<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大暴れアクア最終話(^o^)丿 

旅行・地域
b0190242_940246.jpg

今日3月26日土曜日、地震が起こってからはじめて大井町湯屋へ行きました。前回は地震の前日であったため、およそ2週間ぶりでした。この日も大井町湯屋は20時までの短縮営業。今月いっぱいは20時までの短縮営業を続けるようです。館内照明を落として、薄暗い中での久しぶりのエクセサイズです。
018.gif
b0190242_949959.jpg

そして、最後の大暴れアクアビクスをやって来ました。担当インストラクターの方が4月から本社勤務になり、毎週土曜日の3時15分からの枠は4月からは30分間のミットシェイプになってしまいます。いつも一緒に大暴れアクアをやっているよしこさんが今日は用事があり、ご不在でした。大暴れアクアではいつもよしこさんとよしこさんのお友達が私を挟むようにアクアをやり、いつも性質(たち)の悪いババァどもに気を使っているようです。防波堤のよしこさんがいなかったため、たちの悪いババァに思いっきり水がかかってしまいました。
037.gif038.gif037.gif038.gif037.gif
b0190242_9492891.jpg
 
 本社勤務になるインストラクターさんにとっても、レッスンを担当するのが最後であり、かなりエキサイトして、最後の大暴れアクアではかなり水しぶきを巻き上げることができました。いつもこのようにやってくれていたら、大暴れアクアのファンはかなり増えていたと思います。そして、恐ろしい表情をしているババァの顔を見て、いくら水をぶちかけても、たちの悪いババァどもの汚れきった心をきれいに洗い流すことはできないことがわかりました。4月から他の時間帯に殴り込みに行きますか。
037.gif038.gif037.gif038.gif037.gif
b0190242_949555.jpg
 
 さて雲仙・島原・長崎の旅の続きです。2日目はいよいよ雲仙普賢岳に登ることにしていました。3月19日土曜日、雲仙はたしかに雨は降っていませんでしたが、窓の外はどんよりとした鈍色の曇り空、しかも霧も出て、きのうは見えていた雲仙普賢岳の姿を見ることはできませんでした。031.gif
b0190242_9502763.jpg

 取りあえずは登山口のある「仁田峠」までは行ってみようと思い、雲仙の山の情報館前から出ている「仁田峠」行きの乗合タクシー(片道430円)に乗って、仁田峠へ向かいました。乗合タクシーはマイクロバスで、私の他に仁田峠の売店に用事があるという地元の男性ひとりが乗っていました。雲仙温泉街の標高は約700 mであり、仁田峠(標高1100 m)までは約20分、しかし峠に近づいて行くにつれて、霧も濃くなり、仁田峠は真白な霧に覆われて、何も見えない状態でした。
b0190242_950814.jpg


乗合タクシーの運転手さん「今日は止めた方がいいですよ。」
いい歳、りょうちゃん    「折角なので、行こうと思います。」
乗合タクシーの運転手さん「この濃霧だと通行止めになって、帰りのタクシーも
                 迎えに来れないよ。その時はひとりで温泉街まで
                 下ってもらうしかないね。」

b0190242_9505128.jpg
 
タクシーの運転手さんはあと1時間ここにいて、温泉街へ戻るからと言ってくれました。それまでによく考えて判断してくださいと言いたかったのでしょう。仁田峠の展望台から下を見ても上を見てもまったく何も見えません。
また仁田峠から妙見岳の下までロープウェイが通っており、ロープウェイのところの人にも「登るのは止めた方がいい。」と言われました。「この濃霧では登ってももちろん何も見えないし、普賢岳の頂上直下はかなり急こう配だから、晴れていれば問題ないが、この霧の中はじめて普賢岳を登るのは危ない。」と登ろうとしている私を止めてくれました。こんな時、浦安湯屋のプロの登山家たちはどんな判断をするのかと考えながらも、普賢岳登山を諦めることにしました。
031.gif
b0190242_9511915.jpg

 時計を見ると、乗合タクシーが発車するまであと30分あったため、停車しているタクシーのところまで戻り、温泉街へ降りました。今日一日は妙見岳、国見岳、普賢岳を周って、最後におまけに野岳にも行こうと思っていましたが、予定が白紙になってしまい、翌日に考えていた観光タクシーによる島原めぐりをすることにしました。
070.gif
b0190242_9521854.jpg


(石川さゆり/火の国へ)

火の国へ(作詞:阿久悠、作曲:三木たかし、歌:石川さゆり)

あなたなしでも生きられる
そんな女になりたいと
熱い思いの火の国へ
生まれ変わりに参ります
東京駅から西へ向け

泣かぬ女の
泣かぬ女のひとり旅

雨の降る日はしのび逢い
それが似合いの恋なんて
甘く見えても真実は
若い私をやせさせた
三年三月は重過ぎて

とても背負って
とても背負って行けません

肥後の火の山阿蘇の山
私むかえてくれる山
明日はあなたの想い出も
すべて燃やしてしまいます
未練が眠りをさまたげる

そして夜汽車は
そして夜汽車は火の国へ

そして夜汽車は
そして夜汽車は火の国へ

 
b0190242_9525534.jpg

大化の改新(643年)のクーデター成功の後、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)は、叔父の軽皇子を孝徳天皇として立て、天皇没するや母の皇極上皇を重祚(じゅうそ:再び即位すること)させて斉明天皇とし、その斉明帝が亡くなると“称制(しょうせい)”(即位しないで天皇の代行をする)を名のって皇太子のまま、通算15年間、政治の実権を握って来ました。
 革新政治を進めるためには、皇太子のほうが身軽でやりやすかったためだと思います。

 しかし、百済救援のため朝鮮半島に派兵した2万5000の日本軍は、白村江の戦いで唐・新羅の連合軍に惨敗し、撤退して帰国して来ました。
 中大兄皇子は、そのまま唐・新羅の連合軍が日本に攻めてくると考えたのでしょう。奈良盆地の奥深い飛鳥では、戦略的に不利だと判断し、称制6年(664年)3月19日、近江の大津に遷都することを宣しました。
 遷都が終わった668年、ようやく称制を廃して、自らも即位して天智天皇となり、弟の大海人(おおあま)皇子を皇太弟に立てました。

 この大津遷都は、大化改新以来わずか20年の間に、中大兄皇子が、都を飛鳥から難波へ、難波から飛鳥へ、さらに筑紫へ、また元の飛鳥へ、そしてこんどは近江と、めまぐるしく遷都を繰り返すので、貴族・群臣はもとより、民百姓・人夫にいたるまで猛反対であったと、『日本書紀』は伝えています。

 この不評の大津京はやはり短命な都でした。
 皇位継承をめぐる実子大友皇子と、皇太弟大海人皇子との争い“壬申(じんしん)の乱”が起こり、大友皇子が即位した弘文天皇は殺され、大海人皇子が天武天皇となって、古京飛鳥にまた都を遷して幕となりました。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_953338.jpg




(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_9543081.jpg

b0190242_955389.jpg

b0190242_9552470.jpg

b0190242_956591.jpg

 仁田峠では霧で何も見えなかったのに、標高を下って温泉街まで戻って来ると、霧はほとんどなく、しかも海に近い島原では陽射しもありました。山と海ではこんなにも天候が違うものなのかということを実感しました。058.gif
b0190242_10205042.jpg

b0190242_957354.jpg

b0190242_9571828.jpg

b0190242_9573787.jpg

b0190242_9575286.jpg

 それは1990年(平成2年)11月に普賢岳山頂付近から立ち昇った2本の噴煙から始まりました。それまでには橘湾周辺で地震が多発していたと言います。
 12月に噴火した時は赤々とした溶岩が火口から流れ落ち、島原の人たちは花火を見る感覚で珍しがって見に行ったそうです。しかし、湧きあがる溶岩は粘度が高く、溶岩ドームとして成長して行きます。そして、1991年(平成3年)6月3日、成長し続けた溶岩ドームはついに崩落し、火砕流となって普賢岳の斜面を時速100 kmという猛スピードで焼きつくしながら流れ落ちて行きました。43名が犠牲になり、そのうち20名がマスコミ関係者でした。成長して行く溶岩ドームの崩落の映像を、最良のポジションで撮りたいという加熱した報道合戦がありました。そして、この43名の中にはフランスの火山学者クラフト夫妻も含まれており、報道関係者はクラフト夫妻のそばにいれば安全であるという間違った考えを持っていたようです。
018.gif
b0190242_9591612.jpg

