カテゴリ:谷川岳( 2 )

いい歳、りょうちゃん、大雨の谷川岳ふたたびヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_1221080.jpg


9月21日(水)は台風15号が首都圏を直撃。私が職場から帰ってもよいと言われたのは16:30でした。もっと早く言ってもらいたいものです。057.gif057.gif

 たぶん一番風雨が強い時間帯だったのではないでしょうか。外は雨と風で傘は役に立ちませんでした。都営大江戸線に乗り、大門浜松町へ。しかしながらJR京浜東北線は予想通り運転見合わせでした。ふたたび大門から都営浅草線に乗って、中延駅を目指すことにしましたが、乗ってすぐに三田駅の前で10分以上ストップしてしまい、やっと三田駅に着いた途端に都営浅草線は運転見合わせ、再開の見込みなしとの放送。三田駅からJR田町駅に行きましたが、まだJRは動いていませんでした。18:05。職場を出てから90分以上経過していました。JRも当分動きそうもないので、風雨の中、歩いて大井町を目指すことにしました。歩いて帰るのはあの3月11日以来です。泉岳寺駅、品川駅の前を通過するまでは、やはり歩いて帰えろうとする人々で歩道はいっぱいでした。057.gif070.gif057.gif070.gif057.gif

 品川駅を過ぎると、人の流れはほとんどなくなりました。私は北品川駅、新馬場駅を通過し、第一京浜に沿って青物横丁駅まで辿り着きました。19:10。青物横丁まで来れば、大井町はもうすぐです。大井町駅に着いて、JRはもちろん動いていませんでしたが、東急大井町線も動いていませんでした。ホームの停車している電車は電気が消えており、ドアも閉まっていました。

 大井町湯屋から私の携帯へ電話があり、今日予約していたPTのトレーナーが電車が動かないため来ることができないので、今日の予約は取り消しにしてほしいとの連絡でした。

 自宅に着いたのは19:55でした。職場を出発して3時間25分が経過していました。JR京浜東北線が止まってしまうのはお決まりのことですが、振り替え輸送の都営浅草線、京急、メトロ、それに大井町線までも止まってしまうとは予想できませんでした。都市機能はいかに脆いかがわかります。
b0190242_1223321.jpg

さて9月最初の3連休の最終日19日敬老の日は倉持さんの特配で谷川岳に行ってきました。私は谷川岳には今年6月にも登っており、今回2回目でした。先週から天気予報をチェックしていると、どうも19日は雨のようでしたが、台風16号の進路がそれて、傘マークがとれたのは前日の18日でした。よしこさんも急遽キャンセルを取りやめて、参加することになりました。058.gif038.gif
b0190242_123425.jpg

b0190242_1233721.jpg

午前7時に上野に集合。乗鞍岳ツアーで一緒だった辻さんの姿がありました。今回の参加者はガイドさん4名を合わせて33名の大所帯でした。038.gif
b0190242_123501.jpg

朝の東京は青空が広がり、小沢天気予報がうそのようです。しかし、谷川岳は夕方から雨模様の予報とのこと、やはり小沢天気予報は当たってしまうのでしょうか。
b0190242_1241291.jpg

ここで小沢天気予報について、ひとこと説明しておきます。小沢天気予報の「小沢」さんとはアミューズをよく利用するお客さんであり、小沢さんの話ではアミューズのツアーで倉持さんが担当するツアーのほとんどは雨になるそうであり、倉持さんはご自身のことを晴れ女だとおっしゃっていますが、実が真っ赤なウソで倉持さんは本当は雨女であるというのが小沢さんの主張です。北海道シリーズで小沢さんと倉持さんが言いあいをしているのがとても面白かったです。谷川岳のロープウェイ乗り場に着くまではとてもいい天気でした。058.gif
b0190242_1242254.jpg

