タグ:日本ダービー ( 4 ) タグの人気記事

第81回日本ダービーを考える

登山
旅行・地域
b0190242_102351.jpg


 このブログをはじめて5年になりました。今年も6月1日に行われる日本ダービーの予測を書きます。結論は8枠16番のレッドリヴェールが私の日本ダービー馬です。

 今年のダービーは皇太子殿下が拝謁されるそうです。前回、皇太子殿下が拝謁した日本ダービーは第74回でした。その時に優勝したのは3番ゼッケン牝馬のウオッカでした。皇太子殿下が拝謁するダービーは牝馬が勝つ法則があると思われます。レッドリヴェールのゼッケン番号は16番、逆から数えると3番目です。74回の時は正3番が勝ち、今回は逆3番が勝つと予測します。相手はわかりませんが、皐月賞馬の枠を買っておけばいいのではないでしょうか。好きな馬を買ってください。皆さん、岩永先生の健闘を祈ります。041.gif
b0190242_1023692.jpg



(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_1033383.jpg

 
 いつもこの欄では小学館「一日一話人物歳時記」から引用していますが、今日はこれまで何回か掲載した「村田英雄伝説」を載せます。この村田英雄伝説は2012年10月に九州の日本百名山に行ったときに浦安湯屋のともちゃんから聞いた話を文字に起こしたものです。年末に勇才さんに行ったときに、隣に座っていた年配の女性と歌謡曲の話になり、私が話した「村田英雄伝説」に大変な興味と感動を示して下さいました。再度、村田英雄伝説を掲載します。

 その昔、終生のライバルと言われた二人の浪曲師がいました。村田英雄と三波春夫です。三波春夫は1923年7月19日に現在の新潟県長岡市に生まれ、1939年16歳のときに浪曲師としてデビューします。その後、戦況悪化により三波春夫自身も1944年に陸軍に入隊し、満洲へ渡ります。三波春夫は満州で敗戦を迎え、ハバロフスクの捕虜収容所に送られて、4年間のシベリア抑留生活を送ることになりました。1949年に帰国し、浪曲師として再び活躍をはじめます。

 一方、村田英雄は1929年1月17日、現在の福岡県うきは市に生まれ、その後、唐津市へ移り、5歳のときに浪曲師酒井雲に弟子入りします。その後、村田英雄は13歳で真打に昇進し、14歳で酒井雲坊一座の座長も務め、九州の地方公演で活躍を続けます。
二人の浪曲師、三波春夫と村田英雄は浪曲の全国大会でたびたび激突することになります。しかし、いつも1位に輝くのは村田英雄であり、三波春夫は常に2番。三波はどうしても村田に勝つことはできませんでした。

 浪曲の世界では村田に勝つことが出来ないと悟った三波は、1957年に芸名を「三波春夫」と改めて、新規一転し歌謡界へとデビューします。するとどうでしょう、出す歌はすべて大ヒット。飛ぶ鳥を落とす勢いです。「お客様は神様です!」という有名なフレーズでも知られる通り、三波の天性の明るさが多くのファンを魅きつけました。

 三波の歌謡界での活躍を見ながら、村田は日本一の浪曲師を夢見て東京へ上京します。そして村田にも転機がやってきます。今や歌謡界のトップにまで上り詰めた三波春夫に歌で勝負できるのは村田しかいないと考えていた人物がいました。その人こそ、あの古賀政男です。古賀政男からの誘いに対して、最初、村田はためらいました。村田はすでに結婚もしており、果たして歌謡界でやっていけるのか迷ったそうです。浪曲の世界では常に自分がトップに君臨し、三波春夫にその座を譲ることがなかった、その三波が今や歌謡界で大活躍していることを目の当たりにし、ついに古賀政男からの歌謡界への誘いを受けることにしました。

 1958年、古賀政男とのコンビで最初に出したのが「無法松の一生」です。しかし、考えていたとおりにはうまくいかないもので、「無法松の一生」はまったくヒットしませんでした。三波春夫とは対照的に、村田英雄はヒット曲には恵まれませんでした。三波春夫が毎年のようにNHK紅白歌合戦でトリを務めているのに、村田英雄は紅白出場すら出来なかったのです。「やはり自分には歌謡界には向いていない、浪曲の世界に戻ろう。」と決心し、歌謡曲の師匠である古賀政男に歌謡界をやめたいと申し出ます。それを聞いた古賀政男は烈火のごとく激昂し、村田英雄を殴り蹴り、破門同然で古賀政男から縁を切られてしまいました。

