<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

歩みの会・花の百名山、高鈴山を行く

旅行・地域
b0190242_12513468.jpg


 前回、浦安・上野特配グループの名称として「りょうあしの会」という名称を考え、提案したということを書きましたが、甲州高尾山のバスの中で参加者全員に拒絶されたということを伝えられました。残念ながら、「りょうあしの会」という名称はお蔵入りということになります。全員一致で採択された特配グループの名前は「山歩の会」(さんぽのかい)だそうです。

 また「りょうあしの会」という名称は、ハンディキャップを持った人たちを蔑視していると言いがかりをつけられました。今の時代は、両足が揃っていない人、片目だけの人、片腕だけの人などハンディキャップを持った人たちも普通の健常者と同じように山歩きを楽しむことができることを考えると、「りょうあしの会」はそぐわない名称だというのです。

 前回も書きましたが、「りょうあしの会」という名称は、「登」の豆の上の文字「はつがしら」が「両足でしっかり立って登っていく」「はねる」という意味を持っており、「発展」「発達」「発育」「発起」「発想」「発願」など前進・希望をあらわす言葉につながっていくことから、考えました。ハンディキャップを持った人たちを蔑視した意図は微塵もありませんし、「山歩の会」のように他の山歩きサークルの名前を模倣して、適当に考えたわけではありません。

 「山歩の会」という名称は、他にもたくさんあることを知らないのでしょうか。私は他のグループ名の模倣した「山歩の会」という無教養な名称には反対であり、そんな名称にするならば、名前などないほうがましです。どうしても「山歩の会」にするのであれば、副会長として運営のお手伝いをすることをお断りすることもお伝えしました。「山歩の会」への会費を払うことも、会員になるつもりもありません。会員以外は山には連れて行かないというのであれば、それでも結構です。「おしきせの会」も今後やるつもりはありません。

 「りょうあしの会」という名称がハンディキャップを持った人を蔑視していると言いがかりをつけてくる人こそ、ハンディキャップを持った人たちを蔑視している証拠です。



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

 
b0190242_12524188.jpg

   沖の暗いのに白帆が見える あれは紀の国みかん船・・・・・・

 この歌で知られる紀伊国屋文左衛門が、荒天続きの海をおそれず、紀州から江戸まで、正月用のみかん船を漕ぎ出し、莫大な利益を挙げた男であることはご承知のとおりです。

 彼は、そのみかん船で得た利益を資本にして、江戸で材木屋を開業しました。“火事と喧嘩は江戸の華”といわれた時代です。火災のあとの材木の需要は推して知るべしです。たちまちのうちに巨万の富を築き、“紀文”の名は江戸市中に広まりました。商売人はとしては天性の資質をもっていたのでしょう。読みといい、度胸といい、すぐれた商才の持ち主でした。上役にとりいる術も心得ていました。将軍綱吉のお気に入りの老中柳沢吉保にも可愛がられ、いつの間にか幕府の御用商人にもなりました。

 元禄10年(1697年)、上野寛永寺の造営工事の権利に手をだし、当時これで50万両は儲けただろうと噂されました。新井白石は『折たく柴の記』のなかで、悪徳御用商人として、彼を避難しています。

 「紀文大臣」といわれ、不夜城を誇る吉原を買い切ったり、あるいは節分の豆まきには、豆のかわりに小判をまいて、みんなに拾わせたりという伝説のたぐいは、たくさんあります。

 だが、このような政商のたどる宿命はいつの世も同じです。老中柳沢吉保の失脚とともに、彼の事業は裏目、裏目に回転し、一代で築いた財産は、一代で失う結果になってしましました。零落の一途をたどった彼は、享保19年(1734年)4月24日、深川八幡の小さな家で、ひっそりと66歳の生涯を閉じたといいます。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1253240.jpg


 4月24日(水)休暇を取って、歩みの会に参加しました。今日は茨城県にある花の百名山・高鈴山へ行ってきました。朝7時に新宿西口に集合し、かすかべ観光のバスで目的地に向かいます。「歩みの会」の山行はこの4月からトラベルギャラリーで行われるようになりました。
b0190242_12532627.jpg

 この日の天候は雨の予報。最初は薄曇りでしたが、徐々に雲が厚くなり、バスが御岩山神社の駐車場に到着した頃には、ポツン、ポツンと雨が降りだしました。写真は準備体操の様子です。
b0190242_12534568.jpg

