<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

いい歳、りょうちゃんの緊急・東京優駿レポート(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_0525542.jpg

 先週、浦安湯屋&なんでもトライアスロンメンバーと大井町のアレグロピアットでのみそぎの会の模様を報告しましたが、いつも10回前後のアクセス数が100回を超えました。いつも1週間を通して100回のアクセスに到達しない、このブログとしては考えられない数字です。やはり女傑・石楠花少女の写真を載せた効果でしょうか。それとも浦安湯屋メンバーの方がひとりで何回もアクセスしていただいたのでしょうか。そして、このブログもはじめてから2年が経ち、3年目に入ります。最初の記事は第76回日本ダービーの予想記事でした。今年もその日本ダービーが近づいてきました。今年も私なりの予測を書くことにします。018.gif004.gif
b0190242_0543692.jpg

 重賞レースにはグレードという格付けがあります。日本ダービーのグレードはウオッカが勝った2007年にGIからJpn Iへ変更になりました。それから3年間、Jpn Iの格付けのもとで行われた日本ダービーの勝ち馬は、まずは半世紀の空白を埋めて勝った牝馬ウオッカ、2年目はNHKマイルカップを勝ったディープスカイ、3年目は皐月賞を1番人気に支持されながら14着に負けたロジユニヴァースでした。1年目と2年目は皐月賞を出たこともない馬が勝ち、3年目は皐月賞を大敗した馬が勝ちました。つまり皐月賞に実績を残せなかった馬がJpn Iの日本ダービーを勝ち続けたことになります。018.gif
b0190242_054574.jpg

 それでは昨年再びGIの格付けされ、(国際)レースに区分された日本ダービーではどうだったでしょうか。皐月賞3着のエイシンフラッシュが勝ち、2着は最後の(混合)レースである朝日杯FSを勝ったローズキングダム、ローズキングダムの同枠には皐月賞を勝ったヴィクトワールピサが入り、3着でした。004.gif
b0190242_056207.jpg

 しかし、今年の日本ダービーには朝日杯FSを勝ってNHKマイルカップを勝ったグランプリボスも、皐月賞3着馬ダノンバラードも出走して来ませんでした。Jpn Iが皐月賞に実績を残さなかった馬が勝ち続け、昨年は2着の同枠に皐月賞馬がいたことを考えると、今年の3枠を無視するわけにはいかないでしょう。
004.gif
b0190242_0551698.jpg

 先週行われたオークスでは日本ダービーとは逆に、JpnI時代は桜花賞馬が勝ち続け、昨年は前代未聞の1着同着でした。そして今年のGIオークスは桜花賞馬は4着に敗退していることを見ると、今年の日本ダービーではやはり皐月賞馬オルフェーブルが勝っても仕方ないでしょう。配当的にはまったく面白くありませんが私の今年のダービー馬はオルフェーブルにします。馬番⑤オルフェーブルの単勝を買います。004.gif
b0190242_056594.jpg

 さて2着さがしですが、GIの日本ダービーで皐月賞馬が2冠を獲ったケースは最近では第70回のネオユニヴァース、第72回のディープインパクト、第73回のメイショウサムソンで、そのときの2着馬はGⅡの青葉賞か京都新聞杯を勝っている馬です。①と⑥は買うべきでしょう。そして第72回と第73回の3着馬は皐月賞2着馬です。⑥は第72回の2着馬インティライミにそっくりの戦績です。004.gif
b0190242_0573657.jpg

第78回日本ダービーのまとめです。004.gif
単勝⑤オルフェーブル
馬番①-⑤、⑤-⑥
馬単⑤-①、⑤-⑥
3連単⑤-①-②、⑤-⑥-②

038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_0581165.jpg


(第72回日本ダービー ディープインパクト)


第(73回日本ダービー メイショウサムソン)


(第74回日本ダービー ウオッカ)


第(75回日本ダービー ディープスカイ)


(第76回日本ダービー ロジユニヴァース)


(第77回日本ダービー エイシンフラッシュ)


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されてまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_7164599.jpg

 
 安政4年(1857年)5月26日、この日幕府はアメリカの下田領事館ハリスとの間に、第二下田条約を結び、和親条約の一部を改正しました。

   かごでいくのはお吉じゃないか
   下田港の春の雨
   泣けば椿の花が散る・・・・・

 世にいう“唐人お吉”は、実はこの条約の交渉中に起こってきたものです。交渉の途中でハリスから、身のまわりの世話をする女を出せと、要求されたからです。つまり“おめかけさん”の提供です。
 奉行所は、普通の家の娘さんでは親が承知しないだろうと、芸妓のなかから選考することにし、無理矢理お吉に承諾させました。

 お吉は下田の船大工の娘として生まれ、7歳のとき下田の芸妓置屋に養女として出されていました。
 ここで遊芸の道を仕込まれ、14歳で芸妓になりましたが、唄が上手で“新内明烏のお吉”ともいわれ、気っぷもよく評判の芸妓だったといわれます。
 それだけに、異人さんのおめかけ“洋妾”(ラシャメン)になったことは、下田だけでなく、江戸でも話題になりました。だれいうとなく“唐人お吉”の名前がつけられました。

 お吉は安政6年(1859年)5月に、下田の領事館閉鎖とともに横浜に移り、ラシャメンもやめて、女髪結として明治4年(1871年)に、故郷下田にもどってきました。
 しかし、世間の風は冷たく、彼女も恋人鶴松と別れ、深酒に浸り、職も転々として、晩年は中風で倒れ、明治23年(1890年)3月27日、稲生沢河畔に身を投じて死にました。享年50歳でした。
 
この薄幸なお吉の墓は下田の宝福寺にあり、訪れる観光客のたむける香華が絶えないそうです。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_7172455.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_7185164.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_10131.jpg

 今日は大井町湯屋仲間の吉田夫妻のお誘いで、般若さんも一緒に大井町にある魚菜料理店「由良(ゆうら)」へ連れて行ってもらいました。吉田さんは夫婦ともに毎年大きなトライアスロンレースに参加しているアスリートで、奥様は私たちを富士登山に誘った張本人です。またハニー羽入さんとも親交があり、私が先週、ハニー羽入さんが何度もよしこさんにキスしようとしていたことを話したら、「エロハニー」と言って大笑いしていました。037.gif
b0190242_11638.jpg

 今年もアミューズトラベルのツアーで8月最終週の土日に富士登山が予定されているお話をしたところ、吉田さんの奥さまも是非行ってみたいと前向きに検討したいそうです。旦那さんは「行きたくない。」とおっしゃっていました。また湯浅さんからは何の返事もありません。やはり社交辞令だったのでしょうか。037.gif
b0190242_114432.jpg

 お刺身。
b0190242_115540.jpg

 牡蠣。
b0190242_121315.jpg

 ゆば。
b0190242_123135.jpg

 きんきの唐揚げ。
b0190242_132716.jpg
b0190242_134318.jpg

 茄子。
b0190242_144999.jpg

 えびしんじょう。
b0190242_145966.jpg
b0190242_7272578.jpg

 鰹のたたき。
b0190242_728659.jpg

 豚しゃぶ。
 
b0190242_1385243.jpg
 
 
b0190242_1421353.jpg

 
b0190242_1424635.jpg

炊き込みご飯。

b0190242_1411074.jpg

 これだけの品数が出て、ひとり3500円です。飲み物は別です。ふらっと店に行ったのではほとんど入ることはできないそうです。予約を入れた方がよいそうです。
038.gif
b0190242_143995.jpg


b0190242_7195728.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_7201845.jpg

by ryott-ryott | 2011-05-29 01:46 | 日本ダービー | Comments(20)

映画「阪急電車」は気持ちのいい涙が流せる映画です(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_2271534.jpg

映画「阪急電車―片道15分の奇跡―」を見ました。とてもいい映画でした。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_2273630.jpg

 最近は「心が折れる。」という言葉がよく使われています。私も使います。おそらくは「心が挫(くじ)ける。」というのが日本語としては正しいのでしょう。そして「悩み」という言葉があります。これは「心が萎えた状態」です。苦しいことが続いている状態です。心が痛手を負っていると言ってもいいかもしれません。
b0190242_2275513.jpg

 この映画の中の登場人物は、多かれ少なかれ「心の痛手」を負っています。
b0190242_2281480.jpg

 自分の会社の後輩に、婚約者の彼を寝とられて、子どもまでつくられてしまい、婚約者から別れを告げられるOL(中谷美紀)。

b0190242_2283122.jpg
b0190242_2293863.jpg

 ルックスは抜群のイケメンで、一緒に歩いているだけで周囲から注目されるような彼氏と付き合っている女子大生ミサ(戸田恵梨香)、しかしそんな彼が自慢だったミサは、彼からのDVに悩まされます。
b0190242_2291719.jpg
b0190242_22122087.jpg

 また息子のセレブ気取りのPTA仲間との付き合いに翻弄され嫌気がさしているが自分から言い出せないでいる主婦(南果歩)。
b0190242_2210413.jpg

 大学受験を控え、学校の教師から今のままでは志望校は難しいと言われ、自暴自棄になっている女子高生(有村架純)。
 都会の大学に入学したものの、周囲のオシャレな友人に馴染めないでいる女子大生(谷村美月)。

b0190242_22111173.jpg

 いつも仲間外れにされて哀しい思いをしている小学生(高須瑠香)。
b0190242_22112911.jpg

 そんな人たちを乗せて走る阪急電車。その阪急電車の中での出会いによって、痛手を負って萎えた心が癒され、そして強くなっていく姿が描かれています。
b0190242_2214016.jpg

 この映画では、心を癒すためのやさしい思いやりを教えてくれています。
「岳」もいい映画でしたが、「阪急電車」は気持ちのいい涙を流せる映画でした。

038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_22141496.jpg
b0190242_22142669.jpg


(映画「阪急電車―片道15分の奇跡―」予告編)
b0190242_2216650.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されてまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_22163219.jpg

 
 詩人竹内浩三といっても、その名前や作品を知っている人は少ないでしょう。
 彼は大正10年(1921年)、伊勢市に生まれ、宇治山田中学在学中、宮沢賢治の詩に魅かれ、詩作の道に入りました。昭和17年(1942年)9月、日大芸術科を繰り上げ卒業となり、茨城県筑波山麓の落下傘部隊に入隊しました。

 その後比島作戦に従軍し、昭和20年(1945年)4月、壮烈な戦死を遂げました。陸軍兵長、23歳でした。昭和30年(1955年)、姉や同級生の手によって遺稿集『愚の旗』が出されました。私家版のわずか200冊の少部数にしかすぎませんでしたが、収められた作品『骨のうたう』が注目されました。

 詩人の桑島玄三は、彼の筑波時代の記録『筑波日記』をもとに、『純白の花負いて――詩人竹内浩三の“筑波日記”』(理論社)を出しました。そして昭和55年(1980年)5月25日には、彼の故郷、竹内家の墓地のある朝熊山上に、遺族や旧友たちの手によって、彼の詩碑が建立されたのです。

 アア 戦死ヤアワレ
 兵隊ノ死スルヤアワレ
 コラエキレナイサビシサヤ
 国ノタメ 大君ノタメ
 死ンデシマウヤ ソノ心ヤ

 『骨のうたう』の最後の一節が刻まれています。
 昭和57年(1982年)8月には、神戸女子大教授足立巻一の『戦死ヤアワレ――無名戦士の記録』(新潮社)が出され、さらに同年8月には、NHKが湯浅譲二の音楽で、ドキュメンタリー『戦死ヤアワレ』を放送して話題を呼びました。『君死にたまうことなかれ』につぐ反戦詩です。「戦死ヤアワレ」ですが、「戦争ハモットアワレ」です。
 
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_2218398.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_22184450.jpg

 前回、東京近郊で見ることができる夕日スポットの紹介をしました。今週は火曜日と水曜日だけが貴重な晴れ間が覗くようです。今日火曜日は朝からかなりの雨足でしたが、午後にはあがり、陽射しが差すようになりました。057.gif058.gif
b0190242_22201767.jpg

