<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

生きることは時間を元に戻すことができないことヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_23121247.jpg


(掘六平/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)060.gif

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村

b0190242_2313792.jpg

 6月最終土曜日は毎年恒例のゲンダマ会へ行ってきました。ゲンダマ会とは分析化学研究室の指導教官であった佐藤弦先生のお名前と、その当時、大流行していいた剣玉を合わせて命名された同窓会の名前です。018.gif
b0190242_23132288.jpg

 今年は3月11日に東日本大震災が起こり、その後何もかもが自粛されてしまい、果たしてゲンダマ会が例年通り開催されるのか気になっていたところでしたが、無事に開催されました。これは分析化学研究室の先生方、学生さんの努力のお陰だと思います。038.gif
b0190242_23133158.jpg

 そして今年から研究室には、化学科ではない新生学科に入学した学生さんたちが卒業研究生として分析化学研究室に入って来ていました。そして彼らはみんな平成生まれです。ついに平成生まれの学生さんたちが4年生として入って来る時代がやってきたのだなと思いました。
b0190242_23135149.jpg

 江戸時代の人がいなくなり、明治時代の人がほとんど居なくなっていくように、昭和生まれもまた時間の流れに淘汰されていきます。卒業してしまうとなかなか同窓会に足を運べなくなるのが実情のようですし、健康上の問題もあるでしょう。しかし、その中で私たちを指導して下さった三人の先生がたはとてもお元気で、私たちが学生のときとまったく変わっていませんでした。038.gif
b0190242_2314273.jpg

b0190242_2314227.jpg

b0190242_2315067.jpg

b0190242_23152057.jpg

b0190242_23153591.jpg

 特に弦さんは最近、ぎょうせいという聞き慣れない出版社から「化学熱力学への誘い生命科学・化学を学ぶ人たちへ」という熱力学の入門書を執筆されたそうであり、ゲンダマ会で宣伝していました。ゲンダマ会の杉浦会長が「よく寝れる本」と揶揄する場面もありましたが、熱力学の特徴は時間の流れをもとに戻すことができない唯一の学問であり、他の時間をもとに戻して考える物理学とは違うということをおっしゃっていました。そして生きているということは、まさに時間の流れを元に戻すことができないという状態であり、「生きていること」を学ぶ学問が熱力学であるという名言をお話になっていました。038.gif
 
b0190242_23155037.jpg

大学の売店で販売されているというので売店に行きましたが、もう閉まっていました。

b0190242_2316426.jpg

b0190242_23161589.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_23163051.jpg

 
ラフカディオ・ハーン。日本に帰化して小泉八雲と名乗りましたが、この人ぐらい異国人でありながら、日本を愛し、日本の思想、風俗、歴史、伝統芸能に精通し、それを明治時代に世界へ紹介してくれた人は、他にいなかったように思います。

「知られざる日本の面影」「日本雑記」などの評論の他、「骨董」「怪談」など、すぐれた短編小説を海外で発表し、大変な反響を呼びました。
特に「怪談」のなかの一遍“耳なし芳一のはなし”は有名で、戦前の国語の教科書に載りましたし、戦後は映画にもなりました。

ハーンは1850年6月27日、ギリシャで生まれました。父はアイルランド系英国人、母はギリシャ人でした。父母が離婚したので、単身アメリカに渡り、新聞記者をしながら東洋の研究、特に日本について勉強しました。明治23年、彼が40歳のとき来日しました。ニューオリンズの万国博覧会で知り合った文部省事務官服部一三の世話で、松江市の旧制中学、師範学校の英語教師として、松江に赴任したのが、彼の生涯を決定づけました。

 この土地で、松江藩士の娘、小泉節子と結婚しました。妻の姓と、出雲の故事が気に入って「小泉八雲」と姓名をかえ、日本に帰化したのです。その後、五高(熊本)、東大、早稲田大学で教鞭をとりながら。作品を書き続け、明治37年9月26日、東京の自宅で亡くなりました。54歳でした。彼の功績は、日本を海外に紹介しただけではなく、逆に欧米の文学を日本に紹介した点も見逃すことはできません。松江市には、彼が新婚時代を過ごした武家屋敷が、そのまま記念館として保存されています。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_2317040.jpg


(コブクロ/あの太陽が、この世界を照らし続けるように。)

(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_23172914.jpg

 理工学部には化学科のほかに物理学科、数学科、機械工学科、電気工学科の5つの学科がありましたが、統合されて新しく物質生命理工学科、機能創造理工学科、情報理工学科の3つの学科ができました。2008年のことだそうです。その前年のゲンダマ会で清水先生が理工学部から化学科がなくなってしまうという報告をされて、涙を流している卒業生、研究室の学生さんがいたことを覚えています。
b0190242_23174633.jpg

 残念なことに理工学部が有明に移転する話も、7号館の横に理工学部の新校舎を建てる話も今は立ち消えになっているそうです。清水先生は、理工学部の新しい校舎を建てるために、統合しなくてもよかった5学科を統合したのにもかかわらず、新しい校舎を建てる話がなくなってしまったことに対して、「理事長はみんなを騙して嘘をついた!」と言って、大変にご立腹でした。私もそう思います。
b0190242_2318148.jpg

b0190242_2319290.jpg

 以前にも報告しましたが池内先生は退職後は絵を描いたり、山に行ったりの悠々自適の晴耕雨読の生活を送られているそうです。何とも羨ましい限りです。私も早く退職したいと思いました。そして今度一緒に山歩きをしましょうと約束しました。先生はもう年なのでたくさん歩けないとおっしゃっていましたが、私が明日、谷川岳に行く予定であると話すと、谷川岳はこんな山であるとお話してくださいました。

b0190242_23184567.jpg

b0190242_2318267.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

 
b0190242_23191736.jpg

b0190242_23193988.jpg

 そして現在の分析化学研究室の教授の早下先生から、昨年度は国際学会で5人の学生さんがポスター賞を受賞されたというお話がありました。私が通学していたころには私も含めて優秀な学生はそんなにいませんでしたが、現在の分析化学研究室は優秀な学生さんが支えていることは間違いないようです。
b0190242_23195856.jpg
 
b0190242_2320132.jpg

b0190242_23202999.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_2320498.jpg

b0190242_2321231.jpg

b0190242_23211450.jpg

b0190242_23213789.jpg

b0190242_23222394.jpg

b0190242_2323741.jpg

by ryott-ryott | 2011-06-27 23:29 | ゲンダマ会 | Comments(0)

青空を探しに、あづみ野うたごえ喫茶ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_23133810.jpg

b0190242_23141613.jpg

 6月18日(土)に日光白根山へ行ったことを前回報告しました。その翌日、6月19日(日)、新宿駅から特急あずさ号に乗り、安曇野へ行きました。松本駅からは大糸線に乗り換えて穂高駅で下車。朝8時過ぎに家を出て、穂高駅に着いたのは12時35分でした、約4時間30分の長旅です。018.gif
b0190242_23144228.jpg

b0190242_23145580.jpg

 この日、安曇野の「ホワイトトークハウス」という喫茶店で、歌声喫茶が開かれます、「第87回あづみ野うたごえ喫茶」です。この模様はYouTubeで定期的に配信されており、昔の懐かしい歌をYouTubeで検索すると、「あづみ野うたごえ喫茶」の動画によくヒットします。
071.gif

(下町の太陽)
 私も倍賞千恵子の「下町の太陽」を検索すると、「あづみ野うたごえ喫茶」で「下町の太陽」が歌われている動画がヒットし、その模様を見て、今度是非行って歌ってみたいと思っていました。そして、ついに、この日曜日に実現できました。038.gif
b0190242_23152374.jpg

b0190242_23153676.jpg

 穂高駅には12時35分に到着。大糸線は自分でボタンを押してドアを開閉する電車なんですね。東京は朝、雨が降っていましたが、あずさ号に乗り、あずみ野の方へ近づくにつれ、陽射しがこぼれ、青空でした。058.gif
b0190242_2315548.jpg

b0190242_231676.jpg

 ちょうどお昼時もあり、駅前でこの「元祖ソースかつ丼」ののぼりを見て、こちらのお店に迷わず入ってしまいました。037.gif
b0190242_23162595.jpg

 もちろん「元祖ソースかつ丼」を注文しました。すると隣に座っていた男性がお仲間と「あづみ野うたごえ喫茶」のことについて話をしていたので聞いてみると、今朝、群馬県からはじめてうたごえ喫茶に参加するため、やってきたということでした。その男性は私よりも幾つか年上のようであり、自動車の部品工場に勤めているサラリーマンで、3月の震災の影響で7月から休日が土日から水木へシフトになるため、是非とも今日の日曜日に「あづみ野うたごえ喫茶」へ参加するという意気込みで群馬県から駆けつけたとおっしゃっていました。その男性の方は普段は地元の群馬県で謡いの会に参加されているそうです。
b0190242_23172420.jpg

b0190242_23174319.jpg

 元祖ソースかつ丼で腹ごしらえを済ませ、いよいよ「ホワイトトークハウス」を目指します。ホームページには徒歩10分と書いてありましたが、ゆっくり歩いたためか15分以上かかりました。途中、麦畑や花の写真を撮りました。

b0190242_23181510.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_23184467.jpg

