カテゴリ:九州3座、阿蘇、祖母、くじゅう( 3 )

久住と九重、伝説のくじゅう連山を行くヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_132166.jpg


さて九州3座最終日はくじゅう山に登ります。阿蘇くじゅう国立公園の北東部に位置するのが九重連山です。前日のおしきせのときに、なぜ「九重」と「久住」の二つの漢字があるのかと言う説明が田中ガイドからありました。038.gif
b0190242_1324697.jpg

これには2つの宗派の寺の争いがありました。「九重」派は1470年創建の九重山法華院白水寺、「久住」派は久住山猪鹿狼(いらか)寺があり、「くじゅう」の名前はそれぞれ2つの寺に由来しています。いずれの漢字を当てるかについては、それぞれからクレームが出ることから現在ではひらがなで「くじゅう山」とし、山域全体をあらわすときは「九重連山」といい、九重連山の盟主である第二の主峰を「久住山」(標高1787 m)と呼んでいます。九重連山の山域で最も高いのは中岳(標高1791 m)です。中岳は九州本土で一番高い山です。
b0190242_1325923.jpg

登山口の牧ノ戸は九重観光ホテルから車で10分のところにあります。ホテルを7:20に出発して、登山口には7:30に到着しました。現在は道が整備されていますが田中ガイドが学生のときはそうではなかったそうです。牧ノ戸の手前に三俣山があり、その三俣山に登るときは牧ノ戸まで行かずに、その途中から登るのが一番近いルートだそうです。
その昔、田中ガイドが学生であった時にバスの運転手に「ここで降ろしてください。」と頼んだところ、運転手が「ここはバス停じゃなかぁ!」と言って停まってくれなかったそうです。そしてその翌週、若い女性を一緒に連れて行って、その女性に運転手に同じように「ここで降ろしてください。」と言わせたところ、運転手は優しい声で「よか、よか、ここで降りんしゃい。」と言い、降ろしてくれたそうです。そういう思い出がある道だとお話していました。「若くて」「きれいな」女性に優しくするのは、男の本能なので仕方ありませんね。037.gif
b0190242_1334451.jpg

いつものように準備体操。毎回のことながら、凄い柔軟性です。
b0190242_1341121.jpg

登山口からは双二峯の由布岳が見えていました。
b0190242_134489.jpg

最初はコンクリートの道から始まります。
b0190242_135180.jpg

b0190242_1351576.jpg

展望台で衣服調整。暑がりのいい歳、りょうちゃんはその必要はありません。展望台からは阿蘇の根子岳も見えました。
b0190242_1354682.jpg

b0190242_136080.jpg

最初の難所、沓掛山。多分、ここが一番急な岩場で、あとはとても登りやすい山だったと思います。
b0190242_1363514.jpg

平坦な道も結構あります。
b0190242_136561.jpg

紅葉もところどころ進んでおり、紅葉のくじゅうはカレンダーの写真にも選ばれるそうです。056.gif
b0190242_1371567.jpg

b0190242_137391.jpg

b0190242_138115.jpg

b0190242_1382113.jpg

b0190242_1383740.jpg

西千里ヶ浜の左手には岩山の星生山(ほっしょさん)。
b0190242_1391161.jpg

旧火口の中に人が歩いています。
b0190242_139244.jpg

星生山の岩壁の上に人影が見えます。
b0190242_1394287.jpg

星生山の前の岩場を下ると、目の前に目指す盟主・久住山が見えます。
b0190242_1310363.jpg

b0190242_13102252.jpg

b0190242_1310576.jpg

三俣山と硫黄山、噴煙が上がっています。
b0190242_13113694.jpg

b0190242_13115532.jpg

いよいよ久住山へ。
b0190242_13122052.jpg

b0190242_13124778.jpg

b0190242_1313222.jpg

b0190242_13132997.jpg

犬も来ています。
b0190242_13134564.jpg

b0190242_1314645.jpg

いつものように頂上で記念撮影。
b0190242_13143175.jpg

とてもいい顔をしています。今日は「服の色だけは鮮やかです。」と言うのはやめておきましょう。037.gif
b0190242_1315042.jpg

b0190242_13151262.jpg

久住山頂上からの風景。
b0190242_13155721.jpg

b0190242_1316153.jpg

b0190242_13164951.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)
b0190242_13171512.jpg

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村

b0190242_13175979.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_13182181.jpg

b0190242_1318376.jpg

 
昭和39年(1964年)10月10日、アジアで最初の第18回オリンピック東京大会の開会式が、新装なった東京代々木の国立競技場で開かれました。参加94カ国、7000人の選手たちによる“美と力の祭典”は、日本選手団の活躍と相まって、全国民を熱狂的にさせました。 鬼の大松監督に率いられた“東洋の魔女”女子バレーボールの熱戦。“ハダシの王者”エチオピアのアベベ選手のマラソンでのゴールイン・・・・・・今でも鮮明に思い出すことができます。

 政府はこれを記念して、国民の保健体育の向上と、スポーツ振興をはかるために、昭和41年(1966年)、この日を「体育の日」として国民の祝日にしました。

 この近代オリンピックの創設に一生を捧げたのが、「オリンピックは平和の祭典だ。人種も国境もない。」「オリンピックは勝つことではなくて、参加することに意義がある。」と説き続けた、フランスのピエール・ド・グーベルタンです。彼は19歳のとき、古代オリンピックの遺跡の発掘現場を見学して感銘を受けました。

