<   2015年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

歩の会・南アルプスの前衛、初冬の入笠山を行く

登山
旅行・地域
b0190242_13302669.jpg


 11月13日(金)は歩の会で、入笠山へ出かけてきました。入笠山は長野県南アルプスである赤石山脈の最北端の山です。山頂標高は1955 mあります。いい歳りょうちんが写っている写真は、倉持さんのブログにも掲載されています。
b0190242_13315041.jpg

 歩の会に参加するのは4月の妙義山さくらの里以来7ヵ月ぶりでした。歩の会では、毎回バスの中で会長から連絡事項があります。来年から歩の会の集合場所は新宿西口ではなく、町田駅になり、しかも毎月第3木曜日に山行に出かけるとのことが決定されたということを聞いていましたが、現在大洗と東京を往復する単身赴任の身では木曜日の歩の会には参加できないことを浅場会長に申し上げたところ、何回かは月曜日に開催してくれるということを会員の皆さんにはかっていただき、月曜日の山行も取り入れてくれることを決定してくれました。会長、歩の会の皆さん、日程のご配慮をいただき、ありがとうございます。月曜日山行にはなるべく、参加できるようにいたします。
b0190242_13321468.jpg

 またラジオで聞いた話の紹介の中で、毎回花言葉の紹介をしてくださいます。今回はヒマラヤスギの花言葉は「あなたのために生きる」でした。日本百名山を完登したいい歳りょうちゃんは、「歩の会のために生きる」ことができるように、今後も山行をご一緒したいと思います。
b0190242_13322943.jpg

b0190242_13324873.jpg

 午前7時に新宿西口からバスに乗り、沢入登山口の駐車場に到着したのは午前10時前でした。倉持さんのストレッチ姿を見るのも久しぶりでした。
b0190242_1333897.jpg

 入笠山と言えば、ゴンドラで湿原の入口まで登って、そこから歩き始めるのかと思っていましたが、ゴンドラはいっさい使わずに沢入登山口から山頂へのピストンでした。
b0190242_1334676.jpg

 なだらかな登り道をゆっくりと歩いて行きました。
b0190242_13343095.jpg

b0190242_1335011.jpg

 歩くこと1時間で入笠湿原に到着。この湿原の斜面の上のほうにゴンドラ駅があります。
b0190242_13353357.jpg

b0190242_133617.jpg

b0190242_13364118.jpg

 入笠湿原の上で小休止。山頂までは30分くらいです。
b0190242_13365847.jpg

b0190242_13371656.jpg

b0190242_13373985.jpg

b0190242_1338771.jpg

b0190242_13383128.jpg

b0190242_13385438.jpg

b0190242_13394753.jpg

 12月に倉持さんはこの天文台の宿にスノーシューで来るそうです。
b0190242_13401323.jpg

b0190242_13403527.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_13411594.jpg

 
 いつもこの欄では小学館「一日一話人物歳時記」から引用していますが、今日はこれまで何回か掲載した「村田英雄伝説」を載せます。この村田英雄伝説は2012年10月に九州の日本百名山に行ったときに浦安湯屋のともちゃんから聞いた話を文字に起こしたものです。年末に勇才さんに行ったときに、隣に座っていた年配の女性と歌謡曲の話になり、私が話した「村田英雄伝説」に大変な興味と感動を示して下さいました。再度、村田英雄伝説を掲載します。

 その昔、終生のライバルと言われた二人の浪曲師がいました。村田英雄と三波春夫です。三波春夫は1923年7月19日に現在の新潟県長岡市に生まれ、1939年16歳のときに浪曲師としてデビューします。その後、戦況悪化により三波春夫自身も1944年に陸軍に入隊し、満洲へ渡ります。三波春夫は満州で敗戦を迎え、ハバロフスクの捕虜収容所に送られて、4年間のシベリア抑留生活を送ることになりました。1949年に帰国し、浪曲師として再び活躍をはじめます。