火砕流で焼けた大野木葉小学校
b0190242_1003643.jpg

b0190242_101899.jpg

b0190242_1014263.jpg

 今年は奇(く)しくもその大火砕流から20年、NHKが普賢岳の噴火と火砕流で命を落としたクラフト夫妻の足取りを再現する番組を昨年9月から製作し、3月26日に放映予定でした。ところがご存知のように3月11日に発生した東日本大震災の影響で延期になってしまったようです。031.gif
b0190242_1025213.jpg

土石流に埋まった家屋がそのまま保存されていました。
b0190242_104941.jpg

b0190242_1044191.jpg

b0190242_1051398.jpg

 私を島原めぐりで乗せてくれたタクシーの運転手さんは、20年前、雲仙普賢岳に取材に来ていたカメラマンを乗せて撮影ポイントまでよく往復したそうであり、20年前の6月3日のことは忘れることが出来ないと言っていました。そして運転手さんはNHKの再現番組にも同行し、20年前の火砕流を再現してしまうNHKの技術力は凄いとおっしゃっていました。再現ドラマの中で、クラフト夫妻がまさに火砕流にのまれて命を落とす寸前の顔を見て涙が出たそうです。役者さんの演技とは言え、これで「命が終わる」という哀しさ、あきらめ、悟りを感じ取ることができたそうです。

b0190242_1054895.jpg

b0190242_1061221.jpg

b0190242_1063485.jpg

To be continued.
旅はまだまだ続きます。

038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
島原城
b0190242_1073512.jpg

b0190242_1083899.jpg

b0190242_1085733.jpg

b0190242_1094015.jpg

b0190242_1095892.jpg

b0190242_10101928.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_10105039.jpg


b0190242_10111164.jpg


b0190242_10113049.jpg


b0190242_10115470.jpg

b0190242_10121318.jpg

b0190242_10123127.jpg

b0190242_10124751.jpg

b0190242_10131028.jpg

b0190242_10135429.jpg

b0190242_10144342.jpg

b0190242_10152421.jpg

by ryott-ryott | 2011-03-27 10:28 | 雲仙・島原・長崎

省エネの夜にも必ず夜明けが来る(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_2235996.jpg

 3月11日に東日本大震災が発生してから2週間経過しました。死者は9000人を超え、被災した原子力発電所が各方面に様々な影響を及ぼしています。
 東京は大きな被害はありませんでしたが、交通事情の悪化、物資の不足、計画停電の影響など、混乱はまだまだ続いています。大井町湯屋も今週から再開したものの、18:00までの短縮営業で、月末まで短縮営業が続くとのことであり、なかなか湯屋仲間との再会も果たせないままです。そして、富士山をはじめ、雲取山、筑波山を一緒に登った浦安湯屋の方も地震による地盤の液状化現象に大変な生活を強いられています。

 以前、仕事で福島県へ出張していたときに、親交のあった方と、今日、やっと電話が通じて無事を確認できました。その方は福島県双葉郡浪江町に在住しており、11日の地震発生後、原子力発電所の周囲5 km、10 km、20 kmと立ち入り禁止区域が拡大するとともに取るものも取りあえずにまずは郡山に避難し、その後、埼玉県にいる娘さんのところへやっとの思いで辿り着いたそうです。

 テレビでは宮城県や岩手県の惨状、被災した原子力発電所の状況を連日報道されていますが、福島県の惨状も目に余るものがあるとおっしゃっていました。街の建物のほとんどが倒壊し、原子力発電所の近くに位置する富岡町、双葉町、大熊町、浪江町には現在は誰もいないそうです。また海岸沿岸部も津波に襲われ、被害はテレビで報道されている気仙沼や陸前高田市と変わらないそうです。富岡駅やビジネスホテルのサンライズ富岡の建物は津波に襲われて、その姿形は無いそうです。しかも、状況をさらに悪くしているのは水素爆発した原子力発電所の近くであるため、半径20 km以内は立ち入り禁止になっており、人が立ち入ることが出来ずに、亡くなられた方のご遺体が手付かずで瓦礫の中に放置されているとお話されていました。
 そして、生きている間に故郷の浪江町に戻ることが出来ないのではないかともおっしゃっていました。生活が落ち着いたら、また逢いましょうと、再会を約束して電話を切りました。
b0190242_22354262.jpg

 果たして日本はどうなってしまうのでしょうか。今回の地震で被災した原子力発電所はもう復旧することはないでしょう。また、それに変わる発電施設の建設も、なかなか進まないのではないでしょうか。これをきっかけにして、省エネが一気に進むと思います。江戸時代、電気がなくても、その当時は4000万人の日本人が生活を送っていたという実績があります。今まで電気を使い過ぎていた分、省エネ体質へのリハビリを始める時期に来たのかもしれません。そして始まったばかりの夜にも、必ず夜明けが来るはずです。
058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif
b0190242_2236569.jpg

 さて、先週の16日、地震の混乱が続く中、大井町駅前に阪急百貨店がリニューアルオープンしました。地震で臨時休業する店が多かったため、予定通りにオープンできるのか気になっていましたが、営業していました。酒屋の佐藤さんも3年ぶりに大井町店に戻られて、3年前はもう会うこともないだろうと思っていたおばさん店員の方も前と変わらずに試飲コーナーを担当していたのには驚きました。年齢を重ねるに従い、老化するスピードも落ちて行き、あるところからはそれ以上進まなくなると言うのが私の観察結果であり、同窓会に毎年出席してわかりました。

037.gif037.gif037.gif037.gif037.gif
b0190242_22363486.jpg
 
b0190242_2236511.jpg

佐藤さんも忙しそうでした
b0190242_22405828.jpg

b0190242_22412925.jpg

b0190242_22415725.jpg


(石川さゆり/火の国へ)

火の国へ(作詞:阿久悠、作曲:三木たかし、歌:石川さゆり)

あなたなしでも生きられる
そんな女になりたいと
熱い思いの火の国へ
生まれ変わりに参ります
東京駅から西へ向け

泣かぬ女の
泣かぬ女のひとり旅

雨の降る日はしのび逢い
それが似合いの恋なんて
甘く見えても真実は
若い私をやせさせた
三年三月は重過ぎて

とても背負って
とても背負って行けません

肥後の火の山阿蘇の山
私むかえてくれる山
明日はあなたの想い出も
すべて燃やしてしまいます
未練が眠りをさまたげる

そして夜汽車は
そして夜汽車は火の国へ

そして夜汽車は
そして夜汽車は火の国へ

b0190242_2244635.jpg

 
小野小町は平安初期(9世紀ごろ)の女流歌人で、「六歌仙」の一人として「古今集」をはじめ、数多くの勅撰歌集に秀歌をのこしています。生没年ともに不詳、そして絶世の美女だったと言われています。

小野小町に関する伝説、お墓は全国に点在しており、福島県に生地といわれる小野町があります。これは同じ小野一族で、浄瑠璃節の祖と言われた小野お通が、小町を主人公にした歌物語、恋物語、人生落魄(らくはく)の物語に仕立てて諸国をまわった影響とみられています。能の世界でも「小町もの」の人気は高く、さまざまな小野小町の生きざまを描いています。