 ギリシャの古代オリンピックは、紀元前776年から紀元393年まで、1170年の長い間に、293回も開かれ、その跡が千年あまりも地下に眠っていたのです。彼はその復活を決心し、世界各国を説き続け、ついに1894年、パリに国際オリンピック委員会(IOC)を組織することに成功しました。彼は会長になり、第1回のオリンピックを、1896年4月6日、ギリシャのアテネで開きました。

 最近のオリンピックは、クーベルタンの志も空しく、政治介入が強まり、「勝つことに意義がある」ようになってきたことは残念なことです。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_13184836.jpg

b0190242_13192043.jpg


(村田秀雄/王将)

王将(作詞:西条八十、作曲:船村徹、歌:村田秀雄)


吹けば飛ぶような 将棋の駒に
駆けた命を 笑わば笑え
うまれ浪速の 八百八橋
月も知ってる 俺らの意気地

あの手この手の 思案を胸に
やぶれ長屋で 今年も暮れた
愚痴も言わずに 女房の小春
つくる笑顔が いじらしい

明日は東京に 出てゆくからは
なにがなんでも 勝たねばならぬ
空に灯がつく 通天閣に
あれの闘志が また燃える

b0190242_13195570.jpg


 そして九州本土最高峰の中岳へ向かいます。
b0190242_13203512.jpg

 御池の脇を通って、中岳へ。頂上にはたくさんの人が見えました。
b0190242_1321042.jpg

 記念撮影。
b0190242_13212412.jpg

b0190242_13214429.jpg

 頂上からの風景。
b0190242_13221953.jpg

b0190242_1322495.jpg

 そして下山開始。御池の中には逆さ中岳。
b0190242_13231752.jpg

b0190242_13235166.jpg

星生山の前の広場でお昼を食べました。手前の丸い揚げもの、チョコレートでした。
b0190242_13241873.jpg

b0190242_13243270.jpg

帰りは友ちゃんの前後で歩き、歌好きの友ちゃんから、くじゅう山とは全く関係がない面白い話を聞きました。それが村田英雄伝説です。
b0190242_1325370.jpg

その昔、終生のライバルと言われた二人の浪曲師がいました。村田英雄と三波春夫です。三波春夫は1923年7月19日に現在の新潟県長岡市に生まれ、1939年16歳のときに浪曲師としてデビューします。その後、戦況悪化により三波春夫自身も1944年に陸軍に入隊し、満洲へ渡ります。三波春夫は満州で敗戦を迎え、ハバロフスクの捕虜収容所に送られて、4年間のシベリア抑留生活を送ることになりました。1949年に帰国し、浪曲師として再び活躍をはじめます。
b0190242_13253628.jpg

一方、村田英雄は1929年1月17日、現在の福岡県うきは市に生まれ、その後、唐津市へ移り、5歳のときに浪曲師酒井雲に弟子入りします。その後、村田英雄は13歳で真打に昇進し、14歳で酒井雲坊一座の座長も務め、九州の地方公演で活躍を続けます。
二人の浪曲師、三波春夫と村田英雄は浪曲の全国大会でたびたび激突することになります。しかし、いつも1位に輝くのは村田英雄であり、三波春夫は常に2番。三波はどうしても村田に勝つことはできませんでした。
b0190242_1326340.jpg

浪曲の世界では村田に勝つことが出来ないと悟った三波は、1957年に芸名を「三波春夫」と改めて、新規一転し歌謡界へとデビューします。するとどうでしょう、出す歌はすべて大ヒット。飛ぶ鳥を落とす勢いです。「お客様は神様です!」という有名なフレーズでも知られる通り、三波の天性の明るさが多くのファンを魅きつけました。
b0190242_13262981.jpg

三波の歌謡界での活躍を見ながら、村田は日本一の浪曲師を夢見て東京へ上京します。そして村田にも転機がやってきます。今や歌謡界のトップにまで上り詰めた三波春夫に歌で勝負できるのは村田しかいないと考えていた人物がいました。その人こそ、あの古賀政男です。古賀政男からの誘いに対して、最初、村田はためらいました。村田はすでに結婚もしており、果たして歌謡界でやっていけるのか迷ったそうです。浪曲の世界では常に自分がトップに君臨し、三波春夫にその座を譲ることがなかった、その三波が今や歌謡界で大活躍していることを目の当たりにし、ついに古賀政男からの歌謡界への誘いを受けることにしました。
b0190242_13265495.jpg

1958年、古賀政男とのコンビで最初に出したのが「無法松の一生」です。しかし、考えていたとおりにはうまくいかないもので、「無法松の一生」はまったくヒットしませんでした。三波春夫とは対照的に、村田英雄はヒット曲には恵まれませんでした。三波春夫が毎年のようにNHK紅白歌合戦でトリを務めているのに、村田英雄は紅白出場すら出来なかったのです。「やはり自分には歌謡界には向いていない、浪曲の世界に戻ろう。」と決心し、歌謡曲の師匠である古賀政男に歌謡界をやめたいと申し出ます。それを聞いた古賀政男は烈火のごとく激昂し、村田英雄を殴り蹴り、破門同然で古賀政男から縁を切られてしまいました。
b0190242_13271875.jpg

