カテゴリ:いいところ福島( 3 )

いい歳、りょうちゃん、宝の山の遠き落日ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_21284351.jpg

b0190242_2129271.jpg

 3月11日の大震災で、浪江町から猪苗代町へ避難している知人の渡辺さんのお見舞いのために、今回、私は福島県を訪れました。大震災から3ヵ月経過し、被災された方たちの生活が元に戻るにはまだまだ時間がかかると思いました。018.gif
b0190242_2130184.jpg

 とくに福島県の原発付近から避難してきた人たちは故郷を失ってしまったも同然であり、自分が生きている間に原発の廃炉は終わっていないでしょう。しかし、少しでも故郷に近いところにいたいという想いから、福島に留まっている人がほとんどでした。
b0190242_21301228.jpg

 私が泊まったホテルには140名の被災者の方たちが避難生活を送っています。ひとりあたり1日5000円の補助が国からホテルに支払われており、被災者の方たちはホテルの部屋と1日3食を支給されています。同時に仮設住宅も着々と建設されており、希望者は申し込みを行って、抽選で入居することになります。私がホテルに到着した日も3組のご家族が仮設住宅へ移って行ったそうです。
b0190242_21302712.jpg

 ところが、被災者の方のほとんどは職を失っているために収入がなく、仮設住宅へ入居したくても、自活していくことができない人も多くいます。そして、私たちが送ったはずの義援金も全く届いていないとのことでした。義援金は一体どこへ行ってしまったのでしょうか。問題は山積しています。
b0190242_21304261.jpg

 安達太良山の登山を無事に終えて、翌日日曜日は東京に帰らなければなりません。日曜日は夕方まで、渡辺さんが磐梯山周辺を案内してくれました。
056.gif
b0190242_21311839.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_21313963.jpg

 
 会津磐梯山をのぞむ猪苗代湖畔に、世界的医学者(細菌学)として知られる野口英世博士の生家が保存されています。野口英世は、ご存知の通り、昭和3年(1928年)5月21日、黄熱病の研究のため訪れたアフリカのガーナで、その黄熱病に感染して客死しました。52歳でした。現在の日本の国力を背景にしていたら、当然ノーベル賞の栄誉に輝いたことでしょう。

 ガーナでは、戦後になっても野口への名声は消えることなく、昭和49年(1974年)には、首都アクラにガーナ大学医学部付属の「野口記念医学研究所」が設立されました。日本政府の海外協力事業団の援助によるものです。
 ガーナは発展途上国だけに、今でも生活文化のレベルは低く、それだけに、野口英世の行った時代は、さぞ大変だったろうと想像されます。
 
 戦前の野口英世は「修身」の教科書ののっていた立志伝中の偉人で、母を大切にした孝子として、理想の人間像として描かれていました。もちろんそのことは間違いありませんが、実像の野口英世は“天才と狂人は紙一重”といわれるように、借金魔、遊蕩児、結婚詐欺、出世欲の権化の一面を持っていたようです。人に迷惑をかけるのを気にしない人物でした。詳しくは、渡辺淳一著の『遠き落日』(角川書店)と題する、吉川英治文学賞を受賞された作品をお読みいただけたらわかると思います。

 北大医学部を卒業した経験を生かし、8年の歳月をかけて、医学界の大先輩の虚像と実像に鋭いメスをあてて書いた英世の伝記です。「修身」の野口英世よりは、素顔の野口英世のほうが人間的で好感が持てます。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_21315594.jpg


(コブクロ/あの太陽が、この世界を照らし続けるように。)

(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_21321682.jpg

 私の泊まったホテル「マウント磐梯」からその名の通り、磐梯山が見えます。ここ横向温泉の名は、磐梯山を横から見るから「横向温泉」と言うそうです。そして猪苗代湖へ向かう道すがら、たくさんの花が咲いていました。056.gif
b0190242_21324216.jpg