 村田英雄と古賀政男のやりとりの一部始終を横目で見ていた作曲家がいました。失意の村田に手を差し伸べたのは、美空ひばりの「みだれ髪」でよく知られている船村徹でした。浪曲で鍛え上げた村田の重厚な声は古賀政男の曲調には合わないと、船村は考えていました。その村田に船村から贈った曲があの「王将」(作詞:西条八十)でした。王将は瞬く間に大ヒットします。最終的には300万枚を超え、戦後はじめてのミリオンセラーになったと言われています。しかも、この王将は1961年(昭和36年)と1962年(昭和37年)の2年連続NHK紅白歌合戦で歌われました。この船村徹の「王将」をきっかけに村田英雄は三波春夫と肩を並べる存在になりました。

 歌謡界で成功を収めた村田の公演会に、それを見守るひとりの男性の姿がありました。歌謡界に村田を引き入れた古賀政男です。古賀政男は自分が村田を歌謡界へ誘った責任を感じていたのでしょう。成功した村田の姿を見て、古賀政男は安心して帰って行ったと言います。

(浦安湯屋ともちゃんの「村田英雄伝説」より)

b0190242_105177.jpg


 歩の会の後輩、兵藤さんからギフチョウの写真を送っていただきましたので、掲載します。
b0190242_1051565.jpg

b0190242_105368.jpg

b0190242_1055599.jpg

b0190242_106837.jpg

b0190242_1062393.jpg

b0190242_1064576.jpg

b0190242_1065995.jpg

b0190242_1071284.jpg

b0190242_1073138.jpg

b0190242_1075229.jpg



(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)
わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(NHK日本名曲アルバム/銀色の道)


(ダーク・ダックス/銀色の道)
銀色の道(作詞:塚田茂、作曲:宮川泰、歌:ダーク・ダックス、ザ・ピーナッツ)


遠い 遠い はるかな道は
冬の嵐が 吹いてるが
谷間の春は 花が咲いてる
ひとり ひとり 今日もひとり
銀色のはるかな道

ひとりひとり はるかな道は
つらいだろうが がんばろう
苦しい坂も 止まればさがる
続く 続く 明日も続く
銀色の はるかな道

続く 続く はるかな道を
暗い夜空を 迷わずに
ふたりの星よ 照らしておくれ
近い 近い 夜明けは近い
銀色の はるかな道
はるかな道 はるかな道






本田美奈子/恋のバカンス
作詞:岩谷時子、作曲:宮川泰、歌:ザ・ピーナッツ

ためいきの出るような
あなたのくちづけに
甘い恋を夢みる
乙女ごころよ
金色にかがやく
熱い砂のうえに
裸で恋をしよう
人魚のように

陽にやけた ほほよせて
ささやいた約束は
二人だけの秘めごと
ためいきが出ちゃう
ああ恋のよろこびに
バラ色の月日よ
はじめてあなたを見た
恋のバカンス

陽にやけた ほほよせて
ささやいた約束は
二人だけの秘めごと
ためいきが出ちゃう
ああ恋のよろこびに
バラ色の月日よ
はじめてあなたを見た
恋のバカンス



 
来週は甲武信ヶ岳に行ってきます060.gif

b0190242_1081196.jpg

b0190242_1083074.jpg

b0190242_1085750.jpg

by ryott-ryott | 2014-05-31 10:12 | 第81回日本ダービー

第79回日本ダービーを考える&金環日食続報ヽ(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_1432132.jpg


 今週の月曜日、金環日食が観察されましたが、いい歳、りょうちゃんはオレンジ色の太陽のほうが好きです。
058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif
b0190242_14332348.jpg

 さて足の痛みのほうはまだ完全には取れませんが、だいぶ普通には歩けるようになりました。またズボンも立って履くことができています。4月29日に大峰山で怪我をしてからおよそ1ヵ月間、山登りも大井町湯屋での有酸素運動も自重して、試飲会ばかり行っていたような気がします。自重したというよりは、足が吊るように痛くて、とても行く気になれなかったというのが正直なところです。ようやく今週末に1週間遅れの天城越えに行ってきます。先週の土曜日、中国整体の李先生から標高差800 mの山ならば登ってよいとのお許しが出ました。標高差800 mという基準がわかりにくいところです。4週間もエクセサイズをしないと、体重の増加はめざましいものがありますね。037.gif
b0190242_14335684.jpg