村田英雄と古賀政男のやりとりの一部始終を横目で見ていた作曲家がいました。失意の村田に手を差し伸べたのは、美空ひばりの「みだれ髪」でよく知られている船村徹でした。浪曲で鍛え上げた村田の重厚な声は古賀政男の曲調には合わないと、船村は考えていました。その村田に船村から贈った曲があの「王将」(作詞:西条八十)でした。王将は瞬く間に大ヒットします。最終的には300万枚を超え、戦後はじめてのミリオンセラーになったと言われています。しかも、この王将は1961年(昭和36年)と1962年(昭和37年)の2年連続NHK紅白歌合戦で歌われました。この船村徹の「王将」をきっかけに村田英雄は三波春夫と肩を並べる存在になりました。
b0190242_13274937.jpg

歌謡界で成功を収めた村田の公演会に、それを見守るひとりの男性の姿がありました。歌謡界に村田を引き入れた古賀政男です。古賀政男は自分が村田を歌謡界へ誘った責任を感じていたのでしょう。成功した村田の姿を見て、古賀政男は安心して帰って行ったと言います。
b0190242_1328454.jpg

くじゅう山登山で、友ちゃんからこの村田英雄伝説を聞いて、とても感動しました。こんないい話を知っている友ちゃんは、どうしてかずさんにはいい奥さんになれないのでしょうか不思議です。友ちゃんは今頃倉持さんと一緒に猛女同志でアメリカのグランドサークルを楽しんでいることでしょう。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif


(三波春夫/東京五輪音頭)

東京五輪音頭(作詞:宮田隆、作曲:古賀政男、歌:三波春夫) 060.gif


ハァー
あの日ローマで ながめた月が
ソレ トトントネ
きょうは都の 空照らす
ア チョイトネ
4年たったら また会いましょと
かたい約束 夢じゃない
ヨイショコーリャ 夢じゃない
オリンピックの 顔と顔
ソレトトントトトント 顔と顔

ハァー
待ちに待っていた 世界の祭り
ソレ トトントネ
西の国から 東から
ア チョイトネ
北の空から 南の海も
越えて日本へ どんときた
ヨイショコーリャ どんときた
オリンピックの 晴れ姿
ソレトトントトトント 晴れ姿

ハァー
色もうれしや かぞえりゃ五つ
ソレ トトントネ
仰ぐ旗見りゃ はずむ胸
ア チョイトネ
すがた形は ちがっていても
いずれおとらぬ 若い花
ヨイショコーリャ 若い花
オリンピックの 庭に咲く
ソレトトントトトント 庭に咲く

ハァー
きみがはやせば わたしはおどる
ソレ トトントネ
菊の香りの 秋の空
ア チョイトネ
羽をそろえて 拍手の音に
とんでくるくる 赤とんぼ
ヨイショコーリャ 赤とんぼ
オリンピックの きょうのうた
ソレトトントトトント きょうのうた

b0190242_13284361.jpg

 
村田英雄伝説のいいエピソードを聞きながら、私たちの九州3座の旅も終わろうとしていました。西千里ヶ浜から牧ノ戸までの最後の岩場・沓掛山を越えると、あとは舗装された坂道を下って、くじゅう山登頂は終了します。13:43に登山口に戻って来ました。
b0190242_1329105.jpg

朝に出発するときは温泉に入浴はできないだろうと告げられていましたが、九重観光ホテルへ戻って入浴を済ませ、長者原でお酒を購入して、福岡空港へ向かいました。田中ガイドから長者原に建っていた犬の銅像について説明がありました。
b0190242_13295559.jpg

b0190242_13301622.jpg

長者原の入り口にはガイド犬・平治号の銅像が建っています。銅像の下には平治号の記録が書いてありました。昭和48年(1973年)に1匹の秋田犬がここ長者原に捨てられていました。気の毒に思ったお土産屋の主人がその秋田犬に餌をやり、飼うようになりました。平治(へいじ)と命名されます。それ以来、平治はくじゅうに住みつき、登山者たちとともに山歩きをして、くじゅうの登山コースをすべて覚えてしまい、登山者をガイドするようになりました。登山者が道に迷ったり、濃霧や吹雪で立ち往生してしまったときに、平治が登山者を誘導して下山させたと言います。
捨て犬だった平治はみんなから愛され、ガイド犬として称賛されました。平治はメスであったため、子犬を生んだことが何度かあったそうです。子犬が産まれるたびに優秀なガイド犬の子犬をみんなが欲しがり、貰われてゆきました。あるとき、平治に3匹の子犬が産まれました。平治は自分の子どもをまた取られてしまうと悟って、3匹とも、くじゅう山のどこかに隠してしまいました。しかし残念ながら2匹は山小屋の床の下と草むらで死体で見つかり、もう1匹は見つからなかったそうです。
平治はガイド犬を昭和63年(1988年)に引退し、老衰のため同年8月3日に亡くなりました。
b0190242_13304010.jpg