秋津川渓谷。目もくらみそうな高さで、新緑が鮮やかです。渡辺さんが呼ぶので、行ってみると、先ほどまで蛇が這っていたそうです。私が駆けつけた時にはすでに隠れてしまいました。蛇が好きないい歳、りょうちゃんとしては残念です。037.gif
b0190242_213383.jpg

秋元湖と磐梯山。
b0190242_21332249.jpg

b0190242_21342661.jpg

五色沼と磐梯山。いずれ岩肌があらわになった裏磐梯で、男性的な山容です。そして五色沼が見る角度によってエメラルド色や赤に見えるのは湖底の堆積物に太陽光が反射して、深いところでは青色が、浅いところでは赤色の光が反射するためです。オンネトーと同じです。
b0190242_2133563.jpg

b0190242_21345987.jpg

五色沼にはたくさんのコイが泳いでいました。女性の観光客がコイを見て、大騒ぎしており、聞いてみるとハートマークの模様のコイが泳いでおり、そのコイを見つけると、恋が成就するとのことでした。私は見つけられませんでした。037.gif
b0190242_21353071.jpg

b0190242_21354397.jpg

b0190242_21355815.jpg

そして猪苗代湖の方から見た磐梯山は緑豊かで、優しい感じの山でした。
b0190242_2136256.jpg

b0190242_2137039.jpg

b0190242_21374268.jpg

b0190242_21375692.jpg

世界のガラス館。渡辺さんの奥さんはガラス館のアクセサリーに興味があったようです。037.gif
b0190242_2138142.jpg

b0190242_21382993.jpg

地ビール館。私は地ビールに興味がありました。041.gif
b0190242_21384954.jpg

b0190242_2139394.jpg

野口英世記念館にも行きました。
070.gif
b0190242_21392186.jpg

b0190242_2140495.jpg

b0190242_2140244.jpg

b0190242_21405050.jpg

b0190242_2141729.jpg

b0190242_21412514.jpg

b0190242_21414127.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_2142161.jpg

b0190242_21424680.jpg

b0190242_2143746.jpg

b0190242_21433437.jpg

 最後は天鏡閣を寄って、一旦、マウント磐梯に戻りました。次回は磐梯山登山に行くときに、また福島を訪れることを約束し、私たちを呼んでくれた渡辺さん夫妻とは握手を交わして、ここでお別れしました。故郷へ帰ることができる日が早く来ることを祈っています。038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_2144338.jpg

b0190242_21444437.jpg

b0190242_2145562.jpg



b0190242_1402857.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_214532100.jpg

b0190242_21454669.jpg

b0190242_2146524.jpg

b0190242_21462843.jpg

b0190242_21465255.jpg

b0190242_2147261.jpg

b0190242_21472423.jpg

b0190242_21474771.jpg

b0190242_21482763.jpg
038.gif038.gif038.gif032.gif024.gif016.gif072.gif056.gif058.gif041.gif037.gif018.gif058.gif

by ryott-ryott | 2011-06-20 21:52 | いいところ福島 | Comments(0)

いい歳、りょうちゃん、安達太良の乳首に立つ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_13261552.jpg

 昨晩は山岳サークルの学生さんから山の話を夜遅くまで聞きました。いよいよ今日は安達太良山へ登ります。私にとって、日本百名山8座目です。天気は午前中は雨、午後から晴れるとの予報です。夜更かしした割には、目覚ましが鳴る前に目が覚めてしまいました。朝4時でした。学生さんはまだぐっすり寝ていました。014.gif
b0190242_13264026.jpg

 窓から外を見ると空は鈍色の曇り空、雨は降っていませんでした。晴れていれば、ここ横向温泉の登山口から安達太良連峰最高峰の箕輪山(1718 m)を通過し、鉄山(1709 m)から火口を見ながら安達太良山(1700 m)まで行く予定でした。しかし、天気予報は雨の予報で、箕輪山までの行程は急な岩場が多く、雨が降りだしたら滑りやすいとホテルの人から言われました。そして、「本当に今日行くのですか?雨が降らない明日にした方がいいのではないですか。」と再三にわたって、やめた方がいいとの忠告を受けました。山の方を見ると霧が立ち込めており、ついに空がポツン、ポツンと泣き始めました。降り出した雨を見て、予定を変更して、奥岳登山口から安達太良高原スキー場のゴンドラに乗って、ゴンドラ駅から安達太良山へ向かう初心者コースを行くことにしました。私自身、初心者なので、そのほうが身の丈に合った登山だと思います。038.gif
b0190242_13276100.jpg

