カテゴリ:四国フラワートレッキング( 3 )

暑さと急登を乗り越えて、東赤石山ダイエットトレッキングヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_10263442.jpg


 さて四国フラワートレッキング最終日です。今日は花の百名山・東赤石山へ登ります。前日のおしきせの会では、東赤石山の登下山はせいぜい6時間ほどだとおっしゃっている先輩が多数おり、かなり東赤石山を甘く見ているようです。私もそんな先輩方に騙されて、花を見ながらのハイキングで四国の旅はシャンシャンと終わると思っていました。037.gif
b0190242_10273780.jpg

 宿を午前4時30分に暗いうちに出発。往復6時間ならば、こんなに早く出発しなくてもよいと思うのですが。東の空は朝焼けに染まっていました。058.gif
b0190242_10275462.jpg

b0190242_10283232.jpg

 行く途中、いくつも木の橋があり、松本さんが渡り方のコツを教えてくれました。あまり下側を見ずに、少し斜め前方を見ながら歩を進めることによって、恐怖心を感じずに渡ることができます。もちろん、いい歳、りょうちゃんはらっく楽です。004.gif
b0190242_10285578.jpg

b0190242_1029108.jpg

b0190242_10292614.jpg

 また斜里岳ほどではありませんが、沢づたいの渡渉もありました。もちろん、いい歳、りょうちゃんはらっく楽です。東明石山、恐るるに足らずです。004.gif
b0190242_10294782.jpg

b0190242_1030427.jpg

b0190242_10303817.jpg

 登山開始から約3時間。渡渉も終わり、樹林帯をしばらく進むと、急斜面が現れました。先ほどの涼しい渡渉から一転し、容赦なく太陽が照りつけて、暑さの中の登山になりました。2時間は登りづめだったと思います。登りのきつさと、暑さで、息も絶え絶え。舘野さんが私のため息が後ろの方まで聞こえてきたとおっしゃっていました。この四国の剣山で日本百名山17座目でしたが、この東赤石山は17つのどの日本百名山よりもきつかったと思います。倉持さんも東赤石山は百名山よりもきついと後からおっしゃっていました。早く言ってください。041.gif
b0190242_1031586.jpg

b0190242_10315793.jpg

 参加者13名のうち、厳しい登山のため3名の方が東赤石山の頂上までは辿り着くことはできませんでした。このうち、お二人は前日のうちに東赤石山には登らないことを申し出ており、もうお一人も頂上まで行かず赤石山荘でみんなが降りてくるのを待っていることを選択しました。
b0190242_10322588.jpg

b0190242_1033199.jpg

 私にとってもうひとつ辛いことがありました。親指の先ほどの大きさの蜂やアブです。北海道で買ったハッカ油のスプレーを吹きかけていたのですが、容赦なく襲ってきます。蜂は刺すことはありませんでしたが、耳元をかすめて飛んで行きます。ハエのお化けのようなアブはいつの間にか露出している肌に吸いついて刺そうとしていました。一緒に東京から行った舘野さんは次々とアブを叩き殺し、死んだアブの死骸に蟻がたかるのを見て、楽しんでいました。037.gif
b0190242_10334259.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(あづみ野うたごえ喫茶/ふるさと)


(あづみ野うたごえ喫茶/希望)


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_10345349.jpg

 
 室町時代に「田楽」「大和猿楽能」といわれたものを、今日の「能」に大成させたのは、観世流の祖観阿弥(かんあみ)と、その子世阿弥(ぜあみ)の親子です。
 
世阿弥は父の没後、将軍義満の寵愛を受け、観大夫として高尚優美な能を演じるかたわら、いわゆる“世阿弥十六部集”を著しました。“花伝書”で知られる『風姿花伝』をはじめ、『花鏡』『至花道』『花習内抜書(かしゅううつぬきがき)』など、花をモチーフにした能楽論が異色です。

 「秘すれば花なり、秘せずは花なるべからず」
「ただ花は、見る人の心に珍しきが花なり」

『花伝書』にみえる言葉です。有名な「初心忘るべからず」の言葉も、世阿弥の『花鏡』にあります。結婚式や入社式などのスピーチによく使われますが、本来の意味は、“新鮮さ”“純粋さ”“初志貫徹”ということではなく、芸道の精進は常に自分が未熟であるという初心を忘れるなの意味です。

