タグ:おしきせの会 ( 6 ) タグの人気記事

忘年おしきせの会&谷川・西黒尾根雪上訓練

旅行・地域
b0190242_16314813.jpg


 今年は、年明けの雪山・蓼科山からはじまり、10月末の恵那山まで日本百名山は24座を加え、山登りを開始した2010年8月から数えて、53座まで到達しました。そして、歩みの会への入会を許諾していただいたことにより、剱岳へも行くことができたと思っています。剱岳にはしばらくは毎年行きたいと考えています。
 「来年のことを言えば、鬼が笑う」と言いますが、来年は裏銀座の鷲羽岳・水晶岳から槍ヶ岳へと向かうコースと、早月尾根から行く剱岳が最大の目標であり、数では80座を目指したいと考えています。

 さて12月22日(土)は浦安湯屋のメンバーと忘年おしきせの会をやりました。山行でご一緒している皆さんです。今年の忘年おしきせの会は大井町の名店「じゃんけんぽん」でやりました。「おしきせ」とは甲州弁で「晩酌」という意味です。写真は「じゃんけんぽん」の店内です。
b0190242_16323361.jpg

 今年10月1日、東京都は改正条例の施行でふぐ調理師がいない店舗でもふぐ料理を出せるようになりました。じゃんけんぽんでは10月から要予約でふぐ料理のコースを一人前4000円で始めています。今日のおしきせの会でもふぐ料理を出していただきました。写真はふぐ刺しです。
b0190242_16324921.jpg

 ふぐの唐揚げ。
b0190242_1633146.jpg

 ふぐ鍋。
b0190242_1633139.jpg

 前菜。
b0190242_16332351.jpg

 この肉はどうなるのでしょうか。
b0190242_16333627.jpg

 羽入さんとあきちゃん。あきちゃんはりょうちゃんより年下であることを今回も強調していました。037.gif
b0190242_1633556.jpg

 羽入さんとタッキーおじさん。タッキーおじさんは雨の中、高尾山を歩いてきて、その帰りに「おしきせの会」にやってきました。安藤さんとあやちゃんも雨の高尾山に同行したそうです。038.gif
b0190242_16341097.jpg

 お酒もたくさん飲みました。参加者11名で、1名お酒を飲まなかったので、10名で3升飲んだそうです。後日、はるさんから聞きました。計算上では1名3合なので、このメンバーでは少なかったほうだと思います。037.gif
b0190242_16342836.jpg

 誰かが仮装道具を持参し、皆さん酔っ払って悪ふざけのたいへんなおしきせの会になってしまいました。仮装したほうが、もとの顔を隠せて、いい顔になった人もいます。037.gif
b0190242_1635583.jpg

b0190242_16362100.jpg

b0190242_16363674.jpg

 一番奥でよしこさんが泣いています。羽入さんとタッキーが泣かせたのでしょうか。037.gif
b0190242_16365399.jpg

 仮装をしたまま、ぐいぐい飲んでいます。038.gif
b0190242_163752.jpg

 まだまだ飲みます。隣の和さんが心配そうに覗き込んでいます。038.gif
b0190242_16371444.jpg

 お面をかぶったまま、飲んでいます。038.gif
b0190242_16372780.jpg

 ついに壊れてしまいました。もうお嫁には行けませんね。041.gif037.gif
b0190242_16374364.jpg

 こちらのグループは割とまともです。038.gif
b0190242_16375886.jpg

b0190242_16381936.jpg

 最後はみんなで記念撮影をしました。第88回忘年おしきせの会は大盛況のうちにお開きとなりました。来年もどうぞよろしくお願いします。 038.gif
b0190242_16383458.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_16391924.jpg

 
 「吾人は須く現代を超越せざるべからず」(高山樗牛)

 この言葉で知られる高山樗牛(たかやまちょぎゅう)は、山形県鶴岡の人、父が転勤で福島県庁に勤務した関係から、郡山市にある旧制安積中学校を卒業しました。

 明治の生んだ天才的文明批評家といわれましたが、今なお読まれているのは、彼が最初に書いた歴史小説『滝口入道』のほうだと思います。これは読売新聞の募集に応募して当選したもので、東京帝国大学在学中、23歳で書いたものです。

 物語は、治承3年(1179年)春、平清盛の花見の宴からはじまります。重盛の家臣で滝口の侍斎藤時頼が、この夜の宴で舞った横笛に魅せられます。父に妻にしたいと申し出ますが許されません。失意と世の無常を感じて時頼は出家して仏門に入ってしまいました。

 それから6年、この噂を聞いた横笛は、心を動かされ、仲秋の名月の夜、中宮を抜け出して、時頼が隠棲している嵯峨の奥にある往生院をたずねました。
 しかし、世を捨てた時頼は、横笛とわかっても戸を開けません。終夜戸外にいた横笛も、また世の無常を感じて世を捨ててしまいます。

 時は流れ、ある日、時頼は深草の里で、路傍の老婆から、横笛のはかない一生を聞かされました。さすが、滝口入道と名のった時頼の心も・・・・・・・

 樗牛はこの作品を書き上げ、卒業と同時に雑誌「太陽」を舞台に、華々しく文芸批評、文明批評の論戦をくりひろげました。かつて『滝口入道』の選者であった坪内逍遥、尾崎紅葉、幸田露伴などを相手に論陣を張るのですから皮肉なことです。

 惜しいことにこの天才批評家も、明治35年(1902年)12月24日、32歳の若さで亡くなりました。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_16393728.jpg


 翌日、12月23日(日)も同じ「じゃんけんぽん」で忘年会がありました。今日は「じゃんけんぽん」の常連さんの忘年会です。準備をするはるさん。
b0190242_1640293.jpg

 お刺身。
b0190242_16401285.jpg

 ラーメンサラダ。
b0190242_16402686.jpg

 大山地鶏。
b0190242_16403823.jpg

 ハムカツサンド。
b0190242_16404777.jpg

 焼豚。
b0190242_16405866.jpg

 今日のメインディッシュ。タラバガニ。
b0190242_1641822.jpg

 トントンさんがカニを持ってくると、みんなが写真を撮り始めました。
b0190242_16412580.jpg

 先ほどのカニはバラされて、こうなってしまいました。
b0190242_16413780.jpg

 世捨て人の岸さん(左)、と宇田川さん(右)。宇田川さんはご自身のフェイスブックでもご家族を紹介されていますが、その容貌からは想像できないほど、きれいな奥様と可愛いお子さんがいらっしゃいます。お子さんたちに、「本当に宇田川さんの子どもなの?」と大変に失礼なことを聞いてしまいました。037.gif
b0190242_16415274.jpg

 その宇田川さんの奥様とお嬢ちゃん。
b0190242_16422323.jpg

 宇田川さんの息子さんとお嬢ちゃん。私は今日の忘年会にケーキを持って行きましたが、ケーキを食べてくれた二人はそのあとできちんとお礼を言いに来てくれました。これは宇田川ご夫妻がお子さんを立派に育てている証拠です。容貌だけはお父さんに似ないように育っていってくださいね。038.gif
b0190242_16423768.jpg

 岩崎医院の院長先生と、許嫁の千恵ちゃん。いつも下品なことばかり言うので「淫長先生」と呼ばれています。037.gif
b0190242_16425310.jpg

 淫長先生は年齢は関係ないようです。相手が50歳でも見境がありません。ある意味では博愛主義と言えるでしょう。037.gif
b0190242_1643174.jpg

 バーディーのマスターとママさん。最近、週末は山登りばかりでお店に行っておらず、生きているのか心配しておりましたが、お元気そうで何よりです。038.gif
b0190242_16434254.jpg

 洋美ちゃんと石井ちゃん。こちらの方たちは仮装で顔を隠したほうがいいかもしれません。037.gif
b0190242_16441833.jpg

 下から岡田ママさん、咬みつき犬の飼い主のみきちゃん、岡田パパさんの会社の体格のいい25歳男性。3人とも酔っ払った顔をしています。こちらの方も仮装で顔を隠したほうがいいかもしれません。岡田ママさんは仮面をつけると、本当にプロレスラーになってしまいそうです。037.gif
b0190242_16443347.jpg

 中丸さんと桑野さんの写真を撮るのを忘れてしまいました。三人の写真を撮ると遺影になってしまいそうなので、撮らなくてよかったかも知れません。桑野さんは最近大病をされて、2回も入院されたとのことです。私の親が同じ病気にかかったときは、病院から食事についてうるさく言われましたが、桑野さんは何を食べてもいいと言われたそうです。お医者さんからさじを投げられたのではないでしょうか。この写真の後ろに、桑野さんと中丸さん夫妻がいます。037.gif
b0190242_16444615.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(あづみ野うたごえ喫茶/あの素晴らしい愛をもう一度)

