タグ:アレグロピアット ( 5 ) タグの人気記事

銀華舞い踊る樹氷の高原、蔵王を行く

旅行・地域
b0190242_11522462.jpg


 前回記事を更新してから、だいぶ時間が経ちました。酒蔵見学のあと、翌週は浦安湯屋のメンバーと新年おしきせの会をやりました。お店は大井町のイタリアン、アレグロピアットです。参加者はベジータ宮崎さん、あきちゃん、ハニー羽入さん、はせやん、すみちゃん、かずさん、千吉良さん、ともちゃん、よしこさんといい歳、りょうちゃんの10名でした。
b0190242_11525257.jpg

 ベジータ宮崎さんとハニー羽入さん。宮崎さんは最近、ますます菜食主義に磨きがかかっているようで、今回、帽子をかぶっていましたが、頭も磨きがかかっているそうです。羽入さんは翌日の24日は東京マラソンに出走するにもかかわらず、新年会に来てくれました。東京マラソンでは4時間ちょうどで完走したと連絡をいただきました。038.gif
b0190242_11531085.jpg

 ともちゃんが久しぶりに来てくれました。和さんとうまくいっているのでしょうか。待ち合わせに一緒に来ませんでした。そのお隣りは孤独死まっしぐらになると思われる、すみおばさん。037.gif
b0190242_11532841.jpg

 東京マラソンを完走した羽入さん、あきちゃん、はせやん。はせやんも昨年夏以来、久しぶりに会いました。あきちゃんとりょうちゃんよりも、はるかに年上なのに、はるかに若く見えます。
b0190242_11534171.jpg

 和さんとよしこさん。和さんは先週の墨廼江酒造見学会に引き続き、2週連続のおしきせの会になりました。
b0190242_11535954.jpg

 大井町湯屋組。よしこさんに会うのも久しぶりでした。よしこさんは現在、ご自宅を改築中で池上本門寺の近くに仮住まいしているそうです。お寺の近くなので、繁華街がなく、つまらない毎日を過ごしているとのことです。037.gif
b0190242_11541661.jpg

 千吉良さんは3月3日で御年60歳を迎え、4月から第2の人生を歩まれるとのことです。60歳にはとても見えません。山旅クラブで平日の講習会に申し込まれていることを聞いていましたが、羨ましい限りです。今年8月は山旅クラブで裏銀座に一緒に参加する予定です。038.gif
b0190242_11542939.jpg

 タコのマリネ。
b0190242_1154462.jpg

 ピザ。
b0190242_11545779.jpg

 鳥のサラダ。
b0190242_11552961.jpg

 パスタ。
b0190242_11554216.jpg

 ラザニア。
b0190242_1156188.jpg

 前沢牛のリゾット。
b0190242_11562098.jpg

 最後は店の前で記念撮影。
b0190242_11563943.jpg

 実は2月23日(土)は大井町のじゃんけんぽんは、現在の場所での営業は最終日でした。おしきせの会終了後に、じゃんけんぽんに寄ると、最後の晩餐の真最中でした。そして、大変に珍しい方にお会いすることができました。田町で歯科医院を開業している湯浅先生です。今日は奥様がご不在とのことで、とてもくつろいでいらっしゃいました。写真はじゃんけんぽんが移転する店舗の店頭です。アレグロピアットの2軒隣になります。もうそろそろ、オープンするのではないでしょうか。038.gif
b0190242_115794.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_12324672.jpg

 
 3月3日は桃の節句、ひな祭りの日です。万延元年(1860年)3月3日、江戸は珍しく春の大雪でした。この日、桃の節句のお祝いの言上のため登城しようとした大老井伊直弼は、駕籠が桜田門にさしかかったところを、待ち伏せしていた水戸浪士18人に襲われ、殺されました。世に名高い「桜田門外の変」です。

井伊直弼は近江国(今の滋賀県)彦根藩14代藩主で、13代将軍家定の命令で安政5年4月に、43歳の時に乞われて大老に就任しました。当時の国内情勢は、アメリカの使節ペリーの来航に伴い、開国か鎖国か、勤皇か佐幕か、二つに分かれて対立抗争が続いているときでした。

 大老になった井伊直弼は、これからの日本の進むべき道は開国しかないと判断し、攘夷派の意見は一切聞かず、勅許も待たずに、幕府の責任で早々と日米修好通商条約を結びました。また折柄問題になっていた将軍家定の後継者についても攘夷派の推す水戸藩主徳川斉昭の子・一橋慶喜を退けて、開国派の推す紀州藩主徳川斉順の子・慶福を14代将軍に決めました。

 それのみならず直弼は、幕府の政策に反対する攘夷派の筆頭、水戸の徳川斉昭をはじめ、攘夷派の大名、公家に隠居謹慎を命じて、攘夷・尊王を説く志士たちを片っぱしから捕えて断罪しました。いわゆる「安政の大獄」です。「桜田門外の変」は、独裁的にふるまう直弼に対する反発です。

 直弼は、茶人として有名で、『茶湯一会集』など茶道に関する立派な著作を残しています。茶道における「一期一会」の精神を強調した人でした。

         雛の日の雪淡く木に触れて降る  今枝蝶人

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1158660.jpg


 翌日2月24日(日)はそのじゃんけんぽんのトントンさん、はるさんと一緒に川崎の「かのや」に行きました。この日は来福酒造の日本酒試飲会が「かのや」でありました。
b0190242_11582474.jpg

 「かのや」はふぐ料理の店です。今日の試飲会ではふぐ料理を含めて一人6000円であり、大変にお得だということで、西山さんに声をかけていただきました。そして、先週石巻でご一緒した方たちも参加していました。若い女の子はいませんでした。
b0190242_11584876.jpg

 まずは精米度合8%の純米大吟醸が出されました。精米度合8%ということは酒米92%を削ってしまっているということです。以前に来福酒造では精米度合10%のお酒を作っており、水のような感じでしたが、今回の8%の酒は味がしっかりしていました。値段もよく、1升15000円以上するそうです。はるさんに、じゃんけんぽんで販売するとしたら、どのくらいの値段になるか尋ねると、1合4200円になるそうです。一生に1度か2度、飲めるかどうかというお酒です。069.gif
b0190242_11591911.jpg

b0190242_11595334.jpg

 煮凝り。
b0190242_1201868.jpg

 ふぐ皮。
b0190242_1203835.jpg

 ふぐ刺し。西山さんが6000円ではとても食べられないとおっしゃっていました。
b0190242_1205995.jpg

 ふぐの唐揚げ。
b0190242_1212572.jpg

 写真の中の赤い半被(はっぴ)を来ている方は、来福酒造社長の藤村さんです。前にお会いした時に比べて、随分とスリムになりました。この半年間、1日1600 kcalの食事で20 kg減量したそうです。
b0190242_1215641.jpg

b0190242_1221461.jpg

 桐の華と愛山。「桐の華」は桐の花酵母で発酵させ、筑波大学との共同研究で作ったお酒だそうです。
b0190242_1223136.jpg

 料理の最後はふぐ鍋になります。
b0190242_1225471.jpg

b0190242_1231584.jpg

b0190242_1233468.jpg

 鍋を食べ終わったあとは、雑炊を作りました。これだけで一人前1600 kcalはゆうにありそうです。
b0190242_1235060.jpg

 今回の試飲会で出されたお酒です。
b0190242_1241117.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(あづみ野うたごえ喫茶/あの素晴らしい愛をもう一度)

あの素晴らしい愛をもう一度(作詞:北山修、作曲:加藤和彦、歌:dicot)

夜が
命かけてと誓った日から
素敵な思い出残してきたのに
あの時同じ花を見て
美しいと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

