カテゴリ:日本第二の主峰・北岳に挑む( 3 )

いい歳、りょうちゃん、日本第二の主峰北岳の山頂に立つヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_154258100.jpg


 北岳挑戦最終話に行く前に、昨日の土曜日9月10日、日本酒試飲会へ行ってきました。日本酒試飲会は2月の酒蔵見学も入れて、年間4~5回あります。今回は大井町の名店「じゃんけんぽん」で茨城県の来福酒造さんを招いて行われました。日本全国から20名が集まり、盛況でした。山登り仲間の浦安湯屋の森ちゃん、はせやん、大井町湯屋からは佳子さんとおばあさんの佐藤さん、歯医者さんの湯浅さんが来てくれました。活動の中心がゴールドジムの湯浅さんには久しぶりにお会いすることができました。068.gif
b0190242_15435523.jpg

おしきせの会・日本酒試飲会開会のあいさつをするじゃんけんぽんのご主人、トントンさん。038.gif
b0190242_15441066.jpg

来福酒造さん、よしこさん、西山さん。日本酒試飲会は西山酒造の西山さんが企画しています。西山さんは来年の酒蔵見学はどこにしようかと思案中でした。038.gif037.gif
b0190242_15442338.jpg

酔っぱらう前に記念撮影しておきました。038.gif037.gif
b0190242_15444943.jpg

料理はあっという間になくなりました。038.gif
b0190242_1545429.jpg

b0190242_1545199.jpg

b0190242_1545331.jpg

b0190242_15455165.jpg

b0190242_1546424.jpg

b0190242_15461879.jpg

b0190242_15463238.jpg

b0190242_15464320.jpg

b0190242_1546564.jpg

北岳から始まった一人一枚顔写真を今回も撮りました。
浦安湯屋の森ちゃん。森ちゃんとは10月23日(日)にあづみの歌声喫茶へ行くついでに、前日の常念岳に登る予定にしており、その打ち合わせをおしきせの会ですることにしていましたが、私も森ちゃんも酒がすすみ、ほとんどその話はしなかったと思います。038.gif
b0190242_15475062.jpg

浦安湯屋のはせやん。はせやんは大井町に3年ほど住んでいたことがあり、お仕事でも15年ほど大井町に行き来していたそうであり、隠れた大井町通です。038.gif
b0190242_1548126.jpg

大井町湯屋のよしこさん。みんなのお母さんのようなよしこさん。来週9月21日で54歳になられます。しかし、十数年前に大井町湯屋ではじめて会った時とほとんど変わっていません。038.gif
b0190242_154893.jpg

湯浅さん。この頑強な肉体からは想像しがたいのですが、恐妻家。そして歯医者さんでもあります。その太い腕で麻酔をせずに歯を抜くことが可能です。038.gif
b0190242_15483035.jpg

大井町湯屋の佐藤さん。大井町湯屋最高齢。大井町湯屋の大暴れアクアで、いつもりょうちゃんの面倒を見てくれるおばあちゃん。佐藤さん、よしこさん、りょうちゃんは大井町湯屋の親子三代になります。また佐藤さんは旅行が趣味であり、世界中を旅しています。038.gif
b0190242_15484047.jpg

細野さんの奥様、試飲会仲間。目がすでに飛んでしまっていますが、お酒を飲むと危ない方。きのうはちゃんと家に帰れたのでしょうか。飲むとほとんど行方不明になってしまいます。041.gif
b0190242_15485184.jpg

b0190242_15494933.jpg

阪急百貨店の佐藤の敬ちゃんと渥美のあっちゃん。りょうちゃんが倉持さんの特配ツアーで持っていくお酒は佐藤の敬ちゃんが選んでくれています。19日の谷川岳は何を選んでくれるのでしょうか、楽しみです。038.gif
b0190242_1549355.jpg

そしておしきせの会は盛況のうちにお開きとなり、そのあと「じゃんけんぽん」の近くの歌声スナック「バーディー」さんで謡いの会となりました。熱唱するよしこさん。
b0190242_15501425.jpg

