<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

豚バラの角煮と「よみがえる明治の東京」

b0190242_1713109.jpg

b0190242_17135068.jpg

b0190242_17141612.jpg


夏休み4日目。夏休みも残すところ、あとわずか。しかし、あまりの暑さに外出する気になれませんでした。

昨日の晩もじゃんけんぽんへ寄りました。昼間のajitoさんで牛肉ブロックが完売して食べられなかったため、トントンさんが豚バラ肉で作った角煮を出してくださいました。歯の悪い人でも、簡単に噛むことができるくらいにとても柔らかく、美味しかったです。
011.gif

b0190242_17152083.jpg



(ロッテ Fit's CM/たむらぱん)

正岡子規の後継者として「アララギ」短歌の主宰者であった伊藤左千夫は、千葉県九十九里浜の波の遠鳴りの聞こえる成東町の農家に生まれました。24歳のとき、独立して東京芽場町で牧場と牛乳搾取業を経営し、そのかたわら、友人のすすめで短歌の道に入りました。

牛飼が歌詠むときに世の中の 新しき歌大いにおこる

「左千夫歌集」の扉にある代表的な歌の一つです。
彼は大正2年7月30日、脳溢血により48歳で亡くなりましたが、その短い生涯の中で3000の短歌、300編の歌論、50編の小説、その他随想、紀行文を残しました。

 左千夫門下から島木赤彦、斎藤茂吉、土屋文明、釈迢空(しゃくちょうくう)など大正・昭和歌壇を代表する作家を輩出しています。
 歌人として有名な人でもありますが、一般には「野菊の墓」の作者としてのほうが知られているかもしれません。
 「野菊の墓」は明治39年1月の「ホトトギス」新年号に掲載されたものですが、それを読んで夏目漱石は絶賛したと伝えられています。
 時は明治、舞台は千葉県松戸市の「矢切りの渡し」のあるかいわい。主人公の政夫が、少年時代、病気がちの母の手伝いに来ていた、親戚筋の17歳の娘、民(たみ)に抱いた初恋を回想する形式で書かれています。
 「矢切りの渡し」が望める小高い小公園の中に、「野菊の墓」の文学碑が建っています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)



(たむらぱん/ゼロ、ガムのCMを歌っている歌い手さんと同一人物らしいです。とても同一人物には思えない、いい歌だと思います。)

今日はあまりに暑いので、つい先日届いた写真集を見ていました。晴れ男さんがよく見るような「写真集」とは違います。041.gif前々からほしいと思っていた「写真集」で、明治時代の街並みや風俗文化を再現したものです。「よみがえる明治の東京 東京十五区写真集」です。角川学芸出版から出て、7980円。少し高いですが、当時の様子を知るにはとてもいい写真集です。

この写真集のサブタイトルにも書かれているように、今の東京23区は昭和22年に成立したものであり、最初は東京15区でした。麹町区、神田区、京橋区、日本橋区、赤坂区、麻布区、芝区、四谷区、牛込区、小石川区、本郷区、下谷区、浅草区、本所区、深川区の15区です。私が住んでいる品川区もお隣の大田区、そして板橋、渋谷、中野、豊島、荒川、足立、葛飾、江戸川、杉並、世田谷など東京に入ってなく、昭和7年に東京35区を経て、今の23区になりました。品川区は品川区と荏原区が一緒になり、大田区は大森区と蒲田区が一緒になってできました。

江戸幕府から明治政府に替っても、人々の暮らしは大きくは変わらなかったようです。明治初期の庶民の生活はまだまだ江戸時代と変わりなく、それが反映されている写真もあると思われます。近代化が進んだのは明治後期になってからで、近代化が進んだ東京と、江戸時代の街並みが残る東京が混在しています。
b0190242_1718420.jpg

上野大仏。上野に大仏があったそうです。明治6年(1873年)に公園開設と同時に取り払われました。
b0190242_17183296.jpg

荒物売り。家庭雑貨を小車に積んで町々を売り歩いていたそうです。
b0190242_1719553.jpg

寺子屋の手習い風景。
b0190242_17193077.jpg

看板書き。
b0190242_17195284.jpg

浅草仲見世。今と趣が違います。
b0190242_17201389.jpg

隅田川の花火大会。享保年間(1716年)から始まったそうですが、今のように色とりどりの花火が楽しめるようになったのは明治以降です。よく水戸黄門のような時代劇で花火職人が色を出すために苦労しているという話はテレビの創作です。
b0190242_17203457.jpg

吉原遊郭の大門。
b0190242_17205597.jpg

銀座4丁目。
b0190242_17212142.jpg

明治5年の品川駅。
b0190242_17214265.jpg

烏森駅(現新橋駅)。明治42年(1909年)に開業し、大正3年(1914年)に全面的に取り壊されて、2階建ての駅舎になった。
b0190242_1722087.jpg



(たむらぱん/責めないで)


(たむらぱん/ちゃりんこ)

by ryott-ryott | 2009-07-30 17:25 | Books | Comments(2)

デミグラスビーフライス @ AJITO in 大井町

b0190242_16195429.jpg


夏休み3日目。今日は免許証更新に鮫洲試験場へ行きました。もちろんタクシーで。
多分たまにしか自動車を利用しない私にとってタクシーが最も安く安全な乗り物だと思っています。タクシーの運転手さんがおっしゃるには、昨今はタクシー利用者が減って、とても暇になっているそうです。そのためか、客の争奪戦もあり、タクシー運転手のマナーも悪くなっているとおっしゃっていました。はじめて知ったのですが、タクシーはそれぞれ営業区域が指定されているそうです。私が今日乗った運転手さんは東京23区と武蔵野市、川崎市、横浜市と決まっており、横浜まで行って、帰りに自分の営業区域に戻ってくる場合はお客さんを乗せられるのですが、営業区域外の千葉県へ帰りたいお客さんを乗せることが出来ないんだそうです。もし違反した場合は1ヵ月間の営業停止になってしまうそうです。なんとも厳しい処置ですね。


免許更新は用紙を記入してから約1時間半で終了。普段、自動車を運転することがないので、もちろん「優良」のゴールドです。公布された免許を受け取って、顔写真を見てガッカリ。5年の歳月で確実に老化しているのがわかりました。「優良」も今は30分間の講習を受けなくてはいけなくなりました。また、70歳以上は東京公安局指定の自動車学校で教習を受けなくてはいけないそうです。このまま免許更新を5年ごとに継続していった場合に、70歳になった場合に自動車の運転などできないと思います、今でも出来ないのですから。その場合は免許証を取り上げられてしまうのでしょうかね。041.gif

また75歳以上は認知症検査をするそうです。いくつかの質問をして、それに答えてもらい、判定を受けるようです。質問としては、時計を見てもらって「今何時かわかりますか?」とか、「今日の日付を言ってください」とか、9枚ほどの絵を見てもらい、その9枚の中に「果物の絵は何がありましたか?」などがあり、お年寄りを少し軽蔑しているような弱い者いじめの検査が行われているそうです。たしかに私も今日の日付がよくわからなくなることがありますが、事故を防ぐためには仕方ないのでしょう。