あの素晴らしい愛をもう一度(作詞:北山修、作曲:加藤和彦、歌:dicot)

夜が
命かけてと誓った日から
素敵な思い出残してきたのに
あの時同じ花を見て
美しいと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

赤トンボの唄をうたった空は
なんにも変わってないけれど
あの時ずっと夕焼けを
追いかけていった二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

広い荒野にぽつんといるよ
涙が知らずにあふれてくるのさ
あの時風が流れても
変わらないと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度


b0190242_177572.jpg

b0190242_16463592.jpg

 2日連続の忘年会で少しお疲れ気味ですが、3連休最終日は山旅クラブで雪上訓練に行きました。午前7時8分、上越新幹線とき号に乗り、上毛高原まで行きました。
b0190242_16455174.jpg

 東京は雲一つない青空で、新幹線の車窓からは富士山が綺麗に見えていました。058.gif
b0190242_164615.jpg

 高崎を通過して、トンネルを抜けると雪景色が広がっていました。
b0190242_16461181.jpg

 今日の参加者は全員で7名です。上毛高原駅からタクシーに乗車し、谷川岳ロープウェイ駅まで向かいました。トミーさんからロープウェイで上がらなくても、雪が十分あるので、下から西黒尾根を途中まで登り、雪上訓練をすることになりました。写真は車道を歩いているところです。
b0190242_16462517.jpg

 西黒尾根入口。
b0190242_16465535.jpg

 私たちが登ろうとしていたとき、下山者がいました。頂上へ行くことは断念し、この雪の中でビパークしたそうです。
b0190242_16471439.jpg

b0190242_16473688.jpg

 ここから登っているところの写真は一枚も撮っていません。心配していたことですが、足が雪に沈んでしまい、雪に足を取られて、もがきながらの雪山登りとなり、写真を撮る余裕は全くありませんでした。私の前後を歩いていたベテランのお姉さんに歩き方を丁寧に教えていただきましたが、それでも体が雪に埋まってしまいました。写真はトミーさんのブログからもらいました。
b0190242_16484230.jpg

b0190242_16492213.jpg

 順番に先頭を交代しながら約60分近くで休憩場所の鉄塔まで辿りついた時には、汗ビッショリで相当に疲れてしまいました。やっぱり、夏山のほうがはるかに登りやすいです。042.gif
b0190242_16495763.jpg

 それぞれカンジキとスノーシューをつけて斜面を登りました。私はスノーシューをつけましたが、斜面は滑って、さらに歩きにくく、またも疲労を蓄積しました。
b0190242_16502465.jpg

 カンジキとスノーシューでちょっとした雪庇の上まで登って、ここでいよいよアイゼンとハーネスをつけて、滑落停止、対空姿勢の練習をしました。写真は雪の斜面をわざとらしく転んで、滑落停止の練習をしているところです。
b0190242_16523326.jpg

b0190242_16532583.jpg

b0190242_1655239.jpg

 滑落停止のお手本を見せるトミーさん。ピッケルを胸前に引き寄せて、斜面に突き刺し、足は写真のように膝を曲げます。
b0190242_16541662.jpg

b0190242_16552492.jpg

 登山開始の時にビパークしたという人たちに会いましたが、ビパークするときの雪洞のつくり方についても説明を受けました。
b0190242_16554865.jpg

 二人などで登山したときは、緊急時には膝を抱えて座れるくらいの広さの雪洞を作るとのことです。
b0190242_1656129.jpg

 この雪洞はいい歳、りょうちゃんには狭すぎました。037.gif
b0190242_16564420.jpg

 最後は雪の斜面を懸垂下降して降りる練習をしました。日和田山のトレーニングの時にやりましたが、グローブをつけてロープをATCに通すことは大変に難しかったです。
b0190242_16574025.jpg

 一通りの雪上訓練を終えて、下山を開始。登りに比べるかなり楽ですが、それでも雪に足が埋まってしまい、抜けなくなって悪戦苦闘しました。
b0190242_16584949.jpg

 車道まで降りてきて、ロープウェイを見たときにはホッとしました。上毛高原駅の近くの温泉で入浴を済ませて、帰路につきました。雪上訓練とはいえ、雪との格闘の連続の一日であり、かなり体力を使ったためか、帰宅後は午後10時過ぎには寝てしまいました。来年、浅間隠山・鼻曲山と、赤城山・黒檜山の雪山を申し込んでいますがとても心配です。雪が積もっていないことを祈ります。
b0190242_16591531.jpg



新橋二丁目七番地
作詞:田久保真見、作曲:杉本眞人、歌:あさみちゆき


うすい座布団 一枚で
地べたに座って 四十年
時が流れて 人が流れる
濁流うねる この都会(まち)で
流されまいと 流されまいと
小石のように うずくまる
靴を磨けば こころも晴れる
今日も元気に がんばって
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

こんな私に 出来たのは
一生懸命 生きること
秋の夕暮れ ひとつため息
赤チン色の 赤ちょうちん
一杯飲めば 一杯飲めば
人間なんて 立ち直る
靴の汚れは 心の汚れ
夢も磨けば また光る
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

明日はきっと 明日はきっと
いいことあるさ 大丈夫
つらい気持は 靴みりゃわかる
今日もあなたは がんばった
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地


 
次回は新年山行・観音山に行ってきます。060.gif060.gif

b0190242_1703488.jpg

b0190242_1705175.jpg

b0190242_1712517.jpg

b0190242_1713613.jpg

b0190242_1722025.jpg

b0190242_1725447.jpg

b0190242_1731931.jpg

b0190242_174689.jpg

by ryott-ryott | 2012-12-26 17:19 | 谷川岳・西黒尾根、雪上訓練

師走の紅葉、昭和記念公園&勇才開店3周年

旅行・地域
b0190242_1843051.jpg


 まずは連絡です。「なんでもトライアスロン」の掲示板にも掲載しましたが12月22日(土)に恒例の忘年おしきせの会をやります。今年は大井町の名店「じゃんけんぽん」で行います。今のところ、参加の連絡を頂いているのは、あきちゃん、あやちゃん、あやや、安藤さん、かずさん、かとたつさん、じゅんやさん、タッキー滝本さん、チギ千吉良さん、ハニー羽入さん、ベジータ宮崎さん、よしこさん、そしていい歳、りょうちゃん以上アイウエオ順の13名です。まだ有余がありますので、参加希望の方は連絡をください。
b0190242_18445077.jpg

 12月もアミューズトラベルのツアーがなくなってしまったので、12月15日(土)は山旅クラブで赤城山・鍋割山、冬晴ハイクに行くことにしました。また16日(日)はあづみ野うたごえ喫茶に行ってきます。038.gif
b0190242_18453536.jpg

 12月1日も本来ならばアミューズで明神ヶ岳・明星ヶ岳に行く予定でしたが、ツアーが取り止めになってしまったため、紅葉を見に、昭和記念公園に行ってきました。紅葉情報では12月初めは紅葉が見ごろで、コウテイダリアも咲いているとのことです。056.gif
b0190242_18461330.jpg

 昭和記念公園はJR立川駅から徒歩15分です。昭和記念公園は昭和58年(1983年)に昭和天皇の在位50年を記念し、立川基地の跡地に開園されました。入場料は400円です。ただ日曜日などは無料で入場できるようです。今日は土曜日であったため400円の入場料を取られました。
b0190242_18462691.jpg

 天気予報では晴れのはずだったのですが、立川駅に着く直前から雨が降り始めました。雨足も次第に強くなり、昭和記念公園から大慌てで帰っていく人がたくさんいました。おそらく天気予報を見て、傘も持たずに出かけていたのでしょう。この雨で公園の中はほとんど人がいませんでした。057.gif
b0190242_18464068.jpg

 雨の中でも、真っ赤な紅葉が映えていました。038.gif
b0190242_18465195.jpg

b0190242_1847572.jpg

 大きなコウテイダリアが咲いていました。寒気で霜が降りると一気に散ってしまうそうです。056.gif
b0190242_18471535.jpg

 イチョウの大木。黄色が鮮やかでした。
b0190242_18473313.jpg

 イチョウ並木。イチョウの葉はほとんど散っていましたが、地面にはイチョウの黄色い絨毯が敷き詰められていました。038.gif
b0190242_18474886.jpg

b0190242_1848951.jpg

 もみじの絨毯。歩き始めて30分が経過し、先程まで降っていた雨が上がりました。
b0190242_18482172.jpg

 みんなの広場。雨も上がって、大きな木の周りに人が集まってきました。
b0190242_18484686.jpg

b0190242_1849869.jpg

 空を見上げると、雲が切れ、青空が広がってきました。058.gif038.gif
b0190242_18492035.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_18495873.jpg