はせやんはYMCAを熱唱。
b0190242_1550344.jpg

大井町の名店「じゃんけんぽん」で日雇いとして働くよしえちゃんとトントンさんの妹のみきちゃん、姥捨て山のようです。041.gif
b0190242_15504966.jpg

b0190242_15512337.jpg

さて北岳挑戦最終話です。3日目最終日。この日も雨は止むことはありませんでした。午前4時に起床、その前に目が覚めていましたが。仕度をして、午前5時に朝食。
b0190242_15515419.jpg

午前5時40分に北岳山荘前で準備体操をして、いよいよ北岳山頂を目指して出発です。北岳山荘から山頂までは約90分です。雨は止むことがありませんでしたが、山頂へ向かう途中も足元には花が咲いていました。056.gif
b0190242_15523858.jpg

b0190242_15531538.jpg

タカネヒゴタイ(高嶺平江帯)。キク科の植物。
b0190242_15535978.jpg

ヒメココメグサ(姫小米草)。
b0190242_15542742.jpg

ウサギギク(兎菊)。ひまわりのような花で、葉がウサギの耳のようなのでこの名前が付きました。
b0190242_15545753.jpg

そして、ついに北岳頂上に。ここで山小屋で見かけたオレンジ色の髪をしたねぇちゃんとその彼氏の正体がわかりました。オレンジ色の髪のねぇちゃんは、あの歌い手の木村カエラさんであり、その彼氏は夫で俳優の瑛太さんでした。森ちゃんはカエラ・瑛太夫妻にデジカメラと携帯を渡されて、記念撮影をお願いされていました。北岳の標識に木村カエラさんと瑛太さんの顔が並んだ時に、二人が誰なのかようやくわかりました。よく見ていたNHK大河ドラマ「篤姫」に出てきた小松帯刀(こまつたてわき)と同じ顔ではありませんか。どうして気が付かなかったのでしょうか。ハニーちゃんが木村カエラさんと瑛太さんの間に入って写真に写ろうとしていましたが、瑛太さんは「写真撮影はご勘弁願います。」と丁寧に断っていました。二人ととても感じのいい方でした。夫の瑛太さんはテレビで見ていると細いイメージですが、実際に見た感じはガッチリした体格であり、身長もいい歳、りょうちゃんよりも高かったので180 cmはゆうにあるのではないでしょうか。いい歳、りょうちゃんの身長は177 cmです。038.gif038.gif038.gif
b0190242_15554466.jpg

b0190242_1556356.jpg

b0190242_15562171.jpg

肩の小屋までは倉持チームの隊列の後ろに付いていたと思いますが、肩の小屋で先に下山して行き、私たちが駐車場に付いた時にはすでに入浴・食事を済まされて帰るところだったので、1時間以上早く下山されていたと思います。しかもたった二人で北岳の登下山をするということは、木村カエラ・瑛太夫妻は初心者ではなく相当な上級者だというのが私の印象です。038.gif
b0190242_15565643.jpg

b0190242_15572482.jpg

頂上での記念撮影。
b0190242_15574361.jpg

b0190242_1558377.jpg

そして北岳山頂から下山を開始するとき、一瞬だけ薄日が差しました。これも木村カエラ・瑛太効果でしょうか。058.gif038.gif
b0190242_15582869.jpg


b0190242_15593972.jpg

 
 「木曽路はすべて山の中にある。あるところは岨(そば)づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間も深さに臨む木曽川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。・・・」                 (島崎藤村『夜明け前』)

 一筋といわれたこの木曽街道の西から入る最初の宿場町「馬籠(まごめ)の宿」(長野県西築摩郡山口村)は、明治5年(1872年)3月15日、文豪島崎藤村の生まれたふるさとです。
 彼は近代詩の第一人者として、『若菜集』『一葉船』『夏草』『落梅集』などの抒情詩集を発表しました。また、そのかたわら、自然主義の代表作家として『破壊』『春』『家』『新生』『夜明け前』の名作を残し、昭和18年(1943年)8月22日、72歳で亡くなりました。

 藤村の文学碑は数多く、全部で19基あるうち、12基までは、彼とゆかりの深い中仙道沿いにあります。一番親しまれているのは、「馬籠の宿」、島崎家が本陣をしていた地に建てられた「藤村記念館」にある文学碑です。