 さて5月27日(日)は天城山に行くのですが、府中の森で大イベントがあります。競馬の祭典、日本ダービーです。毎年、予想をしているので、今回も予想を書くことにします。私は出目と昨年までの傾向、それと1週前のオークスとの関連性から予想をします。出目に関してはいろいろな切り口があり、確度が高いものではありませんが、今年の桜花賞が枠連(5-7)、翌週の皐月賞が枠連(7-5)でした。そして先週のオークスが枠連(7-5)で決着しています。27日の日本ダービーは枠連(5-7)で決まってもおかしくないと考えています。
038.gif
 昨年までの傾向とオークスとの関連性から考えると、まず一昨年までのオークスは桜花賞馬にオークスをも戴冠させて、桜花賞・オークスの2冠馬を作り続けましたが、昨年のオークスでは桜花賞馬は4着に敗退しました。一方、日本ダービーは一昨年までは皐月賞馬を起用せず、昨年はオルフェーヴルが皐月賞に続き、日本ダービーも制して、2冠馬になりました。私はオルフェーヴルがメイショウサムソンとそっくりな馬であることから2冠馬になることを予想できましたが、その後、菊花賞、有馬記念も勝ち、3歳馬で4冠馬になり、メイショウサムソンよりもはるかに上位の実績を残しました。しかし古馬になってからは、天皇賞を惨敗するなど、むしろナリタブライアンに近い戦績を刻んでいます。
038.gif
 今年のオークスは再び桜花賞馬をオークス馬にしました。したがって、今年の日本ダービーでは皐月賞馬が2冠馬になることはないと考えています。では優勝する馬はどの馬か。一昨年の2着馬ローズキングダムに似た馬が1頭います。朝日杯FSを勝ったアルフレードです。この馬が今年の私の日本ダービー馬です。2着には皐月賞にステップレースを使わないで出走したコールドシップにします。
038.gif
 しかしながらもう一頭、捨てがたい馬がいます、皐月賞を1番人気に押されながら5着に敗退したグランデッツァです。この馬の戦績は2009年のダービー馬ロジユニヴァースにそっくりです。

 結論:単勝 18番アルフレードと17番グランデッツァ、相手はコールドシップを買います。
     18番→6番、17番→6番、18番→17番、17番→18番038.gif
b0190242_14354285.jpg

 今週の月曜日、世紀に天体ショー、金環日食が日本の広範囲で観察されました。日本の広範囲で観察されたのは平安時代以来、932年ぶりの出来事だそうです。前回、その写真は速報として掲載しました。実はその2日前に同じ大田区の城南島海浜公園に行き、朝日を見て、ND100000のフィルターを付けての撮影の練習をしてきました。061.gif
b0190242_1436468.jpg

 1月、2月は水平線上から太陽が昇りますが、この時期5月は日の出の位置がかなり北側にずれて、堤防の向こう側から太陽が顔を出しました。058.gif
b0190242_1436138.jpg

 日の出を船が横切ります。
b0190242_14362824.jpg

 建物の向こうにうっすらと富士山が見えました。
b0190242_143754.jpg

 海面に写っている太陽がダイヤモンド状に光っています。
b0190242_14371552.jpg

 仏に座が一面に咲いていました。056.gif
b0190242_14372673.jpg

 レンズにND100000フィルターをつけて太陽を撮りました。光を10万分の1に減光します。太陽の表面の黒い点は太陽の黒点です。最近、太陽の黒点の異常現象から約10年後に地球が氷河期に向かうという報道がありました。
b0190242_14373883.jpg

 そして夜は勇才さんで名刺をもらった藤井一郎さんのお店「薩摩」へ行きました。069.gif
b0190242_1438766.jpg

 地鶏と魚の刺身。
b0190242_14383117.jpg

 島ラッキョウ。
b0190242_14384033.jpg

 水茄子
b0190242_1440642.jpg

 あじフライ。
b0190242_14385145.jpg

 地鶏ロースト
b0190242_14391785.jpg

 七田は日本酒と焼酎の両方を飲みました。朝早かったため、薩摩の店で寝てしまいました。
b0190242_14392614.jpg

b0190242_14393848.jpg

 


(第88回安曇野歌声喫茶/ねがい)

ねがい(作詞:広島市立大州中学校3年生有志、作曲:たかだりゅうじ)

もしもこの頭上に 落とされたものが
ミサイルでなく
本やノートであったなら
無知や偏見から 解き放たれて
君は戦うことを やめるだろう

もしもこの地上に 響き合うものが
爆音ではなく 歌の調べであったなら
恐怖や憎しみに とらわれないで
人は自由の歌を 歌うだろう

もしもこの足元に 植えられたものが
地雷ではなく 小麦の種であったなら
飢えや争いに 苦しまないで
共に分かち合って 暮らすだろう

もしもひとつだけ 願いが叶うならば
戦争捨てて 世界に愛と平和を
この願いかなうまで 私たちは
歩み続けることを やめないだろう

b0190242_14404150.jpg

 
 会津磐梯山をのぞむ猪苗代湖畔に、世界的医学者(細菌学)として知られる野口英世博士の生家が保存されています。野口英世は、ご存知の通り、昭和3年(1928年)5月21日、黄熱病の研究のため訪れたアフリカのガーナで、その黄熱病に感染して客死しました。52歳でした。現在の日本の国力を背景にしていたら、当然ノーベル賞の栄誉に輝いたことでしょう。