 
 12月1日は「映画の日」です。明治29年(1896年)、神戸の「新港クラブ」で、わが国ではじめて映画が上映されたのを記念して、昭和31年(1956年)に制定されました。
 この映画の日にちなんでか、この月二人のの偉大な映画人が亡くなっています。

 一人は、昭和38年(1963年)12月12日、60歳で亡くなった日本映画の名監督、芸術院会員でもあった小津安二郎です。彼は明治36年(1903年)、東京深川に生まれ、三重県宇治山田中学校卒業後、大正12年(1923年)に松竹蒲田に入社しました。

 以来、30有余年『東京物語』『戸田家の兄弟』『父ありき』『晩春』『麦秋』『彼岸花』『秋日和』など、庶民の生活を“気品”と“人生味”と“ユーモア”で、国際的にも賞賛された数多い日本映画の名作を残して去りました。

 もう一人は、1977年12月25日、スイスの自宅で88歳で永眠した、世界の喜劇王チャップリンです。『黄金狂時代』『街の灯』『モダン・タイムス』『独裁者』『殺人狂時代』『ライムライト』『ニューヨークの王様』・・・・など。彼の名作は世界の多くの人に見られています。

 映画『ライムライト』で、チャップリンがクレア・ブルーム演じる踊り子を励ます言葉が印象的でした。「この人生は、どんなに辛くても生きるに価する。そのためには三つのことが必要だ。勇気と希望と、そしてサム・マネー(わずかな金)だ。」貧乏人の子として育った彼の根底にあるヒューマニズムとペーソスが言わせた言葉でしょう。
 チャップリンはアメリカで喜劇王の地位を気づいたにもかかわらず、アメリカが嫌いで、それを皮肉って作ったのが『ニューヨークの王様』です。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1851375.jpg


 昭和記念公園内に日本庭園があります。この庭園の紅葉もまた見事でした。写真は地面に落葉したカエデの葉で、赤い絨毯が敷き詰められているようでした。
b0190242_18514062.jpg

 池には逆さの紅葉が写っています。
b0190242_18522243.jpg

 空はすっかり青空です。
b0190242_18523837.jpg

 日差しに照らされた紅葉は燃えるように赤く、見事というしかありません。058.gif038.gif
b0190242_18525726.jpg

b0190242_18553072.jpg

b0190242_18555873.jpg

b0190242_18561781.jpg

b0190242_18563367.jpg

b0190242_1856571.jpg

b0190242_18572018.jpg

 雨上がりで気温は低くかなり寒く感じましたが、高い竹が風に吹かれて美しい情景でした。
b0190242_18532083.jpg

 紅葉と緑の竹。
b0190242_18533447.jpg

 日に透かされたカエデの葉。
b0190242_1854119.jpg

 強風で噴水の水が吹き飛ばされています。
b0190242_18543177.jpg

 イチョウ並木。
b0190242_18545691.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(あづみ野うたごえ喫茶/あの素晴らしい愛をもう一度)

あの素晴らしい愛をもう一度(作詞:北山修、作曲:加藤和彦、歌:dicot)


命かけてと誓った日から
素敵な思い出残してきたのに
あの時同じ花を見て
美しいと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

赤トンボの唄をうたった空は
なんにも変わってないけれど
あの時ずっと夕焼けを
追いかけていった二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

広い荒野にぽつんといるよで
涙が知らずにあふれてくるのさ
あの時風が流れても
変わらないと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度


b0190242_18575679.jpg

 最初は雨が降って、紅葉を適当に見て切り上げようと思っていましたが、すっかり晴れて、青空の下で紅葉を見ることができました。
b0190242_18582684.jpg

 大井町駅まで戻ってきて、久しぶりに勇才さんに行こうと思い、電話をすると今日は開店3周年記念で既に9名の予約が入っているとのことでした。なんとか最後の10席目に滑り込むことができました。勇才さんはカウンター10席のお店です。
b0190242_18584631.jpg

 3周年記念のポスター。紅葉を見たあとに、もみじ肉とは出来すぎています。038.gif
b0190242_1859246.jpg

 準備が着々と進んでいました。
b0190242_18595395.jpg

b0190242_190445.jpg

b0190242_1903119.jpg

 鹿肉のシチュー。最初は8人の予約だったそうですが、人数が増えたため、分け前が減ってしまったようです。037.gif
b0190242_1901953.jpg

b0190242_190411.jpg

 お隣に座ったご年配のご婦人が持ってきたエビスビール限定の日本酒です。
b0190242_1905412.jpg

 茶碗蒸し。牡蠣が入っていました。
b0190242_1911125.jpg

 鮭の親子。
b0190242_1912513.jpg

 マンボウの腸。
b0190242_1913669.jpg

 ズワイガニ。
b0190242_1914697.jpg

b0190242_1915891.jpg

 鹿肉を裁く、勇才さんの腕。
b0190242_1921674.jpg

 この鹿肉は生でも食べられます。
b0190242_1922886.jpg

 鹿肉のステーキ。
b0190242_1923783.jpg

 最後はうどんを戴きました。
b0190242_1924778.jpg

 もちろん日本酒もたくさんいただきました。以前にも紹介しましたが、勇才さんは2時間5000円で、2時間以上は1時間1000円追加になります。今日は3周年記念であるため、全員ひとり6000円でした。038.gif
b0190242_193490.jpg

b0190242_1931622.jpg

 この写真は昭和30年代の勇才さん。髪の毛、ふさふさで今や見る影もありません。037.gif
b0190242_193295.jpg



新橋二丁目七番地
作詞:田久保真見、作曲:杉本眞人、歌:あさみちゆき


うすい座布団 一枚で
地べたに座って 四十年
時が流れて 人が流れる
濁流うねる この都会(まち)で
流されまいと 流されまいと
小石のように うずくまる
靴を磨けば こころも晴れる
今日も元気に がんばって
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

こんな私に 出来たのは
一生懸命 生きること
秋の夕暮れ ひとつため息
赤チン色の 赤ちょうちん
一杯飲めば 一杯飲めば
人間なんて 立ち直る
靴の汚れは 心の汚れ
夢も磨けば また光る
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

明日はきっと 明日はきっと
いいことあるさ 大丈夫
つらい気持は 靴みりゃわかる
今日もあなたは がんばった
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地


 
来週は日和田山に行ってきます。060.gif

b0190242_194658.jpg

b0190242_1943082.jpg

b0190242_195214.jpg

b0190242_1951936.jpg

b0190242_196555.jpg

b0190242_196392.jpg

b0190242_197484.jpg

b0190242_1973056.jpg

b0190242_1975447.jpg

b0190242_1982416.jpg

b0190242_1984121.jpg

b0190242_1991017.jpg

b0190242_1992583.jpg

b0190242_1994796.jpg

by ryott-ryott | 2012-12-02 19:18 | 紅葉の昭和記念公園

夕日散策・葛西臨海公園&焼肉おしきせの会・悠雅亭

旅行・地域
b0190242_20381556.jpg


 11月10日(土)、この日はアミューズトラベルのツアーで赤城山・黒檜山へ行く予定でしたが、催行中止になってしまいました。これはアミューズトラベルのツアーで、11月4日に中国河北省の万里の長城で3人の日本人が遭難死したためです。
 火曜日の夕方に同社の担当の方から電話がかかってきて、11月いっぱいのすべてのツアーについて、自粛する方針とのことでした。ただし12月以降は通常通りにツアーを催行するとのことであり、ツアー申し込みについても受け付けているとのお話でした。
 私は11月8日の歩みの会には参加できませんでしたが、おそらくは中止になってしまったのではないのでしょうか。また浦安湯屋仲間の方やよしこさんからも、浦安の特別手配のツアーも中止になったと伺いました。

 事故の翌日の月曜日、火曜日は朝も夜もアミューズの事故を伝えるニュースが報道されており、社長の他に知っているガイドさんも頭を下げている姿が放映されていました。トムラウシの時と同じように、今後、今回の事故がどうして起こってしまったのかについて、究明・検証されていくことと思いますが、観光庁の同社の立ち入り検査を行ったとの報道もあり、しばらくしたら、またも営業停止処分になってしまうのではないのでしょうか。私が常日頃アミューズの参加基準はとてもいい加減だと指摘し、その考えは変わることはないと思いますが、トムラウシの時の社長は辞任したものの会長として留まっており、社長のイスを一部の人間が私物化しているということを聞くと、会社の体質は2009年の時と変わっていないのではないでしょうか。
b0190242_20395262.jpg