バスの中で今日のコース説明をする白砂さん。
b0190242_1243227.jpg

お昼のお弁当。今回はちゃんと写真を撮りました。北岳のときはお弁当の写真を撮り忘れました。
b0190242_1244086.jpg

谷川岳ロープウェイ。青空が鮮やかです。058.gif
b0190242_1245948.jpg

b0190242_1251441.jpg

b0190242_1261956.jpg

b0190242_126610.jpg

コンドラの中で。服の色だけは鮮やかできれいです。037.gif
b0190242_1253570.jpg

b0190242_1254735.jpg

天神平。出発前にここでお昼ご飯を食べました。
b0190242_1263738.jpg

b0190242_1272183.jpg

b0190242_1274287.jpg

b0190242_128821.jpg

準備体操。
b0190242_1282559.jpg

b0190242_1283767.jpg

倉持さん、相変わらず、凄い柔軟性です。辻さんがタコみたいとおっしゃっていました。041.gif
b0190242_129082.jpg

b0190242_1291310.jpg

いよいよ出発。私は白砂・辻ガイドのAチーム。辻さんの楽しいトークを聞きながらの山登りです。038.gif
b0190242_1295779.jpg

b0190242_1301170.jpg

素晴らしい眺望でした。
b0190242_1315343.jpg

b0190242_1323554.jpg

b0190242_1331025.jpg

Aチームの後ろで私やタッキーおじさんが写真を撮っていると、後続のB級チームから「モデル料100万円!」という声が聞こえてきました。本当に素晴らしいモデルさんなら、払ってあげたいところですが、服の色だけでは払えません。041.gif038.gif
b0190242_1333312.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_1341111.jpg

 
 明治の俳壇に巨大な足跡を残した正岡子規は、明治35年(1902年)9月19日、東京台東区根岸の「子規庵」で、肺結核と腰部脊椎炎で亡くなりました。門弟に高浜虚子、伊藤左千夫、長塚節(たかし)など、そうそうたる顔触れがそろっていますので、年輩者かと思っていましたら、享年35歳でした。

 正岡常規
 又ノ名ハ処之助
 又ノ名ハ升
 又ノ名ハ子規
 又ノ名ハ獺祭書屋主人
 又ノ名ハ竹ノ里人
 伊予松山ニ生レ
 東京根岸ニ住ス
 父隼太郎松山藩御馬廻加番タリ卒ス
 母大原氏ニ養スル
 日本新聞社員タリ
 明治三十□年
 □月□日没ス
 享年三十□
 月給四十円

 これは子規自らしたためた墓誌で、東京田端の大竜寺のお墓には、そのまま刻まれています。子規が松山から上京したのは明治25年(1892年)、根岸に移ったのは27年(1894年)です。『病牀六尺』『墨汁一滴』などの名文を書いたのは、8年に及ぶ闘病生活をしながらでした。死の前日、病をおして詠んだのが次の句です。

 糸瓜咲いて痰のつまりし仏かな
 痰一斗糸瓜の水も間にあわず
 をととひのへちまの水も取らざりき

 子規は東大で落第したのが縁で、夏目漱石と親しくなりましたが、卒業後、漱石が子規のふるさと松山中学校の教師として赴任し、そこで名作『坊ちゃん』を書き上げたのですから奇縁です。
 松山市末広町の政宗寺には、子規の住居の一部が移築され、「子規堂」として保存され、その庭内の一部に『坊ちゃん』に出てくるチンチン電車が展示され、観光客の目を楽しませています。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1343557.jpg

(AKB48/フライングゲット)

フライングゲット
(作詞 秋元康、作曲:すみだしんや)
060.gif


Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na Na

ギラギラッ 容赦ない太陽が 強火で照りつけるon the beach
自惚れ温度は急上昇 落ち着かないのは真夏の性(さが)だね
2人 目が合えば なぜか逸らすのに
僕を またすぐ見る 君って もしかしてもしかして

フライングゲット 僕は一足先に 君の気持ち今すぐ手に入れようか
フライングゲット 何か言われる前に 心の内 ビビッと感じるままに
誰といても(誰といても) 微笑み方で(微笑み方で)
君が僕に恋を恋をしてるのは鉄板

フライングゲット 
だから 誰より早く 君のハートのすべて 僕のもの
好きだからラブ・フラゲ!

