<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ゲンダマ会

6月27日、上智大学に行ってきました。

りりこ、赤くなりました。056.gif
b0190242_13112097.jpg

b0190242_13115411.jpg

四ツ谷駅。すっかりきれいになりました。
b0190242_12574363.jpg

大学の中に立派なビルが建っています。中にはコンビニもあるそうです。私が学生の時とは違います。その前にはやはり様変わりしたイグナチオ教会。
b0190242_12582317.jpg

b0190242_13310100.jpg

土手から見た風景。大学グラウンド。
b0190242_1302712.jpg

土手から見た迎賓館。
b0190242_12592286.jpg

野球やってました。
b0190242_1305914.jpg

大学の中には昔の古い建物も建っています。いずれ建て直す計画だそうです。
b0190242_1313828.jpg


すまじきものは宮仕え

今週、大井町湯屋で久しぶりに晴れ男さんに会いました。お休みを取って、沖縄に行ってきたそうです。晴れ男さんに「休んでばかりでいいですね」と言ったら、「そっちこそ遊びほうけているくせに」と反論されてしまいました。自由が利かない宮仕えもつらいものなんですよ、晴れ男さん。週末ぐらい、遊ばせてくださいな。041.gif

そして、いつもの土曜日は湯屋に行き、裕太郎エアロとトレーニングをやりました。インストラクターの裕太郎さんは会うたびにスマートになっていきます。帰りがけの裕太郎さんと話をしたら、3月1日から間食をやめたら、この6月までに16~17 kgもの減量ができたそうです。私は、この「間食(かんしょく)」を「豚足(とんそく)」と聞き間違えて、豚足を食べてことをやめれば、痩せるだろうと思いましたが、ポリスマンさんの奥さんから『 「豚足」じゃなくて、「間食」だよ 』と教えられ、「羨ましいでしょ」と体重がなかなか減らない私に苦言を浴びせて行きました。

今日はアクアビクスはやらずに、湯屋から帰宅し、上智大学に向かいました。


(まんが日本昔ばなし/耳なし芳一)

ラフカディオ・ハーン。日本に帰化して小泉八雲と名乗りましたが、この人ぐらい異国人でありながら、日本を愛し、日本の思想、風俗、歴史、伝統芸能に精通し、それを明治時代に世界へ紹介してくれた人は、他にいなかったように思います。
「知られざる日本の面影」「日本雑記」などの評論の他、「骨董」「怪談」など、すぐれた短編小説を海外で発表し、大変な反響を呼びました。
特に「怪談」のなかの一遍“耳なし芳一のはなし”は有名で、戦前の国語の教科書に載りましたし、戦後は映画にもなりました。
ハーンは1850年6月27日、ギリシャで生まれました。父はアイルランド系英国人、母はギリシャ人でした。
父母が離婚したので、単身アメリカに渡り、新聞記者をしながら東洋の研究、特に日本について勉強しました。
明治23年、彼が40歳のとき来日しました。ニューオリンズの万国博覧会で知り合った文部省事務官服部一三の世話で、松江市の旧制中学、師範学校の英語教師として、松江に赴任したのが、彼の生涯を決定づけました。
 この土地で、松江藩士の娘、小泉節子と結婚しました。妻の姓と、出雲の故事が気に入って「小泉八雲」と姓名をかえ、日本に帰化したのです。
その後、五高(熊本)、東大、早稲田大学で教鞭をとりながら。作品を書き続け、明治37年9月26日、東京の自宅で亡くなりました。54歳でした。
彼の功績は、日本を海外に紹介しただけではなく、逆に欧米の文学を日本に紹介した点も見逃すことはできません。
松江市には、彼が新婚時代を過ごした武家屋敷が、そのまま記念館として保存されています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)


ゲンさんと池内先生。
b0190242_1364532.jpg

この日、6月の最終土曜日に毎年開かれている「ゲンダマ会」に行ってきました。「ゲンダマ会」とは化学科の分析化学研究室の同窓会で、その当時に教授の佐藤弦(さとうげん)先生のお名前から付けられました。

昨年も思いましたが、女性の学生さんの数がかなり多く、半分以上占めていることには驚きました。私が学生の時の分析化学研究室には同級生10人中、一人しかいなかったことを考えると劇的に増えています。
それから、これだけ世の中が不景気で宮仕えの私なんか賞与が先送りになっているのに、研究室の学生さんはみなさん就職を決められて、前途洋洋。若いって羨ましい。
私が勤める会社にも毎年、学生さんが何人か就職活動でやってきますが、特に女性のほとんどが「水処理」を希望する人が多いです。「水処理」にきれいなイメージを持っている方が多いようですが、実際は汚い泥水を取り扱わなければならないことにガッカリされる方も多いようです。


(いきものがかり/青春ライン)