 
 「斜陽」「人間失格」などの名作で知られる作家の太宰治が、愛人山崎富枝と武蔵野玉川上水で心中し、その死体が発見されたのは昭和23年(1948年)6月19日の朝でした。
太宰治39歳、山崎富枝29歳。二人は赤い腰紐で固く結ばれていました。

太宰のファンたちは、この日を彼の命日として、墓のある東京三鷹下連雀の禅林寺において、毎年「桜桃忌」を開いています。「桜桃忌」と名付けたのは、彼の晩年の作の「桜桃」という名作があり、死亡した季節が桜桃の熟するころであったという理由です。

太宰の死は、当然、情死もしくは心中だと思われていました。太宰の生家は、常陸宮妃とつながりがある津軽の名家であり、旧華族の津島家の一族でした。そのため、情死や心中などは不名誉の極みであり、愛人山崎富枝に殺されたと主張しています。
 
また文壇仲間でも、太宰の遺書に、彼の師事した文壇の先輩井伏鱒二を罵倒する記述があったところから、太宰治は麻薬常習者、精神錯乱者で、死ぬ意志がなかったのを、彼女に謀殺されたのだと、主張する一派がありました。
 気の毒なのは、両方から悪女にされた山崎富枝とその家族でした。彼女の日記、太宰の遺書、二人の行動、死体検証の結果などからみても、明らかに情死・心中であった反論しています。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_23191535.jpg


(コブクロ/あの太陽が、この世界を照らし続けるように。)

(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_23201924.jpg

ホワイトトークハウスは大糸線の線路と平行に流れる川に沿って松本方面の方へ歩いて行き、大きな道路にでると目の前に公園があるので、そこで右に曲がり、大きな図書館の前にあります。
b0190242_23204279.jpg

ホワイトトークハウスは名前の通り、真っ白でお洒落な建てもので、青空のもと陽射しを受けて白く輝いていました。
b0190242_23205781.jpg

b0190242_23211136.jpg

受付を済ませて、自分の座りたい場所に着席。会場は当たり前ですがYouTube で見た通りの会場でした。この日、うたごえ喫茶には80名以上が集い、長野県外からは12名が参加しまた。私もその12名のひとりです。
b0190242_2321349.jpg

b0190242_2322847.jpg

b0190242_23222573.jpg

午後2時開演。うたごえメンバーの先生たちが会場に入って来ると、群馬県から来た男性はYouTubeの動画で見るよりも実物の方が「きれいだ」とおっしゃっていました。うたごえメンバーはギターとアレンジ以外はすべて女性で構成されています。司会の大森さんとアレンジの大森さんは親子なのでしょうか。
b0190242_23234098.jpg

b0190242_2323427.jpg

b0190242_2324928.jpg

「第87回あづみ野うたごえ喫茶」はビューティフルサンデーで開幕。唱歌から歌謡曲まで全部で20数曲を歌いました。うたごえ喫茶は4名の歌唱誘導の先生がみなさんが歌いやすいようにお手本となって指導をしてくださいます。
b0190242_23243531.jpg

<覚えて謡ってみよう>のコーナーでは安曇野出身のシンガーソングライター掘六平作詞作曲の「わさびの花の咲く頃」が紹介されていました。なかなかいい歌で、私は家に帰ってからYouTubeで検索すると掘六平「わさびの花の咲く頃」がヒットしました。


(掘六平/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村

b0190242_2326487.jpg

この歌詞の中で「うちに帰れば おしきせもある」の「おしきて」は晩酌のことを意味するそうです。広辞苑には同じ読みで「御仕着せ」はありましたが、晩酌の「おしきせ」はありませんでした。甲州のことばのようです。
 また滋賀県彦根市からやってきたうたごえグループが「押し花」を披露していました。
b0190242_23263895.jpg

コーヒーブレイクで配られていたお菓子は、外側の皮がカリッとしており、中はこしあんのおまんじゅうでとても美味しかったです。かりん糖饅頭というあずみ野の銘菓だそうです。写真を撮る前に食べてしまいました。
b0190242_23282389.jpg

そして6月19日は父の日ということもあり、お父さんたちが前に出て「別れの一本杉」、「リンゴ村から」、千昌夫の「夕焼け雲」をみんなで大合唱しました。

b0190242_23284065.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_23302868.jpg

 7月16日(日)に安曇野で加藤登紀子のコンサートが予定されており、「百万本のバラ」を歌う時に一緒に壇上で合唱してくれる人を募集していました。

(百万本のバラ)
b0190242_23324312.jpg

b0190242_23325449.jpg

 中高年登山家のいい歳、りょうちゃんにふさわしい「坊がつる賛歌」、なつかしい、五木ひろしの「ふるさと」、フィナーレの「希望」、「365歩のマーチ」を歌い、エンディング「今日の日はさようなら」で「第87回あづみ野うたごえ喫茶」は閉幕となりました。

(坊がつる賛歌)


(五木ひろし/ふるさと)

(岸洋子/希望)

 あづみ野うたごえ喫茶は2ヵ月に1度開催されており、次回「第88回あづみ野うたごえ喫茶」は8月21日(日)の予定です。この日は私の47回目の誕生日でもあり、是非とも参加したいところなのですが、よくよく考えたら「北岳・間の岳」ツアーに参加することを決めていました。次回は10月、12月の秋とクリスマスの安曇野を訪れたいと思います。
b0190242_23332696.jpg

 穂高駅からは雲に煙る有明山が見えました。雲がなければ有明山の向こう側に7月16日~18日に行く予定の燕岳、燕山荘まで見ることができるそうです。

b0190242_23334542.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_23344948.jpg

b0190242_23351350.jpg

b0190242_23353937.jpg

b0190242_2336119.jpg

b0190242_23363014.jpg

by ryott-ryott | 2011-06-25 23:41 | あづみ野うたごえ喫茶 | Comments(0)

シラネアオイ最前線、日光白根山を行くヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_015340.jpg

 最近、週末はどこかへふらりと出掛けるのが習慣づきました。6月18日の土曜日はふらりではありませんが、いつもお世話になっているアミューズトラベルの女性三歩・倉持さんのツアーで日光白根山へ行きました。018.gif
b0190242_0155871.jpg

 朝6時50分上野に集合。この日も朝4時に目が覚めましたが、二度寝してしまい、気がつくと時計は6時10分を指していました。あわてて着替えて、冷蔵庫から日本酒を出して、家を飛び出しました。こういう時は何もかも遅れてしまうもので、大井町線にも乗り遅れ、JR京浜東北線もなかなか来ません。よしこさんにメールしましたが、何の音沙汰もありませんでした。後で聞いたら、よしこさんは携帯を家に忘れてきたとのこと。ようやく京浜東北線に乗ると、心配してくれたタッキー瀧本さんから電話が入り、「今、どこにいるんですか?」との問い合わせ。私は「今、田町を通過し、上野には7時8分ごろに到着予定です。」とお詫びをしました。上野に着くと、駅前で白砂ガイドとタッキーが待っていてくれました。集合時間より約20分の遅刻でした。前日はお酒を飲みに行かずに寝たのですが、この失態。やはり私の場合は少し飲んだ方がいいのかもしれません。
040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif
b0190242_016597.jpg

 天気は鈍色の曇り空で、午後からはあいにく雨の予報でしたが、バスに乗ると倉持さんはじめ、浦安湯屋メンバー、何でもトライアスロンの面々、そして森ちゃんと1ヵ月ぶりのうれしい再会。ガイドさんを含めて総勢14名で、日光白根山へ向かいました。024.gif
b0190242_0522368.jpg

 バスの中で日光白根山の説明をする白砂ガイド。日光白根山は標高2578 mで、関東以北で最も高い山だそうです。そして「白根山」はかつて「白峰山」と書き、雪をかぶった白い山を指します。018.gif
b0190242_0171689.jpg

 お昼ごはんはマイタケ弁当。とても美味しく、5つは食べれます。037.gif038.gif
b0190242_0172882.jpg

b0190242_0174228.jpg

b0190242_0175267.jpg

 日光白根山は、丸沼高原スキー場のロープウェイに乗り、山頂駅から登山を開始します。
b0190242_0182969.jpg

b0190242_0185328.jpg

b0190242_019495.jpg

 山頂駅で準備体操。070.gif
b0190242_0193191.jpg

 シラネアオイが咲いていました。056.gif
b0190242_020974.jpg

b0190242_0202418.jpg

 白いシラネアオイも咲いていました。056.gif
b0190242_0204960.jpg

b0190242_021369.jpg

 チングルマ。056.gif
b0190242_0212148.jpg

b0190242_0213676.jpg

 ツガノコザクラ。056.gif

b0190242_0221582.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_0232131.jpg

