カテゴリ:おしきせ( 5 )

りょうあしの会、おしきせの会

旅行・地域
b0190242_1212272.jpg


 4月に入ってから、まだ1回も更新しておりません。私自身が山行に行っておらず、山行に関する報告の記事が書くことができないからです。3月の歩みの会のときに、倉持さんから浦安・上野特配グループの名称を考えてほしいとの依頼がありました。特配グループも、歩みの会のように会員制にし、会費をとって、会則を定めて運営していくとのことでした。

 私が所属している「歩みの会」という名称がとてもいい名前だけに、これに寄り付けるような名前を考えることは容易ではありません。何事でも名前はとても大事なものであり、ほかの名前の模倣のない独創性と、山行の特徴をあらわす名前の由来がなければなりません。「歩みの会」の歩は、将棋の「歩」で敵陣に入ると「金」に変わることから、山に入れば「金」の歩きを見せるという考えから、「歩みの会」という名称にしたと浅場会長から教えてもらいました。038.gif

 この1ヵ月あまり、いろいろと考えましたが、「歩みの会」により付けることができる名前はなかなか思いつきませんでした。ここは初心に帰って、登山の「登」という字の成り立ちを調べて、ヒントを得ようと考えました。漢字はある姿を象形し、成り立っています。「登」の豆の上の文字は部首名「はつがしら」といい、両足を左右に開いたさまを描いており、「両足でしっかり立って登っていく」という意味があります。また「はつがしら」には「はねる」という意味もあり、「発展」「発達」「発育」「発起」「発想」など前進をあらわす言葉につながっていきます。「はつがしら」のもととなる「両足」を平仮名にして「りょうあしの会」という名称を考えました。これからの特配グループの前進を「発願」(祈願すること)し、「りょうあしの会」という名称を提案します。038.gif
b0190242_12134784.jpg

 先週の4月13日(土)は蔵王でご一緒した原田さんのご主人と勇才さんに飲みに行きました。原田さんの奥様はときどき特配でご一緒するのですが、ご主人は蔵王で初めてお会いしました。以前、原田さんの奥様がお酒を召し上がりすぎて、はせやんが奥様をご自宅まで送っていったことがあり、その後しばらく奥様は特配の山行に参加されませんでした。倉持さんのお話では、原田さんのご主人はたいへんに厳格な方で、奥様に「そんなになるまで酔っ払うのなら、今後、山に行ってはいけない」とおっしゃっていたとのことです。037.gif
b0190242_12165865.jpg

 蔵王に行くバスの中で初めてその姿を見たときは、進藤英太郎を思わせる、とても怖そうなカミナリ親父に見えましたが、お酒を飲んだら、ほとんどが女性の話のていたらくで、厳格という言葉とは程遠い72歳のおじいさんでした。写真は店内での記念撮影、一番奥の白いヒゲのおじいさんがその人です。037.gif
b0190242_1214139.jpg

 毛ガニの山。
b0190242_12144374.jpg

 智則。5月9日(木)に勇才さんでこの酒蔵の試飲会があり、はせやんと森ちゃんと一緒に申込みました。
b0190242_12145613.jpg

 勇才名物の茶碗蒸し。
b0190242_12151234.jpg

 刈穂。
b0190242_12152296.jpg

 酔鯨。これだけお酒があるのに、おじいさんは焼酎ばかり飲んで日本酒には口をつけませんでした。そして、お酒を飲まないであれだけ人の悪口が言える小沢さんは本当に悪い人だとおっしゃっていました。041.gif
b0190242_12154049.jpg

 筍ごはん。
b0190242_12155583.jpg

 おじいさんは次回はアレグロピアットに行きたいそうです。よしこさんに任せます。041.gif
b0190242_12172077.jpg

b0190242_12173944.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_1218727.jpg

 
 夏目漱石の弟子で、唯美主義の小説を書き、名随筆、名紀行文の作者として評判の高かった”百鬼園” 内田百聞は、昭和46年(1971年)4月20日、東京麹町の自宅で老衰のため81歳で亡くなりました。

 百聞は、小説も書きましたが、それよりは『百鬼園先生言行録』『百鬼園随筆』『百鬼園日記』など、一連の“百鬼園もの”など、あるいは、全国の主要鉄道を乗りまくった紀行文、いわゆる“阿房列車もの”のほうが人気が高く、広い固定読者層をもっていた一風変わった作家であったと思います。

 百聞の生家は岡山市の造り酒屋。旧制岡山中学校、近所の百間川という、昔岡山城下の大水を救う放水路として作られた空川でよく寝そべって本を読んだところから、百聞の号をとったといわれます。

 百聞が文筆への道を志したのはこのころで、漱石の『吾輩は猫である』を読んで、すっかり漱石崇拝者になり、自作の原稿を送って、漱石から好意的な返事をもらったのを機会に、漱石の弟子入りを決意、たまたま東大に入学したこともあって、毎週一回、漱石邸の面会日には欠かさず訪問して、師事することを許されました。

 大学卒業後、職がなく、しばらく浪人しているときには、漱石の著書の校生を手伝ったりして、経済的援助も受けていました。漱石や門下の芥川竜之介の世話で、陸軍幼年学校、陸軍士官学校、海軍機関学校の教官、法政大学教授などもつとめたのですから、作家の経歴としては変わっているほうです。

 百聞の随筆は、謹厳そうな文章のなかにも、独特のユーモアが光るのは、師の漱石から学んだものと、もうひとつは、この教官、教授時代につちかわれたもののような気がします。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_12182356.jpg


 翌日4月14日は例年この時期にある焼酎の試飲会があり、渋谷のシダックスビルまで行ってきました。
b0190242_12185023.jpg

b0190242_12191199.jpg

 バラのエキスの入った焼酎。ピンク色は瓶の色で、焼酎自体は無色透明です。飲み終わると、ほんのりバラの香りがします。056.gif
b0190242_12192836.jpg

 黒さそり。
b0190242_1220014.jpg

b0190242_1220199.jpg

 サインをする黒瀬安光さん。以前の風貌とすっかり変わっていたので、本人だとわかりませんでした。037.gif
b0190242_1220316.jpg

 黒瀬安光さんと記念撮影。
b0190242_12205029.jpg

 大井町のじゃんけんぽんがおつまみを出店していました。
b0190242_1221225.jpg

b0190242_12214222.jpg

 おつまみ作りが忙しくて、トントンさん、はるさんは今回はそんなに飲めなかったのではないでしょうか。私は出店された酒造をすべて周り、飲みすぎてしまいました。037.gif
b0190242_12215234.jpg

b0190242_12221799.jpg

 左から宇田川さん、すっかり年を取った美紀ちゃん、岸さんの前のパートナー。宇田川さんはダイエット中と伺いましたが、効果はあったのでしょうか。
b0190242_12223466.jpg

b0190242_12225175.jpg

 試飲会でいつもお会いする試飲会マニアの方たち。
b0190242_1223413.jpg

b0190242_12232530.jpg

 西山さんのお嬢さん。若くて、かわいいひとはいいですね。将来、誰かさんのようにアル中おばさんにならないでくださいね。038.gif
b0190242_12234057.jpg

b0190242_12235485.jpg

 沖縄民謡の披露がありました。試飲会が終了し、トントンさん、はるさん、美紀ちゃんと焼き鳥を食べに行きました。037.gif
b0190242_12241796.jpg

b0190242_12244071.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(あづみ野うたごえ喫茶/あの素晴らしい愛をもう一度)