赤トンボの唄をうたった空は
なんにも変わってないけれど
あの時ずっと夕焼けを
追いかけていった二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

広い荒野にぽつんといるよ
涙が知らずにあふれてくるのさ
あの時風が流れても
変わらないと言った二人の
心と心が今はもう通わない
あの素晴らしい愛をもう一度
あの素晴らしい愛をもう一度

b0190242_1251570.jpg


 さて3月2日(土)~3日(日)はジョイフル観光で蔵王に行ってきました。ガイドは白砂さんと倉持さんでした。蔵王は日本百名山であるため、昨年の時点から今日の参加を決めていましたが、結論から言うと今回は猛吹雪のため山頂に到達することはできませんでした。日本百名山55座目の登頂は果たせませんでした。
b0190242_1254551.jpg

 予定として、上野駅前からバスに乗車し、1日目は福島県の五色沼周辺をスノーシューをつけて散策します。スノーシューの足ならしです。蔵王の近くに宿泊し、翌日ロープウェイを乗り継いで、山頂駅から地蔵岳、蔵王最高峰の熊野岳山頂を目指すことになります。

 今回の参加者は7名でした。浦安湯屋のメンバーと、かつてアミューズでご一緒した小沢さん、兵藤さんです。小沢さんと兵藤さんとは2年前に北海道の斜里岳に行ったときに宿で同じ部屋になったことがあります。
b0190242_1271347.jpg

 午前7時00分に上野を出発し、五色沼には11時40分に到着しました。明日の蔵王でのスノーシュー登山の練習のため、五色沼の周辺でスノシューをつけて足ならしをします。
b0190242_1262835.jpg

 天候は雪、しかも風を伴っています。遠くを見ても真っ白で何も見えません。
b0190242_1275225.jpg

 五色沼は全てが凍結しているわけではなく、水鳥が泳いでいました。
b0190242_1283050.jpg

b0190242_129877.jpg

 沼の周辺は風がなく、結構汗をかきました。
b0190242_1294112.jpg

b0190242_12102745.jpg

b0190242_1211526.jpg

b0190242_12115165.jpg

 約2時間で五色沼を縦断し、再びバスに乗り、蔵王に向かいます。そして今回はとても珍しい方が参加していました。原田さんのご主人です。以前、倉持さんからは原田さんのご主人はとても厳格な人だということを聞いていました。はじめて顔を見ると、口ひげを蓄えた恐ろしい顔つきで、うわさ通りにとても怖そうです。しかし、お酒を口にした途端、のべつ喋っており、お酒を飲まない小沢さんとのおじいさん対決はとても楽しいものでした。037.gif041.gif
b0190242_1212399.jpg

b0190242_1213716.jpg

 宿泊は蔵王の山形屋になります。古い旅館で廊下や棚にはたくさんのこけしが飾ってありました。
b0190242_12132924.jpg

b0190242_1214135.jpg

 夕飯は山形牛のすき焼きが出されました。ここでも原田さんのご主人の口車は止まりません。原田さんのご主人は「自分はエロい。」ということを絶えずおっしゃっていました。「エロい」ということと、「助平」はちがうというのがご主人の主張です。「助平」というのは犯罪につながる行為であり、「エロい」というのは犯罪にはつながらない行為だというのです。
 きれいな女性がいた場合、「エロい目をして見る」ことはまさに「エロい」行為であり、警察のお世話になりませんが、「助平」な人はイタズラまでしてしまう犯罪行為に至るそうです。原田さんのご主人は、自分は「エロい」人で、お酒を飲まないで、あれだけ人の悪口を言える小沢さんは腹黒い「助平」であると何度もおっしゃっていました。041.gif
 原田さんがご主人を今まで「おしきせの会」に一度も連れてこなかった理由がわかった気がしました。037.gif
b0190242_12144080.jpg

 翌朝、8時に宿を出発して、蔵王ロープウェイに向かいました。これからロープウェイを乗り継いで山頂駅から熊野岳山頂を目指します。麓の天候は曇りで、昨日よりは回復傾向でした。
b0190242_12151488.jpg

b0190242_12153711.jpg

b0190242_12155753.jpg

b0190242_12161676.jpg

b0190242_12164528.jpg

 しかし山頂駅につくと、強い風と雪の猛吹雪で何も見えませんでした。それでもスノーシューを装着し、行けるところまで行くことになりました。
b0190242_12171444.jpg

 歩き始めてたったの20分で最初のピークの地蔵岳に到着しました。樹氷のモンスターの間を縫って傾斜を上がっていきましたがほとんど何も見えませんでした。
b0190242_1217429.jpg

b0190242_1218966.jpg

 地蔵岳のピークからほんの少し行ったところで、白砂さんの判断で熊野岳山頂は断念することになりました。地蔵岳までは樹林帯であるため、風が弱いのが普通ですが、その地蔵岳でもこれだけの強風が吹いており、その先の樹林帯を抜けたところでは、これ以上の強風に見舞われることが容易に予測されます。残念ながら引き返すことになりました。私たちよりも先に出発したベテランそうなおじさんも強風のため引き返して来ました。
b0190242_12185829.jpg

 巨大なエビの尻尾がたくさんありました。
b0190242_1219365.jpg

 真っ白で何も見えませんが、元来た道をもどり、山頂駅から樹氷高原駅まで樹氷の間を縫って降りることになりました。名前のとおり地蔵岳にはお地蔵様があります。お地蔵様の頭だけが雪から出ています。雪がなければ、3~4 mはあるそうです。
b0190242_122057.jpg

 お地蔵様の前で記念撮影。倉持さんが撮った写真は人物が小さくて、あまりにも上手ではないので、ほかの家族の写真を載せます。037.gif
b0190242_12202214.jpg

 この人は誰でしょうか。りょうちゃんより年上のすみお姉ちゃん。顔を隠しているほうが綺麗に見えます。041.gif
b0190242_12203951.jpg

 おじいさん三人組。左から兵藤さん、原田さんの「エロい」ご主人、腹黒い「助平」な小沢さん。037.gif
b0190242_12205925.jpg



新橋二丁目七番地
作詞:田久保真見、作曲:杉本眞人、歌:あさみちゆき


うすい座布団 一枚で
地べたに座って 四十年
時が流れて 人が流れる
濁流うねる この都会(まち)で
流されまいと 流されまいと
小石のように うずくまる
靴を磨けば こころも晴れる
今日も元気に がんばって
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

こんな私に 出来たのは
一生懸命 生きること
秋の夕暮れ ひとつため息
赤チン色の 赤ちょうちん
一杯飲めば 一杯飲めば
人間なんて 立ち直る
靴の汚れは 心の汚れ
夢も磨けば また光る
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

明日はきっと 明日はきっと
いいことあるさ 大丈夫
つらい気持は 靴みりゃわかる
今日もあなたは がんばった
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地


b0190242_12214736.jpg


 両側に巨大な樹氷モンスターがあるのですが、この天候で全く見えません。
b0190242_12221123.jpg

 一瞬、日が差しました。058.gif
b0190242_12222983.jpg

 降りて行くうちに、徐々に視界が良くなってきました。
b0190242_1223943.jpg

 立ち並ぶモンスターの間をひたすらに降りて行きます。
b0190242_1224496.jpg

b0190242_12244166.jpg

 倉持さんが転倒しました。
b0190242_12251540.jpg

b0190242_12255010.jpg

 降りていくと霧氷も現れます。
b0190242_12262831.jpg

b0190242_12265726.jpg

 12時前に樹氷高原駅に到着しました。ここからロープウェイに乗って下山します。
b0190242_12271858.jpg

b0190242_1227469.jpg

 皮肉にも下山したら青空でした。次回、蔵王は一人で行けそうです。
b0190242_12281040.jpg

b0190242_12283051.jpg

 下山後はお決まりの温泉入浴、ランチビール、帰りのバスの中でのおしきせの会になります。その前に目の前の売店で帰りのバスの中でのお酒を買い、玉こんにゃくでビールを一杯飲みました。
b0190242_12285330.jpg