そして、1年ぶりの懐かしい再会。佐藤弦先生は今年79歳。私が学生の時から全くその風貌は変わってなく、スター・ウォーズのヨーダとあだ名されていました。先生に「まったく変わりませんね」と言ったら、先生は「あなたが年を取っただけだよ」とおっしゃいました。何年か前にお会いした時は、「カラスの鳴き声が気になって、大学を辞めてから家でカラスの鳴き真似をしている」とおっしゃったときには、皆さんが心配しておられましたが、今回は「電荷が電場の中を進むときに電荷のまわりに磁場が発生するが、その電荷と一緒に進むと磁場が自分の目にどう映るか気になっている」と誰も思い浮かばない発想のお話をされていました。026.gif

b0190242_1341796.jpg


清水先生は髪がいっそう白くなった感じでしたが、定年しても清水節は健在でした。先生は大学に勤めていたときは自分の専門以外には目が向かなかったが、定年してやることがなくなり、かえって世の中のいろいろな出来事に目が向くようになったそうです。そして、いかに新聞やマスコミが言っている科学の話はデタラメが多いこと、エコという名前を偽って金儲けしようとしている連中がいること、経済評論家がウソつきであることが、長年の化学フィールドの経験から手に取るようにわかるとおっしゃっていました。

b0190242_135989.jpg


定年退官以来、5年ぶりに池内先生にお会いすることができました。私に会うなり、「ちゃんとやってる?腰を落ち着けてやる気になった!」と叱られているような感じでした。会社の仕事がつまらなくて、先生に相談したこともありました。私が会社に入ってからも、いろいろとご心配をおかけした、やさしい先生です。実は今も「なんて面白い仕事だろうか」という代物に出会ったことはありませんが、この年齢になると諦め半分、割り切り半分でやるしかありません。先生はいまや悠々自適の生活、毎日お宅で好きなことをやっているそうです。出席者の名簿に私の名前があり、私に会うことを楽しみにしていたと言っていただきました。001.gif

b0190242_1355877.jpg


私が学生の時の先生は皆さん退官されて、もう一人もいらっしゃらないそうです。「ゲンダマ会」も若い人がたくさん入って、若返っており、3人の先生が退官された後も、継続されて、科学の進歩とともに「ゲンダマ会」も進歩していることがわかり、嬉しい一日でした。003.gif


(森田公一とトップギャラン/青春時代)

大井町に8時半過ぎに戻ってきました。じゃんけんぽんによったら、これからモツ焼き屋さんの「しげ」に行くことになりました。春さん、トントンさんから日曜日の宝塚記念競走の馬券を買ってもらえないかと、買い目を渡されて、頼まれました。私は前回日本ダービーが的中したので、もう二匹目のドジョウはいないと思っていますが、春の天皇賞馬(①マイネルキッツ)から遊んでみましょうかね。

刺し盛り011.gif
b0190242_1382757.jpg

b0190242_1385414.jpg

串焼き011.gif
b0190242_1392220.jpg

しげの前で3回目の記念撮影011.gif
b0190242_1395617.jpg

b0190242_13102784.jpg

by ryott-ryott | 2009-06-28 13:23 | 同窓会

焼酎試飲会~禊の会~

川崎BEで焼酎の試飲会がありました。011.gif
b0190242_22371382.jpg

b0190242_2252585.jpg

下神明から見た大井町方面。昔は線路の右側にお店が並んでおり、小さな商店街がありました。大井埠頭と第二京浜国道をつなぐ計画があり、その小さな商店街はなくなってしまいました。私が小学生のころから計画されていましたが、35年以上経って、ようやく道路が出来つつあります。
b0190242_22375737.jpg


(松任谷由美/埠頭を渡る風)

6月20日、大井町湯屋はお休みでした。先週のさくらんぼ狩りから、もう1週間経ちました。土曜日は中国整体へ行き、坐骨神経痛の治療をしました。何度行っても施術の痛みは変わりません。
私は毎週、加圧トレーニングを受けているのですが、トレーナーの方から最近の流行の話を教えていただくことがあります。先日、聞いた話では最近はジョギングがブームになっているようですが、ジョギングをする連中のマナーがとても悪いというお話を聞きました。皇居のまわりをジョギングして、その周辺の銭湯などにゴミを捨てたり、ひどい連中は靴を捨てていく人もいるようです。まさか大井町湯屋のジョギングをやっている連中にそんな人がいるとは思いませんが、社会問題になっていることを考えると、単なる流行では済まされないと思いました。


(松任谷由美/destiney)

1633年6月22日、ローマの宗教裁判所は、のちに近世自然科学の祖と言われた、ガリレオ・ガリレイを、ミネルバ修道院サンタ・マリア聖堂に呼び出し、歴史に残る判決を言い渡しました。
罪状は「キリスト教の旧教(カトリック)では、古代ギリシャのアリストテレスが唱えた、地球のまわりを太陽がまわるという“天動説”を支持してきた。しかるに、あなたは、ポーランドの学者コペルニクスの唱えた、地球のほうが太陽のまわりをまわるという地動説“を信奉してやまない。これは学者として、世を惑わす言動であり、神に背くものである。本来ならば、火あぶりの刑に相当する罪であるが、今後、”地動説“を破棄し、”天動説“を支持するならば、終身禁固刑にしてやる。」これが、この日の判決の内容でした。
懺悔の意をあらわす白衣をつけて、いならぶ裁判官の前に膝まづき、ガリレオは、それに従いました。
心ならずも“天動説”支持に署名したガリレオは、ふとつぶやきました「それでも、やはり地球は動く」ガリレオの名言として伝えられているものです。
彼は“ピサの斜塔”で名高いイタリアのピサで生まれました。ピサの斜塔でランプで揺れているのを見て、「振り子の等時性」を発見したり、斜塔から物を落とす落体実験から、「落体の法則」を発見したり、天体望遠鏡をつくって天体観測を行い、太陽の黒点を発見したり、すばらしい業績をあげました。
晩年はフィレンツェへ移り、彼の科学者としての天分を認めたトスカナ太公の庇護を受けて研究に専念しました。1642年1月8日、78歳で亡くなりました。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)