 ガーナでは、戦後になっても野口への名声は消えることなく、昭和49年(1974年)には、首都アクラにガーナ大学医学部付属の「野口記念医学研究所」が設立されました。日本政府の海外協力事業団の援助によるものです。
 ガーナは発展途上国だけに、今でも生活文化のレベルは低く、それだけに、野口英世の行った時代は、さぞ大変だったろうと想像されます。
 
 戦前の野口英世は「修身」の教科書ののっていた立志伝中の偉人で、母を大切にした孝子として、理想の人間像として描かれていました。もちろんそのことは間違いありませんが、実像の野口英世は“天才と狂人は紙一重”といわれるように、借金魔、遊蕩児、結婚詐欺、出世欲の権化の一面を持っていたようです。人に迷惑をかけるのを気にしない人物でした。詳しくは、渡辺淳一著の『遠き落日』(角川書店)と題する、吉川英治文学賞を受賞された作品をお読みいただけたらわかると思います。

 北大医学部を卒業した経験を生かし、8年の歳月をかけて、医学界の大先輩の虚像と実像に鋭いメスをあてて書いた英世の伝記です。「修身」の野口英世よりは、素顔の野口英世のほうが人間的で好感が持てます。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_14405229.jpg


 翌日の日曜日、阪急の佐藤さんに誘っていただき、葛西にある「松乃井」というお店での日本酒試飲会に連れて行ってもらいました。浦安湯屋のかずさんも一緒でした。
b0190242_14411867.jpg

b0190242_1445151.jpg

 まずは乾杯酒で乾杯。
b0190242_144130100.jpg

 かずさんは飲んだ酒の感想を熱心に記録していました。いい歳、りょうちゃんは記録などせずに、次から次へと飲みました。
b0190242_14413859.jpg

 お店には福島県のお酒の天明の蔵元さんが来ていました。天明は第0号から第5号までありました。
b0190242_14415022.jpg

 やまと雫。秋田県のお酒で秋田県以外は門外不出と聞いていましたが、最近は東京でも売られているそうです。余った酒をお土産にもらいました。
b0190242_1442424.jpg

 アユの塩焼き。
b0190242_14421379.jpg

 扶桑鶴。
b0190242_1442212.jpg

 記念撮影。かずさんと佐藤さん。
b0190242_14423295.jpg

b0190242_14424219.jpg

b0190242_14425444.jpg

 いい歳、りょうちゃんと佐藤さん。
b0190242_1443983.jpg

b0190242_14432672.jpg

 りょうちゃんの隣に写っているのは、日本大学の物理学科で生物物理学を教えている先生だそうです、お名前は忘れてしまいました。
b0190242_1443415.jpg

b0190242_14435383.jpg

b0190242_14451818.jpg

 


(掘六平/わさびの花の咲く頃)

(あづみ野うたごえ喫茶/わさびの花の咲く頃)

わさびの花の咲く頃(作詞、作曲:掘六平)

わさびの花は 白い十字架
初夏の風に 笑ってなびく
まだ雪のこる アルプスの
すそ野は田植えの 今盛りなり
こんなところさ 俺たちの村

腰の痛さに ふっと顔上げりゃ
いやにぼんやり 有明山よ
雪に浮き出す 蝶ヶ岳
小腹すいたぞ もうお茶の頃
こんなところさ 俺たちの村

初夏の長日も やがては暮れる
あちらこちらは 夕餉の明かり
泥にまみれて 汚れちゃ居るが
うちに帰れば おしきせもある
こんなところさ 俺たちの村



(中島みゆき/荒野より)

荒野より(作詞:中島みゆき、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

夜が
望みは何かと訊かれたら君がこの星に居てくれることだ
力は何かと訊かれたら君を想えば立ち直れることだ

僕は走っているだろう君と走っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は笑っているだろう君と笑っているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

朝陽の昇らぬ日は来ても君の声を疑う日はないだろう
誓いは嵐にちぎれても君の声を忘れる日はないだろう

僕は歌っているだろう君と歌っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は生きているだろう君と生きているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