 一方、村田英雄は1929年1月17日、現在の福岡県うきは市に生まれ、その後、唐津市へ移り、5歳のときに浪曲師酒井雲に弟子入りします。その後、村田英雄は13歳で真打に昇進し、14歳で酒井雲坊一座の座長も務め、九州の地方公演で活躍を続けます。
二人の浪曲師、三波春夫と村田英雄は浪曲の全国大会でたびたび激突することになります。しかし、いつも1位に輝くのは村田英雄であり、三波春夫は常に2番。三波はどうしても村田に勝つことはできませんでした。

 浪曲の世界では村田に勝つことが出来ないと悟った三波は、1957年に芸名を「三波春夫」と改めて、新規一転し歌謡界へとデビューします。するとどうでしょう、出す歌はすべて大ヒット。飛ぶ鳥を落とす勢いです。「お客様は神様です!」という有名なフレーズでも知られる通り、三波の天性の明るさが多くのファンを魅きつけました。

 三波の歌謡界での活躍を見ながら、村田は日本一の浪曲師を夢見て東京へ上京します。そして村田にも転機がやってきます。今や歌謡界のトップにまで上り詰めた三波春夫に歌で勝負できるのは村田しかいないと考えていた人物がいました。その人こそ、あの古賀政男です。古賀政男からの誘いに対して、最初、村田はためらいました。村田はすでに結婚もしており、果たして歌謡界でやっていけるのか迷ったそうです。浪曲の世界では常に自分がトップに君臨し、三波春夫にその座を譲ることがなかった、その三波が今や歌謡界で大活躍していることを目の当たりにし、ついに古賀政男からの歌謡界への誘いを受けることにしました。

 1958年、古賀政男とのコンビで最初に出したのが「無法松の一生」です。しかし、考えていたとおりにはうまくいかないもので、「無法松の一生」はまったくヒットしませんでした。三波春夫とは対照的に、村田英雄はヒット曲には恵まれませんでした。三波春夫が毎年のようにNHK紅白歌合戦でトリを務めているのに、村田英雄は紅白出場すら出来なかったのです。「やはり自分には歌謡界には向いていない、浪曲の世界に戻ろう。」と決心し、歌謡曲の師匠である古賀政男に歌謡界をやめたいと申し出ます。それを聞いた古賀政男は烈火のごとく激昂し、村田英雄を殴り蹴り、破門同然で古賀政男から縁を切られてしまいました。

 村田英雄と古賀政男のやりとりの一部始終を横目で見ていた作曲家がいました。失意の村田に手を差し伸べたのは、美空ひばりの「みだれ髪」でよく知られている船村徹でした。浪曲で鍛え上げた村田の重厚な声は古賀政男の曲調には合わないと、船村は考えていました。その村田に船村から贈った曲があの「王将」(作詞:西条八十)でした。王将は瞬く間に大ヒットします。最終的には300万枚を超え、戦後はじめてのミリオンセラーになったと言われています。しかも、この王将は1961年(昭和36年)と1962年(昭和37年)の2年連続NHK紅白歌合戦で歌われました。この船村徹の「王将」をきっかけに村田英雄は三波春夫と肩を並べる存在になりました。

 歌謡界で成功を収めた村田の公演会に、それを見守るひとりの男性の姿がありました。歌謡界に村田を引き入れた古賀政男です。古賀政男は自分が村田を歌謡界へ誘った責任を感じていたのでしょう。成功した村田の姿を見て、古賀政男は安心して帰って行ったと言います。

(浦安湯屋ともちゃんの「村田英雄伝説」より)

b0190242_13413962.jpg


 山頂までもうすぐです。
b0190242_13415891.jpg

b0190242_13422914.jpg

 12時山頂に到着しました。今日は薄曇りで、山頂からの展望がほとんど期待できないと思っていましたが、目の前には八ヶ岳と蓼科山、金峰山が見えました。
b0190242_13425290.jpg

b0190242_13431061.jpg

b0190242_13444149.jpg

 入笠山は南アルプスの前衛だけあって、南側には富士山、南アルプスの仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳、北岳、鳳凰三山が見えました。また西側には槍穂高連峰、立山、五竜、鹿島槍、白馬三山の北アルプス、北アルプスの南側には御嶽山と中央アルプス、さらに平らな恵那山まで、360度の展望を見ることができました。
b0190242_13454251.jpg

b0190242_1346207.jpg

b0190242_13463832.jpg

b0190242_1347255.jpg

 山頂で30分の大休止をとり、倉持さんのミルクティーを飲むのも久しぶりでした。
b0190242_13474646.jpg

b0190242_13481046.jpg

b0190242_13515190.jpg

b0190242_13521443.jpg

b0190242_13525542.jpg



(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)
わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(ダーク・ダックス/銀色の道)
銀色の道(作詞:塚田茂、作曲:宮川泰、歌:ダーク・ダックス、ザ・ピーナッツ)