 
   夏がくれば 思い出す
   はるかな尾瀬 遠い空
   霧のなかに うかびくる
   やさしい影 野の小径
   水芭蕉の花が咲いている
           (以下略)

 江間章子作詞、中田喜直作曲『夏の思い出』です。昭和24年(1949年)6月17日から1週間「ラジオ歌謡」として放送されたものです。この歌は、尾瀬の自然の美しさ、高原のさわやかさを思い起こさせる“夏への誘い”“初夏の序曲”として、この季節になると毎年テレビ、ラジオから流れてきます。

 尾瀬沼は昔は小瀬沼といわれていました。福島・群馬の県境にまたがる火山堰止湖で、周囲約6 km、海抜1665 m、沼のまわりの湿原は高山植物の宝庫、秘境として知られてきました。最近はこの歌の影響もあってか、訪れる人も多く、初夏から初秋まで、年間70~80万人に達し、自然破壊が心配されてきています。

 この尾瀬で忘れてはならない人がいます。この沼のほとりにある、古い歴史を持つ「長蔵小屋」を建てた長野長蔵とその一家です。彼は明治2年(1869年)、福島県桧枝岐に生まれ、尾瀬に魅せられて、明治23年(1890年)にこの山小屋を建てました。以来、息子の長英、孫の長靖と、3代にわたって、尾瀬とともに生き、尾瀬の自然を守ってきました。

 残念なのは、祖父と父の遺志を継ぎ、尾瀬を愛し、尾瀬の発展と保護に尽力してきた3代目長靖が、昭和46年(1971年)12月1日、尾瀬沼から下山途中、三平峠と一之瀬の間で、吹雪と深雪にはばまれ、36歳の短い生涯を閉じたことです。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_0242235.jpg


(コブクロ/あの太陽が、この世界を照らし続けるように。)

(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_025736.jpg

 日光白根山の登山口には二荒(ふたら)山神社があります。この二荒を音読みすると日光(ニッコウ)になります。日光は二荒の当て字ということになります。
b0190242_0265510.jpg

 コバイケイソウ。白い花が咲くそうです。056.gif
b0190242_0271731.jpg

 ハクサンシャクナゲはまだ咲いていませんでした。056.gif
b0190242_0285026.jpg

 シカよけの門を通り、いよいよ登山開始になります。070.gif
b0190242_0295546.jpg

b0190242_0304843.jpg

 結構、雪が残っていました。そして、樹林帯が続きます。
b0190242_031698.jpg

 標高が高いため、この時期にところどころ桜が咲いていました。そして、ついに空が泣き出しました。
b0190242_031476.jpg

 途中、シカのお出迎えがありました。
b0190242_0325045.jpg

 霧がかかる中、ひたすらに登って行きます。途中、サハーラが体力が消耗してしまったのか、下山すると言いだしましたが、倉持さんが説得して、ふたたびみんなで登山を開始。
雨と霧のため景色は望めませんでしたが、足元にはイワカガミなど、可愛い花がたくさん咲いていました。056.gif
b0190242_0331628.jpg

b0190242_034866.jpg

 樹林帯を抜けると地面を覆うような低木と火山質の砂礫の斜面が続き、まるで富士山の登山道を思い出します。038.gif
b0190242_0343010.jpg

b0190242_0345086.jpg

 祠のある山頂の一角に到着。しかしまだ山頂ではありません。山頂はいったん窪地を下って、岩場を登ると日光白根山の頂上です。晴れていれば、360°のパノラマが広がり、幾つもの日本百名山と五色沼、弥陀ヶ池が見えるはずでした。雨の中でも皆さん、思い思いに記念撮影。061.gif

b0190242_0354184.jpg

b0190242_036057.jpg

b0190242_0362543.jpg

b0190242_0365251.jpg

b0190242_0374396.jpg

b0190242_0381473.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_039127.jpg

 日光白根山の頂上に別れを告げ、下山を開始すると、先ほどまで立ち込めていた霧が晴れて行き、日光白根山の山容があらわになりました。058.gif
b0190242_040443.jpg

b0190242_0402817.jpg

b0190242_04186.jpg

b0190242_0414396.jpg

b0190242_042850.jpg

 カニコウモリ。カニの甲羅のような形から。この名前がついたそうです。てんぷらにして食べられるようです。058.gif
b0190242_0423893.jpg

b0190242_043057.jpg

 これは地衣類の仲間で、この地衣類が生息していると空気がきれいな証拠だということです。排気ガスのNOx、SOxがあると、決して生えることはありません。日光白根山の空気はきれいだという証拠です。038.gif
b0190242_044648.jpg

 大日如来。登り道では気がつきませんでした。もうここまで来ると、日光白根山の旅ももう終わりです。
b0190242_0442474.jpg

b0190242_0444198.jpg

 ゴンドラ最終便16:30にぎりぎりで間に合った感じです。時計の針は16:20を指していました。最終便のゴンドラに乗って、降りて行きました。
b0190242_045028.jpg

b0190242_0452644.jpg

 ゴンドラを降り、すぐに温泉に入りました。そして、バスの中で各自が持参したお酒を飲み、大宴会の中、上野まで戻って来ました。
b0190242_0455435.jpg

b0190242_0461071.jpg

 さて次回のいい歳、りょうちゃんの活躍は。6月26日(日)、同じくアミューズトラベルのツアーで谷川岳に行ってきます。谷川岳ツアーでは天気図を見て、天気を予測するレクチャーがあるそうです。しかし、今日の天気図でフィリピン東沖合に台風5号が発生し、25日の21時には九州西部沖合にだいぶ接近するようです。26日の谷川岳ツアーに影響しないことを願うばかりです。

038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_0464883.jpg

b0190242_047940.jpg

b0190242_0473580.jpg

b0190242_047594.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_04857100.jpg

b0190242_049572.jpg

b0190242_0502015.jpg

b0190242_0504463.jpg

b0190242_051598.jpg

by ryott-ryott | 2011-06-23 01:00 | 日光白根山 | Comments(0)

いい歳、りょうちゃん、宝の山の遠き落日ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_21284351.jpg

b0190242_2129271.jpg

 3月11日の大震災で、浪江町から猪苗代町へ避難している知人の渡辺さんのお見舞いのために、今回、私は福島県を訪れました。大震災から3ヵ月経過し、被災された方たちの生活が元に戻るにはまだまだ時間がかかると思いました。018.gif
b0190242_2130184.jpg

 とくに福島県の原発付近から避難してきた人たちは故郷を失ってしまったも同然であり、自分が生きている間に原発の廃炉は終わっていないでしょう。しかし、少しでも故郷に近いところにいたいという想いから、福島に留まっている人がほとんどでした。
b0190242_21301228.jpg

 私が泊まったホテルには140名の被災者の方たちが避難生活を送っています。ひとりあたり1日5000円の補助が国からホテルに支払われており、被災者の方たちはホテルの部屋と1日3食を支給されています。同時に仮設住宅も着々と建設されており、希望者は申し込みを行って、抽選で入居することになります。私がホテルに到着した日も3組のご家族が仮設住宅へ移って行ったそうです。
b0190242_21302712.jpg

 ところが、被災者の方のほとんどは職を失っているために収入がなく、仮設住宅へ入居したくても、自活していくことができない人も多くいます。そして、私たちが送ったはずの義援金も全く届いていないとのことでした。義援金は一体どこへ行ってしまったのでしょうか。問題は山積しています。
b0190242_21304261.jpg

 安達太良山の登山を無事に終えて、翌日日曜日は東京に帰らなければなりません。日曜日は夕方まで、渡辺さんが磐梯山周辺を案内してくれました。
056.gif
b0190242_21311839.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_21313963.jpg

 
 会津磐梯山をのぞむ猪苗代湖畔に、世界的医学者(細菌学)として知られる野口英世博士の生家が保存されています。野口英世は、ご存知の通り、昭和3年(1928年)5月21日、黄熱病の研究のため訪れたアフリカのガーナで、その黄熱病に感染して客死しました。52歳でした。現在の日本の国力を背景にしていたら、当然ノーベル賞の栄誉に輝いたことでしょう。

 ガーナでは、戦後になっても野口への名声は消えることなく、昭和49年(1974年)には、首都アクラにガーナ大学医学部付属の「野口記念医学研究所」が設立されました。日本政府の海外協力事業団の援助によるものです。
 ガーナは発展途上国だけに、今でも生活文化のレベルは低く、それだけに、野口英世の行った時代は、さぞ大変だったろうと想像されます。
 