 さて、11月10日は赤城山に行けなくなってしまったこともあり、急遽、私たちの山行およびおしきせ仲間でもあるミウラッチ三浦さんのお見舞いに行くことにしました。三浦さんは健康診断で胃にガンが見つかり、つい先日、胃袋を5分の4も切除する手術を受けたばかりでした。三浦さんには剱岳登攀の時、剣沢小屋でお会いした以来になりますが、その時も胃の調子がよくなかったそうです。しかし、今回の手術で快方へ向かっているようで、安心しました。あと2週間ほど入院しなければならないそうですが、早くよくなって、また山行やおしきせの会でご一緒できる日をお待ちしています。
b0190242_203916100.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_20405225.jpg

 
 明治5年(1872年)11月9日、明治新政府はこの日、西欧にならって、旧暦を廃止し、新暦(太陽暦)を採用することを布告しました。

 明治5年(1872年)12月3日を明治6年(1873年)1月1日にするというのですから、国民はびっくりしました。その年の大みそかがなくなってしまったのです。借金とりは青くなり、借金をした者はほっと一息という、思いがけない悲喜劇に大騒ぎでした。

 太陽暦は、正確にはグレゴリオ暦といいます。大昔、エジプト人が星占いから1年は365日であることを知り、さらに、4年に1度は1日分をたして366日にすることも、ユリウス・カエサルの時代にはわかっていました。これがユリウス歴です。
1582年、ローマ法皇グレゴリオ13世によって、さらにずれの少ない、現在使われている太陽暦が定められました。これがグレゴリオ暦です。

 ところで、日本の暦には、新暦になっても「大安」「仏滅」のたぐいが載っています。これは、江戸時代にはなかったもので、明治の改暦の際、民間で自由に暦の印刷・出版ができるようになり、頭のいい業者のアイディアでつけられたものが、販売競争でどの暦にもつけられるようになったのが真相です。暦業者、易占業者、婚姻事業業者などに、上手に利用されてきたのです。

 江戸時代の学者、伊勢貞文という人は、随筆に、「吉日、凶日、日に吉凶はなきことなり。吉日に悪事をすれば刑罰免かれがたし、凶日に善事を行えば褒賞せらる。・・・・」と書いています。“大安”も“仏滅”もなく、毎日が心のもち方一つで「日々是好日」のはずなのです。でも、改めるのは難しいですね。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)


b0190242_20443241.jpg

 山に行かないと、このブログで報告する内容はほとんどありませんが、お見舞いのあと、私は葛西臨海公園に久しぶりに行きました。この日はとても天気がよく、葛西臨海公園で富士山の横に沈む夕日を見ることができるのではないかと思ったからです。結論から言うと、丸く赤い夕日を見ることはできませんでした。あんなに天気が良かったにもかかわらず、西の空には雲があり、太陽は丸く赤い夕日になる前に雲の中に沈んで行きました。058.gif
b0190242_2056325.jpg

 葛西臨海公園駅前の噴水。太陽に照らされて輝いています。
b0190242_20431963.jpg

 たくさんの人が夕暮れ散歩を楽しんでいました。
b0190242_20435164.jpg

 海の向こうにうっすらと房総半島が見えました。
b0190242_20441179.jpg

 凧あげをしていました。
b0190242_2044523.jpg

 黄昏の中でささやくふたり。
b0190242_2045593.jpg

 黄昏の中の乙女。
b0190242_20454078.jpg

 この太陽がもう少し沈むと丸く赤い夕日になります。しかし、雲の中に沈んでしまいました。
b0190242_2046111.jpg

 夕暮れの中、富士山があぶり出されるように見えてきました。
b0190242_20462533.jpg

 東京ゲートブリッジも見えます。
b0190242_20463475.jpg

 あぶりだされた富士山を浜辺で多くの人が眺めていました。
b0190242_20465618.jpg

 東京地酒祭りが開催されていました。
b0190242_2047925.jpg

 一杯味見をしました。037.gif
b0190242_20472499.jpg

b0190242_20474814.jpg

 紺碧の空にライトアップされた大観覧車。
b0190242_20475936.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(中島みゆき/荒野より)

荒野より(作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

夜が
望みは何かと訊かれたら君がこの星に居てくれることだ
力は何かと訊かれたら君を想えば立ち直れることだ

僕は走っているだろう君と走っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は笑っているだろう君と笑っているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

朝陽の昇らぬ日は来ても君の声を疑う日はないだろう
誓いは嵐にちぎれても君の声を忘れる日はないだろう

僕は歌っているだろう君と歌っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は生きているだろう君と生きているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

僕は走っているだろう君と走っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は笑っているだろう君と笑っているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない
荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない


b0190242_20494619.jpg

b0190242_20514968.jpg

 今日はお見舞いに行く他に、森ちゃんが美味しい焼肉店に連れてってくれると言うので、新浦安・堀江の悠雅亭に行ってきました。私よりも遅い時間にお見舞いに行ったよしこさん、あやちゃんたちと駅で合流し、噂の焼肉店へとタクシーで向かいました。
b0190242_20485897.jpg

 悠雅亭の前で記念撮影。よしこさんは前日は倒れそうなほど具合が悪かったそうですが、すっかり元気になり、お見舞いと今回の焼肉おしきせに参加することになりました。上からマリコさんにお会いするのは3月に行った亀戸ホルモン以来です。そして、このお店には森ちゃんのご子息がアルバイトとして働いており、上からマリコさんの面影が伺えるイケメン、22歳でした。そのイケメンぶりに、浦安湯屋の黄昏女性陣はご自分の年齢を忘れて大騒ぎでした。ご自身の年齢をよく考えてくださいね。037.gif
b0190242_20491493.jpg

 本日のおすすめメニュー。「二秒上ロース」とは片面2秒ずつあぶるだけ食べる上ロースです。2秒ずつあぶっただけではほとんど生食同様ですが、生でも食べられるくらい鮮度の高いお肉です。森ちゃんは普通は生で食べるとおっしゃっていました。食べるのに夢中で、写真を撮り忘れました。037.gif
b0190242_20492912.jpg

 上カルビ。
b0190242_20495841.jpg

b0190242_2050117.jpg

 ハラミ。柔らかく、とても美味しいです。
b0190242_20502499.jpg

 野菜も食べなければなりません。
b0190242_20503730.jpg

 ゴルフ帰りの森ちゃんも合流。ご機嫌なよしこさん。
b0190242_20504654.jpg

 カルビクッパ。
b0190242_20505610.jpg

 チーズチジミ。チーズが入っているチジミです。普通のチジミもオーダーしましたが、皆さんはチーズチジミのほうがいいとおっしゃっていました。
b0190242_2051745.jpg

 テグタンクッパ。その他にもホルモンのマルチョウ、ギャラ(牛の胃袋)を食べました。ミウラッチが胃袋を5分の4も切除したお見舞いの帰りに、私たちは牛の胃袋を食べてしまいました。037.gif次回は年末くらいにおしきせの会で会うことを約束して、皆さんとお別れしました。038.gif
b0190242_20512653.jpg

 いい歳、りょうちゃんの今後の予定です。山旅クラブとアミューズを交互に入れていますが、アミューズが12月以降、本当に催行できるのかはわかりません。

 11月17日(土) 同窓会&ボジョレー試飲会
    23日(祝・金)~24日(土) 荒船山・茂来山(山旅クラブ)
 12月 1日(土) 明神ヶ岳・明星ヶ岳(アミューズ)
     8日(土) 日和田山トレーニング(山旅クラブ)
    15日(土)~16日(日) 霧島・韓国岳~開聞岳(アミューズ)
    24日(月) 谷川岳雪上講習(山旅クラブ)
  1月 5日(土)~6日(日) 雪山・伯耆大山(アミューズ)  



新橋二丁目七番地
作詞:田久保真見、作曲:杉本眞人、歌:あさみちゆき


うすい座布団 一枚で
地べたに座って 四十年
時が流れて 人が流れる
濁流うねる この都会(まち)で
流されまいと 流されまいと
小石のように うずくまる
靴を磨けば こころも晴れる
今日も元気に がんばって
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

こんな私に 出来たのは
一生懸命 生きること
秋の夕暮れ ひとつため息
赤チン色の 赤ちょうちん
一杯飲めば 一杯飲めば
人間なんて 立ち直る
靴の汚れは 心の汚れ
夢も磨けば また光る
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

明日はきっと 明日はきっと
いいことあるさ 大丈夫
つらい気持は 靴みりゃわかる
今日もあなたは がんばった
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地