星月夜072.gif
b0190242_16243483.jpg

ひまわり056.gif
b0190242_1623572.jpg


オランダのアムステルダムに、「炎の画家」と言われたファン・ゴッホの美術館があります。昔から「天才と狂人は紙一重」と言いますが、ゴッホもその一人です。
1853年3月30日、ゴッホはオランダの北ブラバンド地方の牧師の子として生まれました。父と同じく牧師を志しましたが、その異常な性格と行動が禍して、牧師の資格を取り上げられ、その後、転々と職を変えましたが、全てうまくいきません。
弟のテオに励まされて、画家として生きることを決意して絵の勉強をはじめ、みるみるうちに才能を発揮していきました。
代表作「馬鈴薯を食べる人」はこのころの作品です。女性関係も複雑でした。子どものある寡婦のケイに求婚し、拒絶されると、ランプの炎で自分の手を焼き、気絶する一幕もありました。
1886年、33歳のとき、ゴッホはパリに移りました。モネ、ドガ、ピサロなど印象派の画家の影響を受け、オランダ時代に見られない、明るい大胆な色彩が使われるようになりました。
1888年、パリの生活に疲れたゴッホは、南フランスのアルルに移りました。南の太陽は彼を喜ばせ、ゴッホの絵はここで完成します。
彼は病気であった友人のゴーガンをパリから招き、共同生活を始めましたが2カ月で失敗し、ゴーガンを殺そうとしますが果たさず、逆に自分の耳を切落としてゴーガンに送りました。
精神病院で一年を過ごしましたが、1890年5月にパリ近郊のオーベールに移り、7月29日、「苦しみは生きているものだ」という言葉を残して、ピストル自殺しました。37歳でした。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)


カラスのいる麦畑
b0190242_1625475.jpg

種まく人070.gif
b0190242_162551100.jpg


そして、今日はトントンさん、春さんがランチを食べに行っているつけ麺屋さんの「ajito(アジト)」さんに一緒に連れて行っていただきました。この「ajito」さんはよくグルメ雑誌にも取り上げられている、知る人ぞ知る隠れ家的なお店です。一本橋商店街の終端部分の左側脇道にあります。つけ麺屋さんなのですが、7月20日~9月21日まではつけ麺ではなく、「デミグラスビーフライス」を出しています。800円。
夏場の時期こそ、つけ麺なんでしょうが、麺を茹でると厨房の温度がかなり上がってしまい、お店のご主人が熱さで死んでしまいそうになるため、「デミグラスビーフライス」を出すことにしたそうです。
003.gif

冒頭の写真がそれです。牛と鰹の出汁でスープを作っています。チーズと牛肉とハラペーニョがのっており、とても美味しい一品でした。011.gif普段は、ビーフのブロック肉 100 gのトッピングもあるそうなんですが、今日は残念ながら完売でした。

「ajito」さんには他のラーメン屋さんもよく来店するようであり、まさにラーメン業界のアジトになっています。ラーメン・つけ麺を専門に扱っているご主人は強い信念を持っており、飲んだ後の味のわからない状態でラーメン・つけ麺を食べてもらいたくないとおっしゃっていました。だから大成するラーメン屋さんは午後9時以降営業している店はないそうです。ラーメン屋の皆さんがそれだけ味にこだわっているという想いが伝わってきました。

トントンさんが缶ビールを買ってきて、缶ビールを飲みながらのビーフライスは大変な贅沢でした。次回ビーフのブロック100 gに挑戦したいと思います。041.gif

スープとデミグラスビーフライス011.gif
b0190242_16271122.jpg

ajitoさんの玄関。一本橋商店街の終りの方の左側脇道にあります。
b0190242_16273499.jpg

じゃんけんぽんの前にあるおにぎり屋さん。
いつも夜に行くので、開店しているところを初めて見ました。041.gif
b0190242_1628624.jpg

by ryott-ryott | 2009-07-29 16:34 | おいしい | Comments(0)

上野の森~黄金の都 シカン展

b0190242_0425451.jpg

b0190242_0433281.jpg

夏休み2日目。今日はボサボサになった髪を切りに床屋さんに行きました。最近は髪も薄くなってきているので、伸ばしてもいいと思ったんですが、やはりうっとうしく感じたので床屋さんに行きました。この床屋さんは佳子さんのお友達のチャコちゃんが経営しているお店で、以前、私に白髪は抜くことも、染めることもよくないことを教えてくれました。004.gif
b0190242_0442791.jpg

白髪が生えている毛根からはもう白髪しか生えてこないんだそうです。そして、白髪を抜いていると、白髪が生えている毛根は弱いので、だんだんとその毛根からは髪が生えてこなくなると教えてくれました。また、染めることも髪を傷めるのでお勧めできないとのこと。人間の髪の毛は自然に任せて、黒か白か肌色に留めておくことが最も良いそうです。037.gif
b0190242_0461152.jpg

そして床屋さんから帰ってきて、上野の国立科学博物館の特別展「黄金の都 シカン」を観に行ってきました。



(花まつり)

千姫は、徳川家康の孫娘、2代将軍秀忠の長女として生まれました。
寛文6年(1666年)2月7日、70歳で江戸城中で亡くなりましたが、薄幸名の女性でした。

千姫は2歳のときに、秀吉の要請で無理やり、8歳の秀頼と婚約をさせられました。
秀吉没し、関ヶ原の戦いが終わって、天下の実権が家康の手に移ったところで、家康は約束通り、慶長8年(1603年)7月28日、孫娘の千姫を秀頼に嫁がせました。
 しかし、家康は大坂冬の陣、夏の陣を起こして、豊臣家を滅亡させてしまいます。
大坂城が落城する寸前、家康の命令で千姫を救出したのが坂崎出羽守でした。坂崎出羽守はその恩賞として千姫を貰い受けたいと希望しますが、千姫は、伊勢桑名城主本多忠政の子忠刻を見染め、この申し入れを断りました。

 元和3年(1617年)千姫は第二の夫本多忠刻と結婚、姫路城主に転封を機に姫路に落ち着きました。
結婚生活11年、第二の夫忠刻も31歳で病死してしまいました。世継ぎがなかったため本多家は断絶、千姫は再び江戸城に帰ってきました。このとき千姫29歳でした。

江戸城内東丸竹橋に住み、落飾して天寿院となり、後半世は主として仏道修行に専念しました。
 秀頼との間の養女(天秀尼)の入寺した鎌倉東慶寺や、徳川領満徳治の復興など、二人の夫の菩提を弔いながら、今でいう社会福祉のために力を尽くしたといいます。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)



(コンドルは飛んでいく)