クラクラッ 動揺した純情で 砂浜 チラ見してたビキニ
告白ウェルカムさ おいで! 素直にならなきゃ楽しくないぜ!

その目 誘ってる 僕に来てくれと
それが妄想としても 声を掛けてみなきゃ始まらない

フライングゲット 君に空振りしても 当たってくだけろ
あるある 男じゃないか?
フライングゲット いつも やるだけやるさ
黙ってみてても 恋は売り切れるよ
勇み足でも(勇み足でも) 一番乗りで(一番乗りで)
僕が君にゾッコンゾッコンなのは無双

フライングゲット
予約 待ってるような まわりの男たちを出し抜いて
得意げにラブ・フラゲ!

フライングゲット 僕は一足先に君の気持ち 今すぐ手に入れようか
フライングゲット 何か言われる前に心の内 ビビッと感じるままに
誰といても(誰といても) 微笑み方で(微笑み方で)
君が僕に恋を恋をしてるのは鉄板
フライングゲット
だから 誰より早く 君のハートのすべて 僕のもの
好きだからラブ・フラゲ!

Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Na Na Na Na Na Na Na Na Na
Na Na Na Na Na Na Na Na Na

b0190242_1352635.jpg


一人一枚顔写真を避難小屋のところで今回も撮りました。全員分はありません。
「なんでもトライアスロン」に掲載したものと同じです。
どうして下を向いているのでしょうか?こんな顔を見せても誰も信用しませんよ、ともちゃん。037.gif
b0190242_1354787.jpg

大井町の母、よしこさん。
b0190242_136484.jpg

多数の女性参加者に張り切るミウラッチ。037.gif
b0190242_1361899.jpg

b0190242_1363295.jpg

富士山以来の再会になった牧野さん。牧野さんは私に会うなり、「山登りをまだやっているとは思わなかった。」とおっしゃっていました。
b0190242_1364614.jpg

倉持さんの同僚だった小山さん。年齢は倍半分くらい倉持さんの年下です。帰りのバスで酒豪であることがわかりました。
b0190242_137122.jpg

かとたつさんは恐妻家のはせやんとは対照的に愛妻家のようです。
b0190242_1371515.jpg

b0190242_1373140.jpg

ガイド三銃士。平野さん、白砂さん、辻さん。倉持さんはいつも真正面からの顔写真を撮らせてくれません。
b0190242_1374494.jpg

b0190242_13757100.jpg

b0190242_138988.jpg

なおちゃんとまりちゃん。まりちゃんは11月に背戸峨廊に行かれるそうです。
b0190242_1382747.jpg

アミューズ若草物語。カメラを向けるとふみちゃんはお腹をへっ込めていました。
b0190242_1384411.jpg

b0190242_1385852.jpg

b0190242_139998.jpg

ここ谷川岳にも弾痕笹がありました。
b0190242_1392256.jpg

ダイモンジソウ(大文字草)。6月に比べると花の数は少なかったと思います。
b0190242_1394184.jpg


(福山雅治/家族になろうよ)

星の砂(作詞:福山雅治、作曲:福山雅治、歌:福山雅治) 060.gif


「100年経っても好きでいていいね」
みんなの前で困らせたり
それでも隣で笑っていてくれて
選んでくれてありがとう

どれほど深く信じ合っても
わからないこともあるでしょう
その孤独と寄り添い生きることが
「愛する」ということかもしれないから・・・・・

いつかお父さんみたいに大きな背中で
いつかお母さんみたいに静かな優しさで
どんなことも越えてゆける
家族になろうよ

小さな頃は身体が弱くて
すぐに泣いて甘えてたの
いつも自分のことばかり精一杯で
親孝行なんて出来てないけど

明日のわたしは
それほど変われないとしても
一歩ずつ与えられる人から
与える人へとかわってゆけたなら

いつかおじいちゃんみたいに無口な強さで
いつかおばあちゃんみたいに可愛い笑顔で
あなたとなら生きてゆけるそんなふたりになろうよ

いつかあなたの笑顔によく似た男の子と
いつかわたしとおなじ泣き虫の女の子と
どんなことも越えてゆける
家族になろうよ

あなたとなら生きてゆける
しあわせになろうよ

b0190242_140099.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_1402484.jpg