あの素晴らしい愛をもう一度(作詞:北山修、作曲:加藤和彦、歌:dicot)

夜が
命かけてと誓った日から
素敵な思い出残してきたのに
あの時同じ花を見て
美しいと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

赤トンボの唄をうたった空は
なんにも変わってないけれど
あの時ずっと夕焼けを
追いかけていった二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

広い荒野にぽつんといるよ
涙が知らずにあふれてくるのさ
あの時風が流れても
変わらないと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

b0190242_122846.jpg


 4月20日は都合で山行に行くことができませんでした。この日は朝から気温が低く、つい先日、暑かったのがウソのようです。午後から冷たい雨も降りだしました。
b0190242_12274910.jpg

 私は久しぶりに大井町湯屋へ出かけました。今年3回目です。夕方は新装のじゃんけんぽんへ行きました。移転後、しばらくは土曜日も営業するそうです。写真はじゃんけんぽんの玄関です。
b0190242_12251721.jpg

 トントンさんのお話では、移転して客層が変わったとのことです。前の店舗ではサラリーマンがほとんどだったそうですが、こちらの店では近所の人が来店するとのことです。この日も銭湯帰りのおじいさんが私の隣に座っていました。歯がないので、柔らかいものしか食べられないそうです。037.gif
b0190242_12253140.jpg

 じゃんけんぽんのラベルの日本酒。来福酒造さんが開店祝いに作ってくれたそうです。
b0190242_12255057.jpg

 そらまめ。
b0190242_12255943.jpg

 お刺身。
b0190242_1226121.jpg

 生牡蠣。
b0190242_12262614.jpg

 鳥の唐揚げ。
b0190242_12265173.jpg

 牛すじ。
b0190242_1227244.jpg

 焼き筍。
b0190242_12271637.jpg

 最後にカツオの漬け丼をいただきました。
b0190242_12273159.jpg



新橋二丁目七番地
作詞:田久保真見、作曲:杉本眞人、歌:あさみちゆき


うすい座布団 一枚で
地べたに座って 四十年
時が流れて 人が流れる
濁流うねる この都会(まち)で
流されまいと 流されまいと
小石のように うずくまる
靴を磨けば こころも晴れる
今日も元気に がんばって
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

こんな私に 出来たのは
一生懸命 生きること
秋の夕暮れ ひとつため息
赤チン色の 赤ちょうちん
一杯飲めば 一杯飲めば
人間なんて 立ち直る
靴の汚れは 心の汚れ
夢も磨けば また光る
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

明日はきっと 明日はきっと
いいことあるさ 大丈夫
つらい気持は 靴みりゃわかる
今日もあなたは がんばった
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地




 
水曜日、歩みの会に行ってきます。060.gif

b0190242_1228542.jpg

b0190242_12291584.jpg

b0190242_12294742.jpg

by ryott-ryott | 2013-04-21 12:34 | おしきせ | Comments(0)

初夏のおしきせ、タイフェスティバルヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_043625.jpg


 先週の土日は天気にも恵まれて、雪山・立山は素晴らしい景色を見ることができたのではないでしょうか。私は残念ながら、足の痛みがまだ取れず、5月20日で3週間になります。ただし今週はようやく立ってズボンを履けるようになったので、徐々にではありますが快方に向かっていると思います。038.gif
b0190242_061370.jpg

 土曜日は中国整体院へ行き、再度患部の施術を受けてきました。もともと痛いところを思い切り揉みほぐすので、施術中の痛みは耐えがたいものがあります。しかしながら、施術が終わると不思議にも痛みはなくなり、結構スタスタと歩くことができます。先生がおっしゃるにはまだ2週間は様子を見る必要があるそうです。したがって19日(土)の天城山も行くことができません。山登りも大井町湯屋での運動もできていないので、体重がどんどんと増えており、鏡で見て顔がますます丸くなっていくのがわかります。26日(土)に再度、診てもらい、お許しが出たら、27日(日)の初心者山歩き教室の天城山に行くことにします。小沢さんによろしくお伝えください。038.gif
b0190242_072058.jpg

 26日の整体院での診たて次第ですが、仕切り直しで、6月の予定は以下の通りです。

 5月27日(日) 初心者山歩き教室・天城山
 6月2日~3日 小川山・総合講習
  これに参加しなければ8月末の剱岳に参加させてもらえません。
 6月10日(日) 初心者山歩き教室・入笠山(キャンセル待ち)
 6月17日(日) 日帰りトレーニング・日光男体山
 6月23日(土) 金峰山
 6月24日(日) 川崎で焼酎の試飲会
 6月27日(水) 四阿山(あずまやさん)(平日なので休暇が取れれば参加します)。
 6月30日(土) ゲンダマ会(大学研究室の同窓会)
 すべて催行されれば日本百名山4座登ることになります。

 6月の歩みの会は1泊2日で猫魔岳・雄国沼・博士山ですが、平日に連続して2日間休暇を取れないので今回は残念ながらパスします。7月の日帰りに休暇が取れれば参加します。
b0190242_09199.jpg

 そして外に出歩きに行けないときは飲みに行くしかありません。こういうことをしているので体重が増えていくのですが、土曜日はまたもや勇才さんに行きました。この日もハンターズ・キッチン、勇才は満席でした。038.gif
b0190242_093368.jpg

 勇才さんの隣にトルコの国旗がたなびいていました。038.gif
b0190242_094134.jpg

 黒バイ貝、島根県産。
b0190242_095096.jpg

 この刺身は先ほどまで生きていました。
b0190242_010266.jpg

 まんさくの花、超限定。
b0190242_0102212.jpg

 いろんなものが入っているサラダ。
b0190242_0103260.jpg

 西京焼。
b0190242_0104260.jpg

 ホヤの塩辛。
b0190242_0105095.jpg

 月山。
b0190242_0111128.jpg

 今日の〆はアサリご飯でした。
b0190242_0112521.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_0131579.jpg

 
 「寛政の改革」を断行した松平定信は、奥州白河藩の藩主でした。宝暦8年、田安家の七男として生まれ、将軍予定者の一人になっていましたが、時の幕府の政治情勢で、白河藩主松平定邦の養子になりました。