b0190242_22395949.jpg


6月21日、日曜日、川崎のBE8階で焼酎の試飲会があり、行ってきました。エルビーさん、ランナーさんと一緒に行くはずでしたが、エルビーさんは体調不良、ランナーさんはお知り合いの葬儀で参加できませんでした。
 酒蔵は全部で10店舗くらいあったでしょうか。13時から始まって、16時まで。私は1時間半で全店舗まわり、2周目に突入。食前酒、食中酒、食後酒の飲み方をレクチャーしてくれる酒造さん、今年の7月22日の皆既日食を記念して作った焼酎の酒造さん、おなじみの佐藤、道中など、飽きることがありませんでした。焼酎とお水を6:4くらいに割った前割を燗にした焼酎は、焼酎そのものよりも味が深く、燗をすることで焼酎に含まれている香り成分が引き出され、同じ焼酎でも、いろいろな面を楽しむことができました。

銀座で飲むと一杯5000円の佐藤。
b0190242_2240549.jpg

佐藤をつくっているお芋のてんぷら。011.gif
b0190242_22415550.jpg

7月22日の皆既日食を記念して作られた焼酎。
b0190242_22423560.jpg

御機嫌の春さん。
b0190242_22433244.jpg

飲みすぎて、ぐったり。041.gif
b0190242_22442892.jpg

b0190242_22445096.jpg

酔っ払い集団。
b0190242_22494825.jpg

b0190242_22504530.jpg


(平原綾香/Jupiter)

by ryott-ryott | 2009-06-21 23:00 | 禊(みそぎ)の会

誘いの連鎖・迷人戦から食の名人戦へ

昭和30年代の大田区。
b0190242_16464698.jpg

蒲田の映画街。昔は結構、どの駅の近くにも映画館がありました。
大井町にも少なくとも5軒はあったと思います。いまでは全部なくなりました。
b0190242_16475967.jpg

大森駅西口。今でもあまり変わらないような気がします。
b0190242_16482523.jpg

蒲田駅舎。これは駅なのでしょうか。言われないとわかりません。032.gif
b0190242_16485342.jpg

蒲田駅前。なにもない。
b0190242_16491751.jpg

19日金曜日、会社で執務をしていたら、以前の上司の方から電話があり、囲碁をやっているので一局どうかというお誘いがありました。前上司は、私の勤め先からバスで約10分の場所にパートとして勤めており、月に1回くらいの割合で会社の会議室で囲碁と将棋をやっています。しかし、囲碁をやる人が減ってしまい、その会社では前上司一人だけで、お手合わせする相手がいないということで、私のところに電話がありました。私は二つ返事でOKし、前上司の勤め先へ行きました。全部で4局打ちました。私の3勝1敗。勝った3勝はすべて前上司の大石(たいせき)を仕留めての中押し勝ち。囲碁って、性格が出ると言います。相手の石を取ってしまって、ひどい人呼ばわりされるのは甚だ心外なのですが、相手が無理をしてくるとどうも咎めてしまいたくなります。これについては囲碁も普段の生活もあまり変わりないことを考えると、やっぱり性格が出るのでしょうか。037.gifそれにしても滅茶苦茶な囲碁でした003.gif

本因坊秀策像
b0190242_16502587.jpg


(ヒカルの碁)

「斜陽」「人間失格」などの名作で知られる作家の太宰治が、愛人山崎富枝と武蔵野玉川上水で心中し、その死体が発見されたのは昭和23年(1948年)6月19日の朝でした。
太宰治39歳、山崎富枝29歳。二人は赤い腰紐で固く結ばれていました。

太宰のファンたちは、この日を彼の命日として、墓のある東京三鷹下連雀の禅林寺において、毎年「桜桃忌」を開いています。
「桜桃忌」と名付けたのは、彼の晩年の作の「桜桃」という名作があり、死亡した季節が桜桃の熟するころであったという理由です。
太宰の死は、当然、情死もしくは心中だと思われていました。太宰の生家は、常陸宮妃とつながりがある津軽の名家であり、旧華族の津島家の一族でした。そのため、情死や心中などは不名誉の極みであり、愛人山崎富枝に殺されたと主張しています。
 また文壇仲間でも、太宰の遺書に、彼の師事した文壇の先輩井伏鱒二を罵倒する記述があったところから、太宰治は麻薬常習者、精神錯乱者で、死ぬ意志がなかったのを、彼女に謀殺されたのだと、主張する一派がありました。
 気の毒なのは、両方から悪女にされた山崎富枝とその家族でした。
彼女の日記、太宰の遺書、二人の行動、死体検証の結果などからみても、明らかに情死・心中であった反論しています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

(初田悦子/きみのママより)

囲碁迷人戦を終え、前上司とまたお手合わせすることを約束し、大井町湯屋へ向かいました。湯屋で1時間ほどトレーニングをしました。066.gifすると携帯にじゃんけんぽんのトントンさんから、モツ焼き屋しげに行きましょうとのお誘い。急いでじゃんけんぽんへ向かいました。すでに店じまいをしているところで、暗がりから春さんのお友達のよしえちゃんが現れた時には、肝をつぶしました。一瞬、お化けかと思ってしまいました。普段、お会いしても怖い顔なので、なおさらです。041.gif

4人でしげに向かい、刺身の盛り合わせ、串焼きをいただきました。お腹が減っていたため、たくさん食べて、お酒も戴きました。本日はお誘いの連鎖の一日でした。041.gif