僕は走っているだろう君と走っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は笑っているだろう君と笑っているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない
荒野より君に告ぐ僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ後悔など何もない

b0190242_14454586.jpg

 
 そして、速報で報告したように、5月21日(月)待ちに待った金環日食を大田区の城南島海浜公園に見に行ってきました。
b0190242_14455680.jpg

 前日の試飲会の影響が心配でしたが、朝4時起床して空を見上げると、なんと曇り空ではありませんか。晴れていれば土曜日のように朝日も見てから金環日食を見ることを考えていましたが、絶望的な空模様です。
b0190242_14472060.jpg

 それでも何とか城南島海浜公園へ行き、金環日食が始まるのを待ちました。東京での金環日食は午前6時5分から太陽が欠け始めますが、東側の空には分厚い雲が横たわっており、しかも雨がちらついていたので、折角の金環日食を見ることはできないとあきらめ始めていました。
b0190242_14474487.jpg

b0190242_1448618.jpg

 土曜日は誰一人いなかった城南島海浜公園には金環日食を見るために多くのギャラリーが集まっていましたが、みなさんあきらめの表情をしていました。
b0190242_14481797.jpg

b0190242_14482759.jpg

 折角、城南島まで来たので船でも撮りました。
b0190242_14484656.jpg

b0190242_14485417.jpg

 5月22日に開業する東京スカイツリーがかすんで見えます。
b0190242_14491517.jpg

 みんながあきらめかけた時、午前7時32分、雲の薄みからリングの一部が見えました。
b0190242_14494689.jpg

 そして午前7時35分、リングがつながった金環日食を見ることができました。城南島海浜公園に来ていたギャラリーから大歓声と拍手が湧き起りました。雲がフィルター替わりになり、肉眼でも見ることができました。この写真はデジカメで撮りました。038.gif038.gif038.gif
b0190242_14501095.jpg

 この日のためにND100000のフィルターを購入していましたが、この写真はフィルターをはずして、撮りました。
b0190242_14502322.jpg

 午前7時37分。
b0190242_1451159.jpg

 午前7時46分。
b0190242_1451201.jpg

 午前7時51分。
b0190242_14512944.jpg

 午前7時57分。
b0190242_14515836.jpg

 午前8時17分。
b0190242_14521357.jpg

 午前8時29分。
b0190242_14522566.jpg


 
27日は天城山に行ってきます。060.gif060.gif

b0190242_14525157.jpg

b0190242_14535289.jpg

b0190242_1454244.jpg

b0190242_14541642.jpg

b0190242_14543492.jpg

b0190242_14544612.jpg

b0190242_14553372.jpg

by ryott-ryott | 2012-05-24 15:03 | 金環日食

回顧・第78回日本ダービー、おめでとう、オルフェーヴル号(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_0532958.jpg
038.gif
038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
 馬場の真ん中を割って、オルフェーヴル。5月29日に行われた第78回日本ダービーは、23年ぶりに東京競馬場で行われた皐月賞を勝ったオルフェーヴルが雨を引き裂き、2冠を達成しました。Jpn IからGIに変わった日本ダービーではステップレースのスプリングSを勝ってきた皐月賞馬が2冠を手にすることができたわけです。23年前の東京競馬場の皐月賞馬ヤエノムテキはダービーでは4着に敗退していたことから、オルフェーヴルは果たしてどうかなのか不安がありましたが見事に優勝してくれました。038.gif
b0190242_0541378.jpg

 今年、大震災が起こらずに、ステップレースのスプリングSも皐月賞も例年通り中山競馬場で行われていたら、結果がどうなっていたかという議論はいつもあります。しかし、昨年の日本ダービーでJpn IとGIを明確に区別してきたことを見れば、今年も皐月賞馬のオルフェーヴルが日本ダービーで実績を残すのではないかと考えてきました。004.gif
b0190242_0542664.jpg

2着はGⅡ青葉賞を勝った①番ウインバリアシオンが入り、⑤の単勝、馬番①-⑤、馬単⑤-①を当てることができました。3着は皐月賞2着馬ではなく、皐月賞では3番人気に支持されながら11着に負けた⑦ペルシャザールが入り、3連単はハズレてしまいましたが、結果には満足しています。004.gif
b0190242_0544897.jpg
 
 オルフェーヴルは、第73回を勝ったメイショウサムソンをトレースした馬かもしれません。今後、オルフェーヴルはメイショウサムソンと同じように古馬になってからも活躍していくと思います。
004.gif

(第78回日本ダービー オルフェーヴル)
 1着 ⑤ オルフェーヴル
 2着 ① ウインバリアシオン
 3着 ⑦ ベルシャザール

b0190242_0552712.jpg


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されてまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_0564915.jpg