 
 次回は荒船山・茂来山へ行ってきます。060.gif060.gif

b0190242_2057752.jpg

b0190242_20572343.jpg

b0190242_2058070.jpg

b0190242_20583053.jpg

b0190242_20585066.jpg

b0190242_2059996.jpg

b0190242_210713.jpg

b0190242_2102394.jpg

b0190242_2104355.jpg

by ryott-ryott | 2012-11-11 21:10 | 焼肉おしきせ・悠雅亭

桜の渚 妙義山中間道を行く&第85回おしきせの会ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_21471222.jpg


 4月22日はアミューズの初心者クラスの妙義山中間道へ行ってきました。その前夜、浦安の湯屋、大井町湯屋の面々でおしきせの会を大井町のイタリアンの名店「アレグロピアット」でやりました。024.gif
b0190242_21481226.jpg

 浦安湯屋からは、あきちゃん、あやちゃん、千吉良さん、ベジー太宮崎さん、中島さん夫妻、森ちゃん、みうらっち、ハニー羽入さん、かとたつさん、大井町湯屋からはよしこさんといい歳、りょうちゃん、そしてアミューズのトップガイドの白砂さんの13名が集まってくれました。038.gif
b0190242_21482999.jpg

b0190242_21485287.jpg

 タコのマリネ。
b0190242_2149177.jpg

 ペンネ。
b0190242_21491048.jpg

 エビのピザ。エビは頭から尻尾まで食べられます。038.gif
b0190242_21493041.jpg

 前沢牛のリゾット。
b0190242_21493811.jpg

 トマトと茄子のパスタ。
b0190242_2149525.jpg

 エビと野沢菜のパスタ。
b0190242_21501951.jpg

 アレグロピアットの手作りパン。このパンに料理のソースをつけて食べます。
b0190242_21502935.jpg

 森ちゃんの奥様の「上からマリコさん」はお仕事で来ることができませんでした。それだけで森ちゃんは上機嫌。「上からマリコさん」がいるといないとでは、同じ人とは思えないくらいの変わりようです。普段、森ちゃんが「上からマリコさん」に虐(しいた)げられているか容易に想像できます。しかしながら、りょうちゃんは「上からマリコさん」の般若のような顔も見たかったです。037.gif038.gif
b0190242_2151688.jpg

 一人一枚顔写真。皆さんから掲載の許可を得ております。セントラルの年寄りどもは黙っていてください。まずはその森ちゃん。終始笑顔。今日は牛乳寒天を買わなくてもういいようです。037.gif
b0190242_21512662.jpg

あきちゃん。山に行けば、いい歳、りょうちゃんといつもしんがり争いをするライバル。カレーライスを6杯食べられます。倉持さんは4杯、りょうちゃんは3杯です。038.gif
b0190242_2151379.jpg

 チギ千吉良さん。意外、この面構えでお酒が飲めません。いつも山ではりょうちゃんが持っていくお饅頭を喜んで食べてくれます。038.gif
b0190242_21515455.jpg

 中島さん夫妻。これの恰好はあのハーフのまねでしょうか。038.gif
b0190242_2152575.jpg

ハニー羽入さんとベジー太宮崎さん。共通点のある二人です。038.gif
b0190242_21524855.jpg

 みうらっち三浦さん。早く身を固めたらいかがでしょう。037.gif
b0190242_21525883.jpg

 大井町湯屋のNo.2、よしこさん(No.1は以前紹介したおばあさんの佐藤さんです)。AKB48で言えば、大島優子にあたる地位の人です。038.gif
b0190242_21531347.jpg

かとたつさん。今回、大井町でのおしきせの会に初参加。また来てくださいね。
b0190242_21533036.jpg

 アミューズトラベルのトップガイド、白砂さん。名前とはちがい色が黒いので仲間からは「黒砂(くろすな)さん」と呼ばれているそうです。前日までウズベキスタンへ行っていました。くらすなさんはカメラを向けるといつも変顔をします。ツアーでも倉持さんとお客の前で変顔をやってください。038.gif037.gif
b0190242_21542649.jpg

 今日の主役はこの方でした。今は山にはあまり顔を見せなくなった、あやちゃん。しかしおしきせの会には欠かさず来てくれます。この日サプライズでお誕生日祝いをさせてもらいました。実年齢は存じておりますが、推定年齢23歳としておきます。038.gif067.gif
b0190242_21543733.jpg

b0190242_21545017.jpg

b0190242_2155814.jpg

 おしきせの会の最後は、店の前で記念撮影。第85回おしきせの会、お開きです。038.gif
b0190242_21552847.jpg

b0190242_21555396.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_2156329.jpg

 
 ケインズは、第1次世界大戦から、第2次世界大戦が終わるまで活躍をした、イギリス生まれの世界的な経済学者です。
 彼は1882年に生まれ、故郷のケンブリッジ大学を卒業後、一時期役所づとめをしましたが、間もなく退官、その後は生涯、母校の経済学教授として過ごしました。

 彼は1936年、世界大不況の経験を基礎に、名著『雇用・利子および貨幣の一般理論』を出して、一躍脚光を浴びました。

 従来の非マルクス経済学に大きな転換を引き起こす新しい理論大系を発表したのです。いわゆる“ケインズ革命”と呼ばれるものです。

 資本主義経済は、個人の自由な活動にまかせておくと、需要と供給の調節がとれなくなり、やがて大量の失業者を生んで社会的混乱をまき起こす。したがって、これからの新しい時代には、金利の操作とか、輸出入の制限とか、総需要の調節に、国家が介入し、国家による管理経済政策を行うべきである。そうすれば、少しばかりインフレになっても、それを吸収し、失業者も出さずに、経済は発展の道をたどる―――こういう理論です。

 たしかに第2次世界大戦後、世界の多くの国々は、ケインズ理論を信奉して、戦後の経済復興を成功させてきました。

 しかし、突然の“石油ショック”で経済の様相は一変してしまいました。各国とも経済は停滞し、失業者は増大、国家財政は赤字に転落です。ケインズ理論がそのままでは適用しなくなりました。

 ケインズは、そのことを知らず、1946年4月21日、63歳で亡くなりました。経済は生きものです。理論通りには行きません。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_21565338.jpg


 さて、おしきせの会がお開きになり、謡いの会へ行きたいという方だけで大井町の歌謡道場「バーディー」さんへ行きました。何時までいたのか、まったく覚えておりません。白砂さんが大井町駅前であわててタクシーに乗ったのを覚えています。翌日は初心者山歩き教室の妙義山中間道に行くことにしていましたが、この状態ではとても行けないと思い、キャンセルすることを決めていました。しかし、当日は朝5時前に目が覚めてしまい、体の調子もいいので予定通り、妙義山中間道へ行くことにしました。4月22日は午後から雨が降るとの予報。じゅんやさん夫妻は天候悪化を察知して早々とキャンセルし、いい歳、りょうちゃんは一番後ろの席にポツンと一人でさびしい山行きとなりました。038.gif
b0190242_21572280.jpg

 車窓から見た妙義山。どんよりと曇っています。何とか雨が降らずにもってもらいたいものです。
b0190242_21573232.jpg

 今日は妙義山に行くといっても、頂上へ行くわけではありません。整備された中間道を妙義神社から中之嶽神社まで歩いていきます。参加者は全員で25名、ガイドさんは中野さん、向笠さん、高橋恵里香さん、総勢28名のツアーです。
b0190242_21574677.jpg

b0190242_2158569.jpg

 中間道といっても写真のような山道で、アップダウンもありました。私はいつものようにしんがりから写真を撮りながら歩きます。最後尾を歩いていたのは高橋恵里香さんで、昨年末から私が雪山を始めたこと、上州武尊山で泉田ガイドに終始怒られながら下山したこと、川上ガイドからお饅頭を持ってこないように倉持さん経由で言われたこと、北岳で木村カエラに会ったことなどお話ししながら山歩きしました。恵理香さんから木村カエラの本名は木村カエラ理恵ということを教えてもらいました。038.gif
b0190242_21583029.jpg

b0190242_21585699.jpg

b0190242_21591031.jpg

 第一見晴らし台に登って、景色を楽しみました。
b0190242_2159209.jpg

 正面に見えるのは白雲山、妙義山系最高峰。今回のツアーでは登りません。
b0190242_21592911.jpg

 中間道中間点に本読みの僧が座っています。
b0190242_21594199.jpg

 本読みの僧の前を通過し、四阿があるところでお昼ご飯を食べました。鶏飯。アミューズで出されるお弁当にしてはおいしいほうでした。038.gif
b0190242_21595243.jpg

b0190242_220310.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(中島みゆき/荒野より)