(犬神家の一族ラストシーン)

店の前で撮影。040.gif
b0190242_16574340.jpg

刺身5点盛り。011.gif
b0190242_16581375.jpg

串焼き。011.gif
b0190242_16583797.jpg

豚足。011.gif
b0190242_1659669.jpg

持つ煮込み。011.gif
b0190242_16594331.jpg

by ryott-ryott | 2009-06-20 17:13 | じゃんけんぽん

さくらんぼ狩り~心への水やりの旅~

一生感動 一生青春。 相田みつを
今日土曜日は朝7時45分に新宿駅に集合。山梨県までさくらんぼ狩りに行ってきました。
058.gif
b0190242_0534173.jpg


私がよく行くじゃんけんぽんのお客さんの石井ちゃんが春さん、トントンさん、私をさくらんぼ狩りに誘ってくださいました。石井ちゃんのお仕事仲間も含めて総勢16名。新宿西口からバスに乗車、バスの中で朝からビールを飲み、山梨県に向かいました。

b0190242_0555160.jpg


スカッと晴れていたわけではありませんが、幸いにして雨も降らず、さくらんぼ狩り日和。058.gif
まずはサントリーのワイナリーを見学し、ジンギスカン。


(ジンギスカン)

トントンさん、さすがプロの料理人。ジンギスカンの焼き方、手慣れています。私は石井ちゃんの仕事仲間のお嬢さん方と同じテーブルに着きました。お嬢さんたちが焼いてくれたんですが、明らかにお隣のテーブルのトントンさんの焼いているお肉のほうが美味しそうでした。お隣のテーブルの焼き方を見よう見まねで、一生懸命にお嬢さんが焼いてくれ、なんとか3回目のおかわりのときには、同じように焼けるようになりました。私はただ食べるだけでした。011.gif068.gif

b0190242_0564351.jpg

b0190242_0572353.jpg

b0190242_058253.jpg


石井ちゃんのお仕事仲間は皆さん製薬関連の方々。つま楊枝に含まれているサリチル酸は昔は柳の木から採取した話とか、酵母の話や降圧剤の話など普段聞けないお話を聞くことができました。

ワイナリーの前で記念撮影。
b0190242_0593475.jpg


洞爺湖サミットに出されたという、貴腐ワインを試飲しました。1本31500円。安いワインを買いました。069.gif
b0190242_102863.jpg


傾国の美女と呼ばれた楊貴妃は、本名は楊玉環(ようぎょくかん)、今の四川省に勤務する一軍人の娘として生まれました。
傾国とは色香で国をも滅亡させる美女。貴妃は名前ではなく、二番目の王妃の位です。
 中国王朝の後宮(ハーレム)には、3000人の美女がいましたが、それぞれ階級がありました。
皇后の下には、貴妃、淑妃、徳妃、賢妃の順に4人の王妃、その下には九賓と呼ばれる9人の王妃、さらにその下に3段階に分かれた王妃。
このたくさんの王妃に仕える女官たちにもさまざまの階級がありました。楊玉環の場合は、その美貌と才智が買われ、幸運にも玄宗皇帝の嫡男寿王の后に抜擢されました。
ところが父である玄宗皇帝は寵愛の王妃が急死すると、とたんに息子の嫁がほしくなり、無理やり楊玉環を貴妃として迎え入れました。玄宗皇帝59歳、楊貴妃26歳のときでした。

それから二人の仲は、白居易の長編抒情詩「長恨歌」にうたわれた通り、「老いらくの恋」、「傾国の愛」に燃えに燃えました。

唐の始祖太宗皇帝に次ぐ名君と言われた玄宗皇帝も、楊貴妃の色香に迷い、政治は乱れるばかりです。国民の不平不満、反感が強まるのは当然です。
やがて楊貴妃は、信頼していた養子の安禄山に裏切られ、クーデターで長安を追われ、玄宗皇帝とともに馬嵬(ばかい)に脱出しました。しかし、ここでも兵士の反乱に会い、楊貴妃は玄宗皇帝の面前で斬られてしまいました。天保十五載(756年)6月14日、楊貴妃38歳、玄宗皇帝71歳でした。



(大塚愛/さくらんぼ)

ワイナリーでの試飲、ジンギスカンでかなりお腹いっぱいの状態でしたが、今日の最大目標のさくらんぼ農園へ向かいました。農園はネットで覆われており、高砂、佐藤錦、レーニアなど幾つかの品種が一緒に植えられています。さくらんぼは異なる品種を受粉しないと実が成らないそうですよ。
056.gifそして、花が咲くと、高砂には佐藤錦の花粉を、佐藤錦には高砂の花粉を人の手で受粉させて、さくらんぼが成るようにしているというお話を農園の方から聞きました。さくらんぼ狩りは持ち帰ることはできませんでしたが、木になっている実は食べ放題です。意地汚い私はたくさん食べてやろうと思いましたが、ジンギスカンを食べすぎたせいでしょうか、すぐにお腹一杯になって、さくらんぼをたくさん食べることはできませんでした。003.gifでも、甘酸っぱくて美味しいさくらんぼでした。

さくらんぼ、木に宝石が成っているようです。
b0190242_123963.jpg

b0190242_133796.jpg

b0190242_14682.jpg

b0190242_144931.jpg


ブドウも成っていました。
b0190242_152965.jpg


最後に和菓子の工場に寄りました。これらはみんなお菓子でできている見事な飾り菓子です。
b0190242_163560.jpg
b0190242_165939.jpg
b0190242_172836.jpg