 雨が降った後の晴れ間は空気中の塵が流されて、空気が澄むことはご存知でしょう。またまた勤め帰りに夕日を見に行きました。今日は東急目黒線の「多摩川駅」まで行き、丸子橋から夕景を撮影しました。061.gif
b0190242_22204939.jpg

 私の職場からはまず都営有楽町線に乗って月島から有楽町へ行き、そこから都営三田線に乗り換えて、日比谷から多摩川に向かいました。所要時間40分。徒歩を入れて職場から丸子橋まで58分でした。
b0190242_22211274.jpg

 西の空にはかなりの雲の量で山の稜線に沈みゆく太陽は見ることができませんでしたが、日没とともに空と多摩川が赤く染まり、きれいな夕焼けを見ることができました。私に限らず、何人もの方がカメラを片手に丸子橋からの夕景を撮りに来ていました。

058.gif038.gif
b0190242_22215078.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_22232819.jpg


b0190242_22235114.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_22241157.jpg

b0190242_22243892.jpg

b0190242_2224589.jpg

b0190242_22251853.jpg

b0190242_22281781.jpg

b0190242_2228425.jpg

b0190242_222911.jpg

058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif

by ryott-ryott | 2011-05-25 22:33 | movie | Comments(0)

いい歳、りょうちゃんの東京夕日レポート(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_13373623.jpg

 今週は日曜日から晴れ間の少ない1週間になりそうですが、先週は気温も高く、おおむね晴天の1週間でありました。金曜日に久しぶりに勤め帰りに葛西臨海公園まで行き、夕日の写真を撮って来ました。058.gif
058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif
b0190242_13381417.jpg

 また5月のGW最終日は東京タワーからの夕景、その翌日9日は勤め帰りに豊洲での夕景を撮影して来ました。5月20日の葛西臨海公園も含めて、東京夕陽スポットをまとめてレポートします。058.gif038.gif
b0190242_13383699.jpg

 5月8日(日)は神楽坂に高校のときの担任の先生の回顧展を見に行ったことはすでに報告しました。その帰りに東京タワーへ行き、夕方、展望台から夕景を見てきました。東京タワーはJR浜松町駅から増上寺の方へ向かって徒歩で20分程度でしょうか。夕日を見に行くことは、その日の15時くらいの空を見て決めます。朝に雲ひとつない晴天でも、夕方ににわかに掻き曇り、夕陽が見えないことは何度も経験しています。また「あきらめないことも大切」で、この曇り空では夕陽が見ることはできないだろうと思っていても、日の入り直前に雲が切れて、夕陽が見れることもあります。基本的に「あきらめは禁物」なのです。018.gif
b0190242_13431174.jpg

2011年5月8日東京タワー特別展望台(250 m)から撮影。058.gif
b0190242_1341646.jpg
b0190242_13414187.jpg

b0190242_13424479.jpg

 太陽が沈む位置は当然ながら、季節によって移動します。東京タワーや六本木ヒルズのスカイデッキから見る夕陽はほぼ季節に寄らず、見ることができます。六本木ヒルズではカバンなどはロッカーに入れて、必要最小限のものしかスカイデッキに持ち込めません。三脚ももちろん持ち込むことはできません。しかしながら東京タワーと六本木ヒルズスカイデッキの高見から見た夕陽はいずれも同じ風景だというのが私の感想です。018.gif
b0190242_13443668.jpg

 2010年12月4日六本木ヒルズスカイデッキから撮影。058.gif
b0190242_1345710.jpg
b0190242_13452361.jpg

 夕陽を見るには、空が大きく見える位置、地平線や水平線を見下ろす位置でなく、ほぼ同じくらいの高さでみることが綺麗な夕陽を見るポイントです。東京近郊で勤め帰りにすぐに見に行くことができるスポットは、豊洲、お台場海浜公園、葛西臨海公園の3つでしょう。季節によっても違います。これから夏至に向かって太陽の沈む位置は北側へ寄って来ます。5月9日は豊洲に行きました。豊洲駅から徒歩で約10分、ららぽーと豊洲の中庭の広場から真正面に晴海大橋、その向こうにレインボーブリッジが見えます。その中庭から晴海トリトンと晴海ビュータワーの間に、ビルの中に沈む夕陽を見ることができますが、ビルの高さがあるため、夕陽として撮るには太陽が明るすぎます。豊洲の場合は太陽の沈む位置が南側へ寄る冬に撮影すれば、きれいな夕陽を撮ることができると思います。冬に豊洲からレインボーブリッジの方に沈む夕陽をそのうち撮りに行きたいと思います。018.gif
b0190242_1346927.jpg

2011年5月9日豊洲・ららぽーと豊洲の中庭広場から撮影。058.gif
b0190242_13463096.jpg

 これからの季節で夕陽がきれいの撮ることができるのは、お台場海浜公園の方ではないでしょうか。お台場海浜公園は豊洲とは逆に南側にビルがあるので、太陽が北側に寄る5月以降、夏至を通過して8月くらいまではビルの合間に沈みゆく太陽を見ることができます。
b0190242_13483225.jpg

 2010年5月17日お台場海浜公園から撮影。058.gif
b0190242_13494890.jpg

b0190242_13501332.jpg

 2010年7月20日お台場海浜公園から撮影。058.gif
b0190242_13503981.jpg
b0190242_13505443.jpg

b0190242_1351859.jpg

 


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されてまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_13532991.jpg

 
 福井の永平寺は、曹洞宗の大本山です。ここでは毎年5月23日から6月12日まで「眼蔵会」が開かれます。開祖道元禅師の書かれた『正法眼蔵』(しょうほうげんぞう)を講讃する法会です。
 
 開祖道元は正治2年(1200年)4月2日に生まれました。道元の父は、内大臣久我通親(くがみちちか)、母は関白藤原基房(もとふさ)の娘です。道元3歳のとき父を、8歳のときに母を失いました。この母の死が、幼な心にも出家を決意させたのでしょう。道元はこう述べています。「即ち高雄寺にて香烟の上るのを見て、生滅無常を悟り、それより発心す。」(『伝承録』)

 両親を失った道元は、13歳のとき伯父の養家先を出、比叡山にいた良顕法眼のもとに走り、その世話で般若谷の千光房に入山します。臨済宗の開祖になった栄西禅師の指導を受けましたが、道元は天台教学にあきたりず、24歳の春、仲間数人とともに中国に渡ります。
 中国では長翁山の如浄禅師について、臨済宗の本義を学びます。やがて日本に帰り、有名な『正法眼蔵』を書き上げ、“禅”の修行に励みます。

 「仏道をならうというは、自己をならうなり。自己をならうというは、自己をわするるなり。自己をわするるというは、万法に証せらるるなり。万法に証せらるるというは、自己の身心および他己の身心をして脱落せしむるなり・・・・・」(『正法眼蔵』より)
“身心脱落”それが禅であり、その修業が座禅です。“只管打坐”(しかんたざ)ともいいます。

 道元は率先垂範“只管打坐”に徹し、建長5年(1253年)8月28日、53歳で遷化しました。仏性伝東国師、承陽大師号を下賜されました。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1353488.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_13541166.jpg

 東京近郊から勤め帰りに日没前に間に合うように見に行くことはなかなか難しいですが、休日に少しだけ足を伸ばしていくことができる場所としては千葉県では幕張海浜公園、稲毛海岸、神奈川県では多摩川だと思います。
 このブログの中でも紹介しましたが、12月31日のその年最後の日没を稲毛海岸に見に行きました。東京湾に沈む夕陽を見ることができます。
058.gif
 2010年12月31日稲毛海岸から撮影。
b0190242_13543829.jpg

 多摩川の土手を大師大橋から川崎方面に向かって歩いて行くと、多摩川越しに川崎の街の中に沈む夕陽を見ることができます。ただし送電線がたくさん張りめぐらされているので、送電に太陽がかからない場所を探すことがネックになります。018.gif
 2010年5月16日多摩川土手から撮影。
b0190242_13564190.jpg
b0190242_1357233.jpg

b0190242_13572149.jpg
b0190242_13573510.jpg

 2010年8月22日逗子・立石海岸から撮影。058.gif
b0190242_13582119.jpg
b0190242_1358321.jpg

 2011年1月30日鎌倉・七里ヶ浜から撮影。
058.gif
b0190242_13585179.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_13592830.jpg

 そして、季節にあまり影響されずに見ることができるのが葛西臨海公園でしょう。当然ですが季節により太陽の沈む位置は南北に移動しますが、その季節ごとの沈みゆく太陽を見ることができます。058.gif
 2009年12月8日葛西臨海公園から撮影。
b0190242_1401477.jpg
b0190242_1402825.jpg

 2010年12月5日葛西臨海公園から撮影。
058.gif
b0190242_141421.jpg

 この時は雲が多くて撮影できるかどうかわかりませんでしたが、その雲があったおかげで燃えるような夕陽が撮れました。058.gif
b0190242_1413052.jpg
b0190242_1415277.jpg

 2011年2月22日葛西臨海公園から撮影。058.gif
b0190242_1422592.jpg
b0190242_1423818.jpg
b0190242_1425349.jpg

 2011年5月20日葛西臨海公園から撮影。
058.gif
b0190242_1432871.jpg

 この日は海側からでなく、観覧者側から撮りました。
b0190242_144691.jpg
 
 観覧車の向こう側に太陽がありますが、観覧車の構造物の鉄骨よりも前にあるように見ます。
b0190242_1441425.jpg

 駐車場から見た夕陽。海側だとアーチ状に見える鉄橋が太陽の右側に見えます。

b0190242_1445344.jpg
b0190242_1451697.jpg

b0190242_1453765.jpg
b0190242_1455453.jpg

b0190242_1461433.jpg


b0190242_1463684.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_1483251.jpg

b0190242_1485192.jpg

b0190242_149912.jpg
b0190242_1410196.jpg

b0190242_1493080.jpg

038.gif058.gif058.gif058.gif058.gif
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif

by ryott-ryott | 2011-05-23 14:18 | 太陽散歩 | Comments(0)

また瑞牆山へおいでよ、みそぎの会(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_14342783.jpg

 瑞牆山のおまけです。私たちのお世話をしていただいているアミューズトラベルの女性島崎三歩・倉持さんがハイポスポーツカタログでモデルをやっています。そのカタログが先日、家に届けられました。倉持さんによるとモデルをしたからと言って、その服をハイポスポーツから貰えるわけではないそうです。大井町湯屋の人気インストラクターも同じことを言っていました。018.gif
b0190242_14344761.jpg

038.gif038.gif038.gif
b0190242_1435695.jpg

038.gif038.gif038.gif
b0190242_14351986.jpg

038.gif038.gif038.gif
b0190242_14353264.jpg

 そして、倉持さんがキナバル山へ海外出張している間ではありましたが、浦安湯屋&なんでもトライアスロンの山行き仲間と大井町にあるイタリアンの名店『アレグロピアット』へ行きました。
あやちゃん、あやや、すみちゃん、三浦さん、あきちゃん、ハニー羽入さん、はせやん長谷川さん、森ちゃん森田さん、大井町の母のよしこさん、そしていい歳、わたくしの10名が集まりました。
024.gif
b0190242_14355623.jpg

 あきちゃんと羽入さんは昼間は浦安湯屋へ行き、大暴れアクアをやって来たとのこと。あきちゃんの大きな体で、そばにいた老女数人が溺死寸前だったようです。羽入さんは浦安湯屋のアクアはきつくて足がパンパンになったとおっしゃっていました。私も所用がなければ一緒に参加して、プールの水を全てかき出したかったです。041.gif
b0190242_14365264.jpg

 はせやん長谷川さんは16年ぶりに大井町へ来たそうです。阪急百貨店や裏の道がきれいになっており、16年前の大井町とは随分と変わっていることに驚かれていました。私も覚えていますが、阪急百貨店1階のJRの線路に面した側からもビルに中に入っていける出入口があり、その出入り口周辺にホットドッグなどを販売している“こきたない”店や花屋さんがありました。今では線路側の出入口はなく、コンビニやスパゲッティーのお店が並んでいます。また夏目雅子の「時代屋の女房」で有名になった三又はあまり変わっていないことにも驚かれていました。018.gif
b0190242_14424336.jpg
b0190242_14431112.jpg