荒野より(作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

夜が
望みは何かと訊かれたら君がこの星に居てくれることだ
力は何かと訊かれたら君を想えば立ち直れることだ

僕は走っているだろう君と走っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は笑っているだろう君と笑っているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

朝陽の昇らぬ日は来ても君の声を疑う日はないだろう
誓いは嵐にちぎれても君の声を忘れる日はないだろう

僕は歌っているだろう君と歌っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は生きているだろう君と生きているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

僕は走っているだろう君と走っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は笑っているだろう君と笑っているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない
荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

b0190242_2202592.jpg

 
 雨に降られずに、お昼を済ませて「関東ふれあいの道」を進んでいきます。
b0190242_2204428.jpg

 途中、痩せ尾根にかかっている鉄の階段を登って行きます。
b0190242_222384.jpg

 鉄の階段の両側は断崖で切れています。この階段がなければ、恐ろしくて登ることはできないでしょう。038.gif
b0190242_2213660.jpg

 鉄の階段が終わると、このような岩がせり出した場所を進みます。
b0190242_2221438.jpg

 今回は頂上へ行かないので、ここで記念撮影。
b0190242_2222367.jpg

 この岩の道を通りぬけると、ついに雨が降って来ました。使いたくなかった雨具とザックカバーを取り出しました。この向こうに有名な大砲岩があります。
b0190242_2223345.jpg

 第4石門に到着。14時43分。歩き始めて4時間40分ほど経過していました。雨足は徐々に強くなっていました。この第4石門の前で集合写真を撮りました。
b0190242_2224637.jpg

 中間道最後の下りを降りていきます。
b0190242_2225787.jpg

 中之嶽神社に到着。
b0190242_223854.jpg

 この階段を下りれば、中間道終了です。
b0190242_2232210.jpg

b0190242_2234237.jpg

 日本一大きい大黒様。
b0190242_223548.jpg

b0190242_224650.jpg

 この後、さくらの里で桜を見る予定でしたが、桜はまだ三分咲きでした。
b0190242_2242294.jpg

b0190242_2244340.jpg

 しかし入浴施設の前の桜は満開でした。入浴後、向笠さんからアミューズのことをいろいろと教えていただきました。038.gif
b0190242_2251796.jpg

b0190242_2253313.jpg

 曇る妙義山に桜。目の前には桜の渚が広がっていました。056.gif
b0190242_226417.jpg


 
次回は大台ケ原、大峰山の報告をします。060.gif





b0190242_226209.jpg

b0190242_2263933.jpg

b0190242_2264854.jpg

b0190242_2273931.jpg

b0190242_2275633.jpg

b0190242_2282884.jpg

b0190242_229073.jpg

b0190242_2294983.jpg

b0190242_22101033.jpg

b0190242_22102616.jpg

by ryott-ryott | 2012-05-01 22:16 | 桜の渚・妙義山中間道

浦安おしきせの会&雪の御正体山を行くヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_21561292.jpg


 御正体山の報告の前に、2月25日、浦安でおしきせの会がありました。「おしきせ」とは甲州弁で晩酌を意味します。集まったのはいつも浦安特配でご一緒する浦安湯屋のハイカーの皆さんでした。大井町湯屋からはよしこさんといい歳、りょうちゃんが参加しました。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
 夕方18時に浦安駅に集合。新浦安と浦安は徒歩で30分離れているそうです。よしこさんと私は大手町駅から東西線で行きました。
b0190242_21571139.jpg

 浦安の名店、「丸志げ」でおしきせの会開催。038.gif
b0190242_21573069.jpg

 店内の様子。
b0190242_21574474.jpg

 ビールでまずは乾杯し、すぐに日本酒へトラバース。山形県米沢市の日本酒、東光。14から15年前、私はこの米沢の酒蔵を見学したことがあります。見学コースが整備されており、1年中見学できます。そして、見学通路の至る所に日本酒が置いてあり、自由に試飲できます。意地汚いいい歳、りょうちゃんは飲み過ぎて見学中に頭が痛くなったことを覚えています。037.gif
b0190242_2157584.jpg

 前から薄々感じていましたが今回のおしきせの会でわかったのは、妻帯者は妻には頭が上がらず、圧倒的に奥様のほうが強いということでした。今日はおっかない鬼嫁のともちゃんがご一緒ではなく、かずさんは終始にこやかでした。041.gif037.gif
b0190242_21582357.jpg

 そして、こちらの森ちゃんのお宅もそうでした。高宕山の帰りに力関係は大体把握できましたが、この日も奥様のマリコ様は言いたい放題。いい歳、りょうちゃんが車山特配ではじめてマリコさんにお会いした時は、物静かで優しそうな奥様に見えましたが、正体は違っていました。常に「上からマリコ」状態でした。038.gif
b0190242_2159757.jpg

 真剣に「夫の操縦術」について語るマリコさん。他の方はただ聴き流すだけです。037.gif
b0190242_21594643.jpg

 このお二人はお身内同士ではありません。髪がないという絆でかたくつながっています。037.gif
b0190242_2200100.jpg

b0190242_2202738.jpg

b0190242_220491.jpg

 よしこさんとアミューズのトップガイドの白砂さん。白砂さんは写真をブログや「なんでもトライアスロン掲示板」に載せることを快く承諾してくれました。以前、「なんでもトライアスロン」に白砂さんのお写真を載せたら、あるお方からその写真を削除するようにメールが来たことがあります。ご本人から許可を戴いているので、つべこべ言わないでくださいね。038.gif
b0190242_2213412.jpg

 かとたつさんと野呂さんの奥様。かとたつさんには久しぶりにお会いしました。野呂さんご夫妻は、あの土砂降りの谷川岳がはじめての山行きだったそうです。あのとき、ゴンドラが来なかったら動かなかったら、どうなっていたことでしょう。やはり倉持さんは正真正銘の雨女ではないでしょうか。037.gif
b0190242_2221128.jpg

 その野呂さんの旦那さんとアミューズのトップガイドの平野さん。
b0190242_2223039.jpg

 お刺身。
b0190242_2224178.jpg

 天ぷら。
b0190242_2225121.jpg

 丸志げのお勧め料理はあんこう鍋。あんきもを磨り潰さずそのまま入れます。あんきもを磨り潰す鍋はどぶ汁と言います。森ちゃんから教えてもらいました。福島県でどぶ汁を食べたことがありましたが、震災でそのお店はどうなっているか気になります。
b0190242_2231984.jpg

 あんこう鍋を平らげた後は、雑炊を戴きました。
b0190242_2233886.jpg

 普段、かずさんは鬼嫁のともちゃんから面罵痛罵されているのに、かずさんは三浦さん、千吉良さん、いい歳、りょうちゃんに結婚を勧めていました。年齢的に千吉良さんといい歳、りょうちゃんの結婚は大変だと思います。若い三浦さんはローレライの婚活パーティーで、あまり積極的でなかったとはせやんからうかがいました。私は「上からマリコ」を見てしまったためだと思っています。037.gif
b0190242_2243014.jpg

b0190242_225820.jpg

 三浦さんとすみちゃん。おしきせの会を途中退席された女性は、「すみちゃんは金を持っているぞぉ。」と言って、帰られました。三浦さん、すみちゃんのお世話をお願いします。037.gif
b0190242_2263235.jpg

 おしきせの会も最高潮。038.gif
b0190242_227699.jpg

b0190242_2272091.jpg

b0190242_2275266.jpg

b0190242_22105834.jpg

b0190242_2281357.jpg

b0190242_2283397.jpg

b0190242_2285620.jpg

b0190242_2291468.jpg

 女性陣だけで記念撮影。038.gif
b0190242_2295576.jpg

 最後は皆さんで記念撮影。038.gif
b0190242_22101651.jpg

b0190242_2210306.jpg

おしきせの会のあと、皆さんは謡いの会に向かわれました。私は翌日、雪山初級・御正体山を申し込んでいたため、よしこさんと一緒に帰りました。三浦さん、「おしきせの会」幹事、お疲れ様でした。038.gif
b0190242_22113568.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_2212576.jpg

 
 “昭和維新”を目指して、海軍の一部青年将校によって起こされた「5・15事件」についで、こんどは陸軍の一部青年将校によって「2・26事件」が起こされました。
 昭和11年2月26日のことです。この日の朝、首都東京は珍しく春の大雪でした。