シカン(SICAN)とは「月の宮殿」、「月の神殿」という意味があり、日本でいえば平安時代と同時期に隆盛を極めたといわれています。シカンの文化や黄金の装飾品制作技術はのちのインカ帝国に大きな影響を与えたと推測されています。

 当然ながら、博物館の中は撮影禁止だったので、図説を買って、図説の写真をデジカメに撮りました。しばし、ご覧あれ。

シカン黄金製大仮面
b0190242_0482168.jpg

b0190242_0485122.jpg

シカン神の顔を打ち出し細工した黄金のケロ
b0190242_0514958.jpg

黄金の儀式用トゥミ
b0190242_053081.jpg

高純度の黄金製の卵を抱いた蜘蛛
b0190242_0544144.jpg

ウミギクガイの貝殻を使った工芸品
b0190242_056725.jpg

b0190242_056307.jpg

灰色の裸の女性像と黒色の裸の男性像
b0190242_0584959.jpg

銅合金の仮面をつけた遺体包み
b0190242_1029.jpg


そして東京国立博物館で開催していた「伊勢神宮と神々の美術」展も覗いてきました。
伊勢参詣曼荼羅

b0190242_11414.jpg

b0190242_12155.jpg

b0190242_123627.jpg


(茶木みやこ/泪橋)

by ryott-ryott | 2009-07-29 01:09 | museum | Comments(0)

映画「Knowing」~いつか来る人類再スタートの日~

b0190242_7582367.jpg

b0190242_7585273.jpg

リリコ、今年2回目の収穫。昨年に比べると、今年のリリコは少し小粒で数も少なかったですね。湯屋仲間のポリスマンさんから、あまりお水をあげないほうが甘くなることを教わりました。試しに水やりを減らすことを実践したせいでしょうか、実は小粒になりました。まだ食べていないので、味はどうかわかりません。収穫したリリコは、水洗いして冷凍庫に直行。最終目的はリリコのトマトカレーを作ることなので、最後の収穫を待って、トマトカレーを作ってみたいと思います。058.gif
b0190242_759133.jpg



(Knowing予告編)

栃木県栃木市の駅の近くに、ここで生まれた大正・昭和期の文壇の重鎮、文化勲章受賞者でもある山本有三の文学碑が建っています。

たった一人しかいない自分を
たった一度しかない一生を
ほんとうに生かさなかったら
人間に生まれてきたかいがないじゃないか


名作「路傍の石」の一節です。
作品の主人公、有三がモデルと言われた吾一少年を励ます受持教師の言葉です。

山本有三は、明治20年7月27日、この栃木市で生まれました。戦前は、一高・東大在学時代の同級であった芥川龍之介、菊池寛、久米正雄などとともに「新潮社」の活動を続けました。
代表作「路傍の石」、「真実一路」などで、小説家として知られていますが、本来は戯曲作家です。「津村教授」、「嬰児殺し」、「坂崎出羽守」、「西郷と大久保」、「米百俵」など、現在でもその作品はよく上演されています。

戦後は一転して参議院議員となり、不偏不党をかかげて緑風会をつくり、主として青少年問題、国語国学問題に力を尽くしました。働く青少年が勉強するのに、漢字の抵抗が少なくなるように、教育漢字、当用漢字を制定しました。 日本語の乱れをなくすため、国語審議会、国立研究所も設置されました。小・中学校の国語教科書作りにも自らから参画し、「山本国語」を世に問いました。

山本有三は政治家としても業績を残し、昭和49年1月11日、入院先の熱海市国立病院で亡くなりました。86歳でした。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)



(Knowing特別番組)

今週の7月27日から1週間の短い夏休みです。晴れ男さんは私が勝手に夏休みを取っていると思っているようですが、会社が休みなのです。003.gif

夏休み初日。まず家の片づけをして、午後にニコラス・ケイジ主演の映画「Knowing(ノウイング)」を観てきました。テレビ朝日の「ビートたけしの超常現象マル秘Xファイル」という番組でも取り上げられており、太陽の異常活動によって、地球上に障害が生じて、様々な惨事が起こり、最終的に太陽のスーパー・フレア (巨大な炎、専門用語では「太陽面爆発」と言うようです)により、地球上の生物が絶滅してしまうという内容です。

映画のストーリーは次の通りです。
1959年。ある小学校で50年後の未来に向けて、タイムカプセルを埋めることになっていました。子どもたちは紙におもいおもいの絵を描いてタイムカプセルへ入れますが、たった一人だけ、紙に数字の列だけを書いていた少女ルシンダがいました。ルシンダは数字を書くことに夢中になっていましたが、書き終わらないまま紙を教師に取り上げられてしまいます。
b0190242_802984.jpg

そして、50年後の2009年。大学で宇宙物理学を教える教授ジョンは、1年前に火災で妻を亡くして、小学生の息子ケレイブと二人暮らし。ケレイブが通う小学校で、50年前に埋められていた、あのタイムカプセルを開ける記念式典が行われました。タイムカプセルに入っていたのは50年前の生徒たちが描いた未来の絵でしたが、ケレイブが受け取った紙一面には数字の列が書き込まれていました。50年間にルシンダが書いた数字の列でした。

b0190242_804713.jpg

 その夜、ジョンはケレイブがもらってきた数字の列を観ていると、数字のブロックに目がとまりました。「299691101」という数字、2001年9月11日に2996人が犠牲になった同時多発テロの日付との符号に気がつきます。他の数字についても調べてみると、過去50年間に起こった事故の日付とその犠牲者の数を示していることがわかります。
そして、この数字の中にはこれから起こる事故の日付と犠牲者の数が3つあることが書き記されてしました。その1つは明日、どこかで81人が死亡するということ。驚愕したジョンは同僚のフィルに話しますが、偶然だと言って取り合ってくれません。それに数列の中には意味が判明していない数字も書いてあることをフィルから指摘されます。
b0190242_81394.jpg

翌日、ジョンはケレイブを小学校へ迎えに行く途中、渋滞に巻き込まれてしまいます。その時、偶然にも目にしたカーナビの座標表示こそが、意味が判明していない数字だったのです。つまり、今日、この場所で81人が死亡する事故が起こることを意味しています。ジョンは車を降りて、どうして渋滞しているのか警官に聞いていると、そこにバランスを崩した旅客機が爆音とともにハイウェイの向こう側に墜落したのでした。テレビでは81人の犠牲者が出たことを伝えていました。
b0190242_821287.jpg

2つ目の事故を示す座標はニューヨーク、そこで170人が死亡することを示していました。ジョンはFBIに電話をして、ニューヨークのその場所を封鎖しろと伝えます。しかし、ジョンの目の前で脱線した地下鉄が駅に突っ込み、人々を次々となぎ倒して大事故が起こってしまいます。


(Knowing/Subway Scene)