  ホタルイカのトマトソース煮
b0190242_14434911.jpg

 鶏肉のサラダ
b0190242_1444239.jpg

 ピザ
b0190242_14441668.jpg

 ペンネ

b0190242_14443490.jpg



(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されてまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_14453827.jpg

 
 不朽不滅の名探偵といわれる“シャーロック・ホームズ”を創ったイギリスの作家コナン・ドイルは、1859年5月22日、スコットランドのエジンバラで生まれました。
 推理小説を愛好されている方なら、彼の『赤毛連盟』『まだらの紐』『ボヘミア王国の醜聞』など、いくつかの作品は既に読まれたことと思います。ロンドンを舞台に繰り広げられる、ホームズの痛快無比な活躍、とくに科学的に真相を解明していく説得力、手法には、ただただ感心させられるばかりです。

 彼は出身が医者であり、開業するまで船医として多く見聞したことが、小説の構想をより面白くさせているのではないでしょうか。エジンバラ大学医学部在学中の主任教授ジョセフ・ベルに大きな影響を受け、ホームズの人間像は、この人がモデルといわれています。

 また、この物語の語り手として登場するジョン・H・ワトソンは、彼の友人ポーツマス文芸科学協会の指導者ジェームス・ワトソン博士であることも、よく知られています。
 とにかく、コナン・ドイルが死んで50余年過ぎた今でも世界各国の人々に愛読され、麺探偵”シャーロック・ホームズ”は生きています。ロンドンには、”シャーロック・ホームズ”という有名なパブがあります。これはロンドン市民より、観光客用につくられた楽しい店です。2階には資料室もあり、各国のファンが集まって談笑しています。

 ”シャーロック・ホームズ”は、本来小説の主人公にしかすぎませんが、ロンドンでは、まるで実在の人物であったかのように、れっきとした彼の伝記まで出版されているのには驚かされます。イギリス人らしいユーモアかもしれません。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_14461457.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_1447199.jpg

 ボンゴレビアンゴ
b0190242_14472444.jpg

 ラザニア、アレグロピアットで一番おいしい一品だと思います。
b0190242_14474650.jpg

 もうひとつ、忘れてはいけない美味しいメニューがありました。前沢牛のリゾットです。

b0190242_14475827.jpg

 前回、アレグロピアットではかなり大騒ぎをした反省からか、会は静かな始まりとなり、まるで禊(みそぎ)の会のようでした。037.gif
b0190242_1449931.jpg

 しかし、静かな飲み始めも、運ばれてくる料理とすすむワインで静寂は徐々に破られていき、結局最後は大騒ぎになりました。これが普通です。041.gif
b0190242_14493187.jpg

 森ちゃんも長谷川さんも20歳を越えたお子さんがいるそうです。お二人ともついこの間、学校を出たばかりの若手に見えました。森ちゃんは広島県のご出身で、広島には「酒栓」と言って、お酒が出てくる蛇口がある町があるそうです。ぜひ行ってみたいと思います。038.gif
b0190242_1450084.jpg
b0190242_1450273.jpg

b0190242_1450477.jpg

 またあきちゃんが私よりも年下であることにも驚きました。あきちゃんは大先輩だと思っていました。体格は大先輩です。ハニー羽入さんは予想通りです。しかし、一般の定年退職したおじさんに比べれば相当に若く、今年の2月にニュージーランドのアイアンマンレースに参加されました。ニュージーランドは一日のうちに春夏秋冬の四季があり、ワインも水替わりに飲んでおり、将来はニュージーランドに永住したいとおっしゃっていました。その羽入さんは何度もよしこさんの唇を奪おうとトライされていました。

041.gif038.gif037.gif
b0190242_145128100.jpg
b0190242_14515190.jpg

b0190242_14521138.jpg

 そして、乙女3人組。最年少24歳のあやや、昭和の石楠花少女あやちゃん、うさぎ年生まれのすみちゃん、果たして昭和何年のうさぎ年でしょうか。あややは髪型をチェンジ。今日はだいぶお酒をセーブして飲まれていましたね。セーブしていないのは昭和の石楠花少女。ブログに写真を載せたら「しばく」とおっしゃっていましたが、あやちゃんの写真を載せると不思議とアクセス数が増えています。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_14523321.jpg
b0190242_14531811.jpg
b0190242_14543914.jpg
b0190242_14551891.jpg

b0190242_14553214.jpg

 問題の一枚、「石楠花と少女」、また載せてしまいました。037.gif
b0190242_14554680.jpg

 豪快にワインを飲み干す「石楠花少女」。女傑。038.gif038.gif038.gif
b0190242_14561865.jpg

 目がもっと飲ませろと言っています。041.gif041.gif041.gif
b0190242_14563073.jpg

 あの太陽が、この世界を照らし続けるように。YouTube上から動画がなくなってしまいました。
041.gif037.gif041.gif037.gif041.gif
b0190242_1457337.jpg

 静かな乾杯で始まった「みそぎの会」は、最後は大騒ぎ。お隣の席の方、私たちの騒ぎ声に耐えながらお食事をしていました。040.gif
b0190242_1457329.jpg
b0190242_14575548.jpg

 最後は店の前で記念撮影。山頂での記念撮影と同じです。「日光白根山」「北岳・間ノ岳」「富士登山」で再会を誓い、皆さんと涙でお別れしました。私は「富士登山」は長考中です。037.gif
b0190242_14581299.jpg

 「石楠花少女」のあやちゃん、あきちゃん、羽入さんを大井町駅改札で見送った後、大変に珍しい方にお会いしました。大井町湯屋でよしこさんや私の食生活・生活習慣について厳しく指導してくれていた臼井さんに偶然お会いしました。臼井さんはお仕事を終えて、これから帰宅するとのことでした。臼井さんに山友の皆さんと「みそぎの会」をやってきたことをお話しすると、臼井さんも山に行きたいとおっしゃっていました。臼井さんが大井町湯屋を去った後、よしこさんも私も好き勝手に暴飲暴食を続けており、多分今日の食事の内容を臼井さんに話したら、駅の改札で叱られていたと思います。
037.gif
b0190242_14583178.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_14585449.jpg

 すみちゃんにもらった「瑞牆山」山頂での記念撮影写真。
b0190242_1459328.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_14593787.jpg

b0190242_14595588.jpg

b0190242_1501538.jpg

b0190242_1504824.jpg

b0190242_1511437.jpg

b0190242_151476.jpg

b0190242_152096.jpg

b0190242_1521962.jpg

b0190242_1524270.jpg

b0190242_15365.jpg

b0190242_1533482.jpg

b0190242_1534557.jpg

b0190242_154675.jpg

038.gif041.gif060.gif024.gif016.gif058.gif037.gif056.gif

by ryott-ryott | 2011-05-22 15:13 | また瑞牆山へおいでよ | Comments(0)

いい歳、りょうちゃん、上野を歩く(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_1056860.jpg

 最近は山へ行くことが多く、山女子ブログのようになっています。大井町湯屋仲間で、山岳部出身のてらりんさんから「そんな体でよく山に登れるね!」と厳しい指摘をされました。てらりんさんの学生時代のお仲間は、今や体が重くなり、もう山登りをされている方はひとりもいないそうです。私のように46歳になってから山登りを始めたなんて、とても珍しいケースだとおっしゃっていました。46歳でも山登りを始めた大井町湯屋の中では最年少の末っ子なんですが。037.gif
b0190242_1432252.jpg

 確かに瑞牆山の急な岩場の斜面を登っていて、息が切れて、「体重を落とさなければいけないなぁ。」と感じました。年齢を重ねるに従い、髪の毛の量と記憶力はどんどんと落ちて行きますが、体重は落ちません。浦安湯屋の方たちのように1日5本のエアロビクスをやらないとなかなか追いつかないような気がします。037.gif
ただ私の場合は山登りは二の次で、写真を撮りに行くことが第一目標であり、写真を撮りに行く場所の一つが「山」であることもあるということです。だから体重も自然のままにまかせましょう。なかなか減量できていない言い訳でもありますが。
041.gif
b0190242_1434611.jpg

 今後の予定ですが、6月4日はじゃんけんぽんチームと山でなく海に行きます。地曳網漁に参加し、地曳網の中で大暴れをする巨大魚と格闘する人々の姿を写してきます。038.gif
その翌週は福島県の浪江町で知り合った方が現在、郡山・猪苗代へ避難しており、会いに行くそのついでに百名山・安達太良山へ行ってきます。038.gif
 そして6月18日(土)はアミューズトラベルの浦安湯屋手配ツアーで百名山「日光白根山」へ行きます。その翌日は焼酎試飲会、その翌週は大学の同窓会・ゲンダマ会と毎週どこかへ出かけます。7月の利尻岳と8月の北岳・間ノ岳、10月のアミューズの九州3座を含めると、無事に登れたとして、百名山を8座くらい登ることになります。たくさんのいい景色を写真に撮って来たいと思っています。

038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_1435780.jpg
b0190242_144988.jpg

b0190242_1442626.jpg


(中島美嘉/Dear)


(映画「八日目の蝉」予告編)

Dear (作詞・作曲・編曲:杉山勝彦、歌:中島美嘉)060.gif

どうして私がこんな思いをするの
あなたにぶつけた すごく寂しかったから

それでも私が風邪を引いた夜には
朝日が昇るまでそばにいてくれたね

愛することを教えてくれたのは
あの日のあなたでした

あなたに名前を呼んでほしくて
はじめて声を上げ泣いたよ
あなたにもらった全てのものが
愛だと気づいたから

手と手繋いであなたと歩いた道
二人の笑顔がふいに浮かんで消える

夕日に染まる空 凪いだ海の水面も
あなたの隣ならもっと綺麗なのにね

全てのものを照らしてくれたのは
いつもあなたでした

ごめんね ありがとう 言えないままに
言葉はかすれ涙になる
あなたに会いたい 会って言いたい
誰より愛していると

知りたくも無い真実でさえ
時に知ってしまうけど
心の中にあなたがいれば
歩き続けていける

あなたに名前を呼んでほしくて
はじめて声を上げ泣いたよ
あなたにもらった全てのものが
愛だと気づいたから

ごめんね ありがとう 言えないままに
言葉は涙へ変わって
命がめぐってまた会う日まで
あなたがくれた愛を
永遠に抱き続ける

b0190242_1444675.jpg
b0190242_1445534.jpg

 
 会津磐梯山をのぞむ猪苗代湖畔に、世界的医学者(細菌学)として知られる野口英世博士の生家が保存されています。野口英世は、ご存知の通り、昭和3年(1928年)5月21日、黄熱病の研究のため訪れたアフリカのガーナで、その黄熱病に感染して客死しました。52歳でした。現在の日本の国力を背景にしていたら、当然ノーベル賞の栄誉に輝いたことでしょう。

 ガーナでは、戦後になっても野口への名声は消えることなく、昭和49年(1974年)には、首都アクラにガーナ大学医学部付属の「野口記念医学研究所」が設立されました。日本政府の海外協力事業団の援助によるものです。
 ガーナは発展途上国だけに、今でも生活文化のレベルは低く、それだけに、野口英世の行った時代は、さぞ大変だったろうと想像されます。
 
 戦前の野口英世は「修身」の教科書ののっていた立志伝中の偉人で、母を大切にした孝子として、理想の人間像として描かれていました。もちろんそのことは間違いありませんが、実像の野口英世は“天才と狂人は紙一重”といわれるように、借金魔、遊蕩児、結婚詐欺、出世欲の権化の一面を持っていたようです。人に迷惑をかけるのを気にしない人物でした。詳しくは、渡辺淳一著の『遠き落日』(角川書店)と題する、吉川英治文学賞を受賞された作品をお読みいただけたらわかると思います。

