<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日のおしきせ、勇才&潮風公園バーベキューヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_23324392.jpg


 お久しぶりです。「歩みの会」入会以降はまだ山には行っておりません。アミューズからお天気山の集合写真を送ってきたので掲載します。038.gif
b0190242_2333442.jpg

 次回の歩みの会は4月16日(月曜日)、桃の花咲く大栃山が予定されています。いい歳、りょうちゃんはまたもや休暇を取ることにしました。038.gif
b0190242_2333492.jpg

b0190242_233476.jpg

 さて、今日は大井町のお店の紹介をします。JR大井町駅の西口を出て、そのまま真っ直ぐ西に向かって歩いてゆき、東横インの前を通過して、さらに進むと一本橋商店街の通りに突き当たります。その突き当たりを左に曲がり、歩いて2分ほどのところに「勇才」というお店があります。カウンター席10席のお店で、電話をして確認してから行くのが無難です。038.gif
b0190242_23344948.jpg

b0190242_233562.jpg

 料理はすべて主人任せで、お酒も含めて2時間5000円です。店は2時間しか居ることができないわけではありません。何時間でも好きなだけ居ることができます。2時間以降は1時間につき1000円になります。4時間、店に居たら、5000円+1000円/時間×2時間=7000円になります。038.gif
b0190242_23354915.jpg

b0190242_233695.jpg

b0190242_23363797.jpg

 このお店は大井町湯屋仲間のよしこさんに教えていただきました。店のご主人は、漁師であり、猟師でもあります。先日、じゃんけんぽんのトントンさんとはるさんと一緒に行った時はご主人が撃ってきた鴨肉が出されました。038.gif
b0190242_23372181.jpg

b0190242_2338770.jpg

 日本には220種類の鴨がおり、そのうち美味しく食べることができるのはわずか13種類だけだそうです。海で貝などを食べている鴨はにおいがきつくて、とても食べられないそうです。その13種類のうち、猟が許可されているのはわずかに6種類になります。昔は獲ることができましたが、現在は猟が禁じられている鴨で、よく公園で見かけるオシドリはとても美味しいそうです。また子育てする姿が可愛らしいカルガモも、可愛いですが美味しいそうです。今や天然記念物になってしまったライチョウも美味しかったと言います。038.gif
b0190242_23383320.jpg

 そしてご主人は日曜日に富津までスズキを釣りに行くとおっしゃっていました。そのため生きた車海老を100尾以上仕入れたそうです。スズキを釣るには生きたエビが必要であり、死んだエビには見向きもしないとおっしゃっていました。038.gif
b0190242_2339822.jpg

 実は翌日の月曜日、「勇才」で鈴木を食べることができるのではないかと思い、「勇才」に行ってきました。結果は3本しか獲れずに、不漁だったそうです。原因は土曜日に雨が降り、海の水温が下がったため、魚の活性が落ちてしまったそうです。ここのところ、毎週土曜日、雨が降っています。057.gif
b0190242_23395041.jpg

 それでもスズキの刺身、焼き魚、しゃぶしゃぶを食べさせてもらいました。038.gif
b0190242_23423483.jpg

b0190242_23404184.jpg

b0190242_23405567.jpg

 しゃぶしゃぶはワカメと一緒に食べました。
b0190242_2340206.jpg

 しゃぶしゃぶ前。
b0190242_2341104.jpg

 しゃぶしゃぶした後。
b0190242_23412085.jpg

b0190242_23413236.jpg

 またご主人は9・11の同時多発テロはアメリカの自作自演だったのではないかとか、アメリカのアポロ計画が中断されてしまったのは宇宙人が月面に基地をつくっているため、その真実を隠すためだったとか、さらには昨年の3・11の東日本大震災はアメリカの地震兵器の仕業ではないかなど、いろいろな話を聞かせてくださいました。その話の内容は今度、紹介します。038.gif
b0190242_2342213.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_23431884.jpg

 
小野小町は平安初期(9世紀ごろ)の女流歌人で、「六歌仙」の一人として「古今集」をはじめ、数多くの勅撰歌集に秀歌をのこしています。生没年ともに不詳、そして絶世の美女だったと言われています。

小野小町に関する伝説、お墓は全国に点在しており、福島県に生地といわれる小野町があります。これは同じ小野一族で、浄瑠璃節の祖と言われた小野お通が、小町を主人公にした歌物語、恋物語、人生落魄(らくはく)の物語に仕立てて諸国をまわった影響とみられています。能の世界でも「小町もの」の人気は高く、さまざまな小野小町の生きざまを描いています。

才色兼備の絶世の美女、小野小町に憧れる男性は多く、中でも深草の少将の「通小町(かよいこまち)」は有名です。深草の少将が小野小町に「私のもとに、なんとしても嫁に来ていただきたい」と言い寄るところ、小町は「ならば百夜(ももよ)通ってください、そうすればあなた様のもとに参りましょう」と返事をします。「百夜通え」とは百日間欠かさず来ることを要求しました、しかし部屋に入れてくれるわけではありません。小町の住むところまで通ってきて、その外で歌などを詠んで帰っていくという繰り返しです。深草の少将はやりました。99日通い、あと一日で百夜だというところで、病を得て、とうとう焦れ死にをしてしまいました。

小町に仕えていた女中衆が、小町にそのことを知らせると、表情も変えずに脇に置いてあった「ほれ帳」と書かれてあった手帳を開き、イロハの順の「フ」の部に書いてあった深草の少将の名前に棒を引いてあっさりと消してしまったという話です。

実は小野小町は女性としての機能がなく、男性を受け入れることが出来ない体であったと言われています。それなのに「百夜通え」というのはイカサマじゃないかと、後に川柳を詠む江戸っ子たちは小野小町のことを「穴なし小町」と言うようになりました。
裁縫に使う、穴のない針のことを「待ち針」と言いますが、もともとは「小町針」と言われており、「小」がとれて「町針」になり、「待ち針」となりました。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_23434779.jpg


 さて3月18日はじゃんけんぽんのトントンさん、はるさんに誘われて、潮風公園にバーベキューに行きました。
b0190242_23444261.jpg

 この日はあいにくの曇り空。大井町駅前から「船の科学館」行きのバスに乗って行きました。
b0190242_23451373.jpg

b0190242_23453331.jpg

 太陽の塔。058.gif
b0190242_23454548.jpg

 バーベキュー広場では鉄板、炭、椅子、それから雨が降ってきたときのためのテントまで貸してくれます。
b0190242_23463995.jpg

b0190242_23465281.jpg

b0190242_23471563.jpg

 お酒も用意。069.gif
b0190242_2347412.jpg

 そして、あの憎き咬みつき犬も来ていました。031.gif
b0190242_23475871.jpg

 肉と野菜を次から次へと焼いて行きます。そして、次から次へとお腹の中へおさめられていきました。037.gif
b0190242_23483078.jpg

b0190242_2349180.jpg

 パンも焼きました。
b0190242_23491629.jpg

 ジャガイモも焼いて、塩辛をのせて食べました。これが日本酒とよく合います。
b0190242_23495012.jpg

 お弁当に持ってきたコロッケも焼いています。そして、海苔巻とおにぎりも焼きました。
b0190242_23501236.jpg

b0190242_2351680.jpg

 この咬みつき犬に海苔巻、おにぎり、パンを与えたところ、貪るように食べていました。普段、飼い主は何も食べさせていないようです。特に海苔が巻かれたおにぎりをバクバク食べて、海苔をのどに詰まらせていました。咬みつき犬は利口ではないようです。041.gif
b0190242_23512673.jpg

