<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

いい歳、りょうちゃん、「AVATAR」を観るヽ(^o^)丿

b0190242_11564592.jpg


今週は忘年会でよく飲んで食べた一週間でした。 041.gif

b0190242_11586100.jpg
b0190242_11584298.jpg


12月23日の天皇誕生日、じゃんけんぽんの天野家と岡田家の合同忘年会に誘っていただきました。大森の「BACCO」というイタリアンのお店に夕方6時集合。すでに天野家と岡田家全員そろい踏み。岡田家の皆さんにお会いしたのは9月の山形への旅の直前依頼だったと思います。岡田ママさんはクリスマスを意識してか、素敵な赤い服を着ていらっしゃいました。次々に運んでこられるお料理はどれも美味しく、皆さん次々と胃袋の中に納めていきました。春さんから、この「BACCO」はいつも大賑わいでなかなか入れないと聞きました。

011.gif
b0190242_11593947.jpg
b0190242_120982.jpg
b0190242_1202879.jpg
b0190242_1211395.jpg
b0190242_1214919.jpg
b0190242_122980.jpg
b0190242_1222625.jpg

b0190242_12261380.jpg


 「BACCO」での宴が終わって、大森駅の地下のお店に全員移動。トントンさんはいつもながら睡眠モードへ。そして先日まで放映されていた人気ドラマ「JIN」の影響か、春さんたち女性陣は花魁言葉をしきりに発しており、かなりご陽気な状態でした。しかし、吉原ではとても通用しなかったと思います。041.gif

トントンさんの妹さん、岡田ママ、娘ちさとちゃん
b0190242_1243754.jpg

凄い食欲の岡田ママ、みんなが横綱サンタと言っていました041.gif
b0190242_126111.jpg

龍平ちゃん、ジュゴンのじゅんこさん、岡田パパ、はるさん
b0190242_1285318.jpg

岡田家。親に似ないでよかったですね037.gif
b0190242_12102476.jpg

トントンさん、睡眠モードへ014.gif
b0190242_12115146.jpg

若者二人
b0190242_1213357.jpg

非若者と若者041.gif
b0190242_1214853.jpg

新旧交替041.gif
b0190242_12143642.jpg



(AVATAR予告編)

「東京裁判」・・・・正式には、戦後連合国側が設置した「極東国際軍事裁判」といいます。
 昭和21年5月3日から、東京市谷の元陸軍省の建物で開かれ、2年半の歳月をかけて、昭和23年11月12日に判決が下りました。
各国から派遣された裁判官の中には、インドのパル判事、フランスのベルナール判事のように「裁判のやり方が公平でない。戦争犯罪人などは裁けるものではない。」と全員無罪を主張した少数派もいました。
しかし、結局はアメリカ、ソ連など勝った大国側の主導で押し切られ、国内国外二千数百人が戦犯として処刑されました。
開戦時の首相・陸軍大将東条英機など、7人のA級戦犯(重要戦争犯罪人)は、判決の下った翌月の12月23日零時過ぎ、絞首刑となりました。
連合国軍側は、その遺骨が埋葬され、将来殉国者の扱いを受けるのをおそれ、火葬にしてその骨灰をひそかに海中に投棄させました。
しかし、実際は日本人関係者の一人がその骨灰の一部を盗み出し、名古屋郊外三ヶ根山頂に埋葬しました。現在その場所には「殉国七士の墓」の石碑が建っています。
それにしても、「東京裁判」とは何だったのでしょう。
「平和」と「人道」を掲げて裁いた国々は、あれ以降もベトナム、アフガン、フォークランド、中東など、世界各地で戦争を繰り返しています。
仕掛け人はわかっていても、一向に戦争の犯罪を裁く軍事法廷は開かれておりません。
結局今となってみると、「東京裁判」は、勝者が敗者を裁く懲罰、復讐、報復にしか過ぎなかったことがわかってきたからでしょうか。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)



(AVATAR特別映像)

(Leona Lewis I See You Theme From Avatar Movie Music Video Full HDTV)

