<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いい歳、りょうちゃん、白馬のラージヒルに立つヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_0454585.jpg

白馬の旅の続きです。

b0190242_0461499.jpg

 3連休最終日。この日は朝から白馬大橋で朝陽を背景に、前日に見た気球を撮ろうと考えていましたが、朝から大雨でした。寝過ごさないように目覚ましを5時にセットしていましたが、雨の叩きける音で目が覚めました。毎日行われている白馬樅の木ホテルのオーナー自ら案内する散歩も雨のときは中止になります。仕方がないので、朝食の時間まで二度寝することにしました。しかし、目が覚めてしまって、眠ることができませんでした。歳をとったのでしょうか。037.gif
b0190242_0465110.jpg

実は最終日は、朝の散歩の後、八方尾根にある八方池に行くつもりでした。八方尾根という名前は、白馬三山(白馬岳2932 m、杓子岳2812 m、白馬鑓ヶ岳2903 m)、五竜岳2814 m、鹿島槍2889 m、八ヶ岳2899 m、遠くは富士山3776 mまでを四方八方に眺めることが出来ることから名付けられたそうです。八方尾根の最終地点の八方池には白馬三山が映し出されることを眺めることができ、往復で3時間かからないそうなので、八方尾根のトレッキングに出掛けることをひそかに考えていました。しかし、この大雨で計画は白紙。標高1900 m級の八方尾根は、この雨で濃霧に覆われてしまっていることは容易に想像でき、3時間足らずの短いトレッキングコースであるとしても山登り素人の私にとっては危険極まりないので、やめることにしました。
b0190242_0474415.jpg

白馬樅の木ホテルのレストランのお姉さんに、白馬で行くべき観光スポットを尋ねたところ、お姉さんは「上高地は絶対に行っておくべきところ」だとおっしゃっていましたが、上高地は白馬ではないと思います。037.gif
したがって、最終日は白馬周辺を観光タクシーで周って、長野県の善光寺に私が出掛ける時は雨を降らせないようにお参りに行くことにしました。


b0190242_048202.jpg


(やしきたかじん/東京)

東京(作詞:及川眠子、作曲:川上明彦、歌:やしきたかじん) 060.gif

あんたとなら
いつ死んでもかまわへん
わすれないで
そんな女いたことを

見上げた空さえも
冷たい色やけど
あたしが本気で惚れたひと
そう生まれた街やから

いとしさも 憎しみも
すべてすべて ぎゅっと抱きしめ
祈るように 今日も灯が
ともる東京

夢だけ見て
生きてるようなあんたやった
いつかあたし
待つことにも慣れてたよ
くすんだ風のなか
肩よせ暮らしたね
誰にも似てへんひとやけど
本物の愛をくれた

悲しくて 悔しくて
泣いて泣いてばかりいたけど
かけがえのないひとに
逢えた東京

痛いほど好きなのに
なんでなんで別れたんやろ
いまもまだ 胸の奥
揺れる東京

悲しくて 悔しくて
泣いて泣いてばかりいたけど
かけがえのないひとに
逢えた東京

b0190242_0503257.jpg
b0190242_0505323.jpg

白馬観光の途中、雨も上がって、お祭りの山車の行列の遭遇。写真を撮っていたら、升に入れたお酒を戴きました。069.gif070.gif

b0190242_0513063.jpg
b0190242_052795.jpg

 山内一豊といいますと、「内助の功――へそくりで夫のために名馬を買わせた一豊の妻」のイメージが今でも消えません。
 一豊は慶長10年(1605年)9月20日、関ヶ原の功労でもらった20万石の大名として、その居城土佐城(高知城)で亡くなりました。享年59歳でした。
 土佐城の大手門を入ったところに、このエピソードの主「一豊の妻」の銅像が建っています。
 いつまでたっても、「一豊の妻」から抜け出せないでいるようです。
 
 この話、本当だったのでしょうか。
 一豊が猪右衛門といって信長に使えて間もないころ、安土城下に、東国一の名馬といって売りに来た者がいました。まことに無双の名馬には違いありませんが、黄金10両といわれては、さすがに織田家の武士たちも手が出ません。
 
 一豊もほしくてたまりませんが、あきらめて家に戻って来てその話を妻にしました。一豊の妻は「それほどほしい名馬でしたら、ぜひこのお金でお求めください。」と、鏡の箱の底からへそくりの黄金10両を取り出しました。
 かねて夫の一大事のときに使うために倹約して貯めておいたのです。
 一豊は、ほどなく開かれた正親町天皇の行幸を仰いだ大馬揃えに参加し、信長からその名馬が認められ、購入のいきさつを聞いて、すっかりほめられ、それが出世の糸口になったという話です。
 しかし、戦国乱世の時代、この内助の功だけで立身出世をしたと考えるのは甘すぎます。
 むしろ、信長に仕えた際、部下の木下藤吉郎(のちの秀吉)直属の隷下になったのが幸運の端緒だったのではないでしょうか。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_0565554.jpg
b0190242_0572133.jpg

まず白馬は「日本の棚田百選」に選ばれている白馬村の青鬼(あおに)集落へ行きました。江戸時代の終わりから明治時代にかけて作られた14戸の古民家があり、実際に人が住んでいました。
b0190242_0575555.jpg
b0190242_0583537.jpg
b0190242_059252.jpg
b0190242_0592840.jpg

もうひとつ、白馬の名所といわれている大出(おおいで)公園へ行きました。大出公園は姫川に沿った散策コースであり、吊り橋が2か所あります。天気が良ければ、2か所の吊り橋から白馬三山を一望できるそうです。
b0190242_102686.jpg
b0190242_104789.jpg
b0190242_11892.jpg
b0190242_115971.jpg

1周するのに1時間近くかかってしまいました。結構、山の中に入っていくところがあり、その山の出口に2つの木片を紐で結んだものが置いてありました。その木片を叩いて音を出しながら歩くと、クマが近づいてこないそうです。大出公園の散策コースにはクマが出没するようです。私と入れちがいに散策コースへ入って行こうとしている人から、「クマは出ましたか?」と聞かれて、肝を冷やしました。042.gif042.gif042.gif
b0190242_132533.jpg
b0190242_141024.jpg

 タクシーの運転手さんが空の雲が薄くなっているのを見ながら、「黒菱に行けば、雲海が見られるかもしれない。」とおっしゃるので、行くことにしました。黒菱は最初に行くことにしていた八方尾根の入り口の場所で、ここからリフトに乗って八方尾根の第1ケルンへ行くことが出来ます。黒菱林道に沿って、上がっていくと、対面する中央アルプスの方が雲が切れて、ところどころ青空とともに見え始めました。
 かなり期待をして、八方尾根の入り口の黒菱まで登って行きましたが、霧が上の方から流れてきており、途中で見えてきたアルプスの山々と青空もすっかり濃霧に隠されてしまいました。

057.gif057.gif057.gif


(五木ひろし/契り)

契り(作詞:阿久悠、作曲:五木ひろし、歌:五木ひろし)060.gif

あなたは誰と ちぎりますか
永遠の心を 結びますか

波のうねりが岸にとどく
過去の歌をのせて
激しい想いが 砕ける涙のように
緑は今も みずみずしいか
乙女はあでやかか
人の心は鴎のように
真白だろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

朝の光が海を染める
生きる夢に満ちて
まぶしい願いが きらめくいのちのように
流れは今も 清らかだろうか
子どもはほがらかか
人はいつでも桜のように
ほほえむだろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

b0190242_154029.jpg
b0190242_16481.jpg

再び、元来た道を引き返し、最終目的地の長野の善光寺に向かうことにしましたが、その前に折角白馬に来たのだから、長野オリンピックジャンプ競技場へ立ち寄ってくれました。
b0190242_174790.jpg
b0190242_18132.jpg
b0190242_183852.jpg
b0190242_185665.jpg

 入口からリフトに乗って、4階建てのスタートタワーへ行き、そこからエレベーターで3階まで上がり、そこから下が見える金網の階段を上り、ラージヒルのスタート地点に行くころが出来ます。標高差138 m。手すりをつたわって、階段を登って行きましたが、下を見ると目がくらみます。階段の上に登っていく方はあまりの高さに、みんな気持ち悪いとおっしゃっていました。037.gif037.gif037.gif

b0190242_110030.jpg
b0190242_110401.jpg
b0190242_111889.jpg
b0190242_111305.jpg


To be continued. 次回は善光寺への旅と続きます。


b0190242_1122172.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村

b0190242_113111.jpg
b0190242_1135787.jpg
b0190242_1142943.jpg
b0190242_115663.jpg
b0190242_1152872.jpg
b0190242_1161696.jpg
b0190242_1165239.jpg

by ryott-ryott | 2010-09-30 01:20 | 白馬スキージャンプ場

いい歳、りょうちゃん、「黒部の太陽」を見るヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_0324345.jpg
b0190242_0333946.jpg
b0190242_0342048.jpg

今週の飛び石連休は、山形県庄内へ行ってきました。この日記が現実に追いついていませんが、おいおい紹介します。今回は黒部ダムレポートです。004.gif
b0190242_0353212.jpg
b0190242_0354474.jpg
b0190242_0361672.jpg