 天明3年(1783年)10月16日、養父定邦の隠居に伴い、白河藩11万石の藩主を継ぎました。時あたかも天明の大飢饉に遭遇しましたが、英明な藩主定信は、率先自らも倹約の範をたれ、この非常事態を切り抜けることに成功しました。この大飢饉で、餓死者を出さなかったのは、奥州各藩では白河藩だけです。

 その名声は江戸でも評判になり、幕閣にも達し、ついに定信は老中に迎えられました。

 時の幕府の権力者は、賄賂によって政治を左右するといわれた宰相田沼意次です。30歳で血気盛んな定信は、他の正義の士と心を合わせ、田沼を失脚させ、老中首座に就任しました。

 民衆は、彼を「世直し大明神」として歓迎し、彼もまたその期待に応えて、積極的に政治刷新に取り組みました。これが有名な「寛政の改革」です。

 しかし、あまりにも厳しすぎたので、民衆は息がつけなくなり、人心は次第に彼から離れていきました。

 白河の清きに魚もすみかねて もとのにごりの田沼こひしき

 こんな狂歌が辻々にはられる始末です。結局在任6年にして定信は交替を命ぜられました。

 彼は失意のまま国にもどり、読書・著述に専念し、文政12年(1829年)5月13日、72歳で亡くなりました。昔も今も「行政改革」とは難しいものです。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_013513.jpg


 翌日、日曜日は代々木公園で開催されているタイフェスティバルへ行ってきました。
b0190242_014524.jpg

 トントンさん、はるさんと原宿駅で待ち合わせ。私は初めて原宿駅で下車しました。私が中高生だったころ、原宿では「竹の子族」と言われた人たちが毎週、歩行者天国で踊っている姿がテレビに映し出されていましたが、現在は「竹の子族」の人たちはほとんどいないそうです。
b0190242_0141459.jpg

b0190242_014248.jpg

 タイフェスには東京のタイ料理のお店が屋台で出店しています。
b0190242_0144389.jpg

b0190242_0165187.jpg

 まずはタイのプーケットビールで乾杯。068.gif
b0190242_0145258.jpg

b0190242_015283.jpg

b0190242_0151441.jpg

 トントンさん、はるさんのお宅の近くにある大森のタニ・キッチンが出店していました。
b0190242_0152770.jpg

b0190242_0153714.jpg

b0190242_0155182.jpg

 タニ・キッチンのタイレッドカレー。香辛料を入れなければ、まったく辛くありません。
b0190242_016064.jpg

 ドリアン。
b0190242_016886.jpg

 ランブータン。ライチに似ています。
b0190242_01618100.jpg

 ドラゴンフルーツ。
b0190242_0162628.jpg

 このソーセージの中には春雨が詰められています。しかも辛いです。
b0190242_0163597.jpg

 タイのタクシー。
b0190242_017226.jpg

 タイフェスで買った食べ物を持ち寄って、代々木公園でみんなでランチタイム。
b0190242_0171766.jpg

b0190242_0172786.jpg

 


(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(中島みゆき/荒野より)

荒野より(作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

夜が
望みは何かと訊かれたら君がこの星に居てくれることだ
力は何かと訊かれたら君を想えば立ち直れることだ

僕は走っているだろう君と走っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は笑っているだろう君と笑っているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

朝陽の昇らぬ日は来ても君の声を疑う日はないだろう
誓いは嵐にちぎれても君の声を忘れる日はないだろう

僕は歌っているだろう君と歌っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は生きているだろう君と生きているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

僕は走っているだろう君と走っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は笑っているだろう君と笑っているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない
荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

b0190242_0183450.jpg

b0190242_0191666.jpg

 
 今日の目的はタイフェスではありませんでした。渋谷のシダックスホールで開催されている焼酎の試飲会に行くことでした。069.gif
b0190242_0192765.jpg

 八丈島からも焼酎の酒蔵さんが来ていました。こちらの焼酎はあの近藤富蔵も飲んだそうです。近藤富蔵とは八丈島のことを江戸に紹介した八丈実記の著者です。富蔵は旗本・近藤重蔵の長男として生まれます。
b0190242_0193861.jpg

 時は文政年間(1700年代後半)、父の重蔵は火付盗賊改方でした。腕が立ち、頭が切れたため、またたくまに出世していきます。長崎奉行を務めた後は、書物奉行をも務めます。当時、書物は高価なものでした。書物奉行を務める重蔵は書物の売買により、実入りも良くなります。出世と金が重蔵の人格を変えていきました。

 近藤重蔵は女に狂い、連れ添った妻と息子を家から追い出してしまいます。この息子が近藤富蔵です。また当時は江戸の郊外であった渋谷に別宅を作り、高さ15 mの富士山をこしらえて、近所の者に拝観料をとって、見世物にしていました。そのため、別宅のまわりには屋台なども集まり、静かな町が賑わうようになり、このことが贅沢を禁じていた幕府の耳に入ります。重蔵は即刻、大阪へ弓奉行として左遷されてしまいます。

重蔵が大阪に左遷されている間、渋谷の別宅を預かっていたのが塚越半之助という博徒で性質の悪い男でした。近藤重蔵がすべての役職を取り上げられて、江戸に戻ってきたときに、塚越半之助は別宅を人に貸して甘い汁を吸っていたので、重蔵に返しませんでした。重蔵は別宅を取り戻すために訴訟を起こし、裁判に勝ち、塚越から別宅を取り戻すことができましたが、それから毎日のように塚越から嫌がらせが続きます。かつては腕が立った重蔵もいまや廃人同然で、その嫌がらせを跳ね返す力がありません。

 その重蔵のもとに息子の富蔵が帰ってきます。家を追い出されて以来、父親の重蔵には反目していた富蔵ですが、嫌がらせをしてくる塚越に掛け合って、なんとか重蔵を救おうとします。しかし相手はヤクザまがいの男で、耳を貸そうとしません。富蔵は従僕二人を引き連れて、塚越一家7人を皆殺しにしてしまいました。捕えられた富蔵は死罪にはならず、八丈島に遠島になりました。その間に父の重蔵は59歳でひっそりと亡くなります。

 近藤富蔵がご赦免になったのは明治13年(1880年)でした。いまや東京へと変わった江戸は富蔵にとって住みにくい町になっていました。富蔵はすぐに住みやすい八丈島に戻ってしまいます。そして明治20年(1887年)、83歳で八丈島で亡くなりました。

 近藤富蔵が八丈島への流刑の間に、八丈島の実態を書き記した書簡が八丈実記であり、民俗学者の柳田邦夫が高く評価をしています。
b0190242_0195635.jpg

 熊本県人吉市から来たという酒造さん。NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」に出演されたそうです。気がつきませんでした。038.gif
b0190242_020610.jpg

 そしてこの焼酎が出品されているとは思いませんでした。佐多酒造の「刀」です。アルコール度数40度の「刀」はANAの国際線の中でしか買うことができません。
b0190242_0204594.jpg