 このガイド犬の話も村田英雄伝説と同じくらいいい話で感動しました。バスが空港に着く最後の最後まで田中ガイドはいろいろな話をしてくれました。夕陽を見るのであればハワイのマウナケアへ行くべきであるとか、福岡県で一番おいしい日本酒は「黒田節」であるとか、枚挙にいとまがありません。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_13312040.jpg

 バスが福岡空港に到着し、田中ガイドともお別れです。最後に一緒に記念写真を撮っていただきました。
b0190242_13314429.jpg

 福岡空港のおでん屋さんで、宮崎さんと菅野さんとおしきせをやりました。他のみなさんは博多ラーメンと餃子を召し上がったそうです。これで九州3座の旅は終了しました。いい歳、りょうちゃんの日本百名山は24座になりました。まだまだ先は長いです。
b0190242_1332017.jpg

b0190242_13321059.jpg


 
次回はアミューズのツアーで浅間山へ出かけます。

b0190242_13323444.jpg

b0190242_1333340.jpg

b0190242_13331998.jpg

b0190242_13342156.jpg

b0190242_13344528.jpg

by ryott-ryott | 2011-10-19 00:05 | 九州3座、阿蘇、祖母、くじゅう

歴史から神話へ、豊玉姫伝説の祖母山を行くヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_17581274.jpg


 さて九州3座の旅、2日目です。2日目は祖母山です。何故、この名前が付いたのか以前から不思議に考えていましたが、神武天皇のおばあさんにあたる豊玉姫が祀られていることら、この名前がつけられました。祖母山の山頂には豊玉姫が祀られている祠がありました。大阪から来たという登山客は天武天皇のおばあさんが祀られていると言っており、これは間違いなのですが、「天皇」という呼び名が使われ始めたのは天武天皇のときからといわれています。天武天皇の在位期間は673年から686年です。それまでは「大王」と言われていたそうです。004.gif
b0190242_17584260.jpg

 神武天皇やそのおばあさんの豊玉姫が描かれている「日本書紀」では歴史と言うよりは伝説・神話の世界であり、歴史としての信憑性には疑問を投げかける人が多くいることは確かです。
 今年の5月の連休に登った宮之浦岳の神様は天照大神(アマテラスノオオミカミ)の子ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの間にできた「山幸彦」であることを書きました。その山幸彦を見染めた女性こそが豊玉姫です。
b0190242_17592524.jpg

 山幸彦は豊玉姫との楽しい日々を暮らしますが、いずれ山へ帰る日が来ました。しかし、山幸彦を豊玉姫が追って来ました。「私のおなかのなかにはあなたの子どもがいます。産屋を用意してください。そして、決して覗かないでください。」と山幸彦に頼みました。覗かないでくれと言われると、覗きたくなるのが人情です。山幸彦は豊玉姫が子どもを生むところを覗いてしまいます。ところが驚いたことに、そこには一匹の大きなサメが子どもを生み落とそうとしていました。驚いた山幸彦は逃げてしまいます。
 無事に子どもを生んだ豊玉姫の本当の姿はサメであったのです。姿を見られてしまった豊玉姫は子どもを山幸彦の元に残して、ワダツミの宮へ帰って行きました。そのときに自分の乳房を引きちぎり、岩に貼り付けたのが伝説の「お乳岩」であり、自分の妹タマヨリヒメに子どもを育てさせました。
b0190242_17594290.jpg

 その子どもウガヤフキアエズノミコトと乳母であるタマヨリヒメの間に出来たのがカムヤマトイワレヒコノミコト、カムヤマトは「神日本」、イワレは「磐余」は奈良県桜井市中部から橿原市東南部にかけての古地名、ヒコは「彦」で男子をあらわす、神武天皇の本名になります。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
 その神武天皇のおばあさん、母親の姉にあたる豊玉姫が祀られているのが祖母山なのです。祖母山へのルートはいくつもあるようですが、私たちがピストンするコースは北谷登山口(標高1100 m)から登り始めます。北谷登山口へは阿蘇ホテルからバスで三秀台まで行き、そこでタクシーに乗り換えて、向かいます。阿蘇ホテルを6:00に出発し、北谷登山口には8:00に到着しました。
b0190242_180113.jpg

 いつものように準備体操。「鉄の女」は凄い柔軟性です。体をこれだけ折り曲げてこの笑顔。りょうちゃんならギブアップします。037.gif038.gif
b0190242_1803627.jpg

b0190242_1802251.jpg

 登山道は4~5合目まではほぼなだらかなで単調な登りが続きます。
b0190242_1811613.jpg

b0190242_1814053.jpg

b0190242_182938.jpg

 三角点に関する説明が田中ガイドからありました。三角点は位置を決める基準であり、日本では東京都港区麻布に位置決めの原点があり、全国の位置を示す緯度・経度が三角法により求められます。独立峰などの山の頂上に三角点が設置されていることが多いのですが、すべての百名山が一等三角点というわけではなく、全国に一等三角点は約1000、二等三角点は約5000、三等三角点は約30000、四等三角点は約70000あります。日本一高い富士山は一等ではなく、二等三角点です。そして一等三角点の石柱の重さは80 kgあるそうです。038.gif
b0190242_1822733.jpg

b0190242_1823967.jpg

b0190242_1832633.jpg

 合目の標識。1合目から9合目まですべて間隔は0.53 kmで、最後の9合目から頂上までの間隔は0.49 kmになっています。ここまで等間隔で刻まれているのは祖母山だけだそうです。そして、この合目と言うのは富士山が基準になっており、麓から燈明に使う油を運ぶときに、標高が高くなるにつれて、油の重さを軽くするために1合ずつ捨てて行ったと言われています。油を1合ずつ捨てた高さがその合目にあたるそうです。
b0190242_18341100.jpg