それにしても、世阿弥の晩年は気の毒でした。応永25年(1418年)、義満の第4子で、還俗(げんぞく=一度、出家した者が、再び俗人にかえること。)した義教が6代将軍になりました。義教は極端に世阿弥親子を嫌い、ついに永亨6年(1434年)には、世阿弥72歳の身であるのに、佐渡島流しを申しつけました。
しかも、配流になる2年前には最も信頼と期待を寄せ、奥儀・秘伝を授けた長男の元雅が、なぜか伊勢の地で、謎の死を遂げました。さぞつらい毎日だったと思います。

傷心の世阿弥も佐渡にあること8年、義教の死によって許され、故郷にもどってきましたが、時すでに遅く、翌嘉吉3年(1443年)8月8日、81歳の生涯を終わりました。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_10351417.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_1036017.jpg


そして間断なく続く急登と、暑さと、虫に苦しみながらも、ようやく東赤石山の山頂に辿り着きました。登山開始から約5時間が経過していました。登下山で6時間と言っていたのは誰でしょうか。037.gif
b0190242_10362913.jpg

三角点のある場所はあと5分ほど歩いたところで、松本さんが希望者だけ連れて行ってくれました。
b0190242_10364468.jpg

b0190242_1037865.jpg

東赤石山(標高1706 m)の三角点で倉持さんと記念撮影。このとき、いい歳、りょうちゃんはかなり疲弊していました。042.gif
b0190242_10373427.jpg

奥に見える台形の山は四国最高峰・日本百名山の石鎚山です。
b0190242_10381044.jpg

山登りは苦しかったけど、天気もよく、頂上から見た景色は最高でした。038.gif
b0190242_10384016.jpg

b0190242_10385786.jpg

頂上で食べたおにぎり弁当。
b0190242_10391798.jpg

b0190242_10394151.jpg

b0190242_1040120.jpg



(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_10403338.jpg


11時に下山開始。登山開始から6時間経過。
b0190242_10405690.jpg

花も多く咲いていました。056.gif
b0190242_1041366.jpg

ベニシモツケソウ(紅下野草)。
b0190242_10414750.jpg

シラヒゲソウ(白鬚草)。
b0190242_1042666.jpg

ショロソウ(棕櫚草)。
b0190242_10424410.jpg

リョウブ(令法)。
b0190242_1043548.jpg

b0190242_10432665.jpg

カキラン(柿蘭)。
b0190242_10445762.jpg

ヒメシャジン(姫沙参)。
b0190242_10454099.jpg

ホタルブクロ(蛍袋)。
b0190242_1046870.jpg

ウスユキソウ(薄雪草)。
b0190242_10462654.jpg

剣岳の登山練習をここでやることもあるそうです。
b0190242_1046544.jpg

b0190242_10471834.jpg

赤石山荘で待っている先輩と合流し、さらに下山を続けます。山荘の裏にヘビがいました。逃げられてしまい、写真を撮ることができませんでした。
b0190242_10475241.jpg

下山中も気温は常に28 ℃であったそうです。やはり沢に差し掛かると気温も下がって、元気になります。
b0190242_10481985.jpg

b0190242_1048494.jpg

登山開始から9時間40分。ようやく登山口に戻って来ました。地元ガイドの松本さん、バスで私たちを待っていた先輩たちとガッチリと握手を交わしました。そして準備体操をして、温泉に向かいました。松本さんとは温泉の手前でお別れ。松本さんは南極観測隊に志願しているようです。
b0190242_10491142.jpg

b0190242_10492475.jpg

いつものことながら短い時間で温泉に入り、体重を測ったら、うれしいことに4 kg減少。しかし翌日には元に戻っていました。037.gif
b0190242_10494550.jpg






にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_10501548.jpg

 
缶ビールを買って、バスの中で乾杯。瀬戸大橋を渡り、JR岡山駅で九州から参加した10名とはここでお別れです。東京組は岡山空港まで行き、空港の中の食堂でおしきせ。四国の旅を無事に終えることができて、乾杯しました。038.gif
b0190242_10503433.jpg

b0190242_10504956.jpg

さて次回は8月20日(土)から22日(月)まで、倉本さんの特別手配で間の岳と北岳へ登ります。ようやくブログもここまで追いついて来ました。038.gif
b0190242_10511296.jpg


 
四国フラワートレッキングの旅、
これにて完。038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif

b0190242_10513561.jpg

b0190242_10515015.jpg

b0190242_10522715.jpg

b0190242_10532244.jpg

b0190242_10552026.jpg

by ryott-ryott | 2011-09-08 00:14 | 四国フラワートレッキング | Comments(0)

次郎笈からかずら橋へ、空と緑のはるかなる道ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_20287.jpg


 利尻のペンション・レラモシリで出されているウニの炊き込みご飯のウニめし丼が新宿伊勢丹の大北海道展に出品されているというので行ってきました。038.gif
b0190242_203135.jpg

 大ポン山、姫沼、南浜湿原などを案内してくれたガイドの山田さんがウニめし丼を売ると聞いていたのですが、その姿はなく、丸善食堂のおばちゃんに「山田さんは来てますか?」と尋ねると、体調を崩してホテルで休んでいるとのことでした。お大事になさってください。040.gif
b0190242_2032645.jpg

b0190242_2045559.jpg

b0190242_205779.jpg

b0190242_2052483.jpg

 さて四国のフラワートレッキングの続きです。剣山山頂ヒュッテから天気が良ければご来光が見えるというので、朝4時30分に起きて太陽が昇ってくる方向を見ると、またしても歯磨き粉のような雲が横たわっていました。ただ風があり、運が良ければ雲を洗い流してくれるのではないかと思い、朝食を大急ぎで食べて、再びヒュッテの外へ行きました。日の出は午前5時8分。しかしながら、なかなかはっきりと見ることはできませんでした。058.gif
b0190242_2065948.jpg

b0190242_2073852.jpg

b0190242_2075077.jpg

みなさん朝食を済ませて、ヒュッテ前で準備体操。
b0190242_2082448.jpg

b0190242_2092542.jpg

案山子人形さんともお別れ。
b0190242_2095416.jpg

b0190242_20102157.jpg

ヒュッテのご主人に見送られて、次郎笈へ出発です。070.gif
b0190242_20104049.jpg

剣山山頂で記念撮影したあと、次郎笈を向かって、稜線を歩いて行きます。
b0190242_2011825.jpg

b0190242_20113289.jpg

b0190242_20115727.jpg

b0190242_20123622.jpg

オトギリソウが咲いていました。056.gif
b0190242_2013259.jpg

b0190242_20133075.jpg

ヒュッテを出発してわずか90分で次郎笈に到着しました。ここから丸石を経てかずら橋に向かいます。
b0190242_20135885.jpg

b0190242_20142890.jpg

b0190242_2015144.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(あづみ野うたごえ喫茶/ふるさと)


(あづみ野うたごえ喫茶/希望)


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_20152335.jpg

 
“火事と喧嘩は江戸の華”といわれましたが、たしかに江戸八百八町は、火事が多く、それに伴う火消し同士の喧嘩も絶えなかったようです。

 旗本の定(じょう)火消し、大名家が抱える大名火消しに対して、町火消し「いろは四十八組」が組織され、発足したのが享保5年(1720年)8月7日です。発案は南町奉行大岡越前守です。

 組には頭取の下に組頭、その下に纏(まとい)持、梯子持、鳶(とび)の者、平人、人足と6階級に分かれていました。このなかでは、“かしら”と呼ばれる組頭と、“纏持”の二役が、民衆の人気の的でした。なかでも纏持は、組の名入りの6貫目(22.5 kg)もある纏を持って、消し口の屋根に登って采配をふります。危険ですが、一番かっこいい役どころでした。

それだけに、この纏をどこの組が先にあげたかどうかで、喧嘩がはじまります。芝居に登場する“を組の纏持・新門辰五郎”などはその典型的なものです。花川戸智光院裏から出た火事のとき、真っ先に消し口の屋根に登り、を組の纏を立てたのは新門辰五郎でした。