 オッのコンボ、起き上がり小法師。台所の神様だそうです。
b0190242_0205353.jpg

 最後は皆さんで記念撮影。
b0190242_021354.jpg

 西山さんのお嬢さん。
b0190242_021182.jpg

 平成生まれと昭和枯れすすき。その差は歴然です。037.gif
b0190242_0213455.jpg

 この後は謡の会に行きましたがしばし寝てしましました。第一三共の業者さんも飲みすぎてダウンです。トントンさんたちは焼き肉を食べに行ったようです。038.gif
b0190242_0221542.jpg


 

b0190242_0223594.jpg

b0190242_0232749.jpg

b0190242_0241686.jpg

b0190242_0243566.jpg

b0190242_0245531.jpg

b0190242_0251455.jpg

b0190242_0253947.jpg

b0190242_0264516.jpg

b0190242_027524.jpg

b0190242_0272039.jpg

by ryott-ryott | 2012-05-18 00:32 | おしきせ | Comments(2)

亀戸ホルモン&亀戸天神おしきせの会ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_0165976.jpg


 3月4日(日)、今日は浦安湯屋のメンバーがどうしても行きたいという亀戸ホルモンへ再び行ってきました。お店の広さからして、1グループ6人の予約が精一杯です。いい歳、りょうちゃんは先達として、大井町湯屋からよしこさん、あとの4名は浦安湯屋メンバーから森ちゃんに人選をお任せしました。
 あやちゃんが来るのは想定通りでしたが、森ちゃんにお任せしてしまったため、私の中では落選だったすみちゃんと、森ちゃんに牛乳寒天を買ってあげない恐ろしい奥様のまりこさんが来てしまいました。まりこさんは森ちゃんとの力関係から仕方ないのでしょうか。 037.gif 
b0190242_0204953.jpg

したがって、亀戸ホルモンを誰よりも楽しみにしていた倉持さんが外れてしまいました。倉持さん、次回は有吉さんと一緒に必ずお誘いしますので、10日(土)の餃子アルプスでりょうちゃんを崖から突き落とさないでくださいね。すみちゃんを突き落としてください。041.gif
b0190242_0202917.jpg

 ここ「元祖亀戸ホルモン吉田」は日曜日は14時から営業しています。通常14時からは予約を受けてなく、18時から予約受付になります。私が電話した時は14時から2時間限定で予約を取っていただきました。したがって16時には待っているお客さんと交代しなければなりません。お店のご主人は16時にお客が待っていなければ、そのまま居てもいいと言ってくれました。038.gif
b0190242_0195662.jpg

 13時40分にJR亀戸駅北口改札前で待ち合わせし、目指す亀戸ホルモンンへ向かいました。亀戸駅前で最初の記念撮影。左から森ちゃん、あやちゃん、よしこさん、倉持さんを騙した落選すみちゃん、上からマリコさん。038.gif037.gif
b0190242_019243.jpg

 亀戸ホルモンという名前の店はたくさんあります。私たちが向かう亀戸ホルモンは北口から東側に右折し、線路沿いにラーメン屋の中本まで歩いてゆき、そこを左折して5 mほど行った右側にあります。亀戸駅から徒歩10分もかかりません。
b0190242_022494.jpg

 店には開店の約10分前に着き、店主さんが店の前で炭を焼いて一生懸命、準備をしていました。すでに私たちよりも前に2人連れのお客さんが待っており、私たちのあとに4~5人のお客さんが待っていました。
b0190242_0222160.jpg

b0190242_0225141.jpg

 店の前で再び記念撮影。森ちゃんといい歳、りょうちゃん。038.gif
b0190242_023101.jpg

 左からよしこさん、あやちゃん、倉持さんを騙した落選すみちゃん、上からマリコさん。038.gif
b0190242_0233827.jpg

 14時ちょうど、店内に案内され、いよいよ注文開始。まずはてっちゃんとおっぱい。おっぱいはその名の通り、おっぱいです。038.gif
b0190242_024581.jpg

b0190242_0242836.jpg

b0190242_0244049.jpg

 牛タン厚切り。
b0190242_0245327.jpg

b0190242_0258100.jpg

 レバーのたたき。
b0190242_0252059.jpg

 野菜も食べなければなりません。フィットフォーライフ!037.gif
b0190242_0253650.jpg

b0190242_0254517.jpg

b0190242_0255543.jpg

 しかしまた肉に戻ります。皆さん、次つぎと平らげて行きます。038.gif
b0190242_0261428.jpg

b0190242_0263214.jpg

b0190242_0264470.jpg

b0190242_027394.jpg

b0190242_0271826.jpg

b0190242_0273236.jpg

b0190242_0274659.jpg

 ここで中間の記念撮影。お隣に座っていた20歳のお嬢さんに撮っていただきました。038.gif
b0190242_028542.jpg

 お隣の20歳のお嬢さん、しおりちゃん。写真をブログに載せていいとの許可を戴きました。大井町湯屋と浦安湯屋のメンバーの平均年齢は50歳に迫る勢いに対し、隣のグループは私たちの年齢の半分にも満たない20歳ちょうどの若者グループでした。038.gif
b0190242_0282819.jpg

 お隣のしおりちゃんが「アセロラドリンク」を飲んでいるのを見て、よしこさんと上からマリコさんがまねして頼んでいました。037.gif
b0190242_0284767.jpg

 


(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_0302597.jpg

 
 春になって最初に吹く大風が“春一番”です。房州(千葉県)の漁師たちは、秋台風の最初の訪れを“一番風”と呼んでいましたが、日本海側の能登、壱岐、対馬あたりの漁師たちは、春に訪れる最初の強い南風(春風)を“春一番”と呼んでいました。地方の生活用語が、いつの間にか気象用語として全国で使われるようになったのです。

 “春一番”は地域によって若干違いますが、早いところは2月末、普通は3月4日あたりが多く、続いて“春二番”“春三番”が吹いて次第に本格的な春が訪れてきます。

 “春一番”で思い出すのは、1948年にノーベル文学賞をもらったイギリスの詩人T・S・エリオットの詩『荒野』です。

    4月は残酷きわまる月で
    死んだ土地からライラックをそだて
    記憶と欲望をまぜあわせ
    鈍重な根を春雨で刺激する。
    (以下略)
 
 この詩は、現代詩にもっとも大きな問題を投げかけた作品であると同時に、詩人としてのエリオットの名声を確立した作品であるといわれます。直接“春一番”とは関係ありませんが、なんとなく“残酷きわまる月”というのが、“春は残忍な季節だ”というイメージに重なってしまいます。

 エリオットはアメリカのミズーリ州の名門の家に生まれ、30代の終わりにイギリスに帰化した人です。詩人であると同時に劇作家であり、文芸評論家、文明評論家として立派な業績をのこしています。1965年1月、77歳で亡くなりました。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_0305381.jpg