才色兼備の絶世の美女、小野小町に憧れる男性は多く、中でも深草の少将の「通小町(かよいこまち)」は有名です。深草の少将が小野小町に「私のもとに、なんとしても嫁に来ていただきたい」と言い寄るところ、小町は「ならば百夜(ももよ)通ってください、そうすればあなた様のもとに参りましょう」と返事をします。「百夜通え」とは百日間欠かさず来ることを要求しました、しかし部屋に入れてくれるわけではありません。小町の住むところまで通ってきて、その外で歌などを詠んで帰っていくという繰り返しです。深草の少将はやりました。99日通い、あと一日で百夜だというところで、病を得て、とうとう焦れ死にをしてしまいました。

小町に仕えていた女中衆が、小町にそのことを知らせると、表情も変えずに脇に置いてあった「ほれ帳」と書かれてあった手帳を開き、イロハの順の「フ」の部に書いてあった深草の少将の名前に棒を引いてあっさりと消してしまったという話です。
実は小野小町は女性としての機能がなく、男性を受け入れることが出来ない体であったと言われています。それなのに「百夜通え」というのはイカサマじゃないかと、後に川柳を詠む江戸っ子たちは小野小町のことを「穴なし小町」と言うようになりました。

 裁縫に使う、穴のない針のことを「待ち針」と言いますが、もともとは「小町針」と言われており、「小」がとれて「町針」になり、「待ち針」となりました。

 小野小町は「俳句歳時記」では観音様の化身と言われており、その縁日である3月18日を「小町忌」としています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_22443298.jpg




(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_22451692.jpg

 私は地震の多い関東を離れて、3連休の前日1日を足して4連休にして、長崎の雲仙にいました。東京にいると、震度3程度の地震が毎日1回はあり、「そのうちに富士山が噴火する、地震はその前兆だ。」とか「近々、天皇陛下が東京を離れて疎開する。」とか、真実とは思えない噂が流れていました。地震で大変な時期に旅行なんて行っている場合ではないという方もいらっしゃいますが、行くことが出来る状況であれば、予定通り出掛けたほうが健全であると考え、3月18日から3泊4日で雲仙・島原・長崎へ行きました。070.gif
b0190242_22455523.jpg

b0190242_2246267.jpg

 今回の旅の目的はちょうど20年前に火砕流と土石流で大災害を起こした雲仙普賢岳を登って、島原でその時の災害がどういうものであったのかを学ぶための修学旅行です。027.gif
b0190242_22471198.jpg

b0190242_22472899.jpg

 朝8時15分の長崎行きの飛行機に乗り、長崎空港から諫早行きのバスに40分乗り、諫早で雲仙行きのバスに乗り換えて80分ゆられて目的地の雲仙に到着しました。ホテル到着は13:30くらいでした。
b0190242_224841.jpg

b0190242_22483435.jpg

 この東京から雲仙へ移動した日は青空が広がるとてもいい天気でした。この天気が最終日まで続いてほしいと祈りました。日が暮れるまでは少し時間があったので、雲仙の地獄めぐりと絹笠山(870 m)へ登って、明日登る予定の雲仙普賢岳を拝むことにしました。
b0190242_22485314.jpg

b0190242_22494280.jpg

b0190242_2249583.jpg

 まずは雲仙の地獄めぐり。私が泊まったホテルから歩いて数分のところに雲仙地獄めぐりがあります。いたるところから湯気が噴き出ており、温泉独特の硫黄臭がしました。
b0190242_22502930.jpg

b0190242_22505580.jpg

b0190242_2251257.jpg

 この雲仙地獄めぐりの中に隠れキリシタンの慰霊碑があります。織田信長が死んで、豊臣秀吉、さらに徳川家康の時代へと移って来ると、それまで許されていたキリスト教は禁止され、キリスト教徒は弾圧されました。長崎奉行が捕えた隠れキリシタンはこの雲仙地獄の中に放り込まれて処刑されたという記録があり、雲仙地獄に慰霊碑が建っています。
b0190242_2252612.jpg

b0190242_22524343.jpg

b0190242_2253540.jpg

 絹笠山からは西に橘湾を望むことが出来、天気が良ければ、橘湾に沈む夕日を見ることが出来ます。私が登った時は、残念ながら雲がかかり、夕日は望めませんでした。ただし夕日まで待っていると低山とは言え、絹笠山を降りる道が真っ暗になってしまうため、止めた方がよいとホテルの人に言われました。
b0190242_22533973.jpg

b0190242_2254187.jpg

b0190242_22542511.jpg

 果たして明日の天気はどうなることでしょう。3月19日土曜日の天気は予報では曇り時々晴れで雨は降らないようです。明日の好天を普賢岳に向かって、祈りつつ、ホテルへ帰りました。

b0190242_22545217.jpg

b0190242_22552452.jpg

b0190242_22555532.jpg

b0190242_22562279.jpg

b0190242_22565036.jpg

いい歳、りょうちゃんの旅は始まったばかりです。
To be continued.

024.gif016.gif038.gif037.gif070.gif056.gif041.gif058.gif004.gif069.gif
b0190242_2257991.jpg

b0190242_22573930.jpg

b0190242_2258977.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_2301426.jpg

b0190242_2303721.jpg

b0190242_2305965.jpg

b0190242_2313225.jpg

b0190242_2324483.jpg

b0190242_233086.jpg

by ryott-ryott | 2011-03-24 23:08 | 雲仙・島原・長崎

避難経路と変人シェフの店(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_13104326.jpg

 3月11日(金)午後2時45分、大きな地震がありました。その時、私は執務室にいました。、何やら建物全体が揺れている様子。その揺れは、徐々に大きくなり、大きな横揺れに変わっていきました。1分以上は揺れていたのではないでしょうか。積み上げられている書類が崩れ、机の引き出しが飛び出すなど、今までに経験をしたことにない地震の揺れでした。
018.gif
b0190242_13105369.jpg

 私が子どもの頃は、震度4程度の地震は関東でもけっこう頻繁に起こっており、その当時、大正12年(1923年)の関東大震災から50年以上経っているので、周期的に考えるとそろそろ関東に大きな地震、しかも直下型大地震に見まわれる日も遠くないと言われてきました。 関西に住む親戚から「東京は地震が多いから、こっちへ引っ越しておいでよ。」とよく言われたものです。しかし、関東よりも早く、関西地方で阪神淡路大震災が起こったのは記憶に新しいところです。
私の家の近所の道路を整備して、大井埠頭までの避難道路を通す計画があり、40年経った現在、ようやく少しずつ避難道路が通りつつある状況です。
018.gif
b0190242_13112342.jpg

 大きな横揺れがおさまってから、執務室から窓の外を見ると、その方角から火災によると思われる黒煙がもくもくとビルの裏から上がっていました。そして、最初の揺れから30分近く経った午後3時11分、再び大きな縦揺れがありました。あとで報道番組で確認したところ、長野県を震源とした地震であり、最初の地震とは違う地震だったようです。
 しばらくして職場から「帰ることが出来る人は、帰ってもよい。」との指示がありました。ただし、東京メトロもJRも私鉄各線も全線不通になっているとのことでした。
018.gif
b0190242_13114378.jpg

 私は職場の月島から大井町湯屋のある大井町まで歩いたら2時間ほどで家まで辿り着けるだろうと考え、16:00に職場を出ました。エレベーターは停止していたため、非常階段を降り、外へ出ました。外の様子はいつもと全く変わりませんでしたが、勝鬨橋前に来ると、やはり東京メトロでは帰ることが出来ず、電車で帰ることをあきらめた多くの人が、銀座・有楽町方面へ向かって歩いていました。070.gif
b0190242_13115529.jpg

 16:30銀座のITOCIAが見える交番のある交差点まで来ました。そろそろ電車も動き出すのではと考えていましたが、交番のお巡りさんからのアナウンスでしょうか、スピーカーから「現在、東京メトロ、JR全線、私鉄各線は全線不通です。新橋駅から各方面へ向かうバスが出ています。」とのお知らせがありました。もともと家まで歩くつもりでいたので、覚悟を決めて、大井町を目指して再び歩き出しました。070.gif
b0190242_13122242.jpg