そこへあとからきた筑後柳河11万石立花将監の抱え火消しがやって来て、纏を立てようとしました。なにしろ纏は火消しの生命です。辰五郎は“”いまごろなんだ!といって立花の纏持をけ飛ばしました。相手は転落して即死です。

辰五郎は少しもおそれず、火の消えたあと、たった一人で立花将監の屋敷に乗り込み、玄関先で大あぐら“どうにでもしてくれ”と啖呵を切ります。

立花将監もどうすることもできず、辰五郎は無事に帰って来ました。これが辰五郎が売り出すきっかけになりました。“め組の喧嘩”も有名です。
 
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_20163644.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_20174688.jpg


稜線を歩いているとときどき銃声が聞こえます。これは増えすぎたシカを仕留めるためにハンターが銃を構えています。犬がシカを追いかけて行くのが見えました。
b0190242_2018917.jpg

b0190242_20184588.jpg

b0190242_2019474.jpg

山肌にハートマーク。053.gif
b0190242_20192080.jpg

そして丸石山頂(1683 m)。ここから下って行きます。
b0190242_20194353.jpg

b0190242_20201270.jpg

ここ四国にも弾痕笹がありました。
b0190242_20203212.jpg

ヤマホトトギス。056.gif
b0190242_2021163.jpg

沢遊びする人たち。涼しそうです。
b0190242_20212486.jpg



(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_2022673.jpg

b0190242_2022369.jpg

b0190242_20232638.jpg

b0190242_20283947.jpg


そしてかずら橋へ。最後はすこし遊んでバスに乗り込みました。
b0190242_20235643.jpg

b0190242_20243256.jpg

b0190242_2025050.jpg

b0190242_20253354.jpg

b0190242_20261443.jpg

早明浦(さめうら)ダムを周回して、今日の宿に行きました。宿の写真は撮り忘れました。この宿でのおしきせはフランス料理のコースでした。
b0190242_20264766.jpg

b0190242_2027834.jpg

b0190242_20273682.jpg

b0190242_2028191.jpg

ここで参加者13名の自己紹介。40歳代はいい歳、りょうちゃんただ一人。もうすでに百名山を達成している先輩もいらっしゃいました。私のテーブルのおばさま方は私に何度も「痩せなければだめだ!」と勝手なことを言っていました。しかし、おばさまたちの応援もあって、東赤石山では体重減少が現実のものとなりました。
031.gif041.gif037.gif
b0190242_20292812.jpg

b0190242_20295417.jpg

b0190242_20301143.jpg

b0190242_20303167.jpg

b0190242_2031694.jpg






にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
 


 

b0190242_20312982.jpg

b0190242_2032157.jpg

b0190242_20322757.jpg

b0190242_2033253.jpg

b0190242_20332167.jpg

b0190242_20334977.jpg

b0190242_20341787.jpg

b0190242_20343856.jpg

b0190242_20345984.jpg

b0190242_20352741.jpg

by ryott-ryott | 2011-09-07 00:15 | 四国フラワートレッキング | Comments(4)

キレンゲショウマ咲く剣山ハイキングヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_105757.jpg


 今年も7月末に短い夏休みが終わってしまった、いい歳、りょうちゃん。今年の目標であった100番目の宮之浦岳と1番目の利尻岳の登頂を終えて、あとは毎年恒例の秋の山形の旅だと思っていましたが、アミューズトラベルで四国の剣山へキレンゲショウマを見に行くツアーがあり、急遽参加することにしました。しかもツアーリダ―は浦安湯屋の倉持さん。みんなのおかあさんです。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_10572890.jpg

 このツアー名が「キレンゲショウマ咲く剣山・次郎笈~奥祖谷かずら橋 美馬うだつハイクと花の百名山・東赤石山フラワートレッキング」と長いこと。要するに花を見ながらハイキングをして、ついでに百名山の剣岳に登ってしまおうというツアーだと思い、気軽な気持ちで行くことにしましたが、最終日のフラワートレッキングがこんなにきついとは予想だにしませんでした。
042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif
b0190242_10583215.jpg