 「血につながるふるさと 心につながるふるさと 言葉につながるふるさと」

 この文字が刻まれています。

『夜明け前』の文学碑は木曽福島町教育会館の前に建てられています。

 「小諸なる古城のほとり、雲白く遊子かなしむ」

 有名な『千曲川旅情の歌』の詩碑は4基ありますが、小諸市内、旧城址懐古園と、中軽井沢星野温泉にある弘田竜太郎曲譜付きのものが一般的です。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1601022.jpg


b0190242_1611125.jpg


肩の小屋から下山を続けること約30分。私たちの隊列の前で、写真撮影をされている方たちがおり、曇っていて景色は臨めないのに何を撮影しているのか思ったら、ライチョウの親子がいました。山登りをはじめて、はじめてライチョウを見ました。写真を撮るために近づいてもライチョウは逃げる様子もなく、もっと写真を撮ってほしいと言わんばかりにポーズを取っているようでした。
b0190242_161496.jpg

b0190242_1622423.jpg

b0190242_1625375.jpg

b0190242_1632278.jpg

チングルマ(稚児車)の実。
b0190242_1634181.jpg

ウメバチソウ(梅鉢草)。
b0190242_16415.jpg

マルバダケブキ(丸葉岳蕗)。
b0190242_1645211.jpg

b0190242_1651296.jpg

サラシナショウマ(晒菜升麻)。
b0190242_1653922.jpg

キタダケトリカブト(北岳鳥兜)。
b0190242_1655541.jpg

花のないコバイケイソウ(小梅蕙草)。
b0190242_1662152.jpg

ヒョウタンボク(瓢箪木)の実。
b0190242_1665560.jpg

そして北岳山荘を出発して5時間。午前10時48分。大樺沢二股まで降りてきました。ここから沢づたいに広河原へ向かいます。あと2時間はあります。
b0190242_1672482.jpg

b0190242_1674587.jpg

b0190242_168827.jpg

b0190242_1683978.jpg

b0190242_1685452.jpg



(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_1692949.jpg

b0190242_169571.jpg

b0190242_1610191.jpg


下山を開始してから8時間、3日前登山を開始した広河原に戻って来ました。
b0190242_16104790.jpg

広河原からタクシーに乗って、芦安温泉に。私たちがバスにザックを入れていると、木村カエラ・瑛太夫妻がちょうど車に乗って帰るところでした。ハニーちゃんが車で去ろうとしている夫妻に声をかけていました。
b0190242_16111959.jpg

b0190242_16115766.jpg

 芦安温泉で入浴を済ませ、おしきせの会。そこでサプライズが用意されていました。実は北岳に挑戦したこの3日間、中日の8月21日はいい歳、りょうちゃんの47回目の誕生日でした。よしこさんが浦安湯屋メンバーに私の生年月日をお話していたらしく、芦安温泉でのおしきせの会で私の誕生日祝いをしていただきました。誕生日祝いのケーキは1時間もかけて里まで取りに行っていただいたそうであり、本当にありがとうございました。皆さんからハイポスポーツのシャツや、あややとふうちゃんからも贈り物を戴きました。みなさんが用意してくれたサプライズにただただ驚き、あわててロウソクを吹き消してしまったため、肝心の丸いケーキの写真を撮り忘れてしまいました。
b0190242_16121613.jpg

b0190242_16123220.jpg

 帰りのバスではいつものように大宴会。2日目の八本歯のコルまでの急登ではどうなることかと思いましたが、全員無事に上野・浦安の到着。今回の北岳・間の岳で日本百名山19座になりました。大井町湯屋仲間で山岳部出身のてらりんさんは、山登りはほとんどが大変で、いいことはほんの少ししかないとおっしゃいます。確かにその通りでしょう。今回の北岳挑戦は3日間とも雨で、北岳山頂から富士山を見ることはおろか、景色を楽しむことはできませんでしたが、足元にはたくさんの花が咲き、木村カエラ・瑛太夫妻を見ることができ、はじめてライチョウを見ることができました。そして誕生祝いまでしていただきました。山登りは大変なことばかりでもないようです。038.gif038.gif038.gif
b0190242_16132761.jpg