17:00新橋駅に到着。当然ながらまだ電車は動いていません。バス停はありましたが、バスの姿はなく、バスを待つ人の長蛇の列。SL広場では多くの人が競輪車券売り場のターフビジョンに映し出されている地震ニュースの模様を固唾をのんで見ていました。
b0190242_13123671.jpg

17:30大門浜松町駅前に到着。すでに歩道は歩いて家路に向かう人で溢れんばかりで、中には車道の脇を歩いている人もいました。070.gif
b0190242_13125587.jpg

17:45 田町に到着。ちょうど日の入りの時刻くらいで、徐々に薄暗くなり始めています。058.gif
b0190242_1313991.jpg

18:00 芝4丁目交差点の交番前、品川駅まであと3 kmの表示。この時点で職場を出て2時間が経ってしまいました。大井町までまだまだかかりそうです。

b0190242_13132674.jpg

18:20 京急泉岳寺駅前を通ってようやく品川駅前に。ここでもバス停にはたくさんの人がバスを待っていました。私はさらに南の方へ進み、五反田方面へ。ここで役に立ったのは「震災時帰宅支援マップ」(旺文社)でした。五反田まで行かずに、途中で左折して大崎駅の方へ向かいました。大崎駅から自宅まではよく歩いて行ったことがあり、20分ほどで帰ることが出来ることがわかっていたからです。ここまで来るとほとんど人は歩いていませんでした。
b0190242_13152564.jpg

b0190242_1314110.jpg


18:57 目黒川の橋を渡って、大崎駅に到着。まだ電車は動いていませんでした。駅のアナウンスでは、東北新幹線については、この日はもう運行しないことを伝えていました。
大崎駅と言えば、あの「変人シェフ」が勤めているイタリアンのお店「OTTO」があるではありませんか。私の中で急にいたずら心が湧き、OTTOを覗いてみると、普通に営業していました。ホールの方が「今日はどうしたんですか?」と聞くので、「職場から歩いてきて、ここに辿り着きました。」と答えました。店は地震の騒ぎがなかったかのように、ほぼ満席で通常の営業がされていました。
018.gif
b0190242_13141570.jpg

ホールの人から「職場が月島なら、お台場まで行って、そこから大井町へ向かうバスに乗れば、もっと早く家に帰ることが出来たのに、そんなにあの男に会いたかったんですか?」と言われました。あの男とは変人シェフのことです。呼ばなくてもいいのに、ホールの人が厨房から変人シェフを呼んで来てくれました。変人シェフは相変わらず愛想がなく「どうしたの?歩いて来たの?あっそう!」と言って、またそそくさと厨房へ引っ込んでしまいました。ホールの人が「お客さんなんだから、もっと愛想良くして。」と言うのが聞こえました。037.gif
b0190242_13143613.jpg

私は炊き出しのカレーでも食べようかと思いましたが、カレーはもう売り切れてしまったとのこと。適当におつまみと、ビール、ワインを飲み、炊き出しのラザニアを食べました。
19:30過ぎに変人シェフの店を出ました。ホールの人に「もう帰ってしまうんですか?」と言われましたが、約3時間大崎まで歩いてきて、歩くこと自体は何ともないのですが、その間、スギ花粉にさらされ続け、私の目、鼻、皮膚はかなりしんどい状態でした。
018.gif
b0190242_13144947.jpg

20:00ちょっと前に自宅に到着。OTTOへの寄り道を抜かせば、3時間半の歩いての帰宅でした。本棚から何冊か本がこぼれ落ちていました。それ以外は大きな異変もなく、ガスの遮断を元に戻して、風呂を入れました。

b0190242_1315117.jpg

b0190242_13171075.jpg



(銀色の道/うたごえ喫茶)

(銀色の道/ダーク・ダックス)
銀色の道(作詞:塚田茂、作曲:宮川泰、歌:ダーク・ダックス)


遠い遠い はるかな道は
冬の 嵐が 吹いてるが
谷間の春は 花が咲いてる
ひとりひとり 今日もひとり
銀色のはるかな道

ひとりひとり はるかな道は
つらいだろうが 頑張ろう
苦しい坂も 止まれば下がる
続く続く 明日も続く
銀色のはるかな道

続く続く はるかな道を
暗い夜空を 迷わずに
二人の星よ 照らしておくれ
近い近い 夜明けは近い
銀色のはるかな道
はるかな道
はるかな道

b0190242_13155310.jpg

 
昭和20年(1945年)3月10日は、太平洋戦争末期、米軍のB29による本格的「東京大空襲」のあった日です。

 そのときの模様を、作家の加賀乙彦が『帰らざる夏』で、こう書いています。
「さて3月10日だ。これはおそらく帝都が今までに受けた最大の空襲であろう。被害も甚大だ。気象条件が悪かったところへ、敵の戦術が巧妙だった。北の裂風中に一機ずつが超低空で飛来し、風上へ風上へと投弾していった。浅草、本所、深川、向島、城東の大半が烏有に帰した。日本橋、下谷、京橋、本郷、神田の3分の一乃半分以上は焼かれた。麹町、牛込、荒川、麻布、芝にも損害がある。
 父は保険会社にいる関係上、被災者数の概算をしているが焼失戸数26万戸、被災者数百万と推定される。まさに関東大震災の時と同じ規模の大火災だ。・・・・・・・」

たしかに、広島、長崎に投下された原爆の災禍以前では、最大の大空襲だったと思います。加賀乙彦は、名古屋の幼年学校在学中に終戦を迎えた人で、おそらくそのころの体験が『帰らざる夏』(谷崎潤一郎賞)の素材になったのでしょう。

 彼は本名小木貞孝。昭和28年に東大医学部を卒業した精神科医です。3年間フランスに留学、パリで辻邦生を知って影響を受け、作家に転向、その後上智大学教授もつとめています。
 短編が得意で『加賀乙彦短編小説全集』(全5巻・潮出版)が出ています。
 大空襲のこの日、現在の江東区砂町に住んでいた俳句の石田波郷が戦災に遭っています。彼の作品の中に『三月十日』と題する句があります。

        降る雪や傘にあまりて供華の枝  石田波郷

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_13161162.jpg


(中島みゆき/一期一会)

一期一会(作詞、作曲、歌:中島みゆき) 060.gif

見たこともない空の色 見たこともない海の色
見たこともない野を越えて 見たこともない人に会う
急いで道を行く人もあり
泣き泣き 道を行く人も
忘れないよ遠く離れても 短い日々も 浅い縁も
忘れいで私のことより あなたの笑顔を 忘れないで

見たこともない月の下 見たこともない枝の下
見たこともない軒の下 見たこともない酒を汲む
人間好きになりたいために
旅を続けて行くのでしょう
忘れないよ遠く離れても 短い日々も 浅い縁も
忘れいで私のことより あなたの笑顔を 忘れないで

一期一会の はかなさつらさ
人恋しさをつのらせる
忘れないよ遠く離れても 短い日々も 浅い縁も
忘れいで私のことより あなたの笑顔を 忘れないで
忘れないよ遠く離れても 短い日々も 浅い縁も
忘れいで私のことより あなたの笑顔を 忘れないで
あなたの笑顔を 忘れないで

b0190242_13174219.jpg

 今週は東北地方でおおきな地震があり、東京は大きな被害はなかったようですが、皆さん、帰宅の足を奪われて、かなり大変だったようです。最近よく登山をご一緒する大井町湯屋仲間のよしこさんから土曜日の朝に電話があり、土曜日の朝5時30分に帰ってきたそうです。東京の方では停電はありませんでしたが、神奈川県は停電があり、夜10時半まで電気がつかなかったそうです。
 よしこさんと後で大井町湯屋での大暴れアクアで会いましょうとの約束をしましたが、地震の影響か大井町湯屋は休館になってしまいました。大井町湯屋だけではなく、アトレ全館がお休みでした。地震の影響で臨時休業するとのこと、しかも再開の目処もたっていないとの記述もありました。お隣のイトーヨーカ堂は平常の営業をしているのに、大井町湯屋はどうなってしまうのでしょうか。
018.gif
b0190242_1318674.jpg