3つ目の日付の後には33という数字しかありません。座標軸なのか、犠牲者の数なのか。ジョンは手掛かりをつかむため、50年前にこの数字を書いたルシンダの家を訪ね、その娘ダイアナと孫のアビーに接触します。ジョンとケレイブ、ダイアナとアビーは、ルシンダが死ぬ直前まで住んでいた小屋へ行き、最後の数字は「33」ではなく、「EE」の逆さまにであり、「Everyone Else」、つまり全ての人類を示していたのです。この日、全ての人類が滅亡することを意味していました。ジョンたちが小屋で調べている間に、ケレイブに近づく、謎の人影がありました。ケレイブの悲鳴に、ジョンとダイアナが駆け付けると、その人影は消えていました。
ジョンは太陽の異常活動によるスーパーフレアにより地球のオゾン層が破壊され、地上が焼きつくされるという結論に至ります。


ルシンダが最後に書こうとしたこと、それを調べるため、ルシンダが閉じ込められていた体育館倉庫へ行き、最後の座標はルシンダが亡くなった小屋の付近の場所を示していることが分かりました。

ルシンダの小屋へ向かうジョン。そこに行けば助かるのだろうか、謎の人影は何者か、子どもたちは無事なのか、そして人類はどうなってしまうのか。果たして、その結末は・・・。004.gif

b0190242_851668.jpg


ビートたけしの番組では、太陽の黒点から太陽の表面活動は11年周期に活発になっており、2012年ごろにピークに達し、太陽面爆発が起こって、地球上の生物に多大な影響があるのではないかと予測していました。太陽系で太陽が占める質量の割合は99.8 %であり、その太陽がくしゃみをしたら、地球はひとたまりもないようです。そして、その日は3年後の2012年12月21日だということです。014.gif

夏休みだというのに、映画館はガラガラでした。映画は娯楽としてはもう廃れているのでしょうか。映画を観終わって、大井町湯屋へ行き、トレーニングをやり、じゃんけんぽんに行きました。地球が滅亡するまでは、湯屋とじゃんけんぽんには通いたいと思います。041.gif
b0190242_86174.jpg

b0190242_864246.jpg

b0190242_87195.jpg

by ryott-ryott | 2009-07-28 08:15 | movie | Comments(4)

トレーニングで空腹退治(^v^)

b0190242_13444723.jpg


私はほぼ毎日大井町湯屋に行って、何らかの運動をするように心がけています。会社帰りは、結構お腹が空いて、どこか店に入って食べてしまおうかなと、いつも思うのですが、不思議にも大井町湯屋で有酸素運動やトレーニング、プールでのウォーキングなど、どれか一つやっても、あんなに感じていた空腹感が解消してしまうのです。このことを、私がいつもお世話になっているパーソナルトレーナーの高岸さんに質問したところ、トレーニングなどの運動はすべての欲望を抑制する働きがあるんだそうです。「空腹感」も食欲という欲望のひとつなので、当然、運動によって解消されるというわけです。ダイエットには強い意志が必要だといわれますが、このことを利用すれば簡単に減量できるとおっしゃっていました。しかし、私は出来ていませんね。041.gif

今週は皆既日食が日本で46年ぶりに観測されました。東京でも部分日食が観察されました。
私は見ることができませんでしたが、あいにく東京は曇り空で、その雲が曇りガラスの役目を果たし、太陽が欠けている像がはっきりと観察できたそうです。058.gif


(絢香/三日月)

そして7月25日は新月から4日目、月齢で「中潮」です。あまりにも美しい月だったので、写真を撮りました。


(皆既日食/朝日新聞)

寿永2年(1183年)7月25日、「平家にあらざれば人にあらず」と栄耀栄華をほしいままにしていた平家一門も、木曽義仲の軍勢上洛を目前に、ついにこの日、「都落ち」をしました。
もはや都を守護できないと判断した平家の総大将宗盛は、安徳天皇と三種の神器を奉じ、遠く九州で再起をはかるべく、都に火を放ち、ぞくぞくと西国へ下って行きました。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理(ことわり)をあらわす。奢れる者も久しからず、唯春の夢のごとし、たけき者も遂に滅びぬ、偏(ひとえ)に風の前の塵に同じ・・・・」

「平家物語」の巻頭にかかげられた一文にある「盛者必衰」の前兆は、やはり清盛の変死に見ることができます。治承5年(1181年)正月、清盛は突然高熱を発して苦しみ出しました。まるで火を焚いているように身体が熱く、看護の者さえ熱くて近寄れません。比叡山から冷たい水を汲んで来て、その水につからせたら、水が沸き上がったとさえ言われました。
さすがに清盛も死を覚悟し、「思い残すことはただ一つ、頼朝の首をみなかったことだ。われ死すとも供養は入らぬ。墓前に必ず頼朝の首を供えよ。」と遺言し、もだえ苦しみながら息を引き取りました。享年64歳。

この「都落ち」からわずか2年後に、平家一門が壇ノ浦で滅亡しました。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)



(皆既日食・太平洋上/NHK)


(皆既日食・硫黄島/NHK)

今週の土曜日はいつものように大井町湯屋へ出かけましたが、裕太郎さんが急代行でした。どうしたんでしょうか。代行エアロに参加し、中国整体へ行き、トレーニングを少しだけやって、大暴れアクアをやりました。暑かったせいか、アクアビクスはたくさんの方が参加していました。

そしてこの日は、目黒区柿の木坂にお住まいの中島さんのお宅に招待されました。柿の木坂は著名人も多く住んでいる高級住宅地です。中島さんはお宅を新築したということで、皆さん、食べ物とお酒を持参し、新築祝いに招待していただきました。

私は獺祭の発泡酒、八海山純米吟醸原酒、夜明け前(長野県のお酒)を持参しました。素敵なお宅で、冷房の効きが遅いほど、とにかく広くて、お母さんとお二人暮らしなんだそうです。

また窓からの眺めも素晴らしく、冒頭の月の写真は中島さんのお宅から撮りました。途中から中丸さんも参加し、新築祝いは三日月が見えなくなるまで続きました。024.gif

b0190242_13343973.jpg


中丸さんが持参したミズナス。011.gif
b0190242_1339714.jpg

b0190242_13393460.jpg

獺祭。069.gif
b0190242_1340331.jpg

「夜明け前」を一気飲みする佳子さん。041.gif
b0190242_13403222.jpg

酔っ払っている人たち。私も記憶が無くなりました。
b0190242_13411433.jpg

b0190242_13413829.jpg

中島邸から見た風景。072.gif
b0190242_1342154.jpg

b0190242_13425216.jpg

by ryott-ryott | 2009-07-26 13:51 | 大井町湯屋 | Comments(2)

ワインの色を間違えました

b0190242_2145729.jpg

日曜日の19日、日本で初めての有人宇宙施設「きぼう」が完成し、22日は46年ぶりの皆既日食058.gif、そして31日に若田光一さんが地球に帰還します。この7月は宇宙の話題が満載でした。072.gif
b0190242_21475270.jpg