金曜日も勤め先の3回目くらいの忘年会がようやく終わり、土曜日はいつものように大井町湯屋へ行き、エアロと中国整体と大暴れアクアをやりました。
前回、高尾山でダイヤモンド富士を観に行った報告をしましたが、私が行った日の翌日の月曜日に中国整体の先生も高尾山に行かれたそうです。月曜日も平日にもかかわらず、大勢の人が高尾山山頂に来ていたそうです。写真を見せていただきましたが、人の頭も写っており、混雑ぶりが窺えました。太陽が沈んだ後は気温が急激に下がり、シャッターを押す指がかじかんだと、おっしゃっていました。この年末は再び京都と奈良に行かれるそうです。


そして、今日は湯屋から戻った後、映画「AVATAR」を観に行きました。あの「タイタニック」のJames Cameron監督作品です。内容は以下の通りです。

b0190242_12241156.jpg


地球から4.4光年離れた巨大ガス惑星ポリフェイマスの惑星パンドラ。このパンドラには「ナヴィ」と呼ばれる未開先住民が暮らし、様々な生物が生息する美しい森が広がっていた。そして、そのパンドラには超電導鉱物「アンオブタニウム」が埋蔵されており、1 kg 20億円の価値があり、地球人たちはこの鉱物を手に入れようと採掘のプロジェクトを進めていた。
アバター(AVATAR)とは、地球人がナヴィに近づくために開発した、地球人とナヴィのDNAを遺伝子操作により作り出したハイブリッド体で、特殊装置により意識を転送し、地球人が遠隔操作できる生命体である。
戦争で車椅子生活を送っていたジェイクは、死んだ兄の身代わりとしてパンドラに連れてこられて、AVATARとしてプロジェクトの任務を負うことになる。AVATARの肉体を手に入れたジェイクは喜びのあまり大地を自由に走り回るが、ある時、パンドラの森の中ではぐれてしまい、森の獰猛な獣に襲われそうになったところをナヴィの族長の娘、ネイティリに助けられた。ジェイクを助けたものの、ネイティリはジェイクが近づくのを拒否したが、傷ついたジェイクの体を「聖なる木の精」たちが包み、ジェイクが選ばれた存在としてここに来たことを感じ取る。ジェイクはナヴィの教えをネイティリから受け、パンドラの大自然への敬意とともに任務を忘れてナヴィのひとりになっていくことを感じ、そしてネイティリと愛し合う仲になって行った。
スパイとしての任務を果たせないどころか、ナヴィの味方になってしまったジェイクは裏切り者として捕えられ、採掘プロジェクトの指揮官である大佐は鉱物が眠っている真上のナヴィの集落を攻撃する。この戦いでネイティリは父親を失い、ジェイクがスパイであったことを知ってしまう。捕えられていたジェイクは仲間の助けで脱出し、再びAVATARとしてネイティリたちの前に現れる。そして、この美しいパンドラの大自然とナヴィたちを守るため、地球人たちと闘うことを決意するジェイク。ナヴィたちと地球人たちの壮絶な死闘がはじまった。果たして、その結末は・・・・・。004.gif


b0190242_12243616.jpg


この舞台となった衛星パンドラの大自然の映像美、こんな場所が存在したらカメラ片手に出掛けて行きたいものです。061.gif

b0190242_12264033.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by ryott-ryott | 2009-12-27 12:30 | movie

いい歳、りょうちゃん、ダイヤモンド富士を見るヽ(^o^)丿

b0190242_0241389.jpg
b0190242_0243492.jpg
b0190242_0245659.jpg
b0190242_0252832.jpg
b0190242_0263638.jpg
b0190242_0272585.jpg


今週の土曜日はいつものように奥山エアロ、中国整体、大暴れアクアをやりました。そして夜は、荏原町のさ久さんに行きました。湯屋仲間の吉田さんからのお誘いがあり、さ久さんで飲むことになりました。中村さん、てらりんさん、と4人で飲むはずだったのですが、私を誘ってくれた肝心の吉田さんは来ませんでした。どうしたのでしょうか?

b0190242_0281747.jpg

アジフライ011.gif
b0190242_0284229.jpg

生がき011.gif
b0190242_0294347.jpg

せいろ蒸し011.gif
b0190242_0302799.jpg
b0190242_0304578.jpg
b0190242_031237.jpg


 てらりんさんや中村さんと飲んだのは12カ月以上も前で久しぶりでした。湯屋仲間のてらりんさんは、最近、足底筋膜炎を発症してしまい、足の裏に痛みを伴うため、大好きなエアロを出来ない毎日が続いているようです。早く平癒して、また湯屋の異常者たちを蹴散らしてください。041.gif
 そして日曜日は、高尾山へ「ダイヤモンド富士」を観に行ってきました。


b0190242_0313828.jpg
b0190242_0315220.jpg
b0190242_032615.jpg



(JIN最終話予告編)