新宿に戻ってきて、皆さんと夕飯を食べました。まだ食べている070.gif
b0190242_18139.jpg


今日一日、食べて飲んで、
さくらんぼ狩りの旅は、心への水やりの旅でもありました。

(山本コウタロー/岬めぐり)

by ryott-ryott | 2009-06-14 01:32 | 心の水やり

蜂の一刺し

今日は勤め先がお休みでした。私が休んだのではなく、会社がお休みだったのです。私が勤める会社は半年に1回、「スポーツをやりましょう」という名目で特別休日があります。今日がその日でした。偉い人たちはゴルフに出かけているようです。

今日は朝11時におなじみの中国整体に行き、坐骨神経痛の治療をして、そのあと床屋さんに行きました。もう1ヵ月半、床屋に行っていませんでした。いつもならば1ヵ月も経つと髪がボサボサになり、気持ち悪く感じるのですが、今回はなぜか、「まだ行かなくても大丈夫だな」という感覚。おそらく髪の毛が少なくなっているからでしょうか。041.gif

しながわWEB写真館でこんな写真を見つけました。072.gif


阪急百貨店、私の記憶にある阪急百貨店とは違います。プロトタイプの阪急百貨店です。
b0190242_081133.gif

新幹線ひかり号と大井町線の交差点。昔の車両です。
b0190242_084059.gif

阪急百貨店の屋上から見た風景だそうです。右手にキャバレー杯一が見えます。子どもの頃、夜、杯一の前を通るの、酔っ払いが多くて怖かったです。044.gif
b0190242_09431.gif

坂下から見た大井町駅。左手に三菱銀行、今もありますが随分様変わりしています。現在イトーヨーカ堂が建っている場所に民家が建っていたんですね。それから現在のイトーヨーカ堂の駐輪場出入り口には日活・東映・東宝の映画館がありました。子どもの頃、映画を見て、阪急百貨店の中のレストランに連れて行ってもらうことが楽しみな時期がありました。011.gif
b0190242_010384.gif


東海道きっての大親分、山本長五郎こと「清水の次郎長」と言えば、子分の大政、小政、森の石松とともに、講談、浪曲、映画、テレビドラマなどで活躍する、おなじみの人物です。明治維新になって、ヤクザ稼業から足を洗った次郎長について、彼の養子になった天田愚庵は、「東海遊侠伝」でこう書いています。

「次郎長は改心すると、力を農業に注ぎ、富士の裾野で原野数十町歩を開発して殖産に努めた。この開墾事業には、懲役囚数十人を使った。静岡県当局は囚人に鎖をつけて働かせたが、次郎長は願い出て鎖を外し、自由にさせて働かせた。囚人たちはその寛大な度量に感激し、一人として逃亡するものはいなかった。みんな次郎長をほめたたえた。」
 新政府の逓信大臣になった榎本武揚などは、その人使いのコツを、わざわざ習いに次郎長のところにやってきたと言われています。

しかし、足を洗った親分の実像はいささか違っていました。富士の裾野の土地払い下げには、暴力を使って土地の農民を追い出して自分のものにしてしまいました。

明治17年2月、全国一斉に行われた博徒の検挙には、次郎長も引っかかって、懲役7年、罰金7円の実刑で、静岡監獄に投獄されました。たまたま運よく、翌明治18年、監獄のそばの土砂崩れで、次郎長は建物の下敷きになり大怪我をしたため特赦され、実家に帰ることが許されました。

そこで清水港で料理屋兼船宿を開業しました。それから8年、明治26年6月12日、74歳の生涯を閉じました。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

(alan/懐かしい未来)

中国整体のツボ押しは相変わらず相当な痛みでした。私が通っている中国整体の先生は熊本大学で医学博士の学位を取得されています。お話好きで、施術中にいろいろなお話をしてくれますが、今回は血液をサラサラにする食べ物の話をしてくれました。と言っても、もうすでにご紹介したセロリがその代表格なんだそうです。セロリは水溶性食物繊維をたっぷり含んでおり、食事ごとに摂ることを心掛ければ、肉などに含まれる中性脂肪を体内へ吸収を防いでくれる役割を果たします。中国では、セロリとピーナッツを一緒に茹でて、塩をかけて、ビールのおつまみにするそうです。またセロリに独特なあの香りには、柑橘系の精油にも入っているリモネンが含まれており、その香りを嗅ぐと、体内の脂肪を燃焼する効果があるそうです。027.gif

それから昨年もそうでしたが、気温が高くなると蜂が出没し、ときに人が刺されてしまうことがありました。今年もまた蜂が出没し始める季節が来たようです。しかし整体の先生がおっしゃるには、蜂に刺されると関節痛・リュウマチ痛を持っている人が不思議と発症しなくなるのでそうです。蜂の針の毒の中に、関節痛・リュウマチ痛を抑える成分が入っているようです。さすがにわざわざ蜂に刺されようとは思いませんが、有効利用する手立てはありそうです。イタズラ好きのエルビーさん、晴れ男さんは蜂の一刺し、受けたほうがよさそうですね。037.gif

(みつばちハッチ)