 ツアー参加者は全員で13名、東京からは私も含めて3人、ほかの10人はほとんどが九州からの参加者でした。もちろん、いい歳、りょうちゃんが北海道シリーズに続いて最年少。8月6日、朝7時に羽田空港に集合。燕岳で一緒だった舘野さんも参加していました。
b0190242_1059793.jpg

 飛行機で岡山空港へ行き、そこからバスでJR岡山駅へ。そこで九州からの10名と合流します。そして瀬戸大橋を渡り、このフラワートレッキングを案内してくれる地元ガイドの松本さんをピックアップ。今日は讃岐うどんやへ行き、美馬うだつハイク、そして剣山のキレンゲショウマというスケジュールです。どうやら松本さんは美馬うだつハイクは行かないつもりだったようです。
b0190242_1059313.jpg

瀬戸大橋。
b0190242_10595512.jpg

ガスのコンビナートを船で運んでいます。
b0190242_110165.jpg

b0190242_110326.jpg

うどん屋に行くまで、バスで前を通過する地元のうどん屋さんをひとつひとつ松本さんが解説してくれました。
b0190242_1105723.jpg

うどん屋さんの前は長蛇の列。
b0190242_1111949.jpg

b0190242_111411.jpg

b0190242_1115928.jpg

待つこと約20分。お目当てのうどんは冷たいものと温かいものの2種類。サイズも大240円と小120円の2種類。トッピングは生卵30円。ねぎは無料です。私はもちろん冷たい大に卵をつけました。このボリュームでたったの270円。お腹が減っていたため、一気に胃袋に流し込みました。目の前に舘野さんが座り、のんびりと食べているので、その間にもう一杯行けると思い、同じものをおかわりしました。2杯目を平らげた後もまだ食べているので、3杯目も行けると思いましたがやめておきました。倉持さんは1杯しか食べなかったようです。037.gif
b0190242_1123855.jpg

b0190242_1125632.jpg

b0190242_1131693.jpg

b0190242_1134697.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(あづみ野うたごえ喫茶/ふるさと)


(あづみ野うたごえ喫茶/希望)


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_1142289.jpg

 
 昭和20年(1945年)8月6日午前8時15分。
快晴の広島市中央部上空から、「ピカ」、「ドン」という一瞬の光と音とともに、世界で最初の原子爆弾が投下されました。

この原爆の熱と爆風と放射能で、人口40万人の広島市民のうち、23万人から27万人が即死もしくは5年以内に生命を失いました。
 爆心地に近い、原爆ドームの残骸が見える広島平和公園では、毎年この日、この時刻に、慰霊祭、平和の式典が催されます。

 この広島の原爆で亡くなった演劇人のひとりが新劇俳優の丸山定夫でした。
 どんな人だったかは、彼の友人たちが彼を偲んで鎌倉妙法寺境内に建てられた記念碑の碑文を読むとわかります。

「・・・・独異の性格俳優として、『新劇の団十郎』とまでいわれ、新劇史上に不朽の名を止めた。
 人間としても、よく読み、よく歌い、よく恋し、友を愛し、人の世話をみ、純情で柔軟な心情をもって、知る人すべてから愛された。
 が、昭和二十年八月六日、広島市堀川町九十番地『移動演劇さくら隊』の宿舎で、アメリカ軍投下の原爆に遭い、十日間の苦闘の末、十六日厳島存光寺の庫里で、四十三年の命を閉じた。
 その後、埋められた場所さえ知れずにいたのを、最近この地に朽ちかけた墓標が発見され、友人知人たちの協力で、新しく記念碑が建てられた。
 知友代表としてその由来を記す。                    藤森茂吉」