 戦前の野口英世は「修身」の教科書ののっていた立志伝中の偉人で、母を大切にした孝子として、理想の人間像として描かれていました。もちろんそのことは間違いありませんが、実像の野口英世は“天才と狂人は紙一重”といわれるように、借金魔、遊蕩児、結婚詐欺、出世欲の権化の一面を持っていたようです。人に迷惑をかけるのを気にしない人物でした。詳しくは、渡辺淳一著の『遠き落日』(角川書店)と題する、吉川英治文学賞を受賞された作品をお読みいただけたらわかると思います。

 北大医学部を卒業した経験を生かし、8年の歳月をかけて、医学界の大先輩の虚像と実像に鋭いメスをあてて書いた英世の伝記です。「修身」の野口英世よりは、素顔の野口英世のほうが人間的で好感が持てます。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_21315594.jpg


(コブクロ/あの太陽が、この世界を照らし続けるように。)

(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_21321682.jpg

 私の泊まったホテル「マウント磐梯」からその名の通り、磐梯山が見えます。ここ横向温泉の名は、磐梯山を横から見るから「横向温泉」と言うそうです。そして猪苗代湖へ向かう道すがら、たくさんの花が咲いていました。056.gif
b0190242_21324216.jpg

秋津川渓谷。目もくらみそうな高さで、新緑が鮮やかです。渡辺さんが呼ぶので、行ってみると、先ほどまで蛇が這っていたそうです。私が駆けつけた時にはすでに隠れてしまいました。蛇が好きないい歳、りょうちゃんとしては残念です。037.gif
b0190242_213383.jpg

秋元湖と磐梯山。
b0190242_21332249.jpg

b0190242_21342661.jpg

五色沼と磐梯山。いずれ岩肌があらわになった裏磐梯で、男性的な山容です。そして五色沼が見る角度によってエメラルド色や赤に見えるのは湖底の堆積物に太陽光が反射して、深いところでは青色が、浅いところでは赤色の光が反射するためです。オンネトーと同じです。
b0190242_2133563.jpg

b0190242_21345987.jpg

五色沼にはたくさんのコイが泳いでいました。女性の観光客がコイを見て、大騒ぎしており、聞いてみるとハートマークの模様のコイが泳いでおり、そのコイを見つけると、恋が成就するとのことでした。私は見つけられませんでした。037.gif
b0190242_21353071.jpg

b0190242_21354397.jpg

b0190242_21355815.jpg

そして猪苗代湖の方から見た磐梯山は緑豊かで、優しい感じの山でした。
b0190242_2136256.jpg

b0190242_2137039.jpg

b0190242_21374268.jpg

b0190242_21375692.jpg

世界のガラス館。渡辺さんの奥さんはガラス館のアクセサリーに興味があったようです。037.gif
b0190242_2138142.jpg

b0190242_21382993.jpg

地ビール館。私は地ビールに興味がありました。041.gif
b0190242_21384954.jpg

b0190242_2139394.jpg

野口英世記念館にも行きました。
070.gif
b0190242_21392186.jpg

b0190242_2140495.jpg

b0190242_2140244.jpg

b0190242_21405050.jpg

b0190242_2141729.jpg

b0190242_21412514.jpg

b0190242_21414127.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_2142161.jpg

b0190242_21424680.jpg

b0190242_2143746.jpg

b0190242_21433437.jpg

 最後は天鏡閣を寄って、一旦、マウント磐梯に戻りました。次回は磐梯山登山に行くときに、また福島を訪れることを約束し、私たちを呼んでくれた渡辺さん夫妻とは握手を交わして、ここでお別れしました。故郷へ帰ることができる日が早く来ることを祈っています。038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_2144338.jpg

b0190242_21444437.jpg

b0190242_2145562.jpg



b0190242_1402857.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_214532100.jpg

b0190242_21454669.jpg

b0190242_2146524.jpg

b0190242_21462843.jpg

b0190242_21465255.jpg

b0190242_2147261.jpg

b0190242_21472423.jpg

b0190242_21474771.jpg

b0190242_21482763.jpg
038.gif038.gif038.gif032.gif024.gif016.gif072.gif056.gif058.gif041.gif037.gif018.gif058.gif

by ryott-ryott | 2011-06-20 21:52 | いいところ福島 | Comments(0)

いい歳、りょうちゃん、安達太良の乳首に立つ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_13261552.jpg

 昨晩は山岳サークルの学生さんから山の話を夜遅くまで聞きました。いよいよ今日は安達太良山へ登ります。私にとって、日本百名山8座目です。天気は午前中は雨、午後から晴れるとの予報です。夜更かしした割には、目覚ましが鳴る前に目が覚めてしまいました。朝4時でした。学生さんはまだぐっすり寝ていました。014.gif
b0190242_13264026.jpg

 窓から外を見ると空は鈍色の曇り空、雨は降っていませんでした。晴れていれば、ここ横向温泉の登山口から安達太良連峰最高峰の箕輪山(1718 m)を通過し、鉄山(1709 m)から火口を見ながら安達太良山(1700 m)まで行く予定でした。しかし、天気予報は雨の予報で、箕輪山までの行程は急な岩場が多く、雨が降りだしたら滑りやすいとホテルの人から言われました。そして、「本当に今日行くのですか?雨が降らない明日にした方がいいのではないですか。」と再三にわたって、やめた方がいいとの忠告を受けました。山の方を見ると霧が立ち込めており、ついに空がポツン、ポツンと泣き始めました。降り出した雨を見て、予定を変更して、奥岳登山口から安達太良高原スキー場のゴンドラに乗って、ゴンドラ駅から安達太良山へ向かう初心者コースを行くことにしました。私自身、初心者なので、そのほうが身の丈に合った登山だと思います。038.gif
b0190242_13276100.jpg

 朝食を済ませ、ホテルを午前9時に自動車で出発し、奥岳登山口に向かいました。標高が高いためか、道路も濃霧におおわれ、前を走る車のテールランプがかろうじて見えるほどの視界です。9時40分に登山口の駐車場に到着。雨が一段と強くなり、用意していた雨具を着て、ゴンドラに乗りました(往復1600円、片道だと900円です)。
057.gif
b0190242_13272769.jpg

b0190242_13274622.jpg
b0190242_13275938.jpg

b0190242_13281329.jpg
b0190242_13283023.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_1329160.jpg

 
 6月11日、日本ではこの日から梅雨入り(入梅)ですが、常夏の国ハワイでは“カメハメハ・デー”のお祭りが催されます。
 ハワイ諸島が発見されたのは、1778年、これを航海日誌に記録して世界に紹介したのが、有名なキャプテン・クックです。彼はイギリスの海軍少佐でしたが、オーストラリア大陸、南太平洋の探検家として知られます。彼がこの島を発見した当時、ハワイ諸島は4人の大酋長が支配し、勢力争いの最中でした。彼はせっかく上陸はしたものの、その巻きぞえをくらって非業の死を遂げてしまいました。

 それから17年後の1795年、ヌアヌ・パリでオアフ軍を破り、ようやくハワイ全島の統一をはかったのが、初代ハワイ王になったカメハメハです。6月11日の“カメハメハ・デー”は、彼の誕生日とも、全島統一記念日ともいわれますが、はっきりはしていません。 ホノルルのイオラニ宮殿の正門前には、右手の手のひらを上にして高くさしのべ、左手には槍を持ち、美しい金色のヘルメットとケープ(実際にはいずれも羽毛製)をまとった、精悍な顔つきをしたカメハメハ大王の立像が建っています。

 この像は、1878年、第7代カラカウア王の時代に、クックのハワイ諸島発見100年を記念してイタリアに発注したものでしたが、オリジナルの方は運搬途中で船火事で沈没。新しくコピーとしてつくられたものです。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1329229.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_1329544.jpg

 今日は土曜日だというのにゴンドラ乗り場には誰もいませんでした。雨のせいでしょうか。ゴンドラに乗って、ゴンドラ駅の登山口に上がって行きます。雨と霧で向こう側は何も見えません。10時20分、雨の中の登山開始。057.gif
b0190242_13303362.jpg

 登山口そばに薬師岳(百名山ではありません)展望台があり、そこからも何も見えませんでした。「この上の空がほんとうの空です」と書いていますが、ほんとうの空は見えませんでした。057.gif
b0190242_13304717.jpg

 祠の前の鐘を叩いて、登山の無事を祈ります。
b0190242_1331222.jpg

 もう景色はのぞめないので、山道の植物を撮りながら登ることにしました。雨にぬれる花もいいものです。056.gif
b0190242_13321867.jpg

b0190242_13312467.jpg

 やはりシャクナゲはまだ咲いていませんでした。満開になるのは7月のようです。安達太良山のシャクナゲの葉の裏は表と同じ緑色です。屋久島や瑞牆山で見たシャクナゲの葉の裏はオレンジ色でした。ちがう種類なのでしょうか。056.gif
b0190242_13313441.jpg
b0190242_13315319.jpg