 北大医学部を卒業した経験を生かし、8年の歳月をかけて、医学界の大先輩の虚像と実像に鋭いメスをあてて書いた英世の伝記です。「修身」の野口英世よりは、素顔の野口英世のほうが人間的で好感が持てます。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1451260.jpg
b0190242_1453359.jpg


(コブクロ/あの太陽が、この世界を照らし続けるように。)

(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_1461186.jpg

 瑞牆山へ行った翌日、上野の国立博物館で開催されている手塚治虫のブッダ展へ出掛けました。二日連続の上野行きです。上野の駅中もいろいろなお店が入り随分ときれいになりました。
b0190242_1463716.jpg
b0190242_1465930.jpg
b0190242_1465025.jpg

 博物館の方へ歩いていると、なんと新潟の物産展をやっているではありませんか。新潟と言えば、何と言っても日本酒。普段、東京の方へは出周ることのない銘柄が置かれており、試飲もさせてもらいました。試飲をしているうちに、すっかり「ブッダ展」のことは忘れてしまい、折角、上野に来たのだから「パンダ」を見に行こうと思い、すぐ目の前の上野動物園へ入りました。037.gif
b0190242_1471536.jpg
b0190242_147298.jpg

b0190242_1474399.jpg

 上野動物園に果たして何年ぶりに来たことでしょうか。私が小学生のときに、当時の田中角栄首相が中国との国交正常化を行って、それを記念し中国から2頭のパンダ、ランランとカンカンが贈られました。小学生当時、小学校の遠足としても上野動物園にも行きましたし、休日に上野に行きパンダを見た覚えがあります。あれから40年近くの歳月が経ち、パンダ舎がガラス張りでとても立派な建物になっており、またゾウのいるところもきれいになっていました。
b0190242_1475425.jpg
b0190242_1481715.jpg

b0190242_148267.jpg
b0190242_14124975.jpg

b0190242_1413525.jpg
b0190242_14131639.jpg

 パンダはちょうどお食事中でした。オス「力力(リーリー)」とメス「真真(シンシン)」の2頭いるのですが、このパンダはどちらでしょうか。041.gif
b0190242_1483637.jpg
b0190242_1484637.jpg

b0190242_1485647.jpg
b0190242_1491727.jpg

 それから上野動物園の敷地内に確か水族館がありました。巨大なワニやカメ、アナコンダなど熱帯に生息している動物や魚がいました。その水族館は今はすでになく、不忍池のそばに両生類館として建っていました。018.gif
b0190242_1493435.jpg
b0190242_1410785.jpg

b0190242_14102373.jpg
b0190242_14103841.jpg

 パンダ舎も人気でしたが、両生類館もパンダ舎に負けないくらいの人気で、なかでもゾウガメはたくさんの人が列を作って見るのを待っていました。024.gif
b0190242_1411984.jpg
b0190242_14112179.jpg

 私の大好きなヘビたちも水につかっていました。024.gif
b0190242_14114140.jpg
b0190242_1411545.jpg

b0190242_14121560.jpg

 動物園を出た後、再び物産展で飲み食いして、日本酒を購入し時計を見るとすでに16時30分をまわっていました。「ブッダ展」は次回にし、帰宅しました。
018.gif
b0190242_14135285.jpg
b0190242_1414829.jpg
b0190242_14143049.jpg
b0190242_14145483.jpg
b0190242_14151172.jpg




(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_14153265.jpg

b0190242_14155074.jpg
b0190242_1416497.jpg

b0190242_14162280.jpg
b0190242_1416335.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_1416545.jpg

b0190242_141783.jpg

b0190242_1417396.jpg

by ryott-ryott | 2011-05-21 14:21 | 上野動物園 | Comments(0)

いい歳、りょうちゃん、瑞牆の頂から富士を見る(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_77471.jpg

今日5月14日は日本百名山のひとつ瑞牆山(みずがきやま、標高2230 m)へアミューズトラベルのツアーで行ってきました。それにしても瑞牆とは難しい字です。「瑞」は美しく生気があってみずみずしいことを意味します。「牆」は辺「爿」は長い板をしいた寝台を意味し、つくりは「嗇」に草かんむりがつくとよく知られている「薔薇」の「薔」になります。水辺に生えるたでの一種です。それが草かんむりではなく「爿」辺がつくと「へい」という意味になります。したがって、「瑞牆」とは神が宿る山・森を木で囲った「へい」といことになります。私にとっては7つ目の日本百名山登頂になります。018.gif
b0190242_21501621.jpg
b0190242_21503529.jpg

いつものように浦安湯屋メンバー以外は上野に集合。今日はいつもより30分早い6時20分集合でした。私が上野駅に到着するとすでに白砂ガイド、ハニー羽入さん、タッキー瀧本さん、あやちゃんが駅前に来ていました。よしこさんは少し遅れて到着。空は抜けるような青空で、登山日和と言ってよいでしょう。アミューズトラベルのツアーには岩櫃山を入れて5回目ですが、荒天になったことはありません。よしこさんは自分が強烈な晴れ女だからだと豪語していました。037.gif
バスの中でもいつものように倉持さんのお隣の席に座らせていただき、瑞牆山へ向かって出発進行しました。

b0190242_21504868.jpg
b0190242_21505993.jpg

先日「めざせ剣岳シリーズ」第1ステージの岩櫃山にまず参加しましたが、第2ステージの天覧山は雨で中止になってしまい、次の21日(土)は所用で参加できないため、6月5日の二子山で天覧山のトレーニングを吸収できないか、倉持さんに相談したところ、二子山は難関であり、初心者の私の参加申し込みは受理されないだろうということでした。
b0190242_21512951.jpg

 最近は登山のブログなどで二子山登山の様子を見ていますが、両側は100 mの断崖になっている岩稜があり、かなり難しそうであることは予測がついていました。また中には二子山登山に行った際に転落したと思われる70歳の男性の遺体があったとの記事を読むと、やはり二子山は難しいのかとも思いますが、最終目標の剣岳は二子山よりもはるかに難しいのだから、その前段階の二子山に挑戦させてもらえないのは釈然としないところです。しかし編笠山から赤岳縦走は申し込みを受理してもらえるようです。とりあえずは6月18日の日光白根山と吹き上げの滝、私ひとりで利尻岳へ行き、8月20日~22日までの北岳・間ノ岳へ参加することを目標にしました。

b0190242_21515538.jpg

また今年も8月最終週の土日に富士登山が計画されているそうです。湯浅さんのご主人が、社交辞令だったかもしれませんが、今年は挑戦したいとおっしゃっていたこともあり、大井町湯屋の方にも声をかけてみることにしましたが、吉田さんの旦那さんにはすぐに断れてしまいました。031.gif037.gif
b0190242_21522383.jpg

倉持さんが珍しい腕時計をしているので、それは何か尋ねると、気圧から高度を出してくれる高度計だそうです。気圧から高度を算出するのが一番精度がいいみたいです。先日、日テレの特番で笑点メンバーが富士山の不思議を紹介する富士山特集の番組が放送されていました。その中で富士山の高さをあの伊能忠敬が三角法で測った高さは約3900 mで、実際の3776 mとは約120 m以上の誤差がありましたが、シーボルトが気圧をもとに算出したところ3794 mであり、約18 mしか違っていませんでした。富士山の高さ測定の関しては気圧から計算したシーボルトの方が正確だったという話です。004.gif
b0190242_21524175.jpg

渋滞があったものの10時30分に瑞牆山荘前に到着しました。その途中、車窓から南アルプス連峰の塩見岳、北岳、間ノ岳や八ヶ岳連峰が見えました。もちろん本日の主役、独特な姿の瑞牆山も見えました。038.gif
b0190242_2153774.jpg

バスが到着して、いつものように登山前の準備体操。するとひとりが脇道の土手に転落。体操をしながら、みなさん大爆笑。041.gif
b0190242_21532648.jpg
b0190242_21533946.jpg

いよいよ登山を開始。10時41分。登山口のミズナラの林の中へ入って行きます。富士見平の山小屋のご主人が言っていましたが、秋になるとこのミズナラが紅葉して、あたり一面が黄色い絨毯のようになるそうです。秋の景色もよさそうです。056.gif
b0190242_21535486.jpg
b0190242_2154750.jpg
b0190242_21542996.jpg

ミズナラの林を抜けると、さらに本格的な登山道が続きます。11時7分。070.gif
b0190242_2155382.jpg

いまどきの山ガール、すみちゃんと最年少のあやや。松浦亜矢ではありません。037.gif
b0190242_21551712.jpg

往年の山ガール。原田さん、まりちゃん、ふうちゃん。037.gif
b0190242_21553383.jpg

木々の向こうに、これから登る瑞牆山の姿が現れました。その山容は独特で、その名の通り、神の宿った山のようです。032.gif
b0190242_21555866.jpg

富士見平に到着。11時33分。ここでお昼のお弁当を食べることになりました。
b0190242_21561753.jpg

富士見平の名の通り、うっすらと富士山が見えました。
038.gif
b0190242_21571342.jpg


(中島美嘉/Dear)


(映画「八日目の蝉」予告編)

Dear (作詞・作曲・編曲:杉山勝彦、歌:中島美嘉)060.gif

どうして私がこんな思いをするの
あなたにぶつけた すごく寂しかったから

それでも私が風邪を引いた夜には
朝日が昇るまでそばにいてくれたね

愛することを教えてくれたのは
あの日のあなたでした

あなたに名前を呼んでほしくて
はじめて声を上げ泣いたよ
あなたにもらった全てのものが
愛だと気づいたから

手と手繋いであなたと歩いた道
二人の笑顔がふいに浮かんで消える

夕日に染まる空 凪いだ海の水面も
あなたの隣ならもっと綺麗なのにね

全てのものを照らしてくれたのは
いつもあなたでした

ごめんね ありがとう 言えないままに
言葉はかすれ涙になる
あなたに会いたい 会って言いたい
誰より愛していると

知りたくも無い真実でさえ
時に知ってしまうけど
心の中にあなたがいれば
歩き続けていける

あなたに名前を呼んでほしくて
はじめて声を上げ泣いたよ
あなたにもらった全てのものが
愛だと気づいたから

ごめんね ありがとう 言えないままに
言葉は涙へ変わって
命がめぐってまた会う日まで
あなたがくれた愛を
永遠に抱き続ける

b0190242_21575290.jpg

 
維新の元勲の一人、大久保利通は、天保元年(1830年)、西郷隆盛と同じく、薩摩藩の下級武士の家に生まれました。幼名一蔵といって、西郷とは兄弟同様にの交わりをして育ちました。

二人とも藩主島津久光に重用され、西郷とともに藩論を討幕に導き、坂本竜馬の仲介で長州藩とも手を結び、薩長主力で王政復古を成し遂げました。

新政府が樹立すると、二人とも中枢に立ち、版籍奉還、廃藩置県、士族授産、殖産興業の各種施策を積極的に進めて行きました。

明治6年(1873年)、たまたま隣国の朝鮮が、「日本人は洋人と交通し、夷狄(いてき)の民と化したるを以て、自今日本人と交わるものは、死刑に処す」という厳しい排斥令を出したため、がぜん「征韓論」がふき出しました。その先鋒にかつぎ出されたのが西郷隆盛です。彼としても、職を失った不平武士たちの救済に「征韓論」はいい口実だったと思います。

しかし、40年来の友人であった大久保利通は強硬に反対しました。彼は明治4年(1871年)、岩倉遺外使節団の副使として、アメリカ・ヨーロッパを視察してきているだけに、いま戦争をすると、中国、ロシアまで相手にするようになる。それよりもいま日本として大事なことは、「富国強兵」、内部の充実が先だという主張をしました。

西郷は野に下って故郷に帰り、城山で兵を挙げましたが、朝敵にされ、結局、自刃してしまいます。

大久保は参議・内務卿として政府の中心にすわり、新時代の企画立案、政策の推進をはかりましたが、“西郷を殺した奸漢”として、明治11年(1878年)5月14日朝8時、参内する途中、紀尾井坂で6人の暴漢に襲われ、暗殺されてしまいました。政治家として西郷よりやり手だったかもしれません。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_21585615.jpg