天和3年(1683年)、江戸日本橋駿河町に開店した呉服店越後屋は、その開店披露の引札(宣伝チラ)に、こんな文句を書きました。(現代語訳)

「私ども越後屋は、このたびの開店にあたり、店内の品物は、すべて格安で奉仕をいたします。一銭たりとも値引きはいたしません。掛け売り、配達もいたしませんので、どうぞご来店の上、現金にてお買い求め願います。
                                   越後屋 三井八郎右衛門高利」

現在では当たり前のことですが、当時としては革命的な商法でした。呉服屋は大きな風呂敷に品物を包んで、大名屋敷や商家に売り歩き、値段は相手の顔色を見て適当に決め、そのかわり支払いも、盆、暮れ2回にされていたころの話です。

 江戸市中で大評判になり、店は大繁昌、たちまち江戸一番の呉服屋にのし上がってしまいました。やがて越後屋は三井呉服店と名を改めて、さらに明治37年(1904年)12月20日には、三井呉服店の「三」と、越後屋の「越」をとって「三越」と名のり、わが国初のデパートに生まれ変わりました。

 1852年、パリで開店したボン・マルシェが世界最初の近代的百貨店と言われますが、わが国では、約50年おくれて近代的百貨店「三越」が誕生したわけです。
 初代三井八郎右衛門高利の先祖は、近江の三井越後守で、織田信長に敗れて武将をやめ、伊勢松坂に逃れ、その子高俊が酒屋越後屋を開いたのがそもそものはじまりと伝えられています。
高利は、高俊の四男で、江戸で開業した時は52歳になっていました。三越はもとより、三井グループ、三井財閥の祖にあたる人です。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)



(MISIA/逢いたくていま)

12月20日の東京での日没は16:30ですが、「ダイヤモンド富士」は富士山の山頂へ太陽が沈んでいくため、16:10ごろから山頂にかかり、約2分間ほどで隠れてしまいます。
12月20日は快晴。058.gif中央線の車窓からもはっきりと富士山を見ることができ、はじめての「ダイヤモンド富士」に期待に胸を膨らませて、高尾山山頂へと向かいました。


b0190242_0324589.jpg
b0190242_033729.jpg
b0190242_0332963.jpg
b0190242_0334469.jpg
b0190242_034763.jpg
b0190242_0342597.jpg


11:55東京発高尾行き中央線快速に乗り、高尾駅で京王線に乗り換えて一駅、高尾山口駅に13:20くらいに到着。高尾山は標高599 m。途中の470 mまではケーブルカーが往復しています。ケーブルカーに乗らずに山頂へと思ったのですが、発車するところだったので乗ってしまいました。傾斜32度の日本一急こう配のケーブルカーだそうです。

b0190242_0351179.jpg
b0190242_0353295.jpg
b0190242_0365042.jpg
b0190242_037359.jpg


 ケーブルカーを降りると、普通は40分くらいで山頂に着くようです。私はのんびりと風景を見ながら山頂へと向かいました。約70分で山頂に到着、14:40。山頂は「ダイヤモンド富士」を一目見ようという人たちで大賑わい。テレビ局のカメラと思われる機材を持って来ている人たちもいました。展望台の向こうには真っ白な富士山がそびえていました。ダイヤモンド富士がはじまる直前には多分、集まった人は多分100名以上はいたと思われます。私も何とかシャッターを切りましたが、太陽が富士山山頂にかかると、あっという間に沈んでしまいました。ダイヤモンド富士のきれいな写真は撮れませんでしたが、自分の肉眼で「ダイヤモンド富士」をはっきりと見ることができて、感無量の一日でした。058.gif072.gif
 太陽が沈んでしまったあとの夕焼けに染まる富士山も美しく、西の空高くに月齢3.6の月を見ることが出来ました。しかし、日が暮れた後の山頂は寒かった。私が言うのだから、間違いなく寒いです。
041.gif

b0190242_0404821.jpg
b0190242_0411749.jpg
b0190242_0414582.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