 入浴はロープウェイの駅からバスで5分ほどの新左衛門の湯に入りました。入浴後は食堂で昼食を食べながら一杯やりました。一番左に写っている白いヒゲのおじいさんが今回のツアーの主役であった原田さんのご主人です。原田さんのご主人は、おしきせの会にかかわらず、飲み会に誘ってくれとおっしゃっていました。よい店には連れていけませんが。037.gif
b0190242_12292342.jpg

b0190242_12293939.jpg

 山形から東京までは約6時間の長いバスの旅になります。購入した日本酒を飲みながら、上野まで戻ってきました。068.gif
b0190242_12295346.jpg


 
来週は歩みの会、古賀志山に行ってきます。060.gif060.gif

b0190242_12311122.jpg

b0190242_1233179.jpg

b0190242_12333989.jpg

b0190242_12344860.jpg

b0190242_12351436.jpg

by ryott-ryott | 2013-03-06 13:03 | 蔵王に会おう | Comments(0)

ゆく年、来る年、おしきせの会ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_1402190.jpg


 なかなかブログが更新できないままで、2012年の日付に変わろうとしています。大掃除は大体のところであきらめました。先日、ヤマダ電機でダイソンの掃除機を買いました。28日に届いたのですが、今まで使っていた掃除機が新しい掃除機が届く30分前にぴたりと動かなくなってしまいました。古い掃除機は自らの役割を全うして、動かなくなってしまったような気がします。それにしてもダイソンの掃除機の吸引力はスゴイです。038.gif
b0190242_141031.jpg

 さて12月の3連休はアミューズの雪上講習に参加しましたが、その前に忘年おしきせの会の報告をします。アミューズトラベルの倉持さんの特配で知り合った浦安湯屋のメンバーと大井町のイタリアンの名店「アレグロピアット」で忘年おしきせの会を行いました。「おしきせ」とは甲州の言葉で「晩酌」と言う意味があります。酔っぱらう前に、到着してすぐに店の前で集合写真を撮りました。037.gif
b0190242_1413356.jpg

b0190242_1414359.jpg

 浦安湯屋メンバー、なんでもトライアスロンのメンバー、そして大井町湯屋メンバーが集まり、実に24名という今までにない賑やかな「おしきせの会」となりました。大勢の方に集まっていただいたので、お店を貸し切りにしてもらいました。あきちゃん、あやちゃん、金子さん、宮崎さん、倉持さん、すみちゃん、中島さん夫妻、森ちゃん夫妻、はせやん、チギ、スネオ君、安藤さん、かずさんとともちゃんの樋口さん夫妻、原田さん、よしこさん、高久さん、ハニー羽入さん、じゅんやさん、米ちゃん、そして吉田さんといい歳、りょうちゃん、洩れている人はいませんね。038.gif
b0190242_142206.jpg

b0190242_1423296.jpg

b0190242_1425443.jpg

 いい歳、りょうちゃんが山に行くきっかけをつくったのは吉田さんの奥さんです。吉田さんの奥さんから富士登山に誘われて、最初は躊躇しましたが、背中を押されて取りあえず行ってみようかということでした。そのようにして始まったいい歳、りょうちゃんの山巡りは、2011年の今年だけで日本百名山に25座、百名山以外の山に15座行きました。現在、日本百名山は29座目を数えています。こうなったら、60歳までに日本百名山100座を目指す目標をたてましたが、私を誘ってくれた吉田さんの奥さんは富士登山以来、山には来ていません。
b0190242_1435455.jpg

 おしきせの会でちょっと驚いたのは、皆さんのカッコです。普段は山で会っているので登山の服装の皆さんを見かけていますが、この日は仕事帰りの方も多く、男性陣のほとんどはスーツ姿でした。
b0190242_144441.jpg

 そしてもっと驚いたのは、倉持さんのカッコです。私は皆さんに「レディ・ガガ」がいると紹介しましたが、レディ・ガガが玉手箱を開けてしまったのかと思いました。041.gif037.gif
b0190242_1441697.jpg

b0190242_1442723.jpg

b0190242_1445223.jpg

 倉本さんのレディ・ガガのヘアスタイルはかつらだったようであり、そのかつらをかぶって皆さん悪ふざけをしていました。041.gif037.gif
b0190242_1451276.jpg

b0190242_1452447.jpg

b0190242_1453682.jpg

b0190242_1461034.jpg

b0190242_1463051.jpg

 こちらの二人はかつらがない方が似合っています。041.gif037.gif
b0190242_1464880.jpg

b0190242_147645.jpg

 森ちゃんの奥様も来てくれました。奥様は森ちゃんとは喧嘩するほど顔を合わせていないとおっしゃっていました。
b0190242_1471875.jpg

b0190242_147562.jpg

 そして12月25日は森ちゃんの、12月29日は中島さんの奥様のお誕生日で、そのお祝いもかねました。
b0190242_1481690.jpg

b0190242_148332.jpg

b0190242_1484788.jpg

b0190242_1491817.jpg

b0190242_1494170.jpg

b0190242_1495426.jpg

b0190242_1501531.jpg

b0190242_1511310.jpg

b0190242_1512823.jpg

 最後は店の前で記念撮影。このあと、よしこさん、じゅんやさん、吉田さんとバーディーさんに謡いの会に行きました。じゅんやさんはタクシーで帰ることになってしまい、帰宅後に奥様にめちゃめちゃに怒られたそうです。奥様、私から誘ったので許して下さいね。040.gif
b0190242_152462.jpg

b0190242_1522014.jpg

b0190242_1524262.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_15323100.jpg

 
 推理小説を戦前は探偵小説といいました。日本の探偵小説、現代の推理小説を開拓した、草分けの一人として知られているのが、江戸川乱歩です。

 戦後、日本推理作家協会の初代理事長をつとめました。本名は平井太郎。ペンネームの江戸川乱歩は、推理小説の始祖エドガー・アラン・ポーにあやかりたくてつけたといわれています。彼の作品によく登場した名探偵が“明智小五郎”です。推理物ファンの間では、今でも懐かしい人物です。
 また世間を騒がせた「グリコ・森永事件」の犯人グループが、“怪人二十一面相”を名乗りましたが、これは彼の作品『怪人二十面相』と、二一世紀をひっかけてつけたのかもしれません。

 この乱歩の弟子で、乱歩のあとを引き継いだのが、推理小説界の最長老だった横溝正史です。彼は明治35年(1902年)に神戸で生まれました。大阪薬専を卒業後、家業の薬屋に勤務しましたが、乱歩に招かれて、雑誌「新青年」の編集長などをしたのち、推理作家として独立した変わり種です。
 昭和56年(1981年)12月28日、79歳で亡くなりました。墓は川崎の春秋苑にあります。

「犬神家の一族」「悪魔の手毬唄」「獄門島」「本陣殺人事件」「八墓村」「人形佐七捕物帳」など、かれの代表作はすべて映画化、テレビドラマ化されて人気を呼んでいます。

乱歩の作品に登場する名探偵は、さきに紹介した明智小五郎でしたが、彼の場合は、名探偵金田一耕助が活躍しました。
名前のモデルは言語学者の「金田一京助」博士から拝借したもの。着物姿のモデルは「若さま侍捕物帳」の作者・城昌幸をイメージに考えたと、彼は打ち明けています。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_154285.jpg