b0190242_16134240.jpg

b0190242_1614625.jpg

b0190242_16142668.jpg

b0190242_16144736.jpg

b0190242_16151449.jpg

b0190242_16153928.jpg

 これでようやくブログが追いつきました。いい歳、りょうちゃんの今後の予定は、まず9月19日倉持さんの特配で谷川岳に登ります。谷川岳は6月にも行ったので、今年2回目になります。その後、秋分の日の3連休は山形県の鳥海山へ行く予定です。この週から11月第2週まで毎週末、どこかへ出かける予定です。
 10月1日は那須三本槍岳、つい先日残席情報で◎になっており催行保証になっていました。その翌週10月8~10日は倉持さんの特配で阿蘇・九重・祖母の日本百名山九州3座に行きます。まだ振り込み用紙が送られてきませんがお金を払わなくていいのでしょうか、倉持さん。10月15~16日は浅間山、10月21~23日はあづみの歌声喫茶+常念岳。森ちゃんと一緒に行きます。10月29日は美ヶ原・霧ヶ峰、10月30日は赤城山、11月3~6日は韓国岳、11月13日は羅漢寺山と続きます。ここまでで日本百名山30座。今年の目標は利尻岳で、すでにクリアしたので、年内に日本百名山30座を目指します。038.gif
b0190242_16161696.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村

b0190242_19541254.jpg

 
b0190242_16171661.jpg

b0190242_16174184.jpg

b0190242_16181176.jpg

b0190242_16183978.jpg

b0190242_1619470.jpg

b0190242_16193758.jpg

b0190242_1620225.jpg

b0190242_16203532.jpg

b0190242_16213188.jpg

b0190242_16214143.jpg

038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif

by ryott-ryott | 2011-09-11 16:35 | 日本第二の主峰・北岳に挑む | Comments(2)

いい歳、りょうちゃん、北岳の核心に挑むヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_19312629.jpg


北岳挑戦2日目は、大樺沢から八本歯のコル、そして北岳山荘へ向かいます。北岳山荘で昼食後に間の岳を往復します。9時間ほどの行程になります。
b0190242_1932172.jpg

 昨日の夜から一向に雨は止む気配はなく、むしろ雨足は強くなっているような感じでした。朝4時前に起床し、仕度を済ませて、4時45分から朝食をとりました。昨日、乾燥室に干しておいた雨具、ザックカバーはまだ濡れていましたが、雨具を身につけ、ザックカバーをザックにかぶせて準備万端。準備体操をするときは雨が一時あがり、幸先がいいと思いましたが、思い通りにはなりませんでした。057.gif
b0190242_19325733.jpg

b0190242_19333872.jpg

b0190242_19344197.jpg

 白根御池小屋の標高は2236 m、そこから大樺沢の二股を左側へ登って行き、標高2800 m以上の八本歯のコルを越えて、北岳山荘へ標高差約600 m登ります。所要時間は休憩も入れて6時間の予定です。二股の標高は2200 mで、ほぼ平坦なのですが、そこからの600 mは結構きついのではないかと考え、森ちゃんを裏切って先頭集団に行き、すみ姉ちゃんの後ろにつきました。037.gif
b0190242_19351950.jpg

二股からはりょうちゃんの好敵手あきちゃんもりょうちゃんの前後に来て、一緒に登ります。ハニーちゃんが「二人で前に行って落石を受け止めてくれ。」と言っていました。031.gif037.gif
b0190242_19355499.jpg

b0190242_19362280.jpg

b0190242_19365462.jpg

しかし、この大樺沢から八本歯のコルを乗り越えるまでがかなり大変でした。息も絶え絶え、四国の東赤石山のときと同じように私のため息が後ろにまで聞こえていたと言います。反省しなければならないのは、ザックに入れた荷物が重すぎたのだと思います。山小屋に2泊するので着替えを2着、これはいいとしても、利尻や東赤石のときは暑さで水がすぐ少なくなってしまったため、水3 Lとポットに麦茶を入れて行きました。着替えと合わせて、これで4 kg以上。そして買ったばかりの防滴の一眼レフと替えの望遠レンズを入れました。これがかなり重くて2 kgはあったでしょう。結局、防滴の一眼レフはほとんど活躍することもなく、替えの望遠レンズにいたっては触ることはありませんでした。その他、行動食も入れれば7~8 kgあったのではないでしょうか。私のザックを持った森ちゃんがその重さに驚いていましたし、私自身も重たいと感じていました。急登ではこの重さが相当の負担になり、息も絶え絶えになってしまいました。042.gif042.gif042.gif
b0190242_19384227.jpg