 
そして肩の小屋に着く直前に、ついに雨が降り出しました。雨具を着なければならないほどの雨足で、以後、下山するまで止むことはありませんでした。057.gif
b0190242_14117.jpg

トマの耳(1963 m)。
b0190242_1411831.jpg

b0190242_1413450.jpg

トマの耳から10分ほどでオキの耳(1977 m)。ここで集合写真を撮りました。私は辻さんと白砂さんと記念撮影。
b0190242_1414865.jpg

b0190242_1431397.jpg

タッキーおじさんとも記念撮影。
b0190242_142562.jpg

恐妻家のはせやんはリポビタンDを持って記念撮影。
b0190242_1422157.jpg

記念撮影後はさっさと下山を開始。雨足は強まるばかりです。肩の小屋も霞んで見えません。小屋の脇の人影は辻さんです。
b0190242_1423710.jpg

ここからはほとんど写真を撮っていません。それくらい雨、風が強く、写真を撮ってもレンズに付いた水滴で像が流れてしまいました。また谷川岳は滑りやすい蛇紋岩が多く、私は2回尻もちをつきました。
b0190242_1435032.jpg

b0190242_144198.jpg

天神平のロープウェイ乗り場には17:30に着きました。全身ずぶ濡れになるほどの雨でした。雷鳴も聞こえていました。ロープウェイは通常ならば17:00で終了しているところですが、「星の観賞会」があり、何とかロープウェイで降りてくることができました。ただし、もう湯テルメのお風呂はありませんでした。
b0190242_1451063.jpg

それでもバスの中で着替えをして、あとはいつもの通りのバスの中で大宴会。今回参加したエンドーちゃんが先日100名山100座達成のお祝いをしました。エンドーちゃんは私に本物の「いい歳、りょうちゃん」が来ているとおっしゃっていました。偽物がいたら、面白いと思います。037.gif
b0190242_1452656.jpg

谷川岳は今回2回目で、通算20座目でした。辻さんもまた、あまり百名山にこだわる必要はないことをおっしゃっていました。日本百名山は作家・深田久弥が独断で決めたものであり、百名山よりも面白い山はたくさんあると話してくれました。沼津アルプスは百名山ではなく標高も高くありませんが、とても面白いそうです。倉持さんの特配で行ったらいいのではないかとおっしゃっていました。
b0190242_1455295.jpg

またはせやんは出掛ける時に奥様にきちんと居場所を連絡しなければならないことについて、お悩みのようでした。辻さんが山登りすることで足腰がしっかりして、夜の方も強くなるので、奥様と一緒に山登りすることをはせやんに勧めていました。038.gif
b0190242_14643.jpg

さて、次回は明日9月22日から4連休をとり、山形県に行ってきます。台風15号の動向が心配でしたが、一応土曜日に鳥海山に登ることを予定しています。ただ、今回の旅の目的は鳥海山ではなく、日本海に沈む夕陽を撮ることです。鳥海山は主ではありません。山形から帰ってきたら、また報告します。

b0190242_1463933.jpg

 

b0190242_1471822.jpg

b0190242_1474390.jpg

b0190242_1483340.jpg

b0190242_1485749.jpg

by ryott-ryott | 2011-09-22 01:54 | 谷川岳

私の百名山、花の谷川岳ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_12472762.jpg

 6月19日に参加した第87回あづみ野うたごえ喫茶のYouTube動画が更新されていました。いい歳、りょうちゃんも一番手前の2列目に写っていました。037.gif
 
(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村


(あづみ野うたごえ喫茶/ふるさと)
b0190242_12483075.jpg

 土曜日にゲンダマ会に参加して、翌日曜日にはアミューズトラベルの初心者のための谷川岳ツアーに参加しました。私にとっては日本百名山10座目になります。初心者のための山歩き教室に参加するのははじめてです。この山歩き教室は人気があり、私が申し込んだときはキャンセル待ちの5番目だったそうですが、何とか空席が周って来て、参加することができました。038.gif