 実は翌日も、そしてその翌日もおしきせの会がありました。2日目のおしきせの会は大井町湯屋メンバーの晴れ男さん夫妻とエルビー山岸さん、そして晴れ男さんがいつもおばあちゃん呼ばわりしている般若の阿部ちゃん、めずらしく大崎さんも今回は参加しました。
b0190242_1542066.jpg

 場所は東急大井町線荏原町駅の「陣」1号店で行いました。大内さんが店長だったときにホールにいた五木さんが料理をすべて作っています。大内さんの話によると、大井町店は五木さんに任せようと思っていたそうですが、五木さんに断られたと聞いていたので、何故、断ったのか聞いてみると、「荏原町の方が知り合いが多く、荏原町に残りたかった。」と五木さんはおっしゃっていました。従業員の平均年齢は荏原町店の方が若いようです。
b0190242_1551644.jpg

そして「陣」荏原町店では木曜日は一部のメニューが半額になっています。半額になっているものばかり頼んでしまいました。037.gif
b0190242_1545835.jpg

 山岸さんと晴れ男さん。
b0190242_1563654.jpg
 
 山岸さんは最近、マンションを購入されて引っ越しされたとのことです。近々にお祝に押し掛けたいと考えています。また晴れ男さんは雑誌のNewtonを読むことが趣味で、今回もいろんなことを教えていただきました。しかしNewtonの話よりも興味深かったのは、「ゲイ」と「おかま」との違いをきちんと教えていただいたことです。「ゲイ」も「おかま」も体は男でありながら恋愛対象は男であるのですが、「おかま」は男でありながらも自分自身の心は女の心を持っており、男を好きになるのに対して、身体も心も男でありながら男を求めるのが「ゲイ」なんだそうです。芸能界では福山雅治や「海猿」で有名な伊藤英明はゲイの噂があるそうです。038.gif
b0190242_1555529.jpg

b0190242_1561298.jpg

b0190242_1565864.jpg

 晴れ男さんお奥様のりえちゃんとおばあちゃん。1月の第3土日に鬼怒川のあさやホテルに一緒に行って、温泉旅行をすることになりました。
b0190242_1571471.jpg

 「陣」でのおしきせの会が終了後、またまたバーディーさんに行き、謡いの会をやりました。晴れ男さんは森進一や北島三郎の歌を物まねしながら歌うのがお好きなようであり、もっぱら似てないと言われています。私は聞きあきて寝てしまいました。037.gif
b0190242_158991.jpg

b0190242_1583068.jpg

b0190242_159030.jpg

 3日目のおしきせの会は、ホームグラウンドの大井町「じゃんけんぽん」で整体師の岩崎先生と先生の何人目かの彼女さんと3人でこじんまりと飲みました。先生の彼女に、亀戸ホルモンに行ったときの写真を見せていると、先生が晴るさんの肩を抱いている写真を見て少し怒っていました。037.gif
b0190242_20092.jpg

b0190242_202040.jpg

 金目鯛のカブト焼き
b0190242_204880.jpg

 このウニはおいしかった。
b0190242_21268.jpg

 前回出してもらったレバー味のこんにゃく。
b0190242_21257.jpg

b0190242_21351.jpg

 この絵は第一三共製薬の石井ちゃんのお父さんが書いた絵です。
b0190242_215112.jpg



(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(坂本スミ子/夜が明けて)

夜が明けて(作詞:なかにし礼、作曲:筒美京平、歌:坂本スミ子)

夜が明けて 手さぐりをしてみた
ぬけがらのとなりには 誰もいない
目をあけて 部屋のなか見てみた
陽がもれる窓のそば 誰もいない
夢を追いかけて
ひとりふかす たばこのけむり
白い 白い
夜が明けて 夢をみたまくらに
あの人のかみの毛が ひとつのこる
テーブルの 灰皿の中には
あのひとのすいがらが ひとつのこる
あせたくちびるを
かんでひいた ルージュの赤が
つらい つらい

われた手鏡に
語りかける おんなの朝は
ひとり ひとり

b0190242_23341.jpg

 
 さて12月31日大晦日は海浜幕張公園まで行って、2011年最後の夕陽を見てきました。昨日だったらきれいに見えたのかもしれませんが、大晦日の空は雲が多く、多分見れないと思いましたが、こういう写真を撮るときはあきらめないことが肝心なので、行ってきました。
b0190242_232265.jpg

 去年も書きましたが、初日の出のときはたくさんの人が太陽が顔を出すのを見に来るのに対して、今年最後の日没は誰も見に来ません。私ぐらいです。
b0190242_235713.jpg

 天気予報どおり、地平線上には雲があり、太陽は雲の中に沈んで行きました。
b0190242_24926.jpg

b0190242_242314.jpg

 下の隙間から太陽の一部が見ました。
b0190242_25370.jpg

b0190242_253172.jpg

 このブログを書いているうちに2012年1月1日の日付にかわってしまいました。今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
b0190242_255435.jpg

b0190242_26138.jpg

b0190242_264013.jpg

b0190242_27173.jpg


 
次回、雪上訓練の模様を報告します。

b0190242_273922.jpg

b0190242_281827.jpg

b0190242_2840100.jpg

b0190242_29562.jpg

b0190242_292313.jpg

b0190242_210023.jpg

b0190242_210523.jpg

by ryott-ryott | 2012-01-01 02:15 | おしきせ | Comments(0)

また瑞牆山へおいでよ、みそぎの会(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_14342783.jpg

 瑞牆山のおまけです。私たちのお世話をしていただいているアミューズトラベルの女性島崎三歩・倉持さんがハイポスポーツカタログでモデルをやっています。そのカタログが先日、家に届けられました。倉持さんによるとモデルをしたからと言って、その服をハイポスポーツから貰えるわけではないそうです。大井町湯屋の人気インストラクターも同じことを言っていました。018.gif
b0190242_14344761.jpg

038.gif038.gif038.gif
b0190242_1435695.jpg

038.gif038.gif038.gif
b0190242_14351986.jpg

038.gif038.gif038.gif
b0190242_14353264.jpg

 そして、倉持さんがキナバル山へ海外出張している間ではありましたが、浦安湯屋&なんでもトライアスロンの山行き仲間と大井町にあるイタリアンの名店『アレグロピアット』へ行きました。
あやちゃん、あやや、すみちゃん、三浦さん、あきちゃん、ハニー羽入さん、はせやん長谷川さん、森ちゃん森田さん、大井町の母のよしこさん、そしていい歳、わたくしの10名が集まりました。
024.gif
b0190242_14355623.jpg

 あきちゃんと羽入さんは昼間は浦安湯屋へ行き、大暴れアクアをやって来たとのこと。あきちゃんの大きな体で、そばにいた老女数人が溺死寸前だったようです。羽入さんは浦安湯屋のアクアはきつくて足がパンパンになったとおっしゃっていました。私も所用がなければ一緒に参加して、プールの水を全てかき出したかったです。041.gif
b0190242_14365264.jpg

 はせやん長谷川さんは16年ぶりに大井町へ来たそうです。阪急百貨店や裏の道がきれいになっており、16年前の大井町とは随分と変わっていることに驚かれていました。私も覚えていますが、阪急百貨店1階のJRの線路に面した側からもビルに中に入っていける出入口があり、その出入り口周辺にホットドッグなどを販売している“こきたない”店や花屋さんがありました。今では線路側の出入口はなく、コンビニやスパゲッティーのお店が並んでいます。また夏目雅子の「時代屋の女房」で有名になった三又はあまり変わっていないことにも驚かれていました。018.gif
b0190242_14424336.jpg
b0190242_14431112.jpg

  ホタルイカのトマトソース煮
b0190242_14434911.jpg

 鶏肉のサラダ
b0190242_1444239.jpg

 ピザ
b0190242_14441668.jpg

 ペンネ

b0190242_14443490.jpg



(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されてまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_14453827.jpg

