カテゴリ:皆既月食( 1 )

皆既月食の夜の亀戸を行く、亀戸ホルモンおしきせの会ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_22261228.jpg


 このブログの中でも何回かご紹介し、大井町のじゃんけんぽんで知り合いになった岡田パパさんが11月27日(日)に47歳の若さで亡くなりました。くも膜下出血で1週間昏睡状態が続き、天国に旅立ちました。先週の日曜日に私もお通夜に参列し、お別れをしてきました。岡田パパさんのお人柄もあり、たくさんの方がお別れに来ていました。この私のブログもいつも見ていただき、じゃんけんぽんで会うたびに笑ってくれました。岡田パパさんの冥福をお祈りいたします。写真は在りし日の岡田パパさん。
b0190242_2226475.jpg

b0190242_22265824.jpg

 そのお通夜の席でたいへんに興味深い話を聞きましたので紹介したいと思います。その話をしてくれたのは日本易学センター日本易学協会の鑑定修士である高井武山という人です。いわゆる占い師さんです。日本では人相や手相を見て、その人の過去や未来、その人の性質を見定めることは「占い」の領域を出ることはありませんが、もともと手相を見て占うことは西洋の占星術から発展したものであり、約3000年の歴史があるそうです。欧米では手相術は科学者や医者が熱心に研究しており、手相を見て未来予測をすることを怪しむ人はまずいないそうです。あのドイツの有名な哲学者カントでさえ「手は人間の外なる頭脳だ。」と言わしめています。このことは手相術が決して子供だましの占いではないことを示していると言います。
b0190242_22275183.jpg

b0190242_22281088.jpg

 では右と左の手相のどちらで占うのか。右と左がまったく同じ手相になることはありません。男性は右、女性は左で占うのが一般的なようですが、通常は自分のきき手で占いをします。右利きの人は右手、左利きの人は左手、男女に区別はありません。高井さんは私の手相を見て、今まで結婚する機会は何回かあったと言っていました。しかし、本人が積極的にその機会をものにしようとする姿勢がなければ、折角のチャンスを逸して、果たせないそうです。
b0190242_22283450.jpg

b0190242_22285154.jpg

b0190242_2229666.jpg

 また手相と同様に人相も重要であり、危険な凶相というものがあるそうです。顔の法令線の終点が口の口角に来ている場合、死を意味する凶相でその人は長くないといいます。このブログでも紹介したことがありますが危険人物であるかどうか歯並びを見ることによって長く付き合うことができる人物かどうか判断できるそうです。歯並びが悪い人はまず例外なく悪い人、性格に難がある人が多いです。ハリウッド映画で悪人や怪物のメイクで、歯並びを悪くした特殊メイクをするのは、そういう経験則に裏うちされているからです。特に女性の場合、乱杭歯になっている人は人生において夫を何人も変えるといわれています。ですから男性諸氏は顔がいくら可愛くても乱杭歯の女性を選んではいけないわけです。
b0190242_2229362.jpg

b0190242_22294834.jpg

b0190242_22303333.jpg

それでは自分が歯並びがよくない場合、どうしたらいいのか。歯並びを矯正することです。歯並びを矯正したから、その人の本質が変わるわけではありませんが、歯並びが悪いことによってもたらされる凶運を回避することができる可能性があり、矯正しないよりは矯正した方がマシとのことです。日本の芸能界でも小柳ルミ子や沢尻エリカが八重歯を矯正したのは悪い歯並びが凶相であったからでしょう。
b0190242_22305027.jpg

b0190242_2231718.jpg

b0190242_22312566.jpg

b0190242_22314568.jpg

 そして高井さんは最後に「身代わり札」を常に身に付けておくことによって災いを回避でき、チャンスがあれば良縁に恵まれることもあるかもしれないと教えてくれました。「身代わり札」は川崎大師や巣鴨のとげぬき地蔵で有名な高岩寺で売っているというので、早速、今日巣鴨のとげぬき地蔵へ買いに行きました。「身代わり札」1つ300円です。038.gif
b0190242_2232750.jpg

b0190242_22321878.jpg

b0190242_22323626.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう



(岩崎宏美/思秋期)