b0190242_19391147.jpg

b0190242_19393476.jpg

b0190242_19395450.jpg

「がんばれ、がんばれ、りょうちゃん!」の声援にも返す言葉も出ず、アミューズトラベルの看板ツアーリーダーの高橋恵里香さんに声をかけていただいたにもかかわらず、苦しさのあまり、声を出すこともできませんでした。私の無様な姿を見ていた友ちゃんが、「こりゃ、ダメだ!」と冷たく吐き捨てるように言っていました。かずさんは毎日家庭ではこういう扱いをされているのかなと推測できました。041.gif041.gif041.gif041.gif041.gif041.gif
b0190242_19402376.jpg

b0190242_19404291.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(あづみ野うたごえ喫茶/ふるさと)


(あづみ野うたごえ喫茶/希望)


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_1941424.jpg

 
どこの国にも、国を危うくするような悪僧、怪僧といわれる人物が出現するものです。 日本の歴史では、弓削(ゆげの)道鏡がその筆頭にあげられるでしょう。彼の氏素姓は不明です。
 
歴史に登場してくるのは、天平宝字5年(761年)、近江国保良宮において、内禅師だった道鏡が、孝謙上皇(女帝)が病床に侍し、宿曜(すくよう)秘法をもって上皇の病気を治したことが最初です。以来彼は、上皇の絶大な信頼を得、側近として、ただならぬ寵愛を受ける身となりました。 江戸古川柳が皮肉る男女関係があったのかもしれません。

 道鏡が次第に政治に介入してくるのを心よく思わない阿部仲麻呂たちが、彼を排斥するクーデターを企てますが、失敗。仲麻呂は捕えられて斬首されました。(唐で客死した仲麻呂とは別人です)。やがて若い淳仁天皇が亡くなり、孝謙上皇が再び天皇の位について(重祚(じゅうそ))称徳天皇となりました。
 
道鏡は、その後わずか3年の間に、大臣禅師、太政官禅師、最後は法王という人臣最高の位を授与されました。 政権を手中に収めた道鏡は、ついに大宰府の神主阿曽麻呂の宇佐八幡の託宣と称して、天皇の位を窺うことを計画しました。幸いに、この神託はでたらめであるという和気清麻呂の忠言によって、さすがの称徳天皇もそれを許しませんでした。

 宝亀元年(770年)、称徳天皇が亡くなり、光仁天皇が即位すると、さしもの道鏡の力も弱まり、復讐を期す藤原氏によって、同年8月21日、下野国の造薬師寺別当として格下げされ、配流の身に処せられました。宝亀3年(772年)4月7日、配流先でひっそり死にました。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_19421960.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_19431498.jpg


6時40分に二股から登り始めて約2時間30分、ようやくハシゴの連続であった八本歯のコルを乗り越えて、北岳の岩肌の山腹を北岳山荘へ向かって進みます。そこは今までの苦しさから解放されて、たくさんの花が咲いていました。056.gif
b0190242_19433583.jpg