 
 不朽不滅の名探偵といわれる“シャーロック・ホームズ”を創ったイギリスの作家コナン・ドイルは、1859年5月22日、スコットランドのエジンバラで生まれました。
 推理小説を愛好されている方なら、彼の『赤毛連盟』『まだらの紐』『ボヘミア王国の醜聞』など、いくつかの作品は既に読まれたことと思います。ロンドンを舞台に繰り広げられる、ホームズの痛快無比な活躍、とくに科学的に真相を解明していく説得力、手法には、ただただ感心させられるばかりです。

 彼は出身が医者であり、開業するまで船医として多く見聞したことが、小説の構想をより面白くさせているのではないでしょうか。エジンバラ大学医学部在学中の主任教授ジョセフ・ベルに大きな影響を受け、ホームズの人間像は、この人がモデルといわれています。

 また、この物語の語り手として登場するジョン・H・ワトソンは、彼の友人ポーツマス文芸科学協会の指導者ジェームス・ワトソン博士であることも、よく知られています。
 とにかく、コナン・ドイルが死んで50余年過ぎた今でも世界各国の人々に愛読され、麺探偵”シャーロック・ホームズ”は生きています。ロンドンには、”シャーロック・ホームズ”という有名なパブがあります。これはロンドン市民より、観光客用につくられた楽しい店です。2階には資料室もあり、各国のファンが集まって談笑しています。

 ”シャーロック・ホームズ”は、本来小説の主人公にしかすぎませんが、ロンドンでは、まるで実在の人物であったかのように、れっきとした彼の伝記まで出版されているのには驚かされます。イギリス人らしいユーモアかもしれません。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_14461457.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_1447199.jpg

 ボンゴレビアンゴ
b0190242_14472444.jpg

 ラザニア、アレグロピアットで一番おいしい一品だと思います。
b0190242_14474650.jpg

 もうひとつ、忘れてはいけない美味しいメニューがありました。前沢牛のリゾットです。

b0190242_14475827.jpg

 前回、アレグロピアットではかなり大騒ぎをした反省からか、会は静かな始まりとなり、まるで禊(みそぎ)の会のようでした。037.gif
b0190242_1449931.jpg

 しかし、静かな飲み始めも、運ばれてくる料理とすすむワインで静寂は徐々に破られていき、結局最後は大騒ぎになりました。これが普通です。041.gif
b0190242_14493187.jpg

 森ちゃんも長谷川さんも20歳を越えたお子さんがいるそうです。お二人ともついこの間、学校を出たばかりの若手に見えました。森ちゃんは広島県のご出身で、広島には「酒栓」と言って、お酒が出てくる蛇口がある町があるそうです。ぜひ行ってみたいと思います。038.gif
b0190242_1450084.jpg
b0190242_1450273.jpg

b0190242_1450477.jpg

 またあきちゃんが私よりも年下であることにも驚きました。あきちゃんは大先輩だと思っていました。体格は大先輩です。ハニー羽入さんは予想通りです。しかし、一般の定年退職したおじさんに比べれば相当に若く、今年の2月にニュージーランドのアイアンマンレースに参加されました。ニュージーランドは一日のうちに春夏秋冬の四季があり、ワインも水替わりに飲んでおり、将来はニュージーランドに永住したいとおっしゃっていました。その羽入さんは何度もよしこさんの唇を奪おうとトライされていました。

041.gif038.gif037.gif
b0190242_145128100.jpg
b0190242_14515190.jpg

b0190242_14521138.jpg

 そして、乙女3人組。最年少24歳のあやや、昭和の石楠花少女あやちゃん、うさぎ年生まれのすみちゃん、果たして昭和何年のうさぎ年でしょうか。あややは髪型をチェンジ。今日はだいぶお酒をセーブして飲まれていましたね。セーブしていないのは昭和の石楠花少女。ブログに写真を載せたら「しばく」とおっしゃっていましたが、あやちゃんの写真を載せると不思議とアクセス数が増えています。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_14523321.jpg
b0190242_14531811.jpg
b0190242_14543914.jpg
b0190242_14551891.jpg

b0190242_14553214.jpg

 問題の一枚、「石楠花と少女」、また載せてしまいました。037.gif
b0190242_14554680.jpg

 豪快にワインを飲み干す「石楠花少女」。女傑。038.gif038.gif038.gif
b0190242_14561865.jpg

 目がもっと飲ませろと言っています。041.gif041.gif041.gif
b0190242_14563073.jpg

 あの太陽が、この世界を照らし続けるように。YouTube上から動画がなくなってしまいました。
041.gif037.gif041.gif037.gif041.gif
b0190242_1457337.jpg

 静かな乾杯で始まった「みそぎの会」は、最後は大騒ぎ。お隣の席の方、私たちの騒ぎ声に耐えながらお食事をしていました。040.gif
b0190242_1457329.jpg
b0190242_14575548.jpg

 最後は店の前で記念撮影。山頂での記念撮影と同じです。「日光白根山」「北岳・間ノ岳」「富士登山」で再会を誓い、皆さんと涙でお別れしました。私は「富士登山」は長考中です。037.gif
b0190242_14581299.jpg

 「石楠花少女」のあやちゃん、あきちゃん、羽入さんを大井町駅改札で見送った後、大変に珍しい方にお会いしました。大井町湯屋でよしこさんや私の食生活・生活習慣について厳しく指導してくれていた臼井さんに偶然お会いしました。臼井さんはお仕事を終えて、これから帰宅するとのことでした。臼井さんに山友の皆さんと「みそぎの会」をやってきたことをお話しすると、臼井さんも山に行きたいとおっしゃっていました。臼井さんが大井町湯屋を去った後、よしこさんも私も好き勝手に暴飲暴食を続けており、多分今日の食事の内容を臼井さんに話したら、駅の改札で叱られていたと思います。
037.gif
b0190242_14583178.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_14585449.jpg

 すみちゃんにもらった「瑞牆山」山頂での記念撮影写真。
b0190242_1459328.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_14593787.jpg

b0190242_14595588.jpg

b0190242_1501538.jpg

b0190242_1504824.jpg

b0190242_1511437.jpg

b0190242_151476.jpg

b0190242_152096.jpg

b0190242_1521962.jpg

b0190242_1524270.jpg

b0190242_15365.jpg

b0190242_1533482.jpg

b0190242_1534557.jpg

b0190242_154675.jpg

038.gif041.gif060.gif024.gif016.gif058.gif037.gif056.gif

by ryott-ryott | 2011-05-22 15:13 | また瑞牆山へおいでよ | Comments(0)

いい歳、りょうちゃん、難攻不落の熊本城へ行く(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_1341323.jpg

先週の体調不良は急性の胃炎だったようです。かかりつけのお医者さんへ行く途中、3月31日で統廃合されることになった大間窪小学校には工事業者が入り、これからいよいよ解体が始まるようです。018.gif
b0190242_13412411.jpg

b0190242_13414263.jpg

b0190242_13415293.jpg

校庭の桜が徐々に咲き始めていました。
056.gif
b0190242_1342754.jpg

b0190242_13422247.jpg

地震が発生してから3週間、ようやく大井町湯屋も平常営業に戻ったようです。しかし、土曜日のいつもの枠からは大暴れアクアはなくなり、30分のミットシェイプに変更になっていました。ミットシェイプは首まで水につかって、筋肉トレーニング系のエクセサイズが主流であり、私たちが好む水を巻き上げる派手なパフォーマンスはありませんでした。それでもかつては大井町湯屋でのミットシェイプも大暴れアクア以上の運動量を要するエクセサイズも行われていたこともあって、皆さんは大暴れ系を期待し、たくさんの方が参加しましたが、見事にその期待は裏切られてしまいました。
031.gif031.gif031.gif031.gif031.gif
b0190242_13431590.jpg