(あづみ野うたごえ喫茶/希望)
b0190242_124915.jpg

 しかし日曜日も空は鈍色の曇り空で、青空を期待することはできない典型的な梅雨空でした。山歩き教室は毎回テーマが設定されています。今回の谷川岳では「山の天気を知る」というテーマで雷の話、天気図の見方として高気圧と低気圧の特徴、前線の種類とそれぞれの前線の近傍での天気の状態、観天望気についてガイドの中野さんから説明がありました。
b0190242_12491255.jpg

 特に山の天気は変わりやすく、これから暑くなる夏の季節で最も注意をしなければならないのが雷だそうです。夏の強い日差しによって地面が暖められると、地面に接する空気も暖められて、まわりの空気よりも軽くなって上昇気流が起こります。この上昇気流こそが雲をつくる原因となるのです。大気中で高度が高くなるにつれて、気圧も低くなるので、上昇していく空気のかたまりは膨張します。しかも同時に温度も下がります。いわゆる物理学でいう断熱膨張であり、それに伴って温度が下がることを断熱膨張冷却と言います。空気は100 m上昇すると0.6 ℃気温が下がります。
b0190242_12493557.jpg

 空気の温度が下がっていくと、その中に含まれている水蒸気が凝結して水滴になります。この温度を露点といいます。この水滴こそが私たちが見ている雲の正体で、雲粒と専門用語で言っているようです。
b0190242_12562759.jpg

 その後も空気のかたまりが更に上昇して、温度が0 ℃を下回ると氷の結晶ができ始めます。高度の高いところにある雲は氷の結晶の集まりと言うことになります。
b0190242_1256559.jpg

 実は雲には高度によって10種類に分類されるそうですが、真夏の空にまっすぐ伸びる入道雲は上昇気流に伴って急激に成長した積乱雲であり、雲の中で摩擦によって生じた電荷が雷として放電します。積乱雲の高さは12 kmまで伸びることがあります。
b0190242_1257552.jpg

 山岳部では風が山にあたって、山の斜面に沿って上昇気流が生じるために、雲が発生しやすく、時には雷を伴う積乱雲にまで発達するため、注意が必要になります。雷は高いところに落ちやすいということは聞いていましたが、岩場の稜線も落雷しやすく、他の岩場に落雷した雷が電撃流として流れてくるという話には驚きました。
b0190242_12571899.jpg

 空を見て天気を予測することを観天望気と言います。昔はアメダスなどはなかったので空模様を見てこれからの天気を予測することは必要でした。とくにこれから海へ出て漁に行くときなど、観天望気による判断は生死をも決っしてしまうほど重要だったに違いありません。
b0190242_12573360.jpg

 昨年の11月に開聞岳に行ったときに、開聞岳の山頂付近に雲が巻きつくように周回していると翌日は晴れると言ったことを地元の方に教わりました。これも立派な観天望気でした。
b0190242_12524423.jpg

 ガイドの中野さんから天気の講義を受けて、しばらくするとバスはロープウェイの土合駅に到着しました。ここからロープウェイに山頂駅まで乗り、そこから谷川岳トマの耳とオキの耳を目指します。山頂駅は霧で真っ白、ここで早めのお昼ごはんを食べました。
b0190242_12532945.jpg

b0190242_12535487.jpg

b0190242_1254896.jpg

b0190242_12541978.jpg

 出発前のいつもの準備体操。新浦安ツアーでは倉持さんのストレッチの指導を受けていますが、きょうは半分の年齢ぐらいの若いツアーリーダー高橋絵里香さんの準備体操で新鮮でした。038.gif
b0190242_12543711.jpg