 じゃんけんぽんの仲間たち。おじいさんと咬みつき犬。037.gif
b0190242_2352998.jpg

 体格のいいお母さん。そのお子さんはとても痩せており、警察から食事を与えてないのではないかと疑われたことがあるそうです。037.gif
b0190242_23522974.jpg

 お母さんに似ないで、お子さんは可愛いですね。このまま母親のようにならずに成長してください。037.gif
b0190242_23524753.jpg

b0190242_2353161.jpg

 


(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(中島みゆき/荒野より)

荒野より(作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

夜が
望みは何かと訊かれたら君がこの星に居てくれることだ
力は何かと訊かれたら君を想えば立ち直れることだ

僕は走っているだろう君と走っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は笑っているだろう君と笑っているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

朝陽の昇らぬ日は来ても君の声を疑う日はないだろう
誓いは嵐にちぎれても君の声を忘れる日はないだろう

僕は歌っているだろう君と歌っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は生きているだろう君と生きているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

僕は走っているだろう君と走っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は笑っているだろう君と笑っているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない
荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

b0190242_23535092.jpg

 
 最後に焼きそばも焼きました。地面に落ちてしまった焼きそばを咬みつき犬が貪り食べていました。037.gif
b0190242_2354594.jpg

 お孫さんと一緒。037.gif
b0190242_23541827.jpg

 かくれんぼ。038.gif
b0190242_23545761.jpg

b0190242_2355159.jpg

b0190242_23554740.jpg

 子どもたちは走り回っていました。中高年にはそんな元気はありません。038.gif
b0190242_23562172.jpg

 トントンさんたちとはゆりかもめの駅前でお別れして、おじいさんといい歳、りょうちゃんは東京テレポート駅からりんかい線で大井町に戻って来ました。その途中に機動戦士ガンダムがありました。ガンダムの足もとに写っている人の大きさと比べて、いかに大きいかがわかります。038.gif
b0190242_2357293.jpg


 
今週末は雪山・武尊山へ行ってきます。060.gif060.gif



b0190242_2357154.jpg

b0190242_23584197.jpg

b0190242_2359290.jpg

b0190242_23591997.jpg

b0190242_23594937.jpg

b0190242_001038.jpg

b0190242_005310.jpg

b0190242_011831.jpg

b0190242_02922.jpg

by ryott-ryott | 2012-03-29 00:07 | 勇才 | Comments(2)

「歩みの会」とともに、春を迎えに羽賀場山・お天気山縦走ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_22241495.jpg


 3月13日(火曜日)、この日は休暇を取って、「歩みの会」にはじめて参加しました。「歩みの会」の方とはアミューズの淡路島・小豆島ツアーでご一緒し、写真ファイルをやり取りさせていただいたのが縁で、今回「歩みの会」に参加させていただくことになりました。038.gif
b0190242_22261022.jpg

 今日、「歩みの会」の皆さんとともに挑む山は栃木県鹿沼市の羽賀場山・お天気山です。「お天気山」とは何とものんびりした名前で、陽だまりハイクぐらいだろうと舐めきっての参加でしたが、その名前からは想像もできない手強い山でした。
042.gif038.gif037.gif070.gif
 「歩みの会」もアミューズの特配で新宿出発になります。朝7時5分に新宿駅西口安田生命ビル前に集合、ガイドは浦安の母、倉持さんと白砂さんでした。038.gif
b0190242_22264540.jpg

 空は抜けるような青空で陽だまりハイクには絶好のお天気です。目的地には2時間ほどで到着しました。地面には蕗のとうが顔を出していました。056.gif
b0190242_2227850.jpg

b0190242_22274031.jpg

b0190242_2228354.jpg

 長安寺の参道を上がって、お寺の前で準備体操になります。
b0190242_22282641.jpg

 倉持さんの柔軟性はここでも健在。038.gif
b0190242_22284885.jpg

b0190242_2229972.jpg

 そしてお寺の裏手からいよいよ羽賀場山・お天気山を目指して登山開始になりました。
b0190242_22293484.jpg

 私たちの出発をピンクねこやなぎがお見送り。056.gif
b0190242_22295424.jpg

 いきなりの急登になります。歩みの会16名、倉持さん、白砂ガイド、いい歳、りょうちゃんの総勢19名。9時46分。
b0190242_22303475.jpg

b0190242_2231556.jpg

 まだまだ登ります。
b0190242_22325439.jpg

 鉄塔のところで休憩、餃子ルプスで持っていくはずだったお饅頭を「歩みの会」の皆さんに配り、たいへん喜んでいただきました。鉄塔がなければ日光の山々がきれいに写真におさまるのですが、展望は今一つでした。
b0190242_22334757.jpg

 しばらくすると雪がちらちらと山道の上に現れてきました。
b0190242_22343359.jpg

 雪の急登を登ると雪のない下り。
b0190242_2236182.jpg

b0190242_22363339.jpg

 そしてこの岩場の急登。この急登を登りきっても羽賀場山の山頂にはまだ辿り着くことはできません。羽賀場山・お天気山縦走は急登のアップダウンの繰り返しで、雪道あり、岩場ありの手強い山道であることがようやくわかりました。
b0190242_223732.jpg

b0190242_22373470.jpg

b0190242_22385611.jpg

b0190242_22401137.jpg

b0190242_22404997.jpg

 時刻は12:00、登山を開始して2時間14分で最初のピーク、羽賀場山山頂に到着しました。標高774 mです。ここでお昼ご飯を食べることになりました。頂上といっても、樹林帯のため展望はききません。
b0190242_22411614.jpg

 いつもの特配ミルクティー。
b0190242_22415740.jpg

 一等三角点があります。
b0190242_22422012.jpg

 「歩みの会」のマリコさんと一緒に記念撮影。
b0190242_22425248.jpg

b0190242_224386.jpg

b0190242_2243398.jpg

b0190242_22435272.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_22453126.jpg

 
 歴史で名高い「川中島の合戦」は、都合5回も行われていました。

①天文22年(1553年)10月
②天文24年(1555年) 4月
③弘治 3年(1557年) 8年
④永禄 4年(1561年) 9月
⑤永禄 7年(1564年) 8月

“竜虎相撃つ”といわれたこの合戦、引き分けの形になっていますが、実際にはどちらに軍配があげられるでしょうか。この合戦の古い記録『河中島五箇度合戦記』によりますと、戦術的には上杉謙信の判定勝ちと書いてあります。