 御岩山神社の駐車場にはミズバショウが咲いていました。
b0190242_12535618.jpg

 午前9時48分、御岩山神社の境内を通って、高鈴山から助川山へと歩き出しました。
b0190242_12541132.jpg

 しゃくなげの花。
b0190242_12542845.jpg

 ヤマブキが咲いていました。
b0190242_12544029.jpg

 「森の巨人たち100選」に選ばれている「御岩山の三本杉」。樹齢500年。
b0190242_12545198.jpg

b0190242_125532.jpg

 御岩山神社の仁王像。
b0190242_12551344.jpg

b0190242_12552795.jpg

b0190242_12554241.jpg

 お地蔵様。
b0190242_12555312.jpg

 マムシグサ。
b0190242_1256121.jpg

 タチスボスミレ。
b0190242_12562671.jpg

 いよいよ山道に入っていきます。
b0190242_12563862.jpg

 トオゴクサバノオ。東国鯖の尾、種が鯖の尾っぽのように見えるそうです。
b0190242_1257213.jpg

 タネツケバナ。種漬花、水田の雑草として知られており、時として水に浸かっていることから、この名前が付いたようです。
b0190242_12571715.jpg

 ここから勾配を登っていきます。
b0190242_1257391.jpg

 イワウチワがありました。山に行けば見飽きるぐらい咲いているイワカガミとのちがいは、イワカガミのほうが花が小さく、一株に花を複数つけるのに対して、イワウチワは一株に一輪しか花がつきません。
b0190242_12575596.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(あづみ野うたごえ喫茶/あの素晴らしい愛をもう一度)

あの素晴らしい愛をもう一度(作詞:北山修、作曲:加藤和彦、歌:dicot)

夜が
命かけてと誓った日から
素敵な思い出残してきたのに
あの時同じ花を見て
美しいと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

赤トンボの唄をうたった空は
なんにも変わってないけれど
あの時ずっと夕焼けを
追いかけていった二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

広い荒野にぽつんといるよ
涙が知らずにあふれてくるのさ
あの時風が流れても
変わらないと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

b0190242_12582388.jpg


 キブシの実。キブシの実にはタンニンがおおく含まれており、黒い染料が採れるところから、昔はお歯黒に使われました。
b0190242_12583958.jpg

 シキミ(樒)の花。植物全体に毒があり、とくに実にはアニサチンという神経毒が含まれており、法律で栽培することが禁じられています。有毒な実であることから、「悪しき実」から「シキミ」と名付けられたそうです。
b0190242_12585133.jpg

 雨足が強くなってきたので、雨具の上下を着用しました。
b0190242_1259370.jpg

 野中ちゃんとあいちゃん。037.gif
b0190242_12594046.jpg

 雨具を着て、再び歩き始めます。
b0190242_130152.jpg

 御岩山の山頂から少し下がったところに、イワウチワが咲いているというので、みんなで順番に見に行きました。
b0190242_1301797.jpg

b0190242_1304129.jpg

 イワウチワの花。
b0190242_13109.jpg

 馬酔木(アシビ)も咲いていました。
b0190242_1312045.jpg

 御岩山でイワウチワを見たあとは、賑やかにお昼を食べました。ゼンマイが芽を出していました。
b0190242_1314043.jpg

 昼食後の記念撮影。左からあいちゃん、浅場会長、野中ちゃん、新房ちゃん。野中ちゃんは会長とツーショットで撮ってもらいたかったようですが、いつも邪魔されてしまいます。037.gif
b0190242_1315947.jpg

b0190242_1321443.jpg

 毬子さんと記念撮影。
b0190242_1322957.jpg

 高鈴山山頂。
b0190242_1325332.jpg

b0190242_1331279.jpg

b0190242_1332929.jpg

 オオシマザクラが咲いていました。
b0190242_1334965.jpg

 高鈴山の山頂で記念撮影。左から浅場会長、新房ちゃん、鈴木けいちゃん。
b0190242_134747.jpg

 森さんと毬子さん。
b0190242_1342191.jpg

 左から和田ちゃん、塚ちゃん、会計の染谷さん。
b0190242_134343.jpg

 雨の中、助川山を目指して出発。
b0190242_1345775.jpg

b0190242_1351985.jpg



新橋二丁目七番地
作詞:田久保真見、作曲:杉本眞人、歌:あさみちゆき


うすい座布団 一枚で
地べたに座って 四十年
時が流れて 人が流れる
濁流うねる この都会(まち)で
流されまいと 流されまいと
小石のように うずくまる
靴を磨けば こころも晴れる
今日も元気に がんばって
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