キンロバイ(金露梅)。
b0190242_1944569.jpg

ウスユキソウ(薄雪草)。
b0190242_1945463.jpg

イワベンケイ(岩弁慶)とムラサキタカネアオヤギソウ(紫高嶺青柳草)。ムラサキタカネアオヤギソウは毒草です。
b0190242_19453795.jpg

キタダケトリカブト(北岳鳥兜)。
b0190242_19455748.jpg

イブキトラノオ(伊吹虎尾)。
b0190242_19464118.jpg

イワベンケイの雌。
b0190242_19465740.jpg

オンタデ(御蓼)。木曾の御嶽山に生える蓼であるため、この名前が付いています。
b0190242_19472060.jpg

b0190242_19473987.jpg

トウヤクリンドウ(唐薬竜胆)。
b0190242_19475798.jpg

チングルマ(稚児車)の実。
b0190242_19481551.jpg



(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_19484959.jpg


そしてようやく霧の中に北岳山荘が見えました。午前10時48分、白根御池小屋を出発して5時間が経過していました。北岳山荘で持ってきたお弁当を食べて、12時に間の岳へ向けて出発します。往復で約3時間30分だそうです。ザックの中にはペットボトル1本、行動食1種類、そして折角持ってきたので防滴の一眼レフを首から下げて行きました。もちろん、望遠レンズは山小屋に置いて行きました。やはり荷物が少ないと楽ですね。037.gif
b0190242_19491225.jpg

白砂さんの話では、間の岳まではほとんど平坦だとおっしゃっていましたが、そんなことはなくて、多少のアップダウンがありました。北岳山荘と間の岳(標高3189 m)とは標高差300 mはあります。先ほど登って来た道に比べれば、きつい登りではありませんが、二股から八本歯のコルまでのダメージが残っており、ちょっとした登りで前の人と間隔が空いてしまいました。042.gif
b0190242_19501663.jpg

b0190242_19505278.jpg

進む前方にピークらしき影があり、あれが間の岳かと思うことが何回もありました。
b0190242_19511060.jpg

14時7分に間の岳のピークに到着。雨・風はやむことはありませんでした。むしろ強くなっています。間の岳山頂で記念撮影をしたあとはさっさと元来た道を引き返しました。それでも北岳山荘への到着は16時を過ぎていました。
b0190242_19515298.jpg

b0190242_19521187.jpg

b0190242_19522592.jpg

b0190242_19531870.jpg






にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村

b0190242_19541254.jpg

 
北岳山荘でのおしきせ。
b0190242_19544591.jpg

b0190242_19552790.jpg

b0190242_19555478.jpg

北岳山荘の食堂ではわれわれ倉持チーム19名と白根御池小屋でも一緒だったお姉さん二人、それにオレンジ色の髪をしたお嬢ちゃんとその彼氏、と閑散としていました。ミウラッチが「あんな髪したねぇちゃんでも山登るんだ!」と言っていましたが、私もその時はそのねぇちゃんが誰だかわかりませんでした。翌日、北岳山頂でそのねぇちゃんと彼氏が誰だか明白になります。その続きはまた明日報告します。
b0190242_19562788.jpg


 
次回は日本第二の主峰・北岳の頂に立つ
を報告します。

b0190242_19563945.jpg

b0190242_1957225.jpg

b0190242_1957371.jpg

b0190242_19581520.jpg

b0190242_19583026.jpg

by ryott-ryott | 2011-09-10 00:05 | 日本第二の主峰・北岳に挑む | Comments(0)

南アルプスの盟主、北岳へ出発ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_14215052.jpg


 登山を始めること1年。昨年8月末の富士登山から始まって、前回の四国フラワートレッキングまで日本百名山を17座登りました。100座までまだまだ先は長いです。070.gif
 さて今回は倉持さんの特別手配で、日本第二の主峯・北岳(標高3193 m)とそのお隣の間の岳(標高3189 m、第4位)に行きます。あいにく8月20日~22日の3日間は日本列島のまん真ん中に秋雨前線が居座って、全て雨の予報です。北岳の頂から富士山を見るのが大きな目的ですが、かなえられそうもありません。よしこさんも森ちゃんも私もかなり前から8月22日月曜日の休暇申請をしていただけに、何とか1日だけでも晴れてくれないかと祈るばかりです。058.gif
b0190242_14223417.jpg

 8月20日(土)午前7時30分に上野駅前に集合。1年前は大井町湯屋からは5名ほど参加者がいましたが、今やよしこさんと私の二人だけです。今回は男性10名、女性7名、ガイドの白砂さん、倉持さんと総勢19名でした。
b0190242_1423983.jpg

 初日は上野からバスで芦安まで行き、不要な荷物を温泉宿に預けて、そこからタクシーに乗り換えて、広河原の登山口から白根御池小屋へ向かいます。
バスの中で説明する白砂さん。
b0190242_14233015.jpg