世の中は土日月と三連休でしたが、私は残念ながら最後の20日海の日は宮仕えの一日でした。会社の近くから、羽田空港と海が見えるので、ブラブラと散歩をしてしまいました。037.gif

羽田空港
b0190242_21484032.jpg

飛行機着陸
b0190242_21491849.jpg

こんな色の飛行機も到着
b0190242_21495967.jpg

ボート
b0190242_21502485.jpg

船とモノレール
b0190242_21505342.jpg

プラムの実、まるで果樹園。
b0190242_21512948.jpg

栗の実が成っていました。
b0190242_2152066.jpg

b0190242_21523219.jpg


栗咲く香 この青空に 隙間欲し 鷲谷七菜子


平原綾香/Jupiter

Every day I listen to my heart ひとりじゃない
深い胸の奥で つながってる   果てしない時を越えて 輝く星が
出会えた奇跡 教えてくれる

Every day I listen to my heart ひとりじゃない
この宇宙の御胸に 抱かれて   oh yeah yeah-- ah weh- hey

私のこの両手で 何ができるの  痛みに触れさせて そっと目を閉じて
夢を失うよりも 悲しいことは  自分を信じてあげられないこと
愛を学ぶために 孤独があるなら 意味のないことなど 起こりはしない
心の静寂に 耳を澄まして

私を呼んだなら どこへでも行くわ あなたのその涙 私のものに

今は自分を uh-- 抱きしめて  命のぬくもり 感じて
uh-- 私たちは誰も ひとりじゃない ありのままでずっと 愛されてる
望むように生きて 輝く未来を いつまでも歌うわ あなたのために


(アポロ11号月面着陸)

ソビエト空軍の宇宙飛行士ガガーリン少佐が、最初の有人宇宙飛行に成功したのは、1961年4月12日でした。
遅れを取ったアメリカは、それから8年後の1969年7月20日、午後4時17分、宇宙船「アポロ11号」から切り離された月面着陸「イーグル号」によって、人類初の月面着陸に成功し、世界を驚かせました。
 その模様は、はるか彼方の月面から劇的なテレビ中継によって地球に送られ、世界中の人々をテレビの前に釘付けにしました。
 アームストロング船長が月面に第一歩を踏み出したのは午後10時56分、そしてこう言いました。
「これはひとりの人間にとって小さな一歩に過ぎないが、人類にとって偉大な飛躍の一歩である」20分後、月着陸船イーグル号のパイロット、オルドリン空軍大佐も月面に立ちました。二人は月の土や石を採集し、レーザー光線装置を取り付け、星条旗を立て、記念のペナント(金属板)を置いて、無事地球に帰還しました。
このあと、月に行った飛行士は全部で24人、月に着陸したのはその半分の12人いました。
面白いことに、この宇宙空間、わけても月面着陸をしてきた宇宙飛行士たちの、その後の生活、物の見方・考え方、生き様には大きな変化が生じました。
彼らの一人ひとりを訪ね、インタビューをした結果をまとめた、立花隆の「宇宙からの帰還」は、その変化を詳細にレポートしています。
精神病院に入った人、政治家、宗教家になった人、その生き方は十人十色でした。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)


(Apollo 13)

土曜日に中国整体の先生に教えていただいた玉ねぎの赤ワイン漬けを作ってみました。しかし赤ワインだとばかり思っていたものは封を切って開けてみると白ワインでした。012.gif069.gif

ボトルの色が黒かったので赤だと信じ込んでいました。しかし、折角なので玉ねぎを漬けました。5日間冷蔵庫の中で保存したら、飲みごろとのこと、今週の土日当たり飲んでみます。026.gif

b0190242_21545193.jpg

b0190242_21552950.jpg

b0190242_21555615.jpg



(本田美奈子が歌うJupiter)

by ryott-ryott | 2009-07-20 22:11 | 散歩 | Comments(2)

玉ねぎの効用・美白効果

b0190242_12431919.jpg


今年は石原裕次郎が亡くなって23回忌になるそうです。
(昭和62年7月17日、享年52歳)



 石原裕次郎/わが人生に悔いはない
(作詞 なかにし礼 作曲 加藤登紀子)


鏡に映る わが顔にグラスをあげて 乾杯を
たった一つの 星をたよりにはるばる遠くへ 来たもんだ
長かろうと 短かろうとわが人生に悔いはない

この世に歌が あればこそこらえた涙 いくたびか
親にもらった 体一つで戦い続けた 気持よさ
右だろうと 左だろうとわが人生に 悔いはない
桜の花の 下で見る夢にも似てる 人生さ

純で行こうぜ 愛で行こうぜ
生きてるかぎりは 青春だ
夢だろうと 現実だろうと

わが人生に 悔いはない

わが人生に 悔いはない



(石原裕次郎/わが人生に悔いはない)

 散りぬべき時知りてこそ世の中の
 花も花なれ人も人なれ
 細川ガラシャ


明智光秀の三女、名前は玉、絶世の美女でした。玉は織田信長のすすめもあり細川藤孝(幽斎)の長男忠興に嫁ぎました。その当時は政略結婚がほとんどでしたが、この二人は相思相愛の仲でした。あるとき、庭の植木を剪定に来た植木屋が玉に挨拶しているのが余りにも近過ぎると言って、忠興が植木屋を叩き斬ってしまったほどです。玉は容姿端麗、英明な女性として聞こえていました。
それが、突如、父光秀による本能寺の変が起こり、事後光秀から親戚である藤孝、忠興父子に加勢の依頼がありましたが、勝敗の帰趨を見通してか、父子はそれを拒絶し秀吉方につきました。忠興は玉が逆臣光秀の娘だけに心を配り、離婚の形を取って丹後半島味土野山中に隠棲させました。
夫の忠興は秀吉にも愛されましたが、その養子の秀次からも可愛がられていました。忠興はそれに甘えて、黄金100枚を借りています。妻が光秀の娘であるため、忠興は秀吉から謀反の疑いをかけられてしまいますが、ふた心(裏切りの心)ないことを誓いました。秀吉はその証として、借りていた黄金100枚をすぐに返すように要求します。この黄金100枚は現在の価値にすると2億~3億円、忠興に返せる充てがありませんでした。しかし、この黄金100枚を貸してくれた人物がいました。黄金100枚で人ひとり買えたら安いものだと言って、徳川家康が貸してくれたのです。
やがて秀吉が天下を統一した機会に、家康からのはからいで、玉は許されて忠興のところに戻りました。