 そしてこの店に来た最大の目的は、このメニューを頼むためでした。横隔膜のかたまり。その形状から「レンガマックス」という名前が付けられているメニューです。038.gif
b0190242_0311252.jpg

 この大きさ。038.gif
b0190242_0312862.jpg

 レンガマックスを網に上いっぱいに広げて焼きます。038.gif
b0190242_0314398.jpg

 この肉は柔らかく、とてもホルモンというカテゴリーでは片付けることはできません。038.gif
b0190242_032321.jpg

b0190242_0321531.jpg

b0190242_0323059.jpg

 レンガマックスを平らげた後、まだ食べました。フィットフォーライフ。037.gif
 ウルテとフェガラミ。のどぼとけと気管です。
b0190242_0325811.jpg

 マルチョウ、小腸。
b0190242_0335169.jpg

 忘れてしまいましたが、「うまいところを頼む」と言ったら出してくれました。038.gif
b0190242_034629.jpg

b0190242_034257.jpg

 ここで森ちゃんと上からマリコさんの夫婦喧嘩が勃発。森ちゃんが勤めている会社の名前を森ちゃんの娘さんが知っているか、それとも知らないかをめぐって、森ちゃんと上からマリコさんの闘いが始まりました。森ちゃんは当然知っていると言いますが、上からマリコさんは娘が知っているはずがないと言ってききません。森ちゃんは会社の名前を娘さんが知っていたら、上からマリコさんから1万円を支払ってもらうということになり、上からマリコさんもそれに応じて、娘さんに電話をして森ちゃんの会社の名前を聞くことになりました。結果は、娘さんは森ちゃんの勤めている会社名を当然知っており、森ちゃんに軍配が上がりました。はたから見ていると、どうでもいいことだと思います。037.gif
b0190242_0353182.jpg

 上からマリコさんといい歳、りょうちゃん。
b0190242_036312.jpg

 倉持さんを騙した落選すみちゃんと上からマリコさん。037.gif
b0190242_0361680.jpg

 上からマリコさんとの闘いに勝利し、ご満悦の森ちゃん。038.gif
b0190242_0363516.jpg

 いい歳、りょうちゃんのカメラで写真を撮るあやちゃんですが、私が撮った肉を頬張るあやちゃんの写真を消去してしまいました、けしからん!031.gif
b0190242_037071.jpg

 コムタンスープ。
b0190242_0371523.jpg

 デビル麺。
b0190242_0372957.jpg

 2時間限定の16時までということでしたが、一時満席になったものの、16時には14時から来ていたお客さんも帰ってしまい、私たちは17時までお店にいることができました。店の前で森ちゃんと記念撮影。038.gif
b0190242_0375545.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(坂本スミ子/夜が明けて)

夜が明けて(作詞:なかにし礼、作曲:筒美京平、歌:坂本スミ子)

夜が明けて 手さぐりをしてみた
ぬけがらのとなりには 誰もいない
目をあけて 部屋のなか見てみた
陽がもれる窓のそば 誰もいない
夢を追いかけて
ひとりふかす たばこのけむり
白い 白い
夜が明けて 夢をみたまくらに
あの人のかみの毛が ひとつのこる
テーブルの 灰皿の中には
あのひとのすいがらが ひとつのこる
あせたくちびるを
かんでひいた ルージュの赤が
つらい つらい

われた手鏡に
語りかける おんなの朝は
ひとり ひとり

b0190242_0383264.jpg

 
 折角、亀戸に来たので亀戸天神にお参りに行こうということになりました。
b0190242_0385554.jpg

 亀戸天神は梅が満開でした。056.gif
b0190242_0391394.jpg

 梅一輪一輪ほどの暖かさ、花がお似合いですね。038.gif
b0190242_0393365.jpg

 日本百名山の無事登攀を祈願してお参りしました。038.gif
b0190242_0394847.jpg

 太鼓橋の前で記念撮影。038.gif
b0190242_040483.jpg

b0190242_0402017.jpg

 帰り道、おもむきのある喫茶店でケーキとコーヒーを飲みました。067.gif
b0190242_0405363.jpg

b0190242_0411063.jpg

b0190242_0412388.jpg

b0190242_0414388.jpg

b0190242_0415510.jpg

 肉を食べ、ケーキも食べて、ご満悦のすみちゃん。037.gif
b0190242_0421028.jpg

 東京スカイツリーと梅の花に見送られて、家路に着きました。
b0190242_0423538.jpg

b0190242_0425737.jpg


 
3月10日は餃子アルプスに行ってきます。060.gif060.gif



b0190242_0433461.jpg

b0190242_044118.jpg

b0190242_0442830.jpg

b0190242_0444411.jpg

b0190242_045626.jpg

b0190242_04530100.jpg

b0190242_0461038.jpg

b0190242_0463770.jpg

b0190242_0465645.jpg

by ryott-ryott | 2012-03-07 00:57 | おしきせ | Comments(2)

日蓮上人参拝祈念、第2回亀戸ホルモンおしきせの会ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_15273427.jpg


 バレンタインのチョコを、大井町湯屋仲間のおばあちゃんと、すみおばちゃんではなく、すみお姉ちゃんから戴きました。またブログへのコメントチョコも戴きました。皆さん、有難うございます。038.gif
b0190242_15285578.jpg

 さて石射太郎山&高宕山の報告の前に、1月29日(日)に再び亀戸ホルモンに連れて行ってもらいましたので、そのときの写真を掲載します。
b0190242_15294321.jpg

b0190242_15301092.jpg

 この日は日本列島が寒波におおわれて、さすがの暑がりのいい歳、りょうちゃんも寒風吹きすさぶ大井町駅ホームでの待ち合わせに耐えきれずに、トントンさんとはるさんを待つことができずにJR京浜東北線に乗ってしまいました。そのくらい、この日は寒い一日でした。
b0190242_15304034.jpg

 亀戸駅に先に着いたので、亀戸のアトレで和菓子を物色していたところ、驚いたことに亀戸のアトレでは商品を写真撮影することは禁止されていました。物わかりの悪い寺や美術館以外で、しかも普通の店で写真撮影を禁止しているのは始めて見ました。
b0190242_15313997.jpg

 間もなくトントンさん、はるさん、岩崎先生とその彼女も到着しました。いつも時間にルーズな咬みつき犬の飼い主のみきちゃんもようやく亀戸駅にやってきました。私たちが「亀戸ホルモン」の前まで来ると、予約をとっていない客が門前払いされていました。やはり「亀戸ホルモン」は予約をとらないと入れません。
b0190242_15343567.jpg