「白馬樅の木ホテル」では毎朝5時50分から1時間ほど、ホテルの周辺の散策を、オーナー自ら宿泊客を連れて、行われています。私もその1時間に参加しました。070.gif
 朝の散策はホテルのマスコット犬3頭を引き連れて、朝焼けに映える白馬の山々、諏訪神社と樹齢1000年を超える巨大杉、大雪渓を源流としている松川、白馬大橋、そこに浮かぶ気球などを見て回りました。
 1時間の散策からホテルに帰ると、ホテル前では野菜を売りに来ている軽トラックが止まっており、「朝市」との札がかかっていました。
 オーナーさんがおっしゃるには、この朝の1時間散策での歩数は5000歩くらいであり、毎日ウォーキングを行うこと、そして「あまり美味しいものを食べすぎない」ことが年齢を重ねても元気でいられることだとのこと。散策に参加されていた関西方面のおばさんが「運動した後は、美味しいものを食べまくる」とオーナーさんに逆らうように言っていたのが印象的でした。041.gif
b0190242_0365620.jpg
b0190242_0372842.jpg
b0190242_0381234.jpg

 この「白馬樅の木ホテル」の早朝散策でわかったことは、白馬でも白馬大橋から東を望めば、日の出が見られるということ。最初、白馬では周辺の山々が高いので、朝日も夕日も見られないとホテルのフロントが言っていましたが、よい場所を見つけることが出来ました。ただし、今日の散策は日の出のあとであったため、その瞬間の写真を撮ることができませんでした。明日、最終日の朝、白馬大橋へ出掛けようと心の中で決めました。032.gif

b0190242_0392313.jpg
b0190242_0404259.jpg
b0190242_0412582.jpg

 散策後、ホテルで朝食を摂り、いよいよ「黒部ダム」へ出発しました。070.gif070.gif070.gif

b0190242_0423482.jpg
b0190242_043326.jpg
b0190242_0433793.jpg
b0190242_044650.jpg
b0190242_0445661.jpg


(やしきたかじん/東京)

東京(作詞:及川眠子、作曲:川上明彦、歌:やしきたかじん) 060.gif

あんたとなら
いつ死んでもかまわへん
わすれないで
そんな女いたことを

見上げた空さえも
冷たい色やけど
あたしが本気で惚れたひと
そう生まれた街やから

いとしさも 憎しみも
すべてすべて ぎゅっと抱きしめ
祈るように 今日も灯が
ともる東京

夢だけ見て
生きてるようなあんたやった
いつかあたし
待つことにも慣れてたよ
くすんだ風のなか
肩よせ暮らしたね
誰にも似てへんひとやけど
本物の愛をくれた

悲しくて 悔しくて
泣いて泣いてばかりいたけど
かけがえのないひとに
逢えた東京

痛いほど好きなのに
なんでなんで別れたんやろ
いまもまだ 胸の奥
揺れる東京

悲しくて 悔しくて
泣いて泣いてばかりいたけど
かけがえのないひとに
逢えた東京

b0190242_0455450.jpg

 明治の俳壇に巨大な足跡を残した正岡子規は、明治35年(1902年)9月19日、東京台東区根岸の「子規庵」で、肺結核と腰部脊椎炎で亡くなりました。
 門弟に高浜虚子、伊藤左千夫、長塚節(たかし)など、そうそうたる顔触れがそろっていますので、年輩者かと思っていましたら、享年35歳でした。

 正岡常規
 又ノ名ハ処之助
 又ノ名ハ升
 又ノ名ハ子規
 又ノ名ハ獺祭書屋主人
 又ノ名ハ竹ノ里人
 伊予松山ニ生レ
 東京根岸ニ住ス
 父隼太郎松山藩御馬廻加番タリ卒ス
 母大原氏ニ養スル
 日本新聞社員タリ
 明治三十□年
 □月□日没ス
 享年三十□
 月給四十円

 これは子規自らしたためた墓誌で、東京田端の大竜寺のお墓には、そのまま刻まれています。
 子規が松山から上京したのは明治25年(1892年)、根岸に移ったのは27年(1894年)です。
 『病牀六尺』『墨汁一滴』などの名文を書いたのは、8年に及ぶ闘病生活をしながらでした。
 死の前日、病をおして詠んだのが次の句です。

 糸瓜咲いて痰のつまりし仏かな
 痰一斗糸瓜の水も間にあわず
 をととひのへちまの水も取らざりき

 子規は東大で落第したのが縁で、夏目漱石と親しくなりましたが、卒業後、漱石が子規のふるさと松山中学校の教師として赴任し、そこで名作『坊ちゃん』を書き上げたのですから奇縁です。
 松山市末広町の政宗寺には、子規の住居の一部が移築され、「子規堂」として保存され、その庭内の一部に『坊ちゃん』に出てくるチンチン電車が展示され、観光客の目を楽しませています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)



b0190242_0473437.jpg
 黒部ダムへは長野県側から行きました。立山アルペンルートの途中で宿泊出来れば、扇沢から立山までの全工程を周ることが出来たと思いますが、この立山アルペンルートの途中の宿泊宿は3ヵ月くらい前からどこも満室でした。
まず白馬から扇沢までタクシーで40分。大糸線では白馬から信濃大町(40分)、信濃大町から扇沢までバスで行く行程(40分)では時間が2倍以上かかってしまいます。混雑を予想して、少し早目に向かったつもりでしたが、扇沢(標高1433 m)からの関電トンネルトローリーバスの切符売り場は3連休中日とあって長蛇の列でした。目標の時間の次の便で黒部ダムに行きました。扇沢から黒部ダム(標高1470 m)までは約16分。059.gif

b0190242_0484042.jpg
b0190242_0501622.jpg
b0190242_0503824.jpg

黒部ダムへは220段の長い階段を昇り、ダム展望台(標高1508 m)に辿り着きました。高さ186m、1秒間当たり10トンから15トンの水を、水しぶきをあげながらの大放水(正式に観光放水と呼んでいるそうです)。堤防の長さは492 m、幅 8 m、総貯水量 2億立方メートルの日本一のダムです。雪が降り始めて、ダム展望を閉鎖する10月15日まで観光放水は続きます。
天気も良くて、ダムから放水される水しぶきに太陽光が当たって、虹が出ていました。
058.gif058.gif058.gif
b0190242_0512530.jpg
b0190242_0521955.jpg
b0190242_0523750.jpg
b0190242_053673.jpg
b0190242_0534099.jpg

 映画「黒部の太陽」でも知られるように、掘削を始めてから2600 m地点で、毎秒660 リットルもの地下水が土砂とともに噴き出してくる「破砕帯」にぶつかり、一時は掘削作業が不可能である状況になりました。「破砕帯」の幅は80 mにも及び、480万トンの湧水をたくさんの穴をあけて抜きだし、7ヵ月の苦闘の末、ようやく突破しました。関電トンネル出入り口には当時の工事の模様が示されていました。7年の歳月、総工費513億円(昭和38年当時)、延べ1000万人の人手をかけて、昭和38年6月に完成しました。

 黒部ダム建設ではたくさんの方が工事中に殉職し、黒部湖を望むところに慰霊碑がありました。


b0190242_055718.jpg
b0190242_0555743.jpg
b0190242_0561552.jpg
b0190242_0563917.jpg


(五木ひろし/契り)

契り(作詞:阿久悠、作曲:五木ひろし、歌:五木ひろし)060.gif

あなたは誰と ちぎりますか
永遠の心を 結びますか

波のうねりが岸にとどく
過去の歌をのせて
激しい想いが 砕ける涙のように
緑は今も みずみずしいか
乙女はあでやかか
人の心は鴎のように
真白だろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

朝の光が海を染める
生きる夢に満ちて
まぶしい願いが きらめくいのちのように
流れは今も 清らかだろうか
子どもはほがらかか
人はいつでも桜のように
ほほえむだろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

b0190242_0574637.jpg
b0190242_0585011.jpg
b0190242_059151.jpg

 第二の目標、黒部ダムにも無事辿り着くことが出来、折角なので、立山の室堂まで行くことにしました。黒部湖(標高1455 m)から黒部ケーブルカーで黒部平(標高1828 m)まで行き(5分)、そこから大観峰(標高2316 m)まで立山ロープウェイに乗ります(7分)。ロープウェイに乗っている時間はわずか7分ですが、たいへんな人出で、ケーブルカーもロープウェイもピストン輸送していましたが、それでもロープウェイに乗車するまで1時間半以上待ちました。大観峰から室堂(標高2450 m)までは立山トローリーバスで10分、ようやく室堂に到着。056.gif
b0190242_112263.jpg
b0190242_12433.jpg