 この日は夕方から川崎にある西山さんのお店で1960年代のワインの試飲がありました。じゃんけんぽんのトントンさん、春さんと川崎で待ち合わせて、南武線の矢向(やこう)まで行きました。川崎、尻手、矢向で川崎から3番目です。
b0190242_13182279.jpg

当初、アトレでおつまみを買って行こうかと考えていましたが、アトレは臨時休館。それならば川崎のラゾーナあたりで調達しようと考え、少し早めに出かけましたが、なんとラゾーナも臨時休業、おとなりのBEもMORESも臨時休業でした。先日、仙台物産展を開催していた「さいか屋」は営業していましたが、ショーケースの中はほとんど何も入っていない状態。テレビニュースで映し出されるロシアや北朝鮮の店のように、品物がありませんでした。しかたなく、何とか売っているものだけをかき集めるように買い、西山さんのお店へ向きました。
b0190242_13184563.jpg

西山さんのお店「西山屋」は矢向駅を降り、踏切を渡って、さらにその方向へ10分ほど歩いたところでしょうか。すっかり日も落ちていたのではっきりと記憶していませんが、体が覚えていると思うので、次回は一人でも行けるでしょう。
b0190242_13191447.jpg

本日、用意されているワインは、個人で保有していものを、その方の御好意で提供していただいたものです。全て1960年代で6種類、トントンさんと春さんの実年齢よりは少し若いワインです。ラベルも古く、コルクは現在のものよりは長いのですが、結構、崩れていました。色は先日の熟成古酒同様にアミノカルボニル反応のためか褐色。肝心の味は、6種類それぞれ違いましたが、甘みのある紹興酒の味が基調としてあり、ワインの香りと酸味も残っています。

b0190242_13193136.jpg

b0190242_1320513.jpg

b0190242_13202062.jpg

b0190242_13203732.jpg

帰りに大森の鳥城で焼き鳥を食べました。あのぼろぼろの暖簾はきれいになっていました。
037.gif
b0190242_1321470.jpg

b0190242_13224577.jpg

b0190242_13231163.jpg

b0190242_13233530.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_13212683.jpg

b0190242_13214530.jpg

b0190242_132254.jpg

b0190242_13221966.jpg

by ryott-ryott | 2011-03-13 13:29 | 東北太平洋沖地震

いい歳、りょうちゃん、春のつくばね、銀色の道(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_2314080.jpg

 筑波山登山のつづきです。男体山の斜面をどろどろになりながらも登り切り、春霞の関東平野を眺めた私たち。最年長の中野さんもズボンが泥だらけになっていました。若い山女子メンバーもズボンが泥だらけ、顔に泥パックした方がよかったですね。037.gif
b0190242_2322370.jpg

 春霞にかすんだ関東平野の中にかすかに東京スカイツリーが見えました。男体山からの眺めをしばし楽しんだ後、男体山本殿へ向かいました。ここはイザナギが祀られています。018.gif
b0190242_2325871.jpg

皆さん、想い想いに手を合わせていました。果たして、何をお願いしているのでしょうか?037.gif
b0190242_2342483.jpg

筑波山は二つの頂上を持つ双二峯です。男体山871 mともう一つは御幸ヶ原を挟んだ標高877 mの女体山です。人の少ない梅林コースを登って来ましたが、男体山山頂には多くの登山者で賑わっていました。男体山本殿から女体山へ向かう途中、私たちよりもペースの速い登山者たちに道を譲りながら進んでいると、後ろから来た若いお兄さんのグループもまた私たちに追いつきました。
b0190242_2351475.jpg

 倉持さんが「お先にどうぞ、私たち、遅いので。」と言うと、お兄さんたちは「どうぞ、どうぞ。」言いながら、倉持さんの後ろを進みます。
すると倉持ちさんが突然大きな声で「あやや!大丈夫!?」と若い山女子に声をかけました。
お兄さんたちは「あやや、だって。」と言いながら、少し失笑。松浦亜矢に似た女の子がいると思ったのでしょうか、お互いに笑っていました。すると倉持さんが更に「あややって女の子がいるの!とっても可愛いの!お婿さん募集しているの!」とそのお兄さんたちを畳みかけるように言うと、お兄さんたちは無言でした。

037.gif041.gif037.gif041.gif037.gif
b0190242_2354726.jpg

 そして女体山を望むことが出来る御幸ヶ原に間もなく到着し、ここでしばしの休憩を取りました。しかし、先ほど倉持さんがあややを売りこんだお兄さんたちの姿はありませんでした。

041.gif041.gif041.gif041.gif041.gif
b0190242_2361488.jpg


(銀色の道/うたごえ喫茶)

(銀色の道/ダーク・ダックス)
銀色の道(作詞:塚田茂、作曲:宮川泰、歌:ダーク・ダックス)


遠い遠い はるかな道は
冬の 嵐が 吹いてるが
谷間の春は 花が咲いてる
ひとりひとり 今日もひとり
銀色のはるかな道

ひとりひとり はるかな道は
つらいだろうが 頑張ろう
苦しい坂も 止まれば下がる
続く続く 明日も続く
銀色のはるかな道

続く続く はるかな道を
暗い夜空を 迷わずに
二人の星よ 照らしておくれ
近い近い 夜明けは近い
銀色のはるかな道
はるかな道
はるかな道

b0190242_2364224.jpg

 
 “傾国の美女”といわれた楊貴妃は、本名は楊玉環(ようぎょくかん)、今の四川省に勤務する一軍人の娘として生まれました。
 傾国とは色香で国をも滅亡させる美女。貴妃は名前ではなく、二番目の王妃の位です。
 中国王朝の後宮(ハーレム)には、3000人の美女がいましたが、それぞれ階級がありました。皇后の下には貴妃、淑妃、徳妃、賢妃の順に4人の王妃、その下には九賓と呼ばれる9人の王妃、さらにその下に3段階に分かれた王妃・・・・・・。
 このたくさんの王妃に仕える女官たちにもさまざまの階級がありました。
 
楊玉環の場合は、その美貌と才智が買われ、幸運にも玄宗皇帝の嫡男寿王の后に抜擢されました。
 ところが父である玄宗皇帝は寵愛の王妃が急死すると、とたんに息子の嫁がほしくなり、無理やり楊玉環を貴妃として迎え入れました。玄宗皇帝59歳、楊貴妃26歳のときでした。
 それからの二人の仲は、白居易の長編叙情詩「長恨歌」にうたわれた通り、“老いらくの恋”“傾国の愛”に、燃えに燃えました。

 唐の始祖太宗皇帝につぐ名君といわれた玄宗皇帝も、楊貴妃の色香に迷い、政治は乱れるばかりです。国民の不平不満、反感が強まるのは当然です。
 やがて楊貴妃は、信頼していた養子の安禄山に裏切られ、クーデターで長安を追われ、玄宗皇帝ともに馬嵬に脱出しました。
 しかし、ここでも兵士の反乱に会い、楊貴妃は玄宗皇帝の面前で斬られてしまいました。
 天宝十五載(756年)6月14日、楊貴妃38歳、玄宗皇帝71歳でした。

            柳腰 柳青める楊貴妃忌  風雪

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_2311228.jpg

b0190242_237342.jpg


(中島みゆき/一期一会)

一期一会(作詞、作曲、歌:中島みゆき) 060.gif

見たこともない空の色 見たこともない海の色
見たこともない野を越えて 見たこともない人に会う
急いで道を行く人もあり
泣き泣き 道を行く人も
忘れないよ遠く離れても 短い日々も 浅い縁も
忘れいで私のことより あなたの笑顔を 忘れないで