 狙われたのは岡田啓介首相、斎藤実(まこと)内大臣、牧野伸顕元内大臣、高橋是清蔵相、渡辺錠太郎教育総監、後藤文夫内相、鈴木貫太郎侍従長など。
 殺されたのは、斎藤内大臣、高橋蔵相、渡辺教育総監、ピストルを打たれながらも奇跡的に助かったのは、のちに終戦のときの首相をつとめた鈴木寺侍従長ただ一人でした。

 岡田首相は押入れにかくれていたため無事でしたが、首相に顔が似ていた松尾私設秘書が、間違って射殺され身代わりになりました。
 このクーデター部隊の兵力は、歩兵第一、第三連隊、近衛第三連隊から選抜された約1500名の将校で、首相官邸、陸軍省、警視庁を占拠して、一時的に政治の中枢を麻痺させました。

 しかし、翌27日戒厳令が発せられ、戒厳司令部が設置されると、すぐにクーデター反乱部隊の鎮圧がはじまりました。有名な「兵ニ告グ!」のビラがまかれたのはこのときです。

一、今カラデモ遅クナイカラ原隊ヘ帰レ
  二、抵抗スル者ハ全部逆賊デアルカラ射殺スル
  三、オ前達ノ父母兄弟ハ国賊トナルノデ皆泣イテオルゾ。
   二月二十九日        戒厳司令部

 兵士たちは驚き、動揺して帰順し、青年将校たちは自殺して、この事件はあっけなく幕となりました。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_22131595.jpg


 「おしきせの会」の翌日、2月26日(日)はアミューズの雪山初級・御正体山へ行ってきました。この日は東京マラソンがあり、新宿は7時前からたくさんの人がスタート地点の都庁に向かっていました。アミューズの集合場所には、浦安湯屋チームの倉持さんがいました。謝恩企画の大高取山ツアーに同行されるとのことです。

 御正体山は深田久弥クラブが選定した日本二百名山のひとつです。私は昨年、日本百名山以外の山も結構行きましたが、燕岳、東明石山、茅ヶ岳の3つだけで、屋久島の愛子岳も、昇仙峡の羅漢寺山も、神奈川県で一番高い蛭ヶ岳も二百にも三百にも入っていなことに驚きました。私にとって御正体山は4座目の日本二百名山になります。

 この日のガイドはおなじみの顔の怖い泉田ガイド、川上さん、石原さんでした。御正体山では最後尾を歩いている石原さんから泉田ガイドのすぐ後ろを歩くようにとは言われませんでしたが、泉田さんは「こいつまた来たのか。」と言いたげなうんざりした表情に見えました。037.gif
b0190242_22134430.jpg

 山中湖の白鳥。ウェザーニュースではお日様マークがついていましたが、空はどんよりとした鈍色の曇り空でした。
b0190242_221356100.jpg

 登山口前でアイゼンを装着し、いよいよ出発です。参加者22名、ガイドさん3名、総勢25名でした。午前9時54分。
b0190242_22143890.jpg

b0190242_2215794.jpg

 いきなり狭いトラバース路。慎重に歩を進めます。
b0190242_2215269.jpg

b0190242_22154184.jpg

 御正体山の山頂へ行くためには、後岳、中ノ岳、前ノ岳の3つのピークを越えて行かなければならないので、アップダウンが繰り返されます。折角、急登を登ってきたのに、また下り、そしてまた急登を登るという繰り返しです。しかも、御正体山の山頂まで辿り着くためにはロングコースを歩かなければなりません。
b0190242_2216579.jpg

b0190242_22184484.jpg

b0190242_2219697.jpg

b0190242_22193096.jpg

 今回もじゅんやさん夫妻と雪山をご一緒できました。じゅんやさん夫妻は雪山に取り付かれたようで、先日も浅間隠山へ行かれたそうです。そして遂に十二本歯アイゼンを購入されたとおっしゃっていました。
b0190242_22162056.jpg

 頂上までの中間地点、鉄塔のところまでやって来ました。この鉄塔は日本で3番に高いそうです。
b0190242_22165677.jpg

b0190242_22171742.jpg

b0190242_22173846.jpg

 晴れていたら、富士山の大展望を臨めたことでしょう。058.gif
b0190242_22181595.jpg

 奥様から写真は顔を小さくして撮ってほしいとのご要望がありましたので、遠近法で奥様を後ろにして撮りました。037.gif
b0190242_2220115.jpg

 川上ガイド。
b0190242_22202514.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(坂本スミ子/夜が明けて)

夜が明けて(作詞:なかにし礼、作曲:筒美京平、歌:坂本スミ子)

夜が明けて 手さぐりをしてみた
ぬけがらのとなりには 誰もいない
目をあけて 部屋のなか見てみた
陽がもれる窓のそば 誰もいない
夢を追いかけて
ひとりふかす たばこのけむり
白い 白い
夜が明けて 夢をみたまくらに
あの人のかみの毛が ひとつのこる
テーブルの 灰皿の中には
あのひとのすいがらが ひとつのこる
あせたくちびるを
かんでひいた ルージュの赤が
つらい つらい

われた手鏡に
語りかける おんなの朝は
ひとり ひとり

b0190242_2221219.jpg

 
 折角登って来たのにまた下り。042.gif
b0190242_22214850.jpg

b0190242_22221770.jpg

 そして頂上へ向かう急登になりますが、アップダウンの繰り返しで、急登の写真を撮る猶予はありませんでした。042.gif
b0190242_222232100.jpg

b0190242_22225542.jpg

 この御正体山では樹氷が多くみられました。普通ならば、気温の低い朝にしか見ることができないそうですが、この日は曇り空が幸いして、1日中、樹氷を見ることができました。038.gif
b0190242_22231117.jpg

b0190242_22232324.jpg

b0190242_2223328.jpg

b0190242_2223438.jpg

 ついに頂上に到着。登山開始から3時間51分、13時45分。
b0190242_2224844.jpg

 頂上の雪の上で寝そべるじゅんやさん。本当に疲れました。038.gif
b0190242_22245010.jpg

 いい歳、りょうちゃんはアップダウンが応えて最後の入線。しかし無事に頂上に辿り着きました。
b0190242_2225874.jpg

b0190242_22252929.jpg

 じゅんやさん夫妻と頂上で記念撮影。頂上でお昼ご飯となりました。
b0190242_22255259.jpg

 この御正体山の名称は、その名の通り、信仰の山であったことに由来しています。御正体とは「鏡の表面に神像・仏像・梵字などを線印し、寺社に奉納、礼拝したもの。本来鏡は神社の神体として祀られる場合が多かったが、神仏習合によってこれに本地仏の姿や種子を刻出するようになり、鏡像とも呼ばれた。中世にはさらに懸仏の形式が生まれた。」と広辞苑に書いてあります。つまり、まさに「神仏の正体」を指しています。
 昔、明治以前には山頂に神社があり、妙心上人の即身仏が祀られていたそうです。それが明治に入り、廃仏毀損で里に降ろされました。
b0190242_22261047.jpg

b0190242_22271822.jpg

 短い休憩時間でお昼を済ませて、登って来た道を戻ります。いい歳、りょうちゃんは下りのほうが得意になって来ていますが、アップダウンを辿ってきたということは、帰りもアップダウンがあるということです。帰りのアップダウンも大変でした。042.gif
b0190242_22275131.jpg

b0190242_22286100.jpg

b0190242_22283178.jpg

b0190242_22291532.jpg

 写真で見るとわかりませんが、かなりの急登です。ここを登って来たのかと、改めて思いました。しかしながら、急登を登るより、下るほうが余裕がありました。帰り道は石原さんと話をしながら戻って行きました。石原さんに北岳で瑛太と木村カエラを見た話をすると、かなり羨ましがっていらっしゃいました。037.gif
b0190242_2230888.jpg

b0190242_22321761.jpg

 ピッケルで木登りをする川上さん。じゅんやさんの奥様が、山の名称で「岳」と「山」の違いは何かという質問があり、川上さんがわかりやすく説明してくれました。「岳」とは山塊や山脈の一番高いピークの呼び名であり、「山」は単独峰に付けられる名前だそうです。富士山や鳥海山はたしかに単独峰ですね。038.gif
b0190242_22302435.jpg

 やっと分岐点のところまで戻って来ました。しかし、登山口までもう少しあります。
b0190242_22305044.jpg

b0190242_22311864.jpg

 17時過ぎにようやく登山口に到着。登山を開始してから7時間が過ぎていました。予定の下山時刻を30分以上過ぎていたため、楽しみにしていた温泉入浴はなくなってしまいました。しかし、帰りのバスの中でじゅんやさん夫妻と持参した日本酒で一杯やりながら新宿まで戻って来ました。新宿は朝の喧騒はなく、御正体山よりも寒い夜でした。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
次回は亀戸ホルモンの報告をします。浦安湯屋チームから是非とも亀戸ホルモンへ行ってみたいとのお話があり、6人限定で3月4日(日)に行ってきました。お店の広さから、一度に6人が精一杯です。案内役のいい歳、りょうちゃんとよしこさんは行くとして、残りの4人の人選は森ちゃんにお任せしました。ところが落選したはずのあの人が亀戸にやって来ました。その模様は次回報告します。
b0190242_22324813.jpg