 ピンク色の釣鐘状の小さい花がたくさん咲いていました。イワカガミという花です。小さくてとてもかわいい花です。浄土平でも咲いていました。056.gif
b0190242_1333396.jpg

 シャクナゲは咲いていませんでしたが、ピンク色のヤシオツツジが至る所に咲いていました。
056.gif
b0190242_13333589.jpg
b0190242_13335619.jpg

b0190242_1334978.jpg

 この白い花は何という名前でしょうか、倉持さん、教えてください。056.gif
b0190242_13343376.jpg

 サクラドウダンのつぼみ。
056.gif
b0190242_13361668.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_13383599.jpg

 雨の山道で気づいたことがあります。気温が高くないこともあるかもしれませんが、私の大嫌いな虫が飛んでいませんでした。雨が降っていると虫が出てこないようです。
b0190242_13391141.jpg

 もう少しで頂上の広い場所へ出る手前に長さ20 mほどの雪渓が現れました。軽アイゼンを持参していきましたが、下山してきた方に聞くと、「このくらいだったら着ける必要はないよ。」というので私たちも軽アイゼンを装着せずに、雪渓の踏みならされて平らになっているところを選びながら、慎重に雪渓を進みました。雪渓はかなり溶けていて、雪渓の下は空洞になっていました。下山時に3回ほど雪渓が割れて膝下あたりまで足がズボッと入ってしまいました。042.gif
b0190242_13392938.jpg

 雪渓を抜け、少し登ると平坦な道が少しあって、山頂へ続く最後の登り道になります。私たちの後からやってきた地元の登山者が、天気がよければ、この平坦な場所から福島第2発電所の煙突が見えるとおっしゃっていました。057.gif058.gif
b0190242_134078.jpg
b0190242_13403964.jpg

 その最後の道からは安達太良山の特徴でもある乳首(ちちくび)が見えました。そのため安達太良山は別名・乳首山ともいい、万葉集にその名前が出てきます。004.gif
b0190242_13411796.jpg
b0190242_13414363.jpg

 山頂の標識の前で記念撮影をしました。このときには雨は上がっていました。しかし、低気圧が通過しているためか、強風が吹いていました。12時9分。登山を開始して1時間49分でした。038.gif
b0190242_1342223.jpg

 もちろん乳首にも登りました。乳首には安達太良山唯一の鎖場がありました。鎖を登りながら乳首の頂上に到着。やはり何も見えません。そして、油断していると飛ばされそうなほど強い風が吹いていました。普段、乳首にしがみつくことがないこともないので、風に飛ばされないように必死に乳首にしがみつきながら、祠を撮影しました(セクハラトーク)。そして、乳首にしがみつくように鎖場を降りて行きました。041.gif037.gif041.gif037.gif041.gif
b0190242_13423694.jpg
b0190242_1343092.jpg

b0190242_13432185.jpg

 乳首の下まで降りて来ると、すでに風がおさまりかけていました。風を避けるようにして、岩の陰でおにぎり弁当を食べました。おにぎりがつぶれて、入れ物の形になってしまいました。037.gif
b0190242_1344777.jpg
b0190242_13445097.jpg

 わずかな時間ではありましたが、雲が切れて青空が見え、ときどき太陽が顔をのぞかせました。058.gif
b0190242_13453384.jpg

 登って来る時はまったく見えなかった景色も、見えるようになり、くろがね小屋方面の稜線が現れました。雪もところどころ残っています。
b0190242_13462015.jpg

 おにぎりを食べた後、しばらく写真撮影をしました。そして、登って来た道を引き返して下山を開始。すると開けてきた視界が再び霧におおわれて、また見えなくなってしまいました。雨はもう降っていません。

b0190242_13472731.jpg
b0190242_134864.jpg

b0190242_13483917.jpg
b0190242_13491130.jpg

b0190242_13492482.jpg

 再び雪渓を注意して下り、ヤシオツツジ、イワカガミを見ながら下山してきました。徐々に霧も晴れてきて、登りでは見えなかった景色も見ることもできました。058.gif056.gif058.gif056.gif058.gif
b0190242_135082.jpg
b0190242_13503281.jpg

b0190242_135123.jpg

b0190242_13512821.jpg
b0190242_13521149.jpg

b0190242_13531744.jpg

 ゴンドラに乗って下まで降りて来た時には、すっかり晴れあがってダイヤモンドを撮ることができました。15:30。058.gif
b0190242_13534861.jpg
b0190242_1354172.jpg

b0190242_13545299.jpg
b0190242_13552444.jpg
b0190242_1356150.jpg

 帰り路、東の空には月が出ていました。072.gif
b0190242_13562465.jpg
b0190242_13565229.jpg

b0190242_13572866.jpg

 そして西の方を見ると安達太良山の乳首が見えました。たしかにおっぱいのようです。

b0190242_13581115.jpg
b0190242_13591225.jpg

b0190242_135939100.jpg



b0190242_1402857.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_1415795.jpg

 ホテルに戻ると渡辺さんが横向スキー場のゲレンデで山菜のワラビを採っていました。056.gif
b0190242_142236.jpg
b0190242_1424588.jpg

 オニゼンマイ、これは食べられません。056.gif
b0190242_1434488.jpg

 ウマツツジ。056.gif
b0190242_1435627.jpg

 ヤマブキ。056.gif
b0190242_1441468.jpg

 ジュウニヒトエ。056.gif
b0190242_1443339.jpg

 クロマツ。056.gif
b0190242_1445346.jpg

 ナナカマド。056.gif
b0190242_1452767.jpg

 ウルエ。茎の部分を湯がいて食べるそうです。
b0190242_1455998.jpg

 ドウダンツツジ。056.gif
b0190242_1462174.jpg
b0190242_1464754.jpg

 ベニサラサ。056.gif
b0190242_1471556.jpg

 写真の花はすべて渡辺さんやホテルで避難生活しているおかあさんたちに教わりました。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_1475521.jpg

b0190242_1482051.jpg

b0190242_1491244.jpg

by ryott-ryott | 2011-06-14 14:17 | いいところ福島 | Comments(2)

いい歳、りょうちゃん、いいところ福島へ行く(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_16362830.jpg
b0190242_16365155.jpg

本日は久しぶりに「じゃんけんぽん」でお昼ご飯を食べました。気まぐれ定食はメンチカツでした。038.gif
b0190242_16371236.jpg

 2011年3月11日(金)に東日本大震災がおこってから3ヵ月が経ちました。福島県の浪江町に住んでいた、私の知り合いが、現在は同じ福島県の猪苗代町にあるホテルマウント磐梯で避難生活を送っているというので、先週末お見舞いに行ってきました。018.gif
b0190242_1638265.jpg

 新幹線で福島駅まで行くと、浪江町で飲食店や土木施工会社など幅広く経営されていた渡辺さんが奥様と一緒に出迎えてくれました。約3年ぶりの再会です。奥様はほとんど変わっていませんでしたが、渡辺さんは73歳にして体格がよくなった感じがします。渡辺さんに聞くと「避難太り」なんだそうです。
b0190242_16383590.jpg

 震災前、渡辺さんは浪江町で飲食店を経営し、月曜日から土曜日まで朝から夜遅くまで働いていましたが、今回震災での避難生活で体を動かすことが少なくなって、朝・昼・晩と3食の食事をきちんと摂っていたら、この3ヵ月間で体重が相当に増えてしまったそうです。
b0190242_16392871.jpg

 3月11日、渡辺さんのお店はランチタイムの営業中であり、お店に2人のお客さんがまだ居たそうです。またその夜は宴会の予約が入っており、その仕度に取りかかっていたと言います。14時46分に大地震が浪江町をも襲いました。お店の建物自体は無事でしたが、お店の中は食器が棚から飛び出し、滅茶苦茶になってしまったそうです。渡辺さんご夫婦も懸命にお皿が入った棚などが倒れないように抑えていましたが、地震の揺れは大きく、そして長かったために、自分が立っていることも大変であり、堪え切れずに棚から手を離してしまったそうです。
b0190242_16401450.jpg

 滅茶苦茶になった店内を片付ける間もなく、浪江町に避難警報が発令されます。地震により発生した大津波が町に迫っているということでした。渡辺さんが店を出ると、昔からある古い家はすべて倒壊していたそうです。そして津波を逃れるため高台に向かいます。津波はJR浪江駅の1 km先まで到達し、浪江町の死者・行方不明者は900人を超えました。
b0190242_16403358.jpg

 昔ながらの酒屋さんは倒壊してしまいました(「週間現代」より)。私も浪江に出張した際に、この酒屋さんで日本酒を買って帰りました。
b0190242_16411439.jpg