 ガイドブックなどには扇沢から立山駅まで往復で散策時間も含めて8時間あれば帰ってくることができると書いてありますが、これだけの人出で混雑している状態では、室堂から先へ進むと宿泊している白馬へ戻ってこれなくなるため、今回は室堂までとしました。

b0190242_123796.jpg
b0190242_13186.jpg
b0190242_133125.jpg
 
 室堂では天然記念物のライチョウに結構簡単に出会うことができると聞きましたが、私は見ることができませんでした。室堂の天気は曇りでしたが、ガスは発生していなかったため、たぶんあれが剱岳なのかと思いながら、ミクリガ池と地獄谷を散策しました。地獄谷は階段を下りたところにあり、行くのはスイスイと行けましたが、登りの帰りはやはり大変でした。地獄谷は噴煙が立ち込め、有毒ガスが噴き出しています。天候が悪化すると、たちまちに有毒ガスに巻かれて死んでしまうのだそうです。そのうち軽装で来ている異国人が地獄谷で死んだというニュースを聞くかもしれません。037.gif037.gif037.gif

b0190242_16674.jpg

b0190242_142239.jpg
b0190242_14547.jpg
b0190242_152450.jpg

白馬の旅はまだまだ続きます。To be continued.
b0190242_164929.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_173259.jpg
b0190242_18863.jpg
b0190242_182922.jpg
b0190242_184952.jpg
b0190242_1914100.jpg
b0190242_194282.jpg

by ryott-ryott | 2010-09-27 01:15 | 黒部の太陽

人間国宝、いい歳、りょうちゃん、国宝松本城をゆくヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_0365575.jpg

 敬老の日を含めた9月18日からの3連休に、長野県・富山県の方へ疲れに行ってきました。037.gifひとつは松本城を見ること、そして、もうひとつは黒部ダムを見ることが今回の旅の目標でした。
b0190242_0373328.jpg
b0190242_0374681.jpg

 9:00新宿発のあずさ9号に乗り、一路松本へと向かいました。新宿から松本までは約3時間かかる長旅です。連休とあって、列車は満席でした。終点松本まで行かれる方は少なく、諏訪湖がある上諏訪、下諏訪でほとんどのお客さんが降りて行きました。この日の松本市の最高気温は30 ℃、私は荷物を駅のコインロッカーへ押し込んで、カメラを持って松本城へと向かいました。
 松本城は当初小笠原家が治めていましたが、豊臣秀吉が徳川家康を江戸へ封じたのに伴い、小笠原氏も現在の千葉県、下総へ移りました。秀吉は松本城を石川数正・康長父子に与えました。石川親子は城と城下町の整備に尽力し、天守三棟、御殿、太鼓門、黒門などつくり、本丸・二の丸・三の丸まで現代の松本城の基礎を固めました。その後、石川家は豊臣方についていたため、大坂夏の陣で戦死し、その後、松本城は松平家が治めることになりました。実は松本藩は1590年から1869年の御維新まで6つの家、23代の藩主が治めてきています。歴史の部分は、特に晴れ男さんは、読んでくれないそうなので、ここら辺でやめておきます。041.gif

b0190242_0392478.jpg
b0190242_0395123.jpg

 松本城を訪れて、国宝に指定されているお城は4つしかないことを知りました。誰もが知っている姫路城、愛知県の犬山城、井伊大老の彦根城、そして松本城だけなんだそうです。松本では「松本城を世界遺産にする」運動がされていました。
 白を基調とした別名「白鷺城」と呼ばれる姫路城に対し、松本城は黒く、別名「烏城」と呼ばれています。027.gif
b0190242_0405931.jpg

b0190242_0424093.jpg

 おいおい書き綴りますが、今回は高いところへ昇ることが多い旅でした。その最初が日本最古のものといわれている6階立ての天守閣でした。富士山とは当然ながら比較にはなりませんが、お城の中の階段の段差が高く、柱などが低い位置にあるため身をかがめながら登らなければならないので結構疲れました。昇ることに疲れたのか、お城の中で座り込んでいる年配者の方もいらっしゃいました。そういえば富士山でも高山病で座り込んでいる人がいましたね、高見に登るということには、多かれ少なかれリスクを伴うということでしょう。
 最上階の天守閣に上がると、天気も良く、遠くまで松本城の4方を見ることができました。024.gif


天守閣から見た風景058.gif072.gif058.gif072.gif
b0190242_0473066.jpg
b0190242_0475431.jpg
b0190242_0481685.jpg
b0190242_0483065.jpg
b0190242_0484612.jpg



(やしきたかじん/東京)

東京(作詞:及川眠子、作曲:川上明彦、歌:やしきたかじん) 060.gif

あんたとなら
いつ死んでもかまわへん
わすれないで
そんな女いたことを

見上げた空さえも
冷たい色やけど
あたしが本気で惚れたひと
そう生まれた街やから

いとしさも 憎しみも
すべてすべて ぎゅっと抱きしめ
祈るように 今日も灯が
ともる東京

夢だけ見て
生きてるようなあんたやった
いつかあたし
待つことにも慣れてたよ
くすんだ風のなか
肩よせ暮らしたね
誰にも似てへんひとやけど
本物の愛をくれた

悲しくて 悔しくて
泣いて泣いてばかりいたけど
かけがえのないひとに
逢えた東京

痛いほど好きなのに
なんでなんで別れたんやろ
いまもまだ 胸の奥
揺れる東京

悲しくて 悔しくて
泣いて泣いてばかりいたけど
かけがえのないひとに
逢えた東京

b0190242_0523175.jpg

 明治・大正の小説家・徳富蘆花は『自然と人生』『思出の記』『みみずのたわごと』など、独特な自然観、人道主義を基調に、真摯な自己探求を続けた作家でした。
 しかし、残念ながら今日、蘆花の名前は小説『不如帰(ほととぎす)』の作家のほうで知られています。なぜならば、『金色夜叉』『婦系図』と並んで、『不如帰』は今でもしばしば新派の名作として上演されているからです。

 彼は熊本水俣の出身、本名健次郎。長兄猪一郎は明治・大正の代表的言論人徳富蘇峰です。
 蘆花は明治30年(1897年)、国木田独歩が住んでいた逗子の柳屋に転居しました。
 ここで偶然、日清戦争中の大山大将副官福家中佐の未亡人と出会い、彼女から大山大将の長女信子と、子爵三島弥太郎との離婚話を聞かされました。
 その話をモデルに、武男と浪子の悲しい物語『不如帰』が生まれたのです。彼はその一作で人気作家としての地位を確立したといってよいでしょう。
 明治35年(1902年)、彼はロシアに遊び、かねて崇拝していたトルストイを訪ねました。そしてトルストイに田園生活をすすめられ、当時武蔵野の面影を残す東京府下粕谷の地を求め、ここに居を移しました。
 彼は晴耕雨読、“美的百姓の生活”といわれながら、「自然と人生」を楽しみつつ、孤高の晩年を送りました。

 蘆花の私邸は、現在「蘆花公園・恒春園」として保存され、一般に公開されています。
 兄蘇峰とは、15年間絶交状態にありましたが、死期を悟ったのか、亡くなる前日(死亡は昭和2年(1927年)9月18日)に兄を呼んでもらい、和解をしました。
 『不如帰』の文学碑は逗子海岸に建っています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_053135.jpg



(五木ひろし/契り)

契り(作詞:阿久悠、作曲:五木ひろし、歌:五木ひろし)060.gif

あなたは誰と ちぎりますか
永遠の心を 結びますか

波のうねりが岸にとどく
過去の歌をのせて
激しい想いが 砕ける涙のように
緑は今も みずみずしいか
乙女はあでやかか
人の心は鴎のように
真白だろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

朝の光が海を染める
生きる夢に満ちて
まぶしい願いが きらめくいのちのように
流れは今も 清らかだろうか
子どもはほがらかか
人はいつでも桜のように
ほほえむだろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

b0190242_0553287.jpg

 松本城の北側には、松本神社、重要文化財の旧開智学校があります。旧開智学校は1876年(明治9年)に建てられた最も古い小学校なんだそうです。明治時代に建てられた小学校としては洋風な造りになっています。そして、現在は旧開智学校の前に、現在の開智小学校があり、この日は運動会が行われていました。私が通りかかったときは組体操が行われており、ひとつひとつの型が決まるたびに、訪れている人たちからたくさんの拍手が湧きおこっていました。038.gif
b0190242_0562112.jpg
b0190242_0564538.jpg
b0190242_0571582.jpg