遠い 遠い はるかな道は
冬の嵐が 吹いてるが
谷間の春は 花が咲いてる
ひとり ひとり 今日もひとり
銀色のはるかな道

ひとりひとり はるかな道は
つらいだろうが がんばろう
苦しい坂も 止まればさがる
続く 続く 明日も続く
銀色の はるかな道

続く 続く はるかな道を
暗い夜空を 迷わずに
ふたりの星よ 照らしておくれ
近い 近い 夜明けは近い
銀色の はるかな道
はるかな道 はるかな道

b0190242_13501677.jpg


 360度の展望に別れを告げて、下山を開始。
b0190242_13504782.jpg

b0190242_1351142.jpg

 弾痕笹がありました。弾丸で打ち抜いたような跡がついた笹を弾痕笹といい、虫が食べたあとです。戦時中、この弾痕笹を懐に入れて戦地へ行くと、敵の銃弾にあたらないと信じられており、兵隊さんはお守りとして身につけて出征して行ったそうです。
b0190242_13532748.jpg

 入笠山にも鎖場がありました。
b0190242_13535035.jpg

 岩場コースを下山しています。
b0190242_1354517.jpg

b0190242_13543114.jpg

 この季節は植物も生えていないためか、鹿よけのネットは外されていました。
b0190242_13545437.jpg

 沢入登山口を目指して下山。
b0190242_13551173.jpg

b0190242_13553052.jpg

 下山後は「ゆーとろん水神の湯」に入浴しました。
b0190242_13555195.jpg

b0190242_1356882.jpg

b0190242_13563718.jpg

 帰りのバスの中では、いつものように日本酒で乾杯。ガイドの峯岸さんも後ろの席に来て、一杯飲んでくださいました。驚いたことに、いい歳りょうちゃんが普段お世話になっている富澤財団総帥のトミーさんは、峯岸さんと同じ年にガイド試験をパスした同期なんだそうです。峯岸さんは多分トミーさんよりは10歳くらいは年上だと思いますが、髪の毛は豊かでした。峯岸さんもトミーさんが「あんなにハゲてしまうと思っていなかった。」とは言っていませんでした。041.gif
b0190242_13564762.jpg



本田美奈子/恋のバカンス
作詞:岩谷時子、作曲:宮川泰、歌:ザ・ピーナッツ

ためいきの出るような
あなたのくちづけに
甘い恋を夢みる
乙女ごころよ
金色にかがやく
熱い砂のうえに
裸で恋をしよう
人魚のように

陽にやけた ほほよせて
ささやいた約束は
二人だけの秘めごと
ためいきが出ちゃう
ああ恋のよろこびに
バラ色の月日よ
はじめてあなたを見た
恋のバカンス

陽にやけた ほほよせて
ささやいた約束は
二人だけの秘めごと
ためいきが出ちゃう
ああ恋のよろこびに
バラ色の月日よ
はじめてあなたを見た
恋のバカンス


 
次回は浅間隠山・榛名山の報告をします060.gif

b0190242_13572520.jpg

b0190242_13575094.jpg

b0190242_13585172.jpg

b0190242_1404115.jpg

by ryott-ryott | 2015-11-21 14:06 | 歩の会・入笠山

万座温泉山行、草津白根山、緑の絨毯・御飯岳を行く

登山
旅行・地域
b0190242_15394620.jpg


 前回高校同窓会の報告をしましたが、その集合写真を同級生の方から送っていただきました。ありがとうございます。140名が写っているので、いい歳りょうちゃんは、どこにいるのか分かりづらいですが、後ろのほうで50の文字の下あたりにいます。顔がはっきり写っていなくて、ホッとしている方もたくさんいるのではないでしょうか、Y子先生。037.gif
b0190242_1540828.jpg