大阪城下玉造に住んだその頃、心の安らぎを求め、高山右近の唱えるキリシタンの教えに感動し、洗礼を受けてガラシャ(伽羅奢)の名を受けました。

慶長3年(1598年)秀吉が死に、同5年には関ヶ原の合戦が始まります。実は忠興が秀次から黄金100枚を借金していることを調べ上げたのは石田三成です。忠興と三成は犬猿の仲でした。石田三成はその前夜、石田三成は城下の武将夫人を人質として入城することを強要します。しかし、忠興は徳川方に従い東軍につきました。
ガラシャは人質になることを敢然と拒否し、細川家の屋敷のそこここに爆薬を仕掛けて、自分が死んだあとに屋敷に火を放つように命じて、家臣に胸を突かせて自決しました。慶長5年(1600年)7月17日、37歳でした。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)


b0190242_1242242.jpg


来週の7月22日は日本で皆既日食が46年ぶりに観察されます。鹿児島県の悪石島はこの天体ショーを一目見ようと観光客が週末から続々とやって来ているという報道がありました。この皆既日食、日本では推古天皇の時代に観測されたというのが最も古い記録です。あの有名な天照大神が岩戸に隠れたという話は、その当時に観測された皆既日食であったとも解釈されています。026.gif


(2006年エジプトの皆既日食)

先日の焼酎試飲会で出品されていた、7月22日の皆既日食を記念して作られた黒糖焼酎。トントンさんに取り寄せていただきました。そして今週の土曜日はじゃんけんぽんがお休みであったため、春さんから戴いたピータンを肴にして、この焼酎「皆既日食」で一杯やりました。041.gif

b0190242_12445374.jpg

b0190242_12452188.jpg


ピータンって、こんな形で作られているんですね。011.gif
b0190242_12475419.jpg

b0190242_12482937.jpg

b0190242_124975.jpg


土曜日の報告ですが、いつものように裕太郎エアロ、トレーニング、大暴れアクアをやり、その合間に中国整体院に行って、坐骨神経痛の治療をしました。今では全く痛みも痺れも感じなくなり先生はたぶん治ったんじゃないかとおっしゃってくださいました。首のヘルニアも3週間ほど前から痺れも感じなくなりました。この中国整体院へ行くと施術の他に、いろいろなことを教えてくれます。先生は中国の方で、「医食同源」が基本で自然のものを口にして健康を保つことが体に取って大切であると常々おっしゃっています。痩身スープもそうですが、この日は玉ねぎの効用について教えていただきました。中くらいの玉ねぎ1個をざく切りにして、赤ワイン720 mlに約5日漬け込みます。寝る前にその赤ワインを100 ml飲むと前立腺の病気の予防になるそうです。玉ねぎから前立腺の病気の予防になる成分が溶け出し、血液もサラサラになるそうです。

もともと玉ねぎには硫化アリルという物質が多く含まれており、ビタミンB1の吸収を助けて新陳代謝を活発にします。そして、コレステロール代謝も促進し、動脈硬化、高血圧、糖尿病、脳血栓などを予防することが知られていますし、硫化アリルという硫黄化合物が含まれているため抗酸化作用が期待できる食品の一つなんでしょう。よく女性の皆さんが使われる化粧品の中に「システイン」というアミノ酸が配合されていることに気がついた方も多いと思いますが、この「システイン」も硫黄化合物で強い抗酸化作用を示し、美白に効果があると言われています。027.gif

今日は赤ワインと玉ねぎを買って帰ることにします。069.gif

木洩れ日さんのお昼ご飯011.gif
b0190242_12503831.jpg

b0190242_12512163.jpg


この本「ごはん屋さんの野菜いっぱい和みレシピ」は木洩れ日さんの米原さんが書かれたものです。サインをしてもらいました。
b0190242_12563995.jpg

by ryott-ryott | 2009-07-19 13:11 | 健康と美容 | Comments(4)

映画「ごくせん THE MOVIE」~安心の連鎖~

銀座三越屋上にある「出世地蔵尊」。003.gif
b0190242_0242386.jpg

b0190242_025624.jpg

こんなビルの狭間にあります。
b0190242_0255071.jpg

b0190242_0263884.jpg

7月14日関東甲信越地方も例年に比べて6日早く梅雨が明けました。ここのところ、私は勤めている会社の命令で海外出張の話が持ち上がっていましたが、やっと出張しないことが決まって、内心ホッとしていました。英語が自由自在に使えるなら行ってもいいかなとも思えるのでしょうが、実際はそうでないので「イギリス、アメリカに行ってこい」なんて言われるとブルーが入ってしまいます。しかし、私以上に英語が得意でない方でも海外出張に行きたくて仕方がないという人もいらっしゃって、人それぞれ考え方があるのだなぁと思いました。
b0190242_0273983.jpg

出張がなくなり、安心したこともあり、会社を休んでしまいました。晴れ男さんは、すぐに「またサボりやがった。」とおっしゃると思いますが、今日は定期的に通っているお医者さんのところに行き、高血圧の診断と血液検査をしました。前回の検査結果は、肝機能も、尿酸値も、中性脂肪も、血糖値もすべて正常値でした。003.gif尿酸値は6.5。前回の5.3に比べると1.2上昇していましたが、イエローゾーンの7.0を超えてはいませんでした。この検査結果を観て、またひと安心。今週は「安心」の連鎖でした。026.gif

(ごくせん THE MOVIE 予告編)

「桜の園」、「かもめ」、「ワーニャ伯父さん」、「三人姉妹」など、チェーホフの作品は日本でもよく上演されています。チェーホフはロシアの代表的小説家、劇作家で、1860年、南ロシアの港町タガンローグで生まれました。
モスクワ大学の医学部を卒業すると、近郊の病院に勤務し、働きながらこつこつと作品を書きました。最初は短編小説でしたが、次第に中編小説、戯曲を書くようになりました。
特に晩年は、社会思想に強い関心を示し、農村の封建性の没落過程にあえぐ地主と農民、それらをとりまく官吏、医師、商人の無気力、小市民的俗物性を描くことを得意としました。
1902年、モスクワ芸術座の女優、オリガ・クリニッペルと結婚。幸福な生活を送っていましたが、それわずか2年で終わり、彼は肺結核のために、1904年7月15日、44歳の若さで、ドイツで客死しました。

 チェーホフは、亡くなる数ヵ月前に、夫人に宛てた手紙に次のようなことを書いています。
「君は僕に人生とは何かと尋ねる。これはまさしく人参とは何かと尋ねるに等しい。人参は人参だ。それ以上は誰も知っていないはずだ。過去何千年以来、人間の社会には、たくさんの賢人や学者が出て、人生の研究をしてきた。にもかかわらず今なお人生のことについては何一つわかっていない。人生とはわからぬものであるというぐらい、もうわかってもいいはずだ。・・・」

小さい時から生きることの難しさを体験し、生きることの大切さを人一倍感じていたチェーホフの言葉です。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)



(ごくせん THE MOVIE 主題歌/Aqua Timez/プルメリア~花唄~)