 先日の石射太郎山のときに浦安湯屋メンバーから亀戸ホルモンに行きたいとのお話がありましたが、店の広さからして、1グループせいぜい6名が限界だと思います。先達としていい歳、りょうちゃんは行くとして、肉好きの倉持さん、森ちゃん、よしこさん、あやちゃん、あやや、これで6名。すみお姉ちゃんと鬼嫁のともちゃんは落選か、その次ね。037.gif038.gif038.gif038.gif
 この「亀戸ホルモン」は日曜日は14:00から営業しています。予約がとれるかどうかです。
b0190242_15323372.jpg

 赤肉盛り合わせ。
b0190242_15324531.jpg

 闇ホルモンという商品名で出されています。
b0190242_1533199.jpg

 レバーのたたき。O-157が生のレバーから検出されたことから、「亀戸ホルモン」でもレバ刺しは出されなくなってしまいました。でもレバーの叩きも十分に美味しいです。
b0190242_15331345.jpg

 咬みつき犬の飼い主のみきちゃんとはるさん。咬みつき犬、はやく処分したほうがいいですね。038.gif
b0190242_1533236.jpg

b0190242_15333848.jpg

 整体師の岩崎先生と先生の現在の彼女、まだご結婚はされていないそうです。そして焼き肉を食べながら、先生は最初から最後までわいせつな話ばかりしていました。トントンさんも閉口気味でした。037.gif
b0190242_15335139.jpg

b0190242_1534821.jpg

 お待ちかねの横隔膜「レンガマックス」。6名で2本注文しました。いい歳、りょうちゃんはひとりで1本食べられます。おそらく、肉好きの倉持さんならばひとりで2本食べてしまうと思います。037.gif038.gif
b0190242_15353423.jpg

b0190242_15355370.jpg

 写真ではわかりませんが、「レンガマックス」はとても柔らかく、ホルモンという分類では片付けられないほどのグレードの高い焼き肉です。
b0190242_15361756.jpg

b0190242_1536396.jpg

 ささみ。鳥のささみではありません。
b0190242_1537416.jpg

b0190242_15372226.jpg

 ウルテ。のどぼとけ。
b0190242_15373951.jpg

 マルチョウ。小腸。
b0190242_1538291.jpg

b0190242_15382512.jpg

 フェガラミ。
b0190242_15383876.jpg

 おっぱい。
b0190242_15385517.jpg

 コムタンスープ(赤)。
b0190242_15391495.jpg

 亀戸ホルモンで焼き肉を十分に食べて、帰路に着きました。岩崎先生は、これから家で彼女をいただくと電車の中で大きなお声でおっしゃっていました。おふたりの仲も長くはないでしょう。037.gif
b0190242_15393696.jpg

 


(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_15401535.jpg

 
 クリスマスとともに「バレンタイン・デー」という外国の宗教行事が、マスコミのコマーシャリズムにのって、日本でも定着してしまいました。

 この日、西暦270年2月14日は、ローマの司祭であった聖バレンタインが、皇帝クラウディウスによって、反逆罪で投獄され、フラミニノ会堂で撲殺され、殉教した日です。以来、ローマ・カトリック教会ではこの日を「聖バレンタイン・デー」として、殉教者の死を悼む祭日と決めました。

その宗教行事が、なぜ、いつの間にか、女性が男性にチョコレートを贈る“愛の日”に変わってしまったのでしょうか。伝説には2説あります。

一つは、皇帝クラウディウスは、極端な軍国主義者で、兵隊の結婚を禁止しました。結婚すると妻子など家族への心配がつのり、戦場に出た時に戦闘意識が薄くなるためと考えたためです。バレンタイン司祭はこれに強く反対しました。非人道的行為であると非難し、積極的に若い兵士の結婚を呼びかけ、娘たちにすすんでプロポーズするようにすすめました。これが皇帝の怒りを買い、投獄され、撲殺される原因になったといわれています。
若い人たちにとって、この愛を育てることに献身した聖バレンタインに感謝し、その心にそって、この日を「愛の日」と定めました。

もう一つの説は、この日あたりから、毎年小鳥が交尾をする季節に入ることから、男女の愛を交換する日、恋文を交換する日、デートの日として、だんだん習慣づけられたといいます。いずれにせよ、マスコミの商業主義にのせられている感じです。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_15405438.jpg


 亀戸ホルモンに行った1月29日、大井町の阪急百貨店で日本酒祭りが行われており、最終日でした。
b0190242_15411594.jpg

 8つの酒蔵さんが入っており、すべて試飲できました。私は土佐の浜千鳥が一番おいしいと思いました。石射太郎山特配に持って行ったお酒です。
b0190242_15413282.jpg

 広島の賀茂鶴も出店していました。こちらも美味しい酒です。038.gif
b0190242_15415090.jpg

 これから亀戸ホルモンに出かけるというのに、すべての酒蔵で試飲をしてしまいました。037.gif
b0190242_1542158.jpg

 酒蔵の蔵元さんが日本酒の講演をしていましたが、聞かずに試飲していました。037.gif
b0190242_15423449.jpg

b0190242_15424967.jpg

 石射太郎山特配と山岸さんの引っ越し祝いに持っていくお酒を購入して、亀戸に向かいました。
b0190242_1543840.jpg

b0190242_15434615.jpg

b0190242_1544942.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(坂本スミ子/夜が明けて)

夜が明けて(作詞:なかにし礼、作曲:筒美京平、歌:坂本スミ子)

夜が明けて 手さぐりをしてみた
ぬけがらのとなりには 誰もいない
目をあけて 部屋のなか見てみた
陽がもれる窓のそば 誰もいない
夢を追いかけて
ひとりふかす たばこのけむり
白い 白い
夜が明けて 夢をみたまくらに
あの人のかみの毛が ひとつのこる
テーブルの 灰皿の中には
あのひとのすいがらが ひとつのこる
あせたくちびるを
かんでひいた ルージュの赤が
つらい つらい

われた手鏡に
語りかける おんなの朝は
ひとり ひとり

b0190242_1545090.jpg

 
 1月29日、昼間は天気がよかったので、日本酒祭り、亀戸ホルモンに行く前に池上本門寺に写真を撮りに行ってきました。名前の通り、東急池上線の池上駅が最寄り駅です。
b0190242_15454397.jpg