 第一の目標、松本城をあとにして、四柱(よばしら)神社に立ち寄ってから、宿泊先の白馬へ向かうため松本駅へ引き返しました。松本から信濃大町を経て、白馬へ行くにはまだ1時間40分ほど電車に乗らなければならず、松本であまりのんびりとはできませんでした。白馬に行くためには、松本から大糸線という電車にのります。信濃大町から先の白馬へ向かう電車は1時間30分に1本くらいしかないので、松本でおいしそうなものを食べることが出来ませんでした。031.gif
b0190242_111342.jpg

b0190242_0582999.jpg
b0190242_0585985.jpg
b0190242_0592767.jpg
b0190242_10510.jpg
b0190242_102817.jpg

b0190242_125152.jpg

 信濃大町から先の大糸線の駅は、ほとんどが無人駅であり、一部の大きい駅を除いては1番車両の一番先頭のドアしか押しボタンで開閉しません。私が降りた「信濃上森」駅も無人駅、切符を電車の運転手さんへ渡して降りました。駅も無人ですが、駅前も無人。タクシーなんて、いやしません。通りかかったお爺さんに、「この辺にタクシー乗り場みたいなところはありませんか?」と尋ねると、この先のタクシーの詰め所があると教えてくれました。早速、その詰め所に行くと、タクシーは何台か駐車していましたが、人がいる気配はありませんでした。事務所のドアに、「御用命の際は、ここへ電話してください。」という貼り紙があり、電話をしたら、「白馬駅」から迎いに来てくれ、ようやく何とか宿泊先の「白馬樅の木ホテル」に着くことが出来ました。17:40到着。朝7時30分に家を出て、途中3時間ほど道草はしましたが、10時間以上経っていました。014.gif070.gif070.gif070.gif
b0190242_134118.jpg
b0190242_142495.jpg
b0190242_144781.jpg

b0190242_154938.jpg
b0190242_161683.jpg

 この「白馬樅の木ホテル」は結構オシャレな佇まいのホテルで、レストランには浴衣で行くのはご遠慮くださいとのお願いがありました。料理はコースで決まっているようであり、周りの方は皆さんワインを飲んでいらっしゃいました。日本酒は3種類しか置いてありませんでしたが、私は全種類を頼んだら、レストランで給仕をしてくれるお姉さんから「このホテルで日本酒を全種類飲んだお客さんはいませんでした。」とお褒めの言葉をいただきました。069.gif041.gif

b0190242_17374.jpg
b0190242_172781.jpg
b0190242_175230.jpg
b0190242_181541.jpg
b0190242_184044.jpg
b0190242_185669.jpg
b0190242_191726.jpg

 明日の予定は第二の目標、黒部ダム。
旅はまだまだ続きます。
070.gif070.gif070.gif

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_1124512.jpg
b0190242_113317.jpg
b0190242_1132034.jpg
b0190242_1133543.jpg
b0190242_11353100.jpg
b0190242_1142928.jpg
b0190242_1145392.jpg
b0190242_1151159.jpg
b0190242_1152613.jpg
b0190242_116183.jpg
b0190242_1164094.jpg

by ryott-ryott | 2010-09-22 01:22 | 国宝松本城

出かける前に、最近の展望台事情を報告ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_22594672.jpg
b0190242_23066.jpg

 じゃんけんぽんのトントンさんが、変人シェフの写真を見て、「お客さんと写っているのに全くニコリともしていない」と指摘されていましたが、改めて写真を見て、本当に愛想がないことがわかります。041.gif
 変人シェフの左目が真っ赤に充血していたので、また喧嘩でもしたのかと思いましたが、眼圧が高くなり、毛細血管が破けてしまったそうです。お大事にしてください。そして、もう少し笑顔になった方がいいと思います。037.gif037.gif037.gif

b0190242_2302677.jpg
b0190242_2305060.jpg

 10月からの大井町湯屋のスタジオレッスン、とりわけ火曜日はレッスン内容、インストラクターとも未定でありましたが、今日、ようやく決まったことがわかりました。今まで、火曜日の夜8時台はあの人気インストラクターがずっと牽引し続けて、この4月からも新しいイントラさんが担当して、有酸素運動の枠が途切れることなく続いていましたが、ついに10月からはエアロビクスではなくて、ヨガのクラスになってしまいました。ヨガが嫌であるということではありませんが、今まで何年にもわたって続いて来たエアロのクラスが火曜の夜から完全になくなってしまうのは寂しい限りでした。今月限りでお辞めになる高島梓さんも10月からエアロがまた1つ減ってしまうことをとても心配していました。070.gif070.gif070.gif

 火曜日の夜は、最近、湯屋での運動をサボりがちの私にとって、数少ない有酸素運動のレッスンだっただけに、とても残念です。ポリスマンさんは、楽しめるエアロが木曜日の夜だけになってしまい、これだけのために湯屋に会費を払うのは「モッタイナイ」とおっしゃっており、心のどこかで「もう、やめてしまおうか」との考えがよぎっているようでした。
 私は勤め帰りに立ち寄ることが出来て、すでに13年も通っているので、大井町湯屋がなくならない限りはやめることはないと思っています、そして火曜の夜はシングルマザーのスタッフさんがやっているアクアにでも参加して、大暴れアクアにしてしまおうかと考え中です。071.gif071.gif071.gif



(やしきたかじん/東京)

東京(作詞:及川眠子、作曲:川上明彦、歌:やしきたかじん) 060.gif

あんたとなら
いつ死んでもかまわへん
わすれないで
そんな女いたことを

見上げた空さえも
冷たい色やけど
あたしが本気で惚れたひと
そう生まれた街やから

いとしさも 憎しみも
すべてすべて ぎゅっと抱きしめ
祈るように 今日も灯が
ともる東京

夢だけ見て
生きてるようなあんたやった
いつかあたし
待つことにも慣れてたよ
くすんだ風のなか
肩よせ暮らしたね
誰にも似てへんひとやけど
本物の愛をくれた

悲しくて 悔しくて
泣いて泣いてばかりいたけど
かけがえのないひとに
逢えた東京

痛いほど好きなのに
なんでなんで別れたんやろ
いまもまだ 胸の奥
揺れる東京

悲しくて 悔しくて
泣いて泣いてばかりいたけど
かけがえのないひとに
逢えた東京

b0190242_2313024.jpg
b0190242_2314828.jpg

 3代将軍徳川家光の乳母で、大奥の実力者であった春日局は、明智光秀の重臣斎藤内蔵助利三の娘で、名をお福といいました。
 稲葉佐渡守正成の後妻に入り、3人の子を生みましたが、夫の愛妾を殺したことで離婚、運よく2代将軍秀忠の長子竹千代の乳母に採用され、江戸城に入りました。お福26歳のときです。
 翌年、秀忠に次男国千代が生まれ、秀忠夫妻の愛情はいつしか国千代に傾き、彼を将軍の後継者に推す動きが出て来ました。これを心配したお福は、伊勢参宮を名目に、駿府にいる家康に面会、実情を報告しました。
 やがて、家康の鶴の一声で、元和元年(1623年)竹千代は家光となり、3代将軍を継ぎました。お福の20年にわたる労苦が報われたのです。

 寛永6年(1629年)10月10日、上洛したお福は、後水尾天皇から異例ともいえる「春日局」の称号と、従二位の位を授けられました。
 彼女の大奥での活躍、実力者ぶりは、おもしろおかしく、虚実とりまぜて伝えられていますが、生活は質素で、生涯を家光の母がわりとして尽くしたことだけは間違いなさそうです。
 
寛永20年(1643年)9月14日、65歳で亡くなりました。
 一般に春日局といいますと、ふくよかな美人に描かれていますが、実像は小さいときに天然痘にかかったあとが、アバタとなって顔に残って、決して美人ではなかったといいます。
 あるとき“生き写し”彫刻の誉れ高い仏師が彼女の座像を贈りましたが、少し美人に修正して持っていったら御満悦だったといいます。大奥の実力者もやはり女性でした。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)



(五木ひろし/契り)

契り(作詞:阿久悠、作曲:五木ひろし、歌:五木ひろし)060.gif

あなたは誰と ちぎりますか
永遠の心を 結びますか

波のうねりが岸にとどく
過去の歌をのせて
激しい想いが 砕ける涙のように
緑は今も みずみずしいか
乙女はあでやかか
人の心は鴎のように
真白だろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

朝の光が海を染める
生きる夢に満ちて
まぶしい願いが きらめくいのちのように
流れは今も 清らかだろうか
子どもはほがらかか
人はいつでも桜のように
ほほえむだろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

b0190242_2323158.jpg
b0190242_233889.jpg
b0190242_2333021.jpg

 すでに9月に入って、日没時間は18時よりも早くなっており、今まで通りに勤め帰りにぶらっと夕陽・夕焼けを撮影することが出来なくなりました。私の勤めはフレックスなしの17時30分までなので、今までのようにお台場海浜公園や東京タワーに立ち寄っている間に日が沈んでしまうからです。これからの日の短い期間は、天気の良いお休みの日に撮りに行くしかありません。058.gif058.gif058.gif
b0190242_234679.jpg
b0190242_234319.jpg
b0190242_2345118.jpg

以前8月22日に東京タワーへ勤め帰りに行った報告をしましたが、今回は隅田川沿いにある聖路加タワーと、ゆりかもめで行く東京テレコムセンター展望台へ行って来たのでご報告します。
 まず聖路加タワーですが47階に展望台が以前はあったそうですが、セキュリティ上の問題で7月に閉鎖したそうです。聖路加タワーへ行き、女性の守衛さんに展望台へ昇るエレベーターはどこかと聞くと、そう答えていました。それでも47階に行くにはどこから昇ればいいかと私が聞くと、女看守は47階に行っても窓はすべて閉鎖されており、なにも見ることは出来ないと念を押されました。残念ながら、諦めて帰りましたが、あとで知り合いの方からレストランに行けば、東京の街を一望できると教えてもらいました。今度、機会があったら行ってみましょう。
b0190242_2352683.jpg
b0190242_2355090.jpg
b0190242_2363460.jpg