by ryott-ryott | 2009-12-21 00:48 | 一眼レフの旅

映画「カールじいさんの空飛ぶ家」ヽ(^o^)丿

b0190242_22495815.jpg


b0190242_2361434.jpg


昨日の雨がうそのように、今日はきれいに晴れあがりました。いつものように大井町湯屋へ行き、奥山エアロ、中国整体、大暴れアクアをやりました。今月12月から2月くらいまで、東京近傍で晴れていて富士山が見えれば、日没時に「ダイヤモンド富士」が見えると言う記事がTokyo Walkerに書いてありました。12月17日から24日くらいまで高尾山山頂や立川近辺で「ダイヤモンド富士」が見えるそうです。もちろん、富士山が見える快晴が条件です。その話を中国整体の先生にしたところ、先生は12月21日月曜日に高尾山に行くことをすぐに決断されました。私たちが通う中国整体院は月曜日はお休みで、先生自身は月曜日に他の整体院へ整体を受けに行かれているそうですが、時間をづらしてもらって、何とか夕方の日没に間に合うように行かれるようです。058.gif
私も湯屋が休館日の12月20日に富士山が見えるくらい晴れていれば、「ダイヤモンド富士」を撮りに行きたいと思います。
061.gif

b0190242_22513996.jpg
b0190242_22527100.jpg
b0190242_22523312.jpg
b0190242_2253572.jpg
b0190242_22532835.jpg
b0190242_22535327.jpg



(カールじいさんの空飛ぶ家・予告編)


 わが国の代表的な漬けものとして知られる“たくあん(沢庵)づけ”は江戸時代、臨済宗の名僧沢庵が、保存食として「貯え漬け」として教えたものが、いつの間にか「沢庵づけ」として全国に普及するようになったといわれています。
 沢庵は、天正元年(1573年)、但馬(兵庫県)出石に生まれ、10歳のとき仏門に入って、大徳寺の春屋宋園(しゅんおくそうえん)、南宋寺の一凍紹滴(いっとうしょうてき)に師事し、沢庵という道号をもらいました。
 37歳の時、後陽成天皇の勅命によって、大徳寺154世の住持(管長)に就任しました。
 寛永4年(1627年)、幕府は諸宗取締まりの法度違反として、突如、これまで勅許されていた、紫衣の着用を禁止しました。“紫衣事件”です。
 沢庵はその不当をなじって抗弁書を幕府に出しましたが、かえって幕府を怒らせ、江戸下向を命ぜられ、そののち、出羽国(山形県)上山に流罪となりました。
 現在、上山温泉の中心地近くには、沢庵は配流中住んでいた“春雨庵”が残されています。
 沢庵は、二代将軍秀忠の死による大赦で、3年にして江戸に帰ることを許されました。
 三代将軍家光は、将軍家剣術指南役・柳生宋矩の推挙で、彼を人生の師として迎え、彼にために品川東海寺を建てて、そこに住まわせました。
 沢庵は、家光の厚遇に甘えることなく、禅の道を極め、ある人が極彩色の秘画に賛を乞うと、ためらうことなく「色即是空、空即是色、柳はみどり、花はくれなゐ」と書いたり、幾つかの逸話を残して、正保2年(1645年)12月11日73歳の生涯を閉じました。
 沢庵の遺偈(ゆいげ、遺言)は「夢」の一字でした。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)