(コブクロ/あの太陽が、この世界を照らし続けるように。)

(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_21591739.jpg

 お昼ごはんを済ませ、再び瑞牆山を目指します。12時8分。ここからは少し平坦な道が続き、山道からはっきりと瑞牆山の姿を確認することができます。ここまでの流れは連休で行った愛子岳と似ています。左側のにょっきと立っている岩は「やすり岩」と言うそうです。
b0190242_21594516.jpg
b0190242_22076.jpg

 平坦な道が終わり、沢の方へ少しく下って行きます。天鳥川に到着。12時37分。この川を渡って、休憩しました。
b0190242_2204642.jpg
b0190242_221641.jpg

 新旧の山ガールのみなさん。037.gif
b0190242_221252.jpg

 その名の通り、ぱっくりと割れている「桃太郎岩」。
b0190242_2214762.jpg
b0190242_2221547.jpg

 桃太郎岩を支えている強靭な木の枝たち。
038.gif038.gif038.gif
b0190242_2224111.jpg

 本人にはブログに載せたら「しばく」と言われましたが載せてしまいました。
題目「石楠花と少女。」モデルはあやちゃん。すみちゃんにも同じ恰好で写真を撮らせてほしいと頼みましたが、本人から拒否されました。比較されるのが嫌だったのですね。

037.gif041.gif037.gif041.gif037.gif
b0190242_2225993.jpg

そしてこれからいよいよ花崗岩のかたまりを越えて、急斜面を登っていくことになります。12時46分。瑞牆の岩の砦を眺めながら、岩嵬を越えて行きます。
b0190242_2233917.jpg
b0190242_2242971.jpg
b0190242_2251013.jpg

b0190242_2253132.jpg
b0190242_2261414.jpg

b0190242_2265817.jpg
b0190242_2272574.jpg

b0190242_2274356.jpg
b0190242_2275865.jpg

山頂付近は少し固くなった雪が残っており、そこを過ぎると山頂はすぐでした。14時16分。「桃太郎岩」のところを出発して1時間30分経過していました。すぐに記念撮影をして、しばし頂上からの風景を楽しみました。以下はかとたつさんが撮影した山頂からの動画です。動画まで貼り付けて、まるで人気の「山女子ブログ」のようです。
038.gif

(かとたつさんの動画/瑞牆山の山頂)
b0190242_228224.jpg

山頂から見下ろしたやすり岩。
b0190242_2284995.jpg

山頂からの風景。
b0190242_2291626.jpg
b0190242_2294279.jpg

b0190242_2210477.jpg
b0190242_22102092.jpg
b0190242_2210509.jpg

頂上でくつろぐ皆さん。

b0190242_2211157.jpg

b0190242_2211317.jpg
b0190242_22115421.jpg




(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_22125635.jpg

皆さん、それぞれに頂上からの眺望を楽しみ、瑞牆山の頂上とはお別れのときが来ました。14時37分下山を開始。下山途中も瑞牆山のそびえる岩嵬や、ダイヤモンド瑞牆山を撮影して下山しました。070.gif
b0190242_22134530.jpg
b0190242_2214928.jpg

b0190242_22143741.jpg
b0190242_2215763.jpg

下山開始して1時間30分で桃太郎岩まで辿り着き、天鳥川を越えて、ふたたび富士見平まで戻ります。16時11分。070.gif
b0190242_22155515.jpg
b0190242_22161979.jpg

途中、別れを惜しむように瑞牆山を何度も振り返りながら(写真を撮りながら)、富士見平まで戻って来ました。16時41分。070.gif
b0190242_22165562.jpg
b0190242_22171983.jpg

b0190242_22173982.jpg

ここで下山のストレッチをして、瑞牆山荘前の駐車場まで降りて行きました。17時30分。
b0190242_2218167.jpg
b0190242_22182235.jpg

バスで富増温泉へ向かい、18時5分に到着。しかし18時30分までの営業だというので、皆さん大あわてて温泉につかり出てきました。東の空には月が出ていました。上野までのバスの中で皆さんが持ち寄ったお酒を飲みながら帰って来ました。

b0190242_22184040.jpg
b0190242_22185690.jpg
b0190242_22191155.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_22203832.jpg

b0190242_2221888.jpg

b0190242_22213277.jpg

b0190242_22215499.jpg

b0190242_22221621.jpg

b0190242_22223359.jpg

b0190242_22225088.jpg

b0190242_22232442.jpg

b0190242_22233982.jpg

b0190242_2224990.jpg

b0190242_22244615.jpg

b0190242_22271823.jpg
037.gif
038.gif024.gif040.gif016.gif037.gif041.gif056.gif058.gif024.gif060.gif

by ryott-ryott | 2011-05-16 22:35 | また瑞牆山へおいでよ | Comments(0)

いい歳、りょうちゃん、愛子岳の正体を見た(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_1056860.jpg

 今日は5月2日(月)。明日、東京に帰ることを考えると、実質、今日が屋久島の旅最終日です。最終日はどこへ行くべきか、いろいろと考えましたが、晴天に恵まれたこともあり、当初の予定通りに『愛子岳』へ行くことにしました。058.gif
b0190242_147587.jpg

 屋久島空港を降り立ったときに、右手に見えるきれいな三角形の頂上を持つ山です。屋久島で環境のシンポジウムが開かれたときに、皇太子さまが出席されて、やはり屋久島空港から見えた愛子岳の姿を見て、「あの山の名前は何と言うのですか?」とお尋ねになったそうです。そして、愛子岳という名前であることを知り、そのあとに雅子様との間に愛子様が生まれたことを知った屋久島の人たちは愛子様の名前は屋久島の愛子岳から取ったと考えている方が多いようです。愛子様の名前は愛子岳から取ったという話を私はタクシーに乗るたびに聞かされていました。
そして、有名な「三岳」という焼酎を出している三岳酒造が「愛子」という焼酎も出しており、愛子様が生まれるや、売れ行きがよくなかった焼酎「愛子」はあっという間に売り切れてしまい、」今では予約してから10ヵ月待ちの人気なんだそうです。
018.gif
b0190242_1485492.jpg

 この日、いつものように朝ごはんと昼ごはんのおにぎり弁当をホテルのフロントで受け取りました。東の空には水平線上の雲が磨りガラスの役割を果たして、真白な朝陽のシルエットを見ることができました。058.gif
b0190242_149225.jpg

 島津さんから愛子岳は休み時間も入れて8時間くらいで登って帰って来られると聞いていたので、私は朝6時30分にタクシーでホテルを出発し、小瀬田(こせだ)にある愛子岳の登山口に向かいました。愛子様の名前は愛子岳から取ったのだという話をまた聞かされると思い、私の方から運転手さんに聞いてみました。すると運転手さんは皇族の人がこんな哀しい名前を自分の子供につけるはずがないとおっしゃっていました。愛子岳の登山口へ着くまで、愛子岳の名前の由来である「愛子岳伝説」を聞かせてもらいました。018.gif
b0190242_1494683.jpg

 小瀬田には2つの川が流れています。ひとつは「女川」、もう一つは「男川」です。そして、その間に島の集落がありました。その村には愛子と言う名前の、それは美しい女性が住んでいました。愛子は姿が美しいだけではなく、誰からも愛される優しい心の持ち主でした。大井町湯屋にはいないタイプです。
 ある日、愛子が女川のそばを通りかかると、1匹の猿が溺れかけていました。今にも川の流れの中に呑みこまれようとしている、その猿に愛子はそばに落ちていた木の枝を手を伸ばして差し出しました。猿は愛子が差し出してくれた木の枝に何とかつかまることができ、命を救ってもらいました。猿は何度も愛子にお礼を言って、山に帰って行きました。
b0190242_1501119.jpg

 翌日、愛子が家の外に出ると、家の前には山の木の実や山菜がたくさん積まれていました。昨日助けた猿がお礼に持って来てくれたのです。それだけではありませんでした。助けてもらった猿は愛子に一目ぼれをしてしまいました。それから来る日も来る日も、猿は愛子の家まで山で採った食べ物を運び、愛子に自分のところに嫁に来てほしいと迫ります。
愛子は「あなたのところへ嫁ぐことはできません。」と断りますが、それでも猿はあきらめずに毎日、愛子の家までやって来ました。今でいうストーカーです。それに愛子には結婚を約束した村の青年がいました。このままではいけないと思った愛子は、いつものようにやって来た猿に持ってきた贈り物を突き返して、031.gif
b0190242_1504189.jpg

 「私には夫婦になることを約束した人がいます。もう来ないでください。」ときっぱりと言いました。すると猿の顔は見る見るうちに赤くなり、毛は逆立ち、恐ろしい姿へと変貌して行きました。その猿は山の神の化身だったのです。山の神は愛子の腕をつかみ、連れ去ろうとします。恐ろしさの余り、泣き叫ぶ愛子。「やめてー。誰か助けてー。」山の神は愛子の体を軽々と抱え上げ、そのまま山へ連れて行ってしまいました。それ以来、愛子の姿を二度と見ることはありませんでした。031.gif
b0190242_1511753.jpg

 愛子と結婚の約束をしていた青年は愛子を失った悲しみのあまり、男川に身投げをして死んでしまいました。そして、今でも女川には愛子の波が、男川には愛子の許嫁(いいなずけ)の涙が流れていると言われています。いつしか、愛子が連れ去られた山を人々は『愛子岳』と呼びようになりました。
018.gif
b0190242_1522659.jpg

 これが愛子岳伝説です。私を愛子岳登山口まで連れて行ってくれたタクシーの運転手さんは、こんな哀しい神隠し伝説がある愛子岳の名前を、皇太子さまが自分の娘につけるはずがないと言うのです。愛子様の名前は愛子岳に愛子ではないと言うのが運転手さんの考えです。私はこの運転手さんの説を支持します。
040.gif
b0190242_153596.jpg


(中島美嘉/Dear)


(映画「八日目の蝉」予告編)

Dear (作詞・作曲・編曲:杉山勝彦、歌:中島美嘉)060.gif

どうして私がこんな思いをするの
あなたにぶつけた すごく寂しかったから

それでも私が風邪を引いた夜には
朝日が昇るまでそばにいてくれたね

愛することを教えてくれたのは
あの日のあなたでした

あなたに名前を呼んでほしくて
はじめて声を上げ泣いたよ
あなたにもらった全てのものが
愛だと気づいたから

手と手繋いであなたと歩いた道
二人の笑顔がふいに浮かんで消える

夕日に染まる空 凪いだ海の水面も
あなたの隣ならもっと綺麗なのにね

全てのものを照らしてくれたのは
いつもあなたでした

ごめんね ありがとう 言えないままに
言葉はかすれ涙になる
あなたに会いたい 会って言いたい
誰より愛していると

知りたくも無い真実でさえ
時に知ってしまうけど
心の中にあなたがいれば
歩き続けていける

あなたに名前を呼んでほしくて
はじめて声を上げ泣いたよ
あなたにもらった全てのものが
愛だと気づいたから

ごめんね ありがとう 言えないままに
言葉は涙へ変わって
命がめぐってまた会う日まで
あなたがくれた愛を
永遠に抱き続ける

b0190242_1535028.jpg

 
パリのルーブル美術館へ行くと日本人観光客で賑わう場所があります。ひとつはミロの「ビーナス」像、もう一つはレオナルド・ダ・ビンチの「モナ・リザ」の絵です。
この二つの作品は、戦後日仏文化交流運動の行事として、別々に日本にやってきました。会場の東京国立博物館の混雑はものずごく、多くの怪我人がでる騒ぎも起きました。

「モナ・リザ」のモナは貴婦人の意味があり、リザは女性の名前です。最近ではイエスの情婦である説がありますが、昔はダ・ビンチの友人フランチェスコ・デル・ジョコンドのリザ夫人であったといわれています。しかし、研究者たちは、この肖像画のモデルは、当時のフィレンツェの支配者ジュリアーノ・デ・メディッチの愛人フランカビラ公妃か、マントバ侯妃のイザベラ・デステのどちらかであると発表しています。