見たこともない月の下 見たこともない枝の下
見たこともない軒の下 見たこともない酒を汲む
人間好きになりたいために
旅を続けて行くのでしょう
忘れないよ遠く離れても 短い日々も 浅い縁も
忘れいで私のことより あなたの笑顔を 忘れないで

一期一会の はかなさつらさ
人恋しさをつのらせる
忘れないよ遠く離れても 短い日々も 浅い縁も
忘れいで私のことより あなたの笑顔を 忘れないで
忘れないよ遠く離れても 短い日々も 浅い縁も
忘れいで私のことより あなたの笑顔を 忘れないで
あなたの笑顔を 忘れないで

b0190242_2373530.jpg

b0190242_23105261.jpg

 そして御幸ヶ原を通り抜けて女体山山頂に到着。女体山ではイザナミが祀られています。女体山からの眺めを楽しんだ後、山頂でみんなで記念撮影。この写真は「なんでもトライアスロン」の掲示板から拝借しました。061.gif
b0190242_2375299.jpg

b0190242_2393129.jpg

b0190242_2310832.jpg

 そして、キャンプ場コースを通って下山開始。北側の斜面を下って行きます。日が当らないため、雪が解けずに残っていました。山頂付近は急な斜面で凍結している部分もあり、殿から付いて行った同行カメラマンの私は、あっという間に隊列から引き離されてしまいましたが、倉持さんが心配そうに待っていてくれて、端の新雪の上を踵から踏むようにと教えてくれました。いい歳、りょうちゃんは本当に手がかかります。倉持さんの指導のおかげで、何とか隊列に追いつくことが出来ました。042.gif
b0190242_23122725.jpg

 御幸ヶ原から女体山への道もけっこうぬかるんで、靴が泥だらけでしたが、下り斜面の新雪の上を歩いていたら、すっかり泥も落ちて、きれいになりました。
037.gif038.gif
b0190242_23125821.jpg

 キャンプ場を過ぎると、山道から林道へ入り、ただひたすらに温泉を目指しました。本来ならば、遅めの昼食を国民宿舎で取る予定でしたが、朝の事故渋滞や泥の山道のために予定よりもかなり遅れていたため、最初にいちご狩りをして、その後に温泉入浴、そしてお昼ごはんではなく夕飯へと変更になりました。
b0190242_23132225.jpg

b0190242_23135432.jpg

b0190242_23144087.jpg

 いちご狩りはすぐにお腹が一杯になって食べれなくなるかと思いましたが、登山の後でのどが渇いていたためか、結構な数のいちごを食べることが出来ました。私は自分の年齢の数より少し少ない30個ほど食べました。037.gif
b0190242_231537.jpg

b0190242_23152764.jpg

 いちご農園のおばさんが、ともちゃんに、「ここのいちごが美味しい理由は腐らない水を使っているからだ。」と言って、何やら水の妙な説明をして、パンフレットを渡していました。私ははっきりとその説明を聞きませんでしたが、水素原子よりも細かい粒子で出来た水だとか言っているのが聞こえました。古酒試飲会のところでも書きましたが、その手の話はほとんどが出鱈目です。皆さんがよく知っている例では、マイナスイオンというのがあり、最近の電化製品のほとんどはマイナスイオンを発生させることを売りにしています。しかし、マイナスイオンの存在は、日本分析化学会では認められていません。つまり世の中の先生方はマイナスイオンの存在なんか認めていないのです。しかしながら、その学会員が多く所属する会社なんかでも、マイナスイオンが出る電化製品が平然と売られています。これはサイエンスではなく、商売なんですね。018.gif
b0190242_2316071.jpg

b0190242_23164459.jpg

b0190242_2317597.jpg

 いちごで十分にのどの渇きを癒した後、温泉に入りました。この温泉でも一つ事件がありました。私がカランで薄くなった頭髪を洗っていると、横から「ちょっといいですか!ちょっといいですか!」と私に大きな声をかけてくる人がいました。私は自分が使っているシャワーがその人にかかってしまったのかと思いましたが、私の隣に座っていたおじいさんがのぼせて具合が悪くなってしまったようであり、係員を呼んでくるから、見ていてくれと言うのです。しばらくして、係員が二人やって来て、おじいさんは両脇を抱えられて連れて行かれました。
 連れて行かれたおじいさんはすぐによくなったようです。多分、湯あたりして貧血になったのでしょう。スネオ君から聞きました。

b0190242_23173536.jpg

b0190242_23181075.jpg

b0190242_23183210.jpg

 朝の事故渋滞から始まって、泥まみれになりながらも登頂して、全員無事で筑波山登山を終えることが出来ました。帰りのバスの中では、かずさんと行った酒蔵見学で買ってきた初亀の「べっぴん」を皆さんと一緒に飲みました。倉持さんはお酒を飲めなくて残念です。
 そうこうしているうちに、バスは上野にもどって来ました。「めざせ剣岳」シリーズや天城越えで皆さんとの再会を約束して、上野でお別れしました。

038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_23193018.jpg

いい歳、りょうちゃん、春のつくばねを行く、これにて、おしまい。
b0190242_23203128.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_23211088.jpg

b0190242_23212783.jpg

b0190242_2322323.jpg

b0190242_2323113.jpg

b0190242_23232125.jpg

b0190242_23234947.jpg

b0190242_23242449.jpg

041.gif038.gif024.gif016.gif070.gif058.gif056.gif040.gif018.gif071.gif

by ryott-ryott | 2011-03-09 23:30 | 筑波山

クジラと古酒試飲会(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_2095099.jpg

 筑波山登山・完結編へ行く前に。2月27日(日)に川崎のさいか屋へ行きました。以前、石巻へ行ったときにクジラの歯や髭でつくられたネクタイピンを購入しました。『鯨歯工芸 千々松屋』の人が川崎のさいか屋の仙台物産展に1週間来ているので、是非立ち寄ってくださいと言う連絡が来ました。折角、お知らせしてくれたので川崎まで行ってきました。018.gif
b0190242_2010417.jpg

 ひょっとしたら『バクライ』が買えるかもしれない、先日、かずさんと酒蔵見学で買った日本酒の肴にありつけるかもしれないと期待して川崎のさいか屋へ出かけてきました。
070.gif
b0190242_20111562.jpg

 仙台物産展はかなりの人出なのかと思いましたが、6階の片隅でひっそりと開かれていました。『千々松屋』の鯨歯工芸品を見ている人もなく、おばちゃんがひとりで店番をしていました。私がネクタイピンを見ていたら、おばちゃんがどこへ行っていたのか店主のおじさんを呼んで来てくれました。私が一つネクタイピンを購入すると、おじさんは石巻から持ってきたマッコウクジラの歯や、ミンククジラのひげを見せてくれ、壁に飾ってあるイワシクジラのひげを一つくれました。クジラは別名『勇魚(いさな)』と言い、とても縁起のいい生き物であり、その歯やひげを身につけたり、家に飾ることによって『幸運を招く』と言われています。018.gif
b0190242_20113882.jpg

 そして、お目当ての『バクライ』がないか探しましたが、バクライは仙台まで行かなければ手に入らないと言われました。仕方なく、ホヤの瓶詰めを一つ買って、家で一杯やりました。
069.gif
b0190242_20115625.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されてまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_20151479.jpg

 
東京・渋谷駅の広場に「忠犬ハチ公」の銅像が立っています。
 そのハチ公の命日は3月8日です。
 ハチ公は、明治・大正時代に活躍した、農学博士上野英三郎の飼犬で、純粋な秋田犬でした。上野博士が帝大農学部に出勤するため、毎朝松濤の自宅から渋谷駅まで、ハチ公を連れて見送らせ、夕方は駅まで迎えに出させるほど可愛がっていました。
 ところが、上野家にきてから1年5カ月ほどたった大正14年(1925年)5月21日、ご主人の上野博士が教授会で倒れ、不帰の客になりました。