b0190242_22544836.jpg
b0190242_2255041.jpg


久しぶりに映画を見ました。「カールじいさんにお空飛ぶ家」。内容は次の通りです。

その家で愛する妻と出会い、結婚し、パラダイス・フォール(瀧)へ冒険することを共に夢見てきたカール。しかし、その夢を叶えることが出来ず、年をとって、やがて愛する妻エリーは旅立ってしまいます。家にたったひとりで残されたカール。やがて家の周りは開発が進み、立ち退きを要求される毎日。そんな時、工事中にカールの家の郵便受けを壊されてしまい、カッとなったカールは杖で作業員の頭を叩いて怪我をさせてしまいます。裁判でカールは老人ホーム行きを言い渡されます。エリーとの思い出がたくさん詰まった家を手放さなければならない。老人ホームからも迎いがやってきました。カールは老人ホームの迎いの者に「家にお別れをするから少し待っていてくれ」と言い、家の中に入ると、家の屋根から風船が飛び出し、家ごと空へ脱出。かつて冒険を夢見た南アメリカにあるパラダイス・フォールへといつの間にか紛れ込んだ少年ラッセルとともに向かいます。
 そして、ついに対岸の崖にパラダイス・フォールを見つけます。カールとラッセルは風船につながれた家を引きづって、パラダイス・フォールへと向かいます。その途中、森の中で見たこともない巨大な鳥ケビンと出会います。ラッセルはケビンも連れて行こうと言いますが、頑固なカールは受け入れません。そんな彼らに怪しい影が近寄ります。何百頭もの犬を引き連れた老人、かつてカールが子どものときに憧れた冒険家でした。その男は探検で持ち帰った怪鳥の骨格標本があまりにも巨大であるため、捏造疑惑をかけられて、築いてきた名誉をはく奪されて、追われてしまいました。冒険家の男は名誉を回復するため、再び怪鳥を生け捕りにするため、旅立ったまま行方不明になっていたのです。その男はカールたちを襲い、怪鳥ケビンを連れ去ってしまいます。ケビンを救うために、男の気球船へ向かうカールとラッセル、カールじいさんの空飛ぶ家と野望を果たそうとする老人探検家の気球船との激しい空中戦がはじまりました。果たして、その結末は・・・・・。


b0190242_22552917.jpg


今日は晴れましたが富士山は見えませんでした。冒頭の写真は葛西臨海公園から見た夕焼けです。葛西臨海公園では「ダイヤモンド富士」は2月くらいに見えるようです。
058.gif

b0190242_22592225.jpg

b0190242_2311768.jpg
b0190242_2315653.jpg
b0190242_2321957.jpg
b0190242_2324134.jpg
b0190242_2332038.jpg

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by ryott-ryott | 2009-12-12 23:13 | movie

いい歳、りょうちゃん、師走の荏原町を行くヽ(^o^)丿

b0190242_11214737.jpg
b0190242_11222224.jpg
b0190242_11224894.jpg
b0190242_11231336.jpg
b0190242_1123421.jpg


今日5日は大井町湯屋がお休みでした。なので、いつもの予定は中国整体のみでした。中国整体の先生は11月の3連休は京都に行かれて、紅葉に染まりつつある京の街を撮影されたそうです。施術前に撮影された何枚か見せて戴きましたが、撮影枚数は600枚を越えたそうです。11月の3連休の京都は2日目午後に雨が降った以外は天候にも恵まれて、青空のカンバスに紅葉がよく映えていました。私が行った能登半島は京都とそんなに離れていないと思いますが、結構、天候が違うものだなと思いました。先生は私のこの「土曜日歳時記」に載せた「能登牛」の写真を見て、「おいしいもののばかり食べるから、痩せられない」と鋭い指摘をされてしまいました。041.gif

川上貞奴
b0190242_11195819.jpg


NHKの大河ドラマに登場したので、「マダム・貞奴」が有名になりました。彼女のような、波乱万丈、激しい生きざまを見せた人は、もう出てくることは少ないでしょう。
 彼女は明治5年(1872年)、日本橋に生まれました。家の事情で7歳の時、葦町の芸妓置屋「浜田屋」の養女となり、16歳で奴(やっこ)と名のって芸者に出ました。
 彼女には、伊藤博文など明治の政財界有力者のごひいき筋がいましたが、オッペケペエ節と壮士芝居で有名になった川上音二郎に熱を上げ、明治27年(1894年)、芸者を廃業して結婚しました。
 音二郎は、間もなく新演劇の勉強もかねて、欧米巡業を思い立ちます。ところが外国では女形(おやま)が不評です。やむを得ず彼女がピンチヒッターとして女優をやることになりました。芸名もあわてて本名の貞と芸者時代の奴をとって「貞奴」とつけました。
 この貞奴の演技と舞踊が各地で絶賛を浴びました。
 帰国後「川上一座」を旗揚げしましたが、とうとうわが国でも初の女優として貞奴が出ないわけにいかなくなりました。しかし、その興業の浮き沈みは激しく、二人で小舟を借り出し、太平洋を渡ろうという騒動なども引き起こして話題になりました。
 明治44年(1911年)、夫の死後、一座を率いて芝居を続けましたが、大正7年(1918年)、彼女は引退しました。
 当時、47歳、福沢諭吉の娘婿・実業家福沢桃介と同棲、「川上絹布株式会社」をつくってもらい、生活に不自由なく、静かな晩年を過ごしました。
 終戦後の昭和21年(1945年)12月7日、伊豆熱海の別荘で75歳の生涯を閉じました。