 そして、もうひとつ有名な展望台、東京テレコムセンターへ行きました。展望台は西側の21階にあります。20階の受付で500円の入場料を支払い、21階へ昇りました。東側が海に面し、西側にはフジテレビ、レインボーブリッジ、東京タワーを見ることが出来ます。ひとつ欠点は真西の方角にテレコムセンターと同じくらいの高さのビルが建っており、沈みゆく夕陽を見ることができませんでした。20階の東側へ移動すると夕陽は見えるのですが、窓ガラスがひどく汚れており、満足いく写真は撮れない状況でした。テレコムセンターの展望台からは、たぶん朝陽はよく見えるのでしょう。夕陽はダメでした。
 私はせっかく晴れて夕陽が見えそうだったので、テレコムセンターの外に出て、海辺まで行きました。本当は展望台から見たい風景でした。
b0190242_2375067.jpg

b0190242_23151582.jpg

b0190242_23175544.jpg

 今週末は敬老の日までの3連休、来週末は飛び石を休めば4連休になります。今週は松本城と黒部ダムを撮りに行きます。そして来週は山形県の湯の浜へ行きます。湯の浜は夕陽の名所ながらも、シルバーウィークで4泊5日も滞在して、曇りと雨で昨年は一枚も夕陽の写真を撮ることが出来ませんでした。今年は4日のうち、1日くらいは撮って帰って来たいと思っています。029.gif

b0190242_2312012.jpg
b0190242_23123516.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_23132040.jpg
b0190242_23134749.jpg
b0190242_23142267.jpg
b0190242_23144313.jpg

by ryott-ryott | 2010-09-17 23:21 | 散歩

いい歳、りょうちゃん、変人シェフの店へ行くヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_19384439.jpg
b0190242_19393937.jpg

今週、富士登山を企画したアミューズトラベル株式会社から登頂証明書とその時の写真が届きました。来年は湯浅さんのご主人も挑戦されるようです。005.gif
b0190242_19435463.jpg

 今日土曜日、久しぶりに大井町湯屋に行きました。最近、平日に湯屋へ行けない日が続いていました。いつものように中国整体を終えてから、湯屋に行き、いつもの大暴れアクアビクス。アクアビクスでは水を蹴り上げる動きがありますが、右足親指の皮膚が剥がれて、ひらひらしている感覚があり、足を持ち上げて見ると、右足親指の爪が貝のように口を開けて剥がれており、取れかかっていました。特に痛みもないので、私は構わず大暴れアクアビクスを続けていたら、アクア終了後に、その取れかかっていた爪はなくなっていました。湯屋プールの中に流れて行ってしまったようです。041.gif
 富士山大砂走りの時に、何回か足の先を石にぶつけており、爪が変色しているのはわかっていましたが、剥がれてしまうとは思いませんでした。実は左足親指の爪も変色しており、同じ運命を辿るのでしょうか。


鍾馗(しょうき)図/葛飾北斎/寛政5年(1793年)
b0190242_19414240.jpg

 そして、日曜日の昼間のアクアを担当されている岩澤奈津美さんが今月いっぱいで大井町湯屋をお辞めになることになり、ご本人が最終日くらい来てくださいと社交辞令をおっしゃるので、日曜日の昼間のアクアへ行ってきました。私自身、日曜日のアクアビクスに参加するのは6年ぶりくらいで、前回がいつのことだったか忘れてしまっていました。日曜日のアクアは土曜日と違って人気が高く、土曜日の3倍以上の人が来ていました。しかしながら、6年前の古き良き時代のアクアビクスに参加していた方々の姿はなくて、土曜日もいる性質(たち)の悪いババァどもが来ていました。あのババァどもはいつまでこの世の中に居座るつもりなのでしょうか。031.gif
 私が大暴れすることがわかっていたようであり、岩澤さんはかなり性質の悪いババァどもに気を使っているようであり、手は常に水の中に、そして足を余り上げないようにとのお願いがありました。水を蹴り上げないアクアビクスなんて、何の運動にもなりません。あの性質の悪いババァどもがいる限り、大井町湯屋でのプールエクセサイズは水に浸かっているだけの水風呂と変わりありません。そういう連中は、アクアに参加せずに大人しく風呂の中に浸かっていればいいのです。もっと言えば、早く墓の中に入っていればいいのです。いつものことながら、アクアの性質の悪いババァどもに腹がたったレッスンでした。
050.gif031.gif

弘法大師修法図/葛飾北斎/西新井大師總持寺
b0190242_19425937.jpg

 9月11日というと、誰もが思いだすのは、2001年9月11日、アメリカ同時多発テロが起きたことでしょう。これを機に、アメリカはイラクが大量破壊兵器を保有しているとし、イラク戦へと進んでいくことになりました。
b0190242_19454034.jpg

 そして、遡ること16年、1985年9月11日、その当時、日本で5本の指に確実に入っていた女優・夏目雅子が急性骨髄性白血病で27歳の若さで亡くなりました。つい半年前の今年3月30日に「夏目雅子 27年分の笑顔」という写真集が出版されています(朝日新聞出版社、1400円+税、ISBN978-4-020250718-1)。小学校3年生の時に、大人しかった彼女が、家族に「私、女優になる!」と言って驚かせ、見事に成長を遂げ女優として駆け抜けていったのがよくわかります。032.gif
b0190242_19461075.jpg

b0190242_19482886.jpg

海外ロケへ行ったときには必ず母親と弟に手紙を書いていたことが紹介されており、その時の手紙の文面からは、いつも母への気遣いを忘れなかったことが伺えます。そして、「ママさえいれば、お友達なんて、いらない」と言っていたほど母との絆は深かったようです。


b0190242_19472568.jpg
b0190242_19474014.jpg
b0190242_19475441.jpg


(やしきたかじん/東京)

東京(作詞:及川眠子、作曲:川上明彦、歌:やしきたかじん) 060.gif

あんたとなら
いつ死んでもかまわへん
わすれないで
そんな女いたことを

見上げた空さえも
冷たい色やけど
あたしが本気で惚れたひと
そう生まれた街やから

いとしさも 憎しみも
すべてすべて ぎゅっと抱きしめ
祈るように 今日も灯が
ともる東京

夢だけ見て
生きてるようなあんたやった
いつかあたし
待つことにも慣れてたよ
くすんだ風のなか
肩よせ暮らしたね
誰にも似てへんひとやけど
本物の愛をくれた

悲しくて 悔しくて
泣いて泣いてばかりいたけど
かけがえのないひとに
逢えた東京

痛いほど好きなのに
なんでなんで別れたんやろ
いまもまだ 胸の奥
揺れる東京

悲しくて 悔しくて
泣いて泣いてばかりいたけど
かけがえのないひとに
逢えた東京

b0190242_19501363.jpg

 安永4年(1775年)9月8日、俳人として有名な加賀の千代が亡くなりました。72歳です。加賀藩の史料によると、千代は元禄16年(1703年)、加賀国松任(まつとう)(現・石川県松任市)の表具師福増屋六兵衛の娘として生まれ、小さい頃から俳句に興味を持って、句作に励んでいたといいます。
 18歳のとき、加賀藩足軽福田満八に嫁ぎ、一子をもうけますが、結婚7年目で夫が病死し、翌年子どもも失って、松任の実家にもどってきました。
 以後、俳諧一筋に生き、宝暦4年、52歳のとき出家して俳号を素園と改めました。

  朝顔につるべとられて貰い水 千代女

 加賀の千代というと、まっ先に思いだされるおなじみの句です。
 私たち日本人にとっては、朝顔という花が、つかの間の生命(いのち)であることを知っているだけに、その可憐な花をいとおしむ、千代の心に共感を覚えるせいでしょうか。
 江戸の川柳子は早速これを材料にしています。

  来年はつるべをよけてたねを植え

 千代の句で、同じように有名なのがあります。

  しぶかろか知らねど柿の初契ちぎり
  起きて見つ寝て見つ蚊帳の広さかな

 最初のは、千代が結婚初夜に詠んだもの、あとの句は夫と死別したときに詠んだものとされます。
 しかし、この二つの句は、いずれも千代の句ではないと主張する説が最近でてきました。やはり江戸の川柳子たちの作なんでしょうか。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_19505053.jpg


(五木ひろし/契り)

契り(作詞:阿久悠、作曲:五木ひろし、歌:五木ひろし)060.gif

あなたは誰と ちぎりますか
永遠の心を 結びますか

波のうねりが岸にとどく
過去の歌をのせて
激しい想いが 砕ける涙のように
緑は今も みずみずしいか
乙女はあでやかか
人の心は鴎のように
真白だろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