まあ、しばらく土曜日は写真撮影の旅になるため、アクアともしばらくお別れです。来週9日は日の出山&御岳山&つるつる温泉、16日は岩櫃山、23日は天覧山(倉持さんの情報では中止になる可能性が濃厚)、30日は連休2日目で私は遠く屋久島へ宮之浦岳に登る予定です。
070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif
b0190242_13434343.jpg

 そして、きのうの土曜日は当初の予定通り、アレグロピアットへ行きました。残念ながら浦安湯屋のメンバーの参加はありませんでしたが、大井町湯屋の大先輩方が参加し、11日の地震発生から今日までどのように過ごしてきたか、東京大空襲に比べれば今回の地震などたいしたことはないなどのお話を聞くことができました。もちろん、私が飛びぬけての最年少です。
037.gif037.gif037.gif037.gif037.gif
b0190242_13442233.jpg

アレグロピアットの裏には「金魚湯」という由緒正しい銭湯があります。煙突から煙が出ていました。
b0190242_1344442.jpg

b0190242_1350675.jpg

サラダ
b0190242_13453379.jpg

b0190242_13454498.jpg

前菜
b0190242_13461737.jpg

b0190242_13462988.jpg

生ハムのペンネ
b0190242_13455656.jpg

スペアリブ
b0190242_1347353.jpg

ピザ
b0190242_13473641.jpg

ラザニア
b0190242_1347188.jpg

リンゴのプディング
b0190242_1348469.jpg

最後は記念撮影、アレグロピアットのご主人は大井町湯屋仲間のよしこさんの高校の後輩だそうです。よしこさんがいつも奥様をあごで使っているので、奥様の方が後輩だと思っていました。ご主人からは再度、月1回の食べ飲み会をやることを、念を押されました。

024.gif038.gif024.gif038.gif024.gif038.gif024.gif038.gif024.gif038.gif
b0190242_13482645.jpg

b0190242_13484631.jpg

b0190242_1349023.jpg

b0190242_13492065.jpg

そして帰り道、じゃんけんぽんの春さんから歌詠み会のお誘いがあり、バーディーさんへ向かいました。歌詠み会とはカラオケのことです。024.gif
b0190242_13523020.jpg


(平原綾香/ジュピター)
ジュピター(作詞:吉元由美、作曲:G.Holst、歌:平原綾香)


Everyday I listen to my heart
ひとりじゃない
深い胸の奥で つながっている
果てしない時を越えて 輝く星が
出会えた奇跡 教えてくれる

Everyday I listen to my heart
ひとりじゃない
この宇宙の御胸に 抱かれて

私のこの両手で 何ができるの
痛みに触れさせて そっと目を閉じて
夢を失うよりも 悲しいことは
自分を信じてあげられないこと

愛を学ぶため 孤独があるなら
意味のないことなど 起こりはしない

心の静寂に 耳を澄まして

私を呼んだなら どこへでも行くわ
あなたのその涙 私のものに

今は自分を 抱きしめて
命のぬくもり 感じて

私たちは誰も ひとりじゃない
ありのままでずっと 愛されている
望むように生きて 輝く未来を
いつまでも歌うわ あなたのために 

b0190242_1353353.jpg

b0190242_1353585.jpg

b0190242_13541676.jpg

 
高村光太郎が第二詩集「智恵子抄」を出したのは、智恵子が死んで3年目、太平洋戦争がはじまる直前の昭和16年8月でした。

日本でも数多くの詩集は出されていますが、「智恵子抄」ぐらい、広く人々に読み継がれて、哀惜と感動を与えている詩集は他にないと言われています。人によっては、狂気の妻にあれほど献身的に愛が捧げられるものであろうか、詩に作意や誇張があるのではないかとの疑念を抱く人もいるようです。それは、光太郎を知らない人の言うことでした。
光太郎は晩年、智恵子夫人の狂気の時代を、次のように回想しています。

「自分にとってあの7年間は、地獄、いや煉獄とも言ってよい名状しがたい苦悩の連続だった。だが、その中で骨身を削りながら尽くせるだけのことは尽くした。人は今、私がひとりぽっちでいるのを淋しいと思っているだろうが、ぼくは今でも時々智恵子と話しているので淋しくない。智恵子を思い出しているのではなく、智恵子はぼくの体の中にいるんだよ。」(奥平英雄「晩年の高村光太郎」より)

 光太郎は終戦後に疎開していた岩手県花巻郊外、太田村山口の小屋で農耕自炊の生活に入りました。戦時中戦意高揚の詩を書いたことを恥ずかしく思い、ここで「暗愚小伝」の詩20編を書きました。昭和27年、青森県から依頼された、十和田湖国立公園顕彰記念碑の裸婦像の制作を引き受けて、7年ぶりに東京のアトリエに戻りました。現在、この裸婦像は十和田湖畔に建っています。

光太郎はこの製作が終わると再び岩手県の山小屋に帰る予定でしたが、その志を果たさず、昭和31年(1956年)4月2日、73歳で亡くなりました。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_1354399.jpg

b0190242_13544990.jpg

b0190242_1355919.jpg




(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_13554644.jpg

b0190242_13561895.jpg

b0190242_13563091.jpg

さて、随分と寄り道をしましたが雲仙・島原・長崎の旅の続きです。旅の2日目は濃霧のため、雲仙普賢岳登山をあきらめて、島原巡りをしました。やはり浦安湯屋のプロ登山家メンバーは濃霧ぐらいでは登山を取りやめることはないようです。038.gif
b0190242_1356497.jpg

b0190242_1357063.jpg

b0190242_13571290.jpg

 予定が1日ずれてしまったため、3日目はフェリーに乗って島原から熊本へ行くことにしました。3日目は濃霧に加えて、ついに雨が降り出しました。ホテルの人に雲仙バスターミナルまで送ってもらい、そこから島原港まで行き、熊本港行きのフェリーに乗りました。熊本港までは約30分、そして熊本市街までさらのバスで30分。時間がたっぷりあれば、いろいろと周りたいところですが、帰りの船に時間を考えて、熊本城へ行きました。熊本は、雲仙や島原ほど雨は降っていませんでした。057.gif
b0190242_13575869.jpg

b0190242_13582499.jpg

b0190242_13585030.jpg

b0190242_13591661.jpg

 熊本城は築城から400年以上、難攻不落の城として加藤清正が7年の歳月をかけて築き上げます。加藤清正はもともと豊臣秀吉とは親戚の関係にあると言われており、秀吉には秀吉に対しては並々ならぬ忠誠心を持っていました。しかし秀吉の死後、石田三成とはそりが合わず、関ヶ原で東軍に味方します。それでも豊臣家に対する忠誠心が消えうせたわけではなく、秀吉の死後、秀頼の身を案じて、二条城で家康に対して秀頼との会見を実現させます。しかし、清正はその会見後に熊本へ帰る船の中で発病し、帰らぬ人となりました。加藤清正の死後から4年、慶長20年(1615年)、加藤清正の想いも空しく、大坂夏の陣で秀頼は大坂城とともに散りました。
b0190242_13594152.jpg

b0190242_140233.jpg

b0190242_1401946.jpg

b0190242_1404060.jpg

 その後、加藤家は改易(かいえき;改易とは御家が断絶することです)となり、細川家が替わって熊本城へ入り、明治の廃藩置県(1870年)まで熊本藩を細川家が治めることになりました。家自体は今も続いており、総理大臣にもなった細川護煕はこの細川家の末裔であることは記憶に新しいところでしょう。

b0190242_1411526.jpg

b0190242_141306.jpg

b0190242_142452.jpg

To be continued.
長崎の旅へとつづきます。

b0190242_14333.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_1424324.jpg

b0190242_1432162.jpg

b0190242_1434274.jpg

b0190242_144480.jpg

b0190242_1441999.jpg

b0190242_1444490.jpg

b0190242_1451932.jpg

b0190242_1453595.jpg

b0190242_146733.jpg

024.gif016.gif040.gif037.gif041.gif056.gif058.gif038.gif060.gif

by ryott-ryott | 2011-04-03 14:13 | 雲仙・島原・長崎 | Comments(0)