 謙信無念の心境をよんだ次の漢詩はご存知でしょう。

  鞭声粛粛夜過河(べんせいしゅくしゅくよるかわをわたる)
  暁見千兵擁大牙(あかつきにみるせんぺいのたいがをようするを)
  遺恨十年磨一剣(いこんじゅうねんいっけんをみがく)
  流星光底逸長蛇(りゅうせいこうていちょうだをいっす)

 謙信は古風な一面をもつ武将だっただけに、生涯のライバルであった信玄の死を聞いたとき、思わず落涙し、「英雄とはこの人をいうなり。関東の弓矢をとる柱を失いたり」と、瞑目したまま暫く頭を上げなかったといいます。

 宗教心の強い人で、剃髪して不識庵謙信を名のってから、生涯独身で不犯の戒律を守り通しました。今でいう「まじめ人間」だったのでしょう。
 天正6年(1578年)3月13日、上洛を目指して出陣する朝、春日山城で脳卒中で亡くなりました。49歳。

  我一期栄一盃酒(わがいちごのさかえいちごのさけ)
  四十九年一瞬間(しじゅうくねんいっしゅんのかん)
  生不知死亦不知(せいしをしらずしもまたしらず)
  歳月只是如夢中(さいげつただこれむちゅうのごとし)

 謙信の辞世の句として伝えられるものです。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_22465669.jpg


 お昼を羽賀場山で済ませて、次のピーク、お天気山を目指します。
b0190242_2248862.jpg

 折角、登ってきたのに、この雪の急登の下りを降りていきます。
b0190242_22493550.jpg

 降りて来た道を見返すと、どこを通ってきたか全くわかりません。おそらくこの縦走路はひとりでは迷ってしまい、とても歩けないと思いました。
b0190242_22495696.jpg

b0190242_22501731.jpg

b0190242_22512983.jpg

b0190242_22521594.jpg

 降りたらまた登りになります。
b0190242_22532862.jpg

b0190242_22534425.jpg

 ここが頂上かと思ったらお天気山頂上はまだ先です。
b0190242_22545756.jpg

 再びアップダウン。
b0190242_22563636.jpg

b0190242_22571543.jpg

b0190242_22573662.jpg

b0190242_22581142.jpg

b0190242_22583722.jpg

 お天気山の頂上の標高は777 mですが、お天気山のピークの前にも標高777 mがあります。写真がその場所です。
b0190242_2259328.jpg

 この擬似ピークからお天気山のピークまで気持ちのいい尾根道を歩いて行くのかと思いましたが、なかなか簡単には頂上に辿り着かせてくれません。再びアップダウン。
b0190242_22594522.jpg

 ここがお天気山までの最後の難関。幅30 cmほどの巻道で、片側は切れています。落ちてしまったら、最期です。
b0190242_2302140.jpg

 15時34分、登山を開始して、5時間と48分でお天気山の頂上に辿り着くことができました。
b0190242_2305091.jpg

b0190242_231145.jpg

b0190242_2314771.jpg

 羽賀場山では展望は臨めませんでしたが、お天気山の頂上からは6月に行く男体山を見ることができました。
b0190242_232818.jpg

b0190242_232378.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(中島みゆき/荒野より)

荒野より(作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

夜が
望みは何かと訊かれたら君がこの星に居てくれることだ
力は何かと訊かれたら君を想えば立ち直れることだ

僕は走っているだろう君と走っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は笑っているだろう君と笑っているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

朝陽の昇らぬ日は来ても君の声を疑う日はないだろう
誓いは嵐にちぎれても君の声を忘れる日はないだろう

僕は歌っているだろう君と歌っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は生きているだろう君と生きているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

僕は走っているだろう君と走っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は笑っているだろう君と笑っているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない
荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

b0190242_2331659.jpg

 
 お天気山山頂で写真を撮り、しばし休憩した後、下山を開始。ここからはアップダウンはなく、ひたすら下っていきますが、急こう配の下りになります。ロープが何カ所かあり、間隔をあけて、慎重に降りていきます。
b0190242_2333781.jpg

 木の根が岩を裂いていました。
b0190242_2335211.jpg

b0190242_2341493.jpg

b0190242_2363447.jpg

17時17分、登山を開始して7時間31分でようやく里まで降りてくることができました。
b0190242_236556.jpg

今日、縦走して来た羽賀場山・お天気山の全貌です。
b0190242_2371197.jpg

b0190242_2373033.jpg

b0190242_2374866.jpg

予定時刻をだいぶ過ぎてしまったのではないかと思いましたが、倉持さんに聞くと時間通りだったそうです。浦安特配ではおそらくこの時刻では入浴は取りやめになるところですが、「歩みの会」ではどんなに遅くなっても入浴・夕飯はとると会長がおっしゃっていました。その言葉通り、温泉に向かい、入浴後ににらそばをいただきました。
b0190242_238057.jpg

b0190242_238128.jpg

帰りのバスでは持っていった日本酒を「歩みの会」の皆さんで喜んで飲んでいただきました。その後、バスの中でいい歳、りょうちゃんの「歩みの会」入会を許諾するかどうかの審議が始まりました。お饅頭を配ったことが功を奏したのか、参加者全員の賛成を戴き、年会費2000円をすぐに会計係の染谷さんに納めて、晴れて「歩みの会」の正会員にしていただきました。「歩みの会」の平均年齢は65歳だそうですが、いい歳、りょうちゃんが入会して、平均年齢は少し若返ったでしょうか。次回の「歩みの会」は4月16日(月曜日)、桃の花咲く大栃山が予定されています。休暇が取れたら是非とも参加したいと思っています。038.gif
b0190242_2385564.jpg


 



b0190242_23101371.jpg

b0190242_2310452.jpg

b0190242_2311164.jpg

b0190242_23114197.jpg

b0190242_2311571.jpg

by ryott-ryott | 2012-03-19 23:15 | 羽賀場山・お天気山縦走 | Comments(2)

震災を乗り越えて、東北復興・豆腐フェアに行ってきましたヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_20403378.jpg


 3月10日(土)はアミューズ特配の宇都宮アルプス縦走・餃子食べ放題という魅力的なツアーに参加する予定でしたが、土曜日の朝に父親が狭心症の発作を起こして病院へ行くことになったため、急遽、魅力的な餃子アルプスツアーはキャンセルさせていただきました。よしこさん、浦安湯屋メンバーの倉持さん、森ちゃん、すみちゃん、じゅんやさん、中島さん、多くの方から御心配のメールを戴きました。幸いにして症状も回復し、入院せずにすみました。実はこのようなことは昨年の年末から3回目で入退院を繰り返しており、お医者さんからは覚悟してくださいと言われております。ご心配をおかけしましたが、何もなければ、今後もいつも通りに特配ツアーに参加しますので宜しくお願いします。040.gif
b0190242_20423832.jpg

 さて連絡事項ですが、先日お知らせしました通り、4月21日(土)に春のおしきせの会を行います。日時は以下の通りです。038.gif

   日時:    2012年4月21日(土曜日) 18:00~閉店まで
   場所:    大井町のアレグロピアット(イタリアンの店です)
   待ち合わせ:17時45分にJR大井町駅アトレ口に集合
         (場所をご存知の方は直行してもらって構いません)。