(第89回安曇野歌声喫茶/思秋期)

思秋期(作詞:阿久悠、作曲:三木たかし、歌:岩崎宏美)

足音もなく 行き過ぎた
季節をひとり 見送って
はらはら涙あふれる 私十八
無口だけれど あたたかい
心を持った あのひとの
別れの言葉抱きしめ やがて十九に
心ゆれる秋になって 涙もろい私
青春はこわれもの 愛しても傷つき
青春は忘れもの 過ぎてから気がつく

ふとしたことで はじめての
くちづけをした あのひとは
ごめんといった それきり
声もかけない
卒業式の まえの日に
心を告げに 来たひとは
私に悩む顔見て 肩をすぼめた
誰も彼も 通り過ぎて
二度とここへ 来ない
青春はこわれもの 愛しても傷つき
青春は忘れもの 過ぎてから気がつく

ひとりで紅茶 のみながら
絵葉書なんか 書いている
お元気ですか みなさん
いつか逢いましょう

無-邪-気な 春の語らいや
はなやぐ 夏のいたずらや
笑いころげたあれこれ 思う秋の日

b0190242_2233261.jpg

 
 わが国の代表的な漬物として知られる“たくあん(沢庵)づけ”は、江戸時代、臨済宗の名僧沢庵が、保存食品として「貯え漬け」として教えたものが、いつの間にか「沢庵づけ」として全国に普及するようになったといわれています。

沢庵は、天正元年(1573年)、但馬(兵庫県)出石(いずし)に生まれ、10歳のとき仏門に入って、大徳寺の春屋宗園(しゅんおくそうえん)、南宗寺の一凍紹滴(いっとうしょうてき)に師事し、沢庵という道号をもらいました。37歳のとき、後陽成天皇の勅命によって、大徳寺154世の住持(管長)に就任しました。

 寛永4年(1627年)、幕府は諸宗取締まりの法度違反として、突如、これで勅許されていた、紫衣の着用を禁止しました。“紫衣事件”です。沢庵はその不当をなじって抗弁書を幕府に出しましたが、かえって幕府を怒らせ、江戸下向を命ぜられ、そののち出羽国(山形県)上山に流罪となりました。現在、上山温泉の中心地近くには、沢庵が配流中住んでいた“春雨庵”が残されています。

 沢庵は、2代将軍秀忠の死による大赦で、3年にして江戸に帰ることを許されました。3代将軍家光は、将軍家剣術指南役・柳生宗矩の推挙で、彼を人生の師として迎え、彼のために品川東海寺を建てて、そこに住まわせました。

 沢庵は、家光の厚遇に甘えることなく、禅の道を極め、ある人が極彩色の秘画に賛を乞うと、ためらうことなく「色即是空、空即是色、柳はみどり、花はくれなゐ」と書いたり、いくつかの逸話を残して、正保2年(1645年)12月11日、73歳の生涯を閉じました。
 沢庵の遺偈(ゆいげ)(遺言)は、“夢”の一時でした。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_2234827.jpg

12月10日土曜日は皆既月食が観察されました。23時6分に皆既が始まりました。私も何とか撮影しようとしましたが光が弱く、なかなかうまく撮ることができませんでした。皆既月食は月全体に地球の影が投影されて、隠れてしまう現象ですが、月が真っ暗になってしまうわけではありません。ご覧になった方はわかったと思いますが、オレンジ色に光っています。これは地球を周りこんだ太陽の光が月に到達するためで、朝焼けや夕焼けが赤くなるのと同じ原理です。写真に撮った皆既月食の月です。うまく撮れませんでした。072.gif
b0190242_2235533.jpg

そして夕方は葛西臨海公園へ夕陽と満月を見に行きました。日没は16時28分、月の出16時11分でした。058.gif

b0190242_22353261.jpg

b0190242_2236979.jpg

b0190242_22362517.jpg

b0190242_2236467.jpg

b0190242_22371189.jpg

b0190242_22374716.jpg

b0190242_22381178.jpg

b0190242_22383762.jpg


(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(坂本スミ子/夜が明けて)

夜が明けて(作詞:なかにし礼、作曲:筒美京平、歌:坂本スミ子)