 朝食を済ませ、ホテルを午前9時に自動車で出発し、奥岳登山口に向かいました。標高が高いためか、道路も濃霧におおわれ、前を走る車のテールランプがかろうじて見えるほどの視界です。9時40分に登山口の駐車場に到着。雨が一段と強くなり、用意していた雨具を着て、ゴンドラに乗りました(往復1600円、片道だと900円です)。
057.gif
b0190242_13272769.jpg

b0190242_13274622.jpg
b0190242_13275938.jpg

b0190242_13281329.jpg
b0190242_13283023.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_1329160.jpg

 
 6月11日、日本ではこの日から梅雨入り(入梅)ですが、常夏の国ハワイでは“カメハメハ・デー”のお祭りが催されます。
 ハワイ諸島が発見されたのは、1778年、これを航海日誌に記録して世界に紹介したのが、有名なキャプテン・クックです。彼はイギリスの海軍少佐でしたが、オーストラリア大陸、南太平洋の探検家として知られます。彼がこの島を発見した当時、ハワイ諸島は4人の大酋長が支配し、勢力争いの最中でした。彼はせっかく上陸はしたものの、その巻きぞえをくらって非業の死を遂げてしまいました。

 それから17年後の1795年、ヌアヌ・パリでオアフ軍を破り、ようやくハワイ全島の統一をはかったのが、初代ハワイ王になったカメハメハです。6月11日の“カメハメハ・デー”は、彼の誕生日とも、全島統一記念日ともいわれますが、はっきりはしていません。 ホノルルのイオラニ宮殿の正門前には、右手の手のひらを上にして高くさしのべ、左手には槍を持ち、美しい金色のヘルメットとケープ(実際にはいずれも羽毛製)をまとった、精悍な顔つきをしたカメハメハ大王の立像が建っています。

 この像は、1878年、第7代カラカウア王の時代に、クックのハワイ諸島発見100年を記念してイタリアに発注したものでしたが、オリジナルの方は運搬途中で船火事で沈没。新しくコピーとしてつくられたものです。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1329229.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_1329544.jpg

 今日は土曜日だというのにゴンドラ乗り場には誰もいませんでした。雨のせいでしょうか。ゴンドラに乗って、ゴンドラ駅の登山口に上がって行きます。雨と霧で向こう側は何も見えません。10時20分、雨の中の登山開始。057.gif
b0190242_13303362.jpg

 登山口そばに薬師岳(百名山ではありません)展望台があり、そこからも何も見えませんでした。「この上の空がほんとうの空です」と書いていますが、ほんとうの空は見えませんでした。057.gif
b0190242_13304717.jpg

 祠の前の鐘を叩いて、登山の無事を祈ります。
b0190242_1331222.jpg

 もう景色はのぞめないので、山道の植物を撮りながら登ることにしました。雨にぬれる花もいいものです。056.gif
b0190242_13321867.jpg

b0190242_13312467.jpg

 やはりシャクナゲはまだ咲いていませんでした。満開になるのは7月のようです。安達太良山のシャクナゲの葉の裏は表と同じ緑色です。屋久島や瑞牆山で見たシャクナゲの葉の裏はオレンジ色でした。ちがう種類なのでしょうか。056.gif
b0190242_13313441.jpg
b0190242_13315319.jpg

 ピンク色の釣鐘状の小さい花がたくさん咲いていました。イワカガミという花です。小さくてとてもかわいい花です。浄土平でも咲いていました。056.gif
b0190242_1333396.jpg