 日本百名山100座完登の感動の余韻冷めやらない中、10月31日(土)~11月1日(日)は草津白根山と群馬百名山であり、信州百名山にも選ばれている御飯岳へ行ってきました。今回の大きな目的は山登りというよりは、万座温泉に入浴することでした。いつものように、いい歳りょうちゃんが写っている写真は全てトミーさんのブログからもらいました。
b0190242_15415658.jpg

 今回の集合場所は安中榛名駅です。世の中は11月2日も休めば、文化の日まで4連休となることもあって、指定された新幹線は満席で、いい歳りょうちゃんは1本前の新幹線に乗りました。いつものように駅前には富澤財団のピカピカのリムジンでお出迎えいただき、万座温泉への長い長いドライブがスタートしました。写真は二度上峠から見た浅間山です。この週末は天気がよく、四阿山、蓼科山も見えました。
b0190242_15412559.jpg

 安中榛名駅を出発して約2時間で登山口に到着しました。登山口の広い駐車場にはほとんど自動車は止まっておらず、A柳さんの高級車と富澤財団のリムジンだけでした。
b0190242_15421549.jpg

b0190242_15423410.jpg

 空を見上げると雲一つない青空でしたが、風があり、寒い日中でした。
b0190242_15425514.jpg

b0190242_15431514.jpg

 万座温泉プリンスホテル。今日の宿はここではなく、もう少し上に上がった日進館です。
b0190242_15441534.jpg

 草津白根山の本当の山頂、三角点がある場所には火山警戒警報レベル2にために行くことができません。行くことができる最高点を以って、草津白根山に登ったことになります。その最高点は標高2150 mで、登山口からは標高差300 mのなだらかな山歩きとなります。
b0190242_15443933.jpg

b0190242_1545198.jpg

b0190242_15452057.jpg

 ゴゼンタチバナが紅葉していました。
b0190242_15453012.jpg

 森林限界に出たところから見た麓の万座温泉街。
b0190242_15454793.jpg

 四阿山も見えました。
b0190242_1546475.jpg

 気温が低いためか、ハイマツには霧氷がついていました。
b0190242_15464129.jpg

 歩き始めて約2時間で草津白根山遊歩道最高地点標高2150 mに到着しました。草津白根山は2回目の登頂になります。日本百名山通算で109座目(2回行ったのは劔岳、剣山、開聞岳、谷川岳、筑波山2回、岩手山、八幡平なので)になりました。A柳さんも草津白根山には何回も登っているそうです。
b0190242_1547966.jpg

b0190242_15473266.jpg

 最高地点から見た草津白根山展望台。
b0190242_1547575.jpg

 以前に草津白根山に行った時はコマクサ咲く7月でたくさんの登山者が歩いていましたが、今日の頂上大地にはほとんど登山者がいませんでした。
b0190242_15484847.jpg

 頂上大地を歩いて展望台にも行きました。展望台には登山者ではなく、普通の観光客もスカート、ジーパンで来ていました。
b0190242_15491579.jpg

b0190242_15493251.jpg

b0190242_1550149.jpg

 浅間山の上空に何やら怪しげな雲がおおってきました。
b0190242_15505791.jpg

 硫化水素ガスが発生しているらしく、火口付近へ行くことはできません。
b0190242_15511374.jpg

 万座温泉を目指して、草津白根山の下山を開始。ひん曲がった木製の階段が多く、雨が降っていたら、間違えなく滑っていたでしょう。
b0190242_15515891.jpg

b0190242_15522342.jpg

b0190242_15524690.jpg

b0190242_1553185.jpg

 今日の宿は日進館、温泉のお湯はきれいな乳白色でした。写真撮影は禁じられていました。
b0190242_15531847.jpg

b0190242_15533433.jpg

 こんなポスターが館内に貼られていました。積み木くずしで一躍有名になった穂積隆信や、昔のワイドショーでレポーターをやっていた一谷伸枝が出演する舞台を三越劇場でやるようです。また日進館の若女将も出演すると書いてありました。2日目から山行に参加したHさんから、日進館のオーナーも音楽家で、一家で芸能活動をしていることを教えてもらいました。それにしても穂積隆信や一谷伸枝はいい歳りょうちゃんが子どもの頃にブラウン管の中に出ていた芸能人で、もうお亡くなりになっていると思っていました。
b0190242_15535113.jpg