 千間平。
b0190242_1842869.jpg

b0190242_1851183.jpg

b0190242_1854280.jpg

 千間平を抜けると3県境があります(熊本県、宮城県、大分県)。
b0190242_1855913.jpg

 国見峠。目指す祖母山が真正面に見えます。そして空はどこまでも蒼く広がっていました。058.gif
b0190242_1863789.jpg

b0190242_187876.jpg

b0190242_187286.jpg

b0190242_1875379.jpg

 9合目から急に斜面がきつくなりますが、頂上はもうすぐです。070.gif
b0190242_188108.jpg

b0190242_1882555.jpg

b0190242_1884857.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_1891970.jpg

b0190242_1893822.jpg

 
“かけこみ寺”“縁切寺”で名高い、鎌倉の東慶寺について、作家の瀬戸内晴美(寂聴尼)がこんな随筆を書いています。

「・・・・・東慶寺の石段は、江戸から駆けどおしで逃げてきた女が、追手につかまるまいとして、息もたえだえに裾ふりみだして駆けのぼったところだという。急坂でもないけれど、江戸から逃げてきたという気持ちの疲れと、駆けた足の疲れで、どんなにかこの石段が、高くけわしく女たちに見えただろうか。
 ここまでくれば、はき物をぬいで、軀よりさきになげあげ、その一つでも門の中に入れば、女の逃避行は有効となり、絶対権力のもとで、かたい尼寺の掟の中にかくまわれることになっていた。・・・・・」(雑誌「ミセス」1982年10月号『女の四季』)

 封建時代、離婚したくてもできない女たちは、この寺にかけこみ、24カ月寺の生活をすれば、縁切証文がもらえるという、大変ご利益のあるお寺でした。いや、それだけの治外法権的寺法を許される格式の高いお寺でした。

 開創したのは覚山禅尼。文永と弘安の2回、“蒙古襲来”の国難を乗り切った北条時宗の夫人です。夫人は、34歳の若さで亡くなった時宗が創建した円覚寺の隣に、出家してこの尼寺を創りました。覚山禅尼は、仏法による“女人救済”を考えて、時の権力をバックに、この独特の寺法をあみ出したものと思います。禅尼は徳治元年(1306年)10月9日、55歳で亡くなりました。

 東慶寺は北鎌倉の松ヶ岡にあるところから、昔から“松ヶ岡”と呼ばれます。四季折々の美しい花と、各界有名人の墓塔があるので有名な名です。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1895417.jpg

b0190242_18101232.jpg


(石川さゆり/火の国へ)

火の国へ(作詞:阿久悠、作曲:三木たかし、歌:石川さゆり)

あなたなしでも生きられる
そんな女になりたいと
熱い思いの火の国へ
生まれ変わりに参ります
東京駅から西へ向け

泣かぬ女の
泣かぬ女のひとり旅

雨の降る日はしのび逢い
それが似合いの恋なんて
甘く見えても真実は
若い私をやせさせた
三年三月は重過ぎて

とても背負って
とても背負って行けません

肥後の火の山阿蘇の山
私むかえてくれる山
明日はあなたの想い出も
すべて燃やしてしまいます
未練が眠りをさまたげる

そして夜汽車は
そして夜汽車は火の国へ

そして夜汽車は
そして夜汽車は火の国へ

b0190242_18103520.jpg


そして、ついに頂上に。いつものように鉄人と記念撮影。061.gif
b0190242_1810534.jpg

浦安湯屋のかずさんと友ちゃん夫妻。友ちゃんは帰りの下山ではずっと歌を歌っていました。サラリーマンNEOというNHKのコント番組がお好きなようで、私にも見るように勧めてくれましたがもう番組は終わっているようです。そして、その番組から俳優の沢村一樹や麻生祐未が輩出されたともおっしゃっていました。麻生祐未は最近では「JIN」で橘さき(綾瀬はるか)の母親役を演じた女優さんで、叔母さんは奥村チヨなんだそうです。友ちゃんはなんでもよく知っています。くじゅう山では村田秀雄伝説を教えてくれました。村田秀雄伝説はまた次回のくじゅう山の記事で書きます。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_18111037.jpg

頂上でお弁当を食べて、風景の写真を撮りました。
b0190242_18112568.jpg

b0190242_18115514.jpg

b0190242_18121764.jpg

b0190242_1813344.jpg

豊玉姫を祀る祠。豊玉姫の正体はサメだったんです。
b0190242_18134053.jpg

b0190242_1814454.jpg

b0190242_18142369.jpg

ところどころ紅葉も進んでいました。056.gif
b0190242_18144494.jpg

b0190242_1815493.jpg

b0190242_18161563.jpg

そして再び三角点の場所で田中ガイドによる祖母山オカリナ演奏会がありました。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_1816142.jpg

b0190242_18163848.jpg

b0190242_1817284.jpg

登山開始から約7時間30分、15:36に北谷登山口に戻って来ました。途中、私とかずさんは写真に夢中で前を進む隊列からかなり離されてしまいました。037.gif
b0190242_18171727.jpg

b0190242_18173116.jpg



(奥村チヨ/恋の奴隷)