 現在、参加希望を戴いている方は、よしこさん、みうらっち、森ちゃん、上からマリコさん、安藤さん、千吉良さん、かとたつさん、ハニー羽入さん、あきちゃん、あやちゃん、中島さんご夫妻、白砂ガイド、いい歳、りょうちゃんの14名です。洩れている方はご連絡ください。またまだ日数がありますので、参加の追加登録は歓迎しますので、ご連絡ください。今回は落選ではありませんがすみちゃんは来ることができないのですね、ご機嫌よう。037.gif
b0190242_2043463.jpg

 


(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_20435323.jpg

 
 武田勝頼は、父信玄の「3、4年は父の死を秘し、国内の備えを堅めよ」という遺言に背き、老練な家老たちの諫言もきかず、父の死後10ヵ月にして、早くも美濃、駿河に攻め入りました。

 幸いこのときは勝利をおさめましたが、その余勢をかって、天正3年(1575年)5月、こんどは三河長篠城を攻めました。しかし、前回と違い今回は決定的な大敗北を喫しました。
 勝頼はこの戦いで、信玄以来歴戦の有力な武将の大半を戦死させ、無敗を誇った虎の子の武田騎馬隊を壊滅させてしまいました。信長の技術革新の戦略、3000挺呈の鉄砲という新兵器の前に、もろくも崩れ去ってしまったのです。
 一族、家臣どもの多くは、勝頼に見切りをつけて、次々と斜陽の武田家を離れていきました、

 巻き返しをはかろうとしても、もはやかつての武田軍団の姿はなく、結局、天正10年(1582年)3月11日、木曾義昌との戦に敗れ、天目山で自刃してしまいました。享年36歳でした。

 名門甲斐の武田家を、父信玄死後10年にして滅亡させてしまった勝頼は、いつも暗愚の2代目という歴史的評価を与えられておりますが、なかにはこれと反対の説を唱える学者がいます。
 つまり、勝頼は、若き日の信長と同じような気性を持ち、軍事的には非凡な才をもった武将であった。

 信玄の遺言といわれるものは、家臣団の老臣たちの作である。したがって、あのとき信玄が死んでも、そのまま上洛を続ければ、信長も浅井、朝倉との戦いで苦戦をしていたときだけに、勝頼が天下をとることができたであろうという見解です。

 勝頼の才能を家臣たちが見抜けなくて、失したためというのですが、どうでしょうか。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_20464569.jpg


 土曜日は慣れてはいるものの取り込み事があって、少しバタバタしていましたが、午後からは暇になってしまい、大井町の陣に飲みに行ったら、大井町湯屋の人が何人か来ていました。
b0190242_2047451.jpg

 そして、翌日の日曜日も当然ながら暇なので、東京ビッグサイトで開催されている「豆腐フェア」に行ってきました。「豆腐フェア」はこの歳時記ブログにコメントを書き込んでくれる方から教えていただきました。038.gif
b0190242_20481760.jpg

 この「豆腐フェア」は毎年1回東京ビッグサイトで開催されており、昨年はあの大震災の影響で中止になってしまいました。
b0190242_20491098.jpg

b0190242_20515863.jpg

 「豆腐フェア」では豆腐の試食・販売はもちろんのこと、豆腐を製造する装置や豆腐作りに欠かせない大豆の洗浄や加工装置、エプロンの展示まで幅広く行われていました。
b0190242_2050730.jpg

豆腐を入れておく冷却水装置。
b0190242_20513823.jpg

大豆の洗浄システム。
b0190242_20521134.jpg

原材料をペースト状に加工する装置。
b0190242_20523265.jpg

 この装置で胡麻を加工すると右側のように胡麻ペーストが出来上がります。水は加えてなく、胡麻が持つ油分だけでペーストになります。
b0190242_20531512.jpg

 湯葉くみ、どこかのお姉さんが挑戦していましたが意外と難しそうです。
b0190242_20532762.jpg

b0190242_20533973.jpg

 おからで作ったコロッケ。おいしかったので夕飯に何個か買って帰ろうかと思いましたが1時間も経たないうちに完売になっていました。
b0190242_20534831.jpg

b0190242_2054063.jpg

 豆腐のハンバーグ。
b0190242_20543227.jpg

b0190242_20544214.jpg

豆乳を練り込んだみたらし団子。
b0190242_2055678.jpg

 豆腐とは関係ありませんが、東北を応援するというテーマで仙台の牛タンと気仙沼のホルモン焼きが販売されていました。1人前500円でした。
b0190242_2056555.jpg

b0190242_20571475.jpg

b0190242_20573270.jpg

b0190242_20574952.jpg

 それから東北の酒もコップ1杯(1合)500円で販売されていました。そのなかに、秋田県内にしか流通していない「やまとしずく」がありました。当然ながら、この「やまとしずく」で牛タンを食べました。この「やまとしずく」というお酒は、東京でも流通し有名な刈穂と同じ秋田清酒株式会社でつくっています。刈穂は見飽きるくらい流通しているのに対して、「やまとしずく」は東京にはまったく流通していません。「やまとしずく」が飲みたければ、秋田あるいは少なくとも岩手の盛岡まで出向かなければなりません。この「やまとしずく」を飲めば、秋田県の人が日本酒を愛するのがわかります。宮崎さん、ハニー羽入さんにはもったいなくて飲ませられません。037.gif
b0190242_20584249.jpg

 そして震災で被災したお豆腐屋さんを応援するということで、東北地方からの出展も多く、豆腐の試食・販売が行われていました。
b0190242_20591681.jpg

b0190242_20592775.jpg

b0190242_210719.jpg

b0190242_2102488.jpg

 また豆腐を使ったレシピ紹介もありました。その中でグランプリをとったという「イタリアン白和え」なるものがあり、これが「やまとしずく」とよく合いました。038.gif
b0190242_2104362.jpg

b0190242_2105755.jpg

b0190242_211213.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(坂本スミ子/夜が明けて)

夜が明けて(作詞:なかにし礼、作曲:筒美京平、歌:坂本スミ子)

夜が明けて 手さぐりをしてみた
ぬけがらのとなりには 誰もいない
目をあけて 部屋のなか見てみた
陽がもれる窓のそば 誰もいない
夢を追いかけて
ひとりふかす たばこのけむり
白い 白い
夜が明けて 夢をみたまくらに
あの人のかみの毛が ひとつのこる
テーブルの 灰皿の中には
あのひとのすいがらが ひとつのこる
あせたくちびるを
かんでひいた ルージュの赤が
つらい つらい

われた手鏡に
語りかける おんなの朝は
ひとり ひとり

b0190242_2121616.jpg

b0190242_2123782.jpg

 
 「豆腐フェア」では健康的な試食をしようと思っていましたが、牛たんを食べて日本酒を飲んでしまい、いつもとあまり変わらない外出になってしまいました。天気もよかったので、帰りは東京ビッグサイトからお台場まで春の日差しを浴びながらぶらりと帰って来ました。写真は東京ビッグサイトから見たお台場方面。058.gif
b0190242_2131144.jpg