夜が明けて 手さぐりをしてみた
ぬけがらのとなりには 誰もいない
目をあけて 部屋のなか見てみた
陽がもれる窓のそば 誰もいない
夢を追いかけて
ひとりふかす たばこのけむり
白い 白い
夜が明けて 夢をみたまくらに
あの人のかみの毛が ひとつのこる
テーブルの 灰皿の中には
あのひとのすいがらが ひとつのこる
あせたくちびるを
かんでひいた ルージュの赤が
つらい つらい

われた手鏡に
語りかける おんなの朝は
ひとり ひとり

b0190242_2239145.jpg

 
 12月10日は皆既月食ショーの前に亀戸ホルモンにじゃんけんぽんのトントンさん、春さんに連れて行ってもらいました。このお店は試飲会の常連客である整体師の岩崎先生がよく行くお店だそうです。肉は柔らかく、久しぶりにおいしい焼き肉を食べました。トントンさん、春さん、龍平ちゃん、そしていい歳、りょうちゃん、みんな食べに食べ、大満足でした。038.gif038.gif038.gif
b0190242_2239436.jpg

店の前には七輪が置いてあります。
b0190242_2240950.jpg

b0190242_22402915.jpg

トントンさんが焼き係、次つぎとみんなさんの胃袋におさめられて行きました。
b0190242_22405350.jpg

b0190242_22473666.jpg

b0190242_2248049.jpg

b0190242_22482517.jpg

ユッケ。
b0190242_22411390.jpg

野菜も食べなきゃ。
b0190242_22412321.jpg

箸やすめのチジミです。胃袋は休まりません。037.gif
b0190242_22414767.jpg

b0190242_2242536.jpg

龍平ちゃんと春さん。
b0190242_22421633.jpg

ウルテ。のどぼとけだそうです。
b0190242_2242333.jpg

爆弾ホルモン。納豆と卵黄と煮込んだホルモンを混ぜていただきます。
b0190242_22424563.jpg

岩崎先生と春さん。何ですか、この手は!トントンさん、怒ってください。037.gif
b0190242_22425795.jpg

マルチョウ。大腸で脂肪が多く、甘みがあります。岩崎先生の一押しのメニューです。
b0190242_2243415.jpg

b0190242_224464.jpg

コムタンスープ黒。黒は焼きネギが入っています。
b0190242_22442010.jpg

先生は〆に冷麺を食べて、寒がっていました。私はコムタンスープを飲んだら、暑くて暑くて、半袖で行けばよかったと思いました。037.gif
b0190242_22443395.jpg

b0190242_22444543.jpg

 どれもおいしかったのですが、なかでも「レンガマックス」というメニューがありました。この肉は横隔膜で、見た目、レンガのような肉なのですが、とても柔らかくホルモンとは思えないおいしさでした。038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_22452684.jpg

b0190242_22454582.jpg

b0190242_2246456.jpg

 英樹ちゃんとみきちゃんも来る予定でしたが、直前に痛風の発作が出たそうで、お店に来ることができませんでした。こんなにおいしい肉を食べることができなくて、本当に気の毒です。このレンガマックス、あまりにもおいしかったのでおかわりしました。037.gif038.gif037.gif038.gif037.gif
b0190242_22461943.jpg

b0190242_22464753.jpg

b0190242_2247262.jpg

十分に食べて、お腹が満たされた私たちは、皆既月食で欠けていく満月を見ながら家路に着きました。072.gif038.gif
b0190242_22484965.jpg


 
18日、第90回あづみ野歌声喫茶に行ってきます。060.gif060.gif

b0190242_22491571.jpg

b0190242_2249504.jpg

b0190242_22501437.jpg

b0190242_22505074.jpg

b0190242_22511661.jpg

b0190242_22514568.jpg

b0190242_2252373.jpg

b0190242_22522341.jpg

b0190242_22525063.jpg

b0190242_22531068.jpg

b0190242_22533348.jpg

b0190242_22535026.jpg

b0190242_2254316.jpg

b0190242_22542460.jpg

by ryott-ryott | 2011-12-11 23:06 | 皆既月食