637.jpg

b0190242_1485647.jpg
b0190242_1491727.jpg

 それから上野動物園の敷地内に確か水族館がありました。巨大なワニやカメ、アナコンダなど熱帯に生息している動物や魚がいました。その水族館は今はすでになく、不忍池のそばに両生類館として建っていました。018.gif
b0190242_1493435.jpg
b0190242_1410785.jpg

b0190242_14102373.jpg
b0190242_14103841.jpg

 パンダ舎も人気でしたが、両生類館もパンダ舎に負けないくらいの人気で、なかでもゾウガメはたくさんの人が列を作って見るのを待っていました。024.gif
b0190242_1411984.jpg
b0190242_14112179.jpg

 私の大好きなヘビたちも水につかっていました。024.gif
b0190242_14114140.jpg
b0190242_1411545.jpg

b0190242_14121560.jpg

 動物園を出た後、再び物産展で飲み食いして、日本酒を購入し時計を見るとすでに16時30分をまわっていました。「ブッダ展」は次回にし、帰宅しました。
018.gif
b0190242_14135285.jpg
b0190242_1414829.jpg
b0190242_14143049.jpg
b0190242_14145483.jpg
b0190242_14151172.jpg




(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_14153265.jpg

b0190242_14155074.jpg
b0190242_1416497.jpg

b0190242_14162280.jpg
b0190242_1416335.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_1416545.jpg

b0190242_141783.jpg

b0190242_1417396.jpg

by ryott-ryott | 2011-05-21 14:21 | 上野動物園