今日のお昼は床屋さんの帰りに木洩れ日さんでオムレツを食べました。
b0190242_0141111.jpg

b0190242_0162616.jpg

by ryott-ryott | 2009-06-13 00:26 | 健康と美容

アビアーサからバイラーギャまでの土曜日歌いの会

 3週間ほど前にたまたま本屋さんで発見した写真集、「東京消えた街角」。この本の90ページに昭和43年6月10日の国鉄大井町駅舎が載っており、思わず、この写真集を買ってしまいました。坂の上には東急大井町線の大井町駅も写っており、面影を感じます。この駅舎の裏側に平屋の品川公会堂、今のきゅりあん、駅舎の、道を挟んだ前に阪急百貨店がありました。私たちが今、足しげく通っている大井町湯屋ができるかなり前の写真です。
b0190242_231138100.jpg
b0190242_23115745.jpg

ゼームス坂、空が広く感じます。
b0190242_23122735.jpg

中延アケード街。中延駅前の喫茶店「東亜」は今もありますね。
b0190242_2312491.jpg

戸越銀座駅前の踏み切り。面影あります。この手前にラーメン屋の「縁(えにし)」ができました。亀屋万年堂はガラス張りのきれいなお店になって今もあります。
b0190242_23131639.jpg

第二次世界大戦中、ヨーロッパ戦線で連合軍が大反撃に転じ、勝利をおさめるきっかけになったのは1944年6月6日に決行されたノルマンディー上陸作戦です。
 戦史に残る大作戦であっただけに、早速映画化され、ジョン・ウェイン主演「史上最大の作戦」の題名で、世界的にヒットしました。
このころ、ドイツ軍は連合国側の反撃を、ほぼ予測していました。ドイツ軍総司令官は、ナポレオン以来の名将といわれたロンメル将軍です。
 彼は連合軍が、いつ、どこに上陸するか、必死にその情報を集めました。6月になると、フランスの西海岸ノルマンディー地方は、暴風雨のひどい悪天候に悩まされていました。
 この悪天候では、さすがの連合軍も上陸はないだろうと判断し、ロンメル将軍は司令部を離れ、ドイツへ戻りました。妻の誕生日のお祝いと、ヒトラーに援軍を要請するのが名目でした。

 ところが、相手側の連合軍最高司令官アイゼンハワーは、この気象状況をよく分析し、作戦開始の日を天候回復初日の6月6日と決めていました。
 この二人の指揮官の気象に対する取り組みの姿勢が、世界の運命を大きく変えました。
天気予報が見事に当たったのです。6月6日の朝6時、アメリカ、イギリスの落下舞台は暁とともにノルマンディー海岸ドイツ軍陣地の背後に降下し、700余隻の軍艦は艦砲射撃を加えながら、いっせいに史上最大の作戦を開始しました。

 ロンメル将軍はこのあと、ヒトラー暗殺計画の疑惑に巻き込まれ、ヒトラーに謀殺されたとされています。表面は事故死、しかも国葬の栄誉札を彼に与えたと伝えられています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_23314268.jpg

土曜日歳時記の看板を立ちあげてから、ようやく土曜日に辿り着きました。026.gif
朝からいつものように裕太郎エアロ、トレーニング、大暴れアクアビクスをやりました。アクアビクスでは水をたくさん跳ね上げて天井まで達して、一時プールに雨が降りました。となりのおばさんが笑っていました。071.gif
アクアで暴れた後、中国整体へ行き、坐骨神経痛の治療。何回やってもらっても、あの施術の痛みには慣れません。この日もお尻のほっぺたのツボは相当な痛みでした。

そして、夜はじゃんけんぽんへ行きました。この日、晴れ男さんをようやくじゃんけんぽんへ案内することができました。Main Dishは豚肉のしゃぶしゃぶ。068.gif

お連れしたのは皆さん大井町湯屋仲間。晴れ男さん、歯医者さんの湯浅さんご夫妻、阿部ちゃん、理枝ちゃんと大井町駅前で待ち合わせして、じゃんけんぽんへ向かいました。エルビーさんと大崎さんも8時には合流。

b0190242_2318442.jpg


晴れ男さん、湯浅さんご夫妻、大崎さんは週12時間以上の筋肉トレーニングをこなすアスリート派。同じ湯屋に通っている私とは体つきが違います。066.gif

話題はなぜNEWSPOが消滅してしまったかから始まって、筋トレ、ステロイド、痛み止めの話、体つきが冷蔵庫そっくりのビルダーの話、ステロイドの話、最近見た映画の話まで多岐にわたりました。
体つきが冷蔵庫に似ている方はステロイドを使用しているらしいとの話でしたが、特にオリンピアに出るような方は、ステロイドを結構使っているようです。私が学生のときにはステロイドは副腎皮質でつくられており、人工的に投与して、中断する死に至ることを薬学部の先生から聞いたことがあり、絶対に使用してはならないと教わったものですが、今は死に至ることはないそうですね。しかも、サラブレッドなどに投与するものを使用している方もいるようであり、体つきが人間離しているそうです。037.gif

豚しゃぶ、おいしかったですね。たくさんお代わりしてしまいました。豚しゃぶは筋トレの後には最高の食べ物だと湯浅さんがおっしゃっていました。

b0190242_23193041.jpg
b0190242_23195637.jpg

b0190242_23234811.jpg


じゃんけんぽんでの宴も終了し、近所のカラオケスナックへ行き、歌いの会。私は歌いの会で1曲か2曲歌って、かなり酔いが回ってしまい、シャバーサナ。皆さんが何を歌ったのか、全く覚えていませんし、帰るときにお代を支払ったかどうかも記憶にありませんでした。ただ、エルビーさんがわざわざ私を家まで送ってくれたのは覚えています。エルビーさん、ありがとうございます。飲みすぎには気をつけます。しかし、あの写真は誰が写したのでしょう。私のデジカメに酩酊状態の自分が写されており、とてもこのブログでは紹介できません。