 津波警報が解除され、店に戻ってくると、再びの避難警報が発令されました。福島第一発電所から大量の放射能が飛散しているため、原発から半径3 km以内のただちに避難せよとのことでした。その範囲がすぐに半径10 kmになり、30 kmになりました。ふたたび取るものも取りあえず、体一つで店を出ます。そして、いつになったら再び故郷の浪江町に戻れるのかわからない避難生活の始まりだったと言います。話をうかがっていて、渡辺さんの明るい奥さんが「ふるさと、なくなっちゃった。」とぽつりとつぶやいたとき、何と言葉をかけたらいいのか困りました。そして地震と原発事故は本当に深刻な問題であり、事態は何一つ進展していないことを改めて知りました。
b0190242_16422029.jpg

 浪江町を離れた渡辺さんはまず同じ福島県内の郡山へ向かい、そこから娘さんが住んでいる埼玉県へ避難されました。しばらく、埼玉県春日部市の娘さんの家の近くにアパートを借りて住んでいたそうです。しかもアパートの大家さんが、避難生活で大変だろうと言って、無償で部屋と畑を貸してくれたそうです。転々とした避難生活のなかで人の優しさが身にしみたとおっしゃっていました。
b0190242_16424638.jpg
b0190242_164365.jpg

 渡辺さんからはホテル「観陽亭」の話も聞きました。ホテル「観陽亭」は渡辺さんの知り合いが富岡町の閉鎖された結婚式場を買い取って、ホテルとしてリニューアルした宿泊施設です。3年前の3月に「観陽亭」のリニューアルオープンのパーティーに招待してもらったことがあります。崖の上に建っていた「観陽亭」は東日本大震災で崖ごと海に中に崩れ落ち、津波により跡かたもなく流されてしまったそうです。そして、「観陽亭」から見えていたろうそくのような岩も地震と津波でなくなりました。

b0190242_16432818.jpg
b0190242_16433816.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_1644516.jpg

 
 “傾国の美女”と呼ばれた楊貴妃は、本名は楊玉環(ようぎょくかん)、今の四川省に勤務する一軍人の娘として生まれました。傾国とは色香で国をも滅亡させる美女。貴妃は名前ではなく、二番目の王妃の位です。
 
中国王朝の後宮(ハーレム)には、3000人の美女がいましたが、それぞれ階級がありました。皇后の下には、貴妃、淑妃、徳妃、賢妃の順に4人の王妃、その下には九賓と呼ばれる9人の王妃、さらにその下に3段階に分かれた王妃。このたくさんの王妃に仕える女官たちにもさまざまの階級がありました。

楊玉環の場合は、その美貌と才智が買われ、幸運にも玄宗皇帝の嫡男寿王の后に抜擢されました。ところが父である玄宗皇帝は寵愛の王妃が急死すると、とたんに息子の嫁がほしくなり、無理やり楊玉環を貴妃として迎え入れました。玄宗皇帝59歳、楊貴妃26歳のときでした。

それから二人の仲は、白居易の長編抒情詩「長恨歌」にうたわれた通り、「老いらくの恋」、「傾国の愛」に燃えに燃えました。

唐の始祖太宗皇帝に次ぐ名君と言われた玄宗皇帝も、楊貴妃の色香に迷い、政治は乱れるばかりです。国民の不平不満、反感が強まるのは当然です。やがて楊貴妃は、信頼していた養子の安禄山に裏切られ、クーデターで長安を追われ、玄宗皇帝とともに馬嵬(ばかい)に脱出しました。しかし、ここでも兵士の反乱に会い、楊貴妃は玄宗皇帝の面前で斬られてしまいました。天保十五載(756年)6月14日、楊貴妃38歳、玄宗皇帝71歳でした。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_16442148.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_16444670.jpg

 渡辺さんは少しでも浪江の近くにいたいという希望もあり、現在は猪苗代町・横向温泉にあるマウント磐梯にいらっしゃいます。今、福島県は原発の事故があり、原発の影響がないところまでも風評被害で観光客が激減しています。観光客の減った福島県内のホテルや旅館は、行くところのない被災者の受け入れを決め、マウント磐梯も現在140名の被災者を受け入れています。国からは1人当たり1日5000円の補助金が宿泊施設に支払われているそうです。
b0190242_16451548.jpg

渡辺さんの部屋を訪れると、ビールと山菜のおしたしを出してくれました。
b0190242_1646064.jpg

そしてスカイラインを通って、浄土平と吾妻小富士へ連れて行ってくれました。

b0190242_16463810.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_1647833.jpg

地震で陥没した道路。
b0190242_16475657.jpg

吾妻山からは噴煙が出ていました。
b0190242_16481511.jpg

吾妻山を背景に記念撮影。
b0190242_16525737.jpg

浄土平をしばらく歩き、私だけ吾妻小富士の火口を撮りに行きました。

b0190242_16534821.jpg
b0190242_1654541.jpg

 吾妻小富士からおりてきて、駐車場へ行くと若者が一人いました。その若者は大学の山岳サークルに所属しており、3日間吾妻連峰を縦走し、浄土平まで降りてきたところでした。渡辺さんが来るか来ないかわからないバスを待っている若者に声をかけて、これからホテルへ戻るところだった私たちと一緒にマウント磐梯へ行きました。その若者と一緒に夕飯をホテルで食べましたが、よっぽど腹が減っていたらしく、3杯おかわりしていました。また泊まるところをまだ見つけていないというので、私の部屋に泊まってもらいました。その若者は早稲田大学教育学部の4年生で、ちょうど就職活動も終わったところで、社会に出るまで時間が許す限り山を周りたいと言っていました。何とも羨ましい、私の場合はもう学生時代には戻れないので、退職を待つしかありません。037.gif
b0190242_16543760.jpg
b0190242_16545740.jpg
b0190242_16553011.jpg

 22歳の若さですでに日本百名山を30座以上登ったそうです。その中には私たちが目標としている剣岳もすでに登られたそうです。若者が言うには、「カニのたてばい」は掴むところ、足場がしっかりしているのでさほど難しくないが、「カニの横ばい」は岩が出っぱっているため、切り立った断崖に上で体を後ろに引かないと足場が見えないところがあり、下で誰かが指示しないと難しいと話をしてくれました。038.gif
b0190242_1655541.jpg

 私がツアー会社の谷川岳ツアーをキャンセル待ちで申し込んでいると話すと、谷川岳は一の倉沢というロッククライミングのメッカがあり、エベレストよりも多くの人間が死んでいるという話をしてくれました。また冬山の富士山へ行くなら12月あたりにした方がよく、春先は大変に危険であり、気温があがって雪が溶けて、再び凍結することを繰り返すことにより、雪が青く見える氷の層に変わっていくそうです。この青い氷の層はアイゼンの歯もなかなか突き刺すことができず、大変に危険であり、足を滑らせたら最後、谷に落ちるか岩に激突するまで、滑り落ちて行くことになり助かることはありません。山岳サークルの若者の話に、私の興味が尽きることはありませんでした。
038.gif
b0190242_16561589.jpg



b0190242_1656345.jpg

さて次回は、いい歳、りょうちゃん、
日本百名山8座目の安達太良山へ登ります。

038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_16565876.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_16571939.jpg

b0190242_16574189.jpg

b0190242_1658271.jpg

b0190242_16581365.jpg

b0190242_16582775.jpg

b0190242_16584982.jpg

b0190242_1659639.jpg

b0190242_16591872.jpg

by ryott-ryott | 2011-06-13 16:26 | いいところ福島 | Comments(0)

6月の新宿御苑散策(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_2346586.jpg

 土曜日にチームじゃんけんぽんと一緒に三浦海岸へ行き、すっかり日に焼けてしまいました。テントで足を出して寝てしまったため、とくにふくらはぎが真っ赤に焼けて、本当にハムのようになってしまいました。037.gif土曜日以来、風呂の湯船につかることができません。湯船に足を入れると、激痛が走ります。031.gif
b0190242_23465896.jpg

 そして日曜日はアミューズトラベルの天城山ツアーのキャンセル待ちをしていましたが、残念ながら席はまわってきませんでした。倉持さんからは百名山は人気が高いので早めに予約することを勧められました。
b0190242_23471210.jpg

 土曜日はかなり強い陽射しがありましたが、日曜日は鈍色の曇り空でした。天城山に行ってシャクナゲを見ることができなかったので、近場の新宿御苑に行って、バラとタイサンボクとナナカマドを見てきました。056.gif
b0190242_23472464.jpg
b0190242_23474073.jpg

b0190242_23475341.jpg

 実は新宿御苑に行くのは、上野動物園と同じく、小学校のとき以来です。小学生のときに、親に連れられて新宿御苑に行き、池に大きな鯉が泳いでいたのを覚えています。
b0190242_23482676.jpg