 池上本門寺通り商店街。
b0190242_15455928.jpg

b0190242_15464980.jpg

 お土産に纏いが売られていました。
b0190242_15471360.jpg

 くずもち屋さんがたくさんあります。
b0190242_15473138.jpg

b0190242_154758100.jpg

 池上本門寺の正門。2月3日は節分の豆まきが行われました。
b0190242_15483227.jpg

 池上本門寺の石段は加藤清正によって造営されました。
b0190242_15485996.jpg

b0190242_15491881.jpg

b0190242_15494955.jpg

 日蓮上人像。ご承知の通り、ここ池上本門寺で日蓮上人は61歳の生涯を閉じました。
b0190242_15502168.jpg

b0190242_15504495.jpg

b0190242_1551557.jpg

 本堂に向かって左側に組まれている足場は2月3日の豆まきのためのものです。
b0190242_15513114.jpg

b0190242_15515346.jpg

 この本堂の中には豪華絢爛な金色の龍の天井飾りがあるのですが、本堂の中は写真撮影禁止です。
b0190242_15521028.jpg

b0190242_1553391.jpg

 この御廟所の中に日蓮上人の墓塔があります。
b0190242_15532458.jpg

b0190242_15534021.jpg

 池上本門寺歴代貫主の墓。
b0190242_1554190.jpg

b0190242_1554145.jpg

 五重塔。この周辺に著名人の御墓が多くありました。
b0190242_15544072.jpg

b0190242_15551962.jpg

b0190242_15554722.jpg

 石段下で昼寝するネコちゃん。058.gif
b0190242_155693.jpg

b0190242_15562958.jpg

 池上本門寺の中には「池」があるそうですが、見つけることができませんでした。次回、ゆっくり見つけに行きたいと思います。
b0190242_1557165.jpg

b0190242_15572176.jpg

 いい歳、りょうちゃんの今後の予定です。都度、ブログで報告します。060.gif
 2月19日(日)茨城県来福酒蔵の酒蔵見学
 2月25日(土)浦安湯屋おしきせの会
 2月26日(日)雪山初級・御正体山(日本二百名山)
 3月10日(土)浦安特配・宇都宮アルプス
 3月13日(火)休暇を取って「歩みの会」・お天気山と羽賀場山
 3月31日(土)~4月1日(日)雪山経験・武尊山(日本百名山)
b0190242_15575793.jpg


 
次回こそ石射太郎山・高宕山の報告をします060.gif

b0190242_15583694.jpg

b0190242_155937.jpg

b0190242_15591623.jpg

b0190242_1601354.jpg

b0190242_160366.jpg

b0190242_1612348.jpg

b0190242_1614897.jpg

b0190242_1623418.jpg

b0190242_1625569.jpg

b0190242_1631827.jpg

b0190242_1635735.jpg

by ryott-ryott | 2012-02-18 16:11 | おしきせ | Comments(0)

ゆく年、来る年、おしきせの会ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_1402190.jpg


 なかなかブログが更新できないままで、2012年の日付に変わろうとしています。大掃除は大体のところであきらめました。先日、ヤマダ電機でダイソンの掃除機を買いました。28日に届いたのですが、今まで使っていた掃除機が新しい掃除機が届く30分前にぴたりと動かなくなってしまいました。古い掃除機は自らの役割を全うして、動かなくなってしまったような気がします。それにしてもダイソンの掃除機の吸引力はスゴイです。038.gif
b0190242_141031.jpg

 さて12月の3連休はアミューズの雪上講習に参加しましたが、その前に忘年おしきせの会の報告をします。アミューズトラベルの倉持さんの特配で知り合った浦安湯屋のメンバーと大井町のイタリアンの名店「アレグロピアット」で忘年おしきせの会を行いました。「おしきせ」とは甲州の言葉で「晩酌」と言う意味があります。酔っぱらう前に、到着してすぐに店の前で集合写真を撮りました。037.gif
b0190242_1413356.jpg

b0190242_1414359.jpg

 浦安湯屋メンバー、なんでもトライアスロンのメンバー、そして大井町湯屋メンバーが集まり、実に24名という今までにない賑やかな「おしきせの会」となりました。大勢の方に集まっていただいたので、お店を貸し切りにしてもらいました。あきちゃん、あやちゃん、金子さん、宮崎さん、倉持さん、すみちゃん、中島さん夫妻、森ちゃん夫妻、はせやん、チギ、スネオ君、安藤さん、かずさんとともちゃんの樋口さん夫妻、原田さん、よしこさん、高久さん、ハニー羽入さん、じゅんやさん、米ちゃん、そして吉田さんといい歳、りょうちゃん、洩れている人はいませんね。038.gif
b0190242_142206.jpg

b0190242_1423296.jpg

b0190242_1425443.jpg

 いい歳、りょうちゃんが山に行くきっかけをつくったのは吉田さんの奥さんです。吉田さんの奥さんから富士登山に誘われて、最初は躊躇しましたが、背中を押されて取りあえず行ってみようかということでした。そのようにして始まったいい歳、りょうちゃんの山巡りは、2011年の今年だけで日本百名山に25座、百名山以外の山に15座行きました。現在、日本百名山は29座目を数えています。こうなったら、60歳までに日本百名山100座を目指す目標をたてましたが、私を誘ってくれた吉田さんの奥さんは富士登山以来、山には来ていません。
b0190242_1435455.jpg

 おしきせの会でちょっと驚いたのは、皆さんのカッコです。普段は山で会っているので登山の服装の皆さんを見かけていますが、この日は仕事帰りの方も多く、男性陣のほとんどはスーツ姿でした。
b0190242_144441.jpg

 そしてもっと驚いたのは、倉持さんのカッコです。私は皆さんに「レディ・ガガ」がいると紹介しましたが、レディ・ガガが玉手箱を開けてしまったのかと思いました。041.gif037.gif
b0190242_1441697.jpg

b0190242_1442723.jpg

b0190242_1445223.jpg

 倉本さんのレディ・ガガのヘアスタイルはかつらだったようであり、そのかつらをかぶって皆さん悪ふざけをしていました。041.gif037.gif
b0190242_1451276.jpg

b0190242_1452447.jpg

b0190242_1453682.jpg

b0190242_1461034.jpg

b0190242_1463051.jpg

 こちらの二人はかつらがない方が似合っています。041.gif037.gif
b0190242_1464880.jpg

b0190242_147645.jpg

 森ちゃんの奥様も来てくれました。奥様は森ちゃんとは喧嘩するほど顔を合わせていないとおっしゃっていました。
b0190242_1471875.jpg

b0190242_147562.jpg

 そして12月25日は森ちゃんの、12月29日は中島さんの奥様のお誕生日で、そのお祝いもかねました。
b0190242_1481690.jpg

b0190242_148332.jpg

b0190242_1484788.jpg

b0190242_1491817.jpg

b0190242_1494170.jpg

b0190242_1495426.jpg

b0190242_1501531.jpg

b0190242_1511310.jpg

b0190242_1512823.jpg

 最後は店の前で記念撮影。このあと、よしこさん、じゅんやさん、吉田さんとバーディーさんに謡いの会に行きました。じゅんやさんはタクシーで帰ることになってしまい、帰宅後に奥様にめちゃめちゃに怒られたそうです。奥様、私から誘ったので許して下さいね。040.gif
b0190242_152462.jpg

b0190242_1522014.jpg

b0190242_1524262.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_15323100.jpg