土曜日はアビアーサから始まって、バイラーギャに終わった一日でした。

みんなでじゃんけんぽんの前で記念撮影。
b0190242_23204529.jpg



(石川さゆり/ホテル港や)

英語の歌を熱唱するエルビーさん。
b0190242_23212646.jpg

湯浅さんご夫妻と理枝ちゃん、皆さんとても歌がうまい。お歌がうまいことだけは覚えていますが、楽曲を覚えていません。
b0190242_2322173.jpg


(吉田拓郎/流星)

(織井茂子/黒百合の歌)

by ryott-ryott | 2009-06-07 23:33 | じゃんけんぽん

~夢の果てなどない~ROOKIES 卒業

紫陽花や帷子(かたびら)時の薄浅黄 松尾芭蕉
お隣の家の紫陽花の花056.gif
b0190242_1825897.jpg
b0190242_183165.jpg


今日も会社休みました。血圧が高いだけではなかなか症状がでないのですが、私の場合は頭痛を伴っていたため、検査を受けたほうがいいということになり、またまた大嫌いな病院に行ってきました。検査の結果は来週わかります。

病院は午前中であったので、午後気になる映画を観てきました。おっぱいバレーではありません。003.gif


(ROOKIES映画予告)

b0190242_1863648.jpg

比叡山(http://www.pref.kyoto.jp/)

天台宗の宗祖最澄は奈良時代の末期、近江の国で生まれて、弘仁13年(822年)6月4日、比叡山の中道院で亡くなりました。

清和天皇から、日本では初めての大師号「伝教大師」のおくり名を賜りました。
日本における天台宗は、延暦23年(804年)に入唐した最澄が、天台大師の教えを伝えたのが最初です。
 奈良時代すでに華厳宗、律宗、三輪宗、法華宗、成実宗、倶舎宗の諸宗が渡来していましたので、天台宗はそのあとの宗派として独立しました。
天台大師の教えを中心に、戒法、禅法、密教、念仏などの諸法が生まれ、天台の教えは、日本仏教の源流的役割を果たし、2000年にも及ぶ日本文化に大きな影響を与えてきました。

総本山である比叡山は、宗祖の教えに基づき、学山として宗教学徒の修練道場として知られ、古今幾多の名僧智識を輩出してきました。
 古い歴史を持つだけに、天台宗の名刹は多く、総本山延暦寺の他、代表的寺院としては、北から中尊寺(一関)、立石寺(山形)、輪王寺(日光)、寛永時(上野)、善光寺(長野)、三千院・妙法院・曼殊院・青蓮院(京都)、円教寺(姫路)、観世音寺(福岡)などがよく知られています。

最澄の言葉で有名なものは、その著書「山家学生式(さんかがくしょうしき)」の中にある「一隅を照らす者は国宝なり」の一文で。よく色紙などに「照于一隅」とか「一燈照隅」と書かれているのは、このことです。
 たとえその灯が小さいものであっても、一人ひとりがこつこつと、一隅を照らし続けるような仕事をやっていけば、やがては「万燈遍照」となって、世の中全体が明るくなっていくという意味です。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)



(ROOKIES最終回)

テレビドラマのROOKIES最終回が放送されたのは去年の7月くらいだったでしょうか。佐藤隆太扮する川藤幸一が試合中の野球部員へ「臆病でためらいがちの人間にとっては一切が不可能だ。なぜなら一切が不可能に見えてしまうからだ。あきらめて振ったバットには絶対にボールは当たってくれない。だが自信を持って振れば、目をつぶってたって当たることがある。お前たちが努力して手に入れた最大の宝、可能性だ。・・・・」というシーンがあります。なんて教訓的ないい言葉でしょうか。このシーン、何回もYouTubeで見てしまいました。道徳のお手本のようなドラマでした。

そして、今日の病院帰りに映画館へ直行し、ROOKIES卒業を観てきました。

これから映画を見られる方もいるので詳しくは書けませんが、いい映画でした。映画館の中、みんな涙していました。若い女の人も、男の子も、おじさんも泣いていました。007.gif泣いていないのは映画館で弁当を食っていたババァだけです。037.gif

甲子園という「夢」に向かって、絆と友情を深めていく。絶体絶命の場面でもお互いを信じあって、困難を乗り越えていく。キャプテンの御子柴が病院で「夢が叶ったら、その次はどうなるのか、夢の果てとは何だろうか」と川藤と部員に問いかける場面があります。しかし最後には夢には果てなどないということを悟ります。

夢をつくり、夢を叶える、人生はすべて、その繰り返しであることを
ROOKIESは教えてくれていると思いました。



(ROOKIES最終回より)

きのうのじゃんけんぽん、ゴーヤチャンプルとにごり酒。068.gif
b0190242_18105198.jpg

b0190242_18112367.jpg

by ryott-ryott | 2009-06-04 18:22 | movie

ブログの練習2・グレープフルーツの効用

今日の、りりこ

りりこのお花056.gif
b0190242_14121299.jpg

実も確実に大きくなっています058.gif
b0190242_14134042.jpg
b0190242_14135831.jpg

日本ダービーの余韻も冷めやらない中、YouTubeにもう今年のダービーの映像がアップされていました。



(第76回日本ダービー/①ロジユニヴァース優勝)