広河原インフォメーションセンター
b0190242_1424087.jpg

b0190242_1424243.jpg

b0190242_14243933.jpg

b0190242_14245178.jpg

b0190242_1425722.jpg

インフォメーションセンターで雨具を着て、準備体操。
b0190242_14252922.jpg

b0190242_14254281.jpg

倉本さん、凄い柔軟性。038.gif038.gif038.gif
b0190242_14255369.jpg

b0190242_1426103.jpg

まずは白根御池小屋へ向けていよいよ出発。今日は約3時間の行程になります。
b0190242_14263678.jpg

b0190242_1426528.jpg

b0190242_1427910.jpg

b0190242_14272877.jpg

クサボタン(草牡丹)が出迎えてくれています。056.gif
b0190242_14273945.jpg

b0190242_14275450.jpg

橋を渡り登山口へ。
b0190242_14281822.jpg

b0190242_14283978.jpg

b0190242_14285521.jpg

b0190242_14291925.jpg

かなり急な斜面が続きます。いい歳、りょうちゃん、息切れ寸前。042.gif037.gif
b0190242_14293942.jpg

b0190242_14295396.jpg

往年の山ガールのみなさん。037.gif
b0190242_14301921.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(あづみ野うたごえ喫茶/ふるさと)


(あづみ野うたごえ喫茶/希望)


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_14312663.jpg

 
 見渡せば花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の秋の夕暮れ (新古今和歌集)
 
 来ぬ人をまつほの浦の夕凪きに 焼くや藻塩の身をこがれつつ (百人一首)

 王朝の歌人藤原定家のよく知られた歌です。『新古今和歌集』は、『万葉集』『古今和歌集』と並ぶわが国三大和歌集のひとつで、彼も撰者です。お正月のカルタで有名な『小倉百人一首』も、藤原定家の撰によるものです。百人一首は、『古今集』から『続後撰集』にいたる勅撰和歌集のなかから、百人の歌人各一首を彼が選び出しました。

 定家は“サダイエ”と読むのが本当ですが、いつの間にか“テイカ”の音読みが慣習化してしまいました。
 
彼は、応保2年(1162年)、歌道の名門御子左家(みこひだりけ)の藤原俊成の子として生まれました。彼は後白河の院政時代から、二条、六条、高倉、安徳、後鳥羽、土御門、順徳、仲恭、後堀川、四条と実に10人の天皇に仕えてきました。
 
治承4年(1180年)19歳のときに歌道の門に入ってから56年間、断続しながらも彼は一生懸命に日記をつけてきました。有名な『明月記』といわれるものです。

王朝歌人の代表といわれる彼も、この日記では、経済的窮迫、官位の昇進の遅さ、不公平を絶えず嘆いています。その無常感、絶望感があったればこそ、あの落日残照的な、あやしい美しさをかもしだす歌の世界を築きあげたのかもしれません。

仁治2年(1241年)8月20日、80歳でこの世を去りました。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_14322690.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_14333818.jpg


今回もたくさんの花々が出迎えてくれました。056.gif
ソバナ(蕎麦菜)。若い芽は食用になり、仙人が食べると言われています。雨にぬれてきれいです。
b0190242_14335284.jpg

ゴゼンタチバナ(御前橘)の実。
b0190242_143444.jpg

ミヤマアキノキリンソウ(深山秋麒麟草)。この花は利尻・礼文にもたくさん咲いていました。
b0190242_14345495.jpg

b0190242_14351576.jpg

ハンゴンソウ(反魂草)。背高が高く、昔は仏様に供える花でした。
b0190242_14353588.jpg

キツリフネ(黄吊船)。船を吊り下げた形から名前が付きました。
b0190242_1436346.jpg

そしてレンゲショウマ(蓮華升麻)。四国のフラワートレッキングで見た天然記念物キレンゲショウマ(黄蓮華升麻)とは名前が似ていますが、ちがう仲間です。キレンゲショウマはユキノシタ科であるのに対して、レンゲショウマはキンポウゲ科に属します。たった一輪、ひっそりと咲いていました。
b0190242_14362533.jpg