そして病院帰りに映画の「ごくせんTHE MOVIE」を観てきました。内容はご存知のとおり、お定まりのパターンではありますがエンターテイメントとしてとても面白い映画でした。社会悪に対して真正面から立ち向かう強い正義感と、教え子への信頼とお互いの友情をみごとに描いています。またセリフがよかったですね。3Dの高杉が一人で暴走族のアジトへ乗り込み、袋叩きにされているところをヤンクミが助けに行く場面で、「喧嘩は自分の大切なものを守るときだけにする」というセリフには胸が熱くなりました。映画館の中は皆さん感動して、皆さん泣いていました。小学生の坊っちゃん・お嬢ちゃんも、ブラブラしている女子高校生も、会社を抜け出してきたサラリーマンのおじさんも、みんな涙してました。泣いていないのは、映画館で物を喰っているババァだけでした。あの年代はみんな映画館で物を喰っています。041.gif
とにかく楽しく、人を信じることとはこういうことなのかなと思わせる映画でした。004.gif
b0190242_0303649.jpg

映画を観終わった後、冒頭の銀座三越屋上にある「出世地蔵尊」をお参りし、さらにお地蔵さま繋がりで巣鴨まで足を延ばして、とげぬき地蔵さままでお参りしてきました。

巣鴨地蔵通商店街。
b0190242_0312333.jpg

とげぬき地蔵さまが祀られている高岩寺。お地蔵さまは「秘仏」で公開されていません。観音様の体をタオルで洗って、自分の具合いのよくないところの平癒をお祈りします。
b0190242_0322942.jpg

その隣に何とも柔和なお地蔵さまが祀られていました。
b0190242_0331782.jpg

b0190242_0335777.jpg

この鯛焼きは冷たい鯛焼きで、中身のアンはブルーベリーチーズ、ストロベリー、マンゴーから選ぶことができます。私はブルーベリーチーズをお願いしました。アイスクリームとは違うのですが、ひんやりした鯛焼きでした。011.gif
b0190242_0344953.jpg

こんなところもありました。入っていませんよ。037.gif
b0190242_0362397.jpg

都電は現代仕様です。045.gif
b0190242_0372842.jpg

b0190242_0375425.jpg

最後はウナギを食べました。011.gif
b0190242_0385474.jpg

by ryott-ryott | 2009-07-17 00:53 | movie | Comments(4)

寝待月の夜の酒宴

b0190242_11525312.jpg

茴香(ういきょう)の夕月青し百花園
                     川端芽舎


今週の火曜日は、大井町湯屋の人気インストラクターのレッスンに出るため、スタジオ前で並んで待っていたら、人気インストラクターが「毎日、10人くらい、同じ時間に同じ人に会う」と言っていました。私なんか、10人どころじゃありません。もうひとつ上の桁の数の人間に、同じ時間に同じ場所で会っていると思います。大体、毎日家を出る時間が同じなら、会社に到着する時間もほとんど変わりません。だから途中の場所もほとんど同時刻に通過します。毎日を同じ生活パターンで過ごしている人がたくさんいるんですね。

りりこ、こんなに赤くなりました056.gif
b0190242_11541539.jpg


7月11日から大井町線は溝の口まで延びました。私が子どもの頃は長津田まで行っていましたが、いつの間にか二子玉川までとなり、田園都市線と分断されてしまいました。
b0190242_11553658.jpg

大井町阪急百貨店跡地から見た風景。
b0190242_11561562.jpg

b0190242_11574020.gif


(天使にラブソングを/On Maria.)

鎌倉幕府を開いた源頼朝の妻「北条政子」、本来なら「源政子」と呼ばれるはずですが、このころはまだ「妻問い婚(つまどいこん)」の時代で、夫が妻の家を訪れる形式のため、妻はまだ実家の姓を名のる習慣だったといいます。現在は妻が夫の家に嫁入りする「嫁入り婚」は政子の死んだあと、鎌倉後期になってからと言われています。

政子は頼朝の死後、剃髪をして「尼将軍」と呼ばれ、前将軍夫人、新将軍の母として、幕府内の実力者として君臨しました。「北条政子」と聞いただけで、気性の強い女のイメージが浮かびます。父がすすめた結婚を嫌い、婚礼の夜、逃げ出して流人であった頼朝のもとへ駆け落ち同然で走ります。
 鎌倉幕府創立後、将軍夫人として誉高く、義経の愛妾静御前を助けた話も有名です。
夫の死後、頼家、実朝、二人の息子を将軍にたてながらも非業の死を遂げさせる原因をつくったのも政子自身でした。実朝が自分の甥によって殺された後、鎌倉幕府を倒すことを虎視眈々と狙っていた後鳥羽上皇から鎌倉幕府に与(くみ)するものは朝敵とされながらも、武者たちの前で大演説をして、承久の乱で上皇軍を打ち破ります。政子の話を聞いた武将たちは、感極まって、はらはらと落涙したと言います。そして、最後には北条家に将軍家を継がせています。波乱万丈の人生を歩んだ女性の一人でしょう。
 「吾妻鏡」には嘉永元年(1225年)7月11日、北条政子が69歳で死んだことが簡単に記されています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)


(天使にラブソングを/I will follow him.)

7月11日土曜日はいつものように大井町湯屋で裕太郎エアロ、トレーニング、大暴れアクアをやりました。徐々にではありますが、左足が上がるようになりました。しかし、まだ往時の出来ではないので、腕で水をたくさん撒き散らしました。041.gif


(天使にラブソングを/The Teacher Song)

そして、夜はじゃんけんぽんへ。この日、お店では日本酒の試飲会がありました。
また7月11日は大井町湯屋仲間のプールの佐藤さんのお誕生日でもありました。佳子さんに品物を選んでいただいて、みんなで贈り物をしました。当年とって68歳。ご本人は「わかりづらいので古希(70歳)でいいよ」とおっしゃっていましたが、プールで何キロもすいすいと泳ぎ、趣味は旅行で世界中を飛び回る元気な、もうすぐ70歳です。来週も地中海へご旅行に行くそうです。
b0190242_1236101.jpg

白のタンクトップとレギンスを私たちからプレゼントしました。今は「ももひき」のことを「レギンス」と洒落た言い方をするそうですね。英語のようです。そして、柄もさまざまであり、佳子さんが可愛い柄のももひき、レギンスを履いていました。037.gif

b0190242_1215557.jpg

b0190242_12172080.jpg

試飲会は大井町湯屋グループに加え、試飲会仲間の第一三共の石井ちゃんグループ、大井競馬場の厩務員さんと多士済々。にぎやかに寝待月の夜が更けていきました。070.gif

大井町湯屋の北条政子。智ちゃん、プールの佐藤さん、佳子さん。032.gif
b0190242_124528.jpg

お料理の数々。011.gif
b0190242_125217.jpg

b0190242_1263685.jpg

b0190242_1295071.jpg

b0190242_121225.jpg

議論白熱。佐藤さんの手が早すぎて、写りません。003.gif
b0190242_12141180.jpg

b0190242_1215878.jpg

酔っ払っている人たち。041.gif
b0190242_1218888.jpg

b0190242_12192642.jpg
b0190242_12195071.jpg
b0190242_122159.jpg
b0190242_12214055.jpg

by ryott-ryott | 2009-07-12 12:25 | じゃんけんぽん | Comments(6)