 日進館での夕飯で、2回目の日本百名山完登のお祝いをしていただきました。「祝 日本百名山完登!」の垂れ幕をまたも持って来ていただいて、トミーさんご夫妻、A柳さんと乾杯しました。A柳さんからもお酒をいただき、とても楽しいひとときでした。皆さん、ありがとうございます。3回目のお祝いは、新年会の休暇村でお願いします。
b0190242_1554825.jpg

b0190242_15542243.jpg

b0190242_15544019.jpg

 日進館の夕飯も朝食もバイキングです。バイキングは自分の好きな食べ物を好きなだけ取ることができて、たいへん合理的なシステムですが、日進館に来ている客は平気で割り込んでくるし、しゃもじやトングを床に落としたまま放置して逃げてしまうような、ロクでもない客ばかりでした。教育を受けている日本人ならば、そのような行為を諌めるような年齢のよい大人に見えるのですが、日本人になりすました外国人だったのかもしれません。


(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_1555146.jpg

 
 いつもこの欄では小学館「一日一話人物歳時記」から引用していますが、今日はこれまで何回か掲載した「村田英雄伝説」を載せます。この村田英雄伝説は2012年10月に九州の日本百名山に行ったときに浦安湯屋のともちゃんから聞いた話を文字に起こしたものです。年末に勇才さんに行ったときに、隣に座っていた年配の女性と歌謡曲の話になり、私が話した「村田英雄伝説」に大変な興味と感動を示して下さいました。再度、村田英雄伝説を掲載します。

 その昔、終生のライバルと言われた二人の浪曲師がいました。村田英雄と三波春夫です。三波春夫は1923年7月19日に現在の新潟県長岡市に生まれ、1939年16歳のときに浪曲師としてデビューします。その後、戦況悪化により三波春夫自身も1944年に陸軍に入隊し、満洲へ渡ります。三波春夫は満州で敗戦を迎え、ハバロフスクの捕虜収容所に送られて、4年間のシベリア抑留生活を送ることになりました。1949年に帰国し、浪曲師として再び活躍をはじめます。

 一方、村田英雄は1929年1月17日、現在の福岡県うきは市に生まれ、その後、唐津市へ移り、5歳のときに浪曲師酒井雲に弟子入りします。その後、村田英雄は13歳で真打に昇進し、14歳で酒井雲坊一座の座長も務め、九州の地方公演で活躍を続けます。
二人の浪曲師、三波春夫と村田英雄は浪曲の全国大会でたびたび激突することになります。しかし、いつも1位に輝くのは村田英雄であり、三波春夫は常に2番。三波はどうしても村田に勝つことはできませんでした。

 浪曲の世界では村田に勝つことが出来ないと悟った三波は、1957年に芸名を「三波春夫」と改めて、新規一転し歌謡界へとデビューします。するとどうでしょう、出す歌はすべて大ヒット。飛ぶ鳥を落とす勢いです。「お客様は神様です!」という有名なフレーズでも知られる通り、三波の天性の明るさが多くのファンを魅きつけました。

 三波の歌謡界での活躍を見ながら、村田は日本一の浪曲師を夢見て東京へ上京します。そして村田にも転機がやってきます。今や歌謡界のトップにまで上り詰めた三波春夫に歌で勝負できるのは村田しかいないと考えていた人物がいました。その人こそ、あの古賀政男です。古賀政男からの誘いに対して、最初、村田はためらいました。村田はすでに結婚もしており、果たして歌謡界でやっていけるのか迷ったそうです。浪曲の世界では常に自分がトップに君臨し、三波春夫にその座を譲ることがなかった、その三波が今や歌謡界で大活躍していることを目の当たりにし、ついに古賀政男からの歌謡界への誘いを受けることにしました。