b0190242_143645100.jpg

カニコウモリ(蟹蝙蝠)。
b0190242_14375254.jpg

ヤマハハコ(山母子)。
b0190242_1438652.jpg

サラシナショウマ(晒菜升麻)。若芽や葉を晒して食べたことから、この名前が付いています。サラシナショウマもレンゲショウマと同じくキンポウゲ科です。ぜんぜん似てません。
b0190242_14383181.jpg

b0190242_1438492.jpg

b0190242_1439756.jpg

キタダケトリカブト(北岳鳥兜)。毒性が強く、根だけでなく株全体に毒があります。礼文島の花ガイドさんに聞いた話では、花の花粉や匂いにまで毒があり、花に顔を近づけて深呼吸すると酩酊してしまうことがあるそうです。
b0190242_14415464.jpg



(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_14422487.jpg


出発してから2時間40分ほどで本日泊まる白根御池小屋に着きました。雨の中、小屋の前でストレッチ。この白根御池小屋はとてもきれいで、私が幾つか行った山小屋の中では一番だと思います。白根御池小屋は数年前に雪崩で倒壊してしまい、2006年に現在の山小屋にリニューアルしたそうです。富士山の山小屋は論外です。
b0190242_14424245.jpg

b0190242_14425972.jpg

b0190242_14434755.jpg

山小屋でおしきせの会。068.gif
b0190242_14441936.jpg

b0190242_1444371.jpg

b0190242_1445160.jpg

b0190242_14452627.jpg

b0190242_14454315.jpg

b0190242_14455699.jpg

b0190242_14463576.jpg

b0190242_1447012.jpg

山小屋夕飯。068.gif
b0190242_14472636.jpg

b0190242_1447432.jpg

b0190242_1448286.jpg

なんと日本酒の一升瓶が置いてありました。榊正宗。南アルプスの水でつくった日本酒です。1杯700円。山小屋にしてはリーズナブルな値段です。038.gif
b0190242_1449434.jpg

b0190242_14492090.jpg

b0190242_14493784.jpg

天気が悪くて、景色の写真は撮れなかったので、夕飯のあとに食堂に集まってきた倉持チームのメンバーの顔写真を一人一枚ずつ撮りました。このとき寝てしまった人の写真はありません。「なんでもトライアスロン」に載せた写真と同じです。コメントはちがうかもしれません。遺影にでも使ってください。037.gif
b0190242_1450644.jpg

アミューズトラベルのトップガイド、白砂さん。
b0190242_14502597.jpg

ツアー参加者最年少25歳のあやや。
b0190242_14503881.jpg

あきちゃん。いい歳、りょうちゃんといつも熾烈な競り合いを演じてくれる好敵手。
b0190242_14505533.jpg

辻村さん。倉持さん世代だとも思いますが、かなりの健脚です。
b0190242_14511758.jpg

ミウラッチ。女性に大人気のミウラッチ、本人は謙遜して、そうではないとおっしゃっていました。
b0190242_1451554.jpg

ともちゃん。もっとかずさんを大事にしてあげてください。
b0190242_14521970.jpg

お酒が原動力のハニーちゃん。
b0190242_14523387.jpg

タッキーおじさん。いつも倉持さんと一緒に、山ではりょうちゃんの面倒を見てくれます。
b0190242_14524741.jpg

青木さん。花ガイドができるほど、花に精通しています。生き字引ならぬ生き図鑑です。
b0190242_1453372.jpg

甘党のチキ。この面構えで、お酒が一滴も飲めません。
b0190242_14532459.jpg

そして大井町の母、よしこさん。登山仲間として大井町湯屋から私とともに生き残っています。
b0190242_14534230.jpg





b0190242_1455584.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_14552936.jpg

 
いよいよ明日は大樺沢から八本歯のコル、北岳山荘、間の岳と今回の登山の核心部に迫ります。038.gif038.gif038.gif

 
次回は雨の間の岳登頂です。

b0190242_14554941.jpg

b0190242_14563483.jpg

by ryott-ryott | 2011-09-09 00:05 | 日本第二の主峰・北岳に挑む | Comments(0)