 
15世紀のフランスは、イギリスと「百年戦争」を繰り返していました。パリとブルジュの中間にオルレアンの町では、数千のイギリス軍に囲まれ、フランス軍は壊滅寸前の状態にありました。ここが落ちれば、フランスはイギリスに降伏するしかありません。

 そのとき、祖国フランスを救う、勇敢な19歳の少女が突如として現れました。彼女の夢枕に大天使ミカエルが立って「オルレアンに行け!そしてフランスを救え、フランスはお前を待っている!」と告げたからです。彼女は単身、シノン城に乗り込み、王子を訪ね、神のお告げと自分の使命を申し告げました。
 燃えるような愛国心に感動した王子は、200人の兵士を彼女に与えました。
 彼女は王子から贈られた甲冑に身をかため、軍旗を片手に白馬にまたがり、先頭に立って突撃して行きました。イギリス軍はついに退却です。

 だらしないことに、フランスはたった一人の少女によって救われたのです。その少女の名は、ジャンヌ・ダルク。しかしジャンヌは、その後最後の戦いで不幸にも捕えられ、イギリスの手によって宗教裁判にかけられ、異端者として火あぶりの刑に処せられました。1431年5月30日のことです。彼女は最後までイエスの名を呼び続けて息絶えたといいます。

 それにしても、なぜフランスが、こんな無名の一少女によって救われなければいけなかったのか。いまだにそのことは謎に包まれています。パリの街角に彼女の銅像が建っていますが、一説では、彼女は精神異常者であったともいわれています。
(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_057484.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

アメリカシャクナゲまたはハナガサシャクナゲ056.gif
b0190242_0575914.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_101933.jpg

 先日、倉持さんからアミューズトラベルのカタログを送っていただき、当初は6月5日の二子山を申し込むことを考えていましたが、技術3に区分されている二子山には初心者の申し込みは受理されないとのお話を聞いていました。同じ日に初心者向けの天城山のツアーがあったため、倉持さんとアミューズトラベルに問い合わせをしたところ、すでに満席とのこと。一応、キャンセル待ちにしていますが、キャンセル待ち8番目だそうですのでおそらく行けないでしょう。天城山と言えば、4月に申し込んだものの規定の人数に到達しなかったため、ツアーが取りやめになってしまいました。どうやら私は天城山に縁がないようです。014.gif
b0190242_11855.jpg

 今年、関東地方は5月27日に梅雨入りし、台風2号の影響もあって天気の悪い日が続いていますが、今週末4日(土)はお日様マークの天気予報です。昨年と同じようにじゃんけんぽんチームと三浦海岸へ行き、地曳網漁に参加してきます。果たして、今年は巨大魚を捕獲することができるのでしょうか。あの咬みつき犬も連れてくるようです。巨大魚の餌食にしてしまいましょう。大井町湯屋仲間の中丸さんは、咬みつき犬が私のことをハムだと間違えたのではないかと、失礼なことを言っていました。
031.gif037.gif031.gif037.gif031.gif
b0190242_121931.jpg


b0190242_133943.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_142325.jpg

by ryott-ryott | 2011-06-03 01:11 | オルフェーヴル

いい歳、りょうちゃんの緊急・東京優駿レポート(^o^)丿

旅行・地域
b0190242_0525542.jpg

 先週、浦安湯屋&なんでもトライアスロンメンバーと大井町のアレグロピアットでのみそぎの会の模様を報告しましたが、いつも10回前後のアクセス数が100回を超えました。いつも1週間を通して100回のアクセスに到達しない、このブログとしては考えられない数字です。やはり女傑・石楠花少女の写真を載せた効果でしょうか。それとも浦安湯屋メンバーの方がひとりで何回もアクセスしていただいたのでしょうか。そして、このブログもはじめてから2年が経ち、3年目に入ります。最初の記事は第76回日本ダービーの予想記事でした。今年もその日本ダービーが近づいてきました。今年も私なりの予測を書くことにします。018.gif004.gif
b0190242_0543692.jpg

 重賞レースにはグレードという格付けがあります。日本ダービーのグレードはウオッカが勝った2007年にGIからJpn Iへ変更になりました。それから3年間、Jpn Iの格付けのもとで行われた日本ダービーの勝ち馬は、まずは半世紀の空白を埋めて勝った牝馬ウオッカ、2年目はNHKマイルカップを勝ったディープスカイ、3年目は皐月賞を1番人気に支持されながら14着に負けたロジユニヴァースでした。1年目と2年目は皐月賞を出たこともない馬が勝ち、3年目は皐月賞を大敗した馬が勝ちました。つまり皐月賞に実績を残せなかった馬がJpn Iの日本ダービーを勝ち続けたことになります。018.gif
b0190242_054574.jpg