 兎も角も隠れすむべく野菊かな  貞奴

(小学館「一日一話人物歳時記」より)




(忌野清志郎/雨上がりの夜空に)

雨上がりの荏原町072.gif
b0190242_11283233.jpg


今日の夜は大井町湯屋仲間の吉田さん夫妻にお誘い戴き、荏原町の「ちゃんこ晴海」に行きました。若い店員さんの元気がよく、活気があるお店です。実は前日の金曜日は会社の人たちと同じく荏原町の「さ久」さんへ行ったので、2日連続の荏原町でした。

b0190242_11275061.jpg


「ちゃんこ晴海」は相変わらず大変な賑わい。夜7時に行ったのですが、10分も経たないうちにテーブルも座敷も満席になりました。私たちのグループは吉田さん夫妻の他は、はんにゃ阿部ちゃん、晴れ男さん、理枝ちゃん、そしていい歳、私の6名でした。本来ならば特別ゲストにらてこんさんもお誘いしていましたが、突然の体調不良で来ていただけませんでした。早く良くなってください。そして、大見ちゃん、よし子さんも不参加になり、6名で9人分の料理を平らげました。コース料理以外のも注文可能だったのですが、さすがに誰も注文せず、出されたものだけで満腹になりました。刺身、牛肉のたたきから始まって、特大の海老フライには吉田さん夫妻もびっくりしていました。そして、途中に出して戴いた「煮込み」は絶品で、口に入れると溶けてしまうほど柔らかくて、とても美味しかったです。晴れ男さんもこの「煮込み」を絶賛していました。
 最後はいつものことながら、ちゃんこ鍋の〆。いつものことながらと言っても店に行くのが今回3回目です。塩味と味噌味をお願いしました。いずれも美味しい。美味しいという以外に言葉が思いつきません。プロの力士がちゃんこ鍋を1週間食べて、体重を5 kg増量して体をつくると言います。ちゃんこ鍋は滋養のある食べ物だそうです。大見ちゃん、よし子さんはともかくとして、らてこんさんに食べさせてあげたっかたです。料理に感動した吉田さん夫妻がすぐさま新年会を発案し、次回2月6日土曜日に旧正月の新年会として「ちゃんこ晴海」に予約を取りました。
 料理に満足して、大井町湯屋の情報交換をして、次回新年会の予約を取って、いつものように店内と店の前で記念撮影をしました。


b0190242_11311066.jpg

皆さんが絶賛していた「煮込み」
b0190242_11322774.jpg


 帰り道、荏原町駅で晴れ男さんが携帯を騒ぎ出しましたが、皆さんがちゃんと持ってきてくれていました。晴れ男さんは、エルビーさんのことを言えないくらいに、携帯をよく忘れてしまうそうです。携帯が出てきた記念写真を撮ればよかったですね。037.gif

 土曜日、昼からあんなに降っていた雨が私たちの帰りに合わせてくれて、ぴたりと止んでいました。今年、あと何回忘年会をやるのかわかりませんが、次回の忘年会の約束を交わし、それぞれの道を帰って行きました。
072.gif060.gif

特大エビフライ011.gif
b0190242_11301513.jpg

ピンボケしてしまいました。
阿部ちゃんがエビフライをかじっている写真はいつの間にか削除されてしまいました。
b0190242_11341157.jpg

b0190242_11365597.jpg

b0190242_11372852.jpg
b0190242_113897.jpg
b0190242_11384827.jpg
b0190242_11391957.jpg

塩ちゃんこ。
b0190242_1139418.jpg

b0190242_11403486.jpg

味噌ちゃんこ。見た目はわかりません。
b0190242_11405714.jpg

店内で記念撮影。061.gif
b0190242_11421586.jpg

店の前で記念撮影。061.gif
b0190242_11425622.jpg

b0190242_11431696.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ
にほんブログ村

by ryott-ryott | 2009-12-06 11:54 | おいしい