こんな私に 出来たのは
一生懸命 生きること
秋の夕暮れ ひとつため息
赤チン色の 赤ちょうちん
一杯飲めば 一杯飲めば
人間なんて 立ち直る
靴の汚れは 心の汚れ
夢も磨けば また光る
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

明日はきっと 明日はきっと
いいことあるさ 大丈夫
つらい気持は 靴みりゃわかる
今日もあなたは がんばった
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地


b0190242_1354468.jpg


 金山百体観音。
b0190242_1355982.jpg

b0190242_1361460.jpg

b0190242_1363074.jpg

 おむすび池。1991年3月にこの一体は山火事になったそうです。
b0190242_1364859.jpg

b0190242_137410.jpg

b0190242_1372063.jpg

 林道を歩き続けて、14時28分、助川山の山頂に到達しました。
b0190242_1375947.jpg

b0190242_1381869.jpg

b0190242_1383043.jpg

 雨風で寒かったので、助川山の山頂で記念撮影をさっさと済ませて、下山しました。
b0190242_1384865.jpg

 上溝桜。「上溝桜」と書いて、ウワミズザクラと読みます。兵藤さんに教えてもらいました。花の蜜が多く、虫がたくさんたかっているそうです。今日は雨が幸いして、虫はたかっていませんでした。
b0190242_139638.jpg

b0190242_1392672.jpg

 山の神神社に無事に下山できたことをお礼しました。
b0190242_1394167.jpg

 ヒメオドリコソウ。
b0190242_1310498.jpg

 入浴を済ませて、新宿まで戻ってきました。今回はコンビニに寄ってくれなかったため、お酒とおつまみを調達することができず、しずかにバスの中で寝てました。コンビニに寄らないなら、早く言ってもらいたいものです。次回の歩みの会は6月10日(月)の鹿俣山~玉原高原に参加する予定です。
b0190242_13103534.jpg


 
次回は雪山・至仏山の報告をします。060.gif

b0190242_1311120.jpg

b0190242_13112588.jpg

b0190242_1311432.jpg

b0190242_13115943.jpg

b0190242_13121565.jpg

b0190242_13125092.jpg

b0190242_13132791.jpg

b0190242_13135864.jpg

b0190242_13142253.jpg

b0190242_1314428.jpg

by ryott-ryott | 2013-04-30 13:28 | 歩みの会・高鈴山~助川山 | Comments(0)

りょうあしの会、おしきせの会

旅行・地域
b0190242_1212272.jpg


 4月に入ってから、まだ1回も更新しておりません。私自身が山行に行っておらず、山行に関する報告の記事が書くことができないからです。3月の歩みの会のときに、倉持さんから浦安・上野特配グループの名称を考えてほしいとの依頼がありました。特配グループも、歩みの会のように会員制にし、会費をとって、会則を定めて運営していくとのことでした。

 私が所属している「歩みの会」という名称がとてもいい名前だけに、これに寄り付けるような名前を考えることは容易ではありません。何事でも名前はとても大事なものであり、ほかの名前の模倣のない独創性と、山行の特徴をあらわす名前の由来がなければなりません。「歩みの会」の歩は、将棋の「歩」で敵陣に入ると「金」に変わることから、山に入れば「金」の歩きを見せるという考えから、「歩みの会」という名称にしたと浅場会長から教えてもらいました。038.gif

 この1ヵ月あまり、いろいろと考えましたが、「歩みの会」により付けることができる名前はなかなか思いつきませんでした。ここは初心に帰って、登山の「登」という字の成り立ちを調べて、ヒントを得ようと考えました。漢字はある姿を象形し、成り立っています。「登」の豆の上の文字は部首名「はつがしら」といい、両足を左右に開いたさまを描いており、「両足でしっかり立って登っていく」という意味があります。また「はつがしら」には「はねる」という意味もあり、「発展」「発達」「発育」「発起」「発想」など前進をあらわす言葉につながっていきます。「はつがしら」のもととなる「両足」を平仮名にして「りょうあしの会」という名称を考えました。これからの特配グループの前進を「発願」(祈願すること)し、「りょうあしの会」という名称を提案します。038.gif
b0190242_12134784.jpg