恋の奴隷(作詞:なかにし礼、作曲:鈴木邦彦、歌:奥村チヨ) 060.gif


あなたと逢った その日から
恋の奴隷に なりました
あなたの膝に からみつく
小犬のように

だからいつも そばにおいてね
邪魔しないから
悪い時は どうぞぶってね
あなた好みの あなた好みの
女になりたい

あなたを知った その日から
恋の奴隷に なりました
右と言われりゃ 右むいて
とても幸せ

影のように ついてゆくわ
気にしないでね
好きな時に 思い出してね
あなた好みの あなた好みの
女になりたい

あなただけに 言われたいの
可愛い奴と
好きなように 私をかえて
あなた好みの あなた好みの
女になりたい


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_1817584.jpg

 
帰りのタクシーの中では、田中ガイドとシカ肉、猪肉の上手い食べ方を聞いて、きょうのおしきせは何が出るのかと楽しみにしながら帰って来ました。
b0190242_18221198.jpg

バスの車窓から豊玉姫を祀る「祖母神社」の登山の無事のお礼をしました。
b0190242_18181926.jpg

バスの車窓からオレンジ色の夕陽が見えました。
b0190242_18184353.jpg

b0190242_1819380.jpg

九重観光ホテルでのおしきせ。
b0190242_18191738.jpg

b0190242_18193244.jpg

b0190242_18194683.jpg

馬刺しも出ました。倉本さん、ありがとう。
b0190242_1820123.jpg

またもや手書きの地図で明日のくじゅう山登山の説明をする田中ガイド。
b0190242_18204455.jpg

おしきせを一杯やりながら、田中ガイドのオカリナ演奏会を聴きました。038.gif
b0190242_1821242.jpg

そして、おしきせが終わった後、ホテルのロビーで鉄人のピアノ演奏会、友ちゃんが気分よく歌っていました。
b0190242_18211986.jpg

b0190242_18214042.jpg


 
最終日はくじゅう山に登山します。

b0190242_18225473.jpg

b0190242_1823994.jpg

b0190242_18235364.jpg

b0190242_18244962.jpg

b0190242_18251294.jpg

by ryott-ryott | 2011-10-18 01:00 | 九州3座、阿蘇、祖母、くじゅう

蒼天の火の国へ、火の山・阿蘇を行くヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_11234684.jpg


さて体育の日を含む3連休はアミューズの特配ツアーで九州3座、阿蘇山、祖母山、くじゅう山へ出かけてきました。またもやブログが遅れ気味です。040.gif
b0190242_11244036.jpg

 特配で飛行機に乗ったのははじめてでした。浦安湯屋メンバーといい歳、りょうちゃん合わせて14名の参加です。幸いにして、この3連休は天気にも恵まれて、久しぶりに雨具を使うことのない登山でした。058.gif
b0190242_11254396.jpg

 初日は阿蘇山に登るため、熊本空港へ。往きの飛行機の中からは阿蘇山が見えました。阿蘇山の「アソ」はアイヌ語で「火の山」という意味があります。
b0190242_1126935.jpg

 御主人のかずさんから載せてもいいと許可を戴きました。寝ているときは休火山のように静かです。
041.gif037.gif041.gif037.gif041.gif
b0190242_11262413.jpg

 熊本空港到着後、すぐにバスに乗って阿蘇山の中で最も高い高岳(1592 m)の登山口へ向かいます。九州3座を案内してくれる地元ガイドさんはオカリナの名手でもある田中ガイドです。高岳の標高1592 mは「ひ(1)ご(5)のく(9)に(2)」と覚えると教えてくれました。038.gif
b0190242_11272242.jpg

b0190242_11274430.jpg

 阿蘇山は世界有数のカルデラであり、有史以前約30万年前に噴火して出来たと言われています。東西18 km南北25 kmにおよび、日本では第2位の大きさです。1位は北海道の屈斜路湖、第3位は鹿児島の桜島です。世界1位のカルデラはインドネシアのトバカルデラだそうです。このカルデラの中には6万人が住んでいます。
b0190242_11281375.jpg

b0190242_11283196.jpg

 いきなり団子。
b0190242_11284616.jpg

b0190242_11290100.jpg

 この阿蘇山は根子岳、高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳の5つの山から成ります。
 阿蘇山の中で最も高いのは高岳(1592 m)で、根子岳の最高点の天狗岩は1433 mです。
 根子岳の山容がギザギザになっているのは、その昔に高岳と根子岳が高さを競った伝説があり、高岳が生意気な根子岳の頭を竹箒(ぼうき)で叩いたためと伝えられています。
b0190242_11293497.jpg