 ゆりかもめの駐車場
b0190242_214408.jpg

 東京ゲートブリッジが見えました。
b0190242_2162458.jpg

 帆船が停泊していました。
b0190242_2165399.jpg

b0190242_2182480.jpg

 帆船ダイヤモンド。058.gif
b0190242_2184570.jpg

 雲が磨りガラスになっています。
b0190242_219511.jpg

b0190242_2192315.jpg

 向うで記念撮影をしています。
b0190242_2195442.jpg

b0190242_21101297.jpg

 ビルの谷間ダイヤモンド058.gif
b0190242_21103485.jpg

 この道をまっすぐ行くとお台場に辿り着きます。
b0190242_2111184.jpg

b0190242_21115842.jpg

 家族連れも歩いていましたし、コスプレをした人たちもいました。
b0190242_21122658.jpg

b0190242_21124381.jpg

b0190242_2113955.jpg

b0190242_21135091.jpg

 透明のボールに入って水の中を転がっています。
b0190242_2114582.jpg

 東京ビッグサイトからここまで歩いて来ました。
b0190242_21142380.jpg

 観覧車は近くで見るとカラフルです。
b0190242_21143876.jpg

b0190242_21145470.jpg

 レインボーブリッジ、ヨット遊びしている人もいました。
b0190242_21158100.jpg

 3・11復興のためのイベントが今夜あるようです。
b0190242_21152789.jpg

 若者たちが準備をしていました。
b0190242_21154889.jpg

b0190242_2116194.jpg

 3月13日(火曜日)は休暇を取って、歩みの会に参加し、栃木県の羽賀場山・お天気山へ行ってきました。アミューズの特配で、倉持さんと白砂ガイドでした。その模様を次回報告します。060.gif


 
次回は羽賀場山・お天気山の報告をします。060.gif



b0190242_21161991.jpg

b0190242_21164145.jpg

b0190242_2117455.jpg

b0190242_21173055.jpg

b0190242_21174938.jpg

b0190242_2118962.jpg

b0190242_21184293.jpg

b0190242_211977.jpg

b0190242_21193284.jpg

b0190242_21194677.jpg

b0190242_2120137.jpg

by ryott-ryott | 2012-03-15 00:00 | 豆腐フェア | Comments(2)

亀戸ホルモン&亀戸天神おしきせの会ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_0165976.jpg


 3月4日(日)、今日は浦安湯屋のメンバーがどうしても行きたいという亀戸ホルモンへ再び行ってきました。お店の広さからして、1グループ6人の予約が精一杯です。いい歳、りょうちゃんは先達として、大井町湯屋からよしこさん、あとの4名は浦安湯屋メンバーから森ちゃんに人選をお任せしました。
 あやちゃんが来るのは想定通りでしたが、森ちゃんにお任せしてしまったため、私の中では落選だったすみちゃんと、森ちゃんに牛乳寒天を買ってあげない恐ろしい奥様のまりこさんが来てしまいました。まりこさんは森ちゃんとの力関係から仕方ないのでしょうか。 037.gif 
b0190242_0204953.jpg

したがって、亀戸ホルモンを誰よりも楽しみにしていた倉持さんが外れてしまいました。倉持さん、次回は有吉さんと一緒に必ずお誘いしますので、10日(土)の餃子アルプスでりょうちゃんを崖から突き落とさないでくださいね。すみちゃんを突き落としてください。041.gif
b0190242_0202917.jpg

 ここ「元祖亀戸ホルモン吉田」は日曜日は14時から営業しています。通常14時からは予約を受けてなく、18時から予約受付になります。私が電話した時は14時から2時間限定で予約を取っていただきました。したがって16時には待っているお客さんと交代しなければなりません。お店のご主人は16時にお客が待っていなければ、そのまま居てもいいと言ってくれました。038.gif
b0190242_0195662.jpg

 13時40分にJR亀戸駅北口改札前で待ち合わせし、目指す亀戸ホルモンンへ向かいました。亀戸駅前で最初の記念撮影。左から森ちゃん、あやちゃん、よしこさん、倉持さんを騙した落選すみちゃん、上からマリコさん。038.gif037.gif
b0190242_019243.jpg

 亀戸ホルモンという名前の店はたくさんあります。私たちが向かう亀戸ホルモンは北口から東側に右折し、線路沿いにラーメン屋の中本まで歩いてゆき、そこを左折して5 mほど行った右側にあります。亀戸駅から徒歩10分もかかりません。
b0190242_022494.jpg

 店には開店の約10分前に着き、店主さんが店の前で炭を焼いて一生懸命、準備をしていました。すでに私たちよりも前に2人連れのお客さんが待っており、私たちのあとに4~5人のお客さんが待っていました。
b0190242_0222160.jpg

b0190242_0225141.jpg

 店の前で再び記念撮影。森ちゃんといい歳、りょうちゃん。038.gif
b0190242_023101.jpg

 左からよしこさん、あやちゃん、倉持さんを騙した落選すみちゃん、上からマリコさん。038.gif
b0190242_0233827.jpg

 14時ちょうど、店内に案内され、いよいよ注文開始。まずはてっちゃんとおっぱい。おっぱいはその名の通り、おっぱいです。038.gif
b0190242_024581.jpg

b0190242_0242836.jpg

b0190242_0244049.jpg

 牛タン厚切り。
b0190242_0245327.jpg

b0190242_0258100.jpg

 レバーのたたき。
b0190242_0252059.jpg

 野菜も食べなければなりません。フィットフォーライフ!037.gif
b0190242_0253650.jpg

b0190242_0254517.jpg

b0190242_0255543.jpg

 しかしまた肉に戻ります。皆さん、次つぎと平らげて行きます。038.gif
b0190242_0261428.jpg

b0190242_0263214.jpg

b0190242_0264470.jpg

b0190242_027394.jpg

b0190242_0271826.jpg

b0190242_0273236.jpg

b0190242_0274659.jpg

 ここで中間の記念撮影。お隣に座っていた20歳のお嬢さんに撮っていただきました。038.gif
b0190242_028542.jpg

 お隣の20歳のお嬢さん、しおりちゃん。写真をブログに載せていいとの許可を戴きました。大井町湯屋と浦安湯屋のメンバーの平均年齢は50歳に迫る勢いに対し、隣のグループは私たちの年齢の半分にも満たない20歳ちょうどの若者グループでした。038.gif
b0190242_0282819.jpg

 お隣のしおりちゃんが「アセロラドリンク」を飲んでいるのを見て、よしこさんと上からマリコさんがまねして頼んでいました。037.gif
b0190242_0284767.jpg

 


(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_0302597.jpg

 
 春になって最初に吹く大風が“春一番”です。房州(千葉県)の漁師たちは、秋台風の最初の訪れを“一番風”と呼んでいましたが、日本海側の能登、壱岐、対馬あたりの漁師たちは、春に訪れる最初の強い南風(春風)を“春一番”と呼んでいました。地方の生活用語が、いつの間にか気象用語として全国で使われるようになったのです。