 それでは昨年再びGIの格付けされ、(国際)レースに区分された日本ダービーではどうだったでしょうか。皐月賞3着のエイシンフラッシュが勝ち、2着は最後の(混合)レースである朝日杯FSを勝ったローズキングダム、ローズキングダムの同枠には皐月賞を勝ったヴィクトワールピサが入り、3着でした。004.gif
b0190242_056207.jpg

 しかし、今年の日本ダービーには朝日杯FSを勝ってNHKマイルカップを勝ったグランプリボスも、皐月賞3着馬ダノンバラードも出走して来ませんでした。Jpn Iが皐月賞に実績を残さなかった馬が勝ち続け、昨年は2着の同枠に皐月賞馬がいたことを考えると、今年の3枠を無視するわけにはいかないでしょう。
004.gif
b0190242_0551698.jpg

 先週行われたオークスでは日本ダービーとは逆に、JpnI時代は桜花賞馬が勝ち続け、昨年は前代未聞の1着同着でした。そして今年のGIオークスは桜花賞馬は4着に敗退していることを見ると、今年の日本ダービーではやはり皐月賞馬オルフェーブルが勝っても仕方ないでしょう。配当的にはまったく面白くありませんが私の今年のダービー馬はオルフェーブルにします。馬番⑤オルフェーブルの単勝を買います。004.gif
b0190242_056594.jpg

 さて2着さがしですが、GIの日本ダービーで皐月賞馬が2冠を獲ったケースは最近では第70回のネオユニヴァース、第72回のディープインパクト、第73回のメイショウサムソンで、そのときの2着馬はGⅡの青葉賞か京都新聞杯を勝っている馬です。①と⑥は買うべきでしょう。そして第72回と第73回の3着馬は皐月賞2着馬です。⑥は第72回の2着馬インティライミにそっくりの戦績です。004.gif
b0190242_0573657.jpg

第78回日本ダービーのまとめです。004.gif
単勝⑤オルフェーブル
馬番①-⑤、⑤-⑥
馬単⑤-①、⑤-⑥
3連単⑤-①-②、⑤-⑥-②

038.gif038.gif038.gif038.gif038.gif
b0190242_0581165.jpg


(第72回日本ダービー ディープインパクト)


第(73回日本ダービー メイショウサムソン)


(第74回日本ダービー ウオッカ)


第(75回日本ダービー ディープスカイ)


(第76回日本ダービー ロジユニヴァース)


(第77回日本ダービー エイシンフラッシュ)


(中島みゆき/宙船)

宙船(作詞、作曲:中島みゆき、歌:中島みゆき)

その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は今どこに ふらふらと浮かんでいるのか
その船は今どこで ボロボロに進んでいるのか
流されてまいと逆らいながら
船は挑み 船は傷み
すべての水夫が恐れをなして逃げ去っても
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

その船は自らを宙船(そらふね)と 忘れているのか
その船は舞い上がるその時を 忘れているのか
地平の果て 水平の果て
そこは船の離陸地点
すべての港が灯りを消して黙り込んでも
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
何の試験の時間なんだ 何を裁く秤なんだ
何を狙って付き合うんだ 何が船を動かすんだ
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな
その船を漕いでゆけ おまえの手で漕いでゆけ
おまえが消えて喜ぶ者に おまえのオールをまかせるな

b0190242_7164599.jpg

 
 安政4年(1857年)5月26日、この日幕府はアメリカの下田領事館ハリスとの間に、第二下田条約を結び、和親条約の一部を改正しました。

   かごでいくのはお吉じゃないか
   下田港の春の雨
   泣けば椿の花が散る・・・・・

 世にいう“唐人お吉”は、実はこの条約の交渉中に起こってきたものです。交渉の途中でハリスから、身のまわりの世話をする女を出せと、要求されたからです。つまり“おめかけさん”の提供です。
 奉行所は、普通の家の娘さんでは親が承知しないだろうと、芸妓のなかから選考することにし、無理矢理お吉に承諾させました。

 お吉は下田の船大工の娘として生まれ、7歳のとき下田の芸妓置屋に養女として出されていました。
 ここで遊芸の道を仕込まれ、14歳で芸妓になりましたが、唄が上手で“新内明烏のお吉”ともいわれ、気っぷもよく評判の芸妓だったといわれます。
 それだけに、異人さんのおめかけ“洋妾”(ラシャメン)になったことは、下田だけでなく、江戸でも話題になりました。だれいうとなく“唐人お吉”の名前がつけられました。