 駐車場の傍にロープウェイの駅がありますが、会社が倒産してしまったため、現在は運行されていません。したがって、下から歩いて登らなければなりません。
b0190242_11295635.jpg

b0190242_11304277.jpg

 いつものように準備体操をして、登山開始。
b0190242_1132131.jpg

b0190242_11322647.jpg

b0190242_113250100.jpg

b0190242_11342571.jpg

 岩の多い登山道が続きます。
b0190242_11345771.jpg

b0190242_11352263.jpg

b0190242_11355676.jpg

 火山弾。
b0190242_113633100.jpg

b0190242_11371215.jpg

b0190242_11375642.jpg

出発した駐車場があんなに遠く。
b0190242_1139153.jpg

b0190242_11403355.jpg

何度でも言います。服の色だけは花よりも鮮やかです。037.gif
b0190242_11405468.jpg

本物の花はやはり美しい。ミヤマアキノキリンソウ(深山秋麒麟草)。056.gif
b0190242_1141865.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_11415083.jpg

 
  いのち短し恋せよ乙女
  朱き唇あせぬ間に
  熱き血潮にの冷えぬ間に
  明日の月日はないものを

 よく歌われる『ゴンドラの唄』です。
 大正4年(1915年)、松井須磨子主演の芸術座公演の劇中歌として作られたものです。戦後は、昭和27年(1952年)、ベルリン国際映画祭で銀賞をとった、黒沢明監督の作品『生きる』で歌われて、再び流行するようになりました。この作詩者が吉井勇でした。

 吉井勇は耽美歯の代表的歌人、芸術院会員、歌会始の選者などをつとめました。彼は、明治19年(1886年)10月8日、東京芝高輪の伯爵家の次男として生まれました。中学時代、与謝野鉄幹の主宰する「明星」に魅かれて歌人の道に入りました。

 あゝ祇園わが思う子の噂など つたへて春の風は吹くらむ

 当時の文人墨客の先輩の影響か、“酒・女・旅”に耽溺し、頽廃享楽的な、人生の哀歓をうたいあげた独自の作風をもつ歌人として知られました。とくに祇園をこよなく愛した彼は、祇園について数々の歌を残しました。なかでも、第一歌集『酒ほがひ』に収められた“祇園冊子”の巻頭歌は吉井勇の代表歌の一つでしょう。

  かにかくに祇園はこひし寝るときも 枕の下を水の流るゝ

 この歌碑は、祇園白川沿いの河畔に建てられています。昭和35年(1960年)11月19日、75歳で逝去しました。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1142816.jpg


(石川さゆり/火の国へ)

火の国へ(作詞:阿久悠、作曲:三木たかし、歌:石川さゆり)

あなたなしでも生きられる
そんな女になりたいと
熱い思いの火の国へ
生まれ変わりに参ります
東京駅から西へ向け

泣かぬ女の
泣かぬ女のひとり旅

雨の降る日はしのび逢い
それが似合いの恋なんて
甘く見えても真実は
若い私をやせさせた
三年三月は重過ぎて

とても背負って
とても背負って行けません

肥後の火の山阿蘇の山
私むかえてくれる山
明日はあなたの想い出も
すべて燃やしてしまいます
未練が眠りをさまたげる

そして夜汽車は
そして夜汽車は火の国へ

そして夜汽車は
そして夜汽車は火の国へ

b0190242_11423250.jpg


ついに稜線に。高岳頂上はもうすぐです。
b0190242_11431488.jpg

b0190242_1143554.jpg

高岳頂上へ。1592 m。いつものように記念撮影。038.gif
b0190242_11443253.jpg

b0190242_11455078.jpg

b0190242_11462670.jpg

b0190242_11473285.jpg

頂上からの風景。中岳からは噴煙が上がっていました。
b0190242_11483742.jpg

b0190242_114966.jpg

b0190242_11495692.jpg

頭を箒で叩かれた根子岳。りょうちゃんはいつも浦安湯屋の猛女のみなさんに叩かれています。
041.gif038.gif041.gif037.gif041.gif
b0190242_1150349.jpg

b0190242_1151655.jpg

下山開始。青空の下の稜線歩きはとても気分がいいです。058.gif
b0190242_11514985.jpg

影法師も下山中。058.gif
b0190242_1152838.jpg

b0190242_1153143.jpg

溶岩がごろごろしているため、下山は登山よりも慎重に。登り4、下り6です。
b0190242_11533077.jpg

b0190242_11544830.jpg

本当に服の色は鮮やかです。037.gif037.gif037.gif
b0190242_11552625.jpg

b0190242_11555262.jpg

b0190242_11563011.jpg

b0190242_11565041.jpg

東の空を見ると月齢10.7の月が昇って来ていました。十三夜の前日の月です。072.gif
b0190242_11573146.jpg

b0190242_11575924.jpg

b0190242_11581958.jpg

初日、阿蘇山への登下山を無事に終えて、本日の宿坊・阿蘇ホテルへ。
b0190242_1201568.jpg

b0190242_11584963.jpg


(福山雅治/家族になろうよ)