 ハチ公は知るはずもありません。翌朝から毎日、渋谷駅に出掛けて行きます。
 上野家でも見かねて浅草の親戚の家に預けましたが、逃げ出して、また渋谷駅で空しく主人を待ち続けるのです。雨の日も風の日も、丸10年の歳月でした。
 この美談が新聞に報じられましたから、ハチ公が死んで、お葬式の日は大変でした。
 青山墓地の上野博士の墓地に埋められましたが、「花輪25、生花200、手紙・電報180余通、短冊15枚、色紙3枚、書6枚、学童の綴方30点、清酒4斗樽1本、4日間に御賽銭200余円」と、当時の新聞は大きく伝えています。

 このハチ公の銅像は、最初は犬好きの彫刻家安藤照が『忠犬ハチ公』として帝展に出品したのが話題を呼び、これが縁で駅前に建設されたものです。
 昭和9年(1934年)4月21日、有志の手で建設されましたが、戦時中、供出のため取りはらわれ、戦後「忠犬ハチ公」の像を懐かしむ声が多く、昭和34年(1959年)4月21日、再び建立されました。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_20155229.jpg


(中島みゆき/一期一会)

一期一会(作詞、作曲、歌:中島みゆき) 060.gif

見たこともない空の色 見たこともない海の色
見たこともない野を越えて 見たこともない人に会う
急いで道を行く人もあり
泣き泣き 道を行く人も
忘れないよ遠く離れても 短い日々も 浅い縁も
忘れいで私のことより あなたの笑顔を 忘れないで

見たこともない月の下 見たこともない枝の下
見たこともない軒の下 見たこともない酒を汲む
人間好きになりたいために
旅を続けて行くのでしょう
忘れないよ遠く離れても 短い日々も 浅い縁も
忘れいで私のことより あなたの笑顔を 忘れないで

一期一会の はかなさつらさ
人恋しさをつのらせる
忘れないよ遠く離れても 短い日々も 浅い縁も
忘れいで私のことより あなたの笑顔を 忘れないで
忘れないよ遠く離れても 短い日々も 浅い縁も
忘れいで私のことより あなたの笑顔を 忘れないで
あなたの笑顔を 忘れないで

b0190242_20163475.jpg

 筑波山登山の翌日、3月6日(日)は、じゃんけんぽんのトントンさん、春さんが日本酒古酒の試飲会に誘ってくれて、飯田橋の飯田橋レインボービルに行ってきました。そして、そこにはあの菊池もいました。どうやら、菊池がみんなを誘ってくれたようです。037.gif
b0190242_20165522.jpg

 古酒とは何か。「満3年以上熟成させた、糖類無添加酒を除く清酒」と長期熟成酒研究会では定義しています。会場で売っていた『古酒神酒 長期熟成酒の魅力』(長期熟成酒研究会編集、1200円)には、お酒の中ではもともと水分子同志とアルコール分子同士がかたまりを作って混ざり合っていますが、熟成が進むにつれて、水分子同士、アルコール分子同志のかたまりが解かれて行き、水分子とアルコール分子が新しいかたまりを作って、味がまろやかになると説明されています。このかたまりのことを「クラスター」と呼んでおり、クラスターの大きさがだんだんと小さくなって、いい味になるとあります。次回の筑波山登山・完結編でも少し書こうと思いますが、この手の話はほとんど出鱈目です。
018.gif
b0190242_20172684.jpg

b0190242_20174262.jpg

b0190242_2018459.jpg

 水の交換反応の速さは10のマイナス12乗秒と言われています。アルコールと水を混ぜれば瞬時に、クラスターは壊れてしまいます。むしろ、お酒が熟成していき、アミノ酸と糖が反応して、アミノカルボニル反応が起こり、古酒独特のコハク色をした旨み成分が生成すると考えた方が理にかなっています。004.gif
b0190242_20183898.jpg

b0190242_2019872.jpg

b0190242_20192437.jpg

 飲み比べてみて、日本酒の面影が残っているのも、熟成してしまい面影がすっかり消えて、紹興酒だと言って出されてもまったく区別がつかないのではないかと思うもの、様々ありました。日本酒の面影がはっきりと残っているものの代表だと思うものに、栃木県那須の島崎酒造で作っている「東力士」がありました。この酒造は年間平均気温10 ℃の洞窟で清酒「東力士」を熟成させて古酒を作っています。一度、どうくつ酒蔵見学をしてみたいものです。
b0190242_20195087.jpg

 そして日本酒の面影は全くないものとしては白木恒助商店の二十年古酒でしょうか。紹興酒のような味わいですが、御主人は熟成古酒と紹興酒では酸味が全く違うと言います。紹興酒は黒麹を使っており、酸味の主体がクエン酸であるのに対して、熟成古酒は黄麹で仕込むため、酸味の主体はコハク酸なんだそうです。018.gif
b0190242_2020898.jpg

 会場に来ていたお嬢さんから佐賀県の天吹酒造がお勧めだと教えていただきましたが、私が一番おいしいと思ったのは福井県南部酒造場の『花垣』の貴醸酒でした。貴醸酒とは仕込み水の替わりに使うお酒のことです。1年、3年、7年、10年と寝かせるほどに、女性が若い乙女から美しい女性へと成長していくかのようでした。菊池から、「りょうちゃんが女の子をナンパしている。」と言われてしまいました。037.gif038.gif037.gif038.gif037.gif
b0190242_20203414.jpg
b0190242_2020242.jpg

 天吹を勧めてくれたお嬢さんに挨拶をして、試飲会会場を後にしました。いつもなら閉館時間までいるところなんですが、新酒に比べて熟成古酒は重たいため、そんなにたくさんは飲めませんでした。外に出るとまだ日も高く、とても夕飯を神楽坂へ食べに行くという時間ではありませんでした。031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif
b0190242_2021727.jpg

b0190242_20212868.jpg

 トントンさん、春さんともお昼ごはんを食べていなかったため、菊池がよく行くカレー専門店へ連れて行ってもらいました。私はこの遅めの昼ごはん(早めの夕飯)で、その日の夕飯は食べませんでした。毎日、これを続ければ、痩せるかな。

037.gif038.gif037.gif038.gif037.gif
b0190242_20215684.jpg

次回は筑波山登山、最終話を報告します。
b0190242_20221558.jpg

b0190242_20223494.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_20225167.jpg

b0190242_2023518.jpg

b0190242_20232043.jpg

b0190242_20233576.jpg

b0190242_20235689.jpg

b0190242_20241255.jpg

b0190242_20242949.jpg

b0190242_20244593.jpg

b0190242_2025382.jpg

038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif

by ryott-ryott | 2011-03-08 20:29 | 日本酒試飲会

いい歳、りょうちゃん、春のつくばねを行く(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_23292021.jpg

 
 3月5日(土)、大井町湯屋は休館日でした。この日はいつもの大暴れアクアビクスではなく、日本百名山の中で最も標高の小さい筑波山へアミューズトラベルさんのツアーで行きました。もちろん、先達さんは倉持さんと白砂ガイドの2名。白砂さんは筑波山が地元であるため、現地で合流しました。

b0190242_2330070.jpg

 
 朝5時前に起床。年齢を重ねると目覚ましをセットしなくても目が覚めます。家を6時過ぎに出て、集合場所の上野には6時44分に到着しました。集合場所で、大井町湯屋仲間のよしこさん、浦安湯屋のあやちゃんに会いました。
058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif
b0190242_23304662.jpg

 この日は雲ひとつない絶好の好天。今回で私がアミューズさんのツアーに参加するのは富士山、雲取山に続いて3回目で、全て晴れの天気です。大井町湯屋の口の悪い人たちは、私を捕まえては、「おまえは雨男だ!」と面罵痛罵しますが、これだけ晴れの天気が続けば、私が雨男ではないと誰もが認めるところです。しかし、よしこさんは「私が強烈な晴れ女だからよ!」と今日の好天と私の参加は関係ないと言いたいようです。
037.gif037.gif037.gif037.gif037.gif
b0190242_23321668.jpg

b0190242_23313824.jpg

 7時にアミューズさんのバスが上野に到着。浦安湯屋のメンバーと再会し、出発進行、常磐道から目的地の筑波山へ向かいました。
 途中、事故渋滞に巻き込まれながらも、9時半過ぎに筑波神社の大鳥居の前に到着しました。そこから梅園下の駐車場まで歩いて行き、白砂ガイドと合流。白砂さんから今日のコースの説明がありました。
018.gif018.gif018.gif018.gif018.gif
b0190242_23333611.jpg
 