 1958年、古賀政男とのコンビで最初に出したのが「無法松の一生」です。しかし、考えていたとおりにはうまくいかないもので、「無法松の一生」はまったくヒットしませんでした。三波春夫とは対照的に、村田英雄はヒット曲には恵まれませんでした。三波春夫が毎年のようにNHK紅白歌合戦でトリを務めているのに、村田英雄は紅白出場すら出来なかったのです。「やはり自分には歌謡界には向いていない、浪曲の世界に戻ろう。」と決心し、歌謡曲の師匠である古賀政男に歌謡界をやめたいと申し出ます。それを聞いた古賀政男は烈火のごとく激昂し、村田英雄を殴り蹴り、破門同然で古賀政男から縁を切られてしまいました。

 村田英雄と古賀政男のやりとりの一部始終を横目で見ていた作曲家がいました。失意の村田に手を差し伸べたのは、美空ひばりの「みだれ髪」でよく知られている船村徹でした。浪曲で鍛え上げた村田の重厚な声は古賀政男の曲調には合わないと、船村は考えていました。その村田に船村から贈った曲があの「王将」(作詞:西条八十)でした。王将は瞬く間に大ヒットします。最終的には300万枚を超え、戦後はじめてのミリオンセラーになったと言われています。しかも、この王将は1961年(昭和36年)と1962年(昭和37年)の2年連続NHK紅白歌合戦で歌われました。この船村徹の「王将」をきっかけに村田英雄は三波春夫と肩を並べる存在になりました。

 歌謡界で成功を収めた村田の公演会に、それを見守るひとりの男性の姿がありました。歌謡界に村田を引き入れた古賀政男です。古賀政男は自分が村田を歌謡界へ誘った責任を感じていたのでしょう。成功した村田の姿を見て、古賀政男は安心して帰って行ったと言います。

(浦安湯屋ともちゃんの「村田英雄伝説」より)

b0190242_15564455.jpg


 2日目の11月1日(日)は群馬百名山・信州百名山である御飯岳に登りました。日進館から富澤財団のリムジンに乗って、約20分のところに登山口がありました。
b0190242_15572982.jpg

 登山口は風の通り道で、ものすごい寒さでした。暑がりのりょうちゃんが寒いと感じたのですから、年配メーテルのA柳さんや髪のないトミーさんは凍えそうだったのではないでしょうか。
b0190242_155862.jpg

 風が吹く中、まずは毛無山の山頂に登っていきました。西に目を向ければ、信州の百名山、妙高山・火打山・高妻山、その南側には白馬三山、五竜岳、鹿島槍ヶ岳、立山連峰、槍穂高連峰、乗鞍岳、御嶽山まで見えました。東に目を向けると、目の前に浅間山、四阿山、榛名山、南の方には八ヶ岳連峰、蓼科まで見えました。
b0190242_1558465.jpg

b0190242_15591960.jpg

 登り始めてからわずか10分程度で毛無山の山頂に着きました。気温が低いこともあって、足元の高山植物は白い霧氷がついており、陽の光に照らされて、白い花がキラキラと咲いているように見えました。
b0190242_1559575.jpg

b0190242_1604281.jpg

 トミーさんは「毛無山」という名前が気に入らないらしく、事あるごとに「失礼な名前だ!」とおっしゃっていました。トミーさんは自分のことを悪く言われているように思ったのでしょうか。トミーさんは髪の毛がないのではなく、短く刈り込んでいるだけとのことです。そういうことにしておきましょう。041.gif
b0190242_161999.jpg