いい歳、りょうちゃん、浦安湯屋で大暴れ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_1228158.jpg

今週の土曜日は大井町湯屋が休館日で、いつもの大暴れアクアもお休みでしたが、浦安湯屋のともちゃんから「浦安湯屋でアクアをご一緒しましょう」とのお誘いをいただき、そのお言葉に甘え、大井町湯屋仲間のよしこさんと一緒に浦安湯屋で大暴れアクアビクスに挑戦しました。
071.gif071.gif071.gif071.gif

b0190242_12283992.jpg

お昼ちょうどに大井町駅でよしこさんと待ち合わせをして、りんかい線で新木場まで行き、京葉線で新浦安へ向かいました。何事もなく新浦安駅へ向かっていたところでしたが、舞浜駅を過ぎたところで京葉線の車内で突然、男性がうめき声をあげて、その場に倒れ込むハプニングが起きました。そばに座っていた女性客がすぐに車掌を呼びに行き、その車両の乗客の誰かが非常停止ボタンを押したため、電車は停止してしまいました。
車掌は倒れ込んだ男性の様子を見るため運転席から出てて、再び運転席にもどり、倒れた男性を病院へ運ぶためか、「次の新浦安駅でしばらく停止します。」との車内アナウンスが流れ、電車は動き出しました。

b0190242_1229130.jpg

目的地の新浦安駅に到着し、よしこさんと私は電車を降りましたが、倒れ込んだ男性の姿がなく、電車の床は血まみれになっていました。どうやら倒れた男性は気を取り戻して、電車を降りて行ってしまったようでした。新浦安駅の前の駅でしばらく電車が停車することになっていたら、約束には間に合わないところでした。
b0190242_12293272.jpg

ハプニングで始まった浦安湯屋訪問でしたが、無事に新浦安駅に迎えに来ていただいたともちゃんと再会。浦安湯屋へ連れて行っていただきました。浦安湯屋は駅のすぐ前のビル4階にあり、スタジオもスパも大井町湯屋よりも広く、立派な設備でした。浦安湯屋の入り口で、すみちゃん、樋口さん、倉持さん、三浦さんと再会。みなさんは既にエアロビクス1本をやり終わったとのことでした。070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif
b0190242_1230378.jpg

浦安湯屋に到着し、末梢血管血流測定を行いました。私の血管年齢は33歳でした。実年齢は46歳です。また血管の硬さは、AからGまでの7段階評価で、上から2番目のB評価、スコア120点満点中106点で、とてもよい評価でした。よしこさんは実年齢53歳に対して、43歳でした。ふたりとも実年齢より10歳以上若い血管年齢でした。驚いたことに倉持さんの血管年齢は29歳だったそうです。倉持さんの実年齢は知りませんが、それは凄いことだとわかります。
b0190242_12303642.jpg

b0190242_12372220.jpg

早速、樋口さんと三浦さんに案内していただき、ロッカーで水着に着替えて、ついに浦安湯屋のプールに入りました。浦安湯屋は6レーン25 mのプールと、アクアビクス用の3レーン20 mの2つのプールがありました。アクア用のプールの深さは両端で1.15 m、中央付近は1.2 mであり、大井町湯屋のプールとほぼ同じ深さです。
b0190242_12305380.jpg

b0190242_12375249.jpg

午後1時30分からアクアコア30分をまず受けました。ともちゃん曰く、地味なレッスンとのことでしたが、水中で腹筋の引き締めを行い、確かに地味でした。
そして15分間の休憩をはさんで、いよいよ大暴れアクアビクス開始、正式なレッスン名はアクアサーキットといい、45分間のエクセサイズです。浦安湯屋での大暴れアクアはアクアミットを装着してのエクセサイズで、思いのほか強度が高く、しかも間断なく続くので、最初のうちは頑張って水を外に掻き出せていましたが、最後は足を上げるのも大変な状態になっていました。しかし、大井町湯屋での大暴れアクアでは体験できない、体の中から熱くなっていくことがわかりました。

038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_1231155.jpg

b0190242_123897.jpg

今日、私たちが参加した大暴れアクアの先生は女性らしいのですが男性のような風格があり、インストラクターの指導されている先生で、浦安湯屋のアクアビクスで最も定評がある先生だそうです。体を横にひねるところで、先生は「セクシーに!」とおっしゃっていましたが、先生がとても「セクシー」とは言えないので、誰も先生の言うとおりに出来ていませんでした。そして「セクシー」どころか、先生も汗びっしょりになって、大暴れアクアの指導をされており、私の目の前に来た時にはなるべく水をかけてあげるようにしました。
037.gif037.gif029.gif029.gif029.gif
b0190242_12312888.jpg

b0190242_12383094.jpg

私が毎週参加している大井町湯屋の大暴れアクアビクスに比べると、2~3倍の運動量があったと思います。アクアビクスに参加して、こんなに消耗したのは久しぶりでした。大暴れアクアが終わってから、何人かの浦安湯屋の年配者の方に、「楽しかったわ。」と声をかけていただきました。
040.gif040.gif040.gif040.gif040.gif
b0190242_1232152.jpg

b0190242_1238489.jpg

45分間の大暴れアクアを終えて、今度は倉持さんと一緒にスタジオで50分間のステップをやりました。実はステップ台を使ったエクセサイズには2年ぶりに参加しました。浦安湯屋のステップ台はリーボックではなく、ステップ台と足がセパレートされている、なつかしい緑色のものでした。ステップ台の高さを最初は足1段にしようと思いましたが、倉持さんが足2段にするとおっしゃるので、私も真似をして足2段にしました。大暴れアクアでかなり消耗していましたが、レッスンの難度は高いものではなく、ベーシックステップ、Vステップ、ニーアップストラルなどステップの基本を組み合わせたエクセサイズでした。それでもレッスンが終了するころには、汗びっしょりになりました。
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_12323352.jpg

b0190242_12391268.jpg

一日、浦安湯屋で遊んだ後は、浦安湯屋のみなさんと大井町へ向かいました。夕方から大井町のイタリアンの名店、アレグロピアットで雲取山登山の打ち上げを行うためです。大井町駅で今村さん、瀧本さん、羽入さん、あやちゃんと合流して、総勢11名でアレグロピアットへ向かいました。
024.gif016.gif024.gif016.gif024.gif
お店では料理が運ばれてくるたびに、みんなでその写真を撮り、お酒がすすむたびに、私たちのグループだけ大騒ぎになっていました。11人でワインを10本くらい明けたのではないでしょうか。またすみちゃんが焼菓子を焼いてきてくれて、みなさんにバレンタインのプレゼントをしてくれました。
b0190242_12333550.jpg

b0190242_12394738.jpg

b0190242_12332025.jpg

b0190242_1240553.jpg

b0190242_12331153.jpg

なんでもトライアスロンにときどき登場する「にぴきの建ちゃん」はともちゃんの旦那さんのかずさんのことだとはじめて知りました。中国に行かれた時に、日本語では「一匹(いっぴき、二匹(にひき)、三匹(さんびき)」と数えるところ、日本語が堪能な中国ガイドさんがこの数え方が難しくて言えず、「二匹(にひき)」というところを、いつも「にぴき」と言っていたことが印象に残っているために、ハンドルネームを「にぴきの建ちゃん」にしたそうです。
037.gif037.gif037.gif037.gif037.gif
b0190242_12343595.jpg

b0190242_12403734.jpg

b0190242_12341818.jpg

b0190242_1240594.jpg

b0190242_1234579.jpg

b0190242_1246890.jpg

また中国に一緒に行ったタッキーは、美人の中国人女性にメロメロになってしまったそうです。その写真を見せていただきました。楊貴妃にめろめろになった玄宗皇帝のようになってしまったのでしょうか、写真を送っていただけたら、私のブログで紹介します。またタッキーは山登り以外に映画観賞の趣味があり、ほとんどの映画をご覧になっているそうですが、奥さんから「家にいないでくれ」と言われて、映画を見に行くと聞いた時には可哀そうになりました。そんな家を離れて、中国で楊貴妃のような美女にめろめろになってしまうのは至極当然なことだと思います。