 
 筑波山梅林を抜けて、梅園コースを通り、まずは男体山(871 m)頂上を目指します。その後、御幸ヶ原を通過し、女体山(877 m)頂上へ。そして、裏筑波のキャンプ場コースを国民宿舎つくばねまで下って、やさと温泉で入浴、食事、いちご狩りの4時間の行程になります。このコースはかなりマニアックなコースで、道中、ほとんど人に会うことはないだろうとのことでした。

b0190242_2334466.jpg

b0190242_23341877.jpg

 
 駐車場で準備体操をし、まずは梅園で梅を観賞。梅園は4.5 haの広さを有し、筑波山の大きな岩の間を縫ってコースが巡っており、東屋から関東平野の田園と、春霞の中にうっすらと富士山が見えました。

b0190242_2335689.jpg

b0190242_23353748.jpg

b0190242_23363986.jpg

b0190242_2337526.jpg

b0190242_23373097.jpg

b0190242_23375999.jpg

  筑波山の梅が春の訪れを告げていました。
b0190242_23384139.jpg

b0190242_23391791.jpg

b0190242_2341892.jpg



(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されてまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_23421191.jpg

 
 20世紀最後の独裁者、ソビエトのスターリンが死んだのは1953年の3月5日です。享年74歳でした。
 彼はクレムリン宮殿の奥深くに住んでいるものと思われていましたが、実際は、モスクワ近郊の森の中にある秘密の別荘で暮らしていました。

 自分自身が血の粛清をやってきた人だけに、暗殺をおそれ、猜疑心も強く、寝室も同じ部屋が4つ用意され、どの部屋に寝るかは秘密でした。
 彼が室内からの電動ボタンを押さない限りドアが開きませんでしたので、脳出血で倒れても、救助が丸一日遅れてしまったといわれています。

 彼は、少数民族のグルジャ地方の貧しい靴職人の子として生まれました。若くしてマルクス主義を学び、早くから革命運動に参加しました。革命までの10数年間、逮捕7回、流刑6回、脱走5回という変転きわまりない生活をしてきました。
 レーニンに認められ、1922年、革命後ソ連共産党の初代書記長に就任。24年、レーニン死亡後、激しい権力闘争を勝ち抜き、有力同志を次々と処刑して党の主導権を握りました。
 第二次世界大戦のときには、党書記長のほか、人民委員会議長(首相)、国家防衛委員会議長(国防相)、ソ連軍最高司令官も兼ねました。

 しかし、このまれにみる冷酷な独裁者も、彼の死後、1956年に開かれたソ連共産党大会で、タブーとされていたスターリン批判が行われ、血の粛清、個人崇拝など、彼の指導の誤りが指摘され、全国各地に飾られていた肖像写真、胸像、銅像のたぐいは、ほとんど撤去されました。モスクワ市内も、あるのはレーニンの肖像だけです。
 スターリンの娘は、アメリカに亡命しましたが、1984年、再びソビエトに帰国しました。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_2342487.jpg


(中島みゆき/一期一会)

一期一会(作詞、作曲、歌:中島みゆき) 060.gif

見たこともない空の色 見たこともない海の色
見たこともない野を越えて 見たこともない人に会う
急いで道を行く人もあり
泣き泣き 道を行く人も
忘れないよ遠く離れても 短い日々も 浅い縁も
忘れないで私のことより あなたの笑顔を 忘れないで

見たこともない月の下 見たこともない枝の下
見たこともない軒の下 見たこともない酒を汲む
人間好きになりたいために
旅を続けて行くのでしょう
忘れないよ遠く離れても 短い日々も 浅い縁も
忘れないで私のことより あなたの笑顔を 忘れないで

一期一会の はかなさつらさ
人恋しさをつのらせる
忘れないよ遠く離れても 短い日々も 浅い縁も
忘れないで私のことより あなたの笑顔を 忘れないで
忘れないよ遠く離れても 短い日々も 浅い縁も
忘れないで私のことより あなたの笑顔を 忘れないで
あなたの笑顔を 忘れないで

b0190242_23433245.jpg

b0190242_23443258.jpg

b0190242_23445711.jpg

 梅林で梅を観賞し、いよいよ登山を開始。私はいつものように殿(しんがり)からカメラマンとして同行しました。まずは表筑波から梅林コースを通って、男体山の山頂を目指しました。037.gif
b0190242_23453452.jpg

b0190242_23465062.jpg

 スギ林の中を進み、花粉症の発症を心配しましたが、そんなにヒドイことにはなりませんでした。見晴らしのきく場所に着くと、冷たい風が結構強く吹いており、林帯の中では花粉症の症状が抑えられていましたが、風にさらされると目がかゆくなってきました。031.gif
b0190242_23474642.jpg

 傾斜もきつく、岩場も多いです。
b0190242_2348227.jpg

b0190242_23492245.jpg

b0190242_2350781.jpg

 今回のツアーでは、「なんでもトライアスロン」のスネオくんにはじめて会いました。私は、「なんでもトライアスロン」の掲示板から、かなり若い人かなと想像していましたが、ひょっとして、いい歳、りょうちゃんとそんなに離れていないのではないかと思いました。失礼なことを申し上げました。そのスネオくんが休憩時間に「小雉を撃って来ます。」と言って山中へ入って行ったので、ここら辺には雉がいるのかと思いましたが、その意味が後でわかりました。アスリートの世界では、山中で「用をたす」ことを「小雉を撃つ」と言うようです。018.gif
b0190242_23505389.jpg

b0190242_23511175.jpg

b0190242_23513020.jpg

b0190242_23521185.jpg

b0190242_23522990.jpg

 男体山頂上手前の表筑波は、つい先日まで雪が残っていた形跡があり、太陽に照らされて雪がとけて、山道はかなりぬかるんでいました。白砂さんが先に行ってロープを張ってくれ、そのロープ伝いに斜面を登って行きました。雪が凍結して滑るのではなく、泥のぬかるみで滑ってしまう山道でした。若い山女子の方も滑ってズボンを泥だらけにしていました。041.gif
b0190242_2353689.jpg

b0190242_23533960.jpg

b0190242_23535934.jpg

 そして、男体山本殿手前の表筑波頂上へ着きました。眼下には関東平野の田園地帯、春霞の中にかすかに東京スカイツリーも見えました。このときにはもう富士山も見えなくなっていました。ここで本日、何回目になったか白砂ガイドの筑波山の解説があり、『万葉集』では富士山の歌は13首詠まれているのに対して、筑波山は倍近い25首詠まれているそうです。筑波山は一番標高が低いにもかかわらず、日本一標高の高い富士山と並んぶほど美しく、日本百名山のひとつに挙げられ、昔から人気もあったようです。歌に出てくる「つくばね」とは、「筑波嶺」であり、まさに筑波山のことです。
018.gif
b0190242_23545498.jpg

b0190242_23552779.jpg

b0190242_23561872.jpg

To be continued.
筑波山登山はまだまだ続きます。

b0190242_2357242.jpg

b0190242_23573316.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_23591100.jpg

b0190242_23594558.jpg

b0190242_001943.jpg

b0190242_01584.jpg

b0190242_012771.jpg

b0190242_02070.jpg

b0190242_023129.jpg

b0190242_03480.jpg

018.gif038.gif024.gif016.gif056.gif058.gif070.gif032.gif

by ryott-ryott | 2011-03-07 00:09 | 筑波山