 先ほどまで立ち込めていた霧も、出発前に徐々に晴れてきて、曇り空ではありましたが、視界が開けていました。中野さんは「今日は晴れ女、晴れ男がたくさんいる。」とおっしゃっていました。その通りです。
037.gif
b0190242_12551240.jpg

b0190242_12553087.jpg

b0190242_12554719.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_125848.jpg

 
    更けゆく秋の夜 旅の空の
    侘びしき思いに ひとりなやむ
    恋しや古里 なつかし父母

   私は宿命的に放浪者である。私は古里を持たない。

 林芙美子の自伝小説『放浪記』の書き出しです。彼女は、この『放浪記』で文壇にデビューし、一躍女流作家の名声をほしいままにしましたが、彼女の残した“花のいのちは短くて、苦しきことのみ多かりき”の言葉通り、昭和26年(1951年)6月28日、48歳を一期に急逝しました。

 彼女は広島尾道の女学校を卒業すると上京しました。そして女中奉公、セルロイド工場の女工、株屋の店員、毛糸屋の売子、女給、筆耕、夜店の商人・・・・・いろいろな職業を転々としました。

 『放浪記』の後書きに彼女が書いていましが、愛読したハムスンの『飢え』と同じ境遇をたどりました。

 ノーベル賞作家になった、このノルウェー生まれのクヌウト・ハムスンも、15歳から故郷を離れ、放浪の途中、小僧、行商人、靴工、人夫、小役人、家庭教師、競売人、理髪師など、あらゆる下積みの職を転々としたあげく、『飢え』を書いて文壇にみとめられ、人気のでた作家です。

 林芙美子も、『清貧の書』『浮雲』『飢え』『めし』など数多い作品を書きましたが、やはり『放浪記』が一番読まれています。

 この『放浪記』が映画やテレビに舞台に、今なお繰り返し上映・上演される秘密は、彼女の波乱にとんだ人生を乗り越えていくバイタリティーと明るさに、涙しながらも共感を誘うものがあるからでしょう。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1258308.jpg


(コブクロ/あの太陽が、この世界を照らし続けるように。)

(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_12591497.jpg

 今日の谷川岳ツアー参加者は総勢20名。私はいつものように最後尾から写真を撮りながら着いて行きました。いつもは私の後ろには倉持さんがいますが、今日はガイドの渡辺さんにサポートしていただきました。040.gif
b0190242_12594773.jpg

空は曇り空ですが、谷川岳には珍しい花がたくさん咲いており、私が渡辺さんに「これは何という花ですか?」と質問すると、すぐに答えていただき、名前が出てこない場合も渡辺さんが携帯してきたポケット図鑑ですぐに調べて教えてくれました。038.gif
b0190242_130670.jpg

渡辺さんがおっしゃるには、谷川岳の山頂は鉄分を多く含んだ蛇紋岩帯で構成されているため、めずらしい植物が多く自生しているとのことです。
b0190242_1303928.jpg

ブナの木。緑色の実が秋にドングリになります。056.gif
b0190242_1312340.jpg

銀龍草。タツノオトシゴのような形をしています。透明に近い白い花が土色の山の斜面に顔を出しているので遠くからでもすぐに見つけることができます。宝石のような花です。056.gif056.gif
b0190242_1314029.jpg

b0190242_1315983.jpg

おなじみのイワカガミ。安達太良や日光白根山では濃いピンク色でしたが、ここ谷川岳では薄い桃色で、中には真っ白な花もありました。白い花はヒメイワカガミと言うそうです。イワカガミは見飽きるぐらいたくさん咲いていました。056.gif
b0190242_1323664.jpg