朝の光が海を染める
生きる夢に満ちて
まぶしい願いが きらめくいのちのように
流れは今も 清らかだろうか
子どもはほがらかか
人はいつでも桜のように
ほほえむだろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

b0190242_1952767.jpg

 前回、大井町湯屋仲間の晴れ男さんが8月8日に理枝ちゃんと入籍したことを報告しました。そのお祝いを急遽、9月11日土曜日にやることになりました。晴れ男さんは、現在、タクシーの運転手さんをされていますが、個人タクシーの資格を取るために毎日猛勉強されているそうです。027.gif
b0190242_19532766.jpg
b0190242_1953457.jpg
b0190242_1954733.jpg

 その晴れ男さんから、「荏原町のちゃんこ晴海はもう飽きた、ピザが食べたい。」との何ともわがままなリクエスト。エルビーさんと相談して、イタリアンの店でお祝いをやることにしました。そして、半分幹事の私がお店の予約を取ることになりました。イタリアンの店として、まず思い浮かんだのは、あの男の店です。一応、皆さんには、「これから予約を頼もうとしている店のシェフは変人だが、腕はいいようなので、その店でもいいですか?」とお伺いをたてたところ、同意が得られましたので、恐る恐る予約の電話をかけました。

b0190242_19545116.jpg
b0190242_19553498.jpg
b0190242_1956928.jpg

いい歳、わたし「もしもし、今週の11日土曜日、営業していますか?」
まともな店の方「はい、営業しております。」(ホールの方はシェフと違って、常識人です)。
いい歳、わたし「19:00から9名で予約をお願いしたいのですが、大丈夫でしょうか?」
まともな店の方「はい、大丈夫です。お名前と連絡先をお願いします。」
いい歳、わたし「○○と申します。連絡先は○○○-○○○○です。」
まともな店の方「どこかで、聞いたお名前ですね。」
いい歳、わたし「荒川さんによろしくお伝えください。」
b0190242_19565819.jpg
b0190242_19571777.jpg

大井町湯屋のマフィア037.gif
b0190242_1957427.jpg

そうです、あの男の店とは、いつも「じゃんけんぽん」で会うたびに私を口汚く罵倒していく変人イタリアンシェフの荒川さんがいるお店、ビストランテOTTOを予約したのでした。私は、変人シェフの罵倒に慣れていますが、免疫のない他の大井町湯屋の方たちがそれに耐えられるかとても心配していましたが、大事はなく終了しました。

記念品・花束贈呈>
b0190242_2002068.jpg

お隣の席ではおばあちゃんのお誕生会をやっていました024.gif
b0190242_2004577.jpg
b0190242_201104.jpg

 OTTOのホールの方は、じゃんけんぽんデビューを果たしたいと思い、おひとりで土曜日に「じゃんけんぽん」へ行き、店が閉まっていたと嘆いておられました。「じゃんけんぽんは土曜日の夜はお休み」であることを教えてあげました。ホールの方も変人シェフと一緒に「じゃんけんぽん」へ行くのは気が進まないようです。
 私がホールの方に、名前を聞いても、「単なるアルバイトです」と言って、教えてくれませんでした。

b0190242_2043299.jpg

 晴れ男さんの入籍祝いのほうは粛々と進み、変人シェフが腕をふるった料理をいただきながら、記念品贈呈、最後には記念撮影をしていただきました。
b0190242_205132.jpg

晴れ男さんのお相手の理枝ちゃんは、今は他のフィットネスクラブに入っているそうですが、今後、大井町湯屋に転籍するのかと尋ねたところ、大井町湯屋はスタジオレッスンが益々つまらなくなっているため、しばらく湯屋転籍は考えていらっしゃらないとのことでした。というよりは、晴れ男さんがご自身の女性遍歴を隠すため、そうさせないのだと思っています。理枝ちゃんが大井町湯屋に転籍したら、晴れ男さんはきれいな女性と一緒にトレーニングできなくなってしまうでしょう。晴れ男さんにとっては、大井町湯屋のスタジオレッスンがつまらないことが幸いしたようです。いつも晴れ男さんの夫婦喧嘩をみるのも、それはそれで面白いかもしれません。041.gif

いつもながらの店内での全員記念撮影061.gif
b0190242_2081940.jpg

理枝ちゃんが変人シェフと写真を撮りたいというので、ツーショット写真を撮りました。061.gif
変人シェフはとても嫌そうでした。
037.gif037.gif037.gif
b0190242_2084769.jpg


OTTOでのお祝いも終わり、謡いの会へ会場移動。エルビーさんは怖い奥様からの呼び出しがあり、そうそうに御帰宅されました。晴れ男さんも次回から、こうなってしまうのでしょうか。私は1曲歌ったら、終わりまで寝てしまいました。014.gif

謡いの会の会場には、コスプレの衣装がありました。
堀ちえみになったつもり。037.gif
b0190242_20112634.jpg

こんな人、昔いましたね。037.gif

b0190242_20115015.jpg
b0190242_2012486.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_2016147.jpg
b0190242_20163215.jpg
b0190242_20165066.jpg
b0190242_20173338.jpg

by ryott-ryott | 2010-09-12 20:26 | 変人シェフの店

映画「トイストリー3」と、8月8日は償いとみそぎの日ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_11471965.jpg
b0190242_11473970.jpg
b0190242_11481253.jpg

 071.gif富士山頂上制覇から早一週間。筋肉痛もようやくおさまりました。日曜日の下山当日、月曜日、火曜日、水曜日と徐々に筋肉痛はひどくなりましたが、木曜日にはうそのようになくなり、電車への駆け込み乗車が出来るほどまで回復しました。071.gif
今日土曜日はいつものように中国整体と大井町湯屋の大暴れアクアをやりました。大暴れアクアも難なくクリア、既に体は完調。しかし、中国整体の先生は背中と腰に疲労があるとのご指摘がありました。
037.gif
b0190242_11483487.jpg
b0190242_1149775.jpg
b0190242_11492616.jpg

 この歳時記ブログを見た先生は箱根が写っている写真がないとのご指摘。私自身もどこが箱根かわからないので、箱根らしきところを掲載しておきます。
b0190242_11495329.jpg
b0190242_11501036.jpg

 040.gifそれから富士登山で見かけたまるまると太った鳥さんは、スズメ目の「ヒンズイ」という鳥だとのことです。ガイドの倉持さんから、「なんでもトライアスロン」という投稿サイトのなかで改めて教えていただきました。
040.gif
b0190242_11504261.jpg

 そして、土曜日の夜は久しぶりに映画を観に行きました。何を見ようか迷いましたが、PIXARのToy Story 3を品川プリンスで見ました。毎回のことですが、映画館はガラガラでした。物語の内容は以下の通りです。004.gif
b0190242_11512119.jpg

 おもちゃの持ち主のアンディはすでに17歳になっており、間もなく大学へ行くために家を出ていくことになっていました。
ママは、アンディーに「おもちゃを整理して捨てるか、保育園に寄付するか」決めるように言います。アンディーは、ウッディーだけを大学へ持っていく箱の中に入れ、その他のおもちゃはビニル袋に入れて、屋根裏部屋へ持っていこうとしていましたが、ママが間違えて、そのビニル袋をゴミ置き場に出してしまいます。間一髪、ゴミ収集車に持っていかれる寸前に脱出しますが、他のおもちゃたちはアンディーに捨てられたと思い、助けに来たウッディの説得も聞かずに、保育園に寄付されされるための箱の中へ入ってしまいます。
b0190242_11515142.jpg

 彼らが行きついた先は、サニーサイド保育園。ロッツォというクマのぬいぐるみをはじめとするサニーサイド保育園のおもちゃたちは、彼らを大歓迎します。サニーサイド保育園では、子どもたちがおもちゃと遊ぶ姿に、おもちゃにとっては天国のような場所であると目に写りました。しかし、ウッディーただ一人だけがアンディのもとに帰ることを主張し、他のおもちゃたちに家に帰ることを説得します。他のおもちゃたちはアンディーに捨てられたという思いから、ウッディーの言葉には耳を貸さずに、このサニーサイド保育園ンに残ることにしました。
b0190242_11521766.jpg

ウッディーはただ一人、屋上にあったハンググライダーに乗って、サニーサイド保育園を脱出しますが、途中、ボニーという少女の家へ連れて行かれます。ボニーはおもちゃを大切にする優しい少女で、ボニーの家のおもちゃたちはみんな幸せでした。
 一方、サニーサイド保育園の残ったおもちゃたちは、子どもたちと遊ぶ時間を今か今かと待っていました。しかし、遊び時間が始まると、ジェシーは髪の毛に絵の具を塗られて投げつけられ、スリンキ―はバネを引っ張られ、ポテトヘッド夫妻はバラバラにされ、バズはよだれでベットベトの状態になり、まさにおもちゃにとっては地獄の場所だったのです。
バズはおもちゃを大切にする子どもがいる年長のクラスへ変えてもらいたいと、ロッツォに頼みに行きますが、ロッツォの部下のおもちゃたちに捕えられてしまいます。このサニーサイド保育園では、ロッツォとその部下たちが支配していたのです。ジェシーたちも捕えられ、かごに閉じ込められ、監視されることになってしまいます。
b0190242_1154323.jpg