ダ・ビンチはルネッサンスを代表する画家で「モナ・リザ」、「最後の晩餐」、「受胎告知」など、すぐれた作品を残しています。驚いたことに、彼は単なる画家だけでは終わらずに、彫刻家、建築家、音楽家、詩人、哲学者、生物学者、数学者、軍事技術家としても一流の業績を残しており、多彩な顔を持っています。

彼は1452年、イタリアのフィレンツェの西、ビンチ村に生まれ、幼くして天才の名をほしいままにし、数学・物理などの学問、音楽、特に絵画に秀でていました。
青年期は主にフィレンツェやミラノの諸都市で活躍し、晩年はフランソワ1世の保護を受けて、フランスのアンボワーズのクルー館で余生を過ごし、1519年5月2日、67歳でこの世を去りました。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1541248.jpg


(コブクロ/あの太陽が、この世界を照らし続けるように。)

(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_1543192.jpg

 愛子岳伝説を聞きながら、愛子岳登山口に到着しました。愛子岳登山口にはバイクが1台置いてあり、すでに登山を始めている方がいるようです。運転手さんに15時くらい下山する予定なので、登山口に迎いに来てくれるようにお願いしました。
b0190242_155526.jpg

 運転手さんは私に、「右側の舗装された道ではなくて、左側の山道を登って行くんだよ。」と、教えてくれました。右側の道をいくら進んでも愛子岳には辿りつけないそうです。私はいつものようにストレッチをして、いよいよ愛子岳登山を開始しました。6時48分。070.gif
b0190242_1551787.jpg

 私は自分が小栗旬になったような気持ちで山道を歩きました。愛子岳登山口の標高は約200 mであり、頂上の標高1235 mまで約1000 mの標高差を登って行きます。 山頂が周囲の山々に比べると低いため、照葉樹林帯の山道が続きます。単調な登り道です。070.gif
b0190242_1553796.jpg

  山道には印となるペイントやヒモが木に巻きつけられていますが、愛子岳の山道はその目印が見つけづらい場所もあり、下りのときに2回ほど山道を外れそうになりました。
b0190242_1561816.jpg

 とにかく単調な登りが延々と続きます。標高700 mを過ぎたあたりから、山道に岩や石が多くなってきました。標高600 m地点、8時8分、標高800 m地点8時40分。そして標高900 mあたりまで登ると、向こうから下山してくる、江口洋介似の青年がいました。登山口にバイクを置いていた方です。若い江口洋介と、年を取った小栗旬とがすれ違いました。年とった小栗旬が「頂上に何人くらいいますか?」と尋ねると、若い江口洋介は「誰もいませんよ。宮之浦もよく見えるし、ひとり占めですよ。」と答え、下山して行きました。ここから標高1000 mまで結構急な山道が続きます。9時17分。登山開始をして2時間29分が経過していました。予定通りです。038.gif
b0190242_1565768.jpg

 標高1000 mを越えると、しばらく平坦な道が続きます。そして樹々の間から愛子岳の本当の姿が現れました。名前は愛子だけど、その姿は岩肌をあらわにした男のような顔をしています。じゃんけんぽんに来る女性客にこういうタイプの人が結構います。あの人です。本当にあの山を登ることができるのでしょうか。
b0190242_1572276.jpg

 ここから愛子岳の本当の登りが始まりました。急な岩場を登っていくと、長いロープが現れます。ロープを頼りに何とか登ります。038.gif
b0190242_15756100.jpg
b0190242_1583085.jpg

 中継点、さらに急峻な登り。ロープが下がっているがどこに足をかければいいのでしょうか。そしてようやく標高1200 mへ到着。10時30分。頂上の1235 mまであと少し。
b0190242_1585080.jpg
b0190242_1592870.jpg

b0190242_1594633.jpg
b0190242_20815.jpg

 しかし、ここからはロープがありません。頼りにしていたロープが途切れてしまい、岩場の石、岩、でっぱりを見つけながら、手と足をかけて登って行きました。一見、大きくて動きそうにない石も手をかけてよく確認しなければ、ゴロゴロと動きます。ここで落ちたら大袈裟と思われるかもしれませんが死んでしまうでしょう。もう写真を撮る余裕はありません。自分が小栗旬になったつもりでいることもすっかり忘れてしまっていました。037.gif
b0190242_203456.jpg
b0190242_205559.jpg

 そして、何度も心が折れそうになりながらも、ついに愛子岳の頂上に辿り着きました。10時44分。登山を開始してから3時間58分が経過していました。青い空と青い海、屋久島の山々が年をとった小栗旬を出迎えてくれました。あの若い江口洋介似の青年が言っていたように、頂上には私ひとりしかいませんでした。058.gif
b0190242_212813.jpg

 石に上にカメラを置いて、タイマーで写真を撮りました。とても疲れた顔をしています。
b0190242_215530.jpg

 頂上で持ってきたおにぎり弁当を食べて、周りの景色を写真に撮りました。
 頂上から見た宮之浦岳方面。
b0190242_222846.jpg
b0190242_225365.jpg

 頂上から見た荒川ダム方面。
b0190242_231831.jpg
b0190242_233523.jpg

 祠に無事に登ることができたお礼とこれからの下山の無事を祈ります。
b0190242_246100.jpg

 頂上にどのくらいいたでしょうか。ひとりの若者と50歳前後の夫婦が登って来ました。その若者は登山口から約2時間で頂上に着いたと話していました。私の半分の時間じゃないかと思いましたが、自分は自分のペースで行くだけです。だいぶ休憩も取ったので、そろそろ降りようと考えていましたが、この岩場の下りは登り以上に気を使います。私は何度も「もう大丈夫か!」と心の中で自問自答しました。11時30分に下山を開始。
b0190242_245873.jpg

 一歩づつ、足場を確認しながら、岩場を降りて行きました。その途中、4人の登山者とすれ違いました。私の前にひとり下山しているので、今日の愛子岳登山者数は自分を入れて9名と言うことになります。
b0190242_252262.jpg

 そのうちの3名は70歳前後のおばあさんと二人の夫婦でした。おばあさんはステッキを持っていたので、私がしまった方がいいですよと言うと、そのおばあさんは「何回も来て、慣れているから大丈夫なの。」と言って、おこられてしまいました。私も何とか一番最初のロープの位置まで戻って来ることができました。12時55分。下山を開始して1時間25分、登山を開始して6時間7分の経過。037.gif
b0190242_254788.jpg

 標高1000 mの平坦な道を進み、そして登ってきた単調な登り道を今度は下って行きます。ここまできたらほとんど降りてきたも同然と思いながら、登山道を下って行きました。
b0190242_262716.jpg

 登りのときも感じましたが愛子岳は登山道の目印が少なく、一歩間違ったら迷ってしまうことです。登山道の目印になるマーカーや紐を確認しながら進んでいきますが、樹林帯の木にピンク色のテープで数字が記載されていました。登山道の目印もピンク色の紐であったので、樹に貼り付けてある数字を登山道の目印と勘違いして、2回ほど登山道から外れそうになり、この道は見覚えがないなぁと思い、引き返すと違う方向に登山道の印がありました。こういう時は自分の記憶と勘だけが頼りです。
b0190242_27516.jpg

 結局、登山道を外れそうになったこともあり、私の後から登ってきた7人の登山者全員に追い抜かれてしまいました。一番最後の人は、私に追いついた時に私が怪我をしたのではないかと思ったそうです。その最後の人と一緒に登山口まで何事もなく戻って来ました。やはり、他の登山者の方と一緒になると安心します。15時57分。登山を開始して9時間9分。島津さんがおっしゃっていた休み時間を入れて8時間というコースタイムを約1時間オーバー。しかし、年をとった小栗旬はとても満足していました。
b0190242_273417.jpg

 登山口に着いたら、愛子岳伝説を教えてくれた運転手さんに電話をしようと思っていましたが、すでに迎えに来ていただいていました。私が朝登るときに15時くらいに降りてくると言っていたので、14時から待っていてくれたそうです。約2時間お待たせしてしまいました。

b0190242_275523.jpg

 ホテルに戻り、愛子岳踏破を祝して三岳で乾杯しました。068.gif
b0190242_284432.jpg
b0190242_29744.jpg

 これで、いい歳、りょうちゃんの屋久島の旅は終わりです。屋久島の全てを見るためには4泊5日では足りません。また屋久島に来ることを心の中で誓って、東京に戻って来ました。

b0190242_295095.jpg




(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い


さて、ハードボイルド、いい歳、りょうちゃん、次の活躍は

「いい歳、りょうちゃん、瑞牆の頂から富士を見る」お楽しみに。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_210278.jpg

b0190242_2104884.jpg

b0190242_211207.jpg

b0190242_2114095.jpg

b0190242_2115829.jpg

b0190242_2122117.jpg

by ryott-ryott | 2011-05-13 02:17 | 遠く、屋久島へ | Comments(0)

人生は挑戦、立ち向かって行きましょう。人生は義務、使い果たしましょう。(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_1056860.jpg

ゴールデンウィークは2本の映画を見ました。まずは角田光代原作の「八日目の蝉」。
b0190242_0504591.jpg

 妻のいる会社の上司、秋山を愛し、子どもを身ごもってしまった野々宮希和子(永作博美)。秋山は妻と別れると言うが、子どもを産むことは叶えられないことであった。子どもを諦めて、人工中絶手術を受けた希和子。しかし、その後遺症で二度と子どもを産めない体になってしまう。そんな中、秋山の妻が子どもを産んだことを知る。
b0190242_0512957.jpg

 どしゃぶりの雨の中、秋山は妻が運転する車で会社に出勤する。この部屋のドアは鍵がかけられていないことを希和子は知っていた。愛する人の赤ん坊をただ見るだけ、それですべてを終わりにする、そう決めていた。ベッドの上で泣く赤ん坊を抱き上げたとき、その赤ん坊は希和子に微笑みかける。その時、希和子は赤ん坊を抱えて、雨の中へと飛び出して行った。
b0190242_0515115.jpg

 希和子は赤ん坊に薫と名づけ、ここから4年間にわたる逃避行が始まった。薫を抱きながら、長かった髪をトイレの中ではさみで切り、追手に怯えながら逃亡を繰り返す。学生時代の友人を訪ね、カルト教団のエンジェルホームに身を寄せ、そしてエンジェルホームで知り合った久美(市川美和子)の実家の小豆島まで流れ着いていた。
b0190242_0521149.jpg
b0190242_052314.jpg

 希和子は、今日一日、明日一日、少しでも長く薫と一緒にいられること、それだけを思い、願っていた。小豆島でひと時の安らぎを得て、幸せな時を過ごす希和子と薫。希和子は本当の母親になっていた。成長する薫に美しいものを見せようと決意する。豊作を願う島の行事、虫送りの竹に灯した火を手に一緒に歩く希和子と薫の姿を偶然にも写した写真が、たまたま新聞の佳作に選ばれてしまう。
b0190242_0524443.jpg

 自分たちの姿が新聞に載ってしまったことに不安がよぎり、希和子は薫を連れて小豆島を出ることを決意する。しかし、捜査の手はすぐそこまで迫っていた。無情にも希和子は警察に捕らえられてしまう。希和子と引き裂かれる薫が泣き叫ぶ。希和子は警察に「その子はまだ晩ごはんを食べていません。宜しくお願いします。」と頭を下げた。薫は4歳になっていた。

b0190242_053145.jpg

 月日は流れ、かつての薫は実の親の娘、秋山恵理菜(井上真央)は21歳の大学生になっていた。4歳ではじめて実の親に会うものの、本当の親とは思えず、家族の実感のないまま、そして愛情を注いでくれた希和子のことも自分を誘拐した悪い人間として憎み、心を閉ざしたまま大人になっていた。
b0190242_05318100.jpg

 恵里奈がバイト先から帰ろうとすると、自分はライターだという千草(小池栄子)が現れて、誘拐事件のことを聞かせてほしいと恵里奈に近づいて来た。最初は相手にしなかったが、千草は何度も恵里奈の元を訪れ、ふたりは希和子の足跡を辿る取材旅行に旅立った。
b0190242_0533673.jpg
b0190242_0535141.jpg