b0190242_1325264.jpg

イワイチョウ。056.gif
b0190242_1343369.jpg

マイヅルソウ。056.gif
b0190242_134519.jpg

ウラジロヨウラク。056.gif
b0190242_135216.jpg

タニウツギ。056.gif
b0190242_1353596.jpg

サクラドウダン。056.gif
b0190242_1355476.jpg

モウセンゴケもありました。058.gif
b0190242_1361411.jpg

標高の高く樹林帯出はないところにも甲虫やバッタがいました。

b0190242_1363346.jpg

b0190242_1364914.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

 
b0190242_137185.jpg

時折、霧が晴れて、谷川岳の山容が明らかになります。058.gif
b0190242_1374429.jpg

b0190242_1383659.jpg

b0190242_1385252.jpg

この写真だけ見ると雪山のように見えます。
b0190242_138471.jpg

雪渓を登っていくと、肩の小屋があります。肩の小屋前でしばしの休憩、小屋の屋根には太陽光パネルが設置してありました。山頂トマの耳はもうすぐです。058.gif
b0190242_1391655.jpg

b0190242_1393683.jpg

b0190242_13102522.jpg

そして遂にトマの耳(1963 m)に到着。皆さん、中野さんとガッチリと握手し、谷川岳制覇の喜びを分かち合いました。いつものように記念撮影。038.gif
b0190242_13105267.jpg

b0190242_13111632.jpg

谷川岳は双二峯であり、もうひとつの山頂オキの耳へ向かいました。その途中にも多くの花々が咲いていました。056.gif
b0190242_13115224.jpg

コバイケイソウ。日光白根山では葉だけでしたが蕾が鈴なりのように付いていました。056.gif
b0190242_13121514.jpg

ハクサンイチゲ。056.gif
b0190242_13123537.jpg

ハクサンコザクラ。小さくて可愛い花です。
b0190242_13131268.jpg

もうひとつの山頂オキの耳(1977 m)で記念撮影。038.gif
b0190242_13133260.jpg

下山を開始。肩の小屋から先ほど登った雪渓を注意深く下ります。前の人が踏みしめて平らになった場所に足を運びながら慎重に降りて行きました。中野さんの指示では、雪渓を下っていくときは前かがみになって重心を前にしたほうがいいそうです。また万が一、滑ってしまったら、腹ばいになって摩擦力を増やすようにすれば、運よく止まることもあるようです。
b0190242_131465.jpg

オキの耳から雨が降り出しましたが、雪渓を降りてくると雨もやんで、薄日も差していました。
b0190242_13143437.jpg

花崗岩や蛇紋岩は雨にぬれてとても滑りやすくなっていました。私も1回滑りましたが、渡辺さんは私よりも滑っていました。037.gif
b0190242_13144936.jpg

b0190242_1315960.jpg

b0190242_13153597.jpg

ひとりもケガなく無事に山頂駅まで戻って来ました。時計は4時50分を指しており、今週もギリギリでロープウェイに間に会いました。私はこの谷川岳で日本百名山10座目でした。この調子で何とか60歳までに100座を目指します。038.gif
b0190242_1316480.jpg

b0190242_13162626.jpg

b0190242_13164624.jpg

b0190242_1317331.jpg

湯テルメで温泉に入って、ビールを買って、新宿まで戻って来ました。途中、森ちゃんから「今、飲んでいるの?」とのメール。私は、倉持さんの指示通りに、後ろでおとなしく飲んでいました。周りの方はほとんど寝ていたので、いつもの倉持ツアーのようには行かないようです。再来週の乗鞍岳は、浦安湯屋と大井町湯屋の強力なお姉さんと一緒に参加することになり、少し不安です。すみちゃん、よしこさん、いつもの倉持さんのツアーではないので、大騒ぎしないでくださいね。無理でしょうか。041.gif037.gif
b0190242_13173841.jpg

さて、次回は同じく中野さんと高橋絵里香さんのツアーで、草津白根山にコマクサを見に行ってきます。
070.gif
b0190242_1317564.jpg
 


b0190242_13182772.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_13184846.jpg

b0190242_13191363.jpg

b0190242_13194658.jpg

024.gif056.gif058.gif041.gif038.gif016.gif068.gif072.gif018.gif041.gif

by ryott-ryott | 2011-07-02 13:28 | 谷川岳