 東京駅から丸ノ内線に乗り新宿御苑駅で下車。大木戸門から入りました。周囲3.5 km、面積58.3 haの新宿御苑はスーパークールビズで有名な環境省の管轄なんですね。6月は環境月間であり、1972年6月5日に「国連人間環境会議」が世界で初めて開催されたことを記念して、『世界環境デー』に定められたそうです。したがって、6月4日と5日は入場無料で入ることができました。通常は200円かかります。
b0190242_23493815.jpg

 まずは東側にあるフランス式整形庭園に向かいました。プラタナス並木の向こう側にバラ園があります。見たこともない数々のバラ。バラにたくさんの種類があることを知りました
056.gif
b0190242_2350813.jpg
b0190242_23503875.jpg

b0190242_23505644.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されてまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_23513068.jpg
b0190242_23514765.jpg

b0190242_2352711.jpg

 
 元和元年(1864年)の6月5日、京都は名物の祇園祭の宵宮で賑わっていました。三条通り河原町の旅館池田屋には、尊王攘夷派の志士たち約20余人が、各自変装をしながらぞくぞくと集まってきました。仲間の一人が新撰組につかまったので、その対策を練るためでした。しかし、その密議の情報はすでに洩れ、新撰組の隊長近藤勇は彼らの一網打尽を狙っていました。

 集まる志士の数が多いので、京都守護職と所司代に応援隊を要請しましたが、その応援隊は約束の夜8時になってもやって来ません。腹を立てた近藤隊長は、新撰組30人を引き連れて、夜10時、池田屋を襲撃しました。池田屋の2階では、密議も終わり、酒宴の最中でした。そこへ突然の襲撃です。敵味方入り交じっての激闘1時間、結局志士たちの中で長州藩士吉田稔麿(としまろ)、肥後藩士宮部鼎蔵(ていぞう)ら、指導者7人が殺され、残りもほとんど捕えられました。
 
のちに明治の元勲として知られた木戸孝允も、当時は志士の一人桂小五郎として列席していましたが、芸者幾松(のちに妻)の機転で間一髪のところで助かりました。京都木屋町御池の旅館「幾松」は、彼が当時ひそんでいた旅館です。

 小五郎は、この事件の翌年、藩命によって木戸貫治と改姓。のちに孝允と称しました。 彼は独裁専制を排した「君臣同治」の憲法の制定を建議したり、参議・文部卿として文明開化の思想を普及したり、西郷、大久保と並んで維新の3傑、元勲の一人に数えられます。 明治10年(1877年)5月26日、西南戦争の最中に、44歳の若さで病死しました。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_23525517.jpg
b0190242_23531048.jpg

b0190242_23534423.jpg
b0190242_23542961.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_23551614.jpg

 バラ園から新宿方面(西の方)には広大な芝生のイギリス風景式庭園があります。
b0190242_23554496.jpg

 その一角に白い大きな花をつけるタイサンボクがありました。

b0190242_2356439.jpg
b0190242_23572629.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_23593616.jpg

 ニワナナカマドが咲いていました。白く小さな花と白く満丸のツボミ。
056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif
b0190242_2342378.jpg
b0190242_2344524.jpg

b0190242_23597.jpg
b0190242_235346.jpg

 ハコネウツギ。
b0190242_236121.jpg

 月曜日は貴重な梅雨の晴れ間があり、通勤帰りに久しぶりにお台場海浜公園で夕日を撮りました。
058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif

b0190242_2363339.jpg
 
b0190242_2365251.jpg
b0190242_237916.jpg


b0190242_238720.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_2391069.jpg

b0190242_2414367.jpg

b0190242_242724.jpg

b0190242_242256.jpg

b0190242_242549.jpg

b0190242_2432281.jpg

058.gif056.gif038.gif041.gif024.gif032.gif016.gif070.gif058.gif004.gif016.gif037.gif072.gif060.gif

by ryott-ryott | 2011-06-08 02:48 | 新宿御苑 | Comments(0)

格闘・まぼろしの巨大魚を追う(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_822314.jpg

 先週の日本ダービーの余韻さめやらぬ中、天候は雨が続いていましたが、今週末は太陽が顔を覗かせてくれました。雨が多い季節ということもあり、6月はほぼ毎週イベントを入れています。今日6月4日(土)はチームじゃんけんぽんと一緒に三浦海岸での地曳網漁に参加しました。070.gif
b0190242_8231897.jpg

 地曳網漁は第一三共製薬さんが毎年企画しているイベントです。じゃんけんぽんの常連さんの第一三共製薬の石井ちゃんがチームじゃんけんぽんのメンバーを地曳網漁に誘ってくださいました。私はこの地曳網漁には昨年に引き続き2回目の参加です。
b0190242_8241058.jpg

 昨年はまったく魚が網にかからなかったことを覚えています。トントンさんはお店から包丁セットを持参したにもかかわらず、魚をさばくことができずに拍子抜けしていました。 第一三共製薬のえりりん博士に聞くと毎年こんなもんだとおっしゃっていたので、私は待ち合わせの品川駅・駅中でお昼用の惣菜をいくつか買って行きました。037.gif
b0190242_8233339.jpg

 トントンさん、春さん、龍平ちゃん、関ちゃん、愛ちゃん、咬みつき犬の飼い主のミキちゃんとそのお友達と品川駅京浜急行改札の前で朝8時10分に待ち合わせ。京浜急行に乗りこみ、三浦海岸を目指します。そして咬みつき犬もペット用の袋に入れられて連れて来られていました。このまま海に沈めてしまいたいところです。041.gif
b0190242_8242958.jpg
b0190242_8243944.jpg

b0190242_8245627.jpg
b0190242_8251067.jpg

 三浦海岸では4月にこんな恐ろしい事件があったようです。

b0190242_8253244.jpg
b0190242_825422.jpg

b0190242_8255933.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されてまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_8265060.jpg
b0190242_8272649.jpg

b0190242_8275093.jpg

 
天台宗の宗祖最澄は奈良時代の末期、近江の国で生まれて、弘仁13年(822年)6月4日、比叡山の中道院で亡くなりました。

清和天皇から、日本では初めての大師号「伝教大師」のおくり名を賜りました。
日本における天台宗は、延暦23年(804年)に入唐した最澄が、天台大師の教えを伝えたのが最初です。奈良時代すでに華厳宗、律宗、三輪宗、法華宗、成実宗、倶舎宗の諸宗が渡来していましたので、天台宗はそのあとの宗派として独立しました。天台大師の教えを中心に、戒法、禅法、密教、念仏などの諸法が生まれ、天台の教えは、日本仏教の源流的役割を果たし、2000年にも及ぶ日本文化に大きな影響を与えてきました。

総本山である比叡山は、宗祖の教えに基づき、学山として宗教学徒の修練道場として知られ、古今幾多の名僧智識を輩出してきました。古い歴史を持つだけに、天台宗の名刹は多く、総本山延暦寺の他、代表的寺院としては、北から中尊寺(一関)、立石寺(山形)、輪王寺(日光)、寛永時(上野)、善光寺(長野)、三千院・妙法院・曼殊院・青蓮院(京都)、円教寺(姫路)、観世音寺(福岡)などがよく知られています。

最澄の言葉で有名なものは、その著書「山家学生式(さんかがくしょうしき)」の中にある「一隅を照らす者は国宝なり」の一文で。よく色紙などに「照于一隅」とか「一燈照隅」と書かれているのは、このことです。たとえその灯が小さいものであっても、一人ひとりがこつこつと、一隅を照らし続けるような仕事をやっていけば、やがては「万燈遍照」となって、世の中全体が明るくなっていくという意味です。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_8284785.jpg
b0190242_829101.jpg

b0190242_8293669.jpg
b0190242_8295750.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_8302790.jpg
b0190242_8311295.jpg

b0190242_8313615.jpg
b0190242_8315570.jpg

b0190242_8322364.jpg

 昨年の地曳網漁はほとんど魚が網にかかっていませんでした。どうやら網の引きかたに問題があったそうです。漁師さんか第一三共製薬の方かわかりませんでしたが、一定の力で引き続けることが重要であると引きかたの指導がありました。綱引きのように「オーエス、オーエス」と引く力に強弱をつけてしまうと、網が海の中で上下に揺らぐため、網が沈みこんだときは網の上側から、網が浮かんだ時は網の下から魚が逃げてしまうそうです。したがって、網が上下に揺れないように、左右両方でひたすら一定の力で引き続けなければなりません。018.gif
b0190242_8325370.jpg

b0190242_8332360.jpg
b0190242_8333782.jpg

b0190242_8355610.jpg

 網を引いている間に、何匹か網の上から魚が逃げて行くのが見えました。しかし、皆さんで息を合わせて、左右対称に一定の力で網を引き続けました。果たして、今年の収獲はどうだったでしょうか。004.gif
b0190242_8362431.jpg
b0190242_8363863.jpg
b0190242_8371415.jpg