 そして、希和子との最後の生活を過ごした小豆島に着くと、幸せだった希和子との生活が蘇る。フェリー乗り場に立つ恵里奈。そこには自分・薫を見守る希和子の姿、そして警察に連行される希和子を追い求める自分が確かにいた。実の親に反目し、希和子を憎んで生きてきたが、そこには他の誰よりも自分を愛してくれていた希和子がいたことを思い出し、涙があふれてきた。

b0190242_0541492.jpg

 この映画、原作の「八日目の蝉」というタイトル。蝉は地上に出てきてからは7日間しか生きられない。八日目まで生きたら、違う世界を見るに違いない。希和子の薫にこの世の中の美しいもの、海も空も花も星も全てを見せてあげたいという思いが、込められています。

b0190242_0542478.jpg


(中島美嘉/Dear)


(映画「八日目の蝉」予告編)

Dear (作詞・作曲・編曲:杉山勝彦、歌:中島美嘉)060.gif

どうして私がこんな思いをするの
あなたにぶつけた すごく寂しかったから

それでも私が風邪を引いた夜には
朝日が昇るまでそばにいてくれたね

愛することを教えてくれたのは
あの日のあなたでした

あなたに名前を呼んでほしくて
はじめて声を上げ泣いたよ
あなたにもらった全てのものが
愛だと気づいたから

手と手繋いであなたと歩いた道
二人の笑顔がふいに浮かんで消える

夕日に染まる空 凪いだ海の水面も
あなたの隣ならもっと綺麗なのにね

全てのものを照らしてくれたのは
いつもあなたでした

ごめんね ありがとう 言えないままに
言葉はかすれ涙になる
あなたに会いたい 会って言いたい
誰より愛していると

知りたくも無い真実でさえ
時に知ってしまうけど
心の中にあなたがいれば
歩き続けていける

あなたに名前を呼んでほしくて
はじめて声を上げ泣いたよ
あなたにもらった全てのものが
愛だと気づいたから

ごめんね ありがとう 言えないままに
言葉は涙へ変わって
命がめぐってまた会う日まで
あなたがくれた愛を
永遠に抱き続ける

b0190242_0563259.jpg

 
 5月の第二日曜日は「母の日」です。世界中の人々が“お母さんありがとう”という感謝をこめたお礼の気持ちを捧げる日です。
 どうしてこの日が世界中で「母の日」になったのか、それはごく簡単なきっかけでした。アメリカのウェスト・バージニア州の片田舎に、ウェブスターという小さな町があります。今から約60年前、そこで住んでいた牧師の娘アンナの提唱でした。

 アンナの母親は早く亡くなりました。アンナは死んだ母に対する感謝のしるしに、墓前に白いカーネーションを供え続けました。しかし、考えてみると亡くなってからよりも、生前母を大事にすることのほうが大切だと気がつきました。

 彼女は国家的には母を称える行事を開いてくれるよう、時の大統領に手紙を出しました。そのことが新聞に伝えられ、全米各地で話題を呼びました。賛成する人々が次第に増え、ついに1914年5月9日、アメリカ28代大統領ウィルソンのときに、アメリカ合衆国の議会は、5月第二日曜日を「母の日」と決めました。

 母親が亡くなった人は白のカーネーションを、母親が健在の人は赤のカーネーションを贈ることが、慣習として出来上がりました。母の健在の人は、花束と一緒に母親の喜ぶプレゼントをする人も多くなってきました。
提唱したアンナは、晩年、「母の日」ができたことは嬉しいが、形式に流れ、母への追憶、母へのいたわりの心が薄れつつあるのは寂しいことです、と述懐して亡くなったといいます。
 
         黒き河に落とす夕水母の日や  中島斌雄

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_057267.jpg


(コブクロ/あの太陽が、この世界を照らし続けるように。)

(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_0573246.jpg

 そして、ゴールデンウィーク最終日、映画「岳」を見ました。泣かせる、笑わせる、感動させる、近年まれにみるエンターテイメントとして完成された映画です。小栗旬が扮する主人公の島崎三歩の生きざまが素晴らしい。映画の冒頭でクレバスに落ちた青年を助け出し、その青年に「感動した!生きている君に。また、山へおいでよ!」と声をかけるシーンがあり、いきなり泣かせます。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_057521.jpg

 また父親を滑落事故で亡くした少年との心の交流では、少年が授業参観で三歩の言葉を作文にして読み上げます。「悲しいことが起きるのが、山の半分。楽しいことがあるのも、山の半分。二つあわさって山なんだ。学校も、いやな勉強が半分。楽しい遊びが半分。生きるのも、死ぬのも半分、半分。でも、どっちを多くするかは、自分で決めること。」この映画はただのエンターテイメントだけではなく、最高の教育映画です。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_0581265.jpg

 そして、映画のテーマは「生きる」ということ、最後まで決してあきらめないということです。この映画を見て、私はマザー・テレサが常に言っていた言葉「人生は挑戦、立ち向かって行きましょう。人生は義務、完全に果たしましょう。」を原作者は意識していたのではないかと思いました。
004.gif
b0190242_0585080.jpg




(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_0592777.jpg

 私は映画「岳」に感動した後、神楽坂へ行きました。実は私が高校のときの担任の先生の回顧展が神楽坂のパリスギャラリーで5月7日(土)~24日(火)まで行われています。
b0190242_0594415.jpg

 その先生は美術の先生で、美術室に行くといつも写真のような絵が飾ってあったことが思い出されます。高校を卒業後、ようやく大学に入ることができ、そのことを先生に報告しに母校の高校へ行きました。先生はたいへんに喜んでくれて、自分が行きたい道に進むのが一番いいと言って励ましてくれました。そして、またいつでも遊びに来るように声をかけてくれました。
b0190242_10221.jpg

 しかしながら、その後、先生に会うこともなく、私が大学2年生のときに先生はがんで亡くなられてしまいました。先生と再会できなかったことが、それ以来、心のどこかに引っかかっていました。
b0190242_10459.jpg

 この3月に母校を28年ぶりに訪れ、そして今回、先生の回顧展へ行き、再会をようやく果たせたような気がします。この回顧展の主宰者の方に許可をもらい、中の様子の写真を撮らせてもらいました。

b0190242_11684.jpg
b0190242_113623.jpg

b0190242_12051.jpg
b0190242_122288.jpg

b0190242_124637.jpg
b0190242_131392.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村

帰りに「五十番」に寄って、お昼を食べました。
b0190242_133342.jpg

b0190242_135288.jpg

b0190242_14841.jpg

b0190242_142412.jpg

b0190242_144975.jpg

b0190242_15353.jpg

by ryott-ryott | 2011-05-11 01:09 | movie | Comments(6)

お店の紹介(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_1056860.jpg

 屋久島・愛子岳登山の話に行く前に、屋久島から帰って来てから、じゃんけんぽんのトントンさんに誘われて、四谷3丁目にある「居酒屋やまちゃん」へ連れて行ってもらいました。このお店は普段は1人前5000円ほどで料理もお酒もおまかせのフルコースで食べられる超人気店で、今年の10月まで予約はいっぱいだそうです。この連休に限っては、日本酒のみを1杯400円で提供し、そのうちの50円を東北の義援金として日本赤十字社の方へ寄付する取り組みをされています。
b0190242_0372939.jpg
b0190242_0374747.jpg

b0190242_038125.jpg

 400円を支払って、所望の日本酒をついでもらいます。そして50円は義援金に。
b0190242_0385985.jpg
b0190242_0392087.jpg

b0190242_0393111.jpg
b0190242_0394776.jpg

 おつまみは持ち込みになります。

b0190242_040379.jpg

b0190242_0401472.jpg
b0190242_0404196.jpg

 ひとり5杯ぐらいは飲んだでしょうか。まだ明るい中、店をあとにし四谷3丁目からバスで品川駅まできて、くいもの屋「陣」に行きました。屋久島では日本酒を飲むことができなかったので、「陣」でも日本酒を頼み、うれしい一日となりました。038.gif
b0190242_041349.jpg

 おひたし。
b0190242_0411386.jpg

 カマンベールもんじゃ。
b0190242_0412183.jpg

 今、話題の生肉。「陣」の生肉は問題ありません。
b0190242_0413193.jpg

 水餃子。
b0190242_0413982.jpg

 メンチカツ。
b0190242_0414868.jpg

 冷ややっこ。
b0190242_042368.jpg

 クジラのタレ焼き。
b0190242_042127.jpg

 オーストラリアのお米で造った日本酒。

b0190242_0422052.jpg


(コブクロ/あの太陽が、この世界を照らし続けるように。)

(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_0424141.jpg

 
5月5日「こどもの日」は、「端午の節句」です。
1月7日「人日」、3月3日「上巳(じょうし)」(雛の節句)、5月5日「端午」(菖蒲の節句)、7月7日(七夕)、9月9日「重陽」(菊の節句)の5節句の一つです。「端」は初め、「午」は五を意味します。

古代中国の春秋戦国時代、楚の国の重臣であり詩人の屈原が、讒言(ざんげん)にあって江南の地に流刑されました。清廉潔白、直情の士である屈原は流刑されても王に対して詩賦に託して数々の進言を行いました。これが古代中国を代表する詩集「楚辞」と言われるものです。しかし、王はせっかくの「楚辞」を読むことなく亡くなりました。屈原も生きる望みを失い、自ら懐中に石をつめ、汨羅(べきら)の淵に身を投じました。紀元前277年5月5日のことでした。

人々はその死を惜しみ、その霊を慰めるために、毎年5月5日に、菖蒲やよもぎも門口にさし、邪気をはらう祭りを催しました。

日本に入ってきてからは、いつの間にか稲作信仰の行事と重なり、奈良・平安時代には、田植えをする早乙女たちが菖蒲湯を使って潔斎し、隔離された菖蒲宿に一夜こもって田の神に豊作を祈願する女の祭りとして存続してきました。

やがて中世の武家社会に移ると、武家たちも菖蒲湯を使うようになり、季節もよいので甲冑(かっちゅう)や旗指物(はたさしもの)を虫干しし、それが武者飾りに発展していきました。子供たちも喜んで戦遊びをするようになってきたので、百姓・町人の家でも子供たちのために鍾馗様(しょうきさま)を飾ったり、武家の家紋の入った旗指物の代わりに、出世魚の鯉のぼり、五色の吹き流しなどをあげて、次第に男の子の祭りに変わっていきました。 これが「端午の節句」の歴史です。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_043198.jpg
b0190242_0431683.jpg




(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_043457.jpg

 そして土曜日はトントンさんのご子息が働いているお店Patati-Patataにつれて行ってもらいました。トントンさん、トントンさんの妹ミキちゃんと秋葉原で待ち合わせをして、南フランス・プロヴァンス料理のお店、Patati-Patataへ向かいました。ミキちゃんはあのかみつき犬の飼い主です。最近は昨年生まれた子犬をようやく始末できて、あとはかみつき犬を殺処分するだけのようです。037.gif038.gif031.gif041.gif
b0190242_044158.jpg

 働いているシェフがみんな若くてイケメンなので、お客さんのほとんどは若い女性です。うらぶれ中年の私とトントンさん兄妹は、この店ではちょっと異質な客層かもしれません。
037.gif
b0190242_0441296.jpg

 ジャガイモのスープ・ビシソワーズ。
b0190242_0442161.jpg

 鰯のマリネとメリメロサラダ。
b0190242_044361.jpg

 魚の名前を忘れてしまいました。グリーンのソースが鮮やか。
b0190242_0444847.jpg

 ウズラの料理。骨まで食べることができます。

b0190242_0455310.jpg

 店長の高田シェフが運ばれてくる料理について、詳細にたのしいおしゃべりを交えて説明してくれました。とにかく、よくしゃべる感じの方です。お店の名前Patati-Patataもおしゃべりという意味です。