 シャクナゲは咲いていませんでしたが、ピンク色のヤシオツツジが至る所に咲いていました。
056.gif
b0190242_13333589.jpg
b0190242_13335619.jpg

b0190242_1334978.jpg

 この白い花は何という名前でしょうか、倉持さん、教えてください。056.gif
b0190242_13343376.jpg

 サクラドウダンのつぼみ。
056.gif
b0190242_13361668.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_13383599.jpg

 雨の山道で気づいたことがあります。気温が高くないこともあるかもしれませんが、私の大嫌いな虫が飛んでいませんでした。雨が降っていると虫が出てこないようです。
b0190242_13391141.jpg

 もう少しで頂上の広い場所へ出る手前に長さ20 mほどの雪渓が現れました。軽アイゼンを持参していきましたが、下山してきた方に聞くと、「このくらいだったら着ける必要はないよ。」というので私たちも軽アイゼンを装着せずに、雪渓の踏みならされて平らになっているところを選びながら、慎重に雪渓を進みました。雪渓はかなり溶けていて、雪渓の下は空洞になっていました。下山時に3回ほど雪渓が割れて膝下あたりまで足がズボッと入ってしまいました。042.gif
b0190242_13392938.jpg

 雪渓を抜け、少し登ると平坦な道が少しあって、山頂へ続く最後の登り道になります。私たちの後からやってきた地元の登山者が、天気がよければ、この平坦な場所から福島第2発電所の煙突が見えるとおっしゃっていました。057.gif058.gif
b0190242_134078.jpg
b0190242_13403964.jpg

 その最後の道からは安達太良山の特徴でもある乳首(ちちくび)が見えました。そのため安達太良山は別名・乳首山ともいい、万葉集にその名前が出てきます。004.gif
b0190242_13411796.jpg
b0190242_13414363.jpg

 山頂の標識の前で記念撮影をしました。このときには雨は上がっていました。しかし、低気圧が通過しているためか、強風が吹いていました。12時9分。登山を開始して1時間49分でした。038.gif
b0190242_1342223.jpg

 もちろん乳首にも登りました。乳首には安達太良山唯一の鎖場がありました。鎖を登りながら乳首の頂上に到着。やはり何も見えません。そして、油断していると飛ばされそうなほど強い風が吹いていました。普段、乳首にしがみつくことがないこともないので、風に飛ばされないように必死に乳首にしがみつきながら、祠を撮影しました(セクハラトーク)。そして、乳首にしがみつくように鎖場を降りて行きました。041.gif037.gif041.gif037.gif041.gif
b0190242_13423694.jpg
b0190242_1343092.jpg

b0190242_13432185.jpg

 乳首の下まで降りて来ると、すでに風がおさまりかけていました。風を避けるようにして、岩の陰でおにぎり弁当を食べました。おにぎりがつぶれて、入れ物の形になってしまいました。037.gif
b0190242_1344777.jpg
b0190242_13445097.jpg

 わずかな時間ではありましたが、雲が切れて青空が見え、ときどき太陽が顔をのぞかせました。058.gif
b0190242_13453384.jpg

 登って来る時はまったく見えなかった景色も、見えるようになり、くろがね小屋方面の稜線が現れました。雪もところどころ残っています。
b0190242_13462015.jpg

 おにぎりを食べた後、しばらく写真撮影をしました。そして、登って来た道を引き返して下山を開始。すると開けてきた視界が再び霧におおわれて、また見えなくなってしまいました。雨はもう降っていません。

b0190242_13472731.jpg
b0190242_134864.jpg

b0190242_13483917.jpg
b0190242_13491130.jpg

b0190242_13492482.jpg

 再び雪渓を注意して下り、ヤシオツツジ、イワカガミを見ながら下山してきました。徐々に霧も晴れてきて、登りでは見えなかった景色も見ることもできました。058.gif056.gif058.gif056.gif058.gif
b0190242_135082.jpg
b0190242_13503281.jpg

b0190242_135123.jpg

b0190242_13512821.jpg
b0190242_13521149.jpg

b0190242_13531744.jpg

 ゴンドラに乗って下まで降りて来た時には、すっかり晴れあがってダイヤモンドを撮ることができました。15:30。058.gif
b0190242_13534861.jpg
b0190242_1354172.jpg