映画「MW」~Man & Woman~「陽」と「陰」

b0190242_1815065.jpg

どんみりとあふちや雨の花曇 松尾芭蕉

今週金曜日は以前、トントンさんと春さんに連れて行ってもらった川崎の仲見世通りにある「爐ばた」というお店に行きました。以前、会社を退職された方が久しぶりに飲みましょうとのお話があったため、川崎の「爐ばた」にご案内しました。先送りになっていた賞与の支給日ということもあり、8人で三升も飲んでしまいました。どのお料理も美味しく、会社の皆さんは満足していただけたようです。

「爐ばた」の入口。川崎区砂子2-9-1、仲見世通り(砂子通り)最初の信号を渡った左角ビルの5階にあります。行かれる時は予約した方がいいでしょう(TEL 044-222-1348)。
b0190242_18154448.jpg

私が写真を取るまで待ってくれと言っているのに、牡蠣が運ばれてくると、すぐに手をつけてしまいました。意地汚い。会社の人たちはいいところに連れて行けません。041.gif
b0190242_18163845.jpg

魚の一夜干し。ざるに乗せてきて、選ばしてくれます。
b0190242_1817667.jpg

焼きあがったお魚。011.gif
b0190242_1817421.jpg

牛ひれ肉。011.gif
b0190242_18181545.jpg


土曜日はいつものように大井町湯屋へ行き、裕太郎エアロ、トレーニング、大暴れアクアをやりました。途中、通っている中国整体へ行き、いつもの坐骨神経痛の治療。ここのところ、蒸し暑い日々が続いていることもあってか、中国整体院の中は冷房がよく効いていました。整体の先生が何回も「寒くないですか?」と聞くので、「もっと冷やしてください。」と言うと、とても嬉しそうに強風にしてくれました。整体の施術にはかなりの力がいるので、施術する立場の先生は施術中かなり暑く感じるそうです。当然ながら冷房を嫌う患者さんもいるので、そんな時は汗だくになってしまうそうです。そして、大体が女性の患者さんは寒がる方が多いとのこと。男性と女性は体内に流れる「気」の種類が違っており、男性は「陽」の気、女性は「陰」の気のために、男性は体温が高めで暑がりが多く、女性は体温が低めで寒がりが多いとのことでした。先生は、「ときどき暑がりの女性もいますが、そういう方は男性的な女性だから、近寄らないほうがいい」とおっしゃっていました。041.gifそして夜はじゃんけんぽんへ行きました。
b0190242_1818468.jpg

とりのせせり。喉のところの筋肉だそうです。011.gif
b0190242_18191546.jpg

トントンさん特製のつけ麺。この日はじゃんけんぽんでつけ麺屋「アジト」さんの宴会がありました。011.gif
b0190242_18194189.jpg



(MW予告編)

7月4日は、アメリカの独立記念日です。
15世紀の末、コロンブスがアメリカ大陸を発見した時、彼はインド大陸と思い込んで、そこに住む民族を「インディオ」(インド人)と呼びました。当時、インディアンは、この大陸に約500万人、500部族が生活していたと推定されています。
 17世紀に入ると、ヨーロッパからの入植者が増え、先住民であるインディアンを駆逐して、大西洋岸北米大陸に、イギリス、フランス、スペインが支配する13の植民地が出来ました。
1754年、植民地の領土争いが起こり、アメリカに入るイギリス人がフランスを破りました。
この戦争で、イギリス軍の少佐に任命され、故郷のバージニア軍を率いて手柄をたてたのがジョージ・ワシントンです。
この戦争で勝ったイギリスは、財政が悪化し、次々にアメリカ植民地に重税を課しました。13の植民地の人々が猛反対したのは当然です。
1775年6月、13州の人々はフィラディルフィアで大陸会議を開き、7月4日には、ついにイギリスからの独立を宣言しました。そして大陸軍の総司令官に、再びワシントンを任命したのです。
以来8年間、苦しい独立戦争が続きましたが、フランス、スペインの義勇軍の応援もあって、ようやく1783年、イギリスに勝利し、独立を承認させることができました。
 1787年、憲法が制定され、「アメリカ合衆国」が誕生しました。翌年の大統領選挙には、満場一致で初代大統領にワシントンが選ばれました。
アメリカ国旗に13本のストライプがあるのは、このときの13州を表しています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_18205817.jpg

しながわ中央公園。子どもたちがサッカーをしていました。
b0190242_18201581.jpg

初夏の花も咲いていました。056.gif
昼顔でしょうか。
b0190242_18203961.jpg


そして、日曜日は大井町湯屋は休館日でした。封切られたばかりの映画「MW(ムウ)」を見てきました。061.gif日曜日だから混雑していると思いましたが、予測に反して、映画館はとても空いていました。この「MW」は手塚治虫原作で、1976年から1978年に小学館に連載された作品だそうです。題名「MW」は「Man & Woman」や「Mad Weapon」の頭文字で、上下逆にしても同じ文字だが、価値観は常に反転することへの皮肉から付けたと言われています。
これから見る方のためにも、内容はあまりお話しませんが、16年前に沖之真船島(おきのまふねじま)でサリンの何十倍もの毒性をもつ毒ガス「MW」が漏えいし、島民600人全員が死亡する事件から始まります。ほとんどの人は一瞬にして死亡、事故を隠蔽するために息のあった島民も殺されてしまいます。しかし、奇跡的生き残った二人の少年がいました。一人は玉木宏演じる結城美智雄、16年前の事件にかかわった連中への復讐を果たしていきます。
そして、もう一人は山田孝之演じる賀来裕太郎、16年前に美智雄に助けられ、神父になっていました。 神への献身に日々を送っている裕太郎は、美智雄の復讐劇に心を痛めますが、美智雄の復讐に手を貸してしまい、葛藤に苦しみます。
 ついに16年前の事件の隠蔽工作をした黒幕に迫るために、東京の米軍基地に保管されている「MW」を手に入れた美智雄。小型ボンベ2基の毒ガスだけで関東一円を死滅させることができる威力。果たして、裕太郎は美智雄を止めることができるのか。その結末は・・・。004.gif


(映画「MW」予告編)

読書で言うと読後感ですが、この映画を観終わったときの感じはどうもスッキリしませんでした。16年前の事件を隠蔽し、それを足場にして利益を得た連中への復讐だけにとどまっていないため、「ハンニバルライジング」を観終わったときの爽快感はありませんでした。原作を読めば、この「MW」のテーマとするところを読み取れるのかもしれません。026.gif

by ryott-ryott | 2009-07-05 18:29 | movie | Comments(2)