 “春一番”は地域によって若干違いますが、早いところは2月末、普通は3月4日あたりが多く、続いて“春二番”“春三番”が吹いて次第に本格的な春が訪れてきます。

 “春一番”で思い出すのは、1948年にノーベル文学賞をもらったイギリスの詩人T・S・エリオットの詩『荒野』です。

    4月は残酷きわまる月で
    死んだ土地からライラックをそだて
    記憶と欲望をまぜあわせ
    鈍重な根を春雨で刺激する。
    (以下略)
 
 この詩は、現代詩にもっとも大きな問題を投げかけた作品であると同時に、詩人としてのエリオットの名声を確立した作品であるといわれます。直接“春一番”とは関係ありませんが、なんとなく“残酷きわまる月”というのが、“春は残忍な季節だ”というイメージに重なってしまいます。

 エリオットはアメリカのミズーリ州の名門の家に生まれ、30代の終わりにイギリスに帰化した人です。詩人であると同時に劇作家であり、文芸評論家、文明評論家として立派な業績をのこしています。1965年1月、77歳で亡くなりました。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_0305381.jpg


 そしてこの店に来た最大の目的は、このメニューを頼むためでした。横隔膜のかたまり。その形状から「レンガマックス」という名前が付けられているメニューです。038.gif
b0190242_0311252.jpg

 この大きさ。038.gif
b0190242_0312862.jpg

 レンガマックスを網に上いっぱいに広げて焼きます。038.gif
b0190242_0314398.jpg

 この肉は柔らかく、とてもホルモンというカテゴリーでは片付けることはできません。038.gif
b0190242_032321.jpg

b0190242_0321531.jpg

b0190242_0323059.jpg

 レンガマックスを平らげた後、まだ食べました。フィットフォーライフ。037.gif
 ウルテとフェガラミ。のどぼとけと気管です。
b0190242_0325811.jpg

 マルチョウ、小腸。
b0190242_0335169.jpg

 忘れてしまいましたが、「うまいところを頼む」と言ったら出してくれました。038.gif
b0190242_034629.jpg

b0190242_034257.jpg

 ここで森ちゃんと上からマリコさんの夫婦喧嘩が勃発。森ちゃんが勤めている会社の名前を森ちゃんの娘さんが知っているか、それとも知らないかをめぐって、森ちゃんと上からマリコさんの闘いが始まりました。森ちゃんは当然知っていると言いますが、上からマリコさんは娘が知っているはずがないと言ってききません。森ちゃんは会社の名前を娘さんが知っていたら、上からマリコさんから1万円を支払ってもらうということになり、上からマリコさんもそれに応じて、娘さんに電話をして森ちゃんの会社の名前を聞くことになりました。結果は、娘さんは森ちゃんの勤めている会社名を当然知っており、森ちゃんに軍配が上がりました。はたから見ていると、どうでもいいことだと思います。037.gif
b0190242_0353182.jpg

 上からマリコさんといい歳、りょうちゃん。
b0190242_036312.jpg

 倉持さんを騙した落選すみちゃんと上からマリコさん。037.gif
b0190242_0361680.jpg

 上からマリコさんとの闘いに勝利し、ご満悦の森ちゃん。038.gif
b0190242_0363516.jpg

 いい歳、りょうちゃんのカメラで写真を撮るあやちゃんですが、私が撮った肉を頬張るあやちゃんの写真を消去してしまいました、けしからん!031.gif
b0190242_037071.jpg

 コムタンスープ。
b0190242_0371523.jpg

 デビル麺。
b0190242_0372957.jpg

 2時間限定の16時までということでしたが、一時満席になったものの、16時には14時から来ていたお客さんも帰ってしまい、私たちは17時までお店にいることができました。店の前で森ちゃんと記念撮影。038.gif
b0190242_0375545.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(坂本スミ子/夜が明けて)

夜が明けて(作詞:なかにし礼、作曲:筒美京平、歌:坂本スミ子)

夜が明けて 手さぐりをしてみた
ぬけがらのとなりには 誰もいない
目をあけて 部屋のなか見てみた
陽がもれる窓のそば 誰もいない
夢を追いかけて
ひとりふかす たばこのけむり
白い 白い
夜が明けて 夢をみたまくらに
あの人のかみの毛が ひとつのこる
テーブルの 灰皿の中には
あのひとのすいがらが ひとつのこる
あせたくちびるを
かんでひいた ルージュの赤が
つらい つらい

われた手鏡に
語りかける おんなの朝は
ひとり ひとり

b0190242_0383264.jpg

 
 折角、亀戸に来たので亀戸天神にお参りに行こうということになりました。
b0190242_0385554.jpg

 亀戸天神は梅が満開でした。056.gif
b0190242_0391394.jpg

 梅一輪一輪ほどの暖かさ、花がお似合いですね。038.gif
b0190242_0393365.jpg

 日本百名山の無事登攀を祈願してお参りしました。038.gif
b0190242_0394847.jpg

 太鼓橋の前で記念撮影。038.gif
b0190242_040483.jpg

b0190242_0402017.jpg

 帰り道、おもむきのある喫茶店でケーキとコーヒーを飲みました。067.gif
b0190242_0405363.jpg

b0190242_0411063.jpg

b0190242_0412388.jpg

b0190242_0414388.jpg

b0190242_0415510.jpg

 肉を食べ、ケーキも食べて、ご満悦のすみちゃん。037.gif
b0190242_0421028.jpg

 東京スカイツリーと梅の花に見送られて、家路に着きました。
b0190242_0423538.jpg

b0190242_0425737.jpg


 
3月10日は餃子アルプスに行ってきます。060.gif060.gif



b0190242_0433461.jpg

b0190242_044118.jpg

b0190242_0442830.jpg

b0190242_0444411.jpg

b0190242_045626.jpg

b0190242_04530100.jpg

b0190242_0461038.jpg

b0190242_0463770.jpg

b0190242_0465645.jpg

by ryott-ryott | 2012-03-07 00:57 | おしきせ | Comments(2)

浦安おしきせの会&雪の御正体山を行くヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_21561292.jpg


 御正体山の報告の前に、2月25日、浦安でおしきせの会がありました。「おしきせ」とは甲州弁で晩酌を意味します。集まったのはいつも浦安特配でご一緒する浦安湯屋のハイカーの皆さんでした。大井町湯屋からはよしこさんといい歳、りょうちゃんが参加しました。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
 夕方18時に浦安駅に集合。新浦安と浦安は徒歩で30分離れているそうです。よしこさんと私は大手町駅から東西線で行きました。
b0190242_21571139.jpg

 浦安の名店、「丸志げ」でおしきせの会開催。038.gif
b0190242_21573069.jpg

 店内の様子。
b0190242_21574474.jpg

 ビールでまずは乾杯し、すぐに日本酒へトラバース。山形県米沢市の日本酒、東光。14から15年前、私はこの米沢の酒蔵を見学したことがあります。見学コースが整備されており、1年中見学できます。そして、見学通路の至る所に日本酒が置いてあり、自由に試飲できます。意地汚いいい歳、りょうちゃんは飲み過ぎて見学中に頭が痛くなったことを覚えています。037.gif
b0190242_2157584.jpg