 お吉は安政6年(1859年)5月に、下田の領事館閉鎖とともに横浜に移り、ラシャメンもやめて、女髪結として明治4年(1871年)に、故郷下田にもどってきました。
 しかし、世間の風は冷たく、彼女も恋人鶴松と別れ、深酒に浸り、職も転々として、晩年は中風で倒れ、明治23年(1890年)3月27日、稲生沢河畔に身を投じて死にました。享年50歳でした。
 
この薄幸なお吉の墓は下田の宝福寺にあり、訪れる観光客のたむける香華が絶えないそうです。

(小学館「一日一話人物歳時記」より)

b0190242_7172455.jpg


(映画「岳」予告編)

あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
(作詞、作曲:小渕健太郎)
060.gif


どんな悲しみにも ひとつの意味を注ぐように
世界中の夜に 朝を連れてくる太陽
ぼくは彷徨ってた 生きる意味を探して
君に出逢うまでの僕じゃ あの壁は越せない

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため
ぼくに生きる意味をくれた その微笑み

人ごみに紛れて 逃げ出すのは容易くとも
一人きりの夜に 孤独から逃げ出せない
ガラス玉のような心を抱え生きてる
落とすたびに砕け散った 涙を忘れない

転がりながら辿り着いた 今がいつも君だけの頂上
心のままに生きてゆけば 時には人はぶつかり合うけれど
その魂に刻まれた模様はきっと 美しきヒビとなる

どんな命も輝いてる
あの太陽が、この世界を照らし続けるように

この手は君を守るため この瞳は君を探すため
こころは君を愛すため この命は君と生きるため

b0190242_7185164.jpg


(小柳ルミ子/星の砂)

星の砂(作詞:関口宏、作曲:出門英、歌:小柳ルミ子) 060.gif


二度と出来ない恋を捨てあなた遠く
離ればなれになってゆくの 今つらいわ

嫁ぐ日岬にひとりたたずみ君住む島に
別れを告げる
凪いで凪いでまぶしいサンゴの島が
にじんで落ちて 星の砂

過ぎし日 二人は海辺に遊び
変わらぬ愛を 夕陽に祈る
いつかいつか 二人は運命にさかれ
私は遠く 石垣へ

髪にかざした ブーゲンビリア
そえぬ運命に赤く咲く
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい 星の砂

ルルル・・・・・ルルル・・・・・
ルルルル・・・・・

風よ吹け 波よ打て
それであなたにつぐなえるならば
海よ海に流れがあるならば
届けてほしい この想い
届けてほしい この想い

b0190242_10131.jpg

 今日は大井町湯屋仲間の吉田夫妻のお誘いで、般若さんも一緒に大井町にある魚菜料理店「由良(ゆうら)」へ連れて行ってもらいました。吉田さんは夫婦ともに毎年大きなトライアスロンレースに参加しているアスリートで、奥様は私たちを富士登山に誘った張本人です。またハニー羽入さんとも親交があり、私が先週、ハニー羽入さんが何度もよしこさんにキスしようとしていたことを話したら、「エロハニー」と言って大笑いしていました。037.gif
b0190242_11638.jpg

 今年もアミューズトラベルのツアーで8月最終週の土日に富士登山が予定されているお話をしたところ、吉田さんの奥さまも是非行ってみたいと前向きに検討したいそうです。旦那さんは「行きたくない。」とおっしゃっていました。また湯浅さんからは何の返事もありません。やはり社交辞令だったのでしょうか。037.gif
b0190242_114432.jpg

 お刺身。
b0190242_115540.jpg

 牡蠣。
b0190242_121315.jpg

 ゆば。
b0190242_123135.jpg

 きんきの唐揚げ。
b0190242_132716.jpg
b0190242_134318.jpg

 茄子。
b0190242_144999.jpg

 えびしんじょう。
b0190242_145966.jpg
b0190242_7272578.jpg

 鰹のたたき。
b0190242_728659.jpg

 豚しゃぶ。
 
b0190242_1385243.jpg
 
 
b0190242_1421353.jpg

 
b0190242_1424635.jpg

炊き込みご飯。

b0190242_1411074.jpg

 これだけの品数が出て、ひとり3500円です。飲み物は別です。ふらっと店に行ったのではほとんど入ることはできないそうです。予約を入れた方がよいそうです。
038.gif
b0190242_143995.jpg


b0190242_7195728.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
b0190242_7201845.jpg

by ryott-ryott | 2011-05-29 01:46 | 日本ダービー