041.gif041.gif041.gif041.gif041.gif
b0190242_12351236.jpg

b0190242_12413667.jpg

b0190242_12345954.jpg

倉持さんの会社も4日で営業停止が解けて、この日5日から営業再開になり、早速、3月5日の筑波山ツアーの企画のお知らせがありました。すみちゃん、あやちゃん、ともちゃんはすでに申し込んだようであり、私も申し込みました。
024.gif016.gif024.gif016.gif024.gif
b0190242_12421822.jpg

賑やかに夜が更けて行き、最後はみんなで記念撮影。大井町駅前でみんなとハグしてお別れしました。
浦安湯屋となんでもトライアスロンのみなさん、土曜日はありがとうございました。とても楽しい一日を過ごすことが出来ました。また機会を見つけて浦安湯屋へ遊びに行きたいと思います。

024.gif016.gif040.gif038.gif056.gif
b0190242_12423226.jpg

b0190242_12452091.jpg


(やしきたかじん/東京)

東京(作詞:及川眠子、作曲:川上明彦、歌:やしきたかじん) 060.gif

あんたとなら
いつ死んでもかまわへん
わすれないで
そんな女いたことを

見上げた空さえも
冷たい色やけど
あたしが本気で惚れたひと
そう生まれた街やから

いとしさも 憎しみも
すべてすべて ぎゅっと抱きしめ
祈るように 今日も灯が
ともる東京

夢だけ見て
生きてるようなあんたやった
いつかあたし
待つことにも慣れてたよ
くすんだ風のなか
肩よせ暮らしたね
誰にも似てへんひとやけど
本物の愛をくれた

悲しくて 悔しくて
泣いて泣いてばかりいたけど
かけがえのないひとに
逢えた東京

痛いほど好きなのに
なんでなんで別れたんやろ
いまもまだ 胸の奥
揺れる東京

悲しくて 悔しくて
泣いて泣いてばかりいたけど
かけがえのないひとに
逢えた東京

b0190242_12473187.jpg

小野小町は平安初期(9世紀ごろ)の女流歌人で、「六歌仙」の一人として「古今集」をはじめ、数多くの勅撰歌集に秀歌をのこしています。生没年ともに不詳、そして絶世の美女だったと言われています。

小野小町に関する伝説、お墓は全国に点在しており、福島県に生地といわれる小野町があります。これは同じ小野一族で、浄瑠璃節の祖と言われた小野お通が、小町を主人公にした歌物語、恋物語、人生落魄(らくはく)の物語に仕立てて諸国をまわった影響とみられています。能の世界でも「小町もの」の人気は高く、さまざまな小野小町の生きざまを描いています。

才色兼備の絶世の美女、小野小町に憧れる男性は多く、中でも深草の少将の「通小町(かよいこまち)」は有名です。深草の少将が小野小町に「私のもとに、なんとしても嫁に来ていただきたい」と言い寄るところ、小町は「ならば百夜(ももよ)通ってください、そうすればあなた様のもとに参りましょう」と返事をします。「百夜通え」とは百日間欠かさず来ることを要求しました、しかし部屋に入れてくれるわけではありません。小町の住むところまで通ってきて、その外で歌などを詠んで帰っていくという繰り返しです。深草の少将はやりました。99日通い、あと一日で百夜だというところで、病を得て、とうとう焦れ死にをしてしまいました。
小町に仕えていた女中衆が、小町にそのことを知らせると、表情も変えずに脇に置いてあった「ほれ帳」と書かれてあった手帳を開き、イロハの順の「フ」の部に書いてあった深草の少将の名前に棒を引いてあっさりと消してしまったという話です。
実は小野小町は女性としての機能がなく、男性を受け入れることが出来ない体であったと言われています。それなのに「百夜通え」というのはイカサマじゃないかと、後に川柳を詠む江戸っ子たちは小野小町のことを「穴なし小町」と言うようになりました。
 裁縫に使う、穴のない針のことを「待ち針」と言いますが、もともとは「小町針」と言われており、「小」がとれて「町針」になり、「待ち針」となりました。

 小野小町は「俳句歳時記」では観音様の化身と言われており、その縁日である3月18日を「小町忌」としています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_12475914.jpg


(五木ひろし/契り)

契り(作詞:阿久悠、作曲:五木ひろし、歌:五木ひろし)060.gif

あなたは誰と ちぎりますか
永遠の心を 結びますか

波のうねりが岸にとどく
過去の歌をのせて
激しい想いが 砕ける涙のように
緑は今も みずみずしいか
乙女はあでやかか
人の心は鴎のように
真白だろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

朝の光が海を染める
生きる夢に満ちて
まぶしい願いが きらめくいのちのように
流れは今も 清らかだろうか
子どもはほがらかか
人はいつでも桜のように
ほほえむだろうか
愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

愛するひとよ 美しく
愛するひとよ すこやかに

b0190242_12491671.jpg
b0190242_12485565.jpg
b0190242_12483883.jpg

 鎌倉散歩の続きです。明月院でろう梅を見た後、葉祥明美術館に立ち寄り、外に出ると小雪が舞っていました。この日の目的は、円覚寺でも明月院でもなく、鶴岡八幡宮のそばにある牡丹苑で満開になった牡丹を見ることでした。途中建長寺にも立ち寄って、鶴岡八幡宮に到着。参拝をさっさと済ませて、目的の牡丹苑に行きました。みごとな牡丹の大輪が誇らしげに咲いていました。
056.gif056.gif056.gif056.gif056.gif
b0190242_1251087.jpg
b0190242_12502773.jpg
b0190242_12495510.jpg

 先ほどまで雪がちらついていましたが、海の方を見ると雲が切れて陽射しが差しこんできたため、夕陽が見れるのではないかと思い、稲村ケ崎へ行きました。たぶん気温は10 ℃を下回っていたと思います。そんなに寒いのに、稲村ケ崎の海の中にはたくさんの人に姿があり、波乗りをしていました。

058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif
b0190242_12534757.jpg
b0190242_12533175.jpg
b0190242_1253810.jpg
b0190242_1252497.jpg
b0190242_12522547.jpg
b0190242_1252088.jpg

来週の3連休(2月11日~13日)は和歌山県・那智勝浦へ行き、那智の滝と熊野大社へ行く予定です。2泊3日なので、熊野古道のすべてを周ることはできませんが、少しは散策したいと考えています。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_1258438.jpg
b0190242_12581789.jpg
b0190242_12573825.jpg
b0190242_1257788.jpg
b0190242_12564569.jpg
b0190242_12561781.jpg

b0190242_1305511.jpg
b0190242_130832.jpg
b0190242_12595024.jpg

b0190242_1312212.jpg

b0190242_132271.jpg

b0190242_1322699.jpg
071.gif071.gif038.gif

by ryott-ryott | 2011-02-06 13:12 | 浦安湯屋 | Comments(0)