 少女ボニーの家でおもちゃとして幸せな一時を過ごしたウッディーは、サニーサイド保育園の恐るべき実態を知らされます。あのクマのぬいぐるみのロッツォは大好きだった持ち主のデイジーにピクニックに連れて行かれた時に、置いてけぼりにされ、やっとの思いでデイジーの家に辿り着いた時には既に自分と同じクマのぬいぐるみのおもちゃがデイジーに大切にされていました。持ち主から捨てられたという悲しみを背負ったロッツォは、性格が変貌し、一緒に捨てられたビッグ・ベビーとともにサニーサイド保育園に辿り着き、そこを恐怖で支配する存在になっていました。新入りのおもちゃは、おもちゃを大切にしない年少組に入れられて、すぐに壊されて捨てられてしまいます。脱走しようとするおもちゃは、ロッツォの部下に捕えられ、再び地獄へと戻されるということを繰り返していました。

 そのことを知ったウッディーは仲間を助けるため、単身、サニーサイド保育園へ向かいます。仲間たちを、いままで大切にしてくれたアンディのもとに戻すため、ロッツォ一味との対決が始まりました。果たして、その結末は・・・・・。
004.gif
b0190242_11553291.jpg

 内容としては、勧善懲悪の世界をおもちゃを擬人化・主人公にして描いた、お定まりのボリュームであり、残念ながら私の評価は普通の星3つです(5点満点で)。072.gif072.gif072.gif004.gif


b0190242_11571550.jpg



(トイストリー3/予告編)061.gif

 征夷大将軍坂上田村麻呂の蝦夷征伐の結果、奥六郡といわれた蝦夷の国の国境は、現在の岩手県平泉中尊寺裏山の裾から東に流れ、北上川に注いでいる衣川以北と決められました。

 それから250年。陸奥の鎮守府は宮城県多賀城から北上し、岩手県胆沢(いさわ)城に移り、鎮守府将軍陸奥守源義家が、その子義家(八幡太郎)とともに胆沢城に入りました。
 衣川の対岸には、奥六郡の支配者、蝦夷の豪族安部頼時が居をかまえていました。それが、ふとしたことで戦端を開くことになりました。世にいわれる”前九年の役”です。実際は後三年の役を加え12年に及ぶ長い戦いでした。その間、安部頼時は、同族の裏切りで非業の死を遂げ、統率者はその子貞任(さだとう)に受け継がれていました。
 戦局は長期化のためか、次第に蝦夷軍に不利で、とうとう本拠地の衣川の柵も破られてしまいました。康平5年(1063年)9月6日のことです。

 このときのエピソードが、昔の小学校の教科書には載っていました。策を破られ逃げようとする貞任の後に迫ったのが八幡太郎義家です。馬上から歌よみを挑みました。
 “衣のたて(館)は、ほころびにけり”和歌の下の句です。蝦夷にとって重要な衣川の柵も落ちてしまいましたね、という問いかけです。
 貞任は、すぐに上の句を返しました。“年をへし、糸の乱れの苦しさに”続けると、ちゃんとした歌になります。義家は感心して貞任を逃がしてやりました。
 もちろん、これは後年のつくり話です。しかし、中尊寺文化を見てわかる通り、この程度の教養ある武将が蝦夷にもいたという裏付けでしょうか。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)004.gif

b0190242_1275338.jpg
b0190242_1281273.jpg


(五木ひろし/契り)

契り(作詞:阿久悠、作曲:五木ひろし、歌:五木ひろし)060.gif

あなたは誰と ちぎりますか
永遠の心を 結びますか

波のうねりが岸にとどく
過去の歌をのせて
激しい想いが 砕ける涙のように
緑は今も みずみずしいか
乙女はあでやかか
人の心は鴎のように
真白だろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

朝の光が海を染める
生きる夢に満ちて
まぶしい願いが きらめくいのちのように
流れは今も 清らかだろうか
子どもはほがらかか
人はいつでも桜のように
ほほえむだろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

b0190242_11592387.jpg

 筋肉痛もようやくおさまった木曜日に、中川エアロをやるべく、大井町湯屋へ行くと、廊下に10月以降のスタジオスケジュールが掲載されていました。三木田部ステップとエアロは、ステップ1本に変更になっており、まだ後任のインストラクターは決まっておらず未定と記載されていました。私は三木田部には出てないのでどうでもいいです。しかし、火曜日、あの人気インストラクターの枠を4月から引き継いだ高嶋梓さんの名前はなく、インストラクター名も、レッスンの内容すらも「未定」とのことでした。最近は、高嶋さんの指導がだんだんとうまくなってきているとの評判でしたが、たった半年で変更になってしまうとはとても残念です。大井町湯屋へ通い始めて、13年目、来季スケジュール発表の際に、今まで「未定」なんてなかったはずです。私の知り合いの人が言うには、その枠に入ってくれるインストラクターが見つかっていない状態であり、おそらくはインストラクタ―Feeがかからない湯屋スタッフが担当することになるだろうとのお話でした。大井町湯屋のスタジオレッスンは益々面白くなくなる一方であり、内輪もめしている日本の政治の行方も心配ですが、大井町湯屋のスタジオレッスンの行く末も絶望的な状態です。
b0190242_11595665.jpg

 1つ明るい知らせがありました。大井町湯屋仲間の晴れ男さんが8月8日に、長年お付き合いをされてきた理枝ちゃんと入籍したとのご報告がありました。心からおめでとうございます。8月8日といえば、あの東尾理子と石田純一が結婚式を挙げた日と同じですね。大井町湯屋で、おおぜいの女性と浮名を流してきた晴れ男さんも偶然にも同じ日に入籍。エルビーさんが晴れ男さんに、「いつも若い女性に筋トレの指導なんてしていていいの?」と聞くと、それとこれとは別だとの回答だったそうです。いままで足ざまにしてきたおおぜいの女性への償いとみそぎの日として、8月8日が選ばれるのでしょうか。041.gif

勤め帰りに見た風景072.gif
b0190242_1203131.jpg
b0190242_1205217.jpg
b0190242_121540.jpg

 とにかく、ささやかながらもお二人の入籍祝いを、9月18日(土)に行いたいとの申し出をしましたが、晴れ男さんから、そのスジの方とビヤガーデンへ行くため、けんもほろろに断られてしまいました。054.gif

 したがって、9月18日からの3連休は、松本城から涼を求めて黒部ダムへ行くことにしました。黒部ダムレポートもお楽しみに。024.gif


近所に咲いていた烏瓜の花056.gif
b0190242_1214611.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村

b0190242_1253072.jpg
b0190242_125519.jpg
b0190242_1261765.jpg

by ryott-ryott | 2010-09-05 12:17 | movie

いい歳、りょうちゃん、富士山頂上制覇ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_145921.jpg

星期日、8月30日。星期日とは中国語で日曜日と言う意味だそうです。月曜日から土曜日までは星期一から星期六と漢数字があてはめられています。星期とは、日本語の曜日の意味になります。027.gif
b0190242_1501069.jpg
b0190242_1504595.jpg
b0190242_1512227.jpg

いよいよ富士山頂でご来光を見るため、午前2時に起床。山小屋での雑魚寝では十分に眠ることが出来ませんでしたが、桜が咲いている夢を見たので、少しは眠ることが出来たのでしょう。防寒対策のレインコートを着て、2時30分に山小屋の外に集合。空を見ると都会では見ることが出来ないほどの、星が空にばら撒かれていました。東京では冬の空にしか現れないオリオン座が空に浮かんでいました。072.gif
b0190242_1523715.jpg

 残念なことに、このツアーに大井町湯屋の面々を誘ってくださった吉田さんがひどい高山病にかかってしまい、嘔吐と39 ℃の発熱。一緒に山頂へ上がることができませんでした。
b0190242_1534097.jpg

 ヘッドライトを着用して、山頂への出発前に準備運動をしました。頂上までは約2時間の行程。ガイドさんからはゆっくり、小さな歩幅で登るようにとの指示がありました。しかし、やはり登りはたいへんでした。頂上に辿り着くまでに2回ほど休憩を取ったでしょうか。風もなく、防寒用に着たレインコートがすこし暑く感じました。そして、今日もただひたすらに登りました。登りながら、東側の空が赤く染まっていくのが見えました。
b0190242_1544480.jpg

 午前5時前に、ようやく念願の富士山頂に到着。山頂にはたくさんの人がご来光を今かと今かと待ち構えていました。日の出は午前5時4分。水平線上に少し雲がかかっていたので、太陽が顔を出したのはもう少し遅かったと思いますが、真っ赤な太陽が東北東の空を赤く染めながら、昇って来ました。そのご来光を見ていた私たちも赤く染まっていました。058.gif058.gif058.gif

b0190242_1563969.jpg



(岸洋子/夜明けのうた)060.gif

b0190242_1571649.jpg

 ご来光を拝んだ後、火口を一周するお鉢めぐりをしました。剣が峰を通って、西北の方にはアルプス連峰、八ヶ岳と朝陽に照らされた「影富士」を見ることが出来ました。そして、南東には河口湖、山中湖、南の方には房総半島と伊豆半島、その間に大島が浮かんでおり、さらに南西には御前崎海岸がはっきりわかりました。360度のパノラマが広がっており、全部をいっぺんに見るには目が足りませんでした。024.gif