b0190242_13545299.jpg
b0190242_13552444.jpg
b0190242_1356150.jpg

 帰り路、東の空には月が出ていました。072.gif
b0190242_13562465.jpg
b0190242_13565229.jpg

b0190242_13572866.jpg

 そして西の方を見ると安達太良山の乳首が見えました。たしかにおっぱいのようです。

b0190242_13581115.jpg
b0190242_13591225.jpg

b0190242_135939100.jpg



b0190242_1402857.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_1415795.jpg

 ホテルに戻ると渡辺さんが横向スキー場のゲレンデで山菜のワラビを採っていました。056.gif
b0190242_142236.jpg
b0190242_1424588.jpg

 オニゼンマイ、これは食べられません。056.gif
b0190242_1434488.jpg

 ウマツツジ。056.gif
b0190242_1435627.jpg

 ヤマブキ。056.gif
b0190242_1441468.jpg

 ジュウニヒトエ。056.gif
b0190242_1443339.jpg

 クロマツ。056.gif
b0190242_1445346.jpg

 ナナカマド。056.gif
b0190242_1452767.jpg

 ウルエ。茎の部分を湯がいて食べるそうです。
b0190242_1455998.jpg

 ドウダンツツジ。056.gif
b0190242_1462174.jpg
b0190242_1464754.jpg

 ベニサラサ。056.gif
b0190242_1471556.jpg

 写真の花はすべて渡辺さんやホテルで避難生活しているおかあさんたちに教わりました。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_1475521.jpg

b0190242_1482051.jpg

b0190242_1491244.jpg

by ryott-ryott | 2011-06-14 14:17 | いいところ福島 | Comments(2)

いい歳、りょうちゃん、いいところ福島へ行く(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_16362830.jpg
b0190242_16365155.jpg

本日は久しぶりに「じゃんけんぽん」でお昼ご飯を食べました。気まぐれ定食はメンチカツでした。038.gif
b0190242_16371236.jpg

 2011年3月11日(金)に東日本大震災がおこってから3ヵ月が経ちました。福島県の浪江町に住んでいた、私の知り合いが、現在は同じ福島県の猪苗代町にあるホテルマウント磐梯で避難生活を送っているというので、先週末お見舞いに行ってきました。018.gif
b0190242_1638265.jpg

 新幹線で福島駅まで行くと、浪江町で飲食店や土木施工会社など幅広く経営されていた渡辺さんが奥様と一緒に出迎えてくれました。約3年ぶりの再会です。奥様はほとんど変わっていませんでしたが、渡辺さんは73歳にして体格がよくなった感じがします。渡辺さんに聞くと「避難太り」なんだそうです。
b0190242_16383590.jpg

 震災前、渡辺さんは浪江町で飲食店を経営し、月曜日から土曜日まで朝から夜遅くまで働いていましたが、今回震災での避難生活で体を動かすことが少なくなって、朝・昼・晩と3食の食事をきちんと摂っていたら、この3ヵ月間で体重が相当に増えてしまったそうです。
b0190242_16392871.jpg

 3月11日、渡辺さんのお店はランチタイムの営業中であり、お店に2人のお客さんがまだ居たそうです。またその夜は宴会の予約が入っており、その仕度に取りかかっていたと言います。14時46分に大地震が浪江町をも襲いました。お店の建物自体は無事でしたが、お店の中は食器が棚から飛び出し、滅茶苦茶になってしまったそうです。渡辺さんご夫婦も懸命にお皿が入った棚などが倒れないように抑えていましたが、地震の揺れは大きく、そして長かったために、自分が立っていることも大変であり、堪え切れずに棚から手を離してしまったそうです。
b0190242_16401450.jpg

 滅茶苦茶になった店内を片付ける間もなく、浪江町に避難警報が発令されます。地震により発生した大津波が町に迫っているということでした。渡辺さんが店を出ると、昔からある古い家はすべて倒壊していたそうです。そして津波を逃れるため高台に向かいます。津波はJR浪江駅の1 km先まで到達し、浪江町の死者・行方不明者は900人を超えました。
b0190242_16403358.jpg