 先週の4月13日(土)は蔵王でご一緒した原田さんのご主人と勇才さんに飲みに行きました。原田さんの奥様はときどき特配でご一緒するのですが、ご主人は蔵王で初めてお会いしました。以前、原田さんの奥様がお酒を召し上がりすぎて、はせやんが奥様をご自宅まで送っていったことがあり、その後しばらく奥様は特配の山行に参加されませんでした。倉持さんのお話では、原田さんのご主人はたいへんに厳格な方で、奥様に「そんなになるまで酔っ払うのなら、今後、山に行ってはいけない」とおっしゃっていたとのことです。037.gif
b0190242_12165865.jpg

 蔵王に行くバスの中で初めてその姿を見たときは、進藤英太郎を思わせる、とても怖そうなカミナリ親父に見えましたが、お酒を飲んだら、ほとんどが女性の話のていたらくで、厳格という言葉とは程遠い72歳のおじいさんでした。写真は店内での記念撮影、一番奥の白いヒゲのおじいさんがその人です。037.gif
b0190242_1214139.jpg

 毛ガニの山。
b0190242_12144374.jpg

 智則。5月9日(木)に勇才さんでこの酒蔵の試飲会があり、はせやんと森ちゃんと一緒に申込みました。
b0190242_12145613.jpg

 勇才名物の茶碗蒸し。
b0190242_12151234.jpg

 刈穂。
b0190242_12152296.jpg

 酔鯨。これだけお酒があるのに、おじいさんは焼酎ばかり飲んで日本酒には口をつけませんでした。そして、お酒を飲まないであれだけ人の悪口が言える小沢さんは本当に悪い人だとおっしゃっていました。041.gif
b0190242_12154049.jpg

 筍ごはん。
b0190242_12155583.jpg

 おじいさんは次回はアレグロピアットに行きたいそうです。よしこさんに任せます。041.gif
b0190242_12172077.jpg

b0190242_12173944.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_1218727.jpg

 
 夏目漱石の弟子で、唯美主義の小説を書き、名随筆、名紀行文の作者として評判の高かった”百鬼園” 内田百聞は、昭和46年(1971年)4月20日、東京麹町の自宅で老衰のため81歳で亡くなりました。

 百聞は、小説も書きましたが、それよりは『百鬼園先生言行録』『百鬼園随筆』『百鬼園日記』など、一連の“百鬼園もの”など、あるいは、全国の主要鉄道を乗りまくった紀行文、いわゆる“阿房列車もの”のほうが人気が高く、広い固定読者層をもっていた一風変わった作家であったと思います。

 百聞の生家は岡山市の造り酒屋。旧制岡山中学校、近所の百間川という、昔岡山城下の大水を救う放水路として作られた空川でよく寝そべって本を読んだところから、百聞の号をとったといわれます。

 百聞が文筆への道を志したのはこのころで、漱石の『吾輩は猫である』を読んで、すっかり漱石崇拝者になり、自作の原稿を送って、漱石から好意的な返事をもらったのを機会に、漱石の弟子入りを決意、たまたま東大に入学したこともあって、毎週一回、漱石邸の面会日には欠かさず訪問して、師事することを許されました。

 大学卒業後、職がなく、しばらく浪人しているときには、漱石の著書の校生を手伝ったりして、経済的援助も受けていました。漱石や門下の芥川竜之介の世話で、陸軍幼年学校、陸軍士官学校、海軍機関学校の教官、法政大学教授などもつとめたのですから、作家の経歴としては変わっているほうです。

 百聞の随筆は、謹厳そうな文章のなかにも、独特のユーモアが光るのは、師の漱石から学んだものと、もうひとつは、この教官、教授時代につちかわれたもののような気がします。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_12182356.jpg


 翌日4月14日は例年この時期にある焼酎の試飲会があり、渋谷のシダックスビルまで行ってきました。
b0190242_12185023.jpg

b0190242_12191199.jpg

 バラのエキスの入った焼酎。ピンク色は瓶の色で、焼酎自体は無色透明です。飲み終わると、ほんのりバラの香りがします。056.gif
b0190242_12192836.jpg