037.gif038.gif037.gif038.gif037.gif
b0190242_0463185.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_047786.jpg

b0190242_0473330.jpg

b0190242_0481814.jpg

b0190242_0485961.jpg

b0190242_0492589.jpg

by ryott-ryott | 2011-05-10 00:52 | おいしい | Comments(0)

いい歳、りょうちゃん、縦断・種子島(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_1056860.jpg

 宮之浦岳登頂を無事に終え、普通ならば縄文杉を見に行くところですが、種子島へトッピーで行きました。5月1日は朝から大雨が降っていました。そう言えば、昨日ホテルの風呂でお会いしたお父さんは親子3人で午前4時に出発して縄文杉を見に行くと言っていましたが、どうしたものかと気にかかるほど、風もあり、台風が来たのではないかと思うような悪天候です。
 今日は種子島へ渡って、タクシー貸切で種子島を縦断して写真を撮ろうと考えていたので、自動車の中にいる限り雨には濡れないと思い、予定通り種子島へ行きました。午前6時30分にホテルを出発、午前7時ちょうど安房港発のトッピーに乗り、おおよそ50分で種子島に到着しました。屋久島の安房港と種子島のトッピーの往復料金は6400円です。
018.gif
b0190242_7404678.jpg
b0190242_7405743.jpg

b0190242_741147.jpg

 安房港を出発するとあれほど降っていた雨が止んで、時折青空が顔をのぞかせ、幸先のよい縦断・種子島を予感させていました。種子島に降り立つと、観光客は私ひとりのようです。タクシー乗り場にはタクシーが1台だけ停まっていましたが運転手さんの姿はなく、バス停も時刻表がなく、いつバスが来て出発するのか全くわからない状態です。すると売店の中からタクシーの運転手さんらしい方が出てきて、タクシーに乗ったので、タクシー乗り場へ行き、タクシーに乗せてもらいました。運転手さんに17:30の屋久島へ帰るトッピーに乗るまで、種子島の中を観光したいと言うと、終日貸切の観光タクシーは25000円だと言うのですぐに手を打ちました。038.gif
b0190242_7412732.jpg

 種子島は、屋久島とは違い、土壌が堆積してできた島であるため急峻な山はなく、最高で282 mの低山であり、全体的に平坦な島です。円形の屋久島に対して、南北57 km、東西12 kmの南北に長い形状をしています。南北での気候の違いはほとんどないと言いますが、南種子は屋久島に近い分、北種子に比べると雨量が若干多いようです。057.gif
 また種子島には市があり、北から西之表市、中種子町、南種子町の3つの市町から成っています。基幹産業は意外にも建築業だということですが、近年は仕事も減少しているため、最盛期では4万人を越えていた人口も3万人にまで減ったそうです。特に若い人は高校を卒業すると、就職のためにほとんど島を出て行ってしまうとのことでした。
018.gif
b0190242_7414593.jpg

 まずは戦艦大和が沈んだ海域を一望できる丘へ行きました。
b0190242_74247.jpg
b0190242_7423017.jpg

b0190242_7424046.jpg

 屋久島は隆起した島であり海が海岸から急に深くなっているのに対して、種子島の砂浜は遠浅であるために海水浴に適しており、夏には多くの海水浴客が訪れます。先ほどまで雨が降っていたため、海の水は少し濁っていましたが砂浜の砂が美しく、小さな貝殻がたくさんありました。写真は浦田海岸の浜です。
b0190242_7432925.jpg
b0190242_7434287.jpg

b0190242_7435183.jpg

 博物館の種子島開発総合センター・種子島博物館では種子島の成り立ち、歴史と鉄砲伝来、鉄砲製造について聞きました。古来より戦(いくさ)のスタイルは鎧兜を纏い、槍や刀で相見え、ときには騎馬にまたがりなぎがた薙ぎ刀を振りかざすといったものでしたが、ポルトガル人が漂着したことをきっかけに一変します。それが鉄砲です。1543年10月5日、2人のポルトガル人を乗せた中国船が種子島に漂着します。日本にやってきた最初のヨーロッパ人でした。彼らは、後に種子島銃と呼ばれるようになった、口径16 mm、銃身718 mmの火縄銃2丁を、時の種子島島主の種子島時堯(ときたか、1528~1578年)が2000両という大金で買い求めました。貨幣価値は変動しますが大体1両は現在の10万円と言われています。
b0190242_747756.jpg
 
 時堯は火縄銃を買い求めただけではなく、家臣に火縄銃の使用法と製造法を学ばせました。その一人が伝説の鋳物師・八坂金兵衛(やさかきんべい)でした。当時、火縄銃は銃口から火薬と弾を詰める装填方法であったため、銃の内部に火薬が溜まっていき、暴発することがありました。その暴発を防ぐため、溜まった火薬を取り出せるように銃の後ろの部分にねじが切られていました。しかし、伝説の鋳物師といえども金兵衛はねじを見たことがありませんでした。オスねじについては形状を見ながら何とかつくりことができましたが、メスねじを切るという技術がわかりませんでした。メスねじを切るという技術をポルトガル人に教えてもらうため、金兵衛は自分の美しい娘・若狭(わかさ)を人身御供として船長のポルトガル人に嫁がせます。その後、日本とポルトガルの間で貿易が開始され、毎年のようにポルトガル人が九州の諸港に来航するようになり、ついに念願のねじの切り方の技術も日本に伝わり、日本全国に鉄砲が広まっていきました。
 この鉄砲にいち早く目をつけた織田信長が、鉄砲鍛冶を勢力下におさめ、鉄砲隊を組織したことにより、戦いに次つぎと勝利し、全国統一に大きく前進して行ったのは有名です。

b0190242_746375.jpg

 種子島に伝わった鉄砲の製造法は独自の進化を遂げ、短筒や大砲まで製造できるようになります。また種子島では砂鉄が多く採取でき、良質の鉄を容易に手に入れることができたことも鉄砲の製造に大きく貢献しました。現在では、その鋳物技術は種ばさみや種子島焼きの陶器づくりに受け継がれています。
b0190242_745207.jpg

 博物館はポルトガル船をイメージして建てられたそうです。
b0190242_7445456.jpg

 鉄砲のレプリカ。
b0190242_7441323.jpg

 種子島に労働力として東南アジアから連れて来られたウシウマ。現在は絶滅してしまいました。
b0190242_7453733.jpg
b0190242_7454866.jpg

 種子島家の武家屋敷・月窓亭。

b0190242_7461189.jpg

 生き人形・山の井様。大奥の女中だった女性がモデルとなっており、徳川家から島津家に譲られました。春の花見や磯遊びの際には、家人と一緒に外へ連れ出され、とても大切にされていました。月窓亭のご主人に写真撮影してもよいかと尋ねると、今は魂を抜いているので撮影は構わないとのことでした。私がどのように魂を抜いたのですかと聞くと、しかるべき人(霊能者)に頼んで魂を抜いたとのことです。
b0190242_7473061.jpg

 月窓亭では「年中行事を彩る道具展」が行われていました。
b0190242_7474651.jpg
b0190242_7475629.jpg

 戦後直後あたりはアルミニウムのお弁当箱が使われ始めましたが、アルミニウムの純度が低かったため、梅干しなどを入れると梅干しの酸でアルミニウムのお弁当箱が黒く腐食してしまい、最後には穴があいてしまったそうです。年配者の方なら覚えがあると思います。現在では梅干しでアルミに穴があくといったことはありません。
b0190242_7481070.jpg
b0190242_7482036.jpg

 出水や知覧の武家屋敷でも同じでしたが、その家の当主の部屋の壁は色が付いており、当主以外のものは上がることができませんでした。
b0190242_7483674.jpg

種子島ではツアブキの新芽をおひたしにして食べます。

b0190242_7491181.jpg
b0190242_7493251.jpg

b0190242_7494814.jpg


(コブクロ/あの太陽が、この世界を照らし続けるように。)

(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_7502735.jpg

 
5月1日は労働者の祭典、メーデーです。メーデーの起こりは、1886年5月1日、アメリカのシカゴで、53万人の労働者が団結し、ゼネストを実施して8時間労働を勝ち取ったことが発端です。そして、この勝利はヨーロッパの労働者にも刺激を与え、それから3年後の1889年、パリで開かれた国際社会党大会で、この日を記念し、世界的な労働者の連帯をはかるため、毎年5月1日、世界各地でメーデーを開くことが決められました。
 
日本でメーデーがはじめて行われたのは、大正9年(1920年)です。5月1日が土曜日だったので5月2日の日曜に実施されました。上野公園に5000人の労働者が集まったと記録されています。戦前のメーデーは昭和11年(1936年)の第13回メーデーを最後に、戦争のため中断。戦後は昭和21年(1946年)に11年ぶりに復活して今日に及んでいます。
 
ところで、メーデーを扱った文学作品はいくつかありますが、代表的なものは、昭和27年(1952年)5月1日、皇居前広場で”血のメーデー”といわれた、第23回のメーデーを描写した阿部知二の『日月の窓』ではないでしょうか。デモ隊6000人、警官5000人が大乱闘の末、2人が射殺された事件です。
 阿部知二は、明治36年(1903年)岡山県に生まれ、姫路中、八高、東大英文科を卒業した小説家、評論家、英文学者として知られた人です。彼は戦後、従来の自由主義的立場から、次第に革新陣営に近づき、進歩的知識人として、種々の社会活動に参加して活躍しました。
 昭和48年(1973年)4月、70歳で亡くなりました。『阿部知二作品集』全5巻(河出書房)、『阿部知二全集』全13巻(河出書房新社)があります。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_7504924.jpg
b0190242_7511055.jpg

b0190242_7513096.jpg




(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_7521937.jpg

 千座の岩屋(ちくらのいわや)。
b0190242_753116.jpg
b0190242_753186.jpg
b0190242_7534481.jpg
b0190242_754377.jpg
b0190242_7542046.jpg
b0190242_7544491.jpg
b0190242_75546.jpg

 ガジュマル。
b0190242_7554034.jpg
b0190242_756416.jpg

 ガジュマルの実。
b0190242_758360.jpg

 ガジュマルの幼少期は黄緑色の若葉の可愛い木です。しかし成長するにつれて周りの木に絡みつき枯らしてしまう閉め殺しの木として知られています。
b0190242_7583342.jpg

 この黄色い花を食べた牛は死んでしまいます。毒草です。042.gif
b0190242_7585563.jpg

 この薄桃色の花は屋久島の道端にもたくさん咲いていました。シュウメイ菊というそうです。056.gif
b0190242_80036.jpg

 種子島宇宙開発センター。ロケット打ち上げ時にはたくさんの人が種子島を訪れます。
b0190242_802269.jpg
b0190242_81083.jpg

 宝満神社と宝満池。秋に赤米が奉納されます。
b0190242_811724.jpg
b0190242_813424.jpg

b0190242_814948.jpg
b0190242_82728.jpg

b0190242_822284.jpg

 種子島最南端の門倉岬。ここにポルトガル人が漂着しました。
b0190242_825266.jpg
b0190242_831269.jpg

b0190242_832882.jpg
b0190242_834521.jpg
b0190242_845677.jpg

 七色観望台から見た風景。
b0190242_841824.jpg
b0190242_844430.jpg

 最後に八坂金兵衛の銅像を見て、トッピーで屋久島に戻りました。

b0190242_852136.jpg
b0190242_85337.jpg

b0190242_855232.jpg

 さて、ハードボイルド、いい歳、りょうちゃん、次の活躍は

「いい歳、りょうちゃん、愛子岳の正体を見た」お楽しみに。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_862338.jpg

b0190242_864335.jpg

b0190242_865894.jpg

b0190242_871458.jpg

b0190242_873071.jpg

b0190242_875637.jpg

b0190242_881365.jpg

b0190242_883670.jpg

b0190242_885096.jpg

b0190242_89531.jpg

b0190242_892297.jpg

b0190242_894212.jpg

b0190242_895836.jpg

b0190242_8101335.jpg

038.gif032.gif037.gif041.gif016.gif024.gif056.gif072.gif058.gif040.gif049.gif

by ryott-ryott | 2011-05-08 08:14 | 遠く、屋久島へ | Comments(0)