影富士とアルプス連峰
b0190242_1583511.jpg

河口湖
b0190242_1593680.jpg

山中湖
b0190242_1510077.jpg

富士吉田口登山道、下まで人が連なっています
b0190242_15105289.jpg

伊豆半島
b0190242_15162681.jpg

伊豆大島
b0190242_15165541.jpg

御前崎
b0190242_15211477.jpg

 お鉢めぐりを終え、30分の自由時間。山頂はたくさんの人。富士吉田口の方を見ると、登山道は登って来る登山客が遥か下の方まで続いていることがわかりました。
私は富士山頂にある浅間大社でお守りを買いました。山頂でのご来光、360度パノラマを存分に楽しんで、名残惜しいですが下山を開始。その前に剣が峰の測候所跡をバックにみんなで記念撮影をしました。

b0190242_15192381.jpg
b0190242_15193981.jpg
b0190242_1520139.jpg

 昭和53年(1978年)8月30日、巨人軍の王選手は、この日待望の800号ホームランを達成しました。東京後楽園球場のナイターで、巨人対大洋の23回戦が行われているときでした。6回裏大洋の大川投手が投げたボールを、巨人軍の王貞治選手は、右翼中間のスタンドにホームランをたたき込みました。これが800号ホームランでした。王選手がプロ野球に入って20年目に達成した快挙です。

 王選手は、昭和34年(1959年)4月26日、早稲田実業からプロ選手になって28打席目、対国鉄線で初ヒット、初ホームランでホームランダービーのスタートをきりました。
 独特の“一本足打法”に切り替えたのは昭和37年(1962年)の7月1日に47号から、以後、驚異的なペースでホームランを打ち続け、アメリカ大リーグのハンク・アーロン選手のもつ755号大リーグ記録を破ったのは昭和51年(1976年)9月3日のことでした。

 800号が達成されたあとも打ち続け、2年間で、通算868年のホームラン記録を残しました。まさしく前人未踏のホームラン記録です。“世界のホームラン王”が誕生したのです。国民も歓声を挙げて彼に祝福を贈りました。

 時の福田首相も黙っているわけにいかなくなり、総理大臣表彰制度を急いで設定し、「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」として、昭和59年(1984年)9月5日、国民栄誉賞第1号を王選手に授与いたしました。
 ちなみに、第2号の国民栄誉賞は、翌53年(1988年)7月に他界した作曲家古賀政男に贈られました。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)



(五木ひろし/契り)

契り(作詞:阿久悠、作曲:五木ひろし、歌:五木ひろし)060.gif

あなたは誰と ちぎりますか
永遠の心を 結びますか

波のうねりが岸にとどく
過去の歌をのせて
激しい想いが 砕ける涙のように
緑は今も みずみずしいか
乙女はあでやかか
人の心は鴎のように
真白だろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

朝の光が海を染める
生きる夢に満ちて
まぶしい願いが きらめくいのちのように
流れは今も 清らかだろうか
子どもはほがらかか
人はいつでも桜のように
ほほえむだろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

b0190242_15233587.jpg

 私たちはもと来た御殿場口登山道を引き返し、下山を始めました。この下山が登り以上のたいへんでした。ストックを下の段にさしてから、足を下ろすという基本動作ですが、慣れないこともあって、こわごわやっていたら、登りの時と同様に先頭を行くツワモノ集団から引き離されてしまいました。ただ徐々に降り方のコツがつかめてきて、踵から足をおろすように進むと、先ほどよりは簡単に歩を進めることが出来て、先頭を行くツワモノ集団に追い付くことが出来ました。042.gif
b0190242_1524137.jpg

 赤岩八合館から頂上まで登るのに2時間もかかったのに、同じ道の下りには1時間もかかりませんでした。山小屋へ向かう途中、学生さんらしい方と一緒になり、話をしながら下りて来ました。その方は富士吉田口から登頂して、余りにも進みが遅いので、ご来光の時間に間に合わなかったそうです。私たちがこれから山小屋に戻って朝食を取ることを話すと、「山小屋に泊まるなんて、とても贅沢な登頂ですね。」と言われてしまいました。確かにカレーライスを何杯でもおかわり出来るなんて、贅沢だったかもしれません。
037.gif
b0190242_15244898.jpg

 山小屋に戻ると、一緒に山頂へ行けなかった吉田さんは、体調が戻りつつあるようでした。朝食を摂った後、御殿場口新5合目まで最後の下山となりました。赤岩八合館に別れを告げて、午前10時に下山開始。まずは大砂走りの手前まで、今までどおりに歩を進めていきました。私も下山にはすっかり慣れて、先頭のツワモノ集団に並走して、つけることが出来ました。
b0190242_15264878.jpg

 そして最後の関門の大砂はしり、標高差1000 m以上続く砂地を小走りに下っていく楽しそうな下山道です。この大砂走りを下る前に、ふたたびガイドさんから下るときの注意がありました。
下山を始めると、一歩を進めると少なくとも50 cmくらいは滑り落ちるため、走り下るという感じです。下山のコツがつかめたと思っている私は、調子に乗って、ツワモノ集団と同じペースで最初の分岐点まで駆け下りて行きました。私にとっては全速力に近いスピードであったため、最近大井町湯屋をサボり気味であった私は、1回目の砂走り下山で息が切れてしまい、しかも太ももがパンパンになっていました。富士山へ行く前は、帰って来てから筋肉痛に襲われると聞いていましたが、すでに下山中に筋肉痛になり、足がパタッリと止まってしまいました。
070.gif
b0190242_15275019.jpg

 厄介なことに、この砂走りは一歩足を出すと、50 cmくらいは嫌でも滑り降りてしまうため、歩は進むのだけれど、疲労困憊している足は前に進もうとしないということになり、結局、歩を進められないような状態になってしまいました。そして、またまたガイドの倉持さんにカメラ一式を持っていただいて、励まされながら、ちょっとずつ歩を進めて、ツワモノ集団が待っている場所にようやく辿り着きました。休憩場所からは、富士の裾野での自衛隊演習を見ることが出来ました。爆弾らしきものが炸裂して、噴煙が上がっていました。
b0190242_15284248.jpg
b0190242_1529866.jpg

 しかしながら、見た限りでは、まだ大砂走りは3分の1以上残っていました。すでに体力の限界が近づいてきている私のカメラばかりではなく、背負っているリックサックまでも、ガイドの倉持さんに持っていただき、もう1本ストックを借りて、大砂走りでは難しい牛歩戦術で、最後の到着点である大石茶屋を目指しました。倉持さんがおっしゃるには、大事なのはペース配分を考えて進むことが重要とのこと。最初に全速力で駆け下りれば、そのあとはやはり止まってしまうとのことでした。ガイドの倉持さんは、よしこさんよりも少し年齢が上の50歳代なかばの普通のおばさまに見えますが、フルマラソンを3時間6分で走破してしまうスーパーアスリートで、時間があるたびに高尾山から陣馬山までを走りに行っているんだそうです。他のツアーでも歩けなくなってしまった人の荷物を持っていくことはざらにあるとのこと。私も荷物を持ってもらうことになった厄介な客になってしまいました。
ツワモノ集団から遅れること30分以上、カレーライスを4杯おかわりしたアキちゃんとほとんど同時に大石茶屋に着くことが出来ました。砂走り下山は、常に足の筋トレをしているような状態なので足は筋肉痛でパンパン、全身砂まみれでの到着でした。
御殿場口で待機していたバスに乗って、御殿場の温泉で砂走りの砂を洗い落として、遅めの昼食をいただきました。帰りバスの中では、皆さん、爆睡。

014.gif
b0190242_1530479.jpg

 初日、2日目ともガイドの倉持さんには荷物を持っていただいての登下山で、一番、厄介な客ではなかったでしょうか。本当にお世話になりました。040.gif
b0190242_15391431.jpg

 幸いに天気にも恵まれて、普段撮れないような写真も撮れましたし、何よりも自分の目で富士山頂からのパノラマを見ることが出来て、よい旅になりました。
帰りのバスの中で、お天気がよかったのは、たくさんの強力な晴れ女が居たからで、雨男の私が運んでくる雨をどこかへやってしまったからだと、よしこさんに言われてしまいました。その通りだと思います。042.gif
私たちを乗せたバスは上野駅公園口に到着。スポーツクラブ「セントラル」の皆さん、スーパー高齢者の牧野さん、カレーライス4杯おかわりしたアキちゃん、そしてガイドの倉持さんたち、ツワモノ集団ともここでお別れ。これで2日間にわたる富士山登頂は終わりました。
004.gif

b0190242_15395017.jpg

 いい歳、りょうちゃんの富士山登頂挑戦記
058.gif058.gif058.gif
b0190242_15405765.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村



(かりゆし58/オワリはじまり)060.gif

b0190242_15451198.jpg
b0190242_15453533.jpg

by ryott-ryott | 2010-09-01 15:51 | 富士山登頂への道