家族になろうよ(作詞:福山雅治、作曲:福山雅治、歌:福山雅治) 060.gif


「100年経っても好きでいていいね」
みんなの前で困らせたり
それでも隣で笑っていてくれて
選んでくれてありがとう

どれほど深く信じ合っても
わからないこともあるでしょう
その孤独と寄り添い生きることが
「愛する」ということかもしれないから・・・・・

いつかお父さんみたいに大きな背中で
いつかお母さんみたいに静かな優しさで
どんなことも越えてゆける
家族になろうよ

小さな頃は身体が弱くて
すぐに泣いて甘えてたの
いつも自分のことばかり精一杯で
親孝行なんて出来てないけど

明日のわたしは
それほど変われないとしても
一歩ずつ与えられる人から
与える人へとかわってゆけたなら

いつかおじいちゃんみたいに無口な強さで
いつかおばあちゃんみたいに可愛い笑顔で
あなたとなら生きてゆけるそんなふたりになろうよ

いつかあなたの笑顔によく似た男の子と
いつかわたしとおなじ泣き虫の女の子と
どんなことも越えてゆける
家族になろうよ

あなたとなら生きてゆける
しあわせになろうよ


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_11595051.jpg

 
阿蘇ホテルでのおしきせ。
b0190242_11592345.jpg

翌日の祖母山登山の説明を手書きの地図で説明する田中さん。
b0190242_1203713.jpg

地元ガイドの田中さんのオカリナ演奏会がありました。田中さんはオカリナをはじめて5年ほどだとおっしゃっていました。ガイド歴は40年以上であり、九州の山だけではなく、北は利尻山から南は宮之浦岳まですべてガイドできるそうです。もちろん、私たちが来年大目標にしている剱岳も何度もガイドされているそうであり、剱岳の難所といわれているカニの縦ばいはポールが撃ち込まれているのでそのポールにしたがって登って行けば難しいことはなく、カニの横ばいは最初の一歩のところだけ足場が見えないところがあり、そこさえクリアできれば問題ないとおっしゃっていました。ただし、いずれも高度感があるため高所恐怖症の方は身体が固まって動けなくなってしまうことがあるそうです。来年、特配に連れて行ってもらえなければ、田中さんにガイドしてもらうことも視野に入って来ました。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_121017.jpg

さて阿蘇ホテルでのおしきせの会、オカリナ演奏会も終わってから、地元の中華屋さん「白龍」へ餃子を食べに行きました。今回、ホテルで同室になった金子さん、宮崎さんはバスの窓から「白龍」に目をつけていたそうです。038.gif
b0190242_1214299.jpg

b0190242_122317.jpg

この日、阿蘇ではお祭りがあり、お店にはお祭り見物の帰りのお客さんで賑わっていました。
b0190242_1222638.jpg

お店にお祭りに仮装で参加されていた矢羽田さん親子が夕飯を食べに来ており、店を訪れた私たちに冷蔵庫からビールを出していただき、おでんのオーダーの仕方を親切に教えてくれました。おでんも餃子もとてもおいしかったです。038.gif
b0190242_1224960.jpg

b0190242_123192.jpg

宮崎さんが矢羽田さんとお話して、矢羽田さんから「なんでもトライアスロン」の掲示板や、このいい歳、りょうちゃんのブログに写真を載せてほしいとおっしゃるので、喜んで載せることにします。どこかのウルサイ猛女とちがっておおらかです。この可愛い坊は矢羽田さんの息子さんの一心(いっしん)君。
b0190242_1234493.jpg

父親も主(つかさ)さんと一緒に親子で記念撮影。お父さんは仮装姿で顔がわかりません。矢羽田さんは地元の電気店「帯屋電機商会」を経営されています。矢羽田さん、お店で親切にしていただき、本当にありがとうございます。
b0190242_124517.jpg

こちらの方は「白龍」の御主人、63歳。お名前を伺うのを忘れてしまいました。白龍の御主人に、「なんでもトライアスロン」の掲示板や、いい歳、りょうちゃんのブログに写真を載せても構わないかと尋ねると、快く了解してくれました。どこかのウルサイ猛女とちがっておおらかです。「白龍」の御主人は東京の銀座数寄屋橋に10年間、板前の修行に来て、地元の阿蘇に戻ってお店を開店しました。お店は御主人のお母さんと弟さんと3人ではじめましたそうですが、現在はお二人とも他界されて、ご主人お一人で切り盛りされています。そしてお店の開店以降、長期間のお休みを取ったことがないそうです。中華料理やおでんの出汁はスープが命であるため、長期の休みを取ってしまうと、折角とったスープが傷んでしまうため、最初から取りなおさなければならないそうです。休みをとらないほうが、楽なんだそうです。そのおでんは1本100円で、絶品でした。038.gif
b0190242_1243427.jpg

b0190242_1244867.jpg

b0190242_1251556.jpg

白龍さんで餃子とおでんを食べて、もう一度温泉につかって、翌日の祖母山登山に英気を養いすぎました。

 

b0190242_1264759.jpg

b0190242_1271087.jpg

b0190242_1273388.jpg

b0190242_1275456.jpg

b0190242_128437.jpg

b0190242_129963.jpg

b0190242_1211054.jpg

b0190242_1210040.jpg

b0190242_1211291.jpg

b0190242_12114728.jpg

b0190242_1212126.jpg

by ryott-ryott | 2011-10-17 12:22 | 九州3座、阿蘇、祖母、くじゅう