 
 推理小説を戦前は探偵小説といいました。日本の探偵小説、現代の推理小説を開拓した、草分けの一人として知られているのが、江戸川乱歩です。

 戦後、日本推理作家協会の初代理事長をつとめました。本名は平井太郎。ペンネームの江戸川乱歩は、推理小説の始祖エドガー・アラン・ポーにあやかりたくてつけたといわれています。彼の作品によく登場した名探偵が“明智小五郎”です。推理物ファンの間では、今でも懐かしい人物です。
 また世間を騒がせた「グリコ・森永事件」の犯人グループが、“怪人二十一面相”を名乗りましたが、これは彼の作品『怪人二十面相』と、二一世紀をひっかけてつけたのかもしれません。

 この乱歩の弟子で、乱歩のあとを引き継いだのが、推理小説界の最長老だった横溝正史です。彼は明治35年(1902年)に神戸で生まれました。大阪薬専を卒業後、家業の薬屋に勤務しましたが、乱歩に招かれて、雑誌「新青年」の編集長などをしたのち、推理作家として独立した変わり種です。
 昭和56年(1981年)12月28日、79歳で亡くなりました。墓は川崎の春秋苑にあります。

「犬神家の一族」「悪魔の手毬唄」「獄門島」「本陣殺人事件」「八墓村」「人形佐七捕物帳」など、かれの代表作はすべて映画化、テレビドラマ化されて人気を呼んでいます。

乱歩の作品に登場する名探偵は、さきに紹介した明智小五郎でしたが、彼の場合は、名探偵金田一耕助が活躍しました。
名前のモデルは言語学者の「金田一京助」博士から拝借したもの。着物姿のモデルは「若さま侍捕物帳」の作者・城昌幸をイメージに考えたと、彼は打ち明けています。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_154285.jpg


 実は翌日も、そしてその翌日もおしきせの会がありました。2日目のおしきせの会は大井町湯屋メンバーの晴れ男さん夫妻とエルビー山岸さん、そして晴れ男さんがいつもおばあちゃん呼ばわりしている般若の阿部ちゃん、めずらしく大崎さんも今回は参加しました。
b0190242_1542066.jpg

 場所は東急大井町線荏原町駅の「陣」1号店で行いました。大内さんが店長だったときにホールにいた五木さんが料理をすべて作っています。大内さんの話によると、大井町店は五木さんに任せようと思っていたそうですが、五木さんに断られたと聞いていたので、何故、断ったのか聞いてみると、「荏原町の方が知り合いが多く、荏原町に残りたかった。」と五木さんはおっしゃっていました。従業員の平均年齢は荏原町店の方が若いようです。
b0190242_1551644.jpg

そして「陣」荏原町店では木曜日は一部のメニューが半額になっています。半額になっているものばかり頼んでしまいました。037.gif
b0190242_1545835.jpg

 山岸さんと晴れ男さん。
b0190242_1563654.jpg
 
 山岸さんは最近、マンションを購入されて引っ越しされたとのことです。近々にお祝に押し掛けたいと考えています。また晴れ男さんは雑誌のNewtonを読むことが趣味で、今回もいろんなことを教えていただきました。しかしNewtonの話よりも興味深かったのは、「ゲイ」と「おかま」との違いをきちんと教えていただいたことです。「ゲイ」も「おかま」も体は男でありながら恋愛対象は男であるのですが、「おかま」は男でありながらも自分自身の心は女の心を持っており、男を好きになるのに対して、身体も心も男でありながら男を求めるのが「ゲイ」なんだそうです。芸能界では福山雅治や「海猿」で有名な伊藤英明はゲイの噂があるそうです。038.gif
b0190242_1555529.jpg

b0190242_1561298.jpg

b0190242_1565864.jpg

 晴れ男さんお奥様のりえちゃんとおばあちゃん。1月の第3土日に鬼怒川のあさやホテルに一緒に行って、温泉旅行をすることになりました。
b0190242_1571471.jpg

 「陣」でのおしきせの会が終了後、またまたバーディーさんに行き、謡いの会をやりました。晴れ男さんは森進一や北島三郎の歌を物まねしながら歌うのがお好きなようであり、もっぱら似てないと言われています。私は聞きあきて寝てしまいました。037.gif
b0190242_158991.jpg

b0190242_1583068.jpg

b0190242_159030.jpg

 3日目のおしきせの会は、ホームグラウンドの大井町「じゃんけんぽん」で整体師の岩崎先生と先生の何人目かの彼女さんと3人でこじんまりと飲みました。先生の彼女に、亀戸ホルモンに行ったときの写真を見せていると、先生が晴るさんの肩を抱いている写真を見て少し怒っていました。037.gif
b0190242_20092.jpg

b0190242_202040.jpg

 金目鯛のカブト焼き
b0190242_204880.jpg

 このウニはおいしかった。
b0190242_21268.jpg

 前回出してもらったレバー味のこんにゃく。
b0190242_21257.jpg

b0190242_21351.jpg

 この絵は第一三共製薬の石井ちゃんのお父さんが書いた絵です。
b0190242_215112.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(坂本スミ子/夜が明けて)

夜が明けて(作詞:なかにし礼、作曲:筒美京平、歌:坂本スミ子)

夜が明けて 手さぐりをしてみた
ぬけがらのとなりには 誰もいない
目をあけて 部屋のなか見てみた
陽がもれる窓のそば 誰もいない
夢を追いかけて
ひとりふかす たばこのけむり
白い 白い
夜が明けて 夢をみたまくらに
あの人のかみの毛が ひとつのこる
テーブルの 灰皿の中には
あのひとのすいがらが ひとつのこる
あせたくちびるを
かんでひいた ルージュの赤が
つらい つらい

われた手鏡に
語りかける おんなの朝は
ひとり ひとり

b0190242_23341.jpg

 
 さて12月31日大晦日は海浜幕張公園まで行って、2011年最後の夕陽を見てきました。昨日だったらきれいに見えたのかもしれませんが、大晦日の空は雲が多く、多分見れないと思いましたが、こういう写真を撮るときはあきらめないことが肝心なので、行ってきました。
b0190242_232265.jpg

 去年も書きましたが、初日の出のときはたくさんの人が太陽が顔を出すのを見に来るのに対して、今年最後の日没は誰も見に来ません。私ぐらいです。
b0190242_235713.jpg

 天気予報どおり、地平線上には雲があり、太陽は雲の中に沈んで行きました。
b0190242_24926.jpg

b0190242_242314.jpg

 下の隙間から太陽の一部が見ました。
b0190242_25370.jpg

b0190242_253172.jpg

 このブログを書いているうちに2012年1月1日の日付にかわってしまいました。今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
b0190242_255435.jpg

b0190242_26138.jpg

b0190242_264013.jpg

b0190242_27173.jpg


 
次回、雪上訓練の模様を報告します。

b0190242_273922.jpg

b0190242_281827.jpg

b0190242_2840100.jpg

b0190242_29562.jpg

b0190242_292313.jpg

b0190242_210023.jpg

b0190242_210523.jpg

by ryott-ryott | 2012-01-01 02:15 | おしきせ | Comments(0)