 
次回は亀戸ホルモンおしきせの会の報告をします。



b0190242_22343896.jpg

b0190242_22342064.jpg

b0190242_2235150.jpg

b0190242_22352398.jpg

b0190242_223664.jpg

b0190242_22364448.jpg

b0190242_2237154.jpg

by ryott-ryott | 2012-03-04 22:48 | 御正体山

最果ての百名山、利尻へ出発ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_8491876.jpg


 2010年8月27日に大井町湯屋仲間の吉田さんに誘われて富士登山へ出かけてから、ちょうど1年が経ちました。それから今日まで日本百名山を合計19座、百名山以外の山も7座ほど登りました。山登りはまだまだ慣れませんし、いつも息も絶え絶えになってしまいますが、山にも写真の題材がたくさん転がっていることにいつも気づかされます。先週の北岳のように天候に恵まれなくても、足元を見れば、雨に濡れながらも花が咲き、ライチョウに出会うこともできました。また芸能人の木村カエラ・瑛太夫妻を見ることもできました。熱力学では「時間を止めることができない」ことこそ生きている証拠であると言います。写真はその時間の瞬間を切り取る唯一の道具だと思います。いい歳、りょうちゃんは実年齢60歳まで、それ以降も日本百名山の写真を生きている瞬間の写真を撮り続けます。040.gif038.gif
b0190242_8501939.jpg

b0190242_85037100.jpg

 8合目から見た夜景
b0190242_8505064.jpg

 影富士
b0190242_851223.jpg

 富士山頂でのご来光058.gif
b0190242_851163.jpg

b0190242_8513042.jpg

 山頂からの風景、左側に房総半島が見えます。038.gif
b0190242_851478.jpg

 ようやく利尻の報告ができます。7月27日(水)~8月1日(月)まで利尻島と礼文島へ行ってきました。今年は日本百名山の1番目の利尻岳と100番目の宮之浦岳に行くことを目標にしていました。目標を設定するとき、職業柄か最大値と最小値を選ぶ習慣があるようです。すでに日本百名山の最も高い山・富士山(3776 m)と最も低い山・筑波山(877 m)に登りました。つぎの最大値と最小値として、最南端と最北端を選びました。最南端100番目の宮之浦岳は5月の連休に登ったことはすでに報告しました。今回は最北端、最果ての百名山・利尻岳へ出かけてきました。070.gif
b0190242_8523794.jpg

b0190242_8525355.jpg

b0190242_8531485.jpg

 利尻島は地理的に屋久島と似ているような気がします。円形に近い屋久島の横に南北に長い種子島があるように、やはりほぼ円形の利尻島の横には礼文島があります。 その利尻島の中央に利尻岳(1721 m)がそびえています。日本百名山の深田久弥が「利尻山は利尻島そのものであった。」と言っている通りの島です。
b0190242_855077.jpg

利尻へは羽田空港から千歳経由で飛行機で行きました。こういうところも屋久島にそっくりです。
b0190242_8553583.jpg

空港から見た利尻岳は雲がかかっていました。
b0190242_8555332.jpg

14:00に利尻空港に到着し、これからお世話になるペンション・レラモシリのお姉さんが迎えに来てくれました。
b0190242_8562883.jpg

b0190242_8564221.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(あづみ野うたごえ喫茶/ふるさと)


(あづみ野うたごえ喫茶/希望)


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_8573310.jpg

 
 栃木県栃木市の駅近くに、ここで生まれた大正・昭和期の文壇の重鎮、文化勲章受章者でもある山本有三の文学碑が建っています。

   たった一人しかない自分を
   たった一度しかない一生を
   ほんとうに生かさなかったなら
   人間生まれてきたかいがないじゃないか

 名作『路傍の石』の一節です。
 作品の主人公、有三がモデルといわれた吾一少年を励ます受持教師の言葉です。
 
山本有三は、明治20年(1887年)7月27日、この栃木市で生まれました。戦前は、一高・東大在学時代の同級であった芥川竜之介、菊池寛、久米正雄などとともに「新思潮」の活動を続けました。

 代表作『路傍の石』『真実一路』などで、小説家として知られていますが、本来は戯曲作家です。『津村教授』『嬰児殺し』『坂崎出羽守』『西郷と大久保』『米百俵』など、現在でもその作品はよく上演されています。

 戦後は一転して参議院議員となり、不偏不党をかかげて緑風会をつくり、主として青少年問題、国語国学問題に力を尽くしました。働く青少年が勉強するのに、漢字の抵抗が少なくなるよう、教育漢字、当用漢字を制定しました。日本語の乱れをなくすため、国語審議会、国立国語研究所も設置させました。小・中学校の国語教科書づくりにも自ら参画し、“山本国語”(日本書籍)を世に問いました。

 文学はもとより政治家としても立派な業績を残しました。昭和49年(1974年)1月11日、入院先の熱海市国立病院で亡くなりました。86歳でした。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_8574975.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_8582412.jpg


 夕飯までまだ時間があるので、ペシ岬までペンションの自転車を借りて行きました。
b0190242_85840100.jpg

 先ほどまで雲をかぶっていた利尻岳がはっきりと姿をあらわしました。明日、あの頂に立っているはずです。
b0190242_8591733.jpg

 礼文島も見えました。
b0190242_905447.jpg

 


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_91243.jpg


 夕方、17:00から明日、利尻岳を案内してもらうガイドさんと打ち合わせ。私の他に2名登山予定の方がいました。沖縄出身の方です。
b0190242_915496.jpg

b0190242_921412.jpg

b0190242_923049.jpg

 このレラモシリの夕飯で出されたウニの釜めしは、東京ドームで開催された第2回ご当地丼ぶり選手権でグランプリを受賞したそうです。
b0190242_924533.jpg

b0190242_93111.jpg

b0190242_931343.jpg

 夕飯後に食堂でオーナーの渡辺さんが利尻のスライドショーで、利尻の現在の様子を説明してくれます。渡辺さんはほとんど毎日ガイドとして利尻岳に登山しています。渡辺さんの写真を撮っておけばよかったのですが、あの戦場カメラマンの渡辺陽一に似ており、高校生の娘さんの友達から「陽一!」と呼び捨てにされているとおっしゃっていました。037.gif
b0190242_934333.jpg

 このスライドは沓形の方から見た利尻岳の山頂の様子であり、上を向いた女性の顔に見えます。このことから利尻の神様は女性で、美人が登山すると利尻の女神さまはやきもちを焼いて、天気が悪くなるそうですが、あの方のような美人でない人が登山したり、りょうちゃんのようなイケメンが登山すると、よい天気になるそうです。果たして明日の利尻の天候はどうなることでしょうか。058.gif
b0190242_935893.jpg






にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_944164.jpg

b0190242_951152.jpg

b0190242_952348.jpg

b0190242_953745.jpg

b0190242_955331.jpg

b0190242_96440.jpg

<おまけ>
昨日、8月27日(土)、ふたたび大井町の由良でおしきせの会をやりました。前回のときはご都合で参加できなかった森ちゃん、ハニーちゃん、タッキーおじさん、ミウラッチ、あきちゃんが駆けつけてくれました。そしてよしこさんは大井町湯屋仲間と別グループで由良に来店していました。060.gif
b0190242_962075.jpg

b0190242_97109.jpg

 この日は大井町フェスタが催されており、由良も全席満席で、予約なしで入って来るお客さんをお店の方が断っていました。
b0190242_972894.jpg

b0190242_974254.jpg

 おしきせの会終了後は、森ちゃんが大井町にしばし残留して、よしこさんと3人でバーディーさんへ行き、謡いの会。060.gif
b0190242_98878.jpg

b0190242_981851.jpg

b0190242_983831.jpg

 バーディーさんのマスター68歳と奥さん42歳は26歳差婚。私がひとりで行った時は、こんな悩殺的なポーズをしてくれないのに、森ちゃんが来店したからでしょうか。しょっちゅう、されても困るのですが。謡いの会の夜は賑やかに更けて行きました。
038.gif038.gif038.gif
b0190242_985223.jpg

b0190242_99538.jpg

by ryott-ryott | 2011-08-28 09:13 | 利尻・礼文、最果ての百名山