 巨大魚の姿はなかったものの結構な数の魚が網の中にかかっていました。大きなイカの姿もありました。038.gif
b0190242_8384844.jpg

 親子2代の料理人、トントンさんと龍平ちゃんがイカをさばきます。038.gif
b0190242_8392473.jpg
b0190242_839413.jpg

b0190242_8401614.jpg

イカのくちばし。
b0190242_8403425.jpg
b0190242_841915.jpg

 さばかれたイカはお刺身に、ゲソは網焼きに。あっという間に売り切れました。038.gif お酒がすすみます。

b0190242_84202.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_8424619.jpg
b0190242_8431224.jpg

b0190242_8432494.jpg

 第一三共製薬さんが用意したビールと串焼きを戴きながら、持参した惣菜と酒を飲み、すっかりいい気持に。私はすこし砂浜の写真を撮りながら散歩していると、龍平ちゃんのお友達のあいちゃんが向こうから歩いてきて、携帯電話を落としてしまったとのこと。私も下を見て探しながら歩きましたが広い砂浜では見つけることはできませんでした。しかし、元の場所に戻って見ると、あいちゃんは散歩した経路を辿って携帯電話を見つけることができたようです。038.gif
b0190242_844133.jpg

 携帯が見つかり、すっかり元気になって、スイカにかぶりつく、関ちゃんとあいちゃん。037.gif
b0190242_8441751.jpg
b0190242_8443037.jpg

 今年は咬みつき犬にはなるべく近づかないようにしていたため、吠えられることも、咬まれることはありませんでしたが、ミキちゃんのお友達は何度か咬まれそうになったそうです。そのお友達は「食べ物をあげようとしているのに、何で唸って、咬みつこうとしているんだ!」と嘆いていました。やっぱり、この犬はバカな犬です。
041.gif041.gif041.gif041.gif041.gif
b0190242_8445770.jpg

 そして何度か咬みつき犬の娘の犬を連れて、波打ち際まで行きましたが、娘の犬は結構水を怖がって、海の中に入って行こうとはしませんでした。ちょっと、いじめてしまいました。決して、犬が嫌いなわけではありません。咬みつき犬が嫌いなんです。037.gif
b0190242_8455621.jpg

 最後は皆さん、浜辺に倒れるように寝込んでいました。咬みつき犬の飼い主も。変顔をして寝ています。
041.gif037.gif041.gif037.gif041.gif
b0190242_8461099.jpg

 第一三共製薬のお父さんも。知らない方です。
041.gif037.gif041.gif037.gif041.gif
b0190242_847216.jpg

 私も散歩から戻って、しばしテントの中で寝ましたが、足がテントの外に出ており、真っ赤に日焼けしてしまいました。031.gif
b0190242_8475130.jpg
b0190242_848890.jpg

b0190242_8482784.jpg

 最後は記念撮影。061.gif038.gif
b0190242_8484167.jpg
b0190242_849671.jpg

 三浦海岸の駅前で一杯飲んで、帰路に着きました。電車の中では皆さん、死んだように寝ていました。
037.gif037.gif037.gif037.gif037.gif
b0190242_849432.jpg


b0190242_849566.jpg
b0190242_8502680.jpg
b0190242_8505441.jpg

b0190242_8511332.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_8514269.jpg

b0190242_852671.jpg

b0190242_8522641.jpg

b0190242_8524162.jpg

b0190242_853165.jpg

b0190242_8532957.jpg

037.gif041.gif024.gif016.gif056.gif058.gif068.gif072.gif038.gif038.gif

by ryott-ryott | 2011-06-05 09:01 | 三浦海岸地引網漁 | Comments(0)

回顧・第78回日本ダービー、おめでとう、オルフェーヴル号(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_0532958.jpg
038.gif
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
 馬場の真ん中を割って、オルフェーヴル。5月29日に行われた第78回日本ダービーは、23年ぶりに東京競馬場で行われた皐月賞を勝ったオルフェーヴルが雨を引き裂き、2冠を達成しました。Jpn IからGIに変わった日本ダービーではステップレースのスプリングSを勝ってきた皐月賞馬が2冠を手にすることができたわけです。23年前の東京競馬場の皐月賞馬ヤエノムテキはダービーでは4着に敗退していたことから、オルフェーヴルは果たしてどうかなのか不安がありましたが見事に優勝してくれました。038.gif
b0190242_0541378.jpg

 今年、大震災が起こらずに、ステップレースのスプリングSも皐月賞も例年通り中山競馬場で行われていたら、結果がどうなっていたかという議論はいつもあります。しかし、昨年の日本ダービーでJpn IとGIを明確に区別してきたことを見れば、今年も皐月賞馬のオルフェーヴルが日本ダービーで実績を残すのではないかと考えてきました。004.gif
b0190242_0542664.jpg

2着はGⅡ青葉賞を勝った①番ウインバリアシオンが入り、⑤の単勝、馬番①-⑤、馬単⑤-①を当てることができました。3着は皐月賞2着馬ではなく、皐月賞では3番人気に支持されながら11着に負けた⑦ペルシャザールが入り、3連単はハズレてしまいましたが、結果には満足しています。004.gif
b0190242_0544897.jpg
 
 オルフェーヴルは、第73回を勝ったメイショウサムソンをトレースした馬かもしれません。今後、オルフェーヴルはメイショウサムソンと同じように古馬になってからも活躍していくと思います。
004.gif

(第78回日本ダービー オルフェーヴル)
 1着 ⑤ オルフェーヴル
 2着 ① ウインバリアシオン
 3着 ⑦ ベルシャザール

b0190242_0552712.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されてまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_0564915.jpg

 
15世紀のフランスは、イギリスと「百年戦争」を繰り返していました。パリとブルジュの中間にオルレアンの町では、数千のイギリス軍に囲まれ、フランス軍は壊滅寸前の状態にありました。ここが落ちれば、フランスはイギリスに降伏するしかありません。

 そのとき、祖国フランスを救う、勇敢な19歳の少女が突如として現れました。彼女の夢枕に大天使ミカエルが立って「オルレアンに行け!そしてフランスを救え、フランスはお前を待っている!」と告げたからです。彼女は単身、シノン城に乗り込み、王子を訪ね、神のお告げと自分の使命を申し告げました。
 燃えるような愛国心に感動した王子は、200人の兵士を彼女に与えました。
 彼女は王子から贈られた甲冑に身をかため、軍旗を片手に白馬にまたがり、先頭に立って突撃して行きました。イギリス軍はついに退却です。

 だらしないことに、フランスはたった一人の少女によって救われたのです。その少女の名は、ジャンヌ・ダルク。しかしジャンヌは、その後最後の戦いで不幸にも捕えられ、イギリスの手によって宗教裁判にかけられ、異端者として火あぶりの刑に処せられました。1431年5月30日のことです。彼女は最後までイエスの名を呼び続けて息絶えたといいます。

 それにしても、なぜフランスが、こんな無名の一少女によって救われなければいけなかったのか。いまだにそのことは謎に包まれています。パリの街角に彼女の銅像が建っていますが、一説では、彼女は精神異常者であったともいわれています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_057484.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

アメリカシャクナゲまたはハナガサシャクナゲ056.gif
b0190242_0575914.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_101933.jpg

 先日、倉持さんからアミューズトラベルのカタログを送っていただき、当初は6月5日の二子山を申し込むことを考えていましたが、技術3に区分されている二子山には初心者の申し込みは受理されないとのお話を聞いていました。同じ日に初心者向けの天城山のツアーがあったため、倉持さんとアミューズトラベルに問い合わせをしたところ、すでに満席とのこと。一応、キャンセル待ちにしていますが、キャンセル待ち8番目だそうですのでおそらく行けないでしょう。天城山と言えば、4月に申し込んだものの規定の人数に到達しなかったため、ツアーが取りやめになってしまいました。どうやら私は天城山に縁がないようです。014.gif
b0190242_11855.jpg

 今年、関東地方は5月27日に梅雨入りし、台風2号の影響もあって天気の悪い日が続いていますが、今週末4日(土)はお日様マークの天気予報です。昨年と同じようにじゃんけんぽんチームと三浦海岸へ行き、地曳網漁に参加してきます。果たして、今年は巨大魚を捕獲することができるのでしょうか。あの咬みつき犬も連れてくるようです。巨大魚の餌食にしてしまいましょう。大井町湯屋仲間の中丸さんは、咬みつき犬が私のことをハムだと間違えたのではないかと、失礼なことを言っていました。
031.gif037.gif031.gif037.gif031.gif
b0190242_121931.jpg


b0190242_133943.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_142325.jpg

by ryott-ryott | 2011-06-03 01:11 | オルフェーヴル | Comments(0)