劇団の重鎮として活躍していた滝沢修、宇野重吉、杉村春子、山本安英と仕事を共にしており、生きていたら、新劇が違っていたかもしれないとの声が聞かれます。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1144673.jpg

b0190242_115217.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_1152765.jpg

b0190242_11627.jpg


讃岐うどんでお腹を満たした後は美馬うだつハイクへ行きました。「うだつがあがらない」という言葉があります。「出世ができない」とか「身分がぱっとしない」という意味であり、いい歳、りょうちゃんのためにあるような言葉です。うだつ(卯建)とは民家の2階などで建物の外側に張り出した卯の字形の袖壁のことを指し、家が裕福でなければうだつを上げることができなかったことから、この意味に転じています。004.gif
b0190242_1162762.jpg

b0190242_1164583.jpg

b0190242_1171518.jpg

井戸水を汲む松本さん。
b0190242_1173871.jpg

b0190242_1175547.jpg

昔の町医者の診療所。この家に住んでいる方が家の中を公開しています。
b0190242_1181779.jpg

この漫画は家人のお嬢さんが子ども時代に持っていた物です。
b0190242_1182911.jpg

b0190242_1184062.jpg

b0190242_1185175.jpg

b0190242_119838.jpg

b0190242_119191.jpg

診療所の中の薬局。
b0190242_1194398.jpg

b0190242_1110646.jpg

診療室、顕微鏡があります。
b0190242_11103314.jpg

b0190242_11105433.jpg

中学生が社会科見学をしていました。
b0190242_11111583.jpg

b0190242_11114125.jpg

b0190242_11115511.jpg



(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_11123089.jpg


そして今日のメインイベント、キレンゲショウマ(黄蓮華升麻)を見るため剣山へ向かいます。先ほどまで晴れていたのに、リフトの駅「見の越」に着いたころにはポツリポツリと雨が降り出しました。
b0190242_11124677.jpg

 それでも何とか天気が持ち直し、リフトの西島駅の前で準備体操。
b0190242_11131011.jpg

 駅前にはニッコウキスゲや南国クガイソウが植えてありました。056.gif
b0190242_11132294.jpg

b0190242_1113414.jpg

 剣山山頂ヒュッテへ向かう途中の「刀掛の松」の分岐点からキレンゲショウマの群生地へ向かいます。056.gif
b0190242_1114115.jpg

b0190242_11142076.jpg

b0190242_11143777.jpg

 途中、木の枝にホトトギスが止まっていました。望遠レンズを持っていくべきでした。
b0190242_1115141.jpg

 カニコウモリの花。そういえば、利尻にもカニコウモリがあり、利尻では「ミミコウモリ」と言っていました。
b0190242_11154399.jpg

 キレンゲショウマは天然記念物。シカなどから保護するため、柵が設けられています。その中に咲くキレンゲショウマの群落はまるで黄色い花の滝が流れているかのようでした。056.gif
b0190242_1116454.jpg

b0190242_11163369.jpg

b0190242_1117033.jpg

b0190242_11171493.jpg

b0190242_11173585.jpg






にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
 
b0190242_1119618.jpg

 キレンゲショウマを見た後は剣山山頂ヒュッテへ向かいました。このヒュッテにはお風呂がありました。お風呂がある山小屋の泊まったのは初めてです。
b0190242_11184614.jpg

 剣山本宮で安全祈願。
b0190242_11201436.jpg

 ヒュッテ入口の案山子人形。
b0190242_11202953.jpg

 おしきせの前にヒュッテご主人からお話があり、一番いいキレンゲショウマを見ることができる時期に来てくれたとおっしゃっていました。038.gif
b0190242_11204977.jpg

b0190242_11211071.jpg

 食堂には缶ビール、日本酒が売っており、参加者全員でおしきせの乾杯。
b0190242_1121273.jpg

 山頂ヒュッテから見た夕焼け。月も出ていました。明日は山頂ヒュッテから次郎笈(じろうぎゅう)、丸石を経て、かずら橋へ向かいます。060.gif
b0190242_11223014.jpg

b0190242_1123474.jpg


 

b0190242_1123332.jpg

b0190242_11235363.jpg

b0190242_1124836.jpg

b0190242_11244119.jpg

b0190242_11245788.jpg

b0190242_11253121.jpg

b0190242_11255429.jpg

b0190242_11261699.jpg

b0190242_11264697.jpg

by ryott-ryott | 2011-09-06 00:15 | 四国フラワートレッキング | Comments(0)