 毛無山から御飯岳へのとても広い稜線。クマザサについた霧氷がキラキラ光っていました。
b0190242_1612744.jpg

b0190242_1614863.jpg

 北アルプスの北側から白馬三山、五竜岳。
b0190242_1621460.jpg

 御飯岳の樹林帯入口から見た毛無山。
b0190242_1623477.jpg

 毛無山の向こうには浅間山と四阿山、その間に八ヶ岳連峰、蓼科山が見えました。
b0190242_1634860.jpg

 北アルプスの上には月が浮かんでいました。
b0190242_1642315.jpg

 北アルプスの麓に長野市街が見えます。
b0190242_1644753.jpg

 御飯岳も昨日登った草津白根山のようにある程度登ると、頂上大地を進んでいくことになります。
b0190242_1652175.jpg

 2箇所くらい登り返しもありました。
b0190242_1654480.jpg

 登り始めて約2時間で御飯岳山頂につきました。
b0190242_166686.jpg

b0190242_1663568.jpg

 樹林の間から、白くなった北アルプスが見えました。
b0190242_1671841.jpg

 山頂では早めの昼食をとりました。2日目からトミーさんの高校の同級生のHさんもご一緒して、山頂では年をとっていくと体が言うことを聞かなくなっていくということをお話していました。トミーさんのお知り合いのガイドさんも体がボロボロになっている方もいらっしゃるとのことでした。トミーさんは髪の毛がボロボロのようです。041.gif
b0190242_1674028.jpg

b0190242_1683819.jpg

 登山口に向け、下山を開始しました。下山時も360度の展望を楽しみながらの山歩きでした。
b0190242_169766.jpg

b0190242_1693237.jpg

 下山後はHさんからりんごのお土産をいただきました。ありがとうございます。大洗に持って行って、デザートとして食べました。写真は毛無山の手前にある破風山。
b0190242_1694975.jpg

b0190242_1610949.jpg

b0190242_16102828.jpg
b0190242_16105188.jpg

 日進館の温泉に入浴し安中榛名駅まで長い長い行程をもどってきました。安中榛名駅前の公園からは妙義山系が見えました。
b0190242_16111391.jpg

b0190242_16112844.jpg



(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)
わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(ダーク・ダックス/銀色の道)
銀色の道(作詞:塚田茂、作曲:宮川泰、歌:ダーク・ダックス、ザ・ピーナッツ)


遠い 遠い はるかな道は
冬の嵐が 吹いてるが
谷間の春は 花が咲いてる
ひとり ひとり 今日もひとり
銀色のはるかな道

ひとりひとり はるかな道は
つらいだろうが がんばろう
苦しい坂も 止まればさがる
続く 続く 明日も続く
銀色の はるかな道

続く 続く はるかな道を
暗い夜空を 迷わずに
ふたりの星よ 照らしておくれ
近い 近い 夜明けは近い
銀色の はるかな道
はるかな道 はるかな道

b0190242_16122154.jpg


<おまけの報告>
 大井町のお店で、いい歳りょうちゃんがたまに行く勇才さんが年内いっぱいで閉店になります。勇才さんのお店のある一角は再開発のため、お店を閉めて立ち退くことになりました。
b0190242_1613458.jpg

 昨日勇才さんのお店に行って、新店舗の行き先は大井町線沿線の荏原町になったと教えてもらいました。
b0190242_16131985.jpg

 年内は12月31日までの営業を以って最終日となるそうです。年明けから新店舗の準備を初めて、1~2ヵ月後に開店するとのことです。新店舗でも面白い話をたくさん聞かせてください。
b0190242_16133418.jpg



本田美奈子/恋のバカンス
作詞:岩谷時子、作曲:宮川泰、歌:ザ・ピーナッツ

ためいきの出るような
あなたのくちづけに
甘い恋を夢みる
乙女ごころよ
金色にかがやく
熱い砂のうえに
裸で恋をしよう
人魚のように

陽にやけた ほほよせて
ささやいた約束は
二人だけの秘めごと
ためいきが出ちゃう
ああ恋のよろこびに
バラ色の月日よ
はじめてあなたを見た
恋のバカンス

陽にやけた ほほよせて
ささやいた約束は
二人だけの秘めごと
ためいきが出ちゃう
ああ恋のよろこびに
バラ色の月日よ
はじめてあなたを見た
恋のバカンス


 
次回は歩の会・入笠山の報告をします060.gif

b0190242_1614068.jpg

b0190242_16141971.jpg

b0190242_16145917.jpg

b0190242_16152793.jpg

b0190242_16154378.jpg

b0190242_1616633.jpg

b0190242_16162926.jpg

b0190242_1617098.jpg

b0190242_16171768.jpg

b0190242_16174683.jpg

by ryott-ryott | 2015-11-08 16:22 | 草津白根山・御飯岳・万座温泉