 昔ながらの酒屋さんは倒壊してしまいました(「週間現代」より)。私も浪江に出張した際に、この酒屋さんで日本酒を買って帰りました。
b0190242_16411439.jpg

 津波警報が解除され、店に戻ってくると、再びの避難警報が発令されました。福島第一発電所から大量の放射能が飛散しているため、原発から半径3 km以内のただちに避難せよとのことでした。その範囲がすぐに半径10 kmになり、30 kmになりました。ふたたび取るものも取りあえず、体一つで店を出ます。そして、いつになったら再び故郷の浪江町に戻れるのかわからない避難生活の始まりだったと言います。話をうかがっていて、渡辺さんの明るい奥さんが「ふるさと、なくなっちゃった。」とぽつりとつぶやいたとき、何と言葉をかけたらいいのか困りました。そして地震と原発事故は本当に深刻な問題であり、事態は何一つ進展していないことを改めて知りました。
b0190242_16422029.jpg

 浪江町を離れた渡辺さんはまず同じ福島県内の郡山へ向かい、そこから娘さんが住んでいる埼玉県へ避難されました。しばらく、埼玉県春日部市の娘さんの家の近くにアパートを借りて住んでいたそうです。しかもアパートの大家さんが、避難生活で大変だろうと言って、無償で部屋と畑を貸してくれたそうです。転々とした避難生活のなかで人の優しさが身にしみたとおっしゃっていました。
b0190242_16424638.jpg
b0190242_164365.jpg

 渡辺さんからはホテル「観陽亭」の話も聞きました。ホテル「観陽亭」は渡辺さんの知り合いが富岡町の閉鎖された結婚式場を買い取って、ホテルとしてリニューアルした宿泊施設です。3年前の3月に「観陽亭」のリニューアルオープンのパーティーに招待してもらったことがあります。崖の上に建っていた「観陽亭」は東日本大震災で崖ごと海に中に崩れ落ち、津波により跡かたもなく流されてしまったそうです。そして、「観陽亭」から見えていたろうそくのような岩も地震と津波でなくなりました。

b0190242_16432818.jpg
b0190242_16433816.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_1644516.jpg

 
 “傾国の美女”と呼ばれた楊貴妃は、本名は楊玉環(ようぎょくかん)、今の四川省に勤務する一軍人の娘として生まれました。傾国とは色香で国をも滅亡させる美女。貴妃は名前ではなく、二番目の王妃の位です。
 
中国王朝の後宮(ハーレム)には、3000人の美女がいましたが、それぞれ階級がありました。皇后の下には、貴妃、淑妃、徳妃、賢妃の順に4人の王妃、その下には九賓と呼ばれる9人の王妃、さらにその下に3段階に分かれた王妃。このたくさんの王妃に仕える女官たちにもさまざまの階級がありました。

楊玉環の場合は、その美貌と才智が買われ、幸運にも玄宗皇帝の嫡男寿王の后に抜擢されました。ところが父である玄宗皇帝は寵愛の王妃が急死すると、とたんに息子の嫁がほしくなり、無理やり楊玉環を貴妃として迎え入れました。玄宗皇帝59歳、楊貴妃26歳のときでした。

それから二人の仲は、白居易の長編抒情詩「長恨歌」にうたわれた通り、「老いらくの恋」、「傾国の愛」に燃えに燃えました。

唐の始祖太宗皇帝に次ぐ名君と言われた玄宗皇帝も、楊貴妃の色香に迷い、政治は乱れるばかりです。国民の不平不満、反感が強まるのは当然です。やがて楊貴妃は、信頼していた養子の安禄山に裏切られ、クーデターで長安を追われ、玄宗皇帝とともに馬嵬(ばかい)に脱出しました。しかし、ここでも兵士の反乱に会い、楊貴妃は玄宗皇帝の面前で斬られてしまいました。天保十五載(756年)6月14日、楊貴妃38歳、玄宗皇帝71歳でした。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_16442148.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_16444670.jpg