 前から薄々感じていましたが今回のおしきせの会でわかったのは、妻帯者は妻には頭が上がらず、圧倒的に奥様のほうが強いということでした。今日はおっかない鬼嫁のともちゃんがご一緒ではなく、かずさんは終始にこやかでした。041.gif037.gif
b0190242_21582357.jpg

 そして、こちらの森ちゃんのお宅もそうでした。高宕山の帰りに力関係は大体把握できましたが、この日も奥様のマリコ様は言いたい放題。いい歳、りょうちゃんが車山特配ではじめてマリコさんにお会いした時は、物静かで優しそうな奥様に見えましたが、正体は違っていました。常に「上からマリコ」状態でした。038.gif
b0190242_2159757.jpg

 真剣に「夫の操縦術」について語るマリコさん。他の方はただ聴き流すだけです。037.gif
b0190242_21594643.jpg

 このお二人はお身内同士ではありません。髪がないという絆でかたくつながっています。037.gif
b0190242_2200100.jpg

b0190242_2202738.jpg

b0190242_220491.jpg

 よしこさんとアミューズのトップガイドの白砂さん。白砂さんは写真をブログや「なんでもトライアスロン掲示板」に載せることを快く承諾してくれました。以前、「なんでもトライアスロン」に白砂さんのお写真を載せたら、あるお方からその写真を削除するようにメールが来たことがあります。ご本人から許可を戴いているので、つべこべ言わないでくださいね。038.gif
b0190242_2213412.jpg

 かとたつさんと野呂さんの奥様。かとたつさんには久しぶりにお会いしました。野呂さんご夫妻は、あの土砂降りの谷川岳がはじめての山行きだったそうです。あのとき、ゴンドラが来なかったら動かなかったら、どうなっていたことでしょう。やはり倉持さんは正真正銘の雨女ではないでしょうか。037.gif
b0190242_2221128.jpg

 その野呂さんの旦那さんとアミューズのトップガイドの平野さん。
b0190242_2223039.jpg

 お刺身。
b0190242_2224178.jpg

 天ぷら。
b0190242_2225121.jpg

 丸志げのお勧め料理はあんこう鍋。あんきもを磨り潰さずそのまま入れます。あんきもを磨り潰す鍋はどぶ汁と言います。森ちゃんから教えてもらいました。福島県でどぶ汁を食べたことがありましたが、震災でそのお店はどうなっているか気になります。
b0190242_2231984.jpg

 あんこう鍋を平らげた後は、雑炊を戴きました。
b0190242_2233886.jpg

 普段、かずさんは鬼嫁のともちゃんから面罵痛罵されているのに、かずさんは三浦さん、千吉良さん、いい歳、りょうちゃんに結婚を勧めていました。年齢的に千吉良さんといい歳、りょうちゃんの結婚は大変だと思います。若い三浦さんはローレライの婚活パーティーで、あまり積極的でなかったとはせやんからうかがいました。私は「上からマリコ」を見てしまったためだと思っています。037.gif
b0190242_2243014.jpg

b0190242_225820.jpg

 三浦さんとすみちゃん。おしきせの会を途中退席された女性は、「すみちゃんは金を持っているぞぉ。」と言って、帰られました。三浦さん、すみちゃんのお世話をお願いします。037.gif
b0190242_2263235.jpg

 おしきせの会も最高潮。038.gif
b0190242_227699.jpg

b0190242_2272091.jpg

b0190242_2275266.jpg

b0190242_22105834.jpg

b0190242_2281357.jpg

b0190242_2283397.jpg

b0190242_2285620.jpg

b0190242_2291468.jpg

 女性陣だけで記念撮影。038.gif
b0190242_2295576.jpg

 最後は皆さんで記念撮影。038.gif
b0190242_22101651.jpg

b0190242_2210306.jpg

おしきせの会のあと、皆さんは謡いの会に向かわれました。私は翌日、雪山初級・御正体山を申し込んでいたため、よしこさんと一緒に帰りました。三浦さん、「おしきせの会」幹事、お疲れ様でした。038.gif
b0190242_22113568.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_2212576.jpg

 
 “昭和維新”を目指して、海軍の一部青年将校によって起こされた「5・15事件」についで、こんどは陸軍の一部青年将校によって「2・26事件」が起こされました。
 昭和11年2月26日のことです。この日の朝、首都東京は珍しく春の大雪でした。

 狙われたのは岡田啓介首相、斎藤実(まこと)内大臣、牧野伸顕元内大臣、高橋是清蔵相、渡辺錠太郎教育総監、後藤文夫内相、鈴木貫太郎侍従長など。
 殺されたのは、斎藤内大臣、高橋蔵相、渡辺教育総監、ピストルを打たれながらも奇跡的に助かったのは、のちに終戦のときの首相をつとめた鈴木寺侍従長ただ一人でした。

 岡田首相は押入れにかくれていたため無事でしたが、首相に顔が似ていた松尾私設秘書が、間違って射殺され身代わりになりました。
 このクーデター部隊の兵力は、歩兵第一、第三連隊、近衛第三連隊から選抜された約1500名の将校で、首相官邸、陸軍省、警視庁を占拠して、一時的に政治の中枢を麻痺させました。

 しかし、翌27日戒厳令が発せられ、戒厳司令部が設置されると、すぐにクーデター反乱部隊の鎮圧がはじまりました。有名な「兵ニ告グ!」のビラがまかれたのはこのときです。

一、今カラデモ遅クナイカラ原隊ヘ帰レ
  二、抵抗スル者ハ全部逆賊デアルカラ射殺スル
  三、オ前達ノ父母兄弟ハ国賊トナルノデ皆泣イテオルゾ。
   二月二十九日        戒厳司令部

 兵士たちは驚き、動揺して帰順し、青年将校たちは自殺して、この事件はあっけなく幕となりました。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_22131595.jpg


 「おしきせの会」の翌日、2月26日(日)はアミューズの雪山初級・御正体山へ行ってきました。この日は東京マラソンがあり、新宿は7時前からたくさんの人がスタート地点の都庁に向かっていました。アミューズの集合場所には、浦安湯屋チームの倉持さんがいました。謝恩企画の大高取山ツアーに同行されるとのことです。

 御正体山は深田久弥クラブが選定した日本二百名山のひとつです。私は昨年、日本百名山以外の山も結構行きましたが、燕岳、東明石山、茅ヶ岳の3つだけで、屋久島の愛子岳も、昇仙峡の羅漢寺山も、神奈川県で一番高い蛭ヶ岳も二百にも三百にも入っていなことに驚きました。私にとって御正体山は4座目の日本二百名山になります。

 この日のガイドはおなじみの顔の怖い泉田ガイド、川上さん、石原さんでした。御正体山では最後尾を歩いている石原さんから泉田ガイドのすぐ後ろを歩くようにとは言われませんでしたが、泉田さんは「こいつまた来たのか。」と言いたげなうんざりした表情に見えました。037.gif
b0190242_22134430.jpg