    泰平のねむりをさます上喜撰 たった四はいで夜も眠れず

 上喜撰は上等なお茶、四はいは四隻の黒船を指しています。

b0190242_14165934.jpg


嘉永6年(1853年)6月3日、アメリカ海軍提督ペリーの率いる東インド艦隊(蒸気船2隻と帆船2隻)は突然伊豆半島に姿を現し、午後3時には浦賀に停泊しました。
 黒塗りでいかめしい威容を誇る軍艦からは、もくもくと黒い煙を吐き、見ればたくさんの大砲を積んであります。
沿岸の人々の驚きは大変でした。戦争になると考え、女子どもを避難させ、敵の上陸に備えて、街道に柵を作り、兵糧を集める騒ぎです。
浦賀奉行戸田氏栄は、早馬で江戸幕府に急を知らせました。鎖国を楯に泰平安逸をむさぼっていた幕府にとっても大混乱です。
ペリーは日本に開国通商を求め、アメリカ大統領の親書を携えてやってきたのです。交渉次第では武力行使もやむなしと強硬姿勢を示します。
幕府もてんやわんやの騒ぎの結果、浦賀奉行の戸田氏栄が久里浜でペリーと会見して親書を受け取り、来年の回答を返事しました。

親書を渡したペリーは江戸湾に黒船を進めてデモストレーションをし、沿岸の人々を驚かせて引き揚げました。

翌年安永元年(1854年)正月、再びペリーが約束通りに日本に現れ、その時初めて日米和親条約を結ぶことに成功しました。この日、明治維新への動乱の始まりになりました。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)


(Hayley Weatenra / I dreamed a dream.)
(今、一見さえないおばさんSusan Boyleがレミゼラブルの「夢やぶれて」を歌って話題になっていますが、私はこちらのほうがいいですね。)

今日、6月3日かかりつけのお医者さんへ行ってきました。週末から血圧が下がらず、多少頭痛もあったので相談に行きました。現在処方されている薬だけではどうも血圧が安定しないという判断で新しい薬を追加処方してくださいました。血圧が上がる原因はいろいろあるようですが、ストレス、仕事のやりすぎ、睡眠不足もかなりの影響があるようです。これらの原因に対して、私の場合には皆さんは疑問の目を向けることが多いですが。

医薬分業で、薬局で新しい薬を受け取るときに、薬剤師さんが親切に説明してくださいますが、「この薬を服用中にはグレープフルーツ、そのジュースは摂らないでください。」との注意がありました。何やらグレープフルーツに含まれる成分が解毒酵素の阻害をして薬が体内にいつまでも残ってしまい、血圧が下がりすぎてしまうそうです。薬剤師さんに「その成分は何ですか?」と質問しましたがわからないとの回答。とにかくグレープフルーツは食べてはいけないとのこと。ほかの柑橘類は食べても問題ないそうです。

早速、家に帰ってインターネットで調べると、薬を飲むと肝臓で解毒されますが、このときにP450という酵素がその役割を果たします。P450という名前は450 nmのところに吸収スペクトルがあることから付けられました。グレープフルーツが体内に吸収されると、グレープフルーツの成分がP450と結びついて、解毒できないようにしてしまうとのこと。このグレープフルーツの成分の名前はわかりませんでした。

タバコを吸ったときに、副流煙に大量に含まれるベンツピレンという物質が体内に入るとP450により、ベンツピレンの水酸化物に変化することを学生時代に教わりました。実はこのペンツピレン自身は無毒です。しかしP450により変化したベンツピレンの水酸化物は発がん物質です。だからタバコは吸わないほうが賢明なのでしょう。タバコを吸ったり、吸っている人のそばで副流煙を吸い込むと、体内に発がん物質が作られてしまうんです。027.gif

私はタバコは吸いませんが、そばで吸われたら、グレープフルーツを摂れば、P450が阻害されるので発がん物質ができないのではなかろうかと勝手に考えています。


(平原綾香/孤独の向こう)

いろいろ調べていたら、こんな時間になっちゃった。会社休もう。024.gif

百合根を植えたら、オレンジの百合が咲きました056.gif

b0190242_1415192.jpg


(織井茂子/黒百合の歌)

by ryott-ryott | 2009-06-03 14:29 | 健康と美容

ブログの練習・日本ダービー、私の1着馬が勝ちました(^v^)

b0190242_131392.jpg


昨日の日本ダービー、私の1着にした①番ロジユニヴァースが優勝しました。

3着に7枠の馬は来なかったけれど、応援していたロジユニヴァースが優勝してくれて、本当に感無量です。4連勝で臨んだ皐月賞、誰もが勝つことを疑わなかったが、結果は14着。一敗地に塗(まみ)れました。
「一敗地に塗れる」とは徹底的に打ち負かされて二度と立ち上がれなくなることを言い、
「地に塗れる」とは泥まみれになるという意味があります。
土砂降りの雨で泥まみれになりながら、先頭に立った時は「一敗地に塗れた」泥を雨で洗い流しながらの勝利であったと思います。

b0190242_134533.jpg


スポーツ新聞などほとんど買わないのですが、今日の朝、スポニチを買ってしまいました。しかし一面はサッカーの記事。ロジユニヴァースの記事は裏面でした。

b0190242_144637.jpg
b0190242_15947.jpg


たしかウオッカのときは表一面だったはずです。


by ryott-ryott | 2009-06-02 01:06 | ロジユニヴァース