 渡辺さんは少しでも浪江の近くにいたいという希望もあり、現在は猪苗代町・横向温泉にあるマウント磐梯にいらっしゃいます。今、福島県は原発の事故があり、原発の影響がないところまでも風評被害で観光客が激減しています。観光客の減った福島県内のホテルや旅館は、行くところのない被災者の受け入れを決め、マウント磐梯も現在140名の被災者を受け入れています。国からは1人当たり1日5000円の補助金が宿泊施設に支払われているそうです。
b0190242_16451548.jpg

渡辺さんの部屋を訪れると、ビールと山菜のおしたしを出してくれました。
b0190242_1646064.jpg

そしてスカイラインを通って、浄土平と吾妻小富士へ連れて行ってくれました。

b0190242_16463810.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_1647833.jpg

地震で陥没した道路。
b0190242_16475657.jpg

吾妻山からは噴煙が出ていました。
b0190242_16481511.jpg

吾妻山を背景に記念撮影。
b0190242_16525737.jpg

浄土平をしばらく歩き、私だけ吾妻小富士の火口を撮りに行きました。

b0190242_16534821.jpg
b0190242_1654541.jpg

 吾妻小富士からおりてきて、駐車場へ行くと若者が一人いました。その若者は大学の山岳サークルに所属しており、3日間吾妻連峰を縦走し、浄土平まで降りてきたところでした。渡辺さんが来るか来ないかわからないバスを待っている若者に声をかけて、これからホテルへ戻るところだった私たちと一緒にマウント磐梯へ行きました。その若者と一緒に夕飯をホテルで食べましたが、よっぽど腹が減っていたらしく、3杯おかわりしていました。また泊まるところをまだ見つけていないというので、私の部屋に泊まってもらいました。その若者は早稲田大学教育学部の4年生で、ちょうど就職活動も終わったところで、社会に出るまで時間が許す限り山を周りたいと言っていました。何とも羨ましい、私の場合はもう学生時代には戻れないので、退職を待つしかありません。037.gif
b0190242_16543760.jpg
b0190242_16545740.jpg
b0190242_16553011.jpg

 22歳の若さですでに日本百名山を30座以上登ったそうです。その中には私たちが目標としている剣岳もすでに登られたそうです。若者が言うには、「カニのたてばい」は掴むところ、足場がしっかりしているのでさほど難しくないが、「カニの横ばい」は岩が出っぱっているため、切り立った断崖に上で体を後ろに引かないと足場が見えないところがあり、下で誰かが指示しないと難しいと話をしてくれました。038.gif
b0190242_1655541.jpg

 私がツアー会社の谷川岳ツアーをキャンセル待ちで申し込んでいると話すと、谷川岳は一の倉沢というロッククライミングのメッカがあり、エベレストよりも多くの人間が死んでいるという話をしてくれました。また冬山の富士山へ行くなら12月あたりにした方がよく、春先は大変に危険であり、気温があがって雪が溶けて、再び凍結することを繰り返すことにより、雪が青く見える氷の層に変わっていくそうです。この青い氷の層はアイゼンの歯もなかなか突き刺すことができず、大変に危険であり、足を滑らせたら最後、谷に落ちるか岩に激突するまで、滑り落ちて行くことになり助かることはありません。山岳サークルの若者の話に、私の興味が尽きることはありませんでした。
038.gif
b0190242_16561589.jpg



b0190242_1656345.jpg

さて次回は、いい歳、りょうちゃん、
日本百名山8座目の安達太良山へ登ります。

038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_16565876.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_16571939.jpg

b0190242_16574189.jpg

b0190242_1658271.jpg

b0190242_16581365.jpg

b0190242_16582775.jpg

b0190242_16584982.jpg

b0190242_1659639.jpg

b0190242_16591872.jpg

by ryott-ryott | 2011-06-13 16:26 | いいところ福島 | Comments(0)