 山中湖の白鳥。ウェザーニュースではお日様マークがついていましたが、空はどんよりとした鈍色の曇り空でした。
b0190242_221356100.jpg

 登山口前でアイゼンを装着し、いよいよ出発です。参加者22名、ガイドさん3名、総勢25名でした。午前9時54分。
b0190242_22143890.jpg

b0190242_2215794.jpg

 いきなり狭いトラバース路。慎重に歩を進めます。
b0190242_2215269.jpg

b0190242_22154184.jpg

 御正体山の山頂へ行くためには、後岳、中ノ岳、前ノ岳の3つのピークを越えて行かなければならないので、アップダウンが繰り返されます。折角、急登を登ってきたのに、また下り、そしてまた急登を登るという繰り返しです。しかも、御正体山の山頂まで辿り着くためにはロングコースを歩かなければなりません。
b0190242_2216579.jpg

b0190242_22184484.jpg

b0190242_2219697.jpg

b0190242_22193096.jpg

 今回もじゅんやさん夫妻と雪山をご一緒できました。じゅんやさん夫妻は雪山に取り付かれたようで、先日も浅間隠山へ行かれたそうです。そして遂に十二本歯アイゼンを購入されたとおっしゃっていました。
b0190242_22162056.jpg

 頂上までの中間地点、鉄塔のところまでやって来ました。この鉄塔は日本で3番に高いそうです。
b0190242_22165677.jpg

b0190242_22171742.jpg

b0190242_22173846.jpg

 晴れていたら、富士山の大展望を臨めたことでしょう。058.gif
b0190242_22181595.jpg

 奥様から写真は顔を小さくして撮ってほしいとのご要望がありましたので、遠近法で奥様を後ろにして撮りました。037.gif
b0190242_2220115.jpg

 川上ガイド。
b0190242_22202514.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(坂本スミ子/夜が明けて)

夜が明けて(作詞:なかにし礼、作曲:筒美京平、歌:坂本スミ子)

夜が明けて 手さぐりをしてみた
ぬけがらのとなりには 誰もいない
目をあけて 部屋のなか見てみた
陽がもれる窓のそば 誰もいない
夢を追いかけて
ひとりふかす たばこのけむり
白い 白い
夜が明けて 夢をみたまくらに
あの人のかみの毛が ひとつのこる
テーブルの 灰皿の中には
あのひとのすいがらが ひとつのこる
あせたくちびるを
かんでひいた ルージュの赤が
つらい つらい

われた手鏡に
語りかける おんなの朝は
ひとり ひとり

b0190242_2221219.jpg

 
 折角登って来たのにまた下り。042.gif
b0190242_22214850.jpg

b0190242_22221770.jpg

 そして頂上へ向かう急登になりますが、アップダウンの繰り返しで、急登の写真を撮る猶予はありませんでした。042.gif
b0190242_222232100.jpg

b0190242_22225542.jpg

 この御正体山では樹氷が多くみられました。普通ならば、気温の低い朝にしか見ることができないそうですが、この日は曇り空が幸いして、1日中、樹氷を見ることができました。038.gif
b0190242_22231117.jpg

b0190242_22232324.jpg

b0190242_2223328.jpg

b0190242_2223438.jpg

 ついに頂上に到着。登山開始から3時間51分、13時45分。
b0190242_2224844.jpg

 頂上の雪の上で寝そべるじゅんやさん。本当に疲れました。038.gif
b0190242_22245010.jpg

 いい歳、りょうちゃんはアップダウンが応えて最後の入線。しかし無事に頂上に辿り着きました。
b0190242_2225874.jpg

b0190242_22252929.jpg

 じゅんやさん夫妻と頂上で記念撮影。頂上でお昼ご飯となりました。
b0190242_22255259.jpg

 この御正体山の名称は、その名の通り、信仰の山であったことに由来しています。御正体とは「鏡の表面に神像・仏像・梵字などを線印し、寺社に奉納、礼拝したもの。本来鏡は神社の神体として祀られる場合が多かったが、神仏習合によってこれに本地仏の姿や種子を刻出するようになり、鏡像とも呼ばれた。中世にはさらに懸仏の形式が生まれた。」と広辞苑に書いてあります。つまり、まさに「神仏の正体」を指しています。
 昔、明治以前には山頂に神社があり、妙心上人の即身仏が祀られていたそうです。それが明治に入り、廃仏毀損で里に降ろされました。
b0190242_22261047.jpg

b0190242_22271822.jpg

 短い休憩時間でお昼を済ませて、登って来た道を戻ります。いい歳、りょうちゃんは下りのほうが得意になって来ていますが、アップダウンを辿ってきたということは、帰りもアップダウンがあるということです。帰りのアップダウンも大変でした。042.gif
b0190242_22275131.jpg

b0190242_22286100.jpg

b0190242_22283178.jpg

b0190242_22291532.jpg

 写真で見るとわかりませんが、かなりの急登です。ここを登って来たのかと、改めて思いました。しかしながら、急登を登るより、下るほうが余裕がありました。帰り道は石原さんと話をしながら戻って行きました。石原さんに北岳で瑛太と木村カエラを見た話をすると、かなり羨ましがっていらっしゃいました。037.gif
b0190242_2230888.jpg

b0190242_22321761.jpg

 ピッケルで木登りをする川上さん。じゅんやさんの奥様が、山の名称で「岳」と「山」の違いは何かという質問があり、川上さんがわかりやすく説明してくれました。「岳」とは山塊や山脈の一番高いピークの呼び名であり、「山」は単独峰に付けられる名前だそうです。富士山や鳥海山はたしかに単独峰ですね。038.gif
b0190242_22302435.jpg

 やっと分岐点のところまで戻って来ました。しかし、登山口までもう少しあります。
b0190242_22305044.jpg

b0190242_22311864.jpg

 17時過ぎにようやく登山口に到着。登山を開始してから7時間が過ぎていました。予定の下山時刻を30分以上過ぎていたため、楽しみにしていた温泉入浴はなくなってしまいました。しかし、帰りのバスの中でじゅんやさん夫妻と持参した日本酒で一杯やりながら新宿まで戻って来ました。新宿は朝の喧騒はなく、御正体山よりも寒い夜でした。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
次回は亀戸ホルモンの報告をします。浦安湯屋チームから是非とも亀戸ホルモンへ行ってみたいとのお話があり、6人限定で3月4日(日)に行ってきました。お店の広さから、一度に6人が精一杯です。案内役のいい歳、りょうちゃんとよしこさんは行くとして、残りの4人の人選は森ちゃんにお任せしました。ところが落選したはずのあの人が亀戸にやって来ました。その模様は次回報告します。
b0190242_22324813.jpg


 
次回は亀戸ホルモンおしきせの会の報告をします。



b0190242_22343896.jpg

b0190242_22342064.jpg

b0190242_2235150.jpg

b0190242_22352398.jpg

b0190242_223664.jpg

b0190242_22364448.jpg

b0190242_2237154.jpg

by ryott-ryott | 2012-03-04 22:48 | 御正体山 | Comments(4)