 黒さそり。
b0190242_1220014.jpg

b0190242_1220199.jpg

 サインをする黒瀬安光さん。以前の風貌とすっかり変わっていたので、本人だとわかりませんでした。037.gif
b0190242_1220316.jpg

 黒瀬安光さんと記念撮影。
b0190242_12205029.jpg

 大井町のじゃんけんぽんがおつまみを出店していました。
b0190242_1221225.jpg

b0190242_12214222.jpg

 おつまみ作りが忙しくて、トントンさん、はるさんは今回はそんなに飲めなかったのではないでしょうか。私は出店された酒造をすべて周り、飲みすぎてしまいました。037.gif
b0190242_12215234.jpg

b0190242_12221799.jpg

 左から宇田川さん、すっかり年を取った美紀ちゃん、岸さんの前のパートナー。宇田川さんはダイエット中と伺いましたが、効果はあったのでしょうか。
b0190242_12223466.jpg

b0190242_12225175.jpg

 試飲会でいつもお会いする試飲会マニアの方たち。
b0190242_1223413.jpg

b0190242_12232530.jpg

 西山さんのお嬢さん。若くて、かわいいひとはいいですね。将来、誰かさんのようにアル中おばさんにならないでくださいね。038.gif
b0190242_12234057.jpg

b0190242_12235485.jpg

 沖縄民謡の披露がありました。試飲会が終了し、トントンさん、はるさん、美紀ちゃんと焼き鳥を食べに行きました。037.gif
b0190242_12241796.jpg

b0190242_12244071.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(あづみ野うたごえ喫茶/あの素晴らしい愛をもう一度)

あの素晴らしい愛をもう一度(作詞:北山修、作曲:加藤和彦、歌:dicot)

夜が
命かけてと誓った日から
素敵な思い出残してきたのに
あの時同じ花を見て
美しいと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

赤トンボの唄をうたった空は
なんにも変わってないけれど
あの時ずっと夕焼けを
追いかけていった二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

広い荒野にぽつんといるよ
涙が知らずにあふれてくるのさ
あの時風が流れても
変わらないと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

b0190242_122846.jpg


 4月20日は都合で山行に行くことができませんでした。この日は朝から気温が低く、つい先日、暑かったのがウソのようです。午後から冷たい雨も降りだしました。
b0190242_12274910.jpg

 私は久しぶりに大井町湯屋へ出かけました。今年3回目です。夕方は新装のじゃんけんぽんへ行きました。移転後、しばらくは土曜日も営業するそうです。写真はじゃんけんぽんの玄関です。
b0190242_12251721.jpg

 トントンさんのお話では、移転して客層が変わったとのことです。前の店舗ではサラリーマンがほとんどだったそうですが、こちらの店では近所の人が来店するとのことです。この日も銭湯帰りのおじいさんが私の隣に座っていました。歯がないので、柔らかいものしか食べられないそうです。037.gif
b0190242_12253140.jpg

 じゃんけんぽんのラベルの日本酒。来福酒造さんが開店祝いに作ってくれたそうです。
b0190242_12255057.jpg

 そらまめ。
b0190242_12255943.jpg

 お刺身。
b0190242_1226121.jpg

 生牡蠣。
b0190242_12262614.jpg

 鳥の唐揚げ。
b0190242_12265173.jpg

 牛すじ。
b0190242_1227244.jpg

 焼き筍。
b0190242_12271637.jpg

 最後にカツオの漬け丼をいただきました。
b0190242_12273159.jpg



新橋二丁目七番地
作詞:田久保真見、作曲:杉本眞人、歌:あさみちゆき


うすい座布団 一枚で
地べたに座って 四十年
時が流れて 人が流れる
濁流うねる この都会(まち)で
流されまいと 流されまいと
小石のように うずくまる
靴を磨けば こころも晴れる
今日も元気に がんばって
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

こんな私に 出来たのは
一生懸命 生きること
秋の夕暮れ ひとつため息
赤チン色の 赤ちょうちん
一杯飲めば 一杯飲めば
人間なんて 立ち直る
靴の汚れは 心の汚れ
夢も磨けば また光る
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

明日はきっと 明日はきっと
いいことあるさ 大丈夫
つらい気持は 靴みりゃわかる
今日もあなたは がんばった
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地




 
水曜日、歩みの会に行ってきます。060.gif

b0190242_1228542.jpg

b0190242_12291584.jpg

b0190242_12294742.jpg

by ryott-ryott | 2013-04-21 12:34 | おしきせ | Comments(0)